POSTED 2021/08/18

30代向け転職サイト・エージェントおすすめ16社を徹底比較|選び方と転職成功のポイント

CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

  • URLcopy

30代になってから転職を考えた場合・・

  • 「前職より給料が下がってしまわないか…。」
  • 「転職活動がうまくいかず無職になってしまうのでは?」

さまざまな不安がありますよね。確かに30代での転職活動は20代に比べ難しいといえます。というのも、企業は30代の人材を雇うなら即戦力として働いてほしいと考えています。そのため、年齢に応じた能力や経験のアピールが必要になるでしょう。

ただ、新卒から働き始めて10年も経てば、仕事に対する考え方や実力がかなり身についており、その道のベテランとしてどこの企業でも求められるでしょう。そうした能力や経験をしっかりアピールできれば、転職活動が成功する可能性は上がります。

また、どうせ転職するのであれば、「年収をもっとあげて余裕を持ちたい」「新しい仕事で自分を試してみたい」という欲もあるでしょう。

その希望が叶いやすくするのが、30代向け転職エージェントの利用です。

転職サイトやエージェントには『30代向け』『20代・第二新卒向け』『管理部門向け』『女性特化』『IT・エンジニア向け』など、それぞれカラーがありますので、あなたの状況に適した転職サイト・エージェントを選ぶべきです。

30代に強い転職サイト・エージェントを利用すべき7つの理由

  1. キャリアアップにつながる可能性が高い
  2. 長期的なキャリア形成の相談に乗ってくれる
  3. あなたの強みを発見してくれる
  4. 履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる
  5. 受かりやすい面接の練習をしてくれる
  6. 好条件で入社するための交渉をしてくれる
  7. 退職に関するアドバイスももらえる

また、転職エージェントを利用すれば必ず転職が成功するわけではないといった点にも注意が必要です。そこで本記事では、30代の方が選ぶべき転職エージェントと、転職活動を成功させるためのポイントなどを詳しく紹介します。

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
勤務地

目次

30代の転職に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ16選

まずは、国内の30代向け転職サイト・転職エージェントを一覧にしましたので、参考にしてみてください。

エージェント名 特徴
マイナビエージェント 30代利用者満足度の高い大手転職エージェント。
リクルートエージェント 圧倒的求人数で、キャリアアップから異業種転職まで。
type転職エージェント 20代後半から30代にかけてサポート。一都三県に特化。
doda 年間1万8,000人以上の転職サポート実績。豊富な求人数が魅力。
パソナキャリア 初めての転職も徹底カウンセリングと手厚いサポート。
Spring転職エージェント 高年収求人多数の世界有数エージェント。
JACリクルートメント 30代で年収1200万円クラスを目指す方。年収UP転職にコミット。
リクルートダイレクトスカウト 30代後半からの年収800万円以上の転職希望者におすすめ。2500名以上のヘッドハンターからのスカウトサイト。
エンエージェント 大手人材会社enジャパン社が運営。外資系特化の「エンワールド」が30代に人気。
ビズリーチ スカウト特化の転職求人サイト。30代からのキャリアアップ転職に強み。
マイナビエージェント(女性の転職) マイナビの女性特化サポート。事務・販売・サービス向け。
type女性の転職エージェント 働く女性向け求人多数! キャリアアップを目指す女性におすすめ。
パソナキャリア(女性の転職) 30代の転職支援サポート特化!2021年オリコン顧客満足度調査第1位。
レバテックキャリア 30代でIT転職!未経験OKの求人も多数扱う。
マイナビIT AGENT マイナビ唯一のIT特化エージェント。転職実績で選ぶならここ。
Geekly IT業界のみの転職支援を行う唯一の転職エージェント
エージェント名 評価 強み
総合型
マイナビエージェント

