転職エージェントに登録するメリットとは?上手な選び方や注意点を解説

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

転職エージェントの利用を検討している人のなかには、登録したあとにどのような流れで転職活動が進むのか、どのように活用したらいいのか分からず、登録するか迷われている方もいらっしゃると思います。

そこで、この記事では、転職エージェントに登録したあとの流れや、転職エージェントの上手な選び方、注意点について解説します。

これから転職をお考えの方はぜひ参考にしてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
41.9万件
非公開求人数
36.2万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
6万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
25万件
非公開求人数
3.9万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点

関連記事:転職エージェントとは?転職サイトとの違いやメリットなどをわかりやすく解説

目次

転職エージェントへの登録から内定までの流れ

この項目では、転職エージェントの登録から内定するまでの一連の流れについて解説します。

実際に転職エージェントと話すのはどのタイミングなのか、企業とのやり取りはどのような流れで進んでいくのか把握しておきましょう。

1. 転職エージェントに登録する

まずは転職エージェントのWebサイトや登録フォームから登録作業を行います。

登録するとき必要になる情報はエージェントサイトによってさまざまですが、多くの場合は氏名、年齢、住所、求人情報のやり取りなどに使用する連絡先など、個人情報に関して入力を求められるケースがほとんどです。

なかには学歴や職歴、保有する資格、転職希望時期、希望する業種や職種、希望報酬額などの記載を求められるケースもありますので、必要に応じて情報を記載し登録を完了させましょう。

2.面談の日程調整を行う

転職エージェントへの登録が完了すると、担当のキャリアアドバイザーやエージェントから面談調整の連絡が来ます。

連絡が来るまでの期間はそれぞれですが、登録から2営業日もしくは1週間を目安に連絡を受けるケースが多いと言えるでしょう。

希望日程を担当者と擦り合わせ、面談日を決めます。

【参考記事】転職エージェントの利用の流れ|RECRUIT AGENT

3.担当のキャリアアドバイザーやエージェントと面談する

日程の調整を行ったあとは、担当のキャリアアドバイザーや転職エージェントとの面談が実施されます。

この面談では、転職先に求める希望条件の聞き取りや求人の提案などが行われるケースが多いと言えるでしょう。

面談のなかで分からないことがあればキャリアアドバイザーへ質問するなど、自身も納得しながら面談を進めることが重要です。

また、もしもこの段階で転職エージェントから高圧的な態度を取られる、説明もなく希望に沿わない求人ばかりすすめられるなど「担当者との相性が悪い」と感じたときは、担当者を変更してもらうことも可能ですので申し出ましょう。

4. 応募資料を作成する

応募に必要となる資料は、応募先の企業によって異なります。

また、それぞれの企業によって効果的な書き方や重要視する項目が異なるため、担当者ともしっかり相談し、ポイントを押さえながら書面を作成しましょう。

5. 紹介された求人に応募する

担当のキャリアアドバイザーや転職エージェントから紹介された求人の中からご自分が就職したいと思う企業があれば担当者を通して応募を行います。

面接の日程調整や企業とのやり取りは担当者が代行してくれるため、応募後は担当者からの連絡を待ちましょう。

6.書類選考のあとで面談を受ける

書類選考を通過したあとは企業との面談となります。

企業との面接を行う前には、担当者が自己アピールの仕方などを教えてくれるため、しっかりと練習しておきましょう。

また、面談を受けるまでの間に、しっかりと自分のキャリアや強みを整理しておくことも大切です。

7. 企業の選考・内定

面談を終えて内定が出た場合は、就業日や労働条件についての最終的な確認となります。

希望があれば、転職エージェントやキャリアアドバイザーに再度希望をしっかりと伝え、転職先へ調整や交渉をしてもらいましょう。

また、もしも不採用となった場合は、今後の転職活動の中で改善点として参考になるため、転職エージェントなどを通し不採用となった理由をヒアリングしてもらうことがおすすめです。

また、内定が出たら、速やかに複数登録した他の転職エージェントに連絡することも忘れないようにしましょう。

ご自分の前職への退職手続きなどで忙しくなるかもしれませんが、他のエージェントやキャリアアドバイザーに迷惑を掛けないようにすることも大切です。

上記のように、転職エージェントを利用すると、転職活動のほとんどをキャリアアドバイザーや転職エージェントが代行してくれます。そのため、現在就業中の方でも、安心して転職活動を行うことができるでしょう。

登録におすすめの転職エージェント7選

この項目では、おすすめの転職エージェントを7つご紹介します。

転職紹介の実績が豊富で、質の高いサービスを受けたい方は、それぞれのサービスを検討のうえで、ぜひ登録してみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を保有している、転職支援実績が高い転職エージェントです。

