31歳の転職は厳しい?資格なし・スキルなしから未経験職種へ転職を成功させるポイント

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

今後のキャリアや収入を考えると、やっぱ転職なのかな……

転職はしたいけど30歳も超えてるし、もう厳しいのかな……

31歳になると、上記のように今後のキャリアや給与アップを考えて、転職をしようか悩むものの、遅すぎやしないかと不安に思う方もいるでしょう。中には未経験の職種にチャレンジしたいと考えている人もいるでしょう。

確かに、20代前半の頃と転職で取るべきスタンスや方法は変わります。しかし、実際には31歳は転職を有利に進めやすい年代でもあると言えます。なぜなら、若さとスキルの両方を強みにすることができるためです。

31歳であれば、転職を成功させている人は多いです。

実際に、総務省の調査によると25~34歳の方の2022年の転職者比率は男性で6.0%、女性で7.7%全体平均6.8%です。

しっかりと転職準備をおこなえば未経験の職種への転職や年収アップを実現することは充分可能でしょう。

しかし、30歳を超えると以下のような要因で転職に踏み切れず躊躇してしまうかもしれません。

  • 転職が難しいイメージが定着している
  • 仕事が忙しく転職活動に時間を割けない
  • 実際に転職活動をしているが年齢の壁を感じている
  • 転職の進め方がわからないで止まってしまっている

上記のような状態の方に向けて、本記事では31歳ならではの強みを活かして転職に成功するためのポイントを解説します。

【参考】
総務省統計局「労働力調査(詳細集計) 2022年(令和4年)平均結果」 
e-Stat「人口動態調査 人口動態統計 確定数 出生」

関連記事:30代転職エージェントおすすめ比較ランキング|女性・未経験・フリーター向けの選び方

目次

31歳の転職事情|未経験職種への転職は厳しい?

実は31歳を含む30代前半で転職を成功させている人は多くいます。

そのため31歳での転職が厳しいということはなく、未経験転職にも積極的にチャレンジしてもよい年齢といえます。

データで見る31歳の転職事情

2021年のデータでは転職成功者の平均年齢は全体で31.7歳となっており、31歳であればまだ転職は十分にしやすい年齢と考えることができます。

年代別転職のポイントも解説! コロナでどう変わった? 転職成功者の平均年齢調査【最新版】|doda

引用元:年代別転職のポイントも解説! コロナでどう変わった? 転職成功者の平均年齢調査【最新版】|doda

男性の平均が32.5歳、女性の平均が29.9歳となっており、31歳はまだ転職適齢期ととらえることができます。

女性の方が平均年齢は低い傾向がありますが、出産や結婚によって20代で転職する割合が高いことが想定されるため、極端に31歳の女性が転職しにくいとは判断しづらいでしょう。

また、30代前半は年代別で見た転職成功者数において、25歳~29歳の世代に次いで高い割合となっています。

転職サイト「doda」が調査した転職者データによると、2021年の転職成功者のうち30~34歳の割合は23.3%となっています。

年代別転職のポイントも解説! コロナでどう変わった? 転職成功者の平均年齢調査【最新版】|DODA

引用元:年代別転職のポイントも解説! コロナでどう変わった? 転職成功者の平均年齢調査【最新版】|doda

30歳を過ぎると即戦力としての実績が求められることもあり、転職成功率が徐々に下がっていることも分かります。

しかし、30代前半であれば即戦力としての能力だけでなく今後の成長も期待されやすいため、30代後半よりも転職のタイミングとしては適しているといえるでしょう。

関連記事:女性が31歳で転職するのは厳しいって本当?30代で転職を成功させる方法とは

実際、31歳は転職の「年齢の壁」を感じているのか

キャリアチェンジを図るのであれば、30代前半の内に行動しておくことをおすすめします。

なぜなら、30代の転職には「年齢の壁」があると言われている背景があるからです。

年齢の壁というのは、年齢が高くなると企業が採用するのを敬遠するため、転職活動が不利になってしまうという言説です。

近年では、年齢の壁はなくなったとも、いまだにあるとも言われており、はっきりとした定説はないようです。

そこで、実際に年齢の壁があるのかはさておき、転職活動を行った人は年齢の壁はあると感じているのかに注目してみましょう。

以下のマイナビキャリアリサーチLabによる転職時の年齢の壁についての調査結果(2022年5月)を見ると、転職時の年齢の壁があると感じる人は30代後半になった途端、急激に増えていることがわかります。

