転職したいけどスキルがない30代は手遅れ?未経験におすすめな仕事も解説!

転職ノウハウ
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

30代で「転職したい」と思っているけれど、スキルがないことやキャリア不足に悩んで一歩を踏み出せない方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、30代でスキルがない場合でも転職は可能です。ただし戦略を練ったうえで臨む必要がありますので、ぜひ本記事を参考にしてください。

しかし、自分ではスキルがないと思っていても、実は他社では重宝するスキルが身についていて、転職できるケースは少なくありません。

転職市場における自分の市場価値を客観的に理解することは簡単でありません。転職したいけどスキルがないと思っている30代におすすめなのが、利用者の8割が自分の市場価値を測るために利用しているビズリーチ」です。

今すぐ転職する予定のない方もまずはレジュメ登録をして、自分が転職できるのか確かめてみてください。

この記事の監修者
岡 佳伸氏
岡 佳伸氏キャリアコンサルタント
国家資格2級「キャリアコンサルティング技能士」として、多くの人のキャリアを支援。厚生労働事務官、ハローワーク勤務を経て、社会保険労務士として開業。

関連記事:30代転職エージェントおすすめ比較ランキング|女性・未経験・フリーター向けの選び方

目次

転職したいけどスキルがない30代はすぐにでも転職活動を始めよう!

まず初めに、転職したいけどスキルがないと悩む30代の方はすぐにでも転職活動を開始すべきです。

転職市場ではスキルやキャリアはもちろんですが、年齢も大きな判断基準になります。「いつか転職する」「40代からでも遅くない」と考えていると、手遅れになってしまう可能性もあるでしょう。

この章では、30代の転職の実情やスキルがないと悩む方向けの転職活動の進め方を解説します。

転職市場で「30代」はシビアな年齢になる

まず転職市場においては、年齢が一つの判断基準になります。

20代であれば成長を見込んだポテンシャル採用も頻繁に実施されますが、30代に突入するとシビアな状況になることを認識しておく必要があるでしょう。

転職市場では新卒と異なり、常に既存の社員や他の応募者と比較しながら進められます。特にポテンシャル採用が見込みにくい30代の場合は、将来性のある若手社員や、経験やスキルを豊富に積んだ中堅社員を相手にしなくてはなりません。

特に年齢を重ねるごとに、転職の難易度が上がってしまうのが実情といえるでしょう。

スキルがない30代後半の転職はさらに厳しくなる

先ほど30代でスキルがない場合の転職は難しいとお伝えしましたが、30代後半になるとさらに厳しくなる傾向があります。

左右にスライドできます
年齢評価理由
30代前半(~34歳)経験・スキルの有無が問われる。
マネジメント経験があると有利になるが、転職は難しい傾向にある。
30代後半(~39歳)経験・スキルに加えてマネジメント経験があることが前提となる。
専門性や実績がないと転職は厳しい傾向に。

ただしスキルがない30代後半の転職は不可能とは限りません。厚生労働省が毎月実施している「職業安定業務統計」によれば、2023年を通した有効求人倍率は「1.31」という結果でした。

有効求人倍率とは?

有効求職者に対する有効求人数の割合を算出した数値であり、倍率が1を上回れば「企業側の人手が不足している」と判断できる。一方で1を下回ると「就職難」とされる。

すなわち転職先が全くないのではなく、企業側が求めている人材をスムーズに確保できていないという状況にあるといえるでしょう。

ゆえにスキルのない30代であっても、適切に戦略を練って臨むことで転職できる可能性はぐっと上がります。

汎用スキルを見つけることが大切

転職市場において経験がものを言うのは事実ですが、必ずしも専門的なスキルだけが評価されるとは限りません。

業務におけるスキルというのは大きく分けて「専門スキル」と「汎用スキル」の二つに分類することが可能です。

スキルの分類
  • 専門スキル(マネジメント力・営業力・資格など)
  • 汎用スキル(コミュニケーション能力・課題解決力など)

30代で転職したいけどスキルがないと悩む方の多くは、上の専門スキルがないことに対して不安を抱えているのではないでしょうか。

しかし社会人経験のある方であれば、業務を通して身についている汎用スキルは見つかるはずです。30代で早めに転職活動を開始すれば、これらのスキルをアピールに利用することも可能になるでしょう。