厳選された非公開求人数は21万件以上あり、業界でも最大手のエージェントの1つです。

リクルートエージェントに登録後は、まずキャリアアドバイザーとの面談を行います。

キャリアアドバイザーとの面談では、応募書類の添削・面接対策はもちろん、独自に分析した業界や企業情報も提供してくれます。

キャリアアドバイザーが的確なサポートをしてくれるため、初めての転職活動でも安心して相談可能です。

また、取り扱っている求人案件は、ほぼすべての職種領域を網羅しているのも特徴のひとつと言えるでしょう。

サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数419,656件
非公開求人数362,556件
対応地域東京・名古屋・大阪・福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年7月1日時点
  • 自分に合う求人が見つかった
  • めんどくさい手続きを代行してくれる
  • 書類の添削や面接対策をしてくれる

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営している転職エージェントで、20代の転職エージェント満足度でNo.1(GMOリサーチ株式会社2021年12月のアンケート結果)に選ばれている人気のサービスの1つです。

中小企業を中心に独占案件が多く、これからキャリア形成していきたい方におすすめです。

IT関連の求人が多いのも特徴の1つで、20代の転職希望者に人気というのも頷けます。

マイナビエージェントでは、担当のキャリアアドバイザーが丁寧に転職の悩みに一つひとつ答えてくれるため、初めて転職する方も安心して利用できます。

サポート面でも手厚いサービスを期待でき、未経験でも内定が出やすい求人や、スキルよりも人柄重視の求人を取り揃えているのが特徴です。

また、企業担当のアドバイザーも在籍しているため、職場の雰囲気などの求人票には載っていない情報も提供してくれるので、戦略的な転職活動ができるでしょう。

サービス概要
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数60,755件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年7月1日時点

関連記事:マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ|口コミから利用するメリットも解説

doda

doda

dodaは、幅広いジャンルの求人情報を扱っている転職エージェントです。

dodaのみが取り扱う独占求人も多く、求人数も業界最大級となっており、視野を広げて転職活動を進めたい方におすすめと言えるでしょう。

また、dodaでは、各業界の専門スタッフが在籍しているため、企業視点からのアドバイスを受けることができます。

キャリアアドバイザーが応募書類の作成などもサポートしてくれるので、初めての転職希望者でも安心して登録できます。

また、独自の転職セミナーも積極的に行っており、転職に役立つ情報を入手できるのも魅力のひとつと言えるでしょう。

dodaのおすすめポイントとして、大手企業はもちろん、中小企業やベンチャー企業などの幅広い求人を取り扱っているため、幅広い視点から最適な転職先を見つけられることがあります。

サービス概要
サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 251,833件
非公開求人数 39,772件
対応地域 東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト https://doda.jp/
2024年7月1日時点

関連記事:dodaの悪い評判・口コミは実際どう? 向き不向きを徹底解説

dodaX

doda x

dodaXは、大手人材会社のパーソルキャリアが提供する転職サービスの1つです。

主に年収600万円以上のハイクラスな求職者を対象とした転職サイトとなっています。

dodaXに登録して職務経歴などを入力するだけで、厳選されたヘッドハンターから年収800万円以上のハイクラス求人のスカウトが届くのが特徴です。

そして、ヘッドハンターが転職希望者の希望条件を確認した上で適切な求人を紹介するため、転職活動におけるミスマッチが少なくなるメリットがあります。

希少性の高いハイクラス求人に限定した転職サービスであるため、これから更にキャリアアップしたいと考えているハイクラスな転職人材におすすめのサービスと言えるでしょう。

dodaXのおすすめポイントとしては、年収600万円以上の求職者に特化した転職サイトであるため、キャリアアップを目指す方は必見です。

また、必要事項を入力するだけでスカウトがくるため、忙しい方でも安心して利用できます。

スカウトが届くのは年収800万円以上のハイクラススカウトで、求職者の希望もあらかじめ伝えておけるため、自分にぴったりの求人に出会える可能性が高いのもメリットです。

サービス概要
サービス名 doda X
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 55,140件
非公開求人数 非公開
対応地域 東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト https://doda-x.jp/
2024年7月1日時点

【関連記事】doda Xの評判は良い・悪い?口コミからサービスの特徴・メリット・デメリットを解説

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県エリアでの転職支援に特化したエージェントで、20年以上にわたり転職支援を行なっています。

type転職エージェントが注力している転職支援領域は、IT・Web業界、ものづくり業界、営業職、ミドル・エグゼクティブなどとなっており、女性の転職にも力を入れているのが特徴的と言えるでしょう。

type転職エージェントのおすすめポイントとしては、首都圏に限られるために求人総数は少なめですが、地域に限定している分充実したサポートが受けられるところです。

また、優良企業が多いのも魅力です。

サービス概要
サービス名type転職エージェント
運営会社株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数10,880件
非公開求人数18,434件
対応地域東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイトhttps://type.career-agent.jp/
2024年7月1日時点

