34歳の転職は厳しい?男女別の注意点と未経験・スキルなしでも転職を成功させるポイント

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

34歳になると今後のキャリアや給与アップを考えて、転職をしようか悩む人も多いのではないでしょうか。中には未経験の職種にチャレンジしたいと考えている人もいるでしょう。

30歳を超えると転職が難しいイメージが定着していることもあり、なかなか転職活動に踏み切れないといった悩みをもつ人も少なくないはずです。

しかし、34歳でも転職を成功させている人は多く、しっかりと転職準備をおこない未経験の職種に転職したり、年収アップに成功したりしている人もいます。

この記事では34歳の転職を成功させるポイントや注意点について解説します。

 

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

目次

34歳での転職は厳しい?34歳での転職がおすすめの理由

最初に、34歳の転職事情についてお伝えします。

現状の転職市場では、34歳の中途採用状況はどのようになっているのでしょうか。

34歳がラストチャンス

中途採用で人材を採用する場合、やはり企業は若い社員を優遇しようとします。若者の方が働き方や考え方に癖がなく、自社の色に染めることができるからです。

そのため、企業の採用担当者は20代といった若者を確保して、入社後に育てようと考えるのです。実際に30代・40代の求人は少ないのが現状です。

しかし、30代の前半に位置する34歳のニーズは比較的豊富です。30代後半になる直前の34歳は、転職のラストチャンスという意気込みで臨んだほうがよいかもしれません。

35歳を超えると難しい?

転職の世界には「転職は35歳まで」といった限界説があります。

そして、この言葉のとおり、30代後半の人材を積極的に採用しようとする企業が少ないのが現状なのです。

「35歳を超えると転職が難しい」と言われることがありますが、実際はどうなのでしょうか。総務省のデータによると25~34歳で転職を成功させた人は66万人、35~44歳で55万人います。34歳という年齢を考えると、まだ転職を成功させる可能性は十分にあると言えるでしょう。

特に専門性の高い知識や技術が必要とされる仕事では、ベテランの経験豊富な実績は重宝されるものです。

しかし、実際に34歳になると転職に思いとどまってしまう人もいるようで、現状と比較したときに転職のリスクや手間を懸念してしまう、といった背景があると考えられます。

34歳でも転職は十分に可能といっても、転職回数や年齢とともに採用は厳しくなっていくのが転職です。

そのため、34歳・35歳で転職を考えているのであれば、後悔のないよう早めに行動するようにしましょう。

30代の転職・採用状況

30代の社会人に企業が求めているのは「即戦力 」です。

そのため、会社が求めているスキルや実績を有していることが、30代の転職では非常に大切です。実際に、エンジニアやプログラマーなどの技術者の転職は、30代においても非常に活発です。

今までのキャリアや実績をとおして、自分の強みを効果的にアピールできるようにしておきましょう。

34歳で転職するメリット

34歳で転職をするメリットについて把握しておきましょう。34歳は社会人経験を積んでいるため、経験を活かして転職活動をおこなうことができ、自身の実績や強みをアピールしやすい年代と言えます。

経験を活かした転職活動ができる

メリットの1つ目は「経験を活かした転職活動ができる」ことです。34歳になると自分の強みや弱みを客観的に把握できるようになっており、どのような会社や仕事を今後頑張っていくのかを判断することができるためです。

第二新卒での転職の場合、特に目立った実績やスキルがなく、アピールポイントを考えることが難しいこともあります。10年以上社会人経験を積んでいるからこそアピールできる実績や経験があるはずですので、しっかり自己分析をおこない、得意不得意を理解しておくようにしましょう。

また、34歳の人の中には過去にも転職活動をおこなっている人も多いかもしれません。

転職時の職務経歴書の書き方や面接時のポイントなどを抑えていれば、転職準備もスムーズに進めることができるはずです。

即戦力として期待されやすい

メリットの2つ目は「即戦力として期待されやすい」ことです。20代の採用とは違い、前職での経験やスキルが評価され、すぐに会社の利益に貢献してほしいと期待する企業も多いことが予想されます。中にはスカウトやヘッドハンターによる採用ケースもあるようです。