マイナビキャリアリサーチLab「転職時の『年齢の壁』はなくなったのか~20-30代と40代、50代の違いは?~」
引用:マイナビキャリアリサーチLab「転職時の『年齢の壁』はなくなったのか~20-30代と40代、50代の違いは?~」

30代前半は、20代全体と比較しても年齢の壁を明確に感じるどころか、若干減ってさえいます。「どちらかというと感じた」層を合わせても1.2倍程度に留まります。

しかし、30代後半になると、転職時に年齢の壁があると明確に壁を「感じた」人は、途端に30代前半の約1.5倍にまで増えていることがわかります。「どちらかというと感じた」層を合わせると、30代後半では30代前半の1.2倍弱、20代後半の1.4倍強、20代前半の1.6倍弱にまで増えています。

以上の結果から考えると、31歳の方は転職活動をする際に、年齢が原因で不利になることはあまり心配する必要ないと考えられるでしょう。

とはいえ、有利に転職活動を進めたい方にとっての好機は、30代前半で終盤に差し掛かっているとも言えるかもしれないため、入念な準備を行ってなるべく早く動くことが重要でしょう。

関連記事:30代前半の転職経験者が語る|30代前半ならでは転職成功ポイント

31歳の方が転職を検討する理由

30歳~34歳の人が転職を検討する理由について、厚生労働省の調査データ(※)によると以下の理由によって転職を考える人が多いようです。

  • 職場の人間関係が好ましくなかった
  • 給与が少なかった
  • 仕事内容に興味を持てなかった
  • 労働条件が悪かった
  • 会社の将来が不安だった

31歳の男女ともに転職理由として多かったのは「職場の人間関係が好ましくなかった」という理由です。

31歳ではさまざまな上司や同僚とかかわることが多くなることで、人間関係の悩みも発生しやすくなるという背景があるようです。

また「給与」「労働条件」といった待遇や、「仕事内容」「会社の将来」といった将来の働き方について考える年齢となるため、31歳のタイミングでキャリアチェンジをしたい人が増加するといえるでしょう。

【参照】厚生労働省「令和2年雇用動向調査  転職入職者の状況」

31歳からの未経験転職が難しいと言われる理由

31歳の未経験職種や異業種への難しいとされる理由は主に以下が想定されます。

  • 20代と比較して求人数が少ないため
  • 未経験転職へ挑戦する理由が重要視されるため
  • 即戦力採用が多くなるため実績や経験が評価されるため

転職成功率が高いとはいえ、31歳は20代と比較すると求人数が少なくなってしまいます。

「育成しやすい人材がほしい」「より長く企業で働いてもらいたい」といったニーズが企業側にあることが考えられるためです。人気の企業や職種は競争率が激しい可能性があるため注意しましょう。

31歳は実績や経験、スキルなどが評価されます。そのため、未経験転職でアピールできる実績やスキルがない場合は採用につながりにくくなる可能性があります。

30代になって未経験職種に転職する理由を企業が気にする可能性も高く、明確な転職理由を用意しておくことも重要です。

これらの理由から「31歳の未経験転職は難しい」と思われがちです。しかし、転職のポイントやコツを押さえておくことで31歳でも未経験転職を成功させている人は多くいます。

関連記事:30代未経験での転職は厳しい?手遅れ?おすすめの業界や転職エージェントを解説

31歳は未経験職種への転職も可能

31歳でも未経験職種・異業種への転職は可能です。

マイナビの調査データ(※)によると、未経験職種への転職率は30代男性で38%、30代女性で36.7%となっており、およそ3人に1人は異職種への転職を成功させています。

異業種への転職に関しては、30代男性の異業種転職率が46.9%、30代女性の異業種転職率は53.7%となっています。転職前の職種別で見ると、「企画・経理・管理・事務」の職種で仕事をしている人は、異業種への転職が多くなっています。

