POSTED 2021/08/18

30代向け転職サイト・エージェントおすすめ16社を徹底比較|選び方と転職成功のポイント

CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

  • URLcopy
30代_転職サイト

30代になってから転職を考えた場合、さまざまな不安があるはずです。

  • 「前職より給料が下がってしまわないか…。」
  • 「転職活動がうまくいかず無職になってしまうのでは?」
  • 「転職したいけど、30代での転職は遅すぎるだろうか?」

しかし、実は年齢による不安はあまり考えなくて良いかもしれません。 転職サイトdodaが公開している転職成功者の平均年齢調査によると、30~39歳までの2021年の転職成功者の合計は、35.8%という結果になりました。 2020年に比べるとわずかにポイントが下がったものの、依然として高い割合を保っています。

転職成功者の年代別割合(2020年と2021年の比較)

引用元:【転職成功者の平均年齢調査】転職するなら何歳まで?年代別ポイントは?(2021年)|doda

転職活動に遅すぎることはなく、年代別のアピールポイントを意識すれば、何歳になっても不可能ということはありません。

企業は30代の人材を雇うなら即戦力として働いてほしいと考えるため、年齢に応じた能力や経験をアピールすることで、転職の成功につながるでしょう。 また、どうせ転職するのであれば、「年収をもっとあげて余裕を持ちたい」「新しい仕事で自分を試してみたい」と考える人も少なくないはずです。

そんな希望の実現をサポートするのが、30代向け転職エージェントです。 転職サイトやエージェントには『30代向け』『20代・第二新卒向け』『管理部門向け』『女性特化』『IT・エンジニア向け』など、それぞれカラーがあります。

あなたの状況に適した転職サイト・エージェントを選べば、転職の成功率も上がるでしょう。 30代の転職に強い転職サイト・エージェントを利用するメリットとして、以下の7点が挙げられます。

  1. キャリアアップにつながる可能性が高い
  2. 長期的なキャリア形成の相談に乗ってくれる
  3. あなたの強みを発見してくれる
  4. 履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる
  5. 受かりやすい面接の練習をしてくれる
  6. 好条件で入社するための交渉をしてくれる
  7. 退職に関するアドバイスももらえる

なお、転職サイト・エージェントを利用する際の注意点として、「転職エージェントを利用すれば必ず転職が成功するわけではない」ということが考えられます。

複数ある転職サイトから自分に適したサイトを見極め、活用することが必要でしょう。 そこで本記事では、30代の方が選ぶべき転職エージェントと、転職活動を成功させるためのポイントなどを詳しく紹介します。 30代で転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

目次

30代の転職に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ16選

まずは、国内の30代向け転職サイト・転職エージェント16選を簡単にご紹介します。

エージェント名 特徴
doda 年間18,000人以上の転職サポート実績。豊富な求人数とスピーディな転職が魅力。
iX転職 ハイクラス転職志望者向けのスカウトサービス。
Spring転職エージェント 高年収求人多数の世界有数エージェント。
リクルートエージェント 圧倒的求人数で、キャリアアップから異業種転職まで。
マイナビエージェント 20~30代利用者満足度の高い大手転職エージェント。
type転職エージェント 1都3県に特化。年収アップを目指す方にオススメ。
パソナキャリア 初めての転職も徹底カウンセリングと手厚いサポート。
JACリクルートメント 30代で年収1,200万円クラスを目指す方。年収UP転職にコミット。
リクルートダイレクトスカウト 30代後半からの年収800万円以上の転職希望者におすすめ。3,000名以上のヘッドハンターからのスカウトサイト。
エン エージェント 大手人材会社enジャパン社が運営。外資系特化の「エンワールド」が30代に人気。
ビズリーチ スカウト特化の転職求人サイト。30代からのキャリアアップ転職に強み。
マイナビエージェント(女性の転職) マイナビの女性特化サポート。事務・販売・サービス向け。
type女性の転職エージェント 働く女性向け求人多数! キャリアアップを目指す女性におすすめ。
パソナキャリア(女性の転職) 30代の転職支援サポート特化!2021年オリコン顧客満足度調査第1位。
レバテックキャリア 30代でIT転職!エンジニア経験者におすすめ!
マイナビIT AGENT マイナビ唯一のIT特化エージェント。転職実績で選ぶならここ。
Geekly IT業界のみの転職支援を行う唯一の転職エージェント

マイナビエージェント』『リクルートエージェント』『type転職エージェント』は、30代の転職活動を総合的にサポートしてくれるので外せないエージェントです。

また、『年収UPにこだわりたい』『管理部門の転職』であれば、『リクルートダイレクトスカウト』や『iX転職』を利用するのがおすすめといえます。 詳しくは後ほど解説しますが、これらは実績も多いため、登録して間違いのない転職サイトと言っていいでしょう。

転職サイトと転職エージェントの役割の違い

検索エンジンで「転職」と検索すると、結果には「転職サイト」と「転職エージェント」が表示されます。

転職活動中によく聞く「転職エージェント」という存在は、一般的な転職サイトとはどんな違いがあるのでしょうか? 転職サイトと何が違うのか、転職エージェントではどんな転職支援サービスが受けられて、どう利用すればよいのかをまずは知っておきましょう。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、企業と求職者の間に立って両者を支援し、マッチングを行う人材紹介サービスのことです。

企業に対しては、求人の依頼を受けると、求める人物像や経験、給与などの求人情報を確認し、エージェントが保有する求職者情報の中から適した人材を紹介します。 一方転職希望者に対しては、スキルや経験・条件をヒアリングし、希望に合った求人を紹介します。

企業と求職者両方から細かく希望を聞いた上でマッチングするため、両者の要望に沿った人材の仲介ができる点が転職エージェントの強みです。 また、求職者側の大きなメリットとして、登録すると担当のキャリアコンサルタントがついてくれるので、転職に関する相談やアドバイスを受けながら転職活動を進められる点が挙げられます。

非公開求人への応募が可能

転職エージェントで受けられる代表的なサービスのひとつは、非公開求人を紹介してもらえることです。

非公開求人とは、一般には公開していない求人情報のことで、転職エージェントに登録するか、またはキャリアアドバイザーの紹介を介してのみ、閲覧が可能です。 例えば『doda』の場合、一般的な転職サイトとしての機能もありますので、自分で求人を選んで直接応募することもできます。

一方、求人を依頼する企業の中には、即戦力のある人材を求めるために、あえて非公開を希望する大手企業も数多く存在しています。 非公開求人は公開求人よりも条件が良いケースが多いため、転職エージェントに登録すると、より希望に合った求人に出会えるかもしれません。

転職活動に関する専任のアドバイザーがつく

自分の専属となるキャリアアドバイザーから転職支援を受けられることも、転職エージェントならではのサービスといえます。

条件に合った求人を探してもらえるのはもちろんのこと、面談ではこれまでの経験や得意分野をヒアリングした上で、自己分析や適職診断などを行い、仕事探しのアドバイスをもらうこともできます。 入職後のアフターフォローまで行ってくれるため、一人で転職活動を進めるのが不安な方にとって、心強いパートナーとなってくれるでしょう。

