【5ステップ】転職エージェント活用時・登録後の流れと注意点を解説

CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

  • X
  • facebook
  • LINE
  • linkedin
  • URLcopy
   
本記事は、転職エージェント公式サービス(リクルート・マイナビ・ビズリーチ等)の広告リンクを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

転職エージェントを使って転職をしたいけど、どんな流れで進んでいくの?

とくに初めて転職する方は、転職エージェントの使い方がわからないですよね。

結論、転職エージェントを登録後の流れは以下の5ステップです。

転職エージェントの流れ

転職エージェントは書類作成・求人紹介・面接対策と転職をトータルサポートしてくれます。

転職を成功させるためには、転職エージェントの流れを事前に把握しておくことが大切です。

この記事では、転職エージェント利用から転職までの一連の流れやポイント、面談の際にやってはいけないことを解説します。

転職エージェントは無料で利用できるので、まずは会員登録だけでもしておきましょう

目次

転職エージェント利用から入社までの流れ

転職エージェント利用の流れは、以下のとおりです。

  1. 申し込みフォームから登録する
  2. 担当アドバイザーと面談
  3. 求人紹介・面接対策
  4. 応募・書類選考・面接
  5. 内定・退職手続き・入社
転職エージェントの流れ

1:申し込みフォームから登録する

転職エージェントの公式ホームページから申し込みフォームへアクセスして、新規利用登録をします。

転職エージェントによって、登録事項に多少の違いがありますが、主に以下3つに関する情報が必要になります。

  • 求職者の基本情報…氏名・生年月日・連絡先・学歴 など
  • これまでの職務経験…職種や年収、どのような業務をおこなってきたか など
  • 希望条件…希望する転職時期や職種 など

スムーズに登録できるよう、事前にまとめておきましょう。

登録事項を全て記入して送信すると、申し込み完了メールが届き、後日転職エージェントから折り返し連絡が入ります。

職務経験と希望条件は詳細に記載しておくことをおすすめします。

記載されている項目からもキャリアアドバイザーは意欲のある転職者かどうか判断しています。

意欲のある人ほど魅力的な求人が紹介されやすいので、登録事項は詳細に記載しておきましょう

申し込みから一週間以上経過しても連絡がこない場合には、「自分がうまく登録できていない」「エージェント側に見落としがあった」などの原因が考えられます。

迷惑メールも含めたメールボックスの確認や問い合わせをしてみましょう。

2:キャリアアドバイザーと面談

キャリアアドバイザーとの面談では、これまでの経験や希望条件、方向性の確認などが行われます。

キャリアアドバイザーと事前に登録した情報を元に、希望条件の認識合わせや転職の軸や企業転職の決めてとなる条件や転職スケジュールの確認をします。

転職活動が有意義になるように、価値観や事前登録で伝えきれなかった細かい転職の希望条件などの各種ヒアリングが行われます。

面談する機会はなかなかありませんので、事前に転職に関する疑問をまとめてくことをおすすめします。

3:求人紹介・書類添削・面接対策

求人紹介

キャリアアドバイザーとの面談が終わると、転職エージェントで取り扱われている求人紹介をしてもらえます。

希望の業界や職種などに合わせて、転職の見込みがありそうな求人を都度紹介されます。

紹介されるものは公開求人の他に非公開求人も保有しているため、一般の転職サイトでは出会えない求人を紹介してもらえます。

もし自分の希望している求人と異なる場合は、気を遣わずにはっきりと断りましょう

具体的にどこが希望している求人とずれているのか伝えると、より精度の高い求人が紹介されるはずです。

書類添削・面接対策

また転職エージェントによっては、キャリアアドバイザーからの紹介求人の他にも、転職者自身で会員専用ページからログイン後に、勤務地、年収、職種など希望条件で求人検索をすることも可能です。