業種が変わっても活かせるスキルがある職種は、希望の業種に転職できる可能性が高いです。

【参照】転職動向調査 2021年版|マイナビ

関連記事:転職したいけどスキルがない30代は手遅れ?未経験におすすめな仕事も解説

31歳で転職するメリット

次に31歳で転職するメリットについて考えていきましょう。

31歳は即戦力として活躍を期待されたり、過去の経験をもとにして自分に合った企業選びができたりといったメリットがあります。それぞれについて解説していきます。

即戦力として活躍を期待してもらえる

1つ目のメリットは「即戦力としての活躍を期待される」ことです。

31歳は大卒であれば10年以上の社会人経験があり、入社後すぐに過去の経験やスキルを活かして活躍することを見込んでの採用が多くなるためです。

同職種への転職の場合は、特にスキルを活かした活躍が期待されます。未経験職種への転職の場合は、職種が変わっても活かすことのできる事務処理やマネジメントの経験やスキルをアピールするとよいでしょう。

実績を評価されて属戦力採用されることで年収アップも期待できます。そのため、転職活動前に自己分析をおこない、自身の強みやアピールポイントについて整理しておくことをおすすめします。

30代後半よりも転職がしやすい

2つ目のメリットは「30代後半よりも転職がしやすい」ことです。

前述のように30代後半や40代になると求人数が減少したり、能力やスキルがより重要視されたりすることで、転職率が下がっていく傾向があります。

そのため20代後半から30代前半は転職適齢期と考えることができ、未経験職種への転職を考えている人は良いタイミングと言えるでしょう。

「あと数年今の会社で経験と積んでおきたい」といった考え方もありますが、転職したい業界や企業が定まっているのであれば、早めの転職がおすすめです。

経験を活かした転職活動ができる

3つ目は「経験を活かした転職活動ができる」ことです。

新卒のときと違い、社会人経験が蓄積されることで自分に合っている業務や本当やりたい仕事内容が明確になってきます。そのため「入社後に仕事内容が合わなかった」などのミスマッチを防ぎやすくなります。

企業側から見ても、キャリアプランが明確な人材を採用する方が転職後のイメージをしやすいため、31歳での転職には自身の経験を活かせる職場を選択するとよいでしょう。

31歳の未経験転職に必要なスキルや資格は?

31歳の未経験転職では、新しい環境でもすぐに活用できるスキルや資格があると採用されやすくなります。

現職と同じ職種に転職をする場合は一定の経験やスキルが評価され、即戦力として採用されるケースもあります。

しかし未経験職種の場合は、前職での専門的なスキルではなく、ポータブルスキルを参考にした汎用的なスキルやマネジメント経験があると有利と言えます。

特に30代は後輩や部下のマネジメントを任されることが多くなるでしょう。過去にマネジメントに携わった経験がある人は、具体的にどのような取り組みをおこなっていたかをまとめておくとよいでしょう。

直接的なマネジメント経験がない人は、新人研修などでおこなった業務や主体的におこなったプロジェクトの内容などをアピールすると評価につながる可能性があります。

関連記事:30代転職におすすめの資格14選!有利になる資格の選び方を紹介

31歳で未経験転職を成功させるポイント

31歳で未経験転職を成功させるためには、重要となるポイントやコツを押さえておくことが大切です。

31歳で未経験転職の成功率を高めるポイントは以下になります。

  • 転職したい理由を明確にする
  • 転職先の条件を絞りすぎない
  • 自分の強みやスキルを整理しておく
  • 転職理由を前向きに伝える
  • 転職活動は在職中におこなう
  • 転職エージェントを活用する

転職したい理由を明確にする

1つ目のポイントは「転職理由を明確にする」ことです。

漠然とした理由や勢いだけで転職を決めてしまうと、転職先でも同じような状況になり仕事が長続きしない、といったことになりかねないためです。

また、30代の転職では求められるスキルや実績が増えていきます。今後のキャリアプランをふまえて、長く活躍できる業界や職種を選択することも重要です。自分の強みや目標を一度見直してみることで、将来につながる転職活動をおこなうことができます。

31歳で転職に失敗してしまうと、次の転職活動が30代後半になる可能性があります。20代とは違い、転職回数が増えると採用されづらくなってしまうことも考えられますので、転職理由やキャリアプランは明確にまとめておきましょう。

転職先の条件を絞りすぎない

2つ目のポイントは「転職先の条件を絞りすぎない」ことです。

転職先に多くを求めすぎてしまうと、条件に合った求人数が少なくなり、本当に良い転職先を見落としてしまう可能性があるためです。

そこで条件の妥協点を定めておき、「ここだけは譲れない」といった転職の軸を明確にしておくとよいでしょう。年収や勤務地、仕事内容などの最も重要視したい項目を決めておくと、転職に成功しやすくなるはずです。