年収UPのための給与交渉をしてくれる

企業との面接が進み採用が決まった場合、給与面などで交渉したいこともあるでしょう。

しかし、「希望を伝えたら、せっかく内定をもらえたのに関係性が悪くなるのでは」と躊躇してしまう方もいるはずです。 こうした内定後の交渉も、転職エージェントを利用していれば、すべて間に入って進めてくれます。

実は転職エージェントでは、企業と求職者のマッチングが成功すると、内定者の年収の30〜35%を企業から紹介料として受け取ります。 そのため、交渉して内定者の年収を上げることは、エージェント側にもメリットがあるのです。

「もう少し年収を上げたいな」と考えるなら、躊躇せずにキャリアアドバイザーに伝えましょう。 ちなみに、求職者はすべて無料で転職エージェントを利用できます。

30代向け転職サイト・エージェントの失敗しない選び方

良質なエージェントを見極め、自分の転職に役立つようにエージェントを利用するためには、まず「ダメな転職エージェントとはどういうものか」を知り、それを回避する術を身に着けなければなりません。

ここでは、30代向け転職サイト・エージェント選びの際に注意したいポイントを紹介します。

キャリアアドバイザーの質

転職エージェントを利用する上で非常に重要になってくるのが、キャリアアドバイザーの質です。同じ転職エージェントでも、アドバイザーが違うだけで転職の成否が変わると言っても過言ではありません。

ただしキャリアアドバイザーの質というのは、ほとんどの場合実際にエージェントを利用してみなければわからないことの方が多く、利用前に判断するのは難しいでしょう。エージェントによっては、在籍アドバイザーの経歴まで詳しく紹介していることもあるので、まずはサイトをしっかり確認してみてください。

例えば、転職を考えている業界で実際に働いていたアドバイザーであれば、将来のキャリアプランを含めての相談が可能でしょう。また、特定の業界に特化して転職支援を行ってきたアドバイザーであれば、業界の情報に詳しく、企業の内部情報にまで精通しているかもしれません。

このように、キャリアアドバイザーの紹介を確認した上で、良さそうだと感じたエージェントをまずは利用してみるといいでしょう。登録後に実際にアドバイザーと面談をしたら、自身との相性も確認し、そのエージェントを利用し続けていくのかどうかを判断しましょう。

良質なエージェントを見極めるには?

良いエージェントを見極めるためには、まずダメなエージェントの特徴を押さえ、それに当てはまるエージェントを回避することが重要です。では具体的にダメなエージェントの特徴とはどのようなものか、見ていきましょう。

  • 希望と違う案件を勧めてくる
  • 「絶対に転職した方が良い」と強引に転職を勧めてくる
  • 企業について浅い情報しか教えてくれない

自分が希望している条件と全く一致していないのにも関わらず、「○○さんはこういう企業だと活躍できると思いますよ」と案件を紹介してきたり、応募を無理強いしてくる場合には、そのエージェントの利用はやめておくのがベターです。単に採用確率が高かったり、人気のない案件でなかなか応募者がいないから紹介していたりするケースが考えられ、転職希望者の気持ちを無視したひとりよがりな事情が隠されている可能性があるためです。

また、企業について尋ねても表面的な情報しか教えてくれない場合、企業と深い信頼関係が築けていない可能性が考えられ、頼りがいのある転職エージェントではないかもしれません。 キャリアアドバイザーとのやり取りの中で上記のようなことがあり、「信頼できるか不安」と感じたら、他の転職エージェントの利用を検討しましょう。

信頼できる転職エージェントの共通点

ダメなエージェントの特徴を解説しましたが、では信頼できるエージェントとはどのようなものなのでしょう。ここでは、信頼できる転職エージェントに共通する特徴を具体的に見ていきましょう。

  1. 転職希望者の悩みをしっかりと聞いてくれる
  2. むやみに案件を紹介するのではなく、キャリアプランを一緒に考えてくれる
  3. さまざまな情報を基に、“客観的”に説得力のあるアドバイスをしてくれる
  4. レスポンスが早く、利用していてストレスを感じることが少ない

転職エージェントの役割は、転職者と企業を結び付けることですので、採用が取れればエージェントにとっては利益になります。

しかし転職希望者にとっての利益とは、単に採用されることではなく、「転職した後にその職場に満足できるか」「自分のキャリアに有益な転職ができるか」ということです。

信頼できるエージェントはこのことを理解し、これまでの経歴や実績などの客観的な事実だけではなく、転職者が何故転職しようと思うに至ったか、転職に対してどのような不安や悩みを抱えているかを注意深く探り、本当の意味での「転職の成功」に導いてくれます。

また、好条件の求人はすぐに枠が埋まってしまうため、スピード感をもった転職支援は重要です。 連絡に対するレスポンスの早さも、信頼できるエージェントかどうかの判断基準となるでしょう。

転職先の業界に特化しているか、または業界に詳しいアドバイザーがいる

もしあなたが業界の今後の展望を語れるエージェントに出会ったとしたら、そのエージェントは信頼して良いでしょう。

例えば、「この業界では今後○○な商品がどんどん開発されていく。だから△△な人材が求められるようになります。」というように、今後業界が遂げる変化や、それによって求められる人材、また今後積むことができる経験や実績まで語れるということは、その業界に対しての知識が深く、現状をうまく捉えているといえるでしょう。

また、エージェントによっては「元エンジニアのキャリアアドバイザー」や「保育士出身のコンサルタント」など、転職を希望する職種の経験者が在籍していることもあるため、経験に基づいたアドバイスが期待できるはずです。

さらに、特定の業界に特化して転職支援を行っているエージェントもあります。 希望する業界で豊富な実績を持つエージェントであれば、企業の内部情報まで把握していることが多く、入職後のギャップを最小限に抑えられるでしょう。

すべての30代におすすめ!総合評価で選ぶ転職サイト・エージェント7選

厚生労働省の調査によると、現在全国には約26,000軒の転職エージェントが存在します。(厚生労働省 令和2年度 有料職業紹介事業所の軒数) 転職サイト・エージェントをいざ利用しようと思っても、多数の中から自分に合ったものを選ぶのは至難の業でしょう。

そこでこの章では、30代の転職活動で活用したい、総合評価の高さを誇る転職サイトをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

doda|業界最大級の求人数でキャリアの選択肢を広げたい方に

doda

dodaは業界最大級である約10万件の求人を保有しており、未経験からキャリアアップ転職までさまざまな方の転職をサポートしている転職サイトです。

登録後は自分のペースで求人情報を探したり、業種・職種に精通したキャリアアドバイザーから転職支援を受けたりすることができます。

dodaの特徴のひとつとして、転職希望者の支援を行う「キャリアアドバイザー」と、企業目線で求人を紹介する「採用プロジェクト担当」の分業制になっていることが挙げられます。 求職者側と企業側のそれぞれを徹底サポートすることで、より精度の高いマッチングを実現しています。

