35歳から未経験職種への転職は難しい?転職に求められるスキルや成功のポイントを解説

35歳 未経験
           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

35歳といえば、これから働き盛りを迎え、バリバリと仕事をこなしていく年代と言えるでしょう。しかし、近年は終身雇用や年功序列といった従来の雇用制度が崩壊したことで、35歳を迎えて転職するビジネス人材も少なくありません。

総務省が発表した統計によると、近年は年齢に関わらず、転職者の数や割合が増加傾向にあります。ただ、35歳からの未経験職種への転職では、無計画な転職活動を行うと失敗する可能性が高くなるのも事実です。

35歳といえば、小さなお子様がいたり、これから何かとお金が必要となったりする方も多いのではないでしょうか。そのような方は、できるだけリスクを避けて転職活動をしたいはずです。

そこで今回は、35歳から転職に必要なスキルや成功のポイントを詳しく解説します。これから転職をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事:30代転職エージェントおすすめ比較ランキング|女性・未経験・フリーター向けの選び方

目次

35歳転職限界説は本当?

「転職35歳限界説」などの言葉があることから、35歳を過ぎると転職市場における価値が低くなる、転職が難しくなると懸念している人は少なくないでしょう。

たしかに、国内で大手の転職支援サービスを展開するdodaの2022年の調査によると、35~39歳の年代別転職者の割合は30~34歳の半分近くになっています。

doda「転職するなら何歳まで?年代別の転職活動のポイントは?転職成功者の平均年齢調査【最新版】」
引用:doda「転職するなら何歳まで?年代別の転職活動のポイントは?転職成功者の平均年齢調査【最新版】」

また、マイナビのキャリアについての調査データによると、35歳を皮切りに転職の難易度が上がったと感じる方は増えているようです。

マイナビキャリアリサーチLab「転職時の『年齢の壁』はなくなったのか~20-30代と40代、50代の違いは?~」
引用:マイナビキャリアリサーチLab「転職時の『年齢の壁』はなくなったのか~20-30代と40代、50代の違いは?~」

これらは、30代後半の転職は実際厳しいということを示しているデータなのでしょうか?

厚生労働省による令和2年の年代別の転職意欲についてのデータを見てみると、35~39歳は最も転職意欲が低い世代の一つであることがわかります。社会人になりたての人が多いと考えられる20~24歳の層に次いで35~39歳の転職意欲は極端に低いのです。

年齢階級別転職希望割合今後の転職希望
今の職場で今後も働きたい機会があれば転職したいわからない
全体52.7%21.0%24.9%
20~24歳60.6%14.7%23.9%
25~29歳52.8%22.6%24.4%
30~34歳48.6%25.7%25.2%
35~39歳50.2%17.7%29.5%
40~44歳46.2%25.6%26.7%
45~49歳52.2%20.3%26.7%
※一部年代と無効回答は省略
引用元:厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況」

そもそも転職を望んでいる人が少ない以上、転職成功者の割合は少なくなるでしょう。一方で、35歳の壁を感じる人が増えることもまた事実です。問題は、転職を通じて良い方向に転じた人がどれくらいいるのかということでしょう。

詳しくは後述しますが、厚生労働省の令和2年の調査によると35~39歳の世代で転職した人のうち、年収アップした人や労働時間が減少した人はそれぞれ40%以上いるようです。(※1)

(※1)厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況」

35歳以上であっても、自分の市場価値の高いところで適切な転職活動をおこなってさえいれば、転職は成功させられるということが言えるでしょう。

関連記事:30代におすすめ転職エージェントランキング比較|女性・未経験・フリーター向けの選び方

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

35歳からの転職活動が難しくなる理由

35歳からの転職活動が難しくなる理由としては、次の3点が考えられます。

若手人材の方が優遇されやすいから

冒頭の統計からもわかる通り、35歳未満の方が転職者数は多く、転職で年収がアップする割合も多いことがわかります。これは、一般的に35歳前後よりも若手人材の方が優遇される傾向にあるからです。

人材を採用するのも当然、費用が発生します。そして、同じ費用をかけても、若い人を雇った方がより長く会社で働いてもらえますし、働いているうちに能力が高まることも予想され、企業にとっては人材価値が高いのです。

また、若い人の方が会社の方針や方向性を柔軟に理解してもらえる傾向にあることも、若い人を雇うメリットとして考えられます。

マネジメントしづらいと思われてしまうから

平均年齢が若い会社の場合、管理職の年齢が35歳より若いケースもあり、自分より年齢が高い人をマネジメントするのに心理的不安を感じることもあるはずです。それを原因に、35歳を過ぎての転職は難しくなるケースもあるケースもあるでしょう。

また、上司となる社員が年上の場合でも、35歳というキャリアから仕事に対するこだわりが強いのではないかと思われることもあるはずです。会社やチームの方針に順応できないと判断され、採用に至らないケースも考えられます。

条件に合った求人が少なくなるから

35歳になると年収やポジション、労働環境、会社の安定性、ライフワークバランスなど、転職で希望する条件が複雑に絡み合うことも少なくありません。

35歳になれば家庭を持っていることも少なくありませんので、住宅ローンや教育資金、家族の事情などを考慮すれば、希望条件が増えてしまうのも仕方がないでしょう。

ただし、希望条件をすべて満たす求人を探すとなると、一気にその数は少なくなってしまいます。そして、応募できる求人の分母が少なくなればその分、転職が成功する確率も低くなるのです。