キャリアアップや年収アップを狙って転職を考えている人は、即戦力として活躍できることをアピールすることで給与交渉にも有利となります。

そのため即戦力として年収アップを狙う場合は、自分が得意とする職種や経験豊富な職種での転職をおこなうと良いでしょう。

ただし、経歴や実績に嘘を混ぜないようにしましょう。採用されるために過剰なアピールをしたくなる人もいるかもしれませんが、入社後に期待外れと思われてしまい、評価が下がってしまうことがありますので注意してください。

34歳で転職するデメリット

34歳で転職をするデメリットについても触れておきましょう。34歳は仕事のシーンで「できて当たり前」と思われることも多いため、周囲の期待が高くなることも多いと想像できます。

また、未経験転職へのハードルが高くなる世代ですので、転職に失敗しないための対策をおこなうことも重要です。

ポテンシャル採用はされづらい

デメリットの1つ目は「ポテンシャル採用がされづらい」ことです。ポテンシャル採用とは、即戦力ではなく将来的に利益に貢献することを期待して採用されることです。

20代のうちはポテンシャル採用の対象となることが多く、未経験の職種や業界への転職も比較的しやすいですが、34歳になると実績やスキルを評価された即戦力をしての採用が多くなります。

そのため仕事への熱意や向上心ももちろん大切ですが、34歳では実績やスキル、仕事に活かせる資格が重要視されると考えておきましょう。

年収が下がることがある

デメリットの2つ目は「年収が下がる可能性がある」ことです。特に未経験職種への転職の場合は、ほとんどの場合が年収アップは見込めないということを覚えておきましょう。

34歳は一定のキャリアがあり、会社でも重要なポジションを任せられやすくなる年齢ですが、未経験職種への転職をした場合は新卒や第二新卒と同様の給与基準となることがあります。

そのため転職直後は希望条件が通らない可能性があると考えておき、転職によって金銭的に問題はないか確認しておくようにしましょう。また、入社後にどのようなキャリアプランを組むことができるのかを事前に把握しておくとよいです。

34歳の転職で求められるスキル

34歳からの転職で活かせるスキルについて解説します。未経験でも会社が必要とする経験やスキルを持っていれば、即戦力として採用される可能性が高まるためです。

特に以下の経験やスキルをもっていることで転職に有利となりますので確認しておきましょう。

即戦力となるスキル

34歳には即戦力となるスキルが求められます。20代であれば教育や育成のフローも大切にされますが、30代前半になると社会人経験を活かして活躍してほしいと思われるためです。

特にIT職や営業職では即戦力を積極的に採用する傾向もあります。

入社後すぐに利益に貢献していくことを期待されるため、即戦力として活かせるスキルがないと採用を見送られてしまうこともあります。

自分の経験やスキルが転職先でどのように活かせるのかをアピールできるとよいでしょう。

マネジメント経験

マネジメント能力は未経験転職にも活かすことができます。未経験として入社した場合でも、これまでの経験を活かしてマネジメントに貢献することができれば、会社にも重宝されるはずです。

前職で部下の育成やマネジメントを経験している人は、マネジメント業務で取り組んだことや考え方をまとめておくとよいでしょう。

コミュニケーション能力

社内外とのコミュニケーション能力が高い人は未経験転職でも有利に転職活動を進めることができます。円滑なコミュニケーションを取ることができる人は面接時の印象もよくなり、社外とのやり取りも安心して任せられるはずです。

コミュニケーション能力をアピールする際は、実績よりもその場での受け答えや言葉選びにも注意すると良いでしょう。

専門的なスキルや資格

「専門的なスキルや資格を持っている人」は未経験転職にも成功しやすくなります。誰でも持っているスキルではなく専門的なスキルをもっている人は重宝されやすく、未経験でも即戦力として活躍しやすいためです。

例えばデザインやホームページ制作のスキルをもっていれば、過去の制作実績などをそのままアピールすることができます。他にも事務職であれば簿記や経理の資格をもっている人は有利に転職をすすめることができるでしょう。