4.9

30代からの抜群の支持を誇る大手エージェント
リクルートエージェント

4.6

圧倒的求人数と内定数。まず登録すべき大手エージェント
doda

4.4

豊富な求人数。キャリアに迷う方のため適職診断も実施
type転職エージェント

4.0

20代から30代までに強み、1都3県に特化
ハイクラス
RECRUIT DIRECT SCOUT

4.8

リクルートが運営するスカウト型ハイクラス転職サービス
iX転職

4.6

パーソルキャリア発の高年収特化転職支援
Spring転職エージェント

4.1

外資・ハイクラス特化転職エージェント

マイナビエージェント』『リクルートエージェント』『type転職エージェント』は30代の転職活動を総合的にサポートしてくれるので外せないエージェントと言えますが、『年収UPにこだわりたい』『管理部門の転職』であれば『リクルートダイレクトスカウト』や『iX転職』を利用するのがおすすめと言えます。

詳しくは後ほど解説しますが、これらは実績も多いため、間違いのない転職サイトと言っていいでしょう。

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
勤務地

転職サイトと転職エージェントの役割の違い

転職活動中によく聞く転職エージェントという存在は、一般的な転職サイトとはどんな違いがあるのでしょうか?

転職サイトと何が違うのか、転職エージェントではどんな転職支援サービスが受けられて、どう利用すればよいのかをまずは知っておきましょう。

転職エージェントとは

転職エージェントは人材紹介サービスのことで、企業からの依頼を受けて、企業が求める人材をエージェントが保有するユーザーの中から紹介を行うモデルです。

登録すると、担当のキャリアコンサルタントがついてくれるので、転職に関する相談やアドバイスを受けながら転職活動することができます。

非公開求人への応募が可能

転職エージェントで受けられるサービスの代表的なものは、非公開求人を紹介してもらえること

例えば『doda』の場合、一般的な転職サイトとしての機能もありますので、求人を選んで直接応募することも可能ですが、求人を依頼する企業の中には、ターゲットにしたい即戦力のある人材を求めるために、あえて非公開を希望する大手企業も数多く存在しているため、こうした求人への応募は『エージェントに依頼して応募』することになります。

転職活動に関する専任のアドバイザーがつく

自分の専属となるキャリアコンサルタントがついてつくことも、転職エージェントならではのサービスと言えます。条件に合った求人を探してもらえるのはもちろん、直接あったり、電話などで行う面談では自己分析や適職診断などを行ったり、仕事を探す上でのアドバイスをもらったりすることもできます。

年収UPのための給与交渉をしてくれる

企業との面接が進み採用が決まった場合、給与面などの希望などもあることでしょう。こうした交渉もすべて転職エージェントが間に入って進めてくれます

転職エージェントのモデルとして、紹介する方の年収の30〜35%を企業から手数料としてもらうため、できるだけ年収を上げて紹介することは、エージェントにもメリットがあります。もちろん、エージェントを利用する求職者はすべて無料です。

30代向け転職サイト・エージェントの失敗しない選び方

良質なエージェントを見極め、本当に自分の転職に役立つようにエージェントを利用するためには、まず“ダメな転職エージェントとはどういうものか”を知り、それを回避する術を身に着けなければなりません。

キャリアアドバイザーの質

転職エージェントを利用する上で非常に重要になってくるのがキャリアアドバイザーの質です。同じ転職エージェントでも、アドバイザーが違うだけで転職の成否が変わると言っても過言ではありません

ただしキャリアアドバイザーの質というのは、ほとんどの場合実際にエージェントを利用してみなければ分からない事の方が多く、利用前に判断するのは難しいと言えるでしょう。

エージェントによっては、どのような経歴を持ったアドバイザーが在籍しているのかを紹介しているものもあるのでそれを確認し、良さそうだと思ったエージェントをまずは利用してみましょう。

実際にアドバイザーと面談をしたら、先にお話しした良質なエージェントの選び方を参考にしてそのエージェントを利用し続けていくのかどうかを判断しましょう。

良質なエージェント見極めるには?