求人情報のメリットだけでなく、デメリットや内部情報などの掲載情報からは知りえない情報まで教えてくれるため、職場のイメージを明確に想像した上で応募できるでしょう。

さらに、30代向けのサービスとして、dodaエグゼクティブエージェントがあります。 エグゼクティブエージェントは管理職やスペシャリストに特化したエージェントで、dodaの登録情報を元にスカウトメールが届く仕組みです。これまでのスキルや経験を活かし、マネジメント職での転職を考えている方におすすめのサービスです。

オンラインで転職セミナーを開催中のほか、公式サイトには転職に役立つ情報が充実しているため、初めて転職活動する方もぜひ活用したいエージェントです。

【dodaのおすすめポイント】

  • 圧倒的な求人数の多さ
  • キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当による、きめ細やかな転職支援
  • 「エグゼクティブエージェント」では管理職やスペシャリスト職の転職に特化
  • 転職セミナーや転職ガイドなど、転職に役立つ情報が満載
転職サイト doda(デューダ)
公開求人数 139,772件(2022年6月6日現在)
非公開求人数 37,420件(2022年6月6日現在)
対応エリア 全国/海外
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公式サイト https://doda.jp/

マイナビエージェント|利用者満足度No1、面接対策やサポート力に定評

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、マッチング力の高さを誇る、圧倒的知名度の転職エージェントです。

30代までの転職サポートが充実しており、公式サイトには30代の転職を特集したページもあるため、一見の価値があるでしょう。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、全員がひとつの業界に特化せず、複数の業界に精通しています。 そのため業界をまたいだ情報の提供が可能で、希望業界を決めていない方も相談しやすいでしょう。 経歴やスキルから第三者目線で転職希望者の長所を発掘し、希望条件や転職に対する価値観を丁寧にヒアリングした上で、あなたに合った求人を紹介してくれます。

また、企業を担当するリクルーティングアドバイザーは、職場の雰囲気や企業の生の情報まで徹底収集し、質の高い情報提供を行っています。 求職者・企業の両者に対する徹底したサービス体制が、マッチング力の高さを実現しているのです。

マイナビエージェントには、ほかにも「ITエージェント」「営業エージェント」「金融エージェント」など、細分化したサービスもあります。 希望の業界・職種が決まっている方は、こちらも活用するといいでしょう。 ※女性で、事務職・販売・サービス職の方はこちらから

【マイナビエージェントのおすすめポイント】

  • 30代の転職支援実績多数
  • 質の高い転職サポート
  • 応募企業の内部情報まで教えてもらえる
転職サイト マイナビエージェント
公開求人数 37,899件(2022年6月6日現在)
非公開求人数 35,152(2022年6月6日現在)
対応エリア 全国/海外
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト https://mynavi-agent.jp/

リクルートエージェント|転職に慣れた方も頼るべきエージェント

リクルートエージェントは、人材紹介業界大手のリクルートが運営しているエージェントです。 非公開求人は25万件を超え(2022年6月6日現在)、1977年の設立以降、業界トップクラスの転職成功実績を誇っています。

転職成功者のうち6割以上が年収がアップした実績があり、全体の35%超が30代のため、30代の転職の頼もしいパートナーとなるエージェントといえます。リクルートエージェントに申し込みをした後は、キャリアアドバイザーによるしっかりとした面談があるため、自分のやりたい仕事や希望年収を伝えるだけで、20社以上の求人から提案してくれます。

全国で取引のある約28,000社の企業は、大手、中小、国内資本、外資系とさまざまで、豊富な求人の中から希望に合う企業を見つけられるでしょう。

そして、在職中であってもキャリアアドバイザーがあなたの代わりとなって求人を探してくれるため、時間の節約につながったり、自分に合った仕事が見つかったりするなどのメリットがあります。 自己分析セミナーや転職初心者向けの講座などのイベントも充実しているため、登録しておいて損はないエージェントです。

【リクルートエージェントのおすすめポイント】

  • 業界トップクラスの求人数と転職成功実績
  • 30代の転職実績多数
  • 業界・職種・会社規模を問わず、幅広い求人を保有
転職サイト リクルートエージェント
公開求人数 205,145件(2022年6月6日現在)
非公開求人数 257,899件(2022年6月6日現在)
対応エリア 全国/海外
運営会社 株式会社リクルート
公式サイト https://www.r-agent.com/

type転職エージェント|約7割が非公開求人!ハイクラス・管理職の転職にも

type転職エージェント

type転職エージェントは、東京・神奈川・埼玉・千葉を中心に、全国の求人に対応している転職エージェントです。保有している求人のうち約7割が非公開求人で、思わぬ好条件の求人情報に出会えるかもしれません。

type転職エージェントは、特に「ITエンジニア」「営業職」「企画職」「ものづくり(メーカー)」の転職支援を得意としており、在籍しているキャリアアドバイザーはそれぞれの専門分野を持っています。

73人分紹介されている「キャリアアドバイザー紹介」では、キャリアアドバイザーの経歴や転職サポートの心がけなどが詳しく掲載されており、自分と相性が良さそうなアドバイザーを見つけられるでしょう。気になるアドバイザーを指名して、キャリアカウンセリングを申し込むことも可能です。

カウンセリングは東京にアクセスできる方は対面で(2022年現在は新型コロナウイルスの影響で電話面談のみ)、それ以外の方は電話での面談を実施しています。 ハイクラス・管理職専門のキャリアアドバイザーも在籍しているため、これまでの経歴を活かして転職したい30代の方にも、心強い味方となってくれるでしょう。

さらに、「IT・Web業界向け」「管理・事務・企画職向け」などの多種多様なセミナーを毎週開催している点も魅力のひとつです。「今後のためのキャリア相談会」「転職のタイミングについての相談会」などもあるので、転職をまだ迷っている方も一度相談してみるといいでしょう。

【type転職エージェントのおすすめポイント】

  • 非公開求人が多数
  • ITエンジニア、営業職、企画職、ものづくり(メーカー)の転職支援が得意
  • 相性が良さそうなキャリアアドバイザーを指名できる
  • ハイクラス・管理職専門のキャリアアドバイザーも在籍。30代の転職にもおすすめ
転職サイト type転職エージェント
公開求人数 7,002件(2022年6月7日現在)
非公開求人数 18,556件(2022年6月7日現在)
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉を中心として全国/海外
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公式サイト https://type.career-agent.jp/

パソナキャリア|利用者満足度4年連続1位!質の高いサービスは30代からも好評

パソナキャリア

パソナキャリアは、株式会社パソナが運営する転職エージェントで、オリコンの利用者満足度調査で4年連続1位を獲得しています(2019年~2022年)。

2022年の調査では、「利用のしやすさ」「担当者の対応」「紹介案件の質」「紹介案件」「交渉力」で高い評価を得ており、転職支援サービスの質の高さが伺えます。また、年代別ランキングでは「30代」で1位を獲得しているため、30代への手厚いサポートが期待できるでしょう。

