30代前半の転職経験者が語る|30代前半ならでは転職成功ポイント

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

時代の流れとともに、30代前半でも比較的転職しやすくなってきました。

しかし、企業が30代の転職者を受け入れる場合には、ある程度の経験と実績がある人材を求めていると考えるのが自然と言えるでしょう。

そのため、即戦力としての人材を希望しているにもかかわらず、何のスキルもなく基本的なビジネスマナーにも欠けている人が応募したとしても、採用される確率が低くなります。

30代でも転職するのは難しいことではありませんが、希望するのが未経験の職種の場合には、きちんとした戦略を持った転職活動をしなければなりません。

この記事では、未経験職種へ転職を希望する30代前半の方がすべきことをご紹介します。

リクルートエージェント
目次

30代前半の転職市場|30代前半の転職が厳しいのは本当か?4つの視点で解説

  • 「未経験の業種に転職をするなら、20代の頃にしておいた方がよかったのではないか」
  • 「30代で転職しても大丈夫なのだろうか」
  • 「そもそも30代前半で受け入れてくれる企業はあるの?」

そんな風に不安に思うこともありますよね。そこで以下では、30代の未経験転職の事情について、詳しく見ていきましょう。

あわせて読みたい
転職したいけどスキルがない30代は手遅れ?未経験におすすめな仕事も解説! 30代で「転職したい」と思っているけれど、スキルがないことやキャリア不足に悩んで一歩を踏み出せない方もいるでしょう。 結論からお伝えすると、30代でスキルがない場...

30代前半の転職事情1:30代前半の転職希望者は多い?

未経験の業種にチャレンジするなら今が最後のチャンス」と考えて転職を決断する30代前半の方も少なくありません。また、日本の転職者数そのものも2010年を境に毎年増え続けており、30代の転職者も年々増加傾向にあります。

ただ、やはり転職者に一番多いのは20代の若い人たちであることは事実です。

厚生労働省が発表している転職者数の年齢階級別推移(令和元年)によると、20代までに転職する人が多く、年齢が上がるにつれて転職者は少なくなっているようです。

厚生労働省「転職者数の年齢階級別推移(令和元年)」

引用:厚生労働省「転職者数の年齢階級別推移(令和元年)

ただし、転職している人が同じ年代に少ないからといって、転職を諦める必要はありません。なぜなら、勤めている業界も労働環境も人それぞれ異なるため「転職したい」と思ったときが、その人にとって適切な転職のタイミングだからです。

30代前半の転職事情2:30代前半の転職者への求人数

30代の未経験転職者を求める求人は数多く存在します。

企業からすると

  • 「前職での経験を活かしつつも未経験者ならではの新しい発見をしてもらえる」
  • 「40代50代を採用するよりもコストがかからない」

というメリットがあるため、30代未経験者の求人も決してなくなることはありません。

また、リクナビNEXTが取ったアンケートを見ても、30代前半だからといって転職にハンディを感じたことは無いとする方が75%もいることから、過度に心配する必要はないと言えるでしょう。

30代前半転職の疑問6 「入社後にハンディを感じることはある?」

転職検討者の声:ハンディにならないと思うが多数派

30代前半、転職希望者の不安 「入社後に年齢がハンディになると思う?」

ハンディになるとは思わない:42.2% ハンディになると思う:33.8% どちらとも言えない:24.0%

30代前半の転職希望者に 「入社後に年齢がハンディになると思う?」というアンケートをとったところ42.2%の方が「ハンディになるとは思わない」と回答。

年齢はハンディにならないと予想している方が多いようです。

引用元:リクナビNEXT

30代前半の転職事情3:転職成功者の平均年齢は32.2歳

2022年に大手転職エージェント「doda」が調査した結果によると、男性の転職成功者の平均年齢は33.0歳、女性の平均年齢は30.5歳となっており、30代前半の転職が厳しいとは言えない結果となっています。

また、転職に成功した人で最も多かった年代は、20代後半(25~29歳)の40.6%でした。それに30代前半(30~34歳)が23.6%で続き、3番目に多いのが40代以上(40歳以上)で13.9%となっています。