自分の強みやスキルを整理しておく

3つ目のポイントは「自分の強みやスキルを整理しておく」ことです。

31歳の転職活動ではアピールできる実績や経験が重要となるため、仕事に活かせる強みやスキルを伝えることが重要となるためです。

そのために必要となるのが「自己分析」です。

自己分析とは、仕事上の経験や転職目的だけでなく、過去の経験から自分の得意なことや苦手なこと、将来の目標など自分自身のキャリアにつながる要素を分析していくことです。

自己分析をおこなうことで本当に自分に向いている職種や仕事内容が明確になるため、企業にアピールするべきポイントが見えてくるでしょう。

強みやスキルを整理したら、どのように採用担当者にアピールするのかを決めていきましょう。自己分析やアピールの仕方が分からない人は、転職エージェントなどの転職サービスを活用するのも一つの方法です。

転職理由を前向きに伝える

4つ目のポイントは「転職理由を前向きに伝える」ことです。

前職の退職理由がネガティブな理由である人も多いはずですが、企業側からの印象を良くするためには、ポジティブな転職理由に落とし込んでいくことが重要となるからです。

ネガティブな転職理由をそのまま伝えてしまった場合、転職先の企業から「また同じ理由で辞めるのではないか」と早期離職を懸念されてしまうリスクもあります。

ポジティブな転職理由の例としては、「前職の経験を活かして活躍していきたい」「前職で働く中で本当にやりたい仕事が見つかった」などのやる気や意欲が感じられる内容が考えられます。

前述した30歳~34歳の退職理由で最も多かった「職場の人間関係が好ましくなかった」という理由についても、「チームで協力し合って成果が出せる環境に身をおきたい」といった理由に変換することで、採用担当者からの印象アップにつながる可能性があります。

転職活動は在職中におこなう

5つ目のポイントは「転職活動を在職中におこなう」ことです。

時間の余裕などを考えて退職後に集中して転職活動をおこなった方がよいと思う人もいるかもしれません。しかし転職活動がどのくらいで終わるのかが明確でないため、転職先が決まってから退職手続きをした方が安心です。

「現在の職場にいるのがつらい」などの理由から早急に会社を辞めてしまう人もいますが、転職活動が長期戦となった場合に気持ちや金銭面で余裕がなくなってしまう可能性もあります。また、離職期間が長引くことで転職に不利になることもありますので注意が必要です。

転職先の企業が退職にかかる期間を考慮して入社日を設定してくれることも多いため、転職活動を在職中に終わらせておくとスムーズに転職することができるでしょう。

関連記事:働きながらの転職は難しい?辞めてから転職すべきか徹底検証

転職エージェントを活用する

6つ目のポイントは「転職エージェントを活用する」ことです。

転職活動をより効率的におこないたいのであれば、転職エージェントを利用するのがよいでしょう。自分の担当者に現職の状況や希望条件などを詳細に伝えておき、マッチした企業を紹介してもらうことができます。

履歴書の書き方や面談時のアドバイス、自己分析や適職診断などで、転職活動をより有利に進めることもできます。

さらに、転職エージェントでは、一般には公開されていない非公開求人を多く持っているところもあるので、よりよい企業への転職を希望するなら、転職エージェントは最適です。

31歳で未経験職を目指す方におすすめの転職エージェント

31歳で未経験転職を目指すのであれば、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントの選び方について考えたことはあるでしょうか。とりあえず検索上位サイトで評判が良いエージェントやCMなどで有名なエージェントに登録するという人も多いはずです。

しかし、転職エージェントには各社それぞれ異なった特徴や強み、特化している業界などがあります。例えば「求人数が多い」「30代の転職に強い」などです。そのため転職希望者の状況や希望に合った転職エージェントを探すことで、転職先からの内定に近づけることができるでしょう。

この項目では、おすすめの転職エージェントを紹介しますので、参考にしてみてください。

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • 30代の転職後平均年収840万円
  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • あなたの職歴に興味を持った企業からスカウトが直接届く

ビズリーチを利用した30代の転職後平均年収は840万円と、社会人として経験を積んでスキルを身につけているミドル層・ハイクラス層が年収アップを実現させています。

ビズリーチを使って転職したユーザーの8割が30歳以上と、今よりも年収アップ・キャリアアップを考えて転職活動している30代の方にピッタリの転職エージェントです。

こんな方におすすめ
  • 転職するか迷っている方
  • 現職の待遇や年収に不満がある方
  • 自分の市場価値を知りたい方
ビズリーチの詳細情報
サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数120,911件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
ビズリーチの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
 質の高い求人が紹介された