良いエージェントを見極めるためには、まずダメなエージェントの特徴を押さえ、それに当てはまるエージェントを回避することが重要です。先に述べたエージェントの裏事情を理解しているだけで、自然とダメなエージェントの背景にどのような事情が隠されているか分かるはずです。

では具体的にダメなエージェントの特徴とはどのようなものか見ていきましょう。

  • 希望と違う案件を勧めてくる
  • 「絶対に転職した方が良い」と強引に転職を勧めてくる
  • 企業について浅い情報しか教えてくれない

自分が希望している条件と全く一致していないのにも関わらず、「○○さんはこういう企業だと活躍できると思いますよ」というように案件を紹介してくる場合には、単に採用確率が高いか、そもそも人気のない案件でなかなか応募者が出なから紹介している、というような事情が隠されている可能性が高く、注意が必要です。

信頼できる転職エージェントの共通点

ダメなエージェントの特徴は具体的にお話ししましたが、では具体的に信頼できるエージェントの特徴とはどのようなものなのでしょう。

信頼できる転職エージェントに共通する特徴を詳しく見ていきましょう。

  1. 自分の悩みをしっかりと聞いてくれる
  2. とにかく案件を紹介するのではなく、キャリアプランを一緒に考えてくれる
  3. 様々な情報を基に“客観的”に説得力のあるアドバイスをしてくれる
  4. レスポンスが速く、利用していてストレスを感じることが少ない

転職エージェントとは、転職者と企業を結び付ける仕事ですから、採用が取れればエージェントにとっては利益になります。しかし転職者にとっての利益とは単に採用されることではなく、転職した後にその職場に満足できるか、自分のキャリアに有益な転職ができるかということです。

信頼できるエージェントはそれを理解し、これまでの経歴や実績などの客観的な事実だけではなく、転職者が何故転職しようと思うに至ったか、転職に対してどのような不安や悩みを抱えているかを注意深く探ってくれます。

転職先の業界に特化しているか業界に詳しいアドバイザーがいる

もしあなたが業界の今後の展望を語れるエージェントに出会ったとしたら、そのエージェントは信頼して良いでしょう。

例えば、この業界では今後○○な商品がどんどん開発されていく。だから△△な人材が求められるようになります

というように、今後業界がどのような変化を遂げ、それによってどのような人材が求められ、またどのような経験・実績を積むことができるのかまで語れるということは、その業界に対しての知識が深く、業界の現状を上手く捉えていると言えるでしょう。

全ての30代におすすめ!総合評価で選ぶ転職サイト・エージェント7選

30代前半の転職活動で活用をおすすめする転職サイトをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

マイナビエージェント|利用者満足度No1、面接対策やサポート力に定評

マイナビエージェント

利用者満足度No.1を誇る、圧倒的知名度の転職エージェントです。マイナビエージェントは、首都圏・関西圏の20代~30代への転職サポートが充実し、面接対策やカウンセリングなどの転職活動中も去ることながら、内定が決まった後のアフターフォローも充実しており、その手厚いサポートが利用者からも高く評価されています。

運営企業:株式会社マイナビ
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/
※女性で、事務職・販売・サービス職の方はこちらから

リクルートエージェント|転職に慣れた方もまず頼るべきエージェント

大手人材紹介会社、リクルートが運営しているエージェントです。非公開求人は10万件を超え、転職成功実績ナンバー1という堂々たる実績をもっています。リクルートエージェントに申し込みをした後は、しっかりと面談があるため、自分のやりたい仕事や希望年収を伝えるだけで、20社以上の求人から提案してくれます。

そして、在職中であってもかわりにリクルートエージェントが求人を探してくれるため、時間の節約につながったり、自分に合った仕事が見つかったりするなどのメリットがあるといえるでしょう。

運営企業:株式会社リクルート
公式サイト:https://www.r-agent.com/

type転職エージェント|年収UP交渉・希望の入社条件に尽力!