それ以外でも、30代後半(35~39歳)で12.8%、20代前半(24歳以下)で9.2%と、どの年代ということはなく、幅広い年代の人たちが転職に成功しているのが現状です。

参考:doda「なるほど!転職ガイド」

30代前半の転職事情4:男性と女性で差があるか

30代前半転職においては、男性と女性の間に大きな差があるとは言い切れません。ただし、職種や業種によって就業率に差が見られるのは事実です。

特に女性の場合には、産休や育児休暇など、働き方やライフワークバランスを重視する必要があるため、しっかりとしたキャリアプランを持って転職活動に取り組むようにしましょう。

もし、30代前半の転職に不安のある方は、転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。

あわせて読みたい
スキルなしの30代男性が転職を成功させるには?狙うべき業界・職種や注意点を解説 30代男性で転職活動を考える中で「スキルがないけど良い企業に入社できるだろうか」と不安に感じる方もいるでしょう。 確かに30代の転職活動では仕事の実績や業務経験を...
あわせて読みたい
30代女性でスキル・資格なしの転職は厳しい?|転職しやすいおすすめの職業を解説 転職をしたいけど、年齢やスキル的に転職ができるか不安に思っている30代女性も少なくないはずです。 志望する職種の資格や経験、スキルがない場合、より、そう強く感じ...

参考:doda「なるほど!転職ガイド」より

30代前半の人に多い仕事の悩みと転職理由4つ

30代前半の人に多い仕事の悩みと転職理由について、以下の4つが挙げられます。

1.キャリアアップへの不安や焦り

30代前半になると、周りの人と比較して自分のキャリアが遅れていると感じたり、将来の不安を感じたりすることがあります。また、今後のキャリアアップの見通しが立たない場合や、やりたいことが見つからない場合にも転職を考える理由の1つとなっています。

参考:​​「雇用動向調査(令和2年)」(厚生労働省)

2.働き方や職場環境への不満

30代前半の人は、ワークライフバランスや職場の人間関係にストレスを感じる人が多い傾向にあります。

また、30代になると自分に合った働き方を求めるようになり、フレックスタイム制度やリモートワークの導入を希望する人も増えてくることも、転職を考える要因となるでしょう。

参考:​​「雇用動向調査(令和2年)」(厚生労働省)

3.収入への不満

30代前半には、自分のスキルや経験を正当に評価してもらえず、収入面で不満を持つ人が多くなる傾向があります。また、今後の収入アップの見通しが立たない場合や、家庭の事情によって収入が必要となった場合にも転職を考える要因となります。

4.自己成長やキャリアアップのため

30代前半は、今後のキャリアアップや自己成長のために、新しい分野に挑戦したいと考える人が多い傾向にあります。また、今までの経験を活かして、新しいスキルや知識を身につけたいと考える方もおられることでしょう。

参考:マイナビ転職「女性の転職ノウハウ」より

以上が、30代前半の人に多い仕事の悩みと転職理由の一例です。しかし、転職にはリスクも伴いますので、軽率に決断することなく、転職エージェントなどに相談しながら慎重に判断しましょう。

\ 今すぐ転職しなくてもOK /
簡単な質問に答えて、現在の
あなたの市場価値がわかる

 

おすすめ度 ★5

 

ミイダス
無料診断する >
  • 7万人の転職データから市場価値(年収)を算出
  • 向いている仕事、ストレス耐性なども分析
  • 登録なし、所要時間5分でOK!

 

おすすめ度 ★4.8

 

ビズリーチ
無料診断する >
  • 質問に答えるだけで自動で職務経歴書を作成可能!
  • 登録後にスカウトを受け取ることで、今の転職市場価値がわかる
  • ハイクラス管理職やエグゼクティブに特化

 

30代前半の転職失敗談3つ|失敗を避ける為に必要なこととは

若い20代に比べ、転職のチャンスも次第に減ってくる30代前半にとって、転職で失敗したくないと思うのは自然なことです。未経験業種に転職するとなればなおさら失敗を心配してしまいますよね。

そこで、30代で未経験業種に転職して失敗した経験がある人の事例を見て、同じような失敗をしないように注意しましょう。

あわせて読みたい
30代の転職は失敗する?失敗しやすい人の特徴や失敗しない方法を紹介 「30代で転職に失敗すると後がない」と考えている人は少なくありません。 誰しも転職に失敗したくないものですが、30代ともなるとより一層強い気持ちで考えるでしょう。...