紹介された求人と合わせて、自分にあった求人を自ら探していきましょう。

そして、履歴書・職務経歴書と希望職種によってはポートフォリオなどの応募書類の提出して、書類選考、面接の順に選考が進みます。

その際に、自分で作成した履歴書・職務経歴書などの応募書類をキャリアアドバイザーが直々に添削をしてくれます。

職務経歴や保有する資格や免許の書き方、現職での実績、自己PRなど、転職者が選考でアピールした方が良いポイントを無料でアドバイスしてくれます。

書類の内容や面接の対応に自信がないと感じている方であれば、積極的に添削を活用することをおすすめします。

4:応募・書類選考・面接

応募するための準備が整ったら、書類選考に進んでいきます。

キャリアアドバイザーが転職者の応募意思を確認した後に、順に応募手続きを進め、書類選考が応募企業側で書類選考が開始されます。

書類選考を通過した場合は、キャリアアドバイザー経由で面接など次の選考へ進む旨の連絡を受けます。

面接の場合はWeb面接と対面面接の2形式で行われ、1次面接や2次面接はWeb面接、最終面接は対面面接となるケースが多いです。

キャリアアドバイザー側で面接の日程調整をしてもらえるので、転職者自身は面接の調整可能なスケジュールをキャリアアドバイザーへ伝えるだけで日程が決まります。

また、面接終了後には転職者と企業双方へフォローアップの連絡を入れてもらえるので、企業と面接してみた印象や入社意欲のヒアリングと、質問し忘れてしまったことを代理で質問してもらえます。

企業側へ応募者の印象や事前の面談で集めた人柄やスキル、入社意欲のフォローアップと、ヒアリング時に聞いた追加の質問をそれぞれ伝達して、円滑に選考が進むように仲介役となってもらえます。

選考時は、キャリアアドバイザーとこまめに連絡を取ることを意識しましょう。

5:内定・退職手続き・入社

内定通知は、転職エージェント経由で届きます。

入社日や年収などの条件面などの調整もキャリアアドバイザーが代行してもらえるので、前職の引き継ぎや退職の挨拶など転職の準備が整いそうな目途を連携して、交渉してもらいましょう。

全ての調整が整い次第、晴れて転職成功となり、応募先の企業へ入社することができます。

転職エージェントが面談をする目的と質問内容

初めて転職エージェントを利用する方は、「面談では何を話すの?」「書面だけではダメなの?」と疑問が多く浮かんでいるかもしれません。

転職エージェントの面談は、「お互いの理解を深め、適した企業へ転職成功する」という目的があります。

転職者のことを何も知らないままでは、マッチした求人を紹介することが難しいため、今までの職歴や学歴保有している資格どんな仕事や職場で働きたいか何故転職を決意したのかの理解を深める目的で面談を設けています。

面談では、主に以下のような流れでキャリアアドバイザーから質問をされるので、答えられる準備をしておきましょう。

流れと質問内容

左右にスライドできます

流れ

質問内容

自己紹介

転職者・キャリアアドバイザー双方の自己紹介

これまでの経歴・仕事内容の確認

業務内容の掘り下げ

例)何名のチームでどんな役割を担ったか?

例)どんな企業にどのようにアプローチしたか? など

転職理由や目指すキャリアについての共有

仕事観・価値観の共有

例)転職に至ったきっかけは?