  1. 1都3県の転職実績に定評のある転職エージェント
  2. 年収交渉に強みを置いており、転職者のために粘り強く交渉を続けてくれると評判
  3. 自分の年収は落としたくないという転職のありがちな悩みに最後まで向き合ってくれる

運営企業:株式会社キャリアデザインセンター
公式サイト:https://type.career-agent.jp/

doda|業界最大級の求人数でキャリアの選択肢を広げたい方に

doda

dodaは約10万件の求人を保有しており、未経験からキャリアアップ転職までさまざまな方の転職をサポートしているエージェントです。登録後はキャリアカウンセリングを受けながら、求人紹介を受けたり自分で求人を探したりと、自分のペースにあった転職活動を進めることが出来ます。

運営企業:株式会社パーソルキャリア
公式サイト:https://doda.jp/

パソナキャリア|求人掲載数業界トップクラスのシェア

パソナキャリア

  1. 今後のキャリアについて専門家に相談をしながら転職先を判断をしていける
  2. 転職エージェントの中でも親身に相談に乗ってくれることに定評あり
  3. 転職活動が思うように進まず1人で悩んでいる方におすすめ

運営企業:株式会社パソナ
公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

JACリクルートメント|30代の年収UP転職・交渉や条件交渉にコミット

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30代前半であれば必ず利用しておきたい転職エージェントです。その理由とは、ミドルからハイクラス向けの転職エージェントだからです。ある程度経験を積んでいる方限定にはなりますが、その分年収アップが期待できます。

自分自身の過去の実績や経験の洗いだしからはじめることで、JACリクルートメントにもよいアピールをすることができるでしょう。また、JACリクルートメントに限らず面接までたどり着くことができれば、年収交渉をしてくれるため、転職エージェントは嬉しいサービスといえるでしょう。

運営企業:株式会社ジェイエイシーリクルートメント
公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

リクルートダイレクトスカウト|年収800万円以上の転職を望む30代におすすめ

リクルートダイレクトスカウト

  1. リクルートグループが運営するハイクラス層向け転職エージェント
  2. 優秀なヘッドハンターが更に上のポジションを狙える人材をあっ旋
  3. 自分のキャリアを活かしながら更なる大幅な年収アップを目指したい方
  4. 将来的に経営層を目指せる会社を狙っている方におすすめ

運営企業:株式会社リクルートホールディングス
公式サイト:https://careercarver.jp/

30代で未経験職種に挑戦!キャリアチェンジにおすすめの転職サイト3選

30代で未経験職種に転職するのは簡単ではありませんが、業界によっては人手が足りず、未経験であっても採用してくれるところもあるでしょう。基本的には求人倍率がある程度高い職種が狙い目です。

30代であることや未経験であることがハンデになりにくいのが、営業職、技術職(建築・土木)、販売・サービス系です。

求人倍率が高くても、技術職のIT系や電気系は専門的知識が必要であるため、未経験者の転職は難しいことは覚えておく必要がありそうですが、そういった事情を踏まえた笛で転職支援をしてくれる転職サイトをご紹介します。

エンエージェント|未経験職種への転職ならNo.1

  1. 転職・派遣・アルバイトなどの大手人材会社enジャパン社が運営
  2. 応募者への丁寧なサポートが特徴
  3. 独自の適性試験(性格診断テスト)を実施した上でキャリア面談を行う
  4. 未経験職種への転職に挑戦したい方は、キャリア設計のサポートが充実

運営企業:エンジャパン株式会社
公式サイト:https://enagent.com/
グローバル転職『エンワールド』公式サイト:https://www.enworld.com/

Spring転職エージェント|初めての転職もプロのコンサルタントが対応

spring

  1. 国家資格であるキャリアコンサルタント資格をもつエージェントがキャリア形成を支援
  2. 国内全エリアをカバーする業界トップクラスの情報量
  3. 業界・業種未経験からでも大手・コンサル・クリエイティブ系への転職実績多数
  4. 初めての転職活動でも満足のいく転職を最後までサポート