また自分では目立ったスキルではないと考えていても、第三者から見たら価値のあるスキルである可能性もあります。行き詰まったら一人で抱え込まず、誰かに相談してみるのも良いでしょう。

1分で無料登録!
30代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
公開求人数
14.8万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。

ランスタッド

ランスタッド

4.2
公開求人数
5千件以上
非公開求人数
非公開
年収800~1,500万円のハイクラス派遣求人が見つかる。グローバルに働きたい方・短期や在宅で勤務したい方にもおすすめ。

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
ハイクラス・ミドル領域の転職支援に特化したコンサルタントが徹底サポート。管理職キャリアを目指したい方や成長業界で働きたい方向け。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

ランスタッド

ランスタッド

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・長年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。
・10年勤務した会社から転職先を探すために利用しました。希望に沿った提案をしてもらえました。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。

ランスタッド

ランスタッド

4.2
口コミを読む
・様々な職種の案件がありましたが、軽作業であっても比較的時給が高かったです。
・担当者からタメ口で話されたりなど、馴れ馴れしさは気になりました。

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
口コミを読む
・東京・神奈川など、関東の企業は多数ありました。
・私はマッチングしませんでしたが、安定した企業を探している方はいいのではないかと思います。
2024年5月1日時点

スキルがない30代が転職するリスク

この章では、スキルがない30代が転職する際に押さえておくべき注意点やリスクを解説します。

転職活動中にミスマッチを起こさないよう、前もってしっかり把握しておきましょう。

年収が下がることがある

スキルがない30代の転職では、年収が下がることを念頭に置いておく必要があります。

厚生労働省の調査によると、30代で転職した「3割」が年収が下がっています。

参考:令和3年雇用動向調査結果の概況|厚生労働省

「増加」「変化なし」「減少」それぞれ3割ほどですが、3人に1人は年収が下がる可能性があるといえます。

年収は基本的に「年齢相応のスキルがあるか」といった判断基準をもとに設定されるため、若くて将来性のある20代や経験豊富な同年代のライバルと比べると、年収が下がってしまうケースも少なくないでしょう。

正社員として採用されない可能性がある

スキルがない30代が転職をした場合、これまで正規雇用であったとしても非正規雇用(派遣社員やアルバイト・パート)でしか採用されないリスクもあります。

企業側はどうしてもポテンシャルが見込める20代か、経験やスキルが豊富な社員を採用したいと考えています。スキルのない30代を正規雇用するメリットは、あまり多くないというのが実情でしょう。

さらに企業側からすれば、スキルの高い人材は正規雇用でなくとも業務委託などで契約を結ぶこともできるようになっています。あまりコストをかけずに済ませたいというのも企業側の本音でしょう。

そういった観点からもライバルが多く、非正規雇用で妥協しなければならないケースを懸念しておく必要があります。

上司が年下になるケースがある

スキルがない30代が転職した場合、上司が年下になるケースがあります。

転職先では新入社員ですから実年齢は関係ありません。そのため、上司が年下になるケースも珍しくないのです。

これまでのやり方を守ってきた方にとっては抵抗がある行為かもしれませんが、年下の上司からの指導を素直に受け入れられなければ、仕事はスムーズに進みません。

むしろ新しいことを積極的に学べるチャンスだと捉えて、前向きに業務に取り組むようにしましょう。

スキルがない30代が転職を成功させるコツ

「スキルがなく転職したいけど、どう行動したらいいのかわからない」という方は、以下の方法を参考にしてみてください。

年齢がネックになることを悲観せず、自分にできることから取り組んでいきましょう。

自己分析をもとにスキルを探す

転職に踏み切れずにいる30代の方であれば、過去の経歴や職歴などに自信がなく「スキルがない」と思っている方も多いでしょう。

しかし先述した通り、誰であっても業務を通して身につけたスキルがあるはずです。自分では大したことがないと考えていることであっても、第三者から見れば立派なスキルかもしれません。

些細なことでも構いませんので、まずは自己分析をして業務を通して身につけたスキルや経験を洗い出してみましょう。何も思いつかないという方は、以下の観点から考えてみるのもおすすめです。