ビズリーチはハイクラス転職で有名だったので利用しました。ダイレクトメールがとにかく多かったのは手間に感じましたが、紹介される求人はハイクラスなものばかりだったので、イメージ通り質はとても高かったです。

 転職活動の視野が広がった

長年働いた会社の事業撤退により転職を決め、CMなどでもよく目にしていたビズリーチに登録をしてみました。自分のスキル・業種を活かせる仕事につきたいと重い仕事を探していたのですが、エージェントに依頼することで固定概念が取り払われ、自分に自信がなかったのですが、お話をさせていただくことで、自分の強みを活かした転職活動をすることができました。

担当者のレスポンスが遅かった

30代後半になり、年収を上げたいと考えビズリーチを利用しました。担当のエージェントの方によってレスポンスが早かったり遅いどころか返事すらなかったりなど、結構人によって対応が違っていたので、その点は気になりました。


関連記事:ビズリーチの評判・口コミまとめ|利用の流れや活用のコツを紹介

【アンケート概要】
調査期間:2023年4月13日~2023年4月27日
調査対象者:ビズリーチ利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 大手から優良企業の独占非公開求人が豊富
  • 各業界の専任キャリアアドバイザーがサポート
  • 求人票では分からない情報を熟知した書類・面接対策を受けられる

マイナビエージェントは、はじめて転職する30代の方におすすめの転職エージェントです。

30代の転職支援実績が豊富なため、30代や40代以降のキャリアの相談をしたい方にもおすすめです。

こんな方におすすめ
  • 初めて転職活動をする方
  • ワークライフバランスを改善したい方
  • 年収アップしたい方
マイナビエージェントの詳細情報
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数59,356件
非公開求人数13,124件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年6月3日時点
マイナビエージェントの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
面接対策のサポートしてくれて助かった

現在の仕事より収入を増やし、少し良い暮らしたいという願望が強くなった時にマイナビエージェントに転職のお手伝いをしていただきました。 とても親切に履歴書や職務経歴書の添削、面接時のアドバイスまでしてくれ助かりました。

幅広い業界・職種を見ている方におすすめ

希望する職種への転職&年収アップの為利用しました。利用した感想としては、担当のエージェント次第ではあるがサポートは手厚かったと感じています。大手なので手広く求人を紹介してくれましたが、進みたい職種や業界が明確に決まっている場合、それら専用のエージェントサイトを使用した方が転職しやすいと感じました。マイナビエージェントは業界&職種を幅広く見ていて、自分の進みたい道を模索している人にはオススメです。

 希望とは関係ない求人メールが届く

キャリアアップをしたくてマイナビエージェントを利用しましたが、担当の方は親身な対応でレスポンスも早くて助かりました。しかし、とにかく希望とは違う職種のメールが沢山届いたので、結構ストレスに感じる事は多かったです。


関連記事:マイナビエージェントの評判はひどい?口コミや利用におすすめな人を解説

【アンケート概要】
調査期間:2024年3月26日
調査対象者:マイナビエージェント利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • リクルートエージェントにしかない非公開求人が多数
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
  • ベンチャーから大手まで幅広い求人を保有

転職エージェントとして30年以上のサポート実績があるリクルートエージェントには、あらゆる業界・職種の求人を取り揃えています。

各業界や職種に精通したコンサルタントが30代の転職を成功させるためのノウハウを惜しみなく提供してくれるため、今までの経験は活かしてキャリアの幅を広げたい方はリクルートエージェントにひとまず相談してみましょう。

こんな方におすすめ
  • 平日仕事が忙しくて転職活動ができない方
  • 年収アップしたい方・キャリアアップしたい方
  • 初めて転職活動をする方
リクルートエージェントの詳細情報
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数404,816件
非公開求人数353,203件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
リクルートエージェントの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
サイトが使いやすい

私はリクルートエージェントを使って転職活動を開始しました。サイトの使い勝手は良く、求人情報も充実していました。

丁寧にサポートしてくれた

37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。自分に転職の勇気がない為、無事転職とはいきませんでしたが、とても良い印象が強いです。

 自分に合う求人が見つからなかった

キャリアアップを狙ってリクルートエージェントに登録しました。しかし、30代としてキャリアアップに繋がる求人は少なかったですし、未経験など若い世代の方向けの求人ばかりだったので、自分には合わなかったです。