仕事に対する意欲や行動力

最後に「仕事に対する意欲や行動力」がある人です。専門的なスキルをもっていない場合は、仕事に対する積極性をアピールすることで印象を良くできる可能性があるためです。

特に中小企業やベンチャー企業では、行動力のある人は評価されやすい傾向にあります。

ただし、面接時だけ行動力をアピールして、入社したら意欲が下がってしまうことは避けましょう。

34歳の未経験での転職で求められるスキル

未経験職種への転職を考えている人は、すぐに仕事に活かせるスキルがあると採用率が高まると考えられます。

特に重要視されるのが「ポータブルスキル」と呼ばれるスキルです。ポータブルスキルとは、職種や業種にかかわらず活かすことのできる万能型のスキルのことをいいます。(※)

現状の課題設定やスケジュール管理、または対人マネジメントなどは転職先でもすぐに生かすことのできるスキルとなりますので把握しておきましょう。

※参照: “ポータブルスキル”とは│厚生労働省

【男性版】34歳の転職における注意点

34歳の転職における注意点を男女別に解説していきます。

34歳になると所帯をもったり、今後のキャリアプランを具体的に考えたりなど20代とは考え方が異なる人も多いでしょう。それらについてしっかりと考えたうえで転職活動をおこなうことをおすすめします。

家族の理解が得られているか

1つ目は「家族の理解が得られているか」という点です。転職活動が上手くいかなかった場合に、家族に迷惑をかけてしまう可能性もあるためです。内緒で転職活動をおこなっていると、ばれたときに家族の信頼を失うリスクもあります。

家族の理解を得るためには「なぜ転職したいのか」「いつまでに転職活動を終わらせるのか」を事前に伝えておくとよいです。

転職には年収が下がったり生活リズムが変わったりなど、家族に影響が出ることも予想されます。考えられる影響やリスクなどについては早めに奥さんや家族に相談するとよいでしょう。

20代のような転職活動をしない

2つ目は「20代のような転職活動をしない」ことです。20代であれば未経験であっても将来のポテンシャルを期待されて採用されることも多いですが、34歳になると実績重視の即戦力採用が中心となるためです。

あいまいな転職理由やビジョンでは、会社で活躍するイメージを持ってもらえずに不採用となってしまうこともあります。

採用率を高めるためには、自分を採用することで会社にどのようなメリットがあるのか、を伝えられるよう準備をすることが必要です。

【女性版】34歳の転職における注意点

34歳の女性が転職をする際の注意点について解説します。

あわせて読みたい
34歳女性の転職はもう遅い?スキルなし・資格なしでも転職を成功させるコツも解説 ポテンシャルが重視された20代と違い、30代はこれまでのスキルや実績が評価される年代です。 特に34歳の女性は結婚や出産などのライフイベントが重なる時期でもあり、キ...

女性が活躍できる社風か

キャリアを重視する女性が転職するにあたって、女性が活躍できる社風かどうかが大きなポイントとなります。特に古い体質の会社では、女性が管理職に昇格する事例が少ない会社もあることから、事前に女性の働く環境などをリサーチしておくとよいでしょう。

外部から企業の内部を調べることが難しい場合もありますので、不安な人は転職エージェントに相談して企業の社風や制度などの情報を調べてもらうとよいです。

育児・出産休暇は取得可能か

これから結婚や出産を考えている人は、転職先の企業が育児休暇や出産休暇の制度を導入しているかも重要なポイントとなります。最近では多くの企業が育休や産休制度を導入していますが、中にはそれらの制度について消極的な企業もあるため注意が必要です。

入社後に仕事を教えても、結婚や出産のタイミングで退職や休職の可能性があると思われてしまうとマイナスになってしまうことも予想されますので、キャリアプランや仕事に対する考え方は明確に伝えるようにしましょう。

34歳からの転職を成功させるポイント

ここまで30代の転職で注意するべきポイントについて話をしてきました。30代で転職を考えているのであれば、正しく理解するようにしてください。

そして、ここからは34歳からの転職を成功させるポイントやコツについて解説していきます。

自分の強みを整理する

まず、34歳からの転職において最も大切なポイントが、自分の強みを整理しておくことです。転職活動というのは、応募する企業に自分自身を売り込む力が必要です。

そのためには、仕事における『自分の強み』がしっかりと整理されていなければいけません。自分の強みを整理する方法は、最初に今までのキャリアの棚卸しをおこなうことです。どのような業務に、どれ位の期間、携わってきたのかを書き出して整理してみましょう。