自己分析の例
  • なぜ転職したいと思ったのか
  • これまでの職歴でどのような体験をしてきたか(成功・失敗も合わせて振り返る)
  • 自分はどのようなときにモチベーションを感じるのか(逆に苦手だと思う状況は何か)
  • 転職先に求める譲れない条件は何か
  • 自分は10年後にどのような姿になっていたいか

自分のスキルや強みが見つかったら、次はエピソードや実績なども交えて説明できるようにまとめておくのが良いでしょう。最近ではスマホでおこなえる自己分析ツールやアプリなどもあるため、随時活用するのがおすすめです。

未経験でも採用されやすい業種・職種を検討する

30代でスキルがない場合、未経験でも採用されやすい業種・職種を検討してみるのも良いでしょう。

未経験OKということは、特別な資格が必要ないとも言い換えられるからです。

スキルがない30代でも挑戦しやすい職種
  • 営業
  • 販売
  • 事務
  • 介護職

これらの職種はコミュニケーション能力などの汎用スキルは求められる反面で、専門スキルは必要でないことが多いです。かつ人手不足が続いている業界のため、未経験でも積極的に採用をおこなっている傾向にあります。

ただし人手不足ということは、裏を返せば会社によっては激務になる可能性もあります。焦って転職をするとブラック企業に入社してしまう可能性もあるため、本当に自分に必要なスキルが身につくかどうかを考えて求人を選ぶようにしましょう。

条件に優先順位をつける

先述した通り30代は転職活動が徐々に厳しくなる年代のため、転職先に求める条件に優先順位をつけていく必要があります。

特に現職に対しての不満から転職を検討している場合や、家庭を持っている方の場合は、年収や待遇などに希望が多いのも無理はありません。

ただしスキルのない30代は戦略的にアピールする必要があるため、あまり過剰に条件を求めすぎるのは得策とはいえないでしょう。

まずは絶対に譲れない条件と、ある程度まで妥協できる条件を整理して考えておくことをおすすめします。

マネジメント経験が積める機会を探す

30代でスキルがないけど転職したいと考えている場合は、まずは現職でスキルや経験を積めないか検討してみることも大切です。

機会があればすぐにでも転職したい!と焦る方もいるかもしれませんが、先述した通り30代になるとスキルなしでの転職はかなり難しくなります。

特に30代になるとマネジメント経験が必須レベルで求められるため、現職で経験を積める機会がないか相談してみてください。大規模なプロジェクトでなくとも、些細な経験でも構いません。

業種に関わらずマネジメント経験は重宝されるため、効率的に転職したい方はぜひ検討してみてください。

転職活動のプロに相談する

スキルがない30代が転職を成功させたいなら、転職活動のプロに相談してみましょう。

この記事でも何度か述べてきましたが、30代の転職活動ではマネジメント経験が必須といってよいほど求められます。20代であれば成長率を見込んだポテンシャル採用がなされることも多いですが、30代になると求人は一気に減少するのが実情です。

特に未経験OKの求人はぐっと減少し、40代になるとスキルがない状態での転職は厳しくなることが予想されます。30代の方にとってはこれが最後のチャンスともいえるでしょう。

とはいえ「自分にスキルなんてあるのだろうか」「転職したいけど何から始めればいいのか分からない」といったように悩んでいる方もいるでしょう。

そういった場合は、転職活動のプロである転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。これまで数多くの転職者をサポートしてきた実績があるため、自分では分からなかったスキルを見出してくれるかもしれません。

また転職エージェントに登録したからといって、必ずしも転職する必要はありません。相談だけでも利用できるほか、自分の強みやスキルを客観視することで「現職に残る」という選択をするのも良いでしょう。

スキルがない30代でも転職できた体験談

転職したいけどスキルがないと悩んでいるのは男性・女性ともに少なくありません。

この章では弊社独自で行ったアンケートをもとに、スキルやキャリアがなくても転職できた30代の方の事例を紹介します。

契約社員から正社員へ
30代男性

契約社員から正社員への転職だったので、在籍期間に縛りがなくなったことへの安心感が増してよかった。
また、給料も上がり、ボーナスもしっかりもらえたことも転職をしてよかった点で将来的な人生設計をしっかり立てられるようになった。

