30代の転職で失敗する5つの理由|転職を成功させる方法をプロが徹底解説

高橋宇内
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

30代で転職するのはもう手遅れ?

30代の転職で失敗したら人生終わり?

といった不安や悩みを抱える方は、多いのではないでしょうか?

30代の転職は、スキルや経験が重視され難易度が高くなるため、入念に対策しなければ失敗する可能性があります。

しかし、正しい対策をおこなえば、30代の転職を成功させることは十分可能です。

そこで本記事では、30代の転職で失敗する理由や転職を成功させやすい人と失敗しやすい人の特徴、成功させるためのポイントなどを解説します。

30代の転職で失敗を避けるために、ぜひ最後までご覧ください。

1分で無料登録!
30代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
公開求人数
14.8万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。

ランスタッド

ランスタッド

4.2
公開求人数
5千件以上
非公開求人数
非公開
年収800~1,500万円のハイクラス派遣求人が見つかる。グローバルに働きたい方・短期や在宅で勤務したい方にもおすすめ。

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
ハイクラス・ミドル領域の転職支援に特化したコンサルタントが徹底サポート。管理職キャリアを目指したい方や成長業界で働きたい方向け。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

ランスタッド

ランスタッド

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・長年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。
・10年勤務した会社から転職先を探すために利用しました。希望に沿った提案をしてもらえました。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。

ランスタッド

ランスタッド

4.2
口コミを読む
・様々な職種の案件がありましたが、軽作業であっても比較的時給が高かったです。
・担当者からタメ口で話されたりなど、馴れ馴れしさは気になりました。

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
口コミを読む
・東京・神奈川など、関東の企業は多数ありました。
・私はマッチングしませんでしたが、安定した企業を探している方はいいのではないかと思います。
2024年5月1日時点
この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。

関連記事:30代転職エージェントおすすめ比較ランキング|女性・未経験・フリーター向けの選び方

目次

30代が転職に失敗する5つの理由

まずは、30代が転職に失敗する理由について確認していきましょう。

以下の5つに該当する場合は、30代の転職で失敗する可能性が高くなってしまいます。

  1. 業界・職種・企業研究を怠ったから
  2. 一時の感情で退職を決めたから
  3. 自己分析をしっかりしていないから
  4. 楽観的に考えているから
  5. 20代でスキルを磨かなかったから