1.不採用が続き諦めた 

失敗談1

『転職を決意し、行動に移したのになかなか転職先が見つからない、採用されないということが続き、結局あきらめてしまった。』

そもそも転職できない人は、上手く自分を企業にアピールできていないか、自分の能力以上の給料やポジションなどを転職に求めてしまっている可能性があります。

「とにかく今の業界を辞めたい」というような動機で転職しようとしても、今より条件のよい企業に転職できる可能性は極めて低いといえるでしょう。

転職を考えるのなら、具体的なビジョンを持ち、なぜ自分が今転職したいのかをよく考えることが大切です。

2.転職したが企業選びに失敗した

失敗談2

『転職先の職場に全くなじめなかった』

20代の若い人が転職するのとは違い、30代が転職する場合は、新しい職場になじむことも比較的難しくなります。

若い転職者であれば、面倒を見てくれる先輩や上司に恵まれる可能性も高いですが、30代の転職者はそういった点に恵まれないことが多いでしょう。

社会人経験もある立派な大人』というふうに見られますから、新しい職場での人間関係も自分で構築していかなければなりません。

特に未経験業種の職場であれば、自分から積極的に業界のことを調べたり、職場の人とコミュニケーションを取って情報を仕入れたりすることが重要です。

30代未経験の転職者にはそういったバイタリティも求められることを心得ておきましょう。

3.転職したら逆に年収が下がってしまった

失敗談3

『転職後に年収が下がった』

転職をきっかけに年収が下がってしまう人も少なくありません。年収が下がる代わりに、仕事に対する満足感や充実感を得られたり、ワークライフバランスが取れるようになったりした場合にはよいですが、予期せぬ収入ダウンは避けたいところ。

そこで入社する前に、条件についてしっかりと確認したり、交渉をしたりする必要があります。ただし、未経験業種への転職をする場合には年収が下がるケースの方が多いので、年収の低下はある程度覚悟しておく必要があるでしょう。

30代の「未経験職希望者」が転職に求めすぎると失敗しがちな2つの希望

未経験業種に転職するときには、どうしても実現するのが難しいことがあります。

あわせて読みたい
30代未経験での転職は厳しい?手遅れ?おすすめの業界や転職エージェントを解説 今の仕事と全く違う業界や職種に30代で転職できるの? 異業種に挑戦したいけど転職できるか不安 社会人になって約10年、このまま今の会社に残り続けるのか、それとも違...

1.年収のアップ

未経験者が新しい職場に転職して、収入がアップするケースはほとんどありません。それは即戦力として活躍できる可能性が低いからです。

また、未経験者でなくても転職者の給料は転職1年目、2年目は前職よりも下がる傾向にあります。それは企業側が「本当にこの人材は使えるのか」ということを判断する期間を設けているからです。

もし1年目や2年目で明確な実績を残せた場合には、未経験者からの入社でも年収アップを狙えますが、現実的には難しいと考えておきましょう。

2.快適な人間関係

「今の職場の人間関係がよくないから転職したい」「業界の雰囲気が嫌い」という人も少なくありません。しかし、転職先の職場の人間関係や、業界の雰囲気が良いかどうかは、実際に転職してみないと分かりません

会社見学や面接のときに雰囲気が良くても、それは一見したところ良く感じただけという可能性もあります。

もちろん今いる会社の雰囲気が酷い場合には、そこから逃げるのも自分を守るために大切な選択肢ではありますが、転職先に過度の期待をし過ぎないように注意したいところです。