公式サイト内の「30代の転職成功ポイント」では、30代が転職活動を進める上でのポイントを特集しています。 30歳・32歳・35歳・38歳に細分化し、それぞれの年齢における転職の心構えや職務経歴書の書き方、面接のポイントなどを解説しているため、30代で転職活動中の方は必見でしょう。

パソナキャリアは、転職エージェントの中でも親身になって相談に対応してくれる点に定評があります。 思うように転職活動が進まず悩んでいる方は、ぜひ一度相談してみてください。

【パソナキャリアのおすすめポイント】

  • 利用者満足度調査で4年連続1位を獲得
  • 実績にもとづいた30代への手厚い転職サポートを期待できる
  • スムーズに転職活動を進めたい人におすすめ
転職サイト パソナキャリア
公開求人数 39,402件(2022年6月7日現在)
非公開求人数 非公表
対応エリア 全国/海外
運営会社 株式会社パソナ
公式サイト https://www.pasonacareer.jp/

JACリクルートメント|ハイクラス・管理職の転職を支援!グローバル企業への転職に強み

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、東証プライム上場の株式会社ジェイエイシ―リクルートメントが運営する転職エージェントです。ミドルからハイクラス・管理職に特化した転職支援が特徴で、主に30代以上の転職実績が豊富なため、30代の転職活動の心強い味方となってくれるでしょう。

JACリクルートメントはロンドン発祥の転職エージェントで8か国に拠点を持っており、特に外資系や海外進出企業の案件を多く保有しています。グローバルな環境での転職を望む方におすすめです。

JACリクルートメントのコンサルタントの特徴として、企業と求職者の両者を一人でサポートする体制をとっていることが挙げられます。在籍コンサルタントは800名にも上り、案件の幅広さでも好評を集めています。 忙しい中での転職活動でも、きめ細やかな情報提供を受けられるでしょう。

内定後の交渉力の高さが評判のエージェントなので、年収アップを目指す方にもおすすめです。

【JACリクルートメントのおすすめポイント】

  • ハイクラス・管理職に特化。30代の転職支援実績も多数
  • 外資系・海外進出企業への転職に強み
  • 800名ものコンサルタントが提供する転職サポート
転職サイト JACリクルートメント
公開求人数 14,357件(2022年6月7日現在)
非公開求人数 非公表
対応エリア 全国/海外
運営会社 株式会社ジェイエイシ―リクルートメント
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/

リクルートダイレクトスカウト|年収800万円以上の転職を望む30代におすすめ

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス・エグゼクティブ層に限定した会員制の転職スカウトサービスです。登録された職務経歴書をもとに、求人情報を保有するヘッドハンターや企業からスカウトが届く仕組みです。

リクルートダイレクトスカウトでは、3,000名以上のヘッドハンターが企業と求職者を仲介しています。 忙しい最中で11万件以上もの求人から自分に合った求人情報を見つけ出すのは至難の業ですが、優秀なヘッドハンターが経歴と希望条件に合う求人を探し出してくれるため、転職活動の大きな助けとなるでしょう。

また、転職希望者側からのヘッドハンターの指名も可能です。 ヘッドハンターの担当業種や経験年数をもとに、相性が良さそうなヘッドハンターを選べ、より希望に沿った案件を見つけてもらいやすくなります。 ハイクラス向けの転職サービスとあって、年収800万~2,000万円の高収入の案件も多く保有しているため、大幅な年収アップを目指す方は登録しておいて損はないでしょう。

【リクルートダイレクトスカウトのおすすめポイント】

  • ハイクラス・エグゼクティブ層に特化
  • 職務経歴書を登録するだけで、ヘッドハンターからスカウトが届く
  • 800万円以上の高年収の求人多数
転職サイト リクルートダイレクトスカウト
公開求人数 110,113件(2022年6月7日現在)
非公開求人数 非公表
対応エリア 全国/海外
運営会社 株式会社リクルート
公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/

30代で未経験職種に挑戦!キャリアチェンジにおすすめの転職サイト3選

30代で未経験職種に転職するのは簡単ではありませんが、業界によっては人手が足りず、未経験であっても採用してくれる企業もあるでしょう。

有効求人倍率が高いほど人手不足の職種のため、基本的には求人倍率がある程度高い職種が狙い目です。 30代であることや未経験であることがハンデになりにくいのが、営業職、技術職(建築・土木)、販売・サービス系です。

この章では、30代からのキャリアチェンジにおすすめの転職サイトを3つご紹介します。

エン エージェント|未経験職種への転職ならNo.1

エン エージェント

エンエージェントは、人材系サービス大手のエン・ジャパンが運営する転職エージェントです。 「入社後の活躍と人生の充実」をモットーに、専任のキャリアパートナーが転職活動を丁寧にサポートしてくれます。

応募企業ごとの職務経歴書・面接対策や内定後の条件交渉、入社後のサポートと長期にわたって支援を受けられるため、初めて転職活動をする方にもおすすめです。

初回の面談で独自の適正診断テストを実施している点が特色のひとつで、診断結果からスキルや得意分野に加え、自分でも気付かなかった可能性を発掘してくれます。 これらの結果をもとに未経験職種に挑戦する方も多く、キャリアチェンジを考えている人に最適でしょう。

企業からの求人依頼時には、求人以外の情報まで徹底的なヒアリングを実施し、求人のメリットだけでなくデメリットまで求職者に共有してくれます。 各業種で満遍なく転職支援の実績があり、転職成功者の約4割を30代が占めるため、すべての30代が利用しやすいエージェントといえるでしょう。

【エンエージェントのおすすめポイント】

  • キャリアパートナーが登録から入社後まで丁寧にサポート
  • 独自の適正診断テストで、自分の可能性を発掘できる
  • 未経験職種への転職にも実績
  • 30代の転職支援実績多数
転職サイト エン エージェント
公開求人数 2,329件(2022年6月7日現在)
非公開求人数 15,000件以上(詳細件数は非公表)
対応エリア 全国/海外
運営会社 エン・ジャパン株式会社
公式サイト https://enagent.com/

Spring(スプリング)転職エージェント|ハイキャリアの転職に特化!未経験からITエンジニアへの転職をサポート

Spring(スプリング)転職エージェント

Spring(スプリング)転職エージェントは、人材サービス大手のアデコ株式会社が運営している転職エージェントです。 ハイキャリア層への転職支援に力を入れているため、30代の転職希望者も十分にサポートしてくれるでしょう。

Spring転職エージェントはコンサルタントが特徴的で、業界ごとではなく職種ごとの担当制を採用しています。 職種の中でさらに産業・業界ごとにチーム分けされており、希望職種について今後のキャリアアップも含めて丁寧にアドバイスしてくれるでしょう。

各職種ならではの求職者の長所を洗い出し、希望に沿った求人を紹介してくれます。 また、コンサルタントは一人が企業と求職者の両方を支援する「360度式コンサルティング」を行っています。

人事担当者から求人票には掲載できないような生きた情報をヒアリングし求職者に伝え、逆に求職者からヒアリングした転職に対する思いを人事担当者に共有することで、相違が生じにくいマッチングを実現しています。