自分に当てはまる点はないかどうか、ひとつずつ確認していきましょう。

業界・職種・企業研究を怠ったから

業界・職種・企業研究を怠ると、転職に失敗する確率は高くなります。

なぜなら、30代の転職は即戦力が求められるからです。

たとえば、企業が理念への共感を募集文章に記載している場合、企業研究を行っていなければ上辺の共感しか伝えられずに終わってしまいます。

その結果、企業から「即戦力となる可能性は低い」と思われ、不採用になるケースがほとんどでしょう。

一時の感情で退職を決めたから

一時の感情で退職を決めてしまうことも、30代の転職で失敗に終わる理由のひとつです。

一時的な感情で自身のキャリアに関わる判断をする方は、企業側から次のように見られてしまいます。

  • 採用してもすぐに退職されるかもしれない
  • 採用後に人間性が原因でトラブルを起こすかもしれない

企業としては、早期に退職されたりトラブルを起こされたりするリスクは避けたいため、不採用になってしまうでしょう。

また、自身のキャリアについて冷静に判断しないまま退職した結果、転職先が見つからず収入基盤を失う可能性もあります。

高橋 宇内氏

一時的な感情で転職を決めるのではなく、冷静に自身のキャリアを考えてから判断しましょう。

自己分析をしっかりしていないから

自己分析をしっかりしていないことも、30代の転職で失敗する理由のひとつです。

なぜなら、自己分析をしなければ自分の強みやスキル・経験・転職先に求める条件などがわからず、採用後にミスマッチが起きてしまうからです。

たとえば、プライベートや家族との時間を確保するために転職する場合、求める条件は休日の多さや福利厚生などになるでしょう。

しかし、自己分析で転職先に求める条件を明確にしていなければ、給与や人間関係などの別条件に目が眩んで、転職前より残業時間が増えてしまうかもしれません。

楽観的に考えているから

楽観的に考えている方は、30代の転職で失敗してしまいます。

その理由は、計画性や明確な目的のない転職は失敗する確率が高く、転職後に苦しむかもしれないからです。

たとえば、「今の会社に不満があるから転職しよう」などと曖昧な理由で転職したとします。

この場合、明確な転職の理由や目的がないため、転職後に次のような状況になる可能性があります。

  • 転職先の企業がブラック企業で、転職前より苦しい生活になる
  • 給与は良いが、労働条件や仕事内容が過酷で耐えられず早期退職してしまう
  • 条件は良かったが、大規模な会社の雰囲気が自分には合わず、人間関係に苦しむ

さらに、30代で早期退職してしまうと自身のキャリアに傷がつき、次の転職先が見つからない危険もあります。

高橋 宇内氏

安易に転職するのではなく、自身のキャリアプランや転職に求める条件を細かく設定し、採用後のミスマッチを防ぎましょう。

20代でスキルを磨かなかったから

20代でスキルを磨かなかった方も、30代の転職で失敗しやすい傾向にあります。

なぜなら、30代の転職では即戦力が求められるため、企業はスキルや経験があることを前提に考えているからです。

たとえば、次のような人材を比べたときに採用されるのは、当然スキルを身につけた方でしょう。

【20代でスキルを身につけた人】【20代でスキルを磨かなかった人】
営業で年間テレアポ獲得数社内1位
営業成績で年間トップ
売り上げ昨年度比20%に貢献
FP2級保有
宅建士資格保有
営業部の人材育成担当を経験
営業担当としてお客様に最適な提案を行った
チームの育成担当として若手の指導に従事

また20代のうちにスキルアップを怠ると、向上心の足りない人物として見られ、選考で不利になることも考えられます。

【結論】30代でも転職は成功できる!

結論、30代でも転職を成功させられる可能性は十分にあります。

自身のスキルや経験、強みを活かして企業に貢献できることを伝えられれば、企業側も魅力的な人材として採用するメリットを感じるはずです。

たとえば、企業側が自社の認知拡大や採用数に課題を感じているとします。

この場合、次のような自己アピールができれば、企業は自社の課題を解決できる人材として見るでしょう。

  • 前職で広報チームのリーダーとしてYouTube・SNSの運営を担当
  • 企業認知度を昨年比10%UP
  • SNSからの採用数を20%UP
  • メディア取材3件獲得

しかし、上記のような効果的なアピールは簡単ではなく、転職に失敗する方も当然出てしまいます。

高橋 宇内氏

以下で、30代で転職に失敗しやすい人成功しやすい人の特徴について、それぞれ詳しく解説していきます。

1分で無料登録!
30代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
公開求人数
14.8万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。

ランスタッド

ランスタッド

4.2
公開求人数
5千件以上
非公開求人数
非公開
年収800~1,500万円のハイクラス派遣求人が見つかる。グローバルに働きたい方・短期や在宅で勤務したい方にもおすすめ。

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
ハイクラス・ミドル領域の転職支援に特化したコンサルタントが徹底サポート。管理職キャリアを目指したい方や成長業界で働きたい方向け。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

ランスタッド

ランスタッド

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・長年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。
・10年勤務した会社から転職先を探すために利用しました。希望に沿った提案をしてもらえました。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。

ランスタッド

ランスタッド

4.2
口コミを読む
・様々な職種の案件がありましたが、軽作業であっても比較的時給が高かったです。
・担当者からタメ口で話されたりなど、馴れ馴れしさは気になりました。

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
口コミを読む
・東京・神奈川など、関東の企業は多数ありました。
・私はマッチングしませんでしたが、安定した企業を探している方はいいのではないかと思います。
2024年5月1日時点