関連記事:type転職エージェントの悪い口コミ・評判は本当?メリットとデメリットを解説

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、株式会社リクルートが運営している転職スカウトサービスです。

同社が運営するリクルートエージェントと比較すると、ハイクラス向けの求人に特化しているのが特徴です。

リクルートダイレクトスカウトは、業界大手の企業が運営しているため、信頼度の高い転職エージェントの1つと言えるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトでは、匿名登録が可能で、公開先もヘッドハンターのみとなっています。

そのため、現職の企業に転職活動を知られることなく、安心して利用できるのもメリットです。

リクルートダイレクトスカウトのおすすめポイントは、年収800万円〜2,000万円のハイクラス求人案件を多数保有しており、ヘッドハンターが求人を提案してくれるため安心してサービスを利用できる点です。

また、Webサイト上では転職活動に役立つ特集記事を多数掲載しており、転職活動を有利に展開できるでしょう。

サービス概要
サービス名リクルートダイレクトスカウト
運営会社株式会社リクルート
公開求人数311,858件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
2024年7月1日時点

関連記事:リクルートダイレクトスカウトの評判|リアルな口コミや特徴・利用の注意点も徹底解説

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは年収1,000万円以上の求人を多数保有(2021年1月の調べでは全体で約1/3)する転職エージェントです。

ヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送る「プラチナスカウト」と言われる制度があります。

このプラチナスカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

このように、厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍しているため、優良企業とのマッチングを待ちながら、じっくりと転職活動ができるのも魅力です。

ビズリーチのおすすめポイントは、年収1,000万円以上の求人が多いことや、優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえるところです。

それ以外にも、ビズリーチに登録するだけで、企業やヘッドハンターからのスカウトが届きます。

また、自分から優良企業と直接コンタクトを取ることも可能です。

サービス概要
サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数124,931件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
2024年7月1日時点
  • 高年収の求人情報が豊富
  • 自分の市場価値を理解できた
  • 自分でエージェントを選べる
口コミをもっと知りたい方はこちら

転職エージェントへの登録をおすすめする5つの理由

転職活動を行う際に転職エージェントをおすすめする理由には、主に次の5つがあります。

それでは、それぞれ解説していきましょう。

希望に合わせた求人をプロが紹介してくれるから

転職活動を行う際に、転職エージェントの利用をおすすめする理由の1つは、転職希望者に合わせた求人をプロが紹介してくれるという点です。

転職エージェントに登録すると、個別に担当のキャリアアドバイザーがつき、転職活動の相談やサポートを行ってくれます。

具体的なサポート内容としては、転職希望者とのヒアリングを行い、潜在的な能力を顕在化して、転職サポートのプロ目線から最適な企業をマッチングしてくれます。

そのため、転職エージェントを活用することで転職希望者が気づかなかった自分の能力に気づき、これまで考えていなかった業界の企業へ好条件で転職できるケースもあります。

応募書類の添削や面接のやり方を教えてくれるから

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーが応募書類(履歴書や職務経歴書・キャリアシートなど)の添削や面接の対策を行ってくれます。

応募書類に関しては、応募する企業によって種類が異なったり、それぞれの企業ごとにフォーマットが違ったりするケースもあるため、キャリアアドバイザーのサポートが非常に助かります。

また、応募する企業それぞれの人事担当者に刺さる応募書類の書き方や、面談の仕方なども指導してくれるため、他の転職希望者に差をつけることができるでしょう。

企業との交渉を任せられるから

転職エージェントは、採用の内定をもらった企業との労働条件などの交渉も、そのほとんどを代行してくれます。

たとえば就労開始日の日程調整の交渉や、給与交渉や勤務日数などの、転職希望者が交渉しにくいことも代行してくれます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、転職希望者に親身になって寄り添ってくれるため、妥協したくない条件などの交渉を安心して任せられるのも大きなメリットの1つです。

非公開求人を紹介してくれる可能性があるから

転職エージェントは、それぞれのエージェントごとに、Webサイトなどで一般公開していない非公開求人を保有しています。

非公開求人とは、企業が公開したくない急ぎの求人や、重要な役職の求人を出す際に利用する求人が多いのが特徴です。

上記のような理由から、非公開の求人を紹介してもらえれば、すぐに採用が決まったり、思わぬ好条件の求人を紹介してもらえる可能性があります。

無料で利用できるから

転職希望者が転職エージェントを利用する場合は、原則無料ですべてのサービスを受けることができます。

転職エージェントは、企業に紹介した転職希望者の採用が決まり、入社する時点で企業から手数料を受け取ることで収益を確保する仕組みとなっているため、転職希望者に費用が発生しないのが特徴です。