逆に、自分に合った職場を探して転職し続けるよりも、今の職場をどれだけ快適にできるかということに集中してみるのもひとつの選択肢です。

 そのため、可能な限り今の職場での人間関係を改善するために行動してみることもおすすめします。

30代前半の転職で注意すべきポイント4つ

30代前半の転職で注意すべきポイントは以下の4つです。

1.職務経験の不足がある

30代前半の転職者は、まだ職務経験が浅いことが多いため、転職先で求められるスキルを持ち合わせていない場合があります。そのため、自分が持つスキルや強みをしっかりとアピールすることが重要です。

そこで、転職エージェントに相談するなどしてご自分のキャリアの棚卸しを行い、強みやアピールできるポイントを整理しておきましょう。

2.転職回数の多さ

転職回数が多い場合には、企業側から不安視されることがあります。

特に、前職での勤続期間が短い場合は、企業側から「すぐに辞めてしまうのではないか」という懸念を抱かれることがあります。

そのため、転職理由や前職での経験を説明し、安定志向であることをアピールすることが大切です。

3.求人情報に騙されないこと

求人情報には、転職者を誘うために大げさな表現や、実際の業務内容と異なった表現がされているケースもあります。そのため、求人情報だけでなく、会社のホームページや社員の口コミなども確認し、実際の職場環境や業務内容を理解することが重要です。

もし不安がある場合には、転職エージェントなどに相談することで、より堅実な転職活動が可能となるでしょう。

4.転職先の将来性の確認

転職先の企業が、将来的に成長する見込みがあるかどうかを確認することも大切です。また、自分自身がその企業に長期間勤めたいときは、将来的に自分がどのようなキャリアアップができるかも確認しておくようにしましょう。

 

以上が、30代前半の転職で注意すべきポイント4つです。転職活動をする際は、これらのポイントを踏まえ、ご自分に合った職場を見つけることが大切です。

\ 今すぐ転職しなくてもOK /
簡単な質問に答えて、現在の
あなたの市場価値がわかる

 

おすすめ度 ★5

 

ミイダス
無料診断する >
  • 7万人の転職データから市場価値(年収)を算出
  • 向いている仕事、ストレス耐性なども分析
  • 登録なし、所要時間5分でOK!

 

おすすめ度 ★4.8

 

ビズリーチ
無料診断する >
  • 質問に答えるだけで自動で職務経歴書を作成可能!
  • 登録後にスカウトを受け取ることで、今の転職市場価値がわかる
  • ハイクラス管理職やエグゼクティブに特化

 

30歳前半が転職を成功させる8つのポイント

30代の転職者に企業が求めるのは、やはり即戦力です。高卒や大卒で入社した場合は、企業側は人材を育てるために時間とお金を投資するという意識があります。

しかし、30代前半の人材を受け入れる場合は、基本的なビジネスマナーやスキルが身についていることを前提に採用します。

30代前半の転職を成功させるために重要なのは、以下の8点です。

1.30代前半という現実を見る

転職に失敗する人の多くは、現実が見えていないケースが多くあります。

新しい業種で、自分が仕事をこなすことができるのか、前職での経験を活かして企業の戦力になれるのか、ということをしっかりと考えましょう。

「とにかくこの業種にチャレンジしたい」という気持ちだけで転職を決断してしまうと、まったくその業界になじめずに後悔するケースもあります。

2.自分のポータブルスキルを見つける

業種や業界が変わっても通用するスキルは「ポータブルスキル」と呼ばれています。

転職をするときに重要になってくるのがこのポータブルスキルで、いかに前職での経験を転職先で活かせるのかをアピールできなければ、応募先の企業から魅力を感じてもらえません。