例)仕事をするにあたって重視する点は? など

転職先への希望条件の確認

年収・福利厚生・通勤時間・勤務時間などの希望条件の確認・共有

例)希望条件を踏まえた質問「年間休日を確保するために、年収をもう少し妥協することは可能ですか?」 など

求人紹介

上記のヒアリングをもとに、具体的な求人を紹介

転職エージェントは、質問をしながら転職者のスキルや強み、仕事観や価値観を紐解き、見合った求人の紹介へと繋げます。

希望条件は絶対に外せないものから優先順を決めていくと、自然とマッチングする求人が見つかるようになります。

以下のように自分の希望を洗い出してから求人を探してみてください。

  • 前職以上の年収
  • リモートワークOK
  • 前職と異なる業界で同じ職種

たくさんの求人の中から条件により合うものを見つけやすくするために、ご自身の中でまずは情報を洗い出してみることをおすすめします。

転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないこと

転職エージェントとの面談で以下の点はやらないように注意しましょう。

  • 時間を守らない
  • 経歴を偽る
  • 現職の不平不満ばかりを話す
  • サポート対象外の要求をする
  • 転職の意思が低い態度を取る

時間を守らない

時間を守らないのはご法度です。

面談や書類の提出期限を守らないと、「企業との面接でも時間に遅れるかもしれない」とキャリアアドバイザーは考えてしまいます。

たとえ高いスキルを持っていたとしても、人としての信用度が下がってしまう可能性があります。

万が一、面談や企業との面接の開始時間に遅れる場合は、遅れる旨を連絡しましょう。

経歴を偽る

経歴を偽ったりする行為もやめましょう。

職歴詐称として、以下のような例が挙げられます。

一例

内容

学歴詐称

大学中退を大学卒業にする

転職回数を減らす

5回の転職を2回と記載する

役職を偽る

主任を係長と書く

年収を高く見積もる

400万円を600万円とする

業務経験を偽る

参加していないプロジェクトへの参画を自己PRに書く

「嘘をついた」事実が判明すると、転職エージェントとの信頼関係が壊れかねません。

また転職エージェントは面談時にヒアリングした経歴や経験をもとに、求人を紹介するため、自分の希望とはマッチしない求人が紹介されることもあります。

転職エージェントに見栄を張る必要はないため、嘘偽りなく伝えるようにしましょう。

現職の不平不満ばかりを話す

会社への不満や同僚の愚痴ばかりを話していると、キャリアアドバイザーは良い印象を抱きません。

不平不満ばかりを話す人は、他責思考と判断されることが多く、面接で苦労する可能性が高いです。

キャリアアドバイザーは前向きな姿勢で転職に取り組んでいる人に、求人を紹介したいものです。

たとえネガティブな転職理由だとしても、愚痴ばかり話すのはやめましょう

サポート対象外の要求をする

キャリアアドバイザーのサポート以外の要求をするのはやめましょう

  • 他のエージェントで応募した求人を相談する
  • プライベートな付き合いを求める
  • 他の求職者の個人情報を聞き出す

上記のような行動をとると、キャリアアドバイザーから信頼を失い、求人が紹介されにくくなります。

社会人としてマナーが欠けていると判断されてしまうと、優先的にサポートしてくれなくなるので、注意が必要です。

転職の意思が低い態度を取る

なかには、とりあえず転職エージェントに登録してみた人もいるでしょう。

そんな方でも、キャリアアドバイザーとの面談で、「転職の意思が低い」ことを伝えることはおすすめしません

キャリアアドバイザーは今すぐ転職したい方に求人を多く紹介します。

途中から転職する決意が固まったとしても、なかなか求人が紹介されない状態では、スムーズに転職活動を進めることができません。

転職希望時期を聞かれた際は「3か月以内には転職したい」と回答するのをおすすめします。

求人は3か月単位で入れ替わるため、「半年後に転職したい」と伝えてしまうと自分の希望している求人が見つからない可能性があります。

仮に転職する意思が低くても、求人情報をみることで自分の視野が広がることもありますので、転職する意思があることを面談時に伝えましょう

転職エージェントを活用する際のポイント

転職エージェントに登録したからといって、待っているだけでは理想どおりの転職は難しいので、転職エージェントを有効に活用するポイントを紹介します。

あわせて読みたい
転職エージェントの賢い使い方|利用の流れや使い倒すコツを徹底解説 初めての転職で転職エージェントの使い方がわからない 転職エージェントの選び方を教えてほしい このように転職エージェントのサービス内容や使い勝手のイメージがつか...

自分のキャリアの棚卸しをしておく

事前にこれまで自分が携わってきた仕事について、業務内容や実績を振り返り、整理しておきましょう。

時系列に書き出していくことで、職務経歴書の作成にも役立ち、キャリアアドバイザーも、転職者の人物像を理解しやすくなり、見合った求人を探しやすくなります。

キャリアの棚卸しをする際は、「出してきた成果・結果」だけではなく「業務の過程」に注目しましょう。

成果を出すために普段してきた業務の過程にも、スキルや人間性が反映されているからです。

完璧に整理しようと思わず、まずはメモ用紙に書き出してみるだけでも、頭の中で自分自身の身に付けてきたことや考えていることが整理されることで、履歴書・職務経歴書へ書きやすくなるでしょう。