そのため、上記のようなさまざまなメリットをすべて無料で享受できるのが、転職エージェントをおすすめする最大の理由とも言えるでしょう。

転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職活動を行う際は、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントそれぞれに得意な業種や職種が異なるため、複数利用することにより最適な転職先を見つけやすくなるからです。

また転職エージェントごとに異なる、担当のキャリアアドバイザーとの相性も、転職活動においては非常に重要となります。

そこで、ご自身と相性の良いキャリアアドバイザーと巡り合うためにも、複数のエージェントを利用して比較・検討することをおすすめします。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
41.9万件
非公開求人数
36.2万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
6万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
25万件
非公開求人数
3.9万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点

転職エージェントを利用する際の注意点

それでは次に、転職エージェントを利用するときの注意点を7つ紹介します。

では、それぞれ解説します。

大手総合型と特化型を併用する

転職エージェントを利用する際は、まず大手総合型のエージェントを中心に2、3社へ登録し、ご自分のキャリアや転職目的に応じて特化型のエージェントに登録するのがおすすめです。

大手総合型、特化型それぞれのタイプのエージェントへ複数登録する理由は、各エージェントの得意な業種や職種が異なるため、2、3社を網羅することで不得意な分野を補うことができるでしょう。

大手総合型のエージェントを中心に登録するのは、人気の高い大手企業からの求人が多いからです。

もしあなたの転職希望先が大手ではなく、ベンチャーやスタートアップ企業の場合には、属性特化型や業種特化型を中心にするのも良いでしょう。

ご自分の希望に合わせて登録し、相性の良いキャリアアドバイザーを見つけて、納得のいく転職活動を行いましょう。

相性の良いエージェントを選ぶ

転職エージェントを選ぶ際は、相性の良いキャリアアドバイザーを選ぶことも重要なポイントとなります。

理想のアドバイザー像は求職者によって異なりますが、良いアドバイザーは求職者の希望を良く聞いた上で、求職者と企業それぞれにメリットのある最適なマッチングをしてくれるでしょう。

相性の良いエージェントを選ぶポイント
  • あなたの希望をしっかりと聞いてくれる
  • ただ話を聞くだけではなく、適切なアドバイスをくれる
  • 人材市場の最新情報や給与の相場などを教えてくれる

良いキャリアアドバイザーを選ぶ際は、上記のようなポイントに注意することがおすすめです。

もし自分に合わないと感じたときは、該当する転職エージェントに担当するキャリアアドバイザーの変更をお願いすることも可能です。

キャリアアドバイザーに正確な情報を伝える

キャリアアドバイザーと面談する際は、自分の経歴や資格、希望の職種や報酬額などの情報を正確に伝えることが大切です。

自分のキャリアを偽ったりすると、エージェントや応募した企業からの信用を落とすだけでなく、仕事のミスマッチが起こり、結局早期退職に繋がる危険性があります。

短期間で転職を繰り返すことは、その後の転職活動に悪影響がでる恐れもあるため、注意が必要です。

複数利用していることを各エージェントに伝える

転職エージェントを複数利用する際は、必ずそのことをキャリアアドバイザーに伝えておきましょう。

複数利用を正直に伝えることで「あなたが本気で転職活動をしている」と認識されやすくなります。

また、もし併用しているエージェントを聞かれても、とくに隠す必要はありません。

逆に複数利用しているエージェントの名前を伝えることで、転職のプロ目線から、あなたにピッタリの求人をマッチングしやすくなる可能性が高くなります。

転職エージェントは、複数利用するのが当たり前となっているため、複数利用を伝えたからといって担当するキャリアアドバイザーの対応が疎かになるといった心配は無用です。

転職のスケジュール管理を徹底する

転職エージェントを利用する際は、まずは転職スケジュールの管理を徹底することが大切です。

もし面談を無断で欠席したり、提出書類を出さないといったミスをしてしまうと、応募先の企業からの信用だけでなく、エージェントからの信用もなくなる可能性があります。

転職成功の基本は、求職者と転職エージェント、そして求人企業との信頼関係があってこそです。

スケジュール管理ができなければ、同じ企業に複数のエージェントから応募するといったタブーを犯してしまうケースも少なくありません。

そこで手帳やGoogleカレンダーなどを用いて、ご自身がいつでも転職スケジュールを確認できるツールなどを活用し、管理することがおすすめです。

転職の目的を明確にする

転職する際は、「自分が転職する理由を明確にする」ことが大切です。

なぜなら「もっと給与が欲しい」や「やりがいのある仕事に就きたい」などの転職理由を明確にしておかなければ、次の職場でやりたい仕事と実際の業務にミスマッチが起きる可能性が高くなるからです。

