31歳女性が転職するのは厳しい?30代で転職を成功させる方法とは

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

女性が31歳になって転職を考えたとき、本当に転職がうまくいくのか心配になりますよね。

一般的に20代よりも30代の方が転職は難しくなると言いますが、具体的に31歳女性での転職にはどのような特徴があるのでしょうか?

本記事では、31歳の女性に絞って、同世代女性の実際の転職体験談や転職活動での傾向、転職をうまく成功させるポイントなどを解説します。

人によっては31歳女性でも十分満足できる転職ができますし、逆に準備不足の方は失敗してしまうこともあります。

ぜひ参考にしていただき、思い切って転職に挑戦したり、しっかり準備をしていったりするための判断材料にしてみて下さい。

関連記事:30代転職エージェントおすすめ比較ランキング|女性・未経験・フリーター向けの選び方

目次

【31歳】30代前半の女性が転職で成功した体験談

20代からずっと、好きでアパレル業界で働いていたが、年齢を重ねてからも働き続けることは難しいと思い、働きながら勉強をし、専門的な資格を取った。
せっかく取った資格を活かしたいと、資格者として別業界へ転職。結果、お給料も上がった。

転職活動はハローワークで行いました。契約社員が長かったこともあり、スキルアップを目指して、転職を行いました。社会保険業務・年末調整などの労務管理の経験があったため、スムーズに転職ができました。
正社員になりたいことを先方に伝え、最初の1年間は契約社員でしたが、2年目で正社員に登用できました。年収が50万円以上アップしました。人間関係は退職するまで良好だったのでよかったです。

調査期間:2023年11月15日〜2023年11月19日
調査対象:30代の女性100名
調査方法:インターネットによるアンケート
※アンケートより一部抜粋

関連記事:30代前半の転職経験者が語る|30代前半ならでは転職成功ポイント

【31歳】30代前半の女性が転職で失敗した体験談

電話越しでの転職会社でこちらの要望を伝えた所、ありませんねと返事が返ってくるだけでした。
転職会社が紹介する案件しか面接は交渉しませんといった感じで、他にもこんな職場があるというような選択肢はありませんでした。
紹介された会社の面接に行きましたが、選択肢がない中で受けた面接はやはり上手くいきませんでした。

建築関係の業界からブライダル業界の事務員として転職した際、真新しい環境に対応しきれず業務をすぐに覚える事が出来ませんでした。
また事務とはいえ、美容スキルも求められる職場だった為、自分のやりたい業務内容と乖離が生じ退職してしまいました。面接の際、業務内容等きちんと質問しておくべきだったと後悔しました。

調査期間:2023年11月15日〜2023年11月19日
調査対象:30代の女性100名
調査方法:インターネットによるアンケート
※アンケートより一部抜粋

関連記事:31歳の転職は厳しい?資格なし・スキルなしから未経験職種へ転職を成功させるポイント

31歳で初めての転職は厳しいのか

結論から言うと31歳での転職は、決して厳しくはありません。

多くの女性がキャリアの転換点として30代を選びます。この時期は、個人のスキルや経験が豊富になり、自身の強みやキャリアプランについてより明確な理解を持っているため、転職市場では非常に価値のある人材とみなされます。

さらに、30代はキャリアアップや年収アップのチャンスが多く、自分自身の可能性を広げる絶好の機会となるのです。

未経験分野への転職はラストチャンス

一方で、未経験分野への転職を考えている女性は、ラストチャンスともいえる年齢に差しかかります。

多くの企業では30代以降の中途採用に即戦力を求めており、未経験での転職が難しくなりだします。

もちろん、30代以降でも未経験採用をしている企業もありますが、サービス業や福祉・介護職などの人手不足が目立っている業界が中心になってしまうため、転職先の選択肢は狭まってしまうでしょう。

31歳での転職であれば、ギリギリ未経験でも採用されるチャンスは残っています。しっかり転職の準備を進めつつ、スピーディーに転職活動を進めていけば、やりたかった仕事や業界で働くチャンスも残されています。

関連記事:30代未経験での転職は厳しい?手遅れ?おすすめの業界や転職エージェントを解説

31歳の女性が転職するメリット

上記の内容をまとめると、31歳女性でも転職のチャンスはあります。31歳の今のうちに転職することにはどのようなメリットがあるのかを知っておきましょう。

具体的には次の3つのメリットが挙げられます。

  • 転職が成功しやすい
  • 転職活動が早く終わりやすい
  • 未経験の業界にも挑戦できる

転職が成功しやすい

31歳の女性は、転職市場でも成功しやすいとされています。

dodaの調査によると、転職成功者の女性平均年齢は「30.5歳」で、31歳あたりで転職している人が多いことがわかります。

この年齢では、業界知識や専門スキルが充実しており、企業側から見ると即戦力としての期待が高まります。

また、30代は職種の選択肢が広がる時期でもあり、今までの経験を活かして別の業界や職種に挑戦するチャンスも広がります。

キャリアアドバイザーや転職サイトを活用し、自己分析を徹底することで、自分の強みをアピールしやすくなり、成功への道が開けます。

転職活動が早く終わりやすい

31歳の女性は、転職活動が早く終わる傾向にあります。これは、キャリアプランの明確さや、自己分析を通じて自分に適した職種や業界を理解しているためです。

また、豊富な経験やスキルを持つことで、求人市場での魅力が高まり、企業側からのオファーも受けやすくなります。転職エージェントやキャリアアドバイザーとの相談を通じて、効率的な転職活動が可能になります。