運営企業:アデコ株式会社
公式サイト:https://www.springjapan.com/

ビズリーチ|スカウト求人サイトの最大手!ベンチャーまで幅広い規模や業界をカバー

  1. 信頼できるヘッドハンターからのスカウトが魅力
  2. 大手・中小企業から地方優良企業まで規模も業界も違う多くの企業の採用情報を入手可能
  3. キャリアアップ を目指す30代の転職実績が豊富

運営企業:株式会社ビズリーチ
公式サイト:https://www.bizreach.jp/

30代女性向けの転職サイト・エージェントおすすめ3選

マイナビエージェント【女性の転職】|事務・販売・サービス職の方はこちら

  1. 首都圏・関西圏で実績のある転職エージェント
  2. 女性のキャリアカウンセラーに面談をお願い出来き、安心して利用できると評判
  3. 転職活動中は面接や履歴書の対策、転職後は手厚いアフターフォローあり
  4. 事務・販売・サービス職以外の女性の方はこちらから登録

運営会社:株式会社マイナビ
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/womanwill/

type女性の転職エージェント|女性ならではの転職事情に最も親身に

  1. 1都3県における女性の転職に強い転職エージェント
  2. 女性を求めている企業の求人が比較的多い
  3. 女性ならではの強みを活かして転職活動に臨める
  4. 年収交渉にも強く、プライベートも充実させながら高収入を狙いたいという方におすすめ

運営会社:株式会社キャリアデザインセンター
公式サイト:https://type.woman-agent.jp/

女性の転職ならパソナキャリア|女性のキャリア形成・年収アップに強み

  1. キャリアアドバイザーからの親身なサポートに定評
  2. 一人ひとりに合った些細な悩みにも対応
  3. 『未経験応募可』から『ハイクラスキャリア』まで幅広い希望に対応できる
  4. 2019年顧客満足度調査において転職エージェント部門1位

運営会社:株式会社パソナ
公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

30代でIT業界・エンジニアへの転職におすすめの転職サイト・エージェント3選

レバテックキャリア|エンジニア・クリエイター向けの大手転職エージェント

  1. IT業界専門の転職エージェント
  2. 大手のエージェントとは違い、 IT業界に特化
  3. これから新しくエンジニアを目指す未経験の方
  4. 同業界で転職先を探すエンジニア経験者の方の転職にも強い

運営会社:レバテック株式会社
公式サイト:https://career.levtech.jp/

マイナビIT AGENT|IT・Webエンジニアへの転職サポートが充実

  1. 大手の『マイナビグループ』が運営する転職エージェント
  2. キャリアアドバイザーのサポートに定評があり、希望に沿った転職先を提案
  3. プレイヤーとしてだけでなく上流工程に関わる案件も多数紹介可能
  4. 面接対策も充実。退職理由や志望動機など面接で聞かれる質問の 練習・対策も可能

運営会社:株式会社マイナビ
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

Geekly(ギークリー)|Web・ゲーム業界の転職に特化

  1. IT・エンジニア業界一本で転職支援を行なうのは唯一の転職エージェント
  2. 専門の強みを活かし、提案力でも他のエージェントに比べて高いレベルを誇る
  3. 転職決定までのスピード感が圧倒的に早く、また転職後のミスマッチも少ない
  4. 利用者満足度83.0%という高い実績を誇る

運営会社:株式会社GEEKLY(ギークリー)
公式サイト:https://www.geekly.co.jp/

30代の転職希望者が知っておくべき転職サイト・転職エージェントの利用方法

転職エージェントを利用したからといって、あなたにぴったりの職場に転職できるとは限りません。

場合によっては、現状抱えている問題を、転職しても解決できないといったことになりかねないのです。まずは、転職エージェントを利用するときのポイントについて見ていきましょう。

複数の転職サイト・エージェントに登録する

転職エージェントを利用するときには、必ず複数のエージェントに登録するようにしてください。独占求人といって、その転職エージェントでしか紹介されていない企業があるからです。また、転職サイトやエージェントによってもそれぞれどこに重きを置いているかが違います。