仕事のミスマッチが起きると、再び転職活動をしなければなりません。

もし短期間に転職を繰り返すようなことがあれば、次の職場の内定をもらいにくくなる可能性が高まるため、注意が必要です。

エージェントのアドバイスを参考に自分で判断する

転職エージェントやキャリアアドバイザーからの情報は、基本正確ではありますが、絶対ではありません。

就職先を決めてもらっても、実際に働くのはあくまで求職者本人です。

紹介先に少しでも違和感や不安のある場合は遠慮せずに断っても良いでしょう。

あくまで自分で判断し、納得できる就職先を見つけることが重要です。

転職エージェントを複数登録する5つのメリット

転職エージェントを利用する際は、複数の転職サイトに登録することが重要です。

なぜなら、前述したように、転職サイトごとに非公開の求人案件を持っていたり、それぞれに得意な分野や強みが異なったりするからです。

そこで以下では、転職エージェントを複数登録するメリットを次の5つに分けて解説します。

より多くの非公開求人に出会える

転職エージェントは、それぞれにWebサイトなどに一般公開していない非公開の求人を保有しています。

非公開求人を出すのは、求人を出す企業側が、求人情報を非公開にする理由があるからです。

非公開求人を出す理由には、主に次の3つがあります。

それぞれ解説します。

早く採用を決めたい

企業が非公開の求人を出す理由の1つ目は、企業が早く採用を決めたい場合です。

⼈気の企業や職種の求人を行う場合、求⼈募集を一般公開することで応募が殺到してしまい、人選に多大な時間がかかる可能性があります。

そこで急いで社員の補充を⾏いたい企業は、転職エージェントに人材の絞り込みを依頼し、早くてミスマッチのリスクが低い採用活動を実施するのです。

そのため、仕事の経験が豊富で高いスキルを持つ転職人材は、非公開求人を紹介してもらえる確率が高くなるでしょう。

事業戦略に関わるプロジェクトの重要な人材を採用したい

企業は、競合他社に漏らしたくない極秘プロジェクトや、事業戦略に関わる重要な案件を進める際に、新たな人材を採用するケースがあります。

このような場合に、採用情報を公開して求人を行うことで、外部にプロジェクトの内容を予測されるリスクが生じます。

そこで求人情報を非公開にして、転職エージェントに高いスキルを持つ、経験豊富な人材を直接マッチングしてもらうのです。

このような仕事を紹介してもらえれば、転職先の企業で重要なポストを任される可能性が高くなるでしょう。

企業の内外に求人を知られたくない

企業が求人募集を行う際に、自社の内外に知られたくないケースもあります。

例えば、社外から役員を採用したいときや、早期退職者を募集している企業が新規採用の求人を行う場合などです。

このような企業においては、既存の社員だけではなく、社内外のステークホルダーに知られないように求人を行います。

このようなケースでは、企業が特定の転職エージェントに絞って求人募集を出すケースが多いため、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

より多くのキャリアアドバイザーのアドバイスを受けられる

複数の転職エージェントに登録すれば、それぞれのエージェントに所属するキャリアアドバイザーからのサポートを受けることができます。

それぞれのキャリアアドバイザーの異なった視点から、応募書類の添削や面接のアドバイスを受けられるのもメリットの1つです。

複数のキャリアアドバイザーにこれまでのキャリアを相談することにより、自分では気づけなかった仕事の強みや弱みを顕在化することができ、有利な転職活動に役立てることも可能です。

初めての職種に転職したいとお考えの方や、潜在的な自分の強みを顕在化したい方は、ぜひ複数の転職エージェントに登録して、異なったキャリアアドバイザーからのアドバイスを参考にしましょう。

相性の良いキャリアアドバイザーに出会える確率が高くなる

転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーと面談をする際に、どうしても相性が合わないと感じるケースもあるでしょう。