ルーティンワークからやりがいのある仕事へ転職
30代男性 

前職は製造業にてライン作業に従事していました。仕事に関して特にやりがいや魅力を感じることもなく、淡々と同じ事を毎日繰り返す日々でした。今回、建設業に転職し、お客様に感謝される喜びを知る事ができました。

パートから正社員へ
30代女性 

前職はパートで扶養内での勤務だったので手取りは少なく不満でした。
コロナが落ち着いた今年に正社員として転職しようと思い、6月に採用いただき安定したお給料をいただいて生活も安定しました。

ブラック企業からホワイト企業へ
30代女性 

ブラック企業でろくに休みも取れなかったのですが、転職をして世界が変わったような気分でした。
週休2日に加えて有給休暇も取れるようになったので、満足しています。

アンケートの詳細

調査期間:2023/11/07 ~ 2023/11/09
調査対象:サービス利用者の男女
調査方法:ネットによる調査

※ユーザーアンケートより抜粋

スキルがない30代が転職する際のNG行動とは

転職したいけど、スキルがない30代の方が以下の行動をとってしまうと転職先が決まらない可能性があります。

転職活動を始める前に、やってはいけないことを理解しておくことが大切です。

闇雲に求人に応募する

転職したいけどスキルがない30代であれば、内定が欲しいばかりにやみくもに求人に応募してしまうケースもあるでしょう。

先述した通り、企業は30代に対して十分な経験を求めています。自分でスキルがないと実感している場合は、より戦略的に転職活動を進めなければいけません。

たとえ手当たり次第に応募したとしても、企業の求めるものと求職者のスキルが一致しない場合は選考に落とされてしまいます。また志望動機の文面から「適当に応募しているな」と判断されるリスクもあります。

次々と選考に落ちてしまうと、精神的にもダメージが大きいものです。転職活動へのモチベーションを失わないためにも、企業はよく調べた上で応募するようにしましょう。

何となくで資格の勉強を始めてしまう

スキルがない30代であれば、転職に役立つと思って資格取得を目指すケースもあるでしょう。しかし転職のために何となくで資格の勉強を始めるのはおすすめしません。

資格が必須となる士業などを除き、転職においては実務経験やスキルが重視されます。何か資格を持っているからといって、特別に有利になることは少ないといえるでしょう。

先述した通り、30代は転職市場においてはシビアな年代です。30代後半にもなるとマネジメント経験は必須となるため、資格取得のために時間を割いてしまうのは賢い選択とはいえません。

友人や家族・同僚に転職の相談をする

スキルがない30代が、友人や家族・同僚などに転職の相談をするのは控えた方が良いでしょう。

友人や家族は親身になって話を聞いてくれるかもしれませんが、彼らは転職のプロではありません。何となくのふんわりとしたアドバイスしかもらえず、行動に移せないケースもあるでしょう。

スキルがない30代が転職したい場合は、無料で利用できる転職エージェントやキャリアカウンセリングなどを活用するのがおすすめです。実際の転職市場の状況をもとに、あなたに最適なアドバイスをしてくれるはずです。

なかには厚生労働省が委託する「キャリア形成学び直し支援センター」といった機関もあるため、状況に応じてぜひ利用してみてください。

未経験・スキルなしでも転職しやすい業界・職種

本章では転職したいとは思っているものの、やりたい仕事がない30代の方向けにおすすめの業界や職種を紹介します。

30代はスキルや経験が求められますが、以下の職種や業界は未経験でも転職しやすいといえるでしょう。

未経験・資格なしでも転職しやすい業界

気になっている職種・業界があればぜひ参考にしてみてください。

営業職

スキルがないと悩む30代に最初におすすめしたいのが、営業職です。

営業職にもさまざまな種類が挙げられますが、簡単な違いを以下の表にまとめました。

新規営業新しく顧客を開拓する営業スタイル(飛び込み営業などがある)
ルート営業すでに自社と取引のある顧客に継続利用を促すなどの営業スタイル
有形商材形のある商品やサービスを売り込む
無形商材形のない商品やサービスを売り込む
個人営業顧客やユーザーに向けた営業(toC)
法人営業企業に向けた営業(toB)

向き不向きはさまざまですが、特に未経験から挑戦する場合は「ルート営業」や「無形商材」の会社を選ぶのがおすすめです。

IT・WEB業界やコンサル・広告などで利用される無形商材を売り込むスキルを身につければ、どのような業界でも役立つ武器となります。さらに必須資格などもないため、適性さえあればすぐに活躍できるといえるでしょう。