さらに未経験者向けのサービスとして、未経験からエンジニアへの転職に特化した「未経験ITエンジニア転職サービス」を提供しています。基礎から学べる研修体制が充実している求人も多数保有しているため、エンジニアへのキャリアチェンジを考えている方におすすめです。 【Spring転職エージェントの特徴】

  • ハイキャリア層への転職支援に特化
  • 未経験からITエンジニアへのキャリアチェンジをサポート
  • 各職種に精通したコンサルタントから、生きた情報を収集できる
転職サイト Spring(スプリング)転職エージェント
公開求人数 30,939件(2022年6月7日現在)
非公開求人数 22,597件(2022年6月7日現在)
対応エリア 全国/海外
運営会社 アデコ株式会社
公式サイト https://www.springjapan.com/

ビズリーチ|スカウト求人サイトの最大手!30代での未経験業種・職種への転職実績多数

ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス向けの転職エージェントで、キャリアアップを目指す30代の転職実績が豊富です。

ビズリーチが転職成功者におこなったアンケートによると、30代で未経験業種・職種に転職した人の割合は35%と高く、未経験分野への挑戦を十分に後押ししてくれるエージェントといえるでしょう。

ビズリーチのサービスはスカウト型で、職務経歴書を登録するとヘッドハンターからスカウトメールが届きます。 求人情報の紹介やキャリアアドバイザーとの面談を介さないため、より効率的に転職活動を進められるでしょう。

また、ほかの転職エージェントにはないサービスとして、「タレント会員」「ハイクラス会員」の有料プランがあります。 無料でももちろん利用できますが、有料プランに登録するとスカウトや閲覧できる求人の幅が広がるため、短期集中で優良求人に出会いたい方におすすめです。

ビズリーチでは、経営幹部や管理職などの求人を多数取り扱っており、その分高年収の求人も多く、年収1,000万円以上の求人が全体の30%以上を占めています。年収アップを狙う30代の方にもおすすめのエージェントです。

【ビズリーチのおすすめポイント】

  • 30代の未経験職種・業種への転職実績が多い
  • スカウト型で、効率よく転職活動を進められる
  • 優良求人に出会いやすくなる有料プランあり
  • 年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上
転職サイト ビズリーチ
公開求人数 75,786件(2022年6月7日現在)
非公開求人数 非公表
対応エリア 全国/海外
運営会社 株式会社ビズリーチ
公式サイト https://www.bizreach.jp/

30代女性向けの転職サイト・エージェントおすすめ3選

30代の女性は、今後のキャリアアップに加えて、人によっては妊娠・出産を経験することもあり、自身のライフプランやワークライフバランスに迷いが生じやすい時期でしょう。

女性に特化した転職エージェントであれば、あなたの味方となって転職をサポートしてくれるはずです。

ここでは、30代の女性におすすめの転職サイト・エージェントを3つご紹介します。

マイナビエージェント【女性の転職】|事務・販売・サービス職の方はこちら

マイナビエージェント【女性の転職】

マイナビエージェント【女性の転職】は、人材サービス大手のマイナビが運営する、女性の転職に特化した転職エージェントです。

先にご紹介したマイナビエージェントの求人の中から、女性の採用に積極的な求人をピックアップして掲載しているため、希望の仕事を探しやすいでしょう。

マイナビエージェント【女性の転職】では、企業の人事担当者とのやり取りを専任の「リクルーティングアドバイザー」が担当します。専任制をとっているため企業情報を丁寧にヒアリングできるメリットがあり、「産休・育休の取得実績」や「女性の管理職登用実績」など、女性が聞きたい内部情報まで共有してくれます。

また、女性の転職支援で実績を積んできたキャリアアドバイザーに相談できるため、「今よりもスキルアップしたい」「派遣から正社員に転職したい」「育児と両立したい」などの理想の実現を期待できます。 2022年6月時点での求人数は少ないものの、その分手厚いサポートを受けられるでしょう。

【マイナビエージェント【女性の転職】のおすすめポイント】

  • 女性向けの求人だけを掲載
  • 「産休・育休の取得実績」「女性の管理職登用実績」など、求人票ではわからない情報を共有してくれる
  • 女性の転職支援で実績を積んだキャリアアドバイザーに相談できる
転職サイト マイナビエージェント【女性の転職】
公開求人数 452件(2022年6月7日現在)
非公開求人数 780件(2022年6月7日現在)
対応エリア 全国/海外
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト https://mynavi-agent.jp/womanwill/

type女性の転職エージェント|女性ならではの転職事情に最も親身に

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、東京・神奈川・埼玉・千葉を中心に転職支援を行う転職エージェントです。

これまで18年以上にわたって、数千人の女性の転職を支援してきました。 年間キャリアカウンセリング数は5,000人にも上り、女性ならではのキャリアの悩みを解決するノウハウに長けています。

type女性の転職エージェントでは、女性の転職専門の転職アドバイザーがキャリアプランや希望条件を丁寧にカウンセリングしてくれるため、理想の働き方を正直に共有してみるといいでしょう。 あなたの味方となって、転職をサポートしてくれます。非公開求人も多数保有しているため、好条件の求人に出会えるかもしれません。

また、ユニークなサービスとして、女性にうれしい面接メイクアップサービスを提供しています。 普段用とビジネス用のメイクを使い分けていない人は意外と多いですが、面接用には好感度の高いメイクをしていきたいものです。興味のある方は、ぜひキャリアカウンセリングに申し込んでみてください。

【type女性の転職エージェントのおすすめポイント】

  • 18年以上・数千人の女性転職支援の実績あり
  • 非公開求人多数
  • 業界初の面接メイクアップサービスを提供
転職サイト type女性の転職エージェント
公開求人数 6,996件(2022年6月7日現在)
非公開求人数 18,572件(2022年6月7日)
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉を中心として全国/海外
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公式サイト https://type.woman-agent.jp/

パソナキャリア|女性のキャリア形成・年収アップに強み

女性の転職ならパソナキャリア

パソナキャリアは、女性が活躍できる求人を専門とした転職エージェントです。 パソナキャリアは4年連続で利用者満足度調査1位を獲得しており、サービスの質の高さには定評があります。

「おすすめの求人情報」には、女性の活躍推進に積極的な企業に与えられる「えるぼし認定」や、子育て認定企業として厚労省から認定されている「くるみん認定」を受けている企業を特集して掲載されています。

また、キーワード検索に「30代」と入れると、30代を積極採用する企業が表示されるなど、キャリアアップや子育てとの両立を望む30代の女性にとって、利用しやすいサイトでしょう。

また、女性の長期的なキャリア形成を支援するパソナキャリアでは、転職者成功者のうち半分以上が年収アップを実現した実績を持ちます。 ハイクラス・スペシャリストに特化したコンサルタントも在籍していますので、前向きなステップアップ転職を目指す方にもおすすめです。