未経験の業界にも挑戦できる

31歳の女性は、未経験の業界への挑戦も比較的にしやすい年齢です。これまでの職務経験やスキルを新たな分野で活かすことが可能であり、異業種への転職でも採用されるチャンスがあります。

特に、30代はキャリアの転換に適した時期であり、これまでの経験を活かせる職種や業界であれば、たとえ未経験でも採用される可能性が高いでしょう。

転職エージェントやキャリアアドバイザーを利用して、未経験業界への適性や可能性を探ることが重要です。

31歳の女性が転職するデメリット

一方で、31歳の女性が転職するケースでは、大きく次の2つのデメリットが生じる可能性があります。

安易に転職してしまうと失敗して後悔することにもなり得ますので、しっかり準備して転職活動をおこないましょう。

20代に比べるとスキルが求められる

31歳での転職では、20代に比べてより高いスキルや経験が求められます。これは、企業側が30代の転職者に即戦力としての役割を期待しているためです。

特に、30代の女性はキャリアアップや年収アップを目指す場合、専門知識や管理能力が必要とされることが多いです。

そのため、転職活動にあたっては、これまでの経験を具体的にアピールすることが重要となります。資格取得やスキルアップのための勉強、業界研究を行うことで、より良い転職先を見つけることが可能になります。

関連記事:転職したいけどスキルがない30代は手遅れ?未経験におすすめな仕事も解説

年収が下がる可能性がある

31歳での転職において、前職と比べて年収が下がる可能性もあります。特に、業界や職種を変える場合、未経験分野への挑戦は給与面でのリスクを伴うことがあります。

また、女性の場合、結婚や出産といったライフイベントを考慮して、柔軟な勤務条件を選ぶことが年収減に繋がることもあります。

転職を成功させるためには、年収だけでなく職場の環境や自身のキャリアプランを総合的に考慮することが大切です。

31歳の女性が転職を成功させるコツ

ここまでの内容をまとめると、31歳女性でも転職のチャンスは十分にあることが分かります。しかし、安易に転職してしまうと失敗してしまい、再び転職を考えてしまうようなこともあります。

転職を繰り返してしまうとどんどん条件が悪くなり、最終的には「あのとき転職しなければよかった」と後悔してしまいます。

こちらの項目では、31歳の女性が転職を成功させるためのポイントについてご紹介します。

即戦力としてのスキルをアピールする

31歳の女性が転職市場で成功するためには、即戦力としてのスキルをアピールすることが重要です。

企業は30代の転職者に対して、即座に業務に貢献できる能力を期待しています。自分がこれまで培ってきた専門知識、管理能力、業界経験などを具体的な事例と共にアピールしましょう。

また、どのようにしてこれらのスキルが新しい職場で活かせるかを具体的に示すことで、企業の関心を引きやすくなります。

未経験への転職では今までの経験と紐づける

未経験での転職でも、これまでの仕事での経験を紐づけてアピールすることができます。

たとえば保育士から転職する場合、保育の仕事では保育業務ばかりがイメージされがちですが、保育計画やシフトなどの人事管理などにも携わってきたことをアピールできます。

その結果、事務職や人事職などの未経験の仕事でも採用されるアピールにもなり得ます。

自分が具体的にどのような仕事をしてきたかを伝えられるようにしておくと良いでしょう。

企業研究をして会社のことをしっかり知る

転職活動を成功させるためには、企業研究をしっかりおこなって下さい。大きな理由が2つあります。

1つ目は、応募する企業の事業内容、企業文化、求める人材像などを事前に調査することで、面接や履歴書でのアピールポイントが見つかるからです。企業のことをよく知って、企業が求める人材としてアピールできれば、採用される可能性もかなり高くなります。

2つ目が、転職した後に後悔しないためです。女性の場合、人間関係の問題で転職を考える方も多いです。

参考:令和2年転職者実態調査の概要18ページ|厚生労働省

人間関係や職場の雰囲気は、求人票などの外からはなかなかわかりません。

企業の口コミを調べたり、転職エージェントから情報を仕入れてもらったりして、職場のリアルな情報を知っておきましょう。

自分のキャリアプランを明確にする

自分のキャリアプランを明確にすることも、転職成功の鍵です。自分が何を成し遂げたいのか、どのようなキャリアパスを歩みたいのかを具体的に考え、それを転職活動に活かしましょう。

キャリアプランを明確にすることで、どのような企業や職種が自分に最適かを判断しやすくなります。

また、31歳の女性は結婚や育児などのライフイベントが大きく関わってくる方も多くなります。育休の取りやすさや産後復帰のしやすさ、出退勤時間の融通の利きやすさなど、ご自身のライフプランとも併せて仕事先に求める内容を絞っていくと転職後の失敗も減っていくでしょう。