30代で転職に失敗しやすい人の特徴

以下の特徴に該当している人は、転職に失敗してしまう可能性が高いでしょう。

それぞれの特徴について詳しく解説します。

自身の希望条件にしか目を向けていない人

30代で転職に失敗しやすい人の特徴に、自身の希望条件にしか目を向けていないことがあげられます。

なぜなら、自身の希望条件にしか目を向けていない人は、採用後のミスマッチや離職につながる可能性があるからです。

転職において重要なのは、企業側が求める条件に対して自分の経験やスキルで価値を提供できるかどうかです。

自身の希望条件しか考えない人は、企業から自社に適さない人材として見られ、採用されにくいでしょう。

他責思考の人

30代で転職に失敗する人の特徴に、他責思考であることもあげられます。

他責思考とは、何か失敗やトラブルが起こったときに、自分以外に原因があると考える思考です。

企業は30代で転職してくる人材に、自社の課題解決や成長を促す働きを求めるため、他責思考の人材を採用する可能性は低いでしょう。

客観的に判断できない人

客観的な判断ができない30代の人は、自身の市場価値を把握できず、採用される可能性のある企業を選べずに失敗するかもしれません。

転職できる可能性がある企業があったとしても、自分を客観的に判断できない30代の方は、チャンスが掴めない可能性もあるでしょう。

適性を理解していない人

自身の適性を理解していなければ、自分に合った転職先や仕事内容を見つけるのは困難です。

たとえば、デスクワークが苦手な人がデータ分析やプログラミングといった仕事を選んだ場合、採用後に苦しむことは想像できるでしょう。

仮に転職ができたとしても、適性が合わず早期離職に至ってしまう可能性が高くなります。

1年で2回以上の転職をしている人

1年で2回以上の転職をしている人は、面接官や企業側からの印象が悪く、不採用とされる可能性が高くなります。

企業は採用した人材が長期的に勤めることを前提としているため、短期離職が続く人に対して、「採用してもすぐに辞められてしまうのではないか?」と考えます。

1年間で2回以上の転職をする人は、計画性のなさや人間性などを疑われ、選考で不利になってしまうでしょう。

30代で転職に成功しやすい人の特徴

ここからは、30代で転職に成功しやすい人の特徴を紹介します。

以下の5つの特徴を把握し、自分に落とし込めれば転職で成功しやすくなるでしょう。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

明確な転職理由がある人

明確な転職理由がある人は、目的意識をもって決断できる人材として見られます。

転職は人生に関わる大きな決断であり、リスクを伴うものです。

明確な転職理由をもつ人は、仕事上でも成果のために的確な判断が下せると予想できます。

特に転職理由の中でも、次のようなものが好まれるでしょう。

  • 自身のキャリアアップを目指したいから
  • これまでのスキルや経験を活かしてさらなる成果を上げたいから
  • 自身の実績や経験をもとに企業の成長を促したいから
高橋 宇内氏

これまでの経験やスキルなどを踏まえた転職理由をもつことで、一貫性と計画性を評価され、採用されやすくなるでしょう。

自分がやりたいことを言語化して話せる人

自分がやりたいことを言語化して話せる人も、30代で転職に成功しやすいといえます。

自分のやりたいことは、採用後の理想や自身のキャリアプランを指し、言語化で自身のモチベーション・向上心の高さを表現できます。

具体的に以下について言語化できれば、採用担当者に企業とのマッチ度をアピールでき、高評価を得られるでしょう。

  • 採用後にどのような仕事に取り組みたいのか
  • 転職先でどのようなことを成し遂げたいのか

選考対策を妥協しない人

選考対策を妥協しない人は、年代問わず高い確率で転職に成功します。

入念な選考対策は面接官に意欲や計画性が伝わることに加え、質疑応答の質も高まるため、自分自身を最大限アピールできます。

具体的に必要な選考対策は、以下のとおりです。

  • 書類対策
  • 企業研究
  • 業界・業種研究
  • 面接の入退室シミュレーション
  • 筆記試験対策

今すぐ詳しい選考対策を確認したい人は、「事前の選考対策を入念にする」をご覧ください。

企業が求める条件を理解できる人

企業が求める条件を理解できる人は、30代の転職において成功しやすいでしょう。

企業が求める条件とは、採用したい人材です。

企業が求める人材を正確に理解しておけば、必要なスキルやアピールするべきポイントをつかめるため、採用されやすくなります。

相手視点に立って課題やニーズを把握できる人材は、ビジネスにおいて顧客の課題を解決する能力も高いため、企業からすれば魅力的な人材であることは間違いないといえるでしょう。