【パソナキャリアのおすすめポイント】

  • 質の高いサービスに定評あり
  • 「えるぼし認定企業」や「くるみん認定企業」など、女性が働きやすい求人を特集
  • 女性の半数以上が年収アップに成功
転職サイト パソナキャリア
公開求人数 3,426件(2022年6月7日現在)
非公開求人数 非公表
対応エリア 全国/海外
運営会社 株式会社パソナ
公式サイト https://www.pasonacareer.jp/woman/

30代でIT業界・エンジニアへの転職におすすめの転職サイト・エージェント3選

IT業界、特にエンジニア職は、全国的に人手が足りず売り手市場が顕著といえます。

求人数も多いため、いざ転職活動を始めても、膨大な求人の中から応募企業を決められない人も少なくないでしょう。

そこでここでは、30代でIT業界・エンジニアへの転職を考える方にぜひ活用してほしい転職サイト・エージェントを3つご紹介します。

レバテックキャリア|エンジニア・クリエイター向けの大手転職エージェント

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、ITエンジニア・クリエイターを専門とした転職エージェントで、東京・名古屋・大阪・福岡のサポート対象地域を中心に、全国の求人を保有しています。

15年以上IT業界に特化して転職を支援してきた歴史があり、企業と求職者のマッチング力の高さを誇ります。 キャリアアドバイザーの専門性の高さが特徴で、IT業界における転職の最新動向だけでなく最先端の技術についても精通しているため、キャリアやスキルアップの相談に一役買ってくれるでしょう。

年収アップ率は60%以上と高く、年代を問わずキャリアサポートの実績があるため、30代の転職支援にも期待できます。 また、件数は少ないものの「未経験歓迎」の求人も掲載されており、エンジニアへのキャリアチェンジを目指す方にもおすすめできます。

レバテックキャリアでは個別転職相談会を実施中で、「転職初心者向け」「キャリアアップを目指す方向け」など、自身の状況に合わせて業界に精通したアドバイザーにマンツーマンで相談できます。

オフィス以外に電話・オンラインでの相談も受け付けていますので、エンジニアの転職を検討中の方はぜひ相談してみてください。

【レバテックキャリアのおすすめポイント】

  • IT業界の転職で豊富な支援実績を持つ
  • 業界に精通したキャリアアドバイザーがエンジニアの転職をサポート
  • 状況に応じた個別相談会を実施中
転職サイト レバテックキャリア
公開求人数 14,363件(2022年6月9日現在)
非公開求人数 非公表
対応エリア 東京、名古屋、大阪、福岡を中心に全国
運営会社 レバテック株式会社
公式サイト https://career.levtech.jp/

マイナビIT AGENT|IT・Webエンジニアへの転職サポートが充実

マイナビIT AGENT

マイナビITエージェントは、人材業界大手のマイナビが運営するIT業界に特化した転職エージェントです。

公開求人数は38,000件以上、非公開求人数は35,000件以上(2022年6月9日現在)と多数の求人を保有しており、IT業界専任のアドバイザーがそれぞれの経験やスキルをヒアリングした上で、希望に沿った求人を紹介してくれます。

業界未経験者向けの求人も多数あり、IT業界での転職が初めての方も安心して相談できます。

また、先にご紹介した「マイナビエージェント」と連携しているため、エンジニア職以外の紹介が可能な点も特色のひとつです。 キャリアチェンジで自身の可能性を広げてみたい方も相談してみるといいでしょう。

こだわり条件には「リモートワーク/在宅勤務」「残業ほとんどなし」などの条件指定があり、ライフワークバランスの整った求人も豊富にあります。

さらに、忙しいエンジニアの方向けに休日の面談も受け付けていたり、職務経歴書の書き方や面接の受け答えのアドバイスもしてくれたりと、エンジニアの転職を心強くサポートしてくれるでしょう。

【マイナビITエージェントのおすすめポイント】

  • 豊富な求人数
  • エンジニアから多職種への転職相談も可能
  • 休日も相談受け付け
転職サイト マイナビITエージェント
公開求人数 38,115件(2022年6月9日現在)
非公開求人数 35,348件(2022年6月9日現在)
対応エリア 全国/海外
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト https://mynavi-agent.jp/it/

Geekly(ギークリー)|Web・ゲーム業界の転職に特化

Geekly(ギークリー)

Geekly(ギークリー)は、IT・Web・ゲーム業界の転職支援に特化しており、ユーザー満足度81%を誇る転職エージェントです。

業界別だけでなく職種別に細分化された専門のコンサルタントが、転職希望者の経歴やスキルを丁寧にヒアリングした上で希望に合った求人を提案するため、高いマッチング力を実現しています。

求人票には載っていないような企業の内部情報まで教えてくれるので、入社後のミスマッチが少ないのも特徴です。 また、マッチング力が高いからこそ内定までのスパンが短く、平均して25日で内定を獲得している実績があります。 スピード感を持って転職活動を進めたい方に向いているでしょう。

豊富な求人の中にはGeeklyだけの独占求人も多く、ほかのエージェントでは見つけられないような優良求人に出会えるかもしれません。 年収アップ率は76%と高く、前向きなステップアップ転職を目指す方におすすめです。 転職成功者のうち42%が30代なので、30代のエンジニアがぜひ活用したいエージェントといえるでしょう。

【Geeklyのおすすめポイント】

  • ユーザー満足度81%の高いマッチング力
  • 内定獲得までのスピードが早い
  • 年収アップ率76%で、30代の支援実績も豊富
転職サイト Geekly(ギークリー)
公開求人数 14,868件(2022年6月9日現在)
非公開求人数 19,500件以上(非公表)
対応エリア 関東を中心に全国
運営会社 株式会社GEEKLY(ギークリー)
公式サイト https://www.geekly.co.jp/

30代の転職希望者が知っておくべき転職サイト・転職エージェントの利用方法

ここまで読み進めて、「早速転職サイト・エージェントに登録して、転職活動を始めよう」と意気込んでいる方もいるでしょう。

しかし、転職サイト・エージェントを利用したからといって、あなたにぴったりの職場に転職できるとは限りません。 場合によっては、現状抱えている問題を転職しても解決できないといったことになりかねないのです。

この章では、転職エージェントを利用するときに覚えておきたいポイントについて見ていきましょう。

複数の転職サイト・エージェントに登録する

転職サイト・エージェントを利用するときには、必ず複数のエージェントに登録するようにしてください。

転職エージェントが保有する求人情報の中には「独占求人」といって、その転職エージェントでしか紹介されていない求人案件があります。 より多くの求人に出会いたいなら、いくつかの転職サイト・エージェントから情報を得るべきでしょう。

また、転職サイトやエージェントによって、転職支援の内容や重きを置いているところはそれぞれ異なります。 面接の支援に力を入れているところもあれば、企業への提案力に自信がある転職サイト・エージェントもあるのです。

さらに、キャリアアドバイザーとの相性もエージェントによって異なります。 複数のアドバイザーに実際に相談してみて、「この人にサポートをお願いしたい」という方を見極めるといいでしょう。 加えて、複数人に相談することでさまざまな視点の意見を聞けるメリットもあります。