  • 英語が得意
  • コミュニケーション能力が高い
  • 簿記検定を取得している
  • 部下を持ち、チームをマネジメントした経験がある

上記のような汎用性のあるスキルが自分にどれくらいあるのかについて、まずはご自身のキャリアの棚卸しを行い、ピックアップしておきましょう。

3.マネジメント力

30代ともなれば、総合的な管理能力ともいえる「マネジメント能力」が求められます。

企業の理念に基づき、どのような形で目標を達成していくかを計画し実行していく力が、マネジメント力です。

これまでに「何人ぐらいの部下をマネジメントしていて、どの程度成長させたのか」については、どの企業の面接でも必ず聞かれるでしょう。

また、自己管理能力の1つとして、どんなときにも冷静に対処する力も必要です。

すぐ感情的になったり、目先のことばかり考えたりしていては、リーダーとしての素質が足りないと判断される可能性があります。

転職先によっては、転職後すぐにチームをまとめる能力を要求されることもあるため、部下の個性を認め、リーダーシップがとれる人を目指しましょう。

4.企業側のメリットを考える

未経験の転職者として自分を採用する際、企業側のメリットは何なのかを分かっている人は、転職活動を有利に進めることができます。

  • 前職で得た人脈が転職先の業界でも活かせる
  • チームリーダーとしての経験があり即戦力として働ける
  • 社会人を10年以上経験していることで、初期研修などが必要ない
  • 前職で実績を残しているため、業績アップのための具体的な提案ができる

など、自分が転職先の企業にどのようなメリットをもたらすことができるのかを整理してみましょう。

5.コミュニケーション能力

30歳前半の転職を成功させるには、転職先の企業に馴染むためにも、コミュニケーション能力を高める必要があります。

マネジメント能力が求められる30代前半で転職する場合には、話し下手では不利と言えるでしょう。

ただし、自分が一方的に話しすぎないのも大事なポイントです。
良いコミュニケーションを取るには『傾聴』が基本です。自分3:相手7ぐらいの割合で会話を行い、聞き上手になることも大切です。

話し下手と自認している人は、まず結論を先に話すことを心がけてみましょう。そうすることで、90%の人が話し上手に変身すると言われています。

相手にとってマイナスになることや、自分にとって不利な話は、結論から先に言いにくいものですが、前置きが長々と続くと言い訳にしか聞こえません。

ビジネスシーンだけでなく、普段の会話でも結論から先に話すことを意識することで、スムーズなコミュニケーションがとれるようになります。

6.プレゼン能力

プレゼン能力については、分かりやすく的確に言いたいことを伝えるという点において、コミュニケーション能力と同じです。

ただし、あがり症の人にとっては、クライアントに向けた新商品の説明や、新しい企画を提案するプレゼンテーションに苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか。

30代前半で転職する場合には、即戦力を求められるケースが多いため、プレゼンテーションなどの場での大きな失敗は許されません。

そこで、転職活動を行う前に、前述したコミュニケーション能力やプレゼン能力を高める必要があります。

7.転職の時期を逃さないこと

職種によって募集時期が異なるケースがあります。例えば、デパートなどではお中元やお歳暮シーズンに中途採用したり、旅行会社ではゴールデンウイークに人材を補充したりするケースが多くみられます。

一般的な企業では、3月と9月に募集することが多い傾向にあります。

8.転職サイトに加えて転職エージェントを活用する

30代で未経験業種へ転職する場合は、転職エージェントの活用を強くおすすめします。

なぜなら、転職を考えている30代にとって「今が本当に転職するタイミングなのだろうか?」という悩みはつきものですが、転職エージェントがその悩みに答えてくれるからです。

転職エージェントは、転職者の経歴や実績、年齢や適性などを踏まえて、さまざまなアドバイスをしてくれます。

また転職活動においても、自分に合った転職先を探してくれたり、非公開求人の紹介もしてもらえたりするのが転職エージェントの強みです。

転職エージェントのキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分でも気づいていないポータブルスキルを見つけてもらえることもあります。

自分のアピールポイントがよく分からないという方も、転職エージェントを活用することで転職を有利に進めることができるでしょう。

30代前半の転職活動は「転職エージェント」の活用がおすすめ

30代前半の転職に「転職エージェント」をおすすめする理由は、転職エージェントのキャリアアドバイザーが、求職者のこれまでの経験や実績、スキル、希望する職種などをヒアリングし、それぞれに合った求人情報を提供してくれるからです。