面接の支援に力を入れているところもあれば、企業への提案力に自信がある転職サイト・エージェントもあります。

どこの転職サイト・エージェントが最適なのかは実際に使ってみないとわかりません。必ず、複数の転職サイト・エージェントを利用するようにしてください

キャリアアドバイザーとの相性は重要

キャリアアドバイザーは、あなたのキャリアの棚卸しや就職先の紹介、面接対策などで、さまざまなアドバイスをくれます。ただし、キャリアアドバイザーは技術職ですので、当然人によって力量に差があります。また、転職活動を行う上で、キャリアアドバイザーとは何度も連絡を取ることになります

もし、力量が足りないと思ったり、あなたと相性が合わなかったりする場合、大きなストレスを感じてしまうこともあるでしょう。もし、合わないと思ったら、変更してもらうようにしてください。

キャリアアドバイザーの言いなりにならない

転職エージェントは、転職希望者と人材が欲しい企業を結びつけて初めて利益が出ます。そのため、キャリアアドバイザーによっては、あなたが入れる企業であればどんなものでも転職を進めてくるといったケースもあります。

また、キャリアアドバイザーが最適な転職先であると考えていても、それが正解だとは限りません。どの転職先が1番よいかは、キャリアアドバイザーの言いなりにならず、あなた自身で選ぶようにしましょう

同じ求人に複数の転職サイト・エージェントからは応募しない

どうしても採用されたい求人があった場合、転職できる可能性を上げるために別々の転職エージェントから同じ求人に登録するケースもあります。ただ、転職のときにこの行為はご法度です。企業は複数応募していることを必ず把握します。そうなった場合「自己管理ができていない人材だ」と判断されかねません。

また、転職エージェントからも「2重登録する信頼できない人だ」と判断され、発覚以降、求人を紹介してもらえない可能性もあります。

30代が転職を成功させるためのポイント8つ

30代で未経験職種への転職を成功させるためには、いくつか押さえておきたいポイントがありますので確認しておきましょう。

30代の転職事情|同業種での転職なら30代が比較的有利

一昔前であれば30代前半が転職のラストチャンスといわれていましたが、現在ではそのような傾向も少なくなってきました。なぜなら、昔の『1度勤めた会社は定年まで勤めるべき』という価値観が薄れてきて、仕事の腕が重要視される社会になってきたからです。

そのため、30代前半で転職することも難しくなくなってきました。しかし、異業種にチャレンジするのではなく、今まで経験してきた業種や職種にかかわる仕事を選ぶべきといえるでしょう。

どうしても異業種にチャレンジしたい場合には、転職活動に苦労する上に、年収が下がる可能性があることを覚悟する必要があります。

30代前半の平均的な転職回数と採用における関係

引用元: 年代別の転職回数と採用実態|リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の会員データによると、30代の転職回数で最も多かったのが、『経験なし』の47%、次に多かったのが1回、その次が2回だったようです。30代で転職回数が3回以上の人は、多いほうだといえるでしょう。

平均を大きく上回ってしまうような転職回数になってしまうと、転職することすら難しくなってくるのはいうまでもありません。6,7回も転職している人を自社に迎え入れても、すぐに辞職することが目に見えるからです。

30代の転職にはそこまで悪いイメージはない

しかし、今はブラック企業の存在が大きくメディアで取り上げられ、状況が変わっているのも事実です。ようやく入社したにもかかわらず、労働環境が悪かったり、パワハラやセクハラがあったり、さまざまな状況ですぐに退職してしまう方も多くいます。

そのため、転職回数が多くても気にしない企業も増えてきました。

引用元: 年代別の転職回数と採用実態|リクナビNEXT

『リクナビNEXT』が採用担当者に「これまでに採用した人で一番多かった転職回数」のアンケート調査を行ったところ、最も多かったのが3回、次いで4回、5回でした。転職希望者の転職理由を聞いた上で、「一緒に仕事ができそうだ。」と判断できれば転職回数は気にしないということです。