どこの転職サイト・エージェントが最適なのかは実際に使ってみないとわかりません。 自分に合った転職支援を受けるためには、必ず複数の転職サイト・エージェントを利用するようにしてください。

キャリアアドバイザーとの相性は重要

転職サイト・エージェントのキャリアアドバイザーは、あなたのキャリアの棚卸しや求人の紹介、面接対策などで、さまざまなアドバイスをくれる頼もしい存在です。

キャリアアドバイザーの質が転職活動の成否を左右すると言っても過言ではないでしょう。 転職の成功を目指すのであれば、あなたと信頼関係を築けるキャリアアドバイザーの支援は必須といえます。

しかし、キャリアアドバイザーの仕事は経験や人柄がものを言うため、当然人によって力量に差があります。 また、転職活動を行う上で、何度も連絡を取り密接に関わることになりますので、相性も重要なポイントでしょう。

もし、力量が足りなかったり、あなたと相性が合わなかったりする場合、スムーズに転職活動が進まないかもしれません。 キャリアアドバイザーが頼りなく感じたら、担当者の変更を申し出たり、ほかの転職サイト・エージェントの利用を検討してください。

キャリアアドバイザーの言いなりにならない

転職サイト・エージェントの役割は、転職希望者と人材が欲しい企業をマッチングすることです。 転職希望者に内定が出ることで、初めて利益が出ます。 そのため、キャリアアドバイザーによっては求職者の希望を度外視し、あなたが採用されそうな求人であればどんなものでも応募を強引に勧めてくるケースもあります。

また、キャリアアドバイザーが「最適な転職先である」と勧めてきても、それが絶対的に正解だとは限りません。 転職活動の主役は、あくまでもあなた自身です。 キャリアアドバイザーのアドバイスは一意見ととらえ、転職先はあなた自身で選ぶようにしましょう。

同じ求人に複数の転職サイト・エージェントからは応募しない

どうしても採用されたい求人があった場合、転職できる可能性を上げるために「複数の転職エージェントから同じ求人に応募しよう」と考える方もいるでしょう。 また、複数のエージェントから同一案件を紹介されて、内容を精査せずに応募してしまったり、「同じ企業だけど別の部署だから大丈夫だろう」と軽く考えたりしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、転職活動においてこの行為はご法度です。企業の人事担当者は、複数応募していることを必ず把握します。 そうなった場合「自己管理ができていない人材だ」と逆に悪印象を与えかねません。

また、二重応募は転職エージェント側に負担をかける行為のため、「二重応募する信頼できない人だ」と判断され、今後求人を紹介してもらえない可能性もあります。 もし二重応募してしまったことがわかったら、すぐにエージェントに連絡し、謝罪しましょう。 転職活動ではキャリアアドバイザーとの信頼関係が何よりも大切です。

あなたのミスで二重応募が起こったとしても、誠意をもって対応すれば、信頼関係は回復できるはずです。 そして、今後同様のミスが起こらないよう、応募案件の管理を徹底しましょう。

30代が転職を成功させるためのポイント10個

ひと昔前までは「転職するなら35歳まで」が一般的でしたが、現在は状況が変わってきており、35歳以上の転職実績も多くなってきています。

しかし30代の転職では、年齢に応じた相応の経歴が必須であったり、即戦力として高いスキルを求められたりする傾向にあり、30代ならではのアプローチが必要でしょう。

そこでこの章では、30代が転職を成功させるために外せないポイントを8つご紹介します。 30代で転職を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

30代の転職事情|異業種・同職種での転職なら30代が比較的有利

転職には、「同業種・同職種」「同業種・異職種」「異業種・同職種」「異業種・異職種」の4つのパターンがあります。

この中で一番スムーズに転職が進みやすいのは、「同業種・同職種」であることは言うまでもありません。 しかし、中には「違う職種にチャレンジしたい」「業種を変えてみたい」と考える方もいるでしょう。

このようなときに比較的転職しやすいのは、「異業種・同職種」です。

例えば家具メーカーの営業から転職を考えるとき、同じ家具メーカーのマーケティング職を目指すよりも、異業種である食品メーカーの営業を目指した方が転職しやすいのです。 中でも、30代は「異業種・同職種」への転職で有利になります。

リクナビNEXTがおこなった調査によると、年代別の転職時の業種・職種異同のパターン別割合は、30代以上では「異業種・同職種」が占める割合が最も多く、20代と比較して高くなっています。

転職時の業種・職種異同のパターン別割合

引用元:30代で異業種・異職種へ転職はできる?転職市場の動向と成功させるコツ|リクナビNEXT

これは、たとえ業界未経験であっても、30代が特定の職種で培ってきた経歴と実績は、即戦力として評価されるからです。 転職希望者としても、まったく新しい仕事を一から覚えるよりも、ある程度の勝手がわかって自信がある職種の方が、新しい環境に飛び込みやすいという側面もあります。

また、異業種・同職種の転職であれば、ステップアップ転職として年収アップも見込めます。 異業種へのチャレンジは少し勇気がいるかもしれませんが、これまでの経験を活かしたいのであれば、視野に入れてみるといいでしょう。

30代前半の平均的な転職回数と採用における関係

年代別転職回数

引用元:年代別の転職回数と採用実態|リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の会員データによると、30代の転職回数で最も多かったのが、『経験なし』の47%、次に多かったのが1回で24%、次いで2回の16%と続きました。 30代で転職回数が3回以上の人の割合は13%と少なく、転職回数が3回を超えると「多い」と判断されるでしょう。

転職市場において、平均を大きく上回ってしまうような転職回数になってしまうと、転職することすら難しくなってくるのはいうまでもありません。特別な事情もなく6,7回も転職している人には、「採用してもすぐに辞めてしまいそう」というイメージがついてしまうからです。

30代の転職にはそこまで悪いイメージはない

しかし、今はブラック企業の存在が大きくメディアで取り上げられ、状況が変わっているのも事実です。 ようやく入社したにもかかわらず、労働環境が悪かったり、パワハラやセクハラにあったり、さまざまな事情により転職を余儀なくされる人も多くいます。

また、将来を見据えたスキルアップのための転職であれば、転職回数の多さが逆にプラスに働くでしょう。 そのため、転職回数が多くても気にしない企業も増えてきました。

転職歴は何回目くらいから気になりますか?