しかし、キャリアアドバイザーとの相性は、質の高い転職活動に欠かせない要素です。

相性の良いキャリアアドバイザーとは、求職者の希望をしっかりと把握し、質の良いマッチングを実現してくれます。

また内定後の就業条件も、できるだけ求職者に有利となるような交渉を行ってくれるでしょう。

このように、複数の転職エージェントに登録し、複数のキャリアアドバイザーを比較するのも重要な転職活動の1つです。

相性の良い信頼できるキャリアアドバイザーに出会うことで、あなた自身の転職活動に対するモチベーションも上がることでしょう。

各エージェントが得意な領域を使い分けられる

転職エージェントは、それぞれに得意な領域が異なるのが一般的です。

例えば、幅広い職種を対象に転職サポートを行うエージェントもあれば、IT関連に特化したエージェントなどもあります。

もし求職者が「IT企業での実績が豊富なので次もIT関連に転職したいけど、もし前職の経験を活かしつつ、他の条件の良い職種があればチャレンジしたい」といった場合には、1社のエージェントだけに限定してしまうと、満足のいく転職活動ができない可能性があります。

そこで複数の転職エージェントの得意な領域に合わせ、エージェントを使い分けることで、転職活動を効率的に進められるでしょう。

無料で転職エージェントサービスをより多く利用できる

求職者が転職エージェントを利用する際は、原則無料です。

転職エージェントを無料で利用できる理由は、転職エージェントが求職者を紹介して就職が決まった際に、企業から成功報酬を受け取っているからです。

求職者は、上記のようなメリットをより多く享受するために、複数の転職エージェントに登録しておくことが大切です。

近年は、働き方改革やワークライフバランスなどの考え方が浸透したこともあり、転職希望者が増加しています。

そこで、少しでも有利に転職活動を実施できるように複数の転職エージェントに登録し、求職者自らが積極的に転職活動を行うようにしましょう。

転職エージェントを複数登録する4つのデメリット

ここでは、転職エージェントに複数登録するデメリットを紹介します。

次の4つのデメリットを理解し、転職エージェントを効率よく活用できるようにしましょう。

以下で注意すべきポイントや対策方法を解説します。

仕事を優先して紹介してくれない可能性がある

転職エージェントを複数利用する際は、それぞれのキャリアアドバイザーに複数登録していることを伝えた上で求職活動を実施するのが基本です。

なぜなら、複数登録することで競合がいることを伝え、他社よりも早くマッチングしてもらえる可能性が高まるからです。

とくに経験や実績が豊富な求職者ほど効果があるでしょう。

一方で、転職先に希望している業種や職種における実績や経験値が浅い、またはない場合には、仕事を優先して紹介してくれない可能性があります。

このようなケースでは、できるだけ応募する職種の幅を広げて、エージェントが紹介しやすくするのがおすすめです。

転職活動の手間や時間が増える可能性がある

複数の転職エージェントを利用することで、それぞれのエージェントへの対応が増えてしまい、転職活動の手間や時間が増える可能性があります。

複数の転職エージェントに登録すると、それぞれのキャリアアドバイザーとの面談やメールなどのやりとりが増えるため、スケジュール管理が大変になります。

ただ前述したように、複数の転職エージェントを利用するメリットは非常に大きいため、複数のエージェントに登録した上でしっかりと対応できるようにすることが大切です。

選択肢が増えて迷う可能性がある

複数の転職エージェントを活用する際に、転職先の選択肢が増え過ぎてしまい、結局どこを選べば良いか分からなくなってしまうケースがあります。

このような事態を防ぐためには、まずご自身が希望する業種や職種だけでなく、給与や福利厚生などの待遇なども明確にしておくことが重要です。

自分で設定した希望条件を明確にすることで、それぞれの転職エージェントから紹介された求人案件を整理し、最も自分に適した求人募集を選べるようになるでしょう。

応募管理が大変になる

複数の転職エージェントを利用する際に注意したいのが「1つの求人案件に、複数のエージェントから登録しないこと」です。

もしあなたが異なったエージェントから同じ企業の求人に応募してしまうと、エージェント間でトラブルが起きる可能性があります。

また応募先の企業やエージェントからも「管理能力のない人」と認識され、採用対象から外されたり、優先的に詳細されなくなる可能性が高くなるでしょう。

このように、転職活動における応募管理は非常に重要です。

そこで、面談の日取りや提出書類の期日をしっかりと管理して、重複応募などがないように注意しましょう。

転職エージェントの上手な選び方3選

それでは次に、転職エージェントを上手に選ぶポイントを3つ紹介します。

転職エージェントの上手な選び方は、次の通りです。

それぞれ解説します。

転職する目的を明確にしてから選ぶ

転職する際は、「自分が転職する理由を明確にする」ことが大切です。

なぜなら「もっと給与が欲しい」や「やりがいのある仕事に就きたい」など、転職の理由を明らかにしておかなければ、次の職場でやりたい仕事と実際の仕事にミスマッチが起きる可能性が高くなるからです。