希望条件を明確にしておく

どんな仕事をしたいか、どういう働き方をしたいかなど、希望条件を明確にしておきましょう。

希望条件がなければ、求人の選択肢が多すぎて応募する求人を決めるまでに時間がかかってしまいます。

反対に、こだわりすぎる場合も、選択肢が狭くなりすぎるおそれがあり要注意です。

そのため、希望を書き出したうえで、譲れないものと許容できるものに分けて、優先順位をつけることをおすすめします。

条件の優先順位がはっきりすると求人を見分ける基準ができるため、より自分に合った求人を紹介してもらいやすくなります。

応募するか否かは自分の意思で決める

応募の最終判断は、転職エージェントではなく自分自身です。

転職エージェントは、転職者に合いそうな求人を紹介してくれますが、勧められたからといって全て応募する必要はありません。

内定後に職場で働くのは自分です。「本当はあまり乗る気じゃなかったのに」と後悔しないよう、応募先は自分が納得したうえで判断するのが賢明です。

転職エージェントは23社登録する

転職エージェントは、最初から1社に絞らず、2~3社ほど登録しておくことをおすすめします。

以下のように転職エージェントによって特化した業界や職種の傾向や保有している非公開求人が異なます。

総合型・特化型の転職エージェントの違い

キャリアアドバイザーの中にも専門の業界や職種に特化した知識や経歴を持っていたり、誰とでも気軽に離せる社交的な性格だったり、色々な人が専任としてサポートすることになります。

転職活動を成功させるためにも、希望に沿った求人を保有した転職エージェントを選択して、いくつか登録して相談するなかで、対応が良いと感じたところ、相談しやすいところを選ぶのがおすすめです。

未経験でも安心!おすすめの転職エージェント

幅広い業界や職種を取り扱っている、転職エージェント未経験の方におすすめの転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材業界の大手であるリクルートが運営している転職エージェントです。

リクルートエージェントの強みは、豊富な求人数と長い年に渡って転職サポートをしてきた実績です。

求人数は、公開・非公開を合わせて50万件を超えており、業界でもトップクラスです。

また、書類添削や面接対策といった転職サポートも充実しているため、安心して転職活動を進められるでしょう。

リクルートエージェントは、多くの求人を比較しながら選びたい方や、実績があるエージェントで安心して転職活動をしたい方におすすめです。

運営会社

株式会社リクルート

求人数

・公開求人:338,814

・非公開求人:276,025

*2023年1月時点

公式サイト

https://www.r-agent.com/

あわせて読みたい
リクルートエージェントの評判や口コミから分かるメリット・デメリットを解説 「リクルートエージェントを利用してみたいけど評判が気になる」 「リクルートエージェントの実際の口コミは?」 「リクルートエージェントの名前は有名だけど、本当に...

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手マイナビが運営している転職エージェントです。

マイナビエージェントは、20代~30代前半の方の転職に力を入れています。

そのため、書類添削や面接対策がじっくり受けられるのが特徴です。

「面接に自信がない」「初めての転職でどうしたら良いか分からない」と悩む転職者は少なくありません。


しかし、マイナビエージェントであれば、転職活動の流れや基礎を学べるコンテンツも充実しているため、転職についてある程度理解してから転職活動をスタートさせることも可能です。

運営会社株式会社マイナビ
求人数・公開求人:44,518件
・非公開求人:18,801件
*2023年1月時点
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ|口コミから利用するメリットも解説 マイナビエージェントは、20代や30代を中心とした若手からの評判が良い転職エージェントで、2023年のオリコン顧客満足度調査でも転職エージェントとして満足度総合No.1...

doda

doda


dodaは、総合人材サービス会社であるパーソルキャリアが運営している転職サイトです。

dodaの最大の特徴は、転職サイトでありながらエージェントサービスも兼ね備えており、同時に利用できるところです。

たとえば、自分のペースで求人を探したいときには「転職サイト」を、サポートを受けながら進めたいときは「転職エージェント」といった具合に使い分けながら利用できます。

また、営業職や金融、IT、メディカルなどの職種では、それぞれに特化した専門サイトが併設されているのも特徴です。

dodaは、自分の用途に合わせて転職サイトとエージェントを使い分けたい方、さまざまな職種の求人を検索したい方、専門ジャンルに特化した求人を探したい方などにおすすめです。

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数・公開求人:179,294件
・非公開求人:39,203件
*2023年1月時点
公式サイトhttps://doda.jp/
あわせて読みたい
dodaの悪い評判・口コミは実際どう? 向き不向きを徹底解説 dodaって有名だけど実際の評判はどうなんだろう dodaを利用してみたいけど本当に信頼できるのか知りたい 実際にdodaを使った人たちがどんな感じだったのか知りたい おす...