引用元:転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実績|リクナビNEXT

『リクナビNEXT』が採用担当者に「転職歴は何回目くらいから気になるか」を問うアンケート調査をおこなったところ、最も多かったのが3回、次いで4回、5回でした。

「7~9回」 少なければ良いという訳でもない。年齢と経験によって判断は異なります。本人に聞いて妥当性や要因を確認した後に判断しています【その他 300~500人未満】
「気にならない」
・個人の能力と転職歴に関連がないと考えるから【商社系(総合商社・素材・医薬品他) 1,000~3,000人未満】
・回数だけではなく、総合的な内容(年齢、勤続年数、回数など)を確認したいから【サービス系 1,000~3,000人未満】

引用元:転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実績|リクナビNEXT

このように、転職回数が多くても裏付けとなる理由があれば、転職回数の多さよりも年齢や経歴、能力が重視されるようです。 また、27歳の人が3回転職しているのと、37歳の人が3回転職しているのでは、同じ回数でも企業に与えるイメージは異なります。

30代の転職では、転職回数の多さは必ずしも不利に働くわけではないことを覚えておいてください。

転職で30代の人に求められているもの

30代で転職時に求められるのは、『即戦力』です。

企業側からすると、新卒採用や20代の転職採用の場合では職務経験が少ないため、1から仕事を教えなければならないことが通常です。

一方、30代であれば、前職で十分な経験を積んできた上に一般的なビジネスマナーは身についていると考えられるため、即戦力としての働きを期待されます。

つまり、転職で未経験の職種にチャレンジするのであれば、採用は難しくなるかもしれません。 仮に採用されたとしても給与は大幅に下がり、新しい環境で1から仕事を覚えることになるでしょう。

そのため、年下の上司がつくことはもちろん、平社員よりも立場が下になる可能性があります。 精神的にタフでなければいけないという覚悟を持っておいてください。

自身の経験・スキルを確認する

30代で転職活動をする前にやっておきたいのが、経験やスキルの洗い出しです。 前述したように、30代の転職では即戦力となる経歴やスキルが重視されます。

「これまでどのような実績を上げてきたのか」「どのような分野が得意なのか」「自分を採用したら企業にとってどのようなメリットがあるのか」など、まずは自身の経験を細かく書き出してみましょう。

これまでの自分について考えていくうちに、転職で譲れない条件も自ずと見えてくるはずです。 もし自分一人で進めるのが難しい場合は、転職エージェントのキャリアアドバイザーの力を借りてください。客観的な視点で、あなたの強みや能力を分析してくれるでしょう。

条件を絞りすぎず転職活動をする

転職サイト・エージェントを利用する際は、条件の指定が増えれば増えるほど応募できる求人が少なくなってしまいます。

例えば「在宅勤務」「残業なし」「駅から5分以内」と細かく条件を設定すると、検索にかかる求人案件は少なくなってしまいます。

もし転職先が決まらず転職活動が長引いているのであれば、条件の絞りすぎが原因かもしれません。 条件に優先順位をつけて、絶対に譲れない条件は何か、逆になくても問題なさそうな条件は何かを確認しましょう。 視野を広げてみることで、思わぬ優良案件が見つかるかもしれません。

求人数の多い転職エージェントに複数登録する

転職エージェントに登録する際は、まずは求人数の多い複数のエージェントに登録しましょう。 求人数が多ければ多いほど、それだけ希望に合う求人が見つかる可能性は高くなります。

また30代での転職活動は、場合によっては長引いてしまうこともあるでしょう。 面接での不合格が続くと「自分はやっぱりダメなんだ…。」と落ち込んでしまう方も少なくないはずです。

しかし、落ち込んで転職活動を休止している間に、好条件の求人はライバルたちにとられてしまいます。 気持ちを切り替えて、できる限り多くの求人へ応募しましょう。

面接で不採用になった際も、求人数の多い転職エージェントに複数登録しておけば、希望に合致する求人案件が見つかりやすく、次の応募もスムーズに進みます。

転職エージェントによっては不採用の理由を共有してくれるところもあるので、怖がらずに耳を傾けましょう。 次の面接の糧となるはずです。

面接先の情報収集をする

転職活動をする際は、面接先企業の情報収集を怠ってはいけません。 面接の場で企業研究の成果をアピールすることは、その会社に入社したいという熱意の表明にもつながるからです。 最低限面接先の企業理念やどういう製品やサービスを扱うのかは、知っておく必要があるでしょう。

また口コミサイトを利用して、会社の雰囲気を確認しておくのも大切です。 もし転職エージェントを利用していれば、多くの場合、キャリアアドバイザーか、もしくは採用案件の担当者が応募企業の内情に精通しているはずです。 社長の雰囲気や働く人の様子など、実際に企業とやり取りしているからこそ知っている情報もあるので、フルに活用しましょう。

また、事前に企業の生の情報を仕入れておくことは、入社後のギャップの軽減にもつながります。 せっかく転職したのに「こんなはずではなかった」とならないよう、企業研究は決して怠らないようにしましょう。

転職活動は在職中に済ませよう!

必ず、在職中に次の転職先を決めてから退職しましょう。 理由は『安定して生活を送っていくため』です。人生なんとかなるとはいいますが、次の仕事はいつ決まるかなんて誰にもわかりません。

退職してから転職活動したほうが、体力的なストレスが比較的少なく済む上に面接日程も決めやすいため、一見するとメリットがあるように感じるかもしれません。 しかし、その間給料は1円も入りません。 異職種への転職ともなれば、転職活動もそう簡単には進まないでしょう。

もしあなたに養うべき家族がいるのであれば、無収入の状態が続くと家族に大変な負担をかけてしまいます。 それが3カ月や半年も続いたらどうでしょうか。 結果的に精神的にも金銭的にも不安になり、もうどこでもいいからと大量採用している企業へ入社してしまうことにもなりかねません。

するとまた、労働環境や仕事の好き嫌いで転職を考えてしまうというわけです。 転職活動は、3カ月や半年くらいの期間が必要だということを認識しておき、在職中に転職活動を行なうようにしましょう。

仕事で忙しい中での転職活動は疲弊するものですが、心に余裕を持つことで、理想の転職先が見つかるはずです。

転職エージェント選びに迷ったら3社か4社に登録しておく

転職サイト・エージェントは多数ありますので、あなたの希望する職種や業界にマッチしたところに3社か4社登録しておくべきです。

各転職エージェントには、その転職エージェントにしかない独占求人も多数ありますので、より多くの求人に出会うためには、複数のエージェントに登録しておくことが有効です。

また、転職エージェントを利用したとしても、転職が成功するかどうかはキャリアアドバイザーの質に左右されます。 もし相性が合わなかったり、サポートに不満を感じたりした場合には、積極的に変更してもらうようにしましょう。

まとめ

30代の転職では、即戦力が求められるということがわかりました。 経験や実績がともなっていれば、30代は企業から高く評価されます。

逆にそれらが不足していると自身で感じていても、実はそうではないケースもあります。 自分のスキルに自信がないのであれば、転職エージェントに相談して、客観的なアドバイスを受けるといいでしょう。

一見すると難しく感じる30代の転職活動ですが、しっかりとした対策を練って臨めば、成功する可能性はもちろん高まります。 転職を成功させるためには、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

  • 自己分析を行う
  • 面接先の情報収集をする
  • 転職エージェントを利用する

転職エージェントは無料で利用できるので、登録しておいて損はありません。 どこに登録するか迷ったときは、この記事で紹介したおすすめの転職エージェントを利用するといいでしょう。 あなたのパートナーとなって、希望の転職を叶えてくれるはずです。

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。