転職で30代前半の人に求められているもの

30代前半で転職時に求められるのは『即戦力』です。新卒採用や20代の転職採用の場合では、職務経験が少ないため、1から仕事を教えなければならないことは普通ですが、30代前半ならば前職で経験を積む時間が十分あったと考えられるため、即戦力としての働きを期待されます。

つまり、転職する際に異業種や異職種にチャレンジするのであれば、なかなか採用されないというわけです。仮に採用されたとしても給与は大幅に下がり、まるで新卒採用者と同じように1から仕事を教えられることになるでしょう。

そのため、年下の上司はもちろん、平社員よりも立場は下になる可能性がある覚悟を持っておいてください。

自身の経験・スキルを確認する

未経験職種への転職活動をする前に確認しておきたいのが、自身がどのような経験やスキルを持っているかです。未経験である以上、その職種に対する専門的な知識や実務経験がありませんよね。同じ求人に実務経験のあるライバルが応募していたら、評価は未経験の方が低く、負けてしまうでしょう。

そうなると30代が未経験で転職するのは無理なのではと感じるかもしれません。

しかし、希望する職種の経験はなくても、今までに関わった業務で得た経験やスキルはあるはずです。大事なのは、それらをどう未経験の業務に活かせるかということ。そのためには、自身の経験やスキルを確認しておくことが大事なのです。

条件を絞りすぎず転職活動をする

転職サイト・エージェントを利用する際は、条件の指定が増えれば増えるほど応募できる求人が少なくなってしまいます。

さらに未経験であるというハンデも加わると、転職先が決まらず長引いてしまう可能性もあるでしょう。もし転職活動がうまくいっていないと感じるようでしたら、条件面を見直してみるとよいかもしれませんね。

求人数の多い転職エージェントに複数応募

未経験職種への転職となれば、長引いてしまうこともあるでしょう面接での不合格が続くと「自分はやっぱりダメなんだ…。」と落ち込んでしまう気持ちもわかりますが、できる限り多くの求人へ応募することをおすすめします。

最初はうまくいかなかった面接も、何度も繰り返すことでよい受け答えができるようになりますし、慣れてくれば落ち着いた態度で臨めるはずです。また複数の会社から内定をもらえれば、条件を比較しながら転職先を選ぶこともできるので、より自身の希望に合ったところを見つけられるでしょう。

面接先の情報収集をする

転職活動をする際は、複数社に面接に行くことが多いと思いますが、面接先の情報収集を怠ってはいけません。面接先の会社について事前に調査していることは、その会社に入社したいという熱意を表すからです。

最低限面接先の企業理念やどういう製品やサービスを扱うのかは知っておく必要があるでしょう。また口コミサイトを利用して会社の雰囲気を確認しておくのも大切です。

入社してから馴染めないと感じてしまっては遅いので、せっかく転職したのにすぐにやめることにならないよう確認しておきましょう。

転職活動は在職中に済ませよう!

必ず、在職中に次の転職先を決めてから退職しましょう。

理由は『安定して生活を送っていくため』です。人生なんとかなるとはいいますが、次の仕事はいつ決まるかなんて誰にもわかりません。

退職してから動いたほうが、体力的なストレスは比較的少なく済みますし、面接日程も決めやすいですが、その間、給料は1円も入りません。異業種への転職ともなれば、転職活動もそう簡単にいくわけはありません。

それが3カ月や半年も続いたらどうでしょうか。結果的に精神的にも金銭的にも不安になり、もうどこでもいいからと大量採用している企業へ入社してしまうことにもなりかねません。するとまた、労働環境や仕事の好き嫌いで転職を考えてしまうというわけです。

転職活動は、3カ月や半年くらいの期間が必要だということを認識しておき、在職中に転職活動を行なうようにしましょう。心に余裕を持つことで、自分自身と会社にとって希望の転職活動ができるというものです。