ただし営業職は未経験でも入りやすい反面で、専門的なスキルは身につきにくい傾向にあります。さらに会社や営業スタイルによっては忍耐力が試されるかもしれません。

あわせて読みたい
未経験でも営業職に転職しやすい理由とは?営業職への転職を成功させるコツも紹介 営業職は流動性の高い職種で、常に求人数が豊富な業種であることから、転職しやすい職種といえます。 また、未経験人材を歓迎する業界・企業も多く、営業手法も多岐にわ...

事務職

メール応対や文章作成など事務処理をおこなう業務を主にする事務職は、特に女性に人気の高い職種のひとつです。

基本的なPCスキルがあれば未経験からでも採用されやすいため、スキルがない30代であっても挑戦しやすい職種といえるでしょう。

ただし「挑戦しやすい」とはいっても「転職しやすい」とは限りません。事務職は常に人気が高く、ライバルが多いというデメリットがあります。

また正社員として採用するコストを削減するために、派遣社員や契約社員で人材を確保している傾向もあります。もし雇用形態にこだわりがないのであれば、派遣も視野に入れて検討してみるのが良いでしょう。

あわせて読みたい
未経験から一般事務への転職はなぜ難しいのか?転職する方法について解説 一般事務への転職は難易度を増しています。 この背景としては、一般事務は人気度が高い一方で求人ニーズが低下していることが挙げられます。 そこで事務職への転職成功...

サービス・販売職

サービス・販売職は顧客とのコミュニケーションが重要な要素であり、学歴や資格が求められないため、未経験でも採用されやすい職種の1つです。

また人手不足が顕著な業界でもあり、パーソル総合研究所の調査によれば、2030年にはサービス業界全体で400万人不足すると予測されています。

引用元:労働市場の未来推計 2030

百貨店やショッピングモールなど働く場所も多いため、特にコミュニケーション能力が高い方におすすめの職種といえるでしょう。

ただし人手不足で採用されやすい反面で、休みが不規則であったり、オフィスワークに比べて過酷な働き方を強いられる可能性もあります。会社によってはノルマが課せられたり、制服や自社商品を自腹で購入しなければならないケースも見受けられます。

何となくで転職するのではなく、この業界で何を成し遂げたいのかをよく考えた上で検討してみましょう。

配送・流通業界

配送・流通業界は慢性的に人材不足が続いており、スキルがない30代でも転職しやすい業界です。

EC市場は年々拡大しており、ドライバーの需要が高まっているにも関わらず、人手が足りていない状況であるため、スキルに自信がない30代でも転職することが可能です。

引用:物流を取り巻く動向について|国土交通省

ただし、配送・流通を行う上で「自動車運転免許」や「交通ルール」などの事前知識が求められるため、保有していない人材は担当できる業務が限られる可能性があります。

業務は「運転ドライバー」などの現場仕事だけでなく、取引先企業との調整に伺う営業職や管理職、在庫管理や書類管理をおこなう事務職、最適な配送ルートの計画や倉庫最適化を図るデータ分析職など多岐にわたるため、活躍の場が多いのが特徴です。

豊富な職種の中から自身のキャリアパスを模索するのも、1つのキャリアプランといえるでしょう。

建設業界

建設業界は実際の建築現場で多くの人材を必要とし、様々な資材運搬・在庫管理にも人材を要するため、慢性的に人材不足が続いている業界です。

国土交通省の調査によれば、建設業界で働く人が年々減少しており、さらには29歳以下の人材は約1割と高齢化が深刻な状況であることがわかります。

参考:最近の建設業を巡る状況について【報告】|国土交通省

ただし、肉体労働であるため、体力に自信がある男性に向いている業界です。

建物の設計や地盤調査などは専門的な技能を要するため、スキルがない30代は転職することは難しいですが、現場の作業員やバックオフィスにおける従業員管理、取引先や未開拓顧客への営業職などは転職のチャンスがあります。

不動産業界

厚生労働省による「令和3年雇用動向調査結果」によると、不動産業・物品賃貸業の就業状況は、2021年時点で入職者数87.2万人、離職者数90.7万人と離職者が上回っており、不動産業界も人手不足が問題となっています。