また、転職エージェントを利用することで、ご自身に合った求人情報を効率良く収集できるだけでなく、転職活動のアドバイスや資料作成、面接の練習などのさまざまなサポートを受けることもできます。

30代前半の転職活動では即戦力を求める企業が多いため、転職エージェントを活用して、キャリアアドバイザーの質の高いアドバイスやサポートを受けることが大切です。

また、求職者ご自身のキャリアを見直し、潜在的なスキルや能力を顕在化することにも期待できるでしょう。

転職エージェントは「複数登録」が効果的

転職エージェントを利用する際は、複数の転職エージェントに登録すると効果的です。なぜなら、転職エージェントごとに異なる非公開の求人案件を持っており、それぞれに得意な分野や強みが異なるからです。

そこで以下では、転職エージェントを複数登録するメリットを次の3つに分けて解説します。

  1. より多くの非公開求人に出会える
  2. 相性の良いキャリアアドバイザーが見つかる可能性が高くなる
  3. 各エージェントが得意な領域を使い分けられる

1.より多くの非公開求人に出会える

転職エージェントは、それぞれにWebサイトに掲載していない非公開の求人を保有しています。非公開求人については、一般的に求人を出す企業側が、求人情報を非公開にする理由があるからです。

非公開求人を出す理由には、主に次の3つがあります。

  • 早く採用を決めたい
  • 事業戦略に関わるプロジェクトの重要な人材を採用したい
  • 企業の内外に求人を知られたくない

それぞれ解説します。

早く採用を決めたい

企業が非公開の求人を出す理由の1つ目は、企業が早く採用を決めたい場合です。

⼈気の企業や職種の求人を行う場合、求⼈募集を一般公開することで応募が殺到してしまい、人選に多大な時間がかかる可能性があります。そこで急いで社員の補充を⾏いたい企業は、転職エージェントに人材の絞り込みを依頼し、早いだけでなく、ミスマッチのリスクの低い採用活動を実施するのです。

そのため、仕事の経験豊富な転職人材は、非公開求人を紹介してもらえる確率が高くなるでしょう。

事業戦略に関わるプロジェクトの重要な人材を採用したい

企業は、競合他社に漏らしたくない極秘プロジェクトや、事業戦略に関わる重要な案件を進める際に、新たな人材を採用するケースがあります。

このような場合に、採用情報を公開して求人を行うことで、外部にプロジェクトの内容を予測されるリスクが生じます。

そこで求人情報を非公開にして、転職エージェントに高いスキルを持つ、経験豊富な人材を直接マッチングしてもらうのです。

このような仕事を紹介してもらえれば、転職先の企業でも比較的重要なポストを任される可能性が高くなるでしょう。

企業の内外に求人を知られたくない

企業が求人募集を行う際に、自社の内外に知られたくないケースもあります。
例えば、社外から役員を採用したいときや、早期退職者を募集している企業が新規採用の求人を行う場合などです。

このような企業においては、既存の社員だけではなく、社内外のステークホルダーに知られないように求人を行います。

このようなケースでは、企業が特定の転職エージェントに絞って求人募集を出すケースが多いため、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

2.相性の良いキャリアアドバイザーが見つかる可能性が高くなる

転職エージェントを通じた転職活動を行う上で、キャリアアドバイザーとの相性は非常に重要な要素です。

転職エージェントによる求職者側向けの仕事は、転職に関する要望を正しく理解した上で、適切な内容の求人を必要数だけ提案し、内定獲得に向けてサポートを行い、内定後は主に年収などといった各種条件の調整を行うなど多岐にわたります。

こういった一つ一つの工程において、ミスなどが発生しないようにしてもらうだけでなく、ストレス低く行ってもらうためにもエージェントとの相性が重要になります。

エージェントとの相性が合わないと感じた場合、エージェントを交代してもらうことは可能ですが、複数の転職エージェントに登録してある場合、その間も転職活動が止まらずに進行できる上に、複数のキャリアアドバイザーを比較することができます。