そして次に、書き出した各キャリアにおいて、どのようなスキルが身についたのかを考えてみてください。

過去のキャリアで身についた専門知識や特殊能力があなたの強みになるのです。

40・50代の働き方を決めておく

また、40・50代の働き方を決めておくことも非常に重要なポイントです。30代で入社した企業であれば、定年まで働いていく可能性が高いからです。

さらに、40・50代は管理職や企業の経営部門で活躍する年代です。つまり、30代の業務や働き方とは大きく変わる可能性が高いのです。

40・50代をどのように過ごしたいのかを、転職活動中にしっかりと整理しておきましょう。

在職中から転職活動を始める

そして、34歳からの転職を成功させるポイントとして3つ目に挙げるのが、在職中から転職活動を始めることです。現在の職場を退職する前から転職活動を始めるのです。

絶対にやってはいけなのが、前の職場を退職してから転職活動を始めることです。30代で仕事のブランクがあるのは、大きなハンデになるからです。

理想は転職先が決まってから、現在の職場を辞めることです。30代で転職を決意したのであれば、必ず在職中から転職活動をスタートさせましょう。

転職サイト・転職エージェントを活用する

転職サイトや転職エージェントを活用することも大切なポイントです。

転職サイトや転職エージェントを上手に活用することで、限られた時間の中で効率的に転職活動を進めることができるからです。

また、数多くの求人情報を揃えている転職エージェントを利用すれば、比較的少ない30代の求人であっても、理想の求人が見つかるかもしれません。

さらに、キャリアアドバイザーに相談しながら進めることで、転職が成功する確率は大きく高まるでしょう。

34歳におすすめする転職エージェント

転職エージェントはたくさんあって、どれを選ぶべきか迷ってしまう人も少なくないはずです。

転職エージェントには「求人数が多い」「30代の転職に強い」など、それぞれ異なった特徴や強みがあります。自分の状況や希望に合った転職エージェントを探すことで、転職を成功に近づけることができるでしょう。

ここでは、おすすめの転職エージェントの特徴と組み合わせを紹介しますので、参考にしてみてください。

求人数が多く未経験でも転職活動しやすい転職エージェント

求人数が多い転職エージェントは、転職先の選択肢が広がるだけでなく、未経験OKの企業に出会えるチャンスも多くなります。

34歳前後で転職を検討している人におすすめできる、求人数の多い転職エージェントは以下の2社です。

エージェント名特徴
リクルートエージェント2024年1月時点で36万件以上の求人数。
専門コンサルタントの手厚いサポート。
doda大手・優良企業の求人多数。
スピーディな転職活動をしたい人向け。

30代後半の転職に強い転職エージェント

34歳前後で転職をする場合、30代の転職に強い転職エージェントを活用するのも有効です。30代向けの転職アドバイスや求人紹介を受けることができますので、ぜひ登録してみましょう。

30代におすすめの転職エージェントは以下の3社です。

エージェント名特徴
マイナビエージェント20~30代利用者満足度の高い大手転職エージェント。
type転職エージェント20代から30代の支持が高い転職エージェント。
年収をアップしたい人にもおすすめ。
doda Xハイクラス向けの非公開求人を多数掲載。
キャリアのある30代向けの転職エージェント。

まとめ|34歳の転職は厳しい?

この記事では34歳からの転職を成功させるためのポイントについてお伝えしました。具体的な例を挙げながら解説してきたので、転職活動のイメージが持てたのではないでしょうか。
34歳からの転職であっても、ポイントを押さえれば転職は難しくありません。ここで解説した内容を実践して、ぜひ理想の内定を勝ち取ってください。

また、34歳以上でスムーズな転職を目指すのであれば、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、キャリアドバイザーと面談し、スキルの棚卸や条件にあった転職先の紹介、履歴書・面接対策などを受けられて、あなた自身で活動するより転職成功する可能性がぐっと高まるからです。

なお、転職エージェントはたくさんあり、それぞれで特徴や強みが異なります。34歳以上での転職なら、この記事で紹介した「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」「type転職エージェント」「doda X」を利用するのがおすすめです。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。