そのため、不動産業界も常に人材を必要としている業界で、スキルがない30代でも積極的に採用をおこなっている業界です。

不動産業界といっても営業や事務、企画など幅広い職種があり、難易度は職種によって異なります。

不動産業界は地方でも求人需要があり、地域に根ざした不動産会社などで人手が必要とされています。転職を機に地元にUターンしたい人材や、地方暮らしを始めたい方にもおすすめできる業界です。

スキルがなくても転職に成功する30代の共通点とは

この章では、スキルがなくとも転職に成功する30代の共通点を解説します。

自分自身と照らし合わせて、ぜひ参考にしてみてください。

自己分析を徹底的におこなっている

自己分析を徹底的におこない、自身の強みや弱み、何にやりがいを感じるかをしっかり言語化できている30代であれば、転職に成功する確率も高いでしょう。

転職活動はいわば企業と求職者がお互いの希望をすり合わせる場なので、自身のアピールポイントを明確に言語化できている求職者は頭ひとつ抜けているといえます。

30代であれば実務経験がある方も多いため、これまで就いてきた仕事の内容や経験を振り返り、なぜ転職したいのかを洗い出しましょう。

自己分析で言語化しておくべきこと
  • 何をしているときにモチベーションが上がる(下がる)か
  • 自分はどのような環境で働きたいのか
  • 自分の強み・弱み(理由や背景を添えて)
  • なぜ現職を選んだのか、なぜ辞めたいと思っているのか

インターネット上の自己分析ツールを利用するのも良いですし、なかなか思いつかない方は転職のプロに相談してみるのもおすすめです。

自分では気づけなかった強みやスキルを発見できるほか、思わぬ職種に適性があることが発覚するかもしれません。

あわせて読みたい
30代におすすめ転職エージェントランキング比較|女性・未経験・フリーター向けの選び方 20代と比べて、即戦力としてスキルや経験が求められる30代は、自身の能力をアピールするための対策が必要です。 しかし、仕事やプライベートが忙しい中で自分一人で転職...

転職の目的が明確である

これまでの経験を振り返り、今後の自分も見据えて明確な転職理由を持っている30代の方であれば、スキルがなくとも転職を成功させることは可能です。

もちろん現職に対しての不満から転職活動を始めるのも良いのですが、不満だけで突き進んでしまうと「逃げの転職」になってしまうリスクがあります。

ただ不満を解消したいがために転職してしまうと、妥協して転職先を選んでしまったり、転職先でも再び問題に見舞われて転職を繰り返す可能性もないとは言い切れません。

ただでさえ30代は転職市場ではシビアな年代のため、短期で離職を繰り返してしまうとますます転職活動に悪影響を及ぼしてしまいます。

スキルのない30代で転職したいのであれば、自身の将来像やなりたい姿を具体的に考え、冷静にキャリアプランを設計するようにしましょう。

あわせて読みたい
逃げの転職は後悔する?転職成功のポイントを解説 「逃げの転職」とは、今の会社が嫌という気持ちが強く、十分な引き継ぎや転職活動をしないまま退職してしまうケースを指します。 明確な定義はありませんが、早期退職や...

スキルがないことに対して悲観的ではない

ここまで自己分析の大切さについて触れてきましたが、大前提として「スキルがない」ことを悲観的にとらえていない30代の方ほど、転職に成功しやすいといえます。

スキルがないと感じると焦ってしまうのは無理もありません。ただし実際にはスキルが身についているケースもあるため、即座に判断するのは早いといえるでしょう。

また悲観的になってしまうと、転職活動へのモチベーションも下がってしまうものです。「どうせ自分なんか」と落ち込みそうになるのをぐっとこらえ、まずは自己分析から始めましょう。