経験・スキルが豊富な人

経験やスキルが豊富な人も、30代の転職で成功しやすいといえます。

なぜなら、30代の転職は即戦力として専門性の高さや経験が豊富な人材は重宝されるからです。

30代の転職で求められるスキルには、ハードスキルとソフトスキルの2種類があります。

  • ハードスキル:簿記やFP、プログラミングなどの専門的な知識・技能スキル
  • ソフトスキル:汎用性の高いスキルやコミュニケーション能力、論理的思考、マネジメントスキル

とくに30代の転職では、チームや若手の育成が求められるため、マネジメント経験のある人材が好まれます。

1分で無料登録!
30代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
公開求人数
14.8万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。

ランスタッド

ランスタッド

4.2
公開求人数
5千件以上
非公開求人数
非公開
年収800~1,500万円のハイクラス派遣求人が見つかる。グローバルに働きたい方・短期や在宅で勤務したい方にもおすすめ。

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
ハイクラス・ミドル領域の転職支援に特化したコンサルタントが徹底サポート。管理職キャリアを目指したい方や成長業界で働きたい方向け。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

ランスタッド

ランスタッド

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・長年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。
・10年勤務した会社から転職先を探すために利用しました。希望に沿った提案をしてもらえました。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。

ランスタッド

ランスタッド

4.2
口コミを読む
・様々な職種の案件がありましたが、軽作業であっても比較的時給が高かったです。
・担当者からタメ口で話されたりなど、馴れ馴れしさは気になりました。

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
口コミを読む
・東京・神奈川など、関東の企業は多数ありました。
・私はマッチングしませんでしたが、安定した企業を探している方はいいのではないかと思います。
2024年5月1日時点