関連記事:【独自調査】リクルートエージェントの評判はひどい?口コミから実情を調査

【アンケート概要】
調査期間:2023年4月13日~2023年4月27日
調査対象者:リクルートエージェント利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

31歳で未経験転職に挑戦する際の注意点

最後に31歳の未経験転職において注意すべき点について解説します。未経験転職は成功すると自身のキャリアアップにつながりますが、進め方を間違えるとデメリットにもなりかねません。

以下のポイントを理解し、転職に失敗しないよう注意しましょう。

年収が下がる可能性がある

未経験での転職は年収が下がる可能性があります。

実績が少ない31歳は市場価値が高いとは言えず、最初の評価が新卒社員と同等になることも少なくないため、現職でもらっている給与よりも少なくなるケースは考慮しておきましょう。

また、大手企業から中小企業やベンチャー企業に転職する場合も注意が必要です。大幅に給料が下がってしまったり、福利厚生などの面でも大きく環境が変わってしまうこともあります。

もちろん転職先で活躍して評価が上がることで年収アップにつながる人も多くいますので、給与をモチベーションに働くのもよいです。未経験転職の場合は一旦年収が下がるということを理解したうえで検討するとよいでしょう。

退職の手続きは計画的に進める

退職に向けた手続きは計画的にスケジュールを組んで進めていきましょう。

退職を申し出る場合は、就業規則に記載されている退職に必要な期間を確認しておきましょう。その際に引継ぎや有給消化などをふまえて、退職までのスケジュールを組むようにしてください。

転職先へ入社予定日を伝える必要がありますので、退社日などについても明確に現職の企業に確認しておくことも重要です。

事前に家族に理解してもらう

家族や子供がいる人は、転職によって家庭に影響が出る可能性があります。年収ダウンや勤務地の変更、生活スタイルの変化などについて事前に理解してもらうようにしましょう。

大手企業から中小企業やベンチャー企業に転職をする場合、ローンの審査などに影響する可能性もあります。

近いうちに住宅や車など高額な買い物を考えている人は転職のタイミングを考えるべきです。家族のライフプランを崩してしまうリスクもあるため、リスクについてよく調べた上で家族に相談するようにしてください。

転職回数が多くなると不利になる

転職回数が多くなると次回の転職の際などに不利になる可能性があります。未経験転職の場合は、働いてみないとわからないことも多いはずですが、入社後のミスマッチが起こらないように事前の調査が必要となります。

20代のうちはあまり意識しないかもしれませんが、30代になると転職回数の多さが懸念されやすくなります。特化したスキルや資格をもっていない場合は、なおさら転職に不利になってしまうこともあるでしょう。

すでに複数回転職を繰り返している人は、企業側が納得できる転職理由を用意しておくことが重要です。転職回数が多くても理由によっては理解してもらえることがあります。理由について不安な人は、転職エージェントなどに相談するのも一つの方法です。

学歴によって応募できる求人が制限される

高卒や大卒などの学歴によって、応募できる求人が制限される可能性があります。

もちろん高卒の人の方が社会人歴が長く優遇される企業もありますが、高卒や既卒がNGの企業も少なからずありますので求人情報はよく見ておくことが大切です。

まとめ|31歳資格なし・スキルなしから未経験職種への転職は厳しい?

31歳で未経験職への転職を成功させるためには、お伝えした以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 転職したい理由を明確にする
  • 自分の強みやスキルを整理しておく
  • 転職理由を前向きに伝える
  • 転職活動は在職中におこなう
  • 転職エージェントを活用する

31歳でスムーズな転職を目指すのであれば、転職エージェントなどの転職サービスの利用をおすすめします。

30代での転職は職務経歴書の書き方や自己分析、面接対策などの準備をするだけで転職成功率がアップするためです。キャリアアドバイザーが転職に関するアドバイスや書類添削などの転職ノウハウを教えてくれるため、不安や疑問点も相談しやすいでしょう。

なお、転職エージェントはたくさんあり、それぞれで特徴や強みが異なります。31歳での転職なら、この記事で紹介した転職エージェントを利用するのがおすすめです。

30代後半になると転職の難易度が上がるため、30代前半のタイミングはチャレンジできる残り少ないタイミングです。いつか後悔することがないよう、全力で転職活動に臨みましょう。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。