3.各エージェントが得意な領域を使い分けられる

転職エージェントは、それぞれに得意な領域が異なるのが一般的ですが、「総合型転職エージェント」と「特化型転職エージェント」に分けることができます。

総合型転職エージェントは、幅広い職種を対象に業界や職種に関わらず転職サポートを行ます。
特化型転職エージェントは、ITや営業、エンジニアなどといった特定の業種や職種に特化したエージェントです。

エージェントの特定領域への精通度合いと選択肢の幅広さなどにも特徴が表れやすいですが、両種のエージェントを利用することで転職活動の効率化を図れます。

【未経験でもOK】30代前半の転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

未経験でも利用可能な、30代前半の方におすすめの転職エージェントを4つ紹介します。キャリアアップやキャリアチェンジでお悩みの方は活用してみてください。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

言わずと知れた業界大手マイナビエージェント

このエージェントが持つ非公開求人の数は、他のエージェントと比べても頭一つ抜けています。その実績から、様々な業界への転職志願者を成功に導くことができるため、どのような方であってもひとまず登録を済ませておきたいエージェントになります。

20代〜30代の層に人気が高く、アドバイザーの対応、転職後のサポートもあるので、転職エージェントの利用が初めてなら安心があります。

type転職エージェント

type転職エージェント

転職サイト「type」のエージェントシステムである『type転職エージェント』。1都3県での実績に強みを持っていることが特徴です。

また、年収交渉にも長けており、「30代で年収を落とさず転職したい!」というクリティカルな悩みに対して、最後まで向き合ってくれるでしょう。

doda

doda

テレビCMを目にする機会も多い『doda』。紹介している求人が多いことはもちろん、サービスが非常に充実しています。

キャリアアドバイザーの他にそれぞれの企業の採用計画や、求める人物像に精通した採用プロジェクト担当が必ず1人ついてくれるので、未経験業種への転職にともなう不安を解消してくれるはずです。

 

Green

Green

IT・Web業界の求人に強く、未経験可の求人を数多く掲載しているGreen』。

条件検索では、未経験OKの求人のみ検索することもできるのでIT・Web業界への転職を考えている人におすすめです。

 

30代の転職はライフプランの見直しに良い時期

30歳を過ぎてからの転職にあたっては、ライフプランを立てておくことも大切です。30歳ともなると、パートナーや子供がいる人も少なくないと思います。

家族が生活していくのに必要な生活費や節目のイベントにかかる費用、車や住宅などを購入する費用、子どもの教育費用、老後の費用などについても考えてみましょう。

転職先がある程度条件を満たしていないと、何度も転職を繰り返さざるを得なくなります。しかも転職が収入アップにつながるとは限りません。

そこで、以下の点に注意して、転職するかどうかを考えることが大切です。

人生の3大資金は住宅・教育・老後の資金

『住宅資金・教育資金・老後の生活資金』が、人生における3大資金と言われています。

一人世帯が増えたこともあり、ライフプランの内容は人それぞれですが、転職をきっかけに大まかにイメージしておくことで、転職後に後悔せずにすみます。

未来は予定通りには進みませんが、転職はまさに人生の転機です。この機会に自分の立ち位置を確認しておくことで、間違った転職をせずに済むでしょう。

老後の姿までイメージする

将来をイメージすることで、転職後はどのようなスキルを身につけるのか、再び転職をくり返すのか、定年まで勤めるのか、といった方針を決めることができます。プライベートでも、結婚や子育て、両親の老後の対応などが必要な場合も出てきます。

金融庁が提供している『ライフプランシミュレーション』は、日本FP協会の了解を得て同協会の「ライフプラン診断」を参考に作成されたものです。

12の質問に答えるだけで、将来の家計を診断できるツールになっています。無料ですのでぜひご活用ください。

スキルを身につければ、市場価値が上がる

今回が初めての転職だったとしても、そこで専門的なスキルを身につけ、希少な存在になれば転職に困ることはありませんし、もしかしたら自分で起業することも不可能ではないでしょう。