転職エージェント選びに迷ったら3社か4社に登録しておく

転職エージェントはたくさんありますので、あなたの希望する職種や業界にマッチしたところに登録しておくべきです。

また、転職エージェントを利用したとしても、転職が成功するかどうかはキャリアアドバイザーの質に左右されます。もし、相性が合わなかったり、サポートに不満を感じたりした場合には、積極的に変更してもらうようにしましょう。

また、各転職エージェントには、その転職エージェントにしかない独占求人もたくさんありますので、迷ったら、3社程度の転職サイト・エージェントに登録しておくことをおすすめします。

エージェント名 特徴
マイナビエージェント 30代利用者満足度の高い大手転職エージェント。
リクルートエージェント 圧倒的求人数で、キャリアアップから異業種転職まで。
type転職エージェント 20代後半から30代にかけてサポート。一都三県に特化。
doda 年間1万8,000人以上の転職サポート実績。豊富な求人数が魅力。
パソナキャリア 初めての転職も徹底カウンセリングと手厚いサポート。
Spring転職エージェント 高年収求人多数の世界有数エージェント。
JACリクルートメント 30代で年収1200万円クラスを目指す方。年収UP転職にコミット。
リクルートダイレクトスカウト 30代後半からの年収800万円以上の転職希望者におすすめ。2500名以上のヘッドハンターからのスカウトサイト。
エンエージェント 大手人材会社enジャパン社が運営。外資系特化の「エンワールド」が30代に人気。
ビズリーチ スカウト特化の転職求人サイト。30代からのキャリアアップ転職に強み。
マイナビエージェント(女性の転職) マイナビの女性特化サポート。事務・販売・サービス職の方向け。
type女性の転職エージェント 働く女性向け求人多数! キャリアアップを目指す女性におすすめ。
パソナキャリア(女性の転職) 30代の転職支援サポート特化!2021年オリコン顧客満足度調査第1位。
レバテックキャリア 30代でIT転職!未経験OKの求人も多数扱う。
マイナビIT AGENT マイナビ唯一のIT特化エージェント。転職実績で選ぶならここ。
Geekly IT業界のみの転職支援を行う唯一の転職エージェント

まとめ

30代前半であれば転職先では、即戦力が求められるということがわかりました。経験や実績がともなっていれば、それだけ企業も人材として欲しがりますし、逆にそれらが不足していると自分で思っていても、そうではない場合があります。

しかし、しっかりとした対策を練って転職活動をすれば、成功する可能性はもちろん高まります。転職を成功させるためには、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

  • 自己分析を行う
  • 面接先の情報収集をする
  • 転職エージェントを利用する

転職エージェントは無料で利用できるので、登録しておいて損はありません。どこに登録するか迷ったときは、この記事で紹介したおすすめの転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
勤務地

 

参考文献
厚生労働省 大都市圏の早期離職者等と地方の中堅・中小企業とのマッチング
労働者の方へ新型コロナウイルスに関するQ&A(労働者の方向け)
労働者等のキャリア形成・生産性向上に資する教育
総務省
総務省統計局
労働力調査(基本集計)
経済センサス 企業産業大分類別売上高の構成比
国税庁 家内労働者等の必要経費の特例「労働者派遣」に係る労働者派遣料
内閣府 30代労働者の男女別及び産業別離職率
復興庁 被災地域での雇用政策と復興に向けた助成事業
文部科学省 技術士と他国のエンジニア資格との比較について
農林水産省 脱サラ独立して新規就農する労働者への支援
国土交通省 建設産業における技能労働者の処遇改善に向けた取組
環境省 採用・キャリア形成支援情報
防衛省海上自衛隊 元自衛官の方の採用情報
外務省 外国人労働者政策に関する提言
ハローワーク ハローワーク求人・求職情報提供サービスをご利用の方
時差BiZ 「テレワーク緊急強化月間」
財務省 短時間労働者への国家公務員共済組合制度の適用拡大について
政府広報オンライン 知ってほしい!消費税のこと。暮らしのこと。 | 政府広報オンライン
経済産業省 ものづくり労働者の雇用・労働の現状
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。