doda X

dodaX


doda Xは、ハイクラスに特化した転職サービスです。

大きな特徴は、ヘッドハンティングと求人紹介の2種類のサービスを利用できるところです。

ハイクラス転職では、自分の職務経歴書を登録して、ヘッドハンターからのスカウトを待つスタイルが多い傾向ですが、doda Xでは自分から応募することもできます。

待つだけではなく、自分からも応募できることで、より効率的に転職活動を進められるでしょう。また、「ハイクラス」案件のため、年収800万~2,000万円といった求人も多く取り扱われています。


doda Xは年収アップを目指したい方や、自分からも応募していきたい方におすすめです。

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数・公開求人:22,093件
・非公開求人:非公開
*2023年1月時点
公式サイトhttps://doda-x.jp/
あわせて読みたい
dodaXの評判は良い・悪い?口コミからサービスの特徴・メリット・デメリットを解説 「dodaXの評判って実際どうなの?」 「dodaXを利用するメリット・デメリットを知りたい」 といった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。 「dodaX」は、大手転職...

type転職エージェント

type転職エージェント


type転職エージェントは、関東圏での転職をメインとしている転職エージェントです。

主に東京・神奈川・千葉・埼玉での転職サポートに力を入れているため、関東圏での転職を希望する際には登録しておくのがおすすめです。

求人数は、大手転職エージェントと比べて少ないと感じるかもしれませんが、地域に特化した独占求人なども保有しており、非公開求人が公開求人を上回っています。

また、転職するか迷っている、IT・Web職種や営業職向けなどテーマに基づいた転職相談会が開催されている点も特徴的です。

運営会社株式会社キャリアデザインセンター
求人数・公開求人:9,579件
・非公開求人:19,243件
*2023年1月時点
公式サイトhttps://type.career-agent.jp/
あわせて読みたい
type転職エージェントの悪い口コミ・評判は本当?メリットとデメリットを解説 さまざまな転職エージェントがあるなかで、type転職エージェントを利用して転職活動をするのが適切なのか気になる方は多いのではないでしょうか。 結論からお伝えすると...

転職エージェントについてよくある質問

転職エージェントについて、よくある質問を紹介します。

転職エージェントは無料で利用できるの?

転職エージェントの利用は無料です。

転職エージェントの仕組み


転職エージェントは利用登録している転職者を優良な人材として企業へ紹介して、採用に繋げることで、企業から成功報酬を受け取っているからです。

そのため、転職者がサービス料を求められることはありません。

あわせて読みたい
転職エージェントが無料で使える?利用時にかかる費用について解説 求職者の方は転職エージェントを無料で利用が可能です。さらに専任のキャリアアドバイザーがつき、求人情報の紹介からキャリア相談・面接まで、転職活動の手厚いサポー...

転職サイトと転職エージェントの違いは?


転職サイトと転職エージェントの違いは以下のとおりです。

転職サイトと転職エージェントの違い


転職サイトは求人選びから書類作成などすべて自分一人で行う必要があります

一方、転職エージェントはキャリアアドバイザーが求人紹介から書類添削などサポートしてくれます。

仕事が忙しくて転職に時間が取れない方こそ、転職エージェントは利用したいサービスです。

あわせて読みたい
転職エージェントと転職サイトの違いは?特徴と活用方法を解説 転職を有利に進めるために、転職エージェントと呼ばれるサービスと、転職サイトと呼ばれるサービスを基本的に活用していく方は多いでしょう。しかし、この2つのサービス...

非公開求人を紹介されるって本当?

非公開求人は実際に紹介されています。

求人を非公開にする理由には、「応募が殺到するのを避けたい」「新規のプロジェクトを立ち上げる予定だが、社外に知られたくない」といった、企業側の背景があげられます。

公開すると、応募が殺到して担当者が処理しきれなくなったり、極秘情報が流れてしまうリスクがあったりするからです。

自分の希望条件やスキルが「非公開求人に適している」と、担当アドバイザーに判断されると紹介してもらえます。

内定後にもサポートを受けられるの?

もちろん、内定後もサポートを受けられます

たとえば、以下のようなサポートがあります。

  • 入社日の調整
  • 給与や待遇などの条件交渉
  • 円満退職の手続きのアドバイス


年収や待遇などの条件交渉や、入社日の調整を行ってもらえます。

退職手続きの代行はできませんが、「どうしたら円満に退職できるか」といったノウハウがあるため、解決に繋がるアドバイスももらえます。

まとめ

転職エージェントは、転職者一人ひとりに寄り添った面談と優良企業の求人を紹介してくれて、更に無料で書類添削や面接対策も行ってもらえる心強いサービスです。

初めて転職する方や面接に自信がない方、転職活動が上手くいかない方は、転職エージェントの利用をおすすめします。

自分に合った転職エージェントを見つけ、転職を成功させましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。