30代の転職を失敗させないポイント5つ

30代の転職を失敗しないためには、以下のポイントをおさえておくことが重要です。

30代転職の失敗を防ぎ、満足度の高い転職先を見つけるために、それぞれ確認していきましょう。

自己分析で市場価値・適性を確かめる

30代の転職を失敗させないポイントのひとつは、自己分析で市場価値・適性を確かめることです。

自身の適性や価値観が分かり、最適な転職先にアピールすべき強みなどを明確にできます。

自己分析の方法としては、以下の経験を細分化して実施します。

  • 充実していた時期
  • 苦しかった時期
  • 成功体験
  • 失敗体験
  • これまでに行った業務内容や成果

これらを振り返ることで、自身の得意や不得意、努力してきたことやスキル、経験が分かります。

その結果、自分の力を発揮して充実した時間を過ごせる転職先を見つけやすくなるでしょう。

企業ファーストの考えを意識する

企業ファーストの考えを持っている人は、自身を採用するメリットを的確に提示できるため、採用される可能性は高まります。

たとえば、求人に「マネジメント経験のある人」と記載してあれば、企業は若手の育成やチームの運営を任せられる人材を求めているはずです。

そのため、自身の経験や強みの中からマネジメントに絞った内容でアピールすることで、企業がメリットを感じやすくなります。

企業ファーストで考えることで、自身が貢献できる部分を見つけられるため、最適な自己PRが可能になるでしょう。

希望条件を幅広くする

希望条件を狭く設定すると、選択肢が限られ、転職期間が長期化してしまいます。

残業なし・福利厚生の充実・リモートワーク可能・年収UPなどのさまざまな条件があるなかで、多くを満たす転職先を探すのではなく、希望条件に優先順位をつけましょう。

たとえば、次のように優先順位をつけることで自分にあった転職先を見つけられる可能性が高まります。

  1. 給与UP
  2. 福利厚生の充実
  3. 残業20時間以下
  4. リモートワーク可能
  5. 仕事内容

条件面での優先順位がつくことで、転職先の候補や目的が明確になります。その結果、転職後に不満が生じる可能性を下げられるでしょう。

事前の選考対策を入念にする

事前の選考対策を入念にすることで、採用後のミスマッチを防ぎ、採用率を高められます。

なぜなら、入念な選考対策によって、企業が求める人材やスキル・経験に対して最適なアピールができるからです。

たとえば、企業研究でその企業の理念やこれまでの事業活動などの流れを把握すると、今後取り組むべき課題を予想して自身がどのように貢献できるのかを伝えられます。

しかし、現職で働きながら、ひとりで入念に選考準備を進めることは困難です。

高橋 宇内氏

そこで最適なサポートを受けて効率良く対策を進めるために、転職エージェントを活用しましょう。

30代に強い転職エージェントを活用する

転職絵エージェントを活用すると、以下のようなサポートを受けられます。

  • 求人紹介
  • 求職者へのカウンセリング
  • キャリアコーチング
  • 書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との連絡やスケジュール調整
  • 企業への条件交渉
  • 非公開求人の閲覧

20代や第二新卒などと違い、30代の転職はその後のキャリアを大きく左右します。

転職エージェントのサポートを受けることで、転職で失敗する可能性を下げられるでしょう。

以下では、30代向けのおすすめ転職エージェントを紹介します。

30代向けのおすすめ転職エージェント3選

ここからは、30代向けのおすすめ転職エージェントを紹介します。

それぞれの特徴やサポート内容を確認して、自身にあったものを選んでみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 395,821件
非公開求人数 347,727件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年5月15日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

170,269件

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
2024年5月15日時点

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 117,375件
非公開求人数 非公開
対応地域
全国、海外
公式サイト
2024年5月15日時点

30代の転職活動によくある質問

ここでは、30代の転職活動によくある質問と回答を紹介します。

30代の転職理由のランキングは何ですか?

30代の転職理由のランキングは、以下のような結果になっています。

引用元:PR TIMES

給与が低いことや上司などの人間関係に不満をもって転職活動を進めている人が多いことがわかります。

30代で退職する理由は何ですか?

30代で退職する人は、人間関係や待遇面、労働環境、体調面などの理由が多いようです。

退職理由となるものは、転職してみなければわからないことが多くあります。

可能な限り転職前に企業の雰囲気を聞いたり、社内を見学したりすると良いでしょう。

引用元:PR TIMES

30代で転職経験のある人はどれくらいの割合ですか?

リクナビNEXTの調査によると、2017年6月時点での30代で転職経験のある人の割合は53%でした。

30代の約半数以上が転職を一度は経験しているようです。

引用元:リクナビNEXT

30代で転職に失敗しないためにはプロの無料相談がおすすめ

30代の転職で失敗しないためには、転職エージェントを活用して準備を進めることがおすすめです。

転職エージェントは、自身の強みやアピールポイントを客観的な視点からアドバイスしてくれます。さらに、転職に関する悩みや相談も受け付けているため、心強い味方となるでしょう。

確実に転職を成功させたい・自信を持って転職活動に臨みたい方は、転職エージェントの無料相談を受けてみてはいかがでしょうか。

1分で無料登録!
30代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
公開求人数
14.8万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。

ランスタッド

ランスタッド

4.2
公開求人数
5千件以上
非公開求人数
非公開
年収800~1,500万円のハイクラス派遣求人が見つかる。グローバルに働きたい方・短期や在宅で勤務したい方にもおすすめ。

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
ハイクラス・ミドル領域の転職支援に特化したコンサルタントが徹底サポート。管理職キャリアを目指したい方や成長業界で働きたい方向け。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

ランスタッド

ランスタッド

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・長年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。
・10年勤務した会社から転職先を探すために利用しました。希望に沿った提案をしてもらえました。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。

ランスタッド

ランスタッド

4.2
口コミを読む
・様々な職種の案件がありましたが、軽作業であっても比較的時給が高かったです。
・担当者からタメ口で話されたりなど、馴れ馴れしさは気になりました。

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
口コミを読む
・東京・神奈川など、関東の企業は多数ありました。
・私はマッチングしませんでしたが、安定した企業を探している方はいいのではないかと思います。
2024年5月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。