仕事のミスマッチが起きると、再び転職活動をしなければなりません。

また、短期間に転職を繰り返すことで、次の職場の内定をもらいにくくなる可能性が高まるでしょう。

求人数や求人内容で選ぶ

転職エージェントを選ぶ際は、求人の数や求人内容を確認することも大切です。

ただ求人が多いエージェントを選ぶだけでは、あなたが転職したい求人があるとは限りません。

また求人内容だけを注視すると、比較する求人が少なかった場合には、不利な転職活動となる可能性があります。

そこで、求人数と求人内容の両方を担保できるように、さまざまな転職エージェントを比較・検討することが重要です。

転職エージェントのサービス内容で選ぶ

転職エージェントには、前述したような応募書類作成や面談の指導や支援を行うサービスや、就労条件の交渉代行といったさまざまなサポートがあります。

ただ、各エージェントごとにサポート内容が異なるケースがあるため、注意が必要です。

また、一部のサービスを有料化している転職エージェントもあります。

そこで、本サイトで紹介しているような、信頼のできるエージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントの種類と特徴

転職エージェントは、扱う求人のタイプによって主に次の4種類に分けることができます。

以下では、それぞれの特徴を解説します。

大手総合型エージェント

総合型エージェントは、幅広い業種や職種をカバーしているのが特徴です。

また、転職エージェントの多くは中小企業が中心ですが、総合型の多くは大手企業が運営しています。

総合型のエージェントでは、スケールメリットを活かし、圧倒的な求人募集案件を管理しています。

そのため、各業界の求人情報に詳しく、転職者に有利となる情報を提供してくれるのも魅力です。

複数のエージェントに登録する際には、まず総合型のエージェントに登録してみましょう。

属性特化型エージェント

属性特化型エージェントとは、転職先の役職などの属性ごとに求人募集を特化したエージェントです。

属性特化型のエージェントは、ハイレベルなスキルや豊富な業務経験のある、30代や40代の転職希望者におすすめしたいエージェントです。

年代特化型エージェント

年代特化型エージェントとは、20代や第二新卒、業界未経験者におすすめしたいエージェントです。

社会経験が浅い方でも安心して転職できるように、転職エージェントがブラック企業の求人を排除するなど、さまざまな取り組みを行っています。

業種特化型エージェント

業種特化型エージェントとは、特定の業種を専門に取り扱う転職エージェントです。

システムエンジニアなどをはじめとするIT業界に特化したエージェントや、特殊な資格やスキルを保有する人材紹介を行っています。

転職エージェントおすすめの組み合わせ方

転職エージェントを利用する際は、前述した各エージェントの特徴を押さえて、上手く組み合わせて登録しましょう。

具体的な組み合わせ方法としては、大手総合型から2、3社を選び、ご自分にあった特化型エージェントをプラスしていくのがおすすめです。

下記の組み合わせを参考にして、ご自分に合った組み合わせを採用してください。

大手総合型+年代特化型

大手総合型エージェントに年代特化型エージェントをプラスする組み合わせは、社会経験が浅い20代前半の転職希望者をはじめ、全く経験のない業種へ転職したい方にもおすすめの方法です。

また、第二新卒で転職する際も、この組み合わせをおすすめします。

大手総合型+属性特化型

大手総合型エージェントに属性特化型エージェントをプラスする組み合わせは、社会経験や知識が豊富で、高いスキルを持つ方の転職活動におすすめの方法です。

また、特定の資格やスキルが必要な業種の場合には、さらに業種特化型エージェントを1、2社追加するのもおすすめです。

大手総合型+業種特化型

大手総合型エージェントに業種特化型エージェントをプラスする組み合わせは、特殊なスキルや資格を要する業種へ転職する際におすすめの方法です。

仕事の熟練度やスキルの高さなどにより、属性特化型エージェントと併用するのもおすすめです。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
41.9万件
非公開求人数
36.2万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
6万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
25万件
非公開求人数
3.9万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点

転職エージェントへの登録をおすすめする理由

転職活動を行い、転職先を探す際には、さまざまな方法があります。

転職希望者の転職活動をサポートしてくれるサービスを利用する手法もあれば、転職希望者ご自身で転職サイトなどを使って直接企業にアプローチするといった手法もあります。

ただ、初めて転職活動を行う方や、転職サポートのプロ目線から自分に合った転職先をマッチングして欲しいとお考えの方は、転職エージェントの利用がおすすめです。

以下では、転職サポートを行っている主な機関を紹介するとともに、転職エージェントをおすすめする理由について解説します。

主な転職サポートの種類

主な転職サポートサービスには、次の3つがあります。

以下で、それぞれの特徴を解説します。

転職エージェント

転職エージェントとは、民間の人材紹介サービスのことを指します。

転職希望者が転職エージェントを利用することで、転職サポートのプロであるキャリアアドバイザーから原則無料で適切なアドバイスをもらえるため、初めての転職活動の方にはとくにおすすめです。