他にはない、希少なスキルの持ち主となれば、他所の会社からヘッドハンティングされるかもしれません。企業での経験や成績は、他の会社で高く評価されることも珍しいことではありません。また、自分の市場価値は、自ら判断できません。

そこで転職エージェントを活用し、自分のキャリアや市場価値をプロ目線で判断してもらい、適切な転職活動を行うことが重要です。

\ 今すぐ転職しなくてもOK /
簡単な質問に答えて、現在の
あなたの市場価値がわかる

 

おすすめ度 ★5

 

ミイダス
無料診断する >
  • 7万人の転職データから市場価値(年収)を算出
  • 向いている仕事、ストレス耐性なども分析
  • 登録なし、所要時間5分でOK!

 

おすすめ度 ★4.8

 

ビズリーチ
無料診断する >
  • 質問に答えるだけで自動で職務経歴書を作成可能!
  • 登録後にスカウトを受け取ることで、今の転職市場価値がわかる
  • ハイクラス管理職やエグゼクティブに特化

 

30代前半の転職でよくある質問【Q&A】

30代前半の転職には資格があった方が有利?

30代前半の転職では、資格が必ず必要とは限りません。採用条件に必要な資格が明記されていない場合には、資格よりも経験やスキルを重視する傾向にあると言えるでしょう。

そのため、しっかりと自己アピールできるように、自分のキャリアや強みを整理しておくことが重要です。

30代前半で転職したら年収が下がる?

30代前半の転職では、前職よりも収入が下がるケースがあります。ただ、逆に収入がアップすることもあります。そこで、もし収入をアップさせるために転職する場合には、ご自分のキャリアや資格などを活かせる転職先を探すことが大切です。

現在は、ハイクラス転職をメインとして扱う転職エージェントもあるため、転職理由をエージェントに相談することで、収入への不安を解消できる可能性があります。

30代前半の転職で多い職種は?

30代前半の転職で多い職種は多岐に渡ります。経験豊富な方は、リーダーシップを発揮できる管理職などへ転職する、いわゆるハイクラス転職も可能です。

また、営業職や介護職など、常に人材不足が問題となっている職種にも、多くの方が転職されています。

30代前半の転職で困ることは?

30代前半の転職で困ることは、転職者のスキルやキャリアによって大きく異なります。30代前半で経験豊富な人材には、多数の転職先の選択肢があるため、ご自分に最適な企業を選ぶのに困る方もおられます。

一方で、スキルや職務経験が少ない方の場合には、転職先の職種や企業に合わせたスキルアップが必要となるでしょう。

また、30代前半のビジネスパーソンには、仕事のスキルだけではなく、ビジネスマナーなどにも高いレべルが求められるケースがあります。

そこで転職エージェントに相談して、ご自分の強みを最大限に活かせる職種への転職をお勧めします。

30代前半の転職は働きながらでも可能?

働きながら転職活動をする場合には、転職エージェントの活用がおすすめです。

なぜなら、転職エージェントがあなたにおすすめの転職先を探し、提出書類の作成をサポートしたり、面談の調整など代行してくれるからです。

一般的に一人で転職活動を行う場合は、働きながら並行するのが難しいケースが多いため、転職先の選択肢が狭くなる可能性があります。

もし働きながら転職活動を行う場合は、ぜひ転職エージェントに相談しましょう。転職エージェントを利用すれば、平日だけでなく、休日を有効に活用しながらの転職活動も可能です。

30代前半の転職|まとめ

前職とまったく違う分野に転職する場合、30歳は、残念ながら20代と比べて不利となるケースも少なくありません。

なぜなら、歳を重ねるごとに転職先が求めるスキルが高くなり、異業種に転職するのが難しくなってくるからです。できることなら慣れた仕事に転職し、転職先にスムーズにとけ込むのがおすすめです。

30代前半なら、未経験業種への転職も間に合いますが、自分の能力やポータブルスキルをしっかりと見極めなければ、失敗する可能性が高くなってしまいます。

未経験転職者をサポートしてくれる転職エージェントを利用しながら、効率よく転職活動を進めていきましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。