31歳の女性が相談するべき転職エージェント

それでは31歳女性におすすめの転職エージェントを紹介します。

関連記事:女性向け転職エージェントおすすめ比較ランキング|20代前半後半・30代・40代別に評判・口コミを解説

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 395,821件
非公開求人数 347,727件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年5月15日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
type女性の転職エージェント
  • 女性に特化した転職支援
  • ワークライフバランスを重視した転職も可能
  • 面接のためのメイク指導あり

 

type女性の転職エージェントは、女性の転職支援を専門とした転職サービスです。

 

女性ならではの転職事情に精通したキャリアアドバイザーから専任でサポートを受けられ、たとえば「子育てと両立したい」「残業なしがいい」「キャリアアップしたい」などの悩みも気軽に相談できます。

 

年間1万人以上(※1)の女性のキャリアカウンセリングをおこなっているとあって、女性に寄り添った転職サポートに期待できるでしょう。

 

求人への応募や応募書類の添削、面接対策などのサポートのほか、女性のための身だしなみやメイク指導もあり、typeならではのサービスで女性の転職活動を心強く支援してくれます。

 

(※1)type女性の転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type女性の転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 9,494件
非公開求人数 17,041件
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
2024年5月1日時点

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年5月15日時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 58,835件(※1)
非公開求人数 14,190件(※1)
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2024年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 240,663件
非公開求人数 42,210件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

170,269件

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
2024年5月15日時点

 

31歳女性の転職でよくある質問

最後に、31歳女性が転職をする上で疑問に思いやすい内容についてお答えしていきます。

31歳の女性だと転職に不利になる?

お伝えしたとおり、31歳の女性が転職市場で不利になることは一般的にはありません。

むしろ、豊富な経験とスキルを持つことで、多くの企業から高い評価を受ける可能性があります。

ただし、求職者自身がキャリアプランや希望条件を明確にし、自己分析を行うことが重要です。

また、キャリアアドバイザーや転職エージェントを活用し、自分に合った企業を見つけるサポートを受けることも効果的です。

31歳で公務員に転職できる?

31歳で公務員に転職することは可能です。

ただし、公務員試験の種類によっては年齢制限が設けられていますので、対象の公務員試験をしっかり調べてみて下さい。

まず、国家公務員ですが、年齢制限が基本的に30歳までなので、31歳からの挑戦が厳しいことが多いです。

地方公務員は地方自治体にもよって違います。35歳まで年齢制限を設けているところもあれば、29歳までのところもあります。対象地域や職種でしっかり確認しましょう。

また、公務員試験は競争率が高く、専門知識や試験対策が必要となるため、十分な準備が求められます。試験勉強をする期間も考えて、年齢や時間的に間に合うかどうかも逆算して考えて下さい。

31歳で異業種への転職はできる?

31歳で異業種への転職は十分に可能です。

実際、多くの企業は異業種からの転職者を歓迎しており、新たな視点やスキルの持ち込みを期待しています。

異業種への転職を成功させるためには、自分の強みや過去の経験を新しい業界にどのように活かせるかを明確にすることが重要です。また、業界研究や対象業界の求人情報を徹底的に調査し、具体的なキャリアプランを立てることが成功の鍵となります。

転職エージェントやキャリアアドバイザーを活用し、異業種への転職におけるポイントや注意点を把握することもおすすめです。

資格やスキルがなくても31歳で転職できる?

資格や特定のスキルがなくても、31歳での転職は十分可能です。

重要なのは、これまでの職務経験から得た知識や能力をどのように活かせるかを見極めることです。

また、積極的に自己分析を行い、自身の強みや職場での実績を明確に伝えることが大切です。転職活動中に資格取得やスキルアップのための勉強を始めることも、キャリアアップにつながります。

関連記事:30代のキャリア相談先おすすめサービスを紹介!転職成功のポイントも解説

31歳フリーターから正社員に転職できる?

31歳のフリーターから正社員に転職できる可能性はあります

ただし、これまでに正社員歴がなかったり、フリーター期間が長かったりすれば難しくなることは避けられません。

31歳のフリーターが正社員に転職するためには、これまでのフリーターの経験を活かせる仕事に絞ることが成功しやすいでしょう。場合によっては、今の職場が正社員登用してくれることもあります。

また、今までフリーターを続けていた理由や正社員転職を考えた理由も明確にしておく必要があります。

たとえば、子どもが小さくてフリーターをしていた女性であれば、子どもが大きくなったことを理由に正社員に挑戦すれることで採用される可能性も高まります。

理由もなく惰性でフリーターを続けていただけではマイナス印象が大きいので、しっかりした理由を作っておくことも大事です。

まとめ

31歳女性の転職は、キャリアの転換点として非常に良い機会です。この年齢では、自分自身のキャリアや将来のビジョンをより明確に理解しているため、転職活動も効率的に進めることができます。

重要なのは、自己分析を徹底し、自身の強みやキャリアプランを明確にすることです。また、転職エージェントやキャリアアドバイザーとの連携を図ることで、より適切な転職先を見つけることができます。

31歳の転職は新たなキャリアの扉を開くステップとなるでしょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。