キャリアアドバイザーは、求職者との面談を通じて経験やスキル、希望条件、キャリアプランなどを把握します。

そして、企業の求人情報と照らし合わせた上で最適なマッチングを行いながら、転職活動全般をサポートするのが特徴です。

ハローワーク

ハローワークは、国が所管する地域の公的な総合雇用サービス機関です。

企業が無料で求人を出せるのが特徴で、企業規模や業種、職種、雇用形態も含めて、非常に多種多様な求人を探すことができます。

ただし地元企業の求人が多いため、地域によっては報酬の高いオンライン営業などの求人は多くないでしょう。

また求人票の作成が企業に任されているため、内容を鵜呑みにせず、自ら情報を収集して確認する必要があります。

人材派遣会社

転職する際に働く企業に就職するのではなく、人材派遣会社と雇用契約を結ぶのが人材派遣と呼ばれる働き方で、1986年からスタートした労働形態の1つです。

人材派遣に登録する場合には、雇用主が派遣会社となるため、派遣先の企業との雇用関係はありません。

また、人材派遣から受け取る報酬(給与)については、人材派遣会社にマージンと呼ばれる手数料を差し引かれるのが特徴です。

人材派遣では、同じ職場で3年以上働くことができないルールがあるなど、一般的な会社員とは働き方が異なるのが特徴です。

転職エージェントの登録でよくある質問

この項目では、転職エージェントの登録に関してよくある質問をご紹介します。

複数の転職エージェントに登録しても大丈夫ですか?

転職エージェントは、複数登録可能です。

登録できる転職エージェント数に上限はないため、複数登録して、自分に合う転職エージェントを見つけましょう。

転職エージェントに登録すると必ず転職しなければいけないのでしょうか?

転職エージェントは登録だけでも構いません。

登録したからといって、必ず転職しないといけないことはなく、良い条件の転職先が見つかるまで待つこともできます。

転職エージェントは本当に無料で利用できるのですか?

転職エージェントは、求人募集をした企業からの紹介手数料により事業が成り立っているため、転職希望者は原則無料で利用できます。

ただし、一部では有料のサービスを設けている転職エージェントもあるため、注意が必要です。

紹介された求人に必ず応募しなければいけませんか?

必ず応募する必要はありません。

転職希望者との面談後に、能力やスキルに合わせた求人を紹介されるのが一般的ですが、応募に関しては転職希望者が自由に判断できます。

転職エージェントの非公開求人とは何ですか?

非公開求人とは、転職エージェントのWebサイト上に掲載していない、非公開の求人のことを指します。

転職エージェントでは、特定の職種や業種に限らず、それぞれに豊富な非公開求人を保有していますので、複数の転職エージェントに登録して見ることをおすすめします。

仕事の経験が浅くスキルにも自信がありませんが登録しても大丈夫でしょうか?

転職エージェントでは、さまざまな転職希望者と面談する中で、本人が気づいていない能力を見つけ出し、最適な仕事を紹介しています。

安心して、自分が気になる複数の転職エージェントへ登録してみましょう。

平日は仕事が忙しいのですが登録しても大丈夫ですか?

転職エージェントは、土日や平日の夜など、転職希望者の都合がつくタイミングでの面談も可能です。

まずはいくつかの転職エージェントに登録して、ご自分にあったエージェントを見つけてみてください。

まとめ

このように、転職エージェントを利用することで、転職希望者はさまざまなメリットを無料で享受できるメリットがあります。

またその際は、複数のエージェントに登録するのがおすすめです。

転職エージェントを利用する際に最も大事なことは、転職エージェントや担当のキャリアアドバイザーを通じて、応募する企業との信頼関係を構築することです。

そこでまずは、転職活動全体をご自分で管理して、無理なく対応できるだけのエージェントに登録してみましょう。

そして、転職を決意してもすぐには退職せず、前職に勤めながら落ち着いて転職活動を行うことも重要です。

ご自分に合った転職エージェントを見つけられれば、きっとより良い転職先に巡り合えるでしょう。

そのためにも、ここで解説した転職エージェントの上手な選び方や注意点を参考にして、あなたの希望に即した転職先を見つけてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
41.9万件
非公開求人数
36.2万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
6万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
25万件
非公開求人数
3.9万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。当メディアは「コラムガイドライン」に基づき運営しています。 また、サイト内で紹介している転職支援サービスは「ランキング概要」等を基準に選定・評価しています。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。