自分ひとりで転職活動をおこなうのが心身ともにつらいという場合は、転職活動のプロである転職エージェントに相談するのもおすすめです。

これまで数々の転職者をサポートしてきているため、「スキルがない」という悩みに対して専門的なアドバイスを受けることができるでしょう。

転職したいけどスキルがない30代におすすめの転職エージェント

この章では、スキルに自信がない30代におすすめの転職エージェントを紹介します。

企業からスカウトが届く「ビズリーチ」

ビズリーチは今までの経歴やスキルを登録するだけで、企業からスカウトが届きます。

スキルがないと自信がない30代の方のなかには、自分では当たり前だと思っているだけで他社にとっては求められているスキルを身につけているケースがあります。

自分が転職できるか不安の方はいきなり転職活動を始める必要はなく、まずはビズリーチに登録して、どんな企業からスカウトが届くのか確認してみてください。

実績が豊富な「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

リクルートエージェント」は、大手リクルートが運営している転職エージェントです。

転職エージェントの中でも圧倒的な求人数を誇っているため、30代でスキルに自信がない方でも自分にあった求人がリクルートエージェントなら見つかるかもしれません。

求人数が多ければ多いほど、スキルがなくても応募できる仕事に出会える可能性が高まります。

多くの求人から選びたい方や実績やノウハウのあるエージェントを利用したい方におすすめです。

運営会社株式会社リクルート
公開求人数365,610件
公式サイトhttps://www.r-agent.com
2023年3月30日時点

手厚いサポートの「マイナビエージェント」

マイナビエージェント

マイナビエージェント」は、20代~30代の転職に強く、手厚いサポートに定評がある転職エージェントです。

またマイナビエージェントは女性の転職支援にも力を入れているため、転職したいけどスキルがない30代女性の方でも転親身に対応してもらえます。

求人票には記載されていない職場の雰囲気や人間関係の様子なども教えてもらえるため、入職前のミスマッチを防げます。

未経験求人も豊富にあるため、未経験職種に転職したい方や初めて転職する方におすすめです。

運営会社株式会社マイナビ
公開求人数63,661件
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp
2023年4月時点

転職サイトとエージェントを併用できる「doda」

doda

「doda」の最大の特徴は、転職サイトにエージェントサービス機能があり、一体型になっているところです。

転職サイトは、自分で求人を検索し、自分で応募しますが、転職エージェントは、コンサルタントが求人の提案から選考対策までサポートしてくれます。

dodaは、どちらのメリットも兼ね備えており、用途に合わせて使いやすいのが特徴です。

スキルに自信がない30代の方にとって、コンサルタントから向いている仕事についてアドバイスをもらうことできるのは、転職活動を進めやすくなります。

30代前半・後半の求人が充実しているため、30代の方はとりあえず登録しておきたい転職エージェントです。

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数189,949件
公式サイトhttps://doda.jp
2023年4月時点

転職したいけどスキルがない30代に関するよくある質問

この章では、転職したいけどスキルがない30代がよく抱える悩みについて回答していきます。

一つひとつ確認していきましょう。

転職したいけど何をしたいのか分かりません

転職したいけど何をしたいか分からない、やりたいことがない人は、以下の点から考えてみてください。

転職の軸を決める例
  • 興味のある仕事は何か分析する
  • モチベーションの上がる業務(下がる業務)を洗い出す
  • 自己分析を入念におこなう

転職で何をしたいか分からないという方は、まずは自分が興味のある仕事や、モチベーションの上がる業務について考えてみると良いでしょう。

ポジティブな要素で考えにくい方は、逆に「やりたくない業務」から分析していくのもおすすめです。例えば「飛び込み営業はやりたくない」「数字を使うのは苦手」といったように、些細な点から書き出してみましょう。

あわせて読みたい
仕事で何がしたいかわからない30代がやりたいことを見つける方法とは 30代になると自身も周囲も生活が大きく変わってくるため、「このまま今の職場で仕事を続けていいのか」と将来について迷いや不安が増えていきます。 それと同時に「転職...

転職活動は現職を辞めてからおこなっても良いですか?

転職活動は在職中におこなうことをおすすめします。

退職してから転職活動を行うと、金銭面の不安から妥協した転職活動を行ってしまうケースがあるからです。

納得のいく転職活動が行えずに入社をすると、「思っていたのとは違う」と入社後のギャップにつながる可能性があります。早期離職を繰り返してしまうと、今後の転職活動にも悪影響が出かねません。

在職中に転職活動をおこなうことで、心に余裕をもって進めることができます。さらに転職活動を通して「やっぱり現職に残る」といった選択もできるため、勢いで退職してしまわないように注意しましょう。

30代でのスキルなし転職は手遅れですか?

30代前半であればまだ手遅れとはいえませんが、かなりシビアな年代に突入していることを念頭に置く必要があるでしょう。

特に30代ともなると、年齢相応の経験やマネジメントスキルが必ずといってよいほど求められます。30代後半になるとより状況は厳しくなり、40代に突入すると未経験からの転職はほぼ不可能になります。

このため、30代は自分のやりたい職種に挑戦する最後のチャンスともいえるでしょう。自己分析やスキルに心配がある方は、ぜひ転職のプロの力を借りることをおすすめします。

30代の転職で求められるスキルは何ですか?

30代ではこれまでの実務経験はもちろん、マネジメントスキルが求められます。少なくとも企業は即戦力を採用したいと考えているため、全くスキルがない方は厳しい傾向にあるでしょう。

とはいえ専門スキルがなくとも、適応力やコミュニケーション能力などの汎用スキルであれば誰でも持ち合わせているはずです。悲観的にならず、丁寧に自己分析をおこなって自分の強みを見つけましょう。

転職したいけどスキルがない30代女性におすすめの職種は?

結論からお伝えすると「営業職」「販売職」「事務職」がスキルに自信がない30代女性におすすめです。

いずれも専門スキルや資格は必要ないことが多く、コミュニケーション能力があれば未経験からでも挑戦できる職種といえます。

ただしそれぞれ適性があるほか、業界によっては人手不足で激務を強いられる可能性もあります。自身のキャリアプランをしっかり設計し、求人を見極めるようにしましょう。

30代でスキルも資格もない女性でも転職できる?

スキルや資格がない場合、パートや派遣社員として働いて、正社員を目指すのもひとつの方法です。

特に事務職を目指している女性の場合、正社員よりも派遣社員やパートのほうが求人を見つけやすいこともあり得ます。企業側もコスト削減を望んでおり、派遣社員の積極的な採用を進めているからです。

ただし派遣社員やパートは誰でもなれる反面で、年齢が上がると求人を紹介されにくくなったり、雇用が不安定になるリスクもあります。

あわせて読みたい
30代女性向けの転職相談先を解説!キャリア相談で転職を成功させよう 30代といえば、結婚や出産を機に自分のキャリアを見つめ直したり、昇進や昇給の状況によっては、転職を考えたりする方も多い年代といえます。特に女性の場合、出産や育...

転職したいけどスキルがない30代は手遅れになる前に転職活動を始めよう

転職したいけどスキルがない30代は、戦略的に転職活動をおこなう必要が出てきます。

30代であればまだ手遅れになる可能性も少ないですが、年齢を重ねるごとに企業からの目がシビアになるのも事実です。そのため、思い立ったらすぐに転職活動を始めるのがおすすめです。

転職活動では専門スキルだけではなく、誰もが持っている汎用スキルも評価されます。自分にはスキルがないと悲観的にならず、まずは自己分析から始めるようにしましょう。

自分の強みやスキルが分からない方は、転職のプロに相談するのもおすすめです。第三者の観点からアドバイスをもらえるため、思わぬスキルに気づけるかもしれません。

30代からの転職は、自分のやりたい仕事に就く最後のチャンスともいえます。ぜひ早めに対策して、転職活動を成功させてください。

1分で無料登録!
30代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
公開求人数
14.8万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。

ランスタッド

ランスタッド

4.2
公開求人数
5千件以上
非公開求人数
非公開
年収800~1,500万円のハイクラス派遣求人が見つかる。グローバルに働きたい方・短期や在宅で勤務したい方にもおすすめ。

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
ハイクラス・ミドル領域の転職支援に特化したコンサルタントが徹底サポート。管理職キャリアを目指したい方や成長業界で働きたい方向け。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

ランスタッド

ランスタッド

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・長年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。
・10年勤務した会社から転職先を探すために利用しました。希望に沿った提案をしてもらえました。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。

ランスタッド

ランスタッド

4.2
口コミを読む
・様々な職種の案件がありましたが、軽作業であっても比較的時給が高かったです。
・担当者からタメ口で話されたりなど、馴れ馴れしさは気になりました。

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
口コミを読む
・東京・神奈川など、関東の企業は多数ありました。
・私はマッチングしませんでしたが、安定した企業を探している方はいいのではないかと思います。
2024年5月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。