35歳以上で転職を考える理由4選

まずは、35歳で転職を考える理由を整理しておきましょう。

35歳になると企業規模によっては役職がつきはじめることや、家庭を持つ、子どもが生まれることなどから、社内での出世動向や今後のライフプランなどを考慮し、次のような理由で転職をする人が多いようです。

年収を上げたいから

1つ目の理由は「年収を上げたいから」です。実際、厚生労働省の統計では35~39歳の転職理由で9.7%を占めています(※)。

35歳になると家庭を持っている、またはこれから持つために収入を上げる必要性を感じる方も多くなるでしょう。

そんな中で、同期や友人の中から出世やキャリアアップに成功する人が増え始めるため、自分の年収が低いと感じてしまうこともあるかもしれません。

また、今の会社に勤めていても大幅な年収アップは見込めないと考え、より高い給与を求めて転職する人も一定数いるようです。

いずれにせよ、20代や30代前半の頃と違って、子供の習い事や将来への貯蓄に向けて、年収を上げていきたい人が増える傾向はあるでしょう。

人間関係の悩みやトラブルから解放されたいから

2つ目の理由は「人間関係の悩みやトラブルから解放されたいから」です。

会社での人間関係の悩みやトラブルを回避するために転職を検討する人も多いようです。人間関係を理由に転職をした35~39歳の人の割合は、厚生労働省での統計で9.6%となっています(※)。

職場での人間関係がよければ仕事もスムーズに進みやすく、仕事へのモチベーションを維持することができます。しかし、人間関係が上手くいかない職場では常にストレスを抱えることになり、ミスやトラブルを招いてしまう恐れもあるはずです。

会社での人間関係は、本人の努力では解決できないケースも多いでしょう。そのため現状を良くするための手段として転職を考える人が多くなるようです。

会社の倒産や経営不振などの心配があるから

3つ目の理由は「会社の倒産や経営不振などの心配があるから」です。厚生労働省の統計では、「会社の将来が不安」を理由に転職をした人の割合は35~39歳で12.8%と、最も多い転職理由となっています(※)。

「仕事で成果を出し、会社の成長に貢献したい」といった思いは、働いている人であれば多かれ少なかれ持っているはずです。しかし、経営不振が続き将来倒産が危ぶまれる会社で、そのような思いの実現は困難で、仕事へのモチベーションも下がるはずです。

また、経営不振の会社で働いていると、減給になったりボーナスがカットされたりと、給与が下がるケースも少なくないでしょう。

このように、会社の将来に不安があると、モチベーション低下や給与面の不安から転職することが考えられます。

通勤時間や残業など職場環境の問題があるから

4つ目の理由は、「通勤時間や残業など職場環境の問題があるから」です。厚生労働省の統計では、「労働条件」を理由に転職した人は35~39歳で10.0%となっています(※)。

現在の生活スタイルを改善するために転職を考える人も多いようです。「通勤に片道2時間かかるため睡眠時間が取れない」「残業が多く毎日終電で帰宅している」などの理由から、通勤時間の短い会社や残業時間の少ない会社への転職を希望するケースもあります。

20代のときは問題がなくても、30代後半になって体力的に厳しくなってくるというケースもあるため、35歳前後に環境を変えたいと考える人が多いと予想されます。

(※)令和2年雇用動向調査結果の概況|厚生労働省

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

35歳の転職事情|もう、転職成功するのは難しいのか

冒頭でもお伝えしたように、35歳以上で転職に成功している人は決して少なくはありません。

ただし、転職した人数や転職で給与が上がった人の割合は34歳以下の人と比べると少ないことからも、「35歳からの転職は簡単ではない」と理解しておいた方がいいでしょう。

では、どうして35歳以上になると転職活動は難しくなるのでしょうか。ここで確認しておきましょう。

関連記事:30代後半からの転職は厳しい?失敗する原因や男女別の対策を解説!

35歳からの転職後の変化を他の世代と比較

35歳で転職した場合、どの程度の確率で労働条件に対して影響があるのかは気になるところでしょう。

そこで、令和2年の厚生労働省のデータを基に分析してみました。

労働条件の変化率賃金労働時間
3割以上増加6.7%4.5%
1~3割増加21.9%11.5%
1割未満増加12.0%10.7%
増加した40.6%26.8%
変化なし20.5%30.3%
減少した37.7%41.6%
1割未満減少5.2%7.8%
1~3割減少19.5%15.1%
3割以上減少13.0%18.7%
引用:厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況」

このデータを参照すると、収入が上がったという人が40.6%、労働時間が下がったという人が41.6%という割合で、転職を通して労働条件の改善を実現できているようです。

特に年収に関しては、20代は総じて50%弱の年収アップを実現しているのは確かです。(※1)

しかし、20代の平均年収は男性で365万、女性で319万であるのに対して、30代では男性が474万、女性が377万です。(※2)

元々高くなっている年収から転職を通してさらに高くするハードルを加味すれば、年収アップ者の割合の差分10%は著しく大きいとは言えないのではないでしょうか。

(※1)厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況」
(※2)doda「20歳~65歳の平均年収は?平均年収ランキング(年齢・年代別の年収情報)【最新版】」

未経験の業種や職種への転職について

35歳以上で、未経験の業種や職種に転職したい人も少なくないはずです。ただし、給与は、あなたが仕事で出した成果によって変動するのが通常です。

未経験の業種や職種への転職では、いきなり成果を出すことは困難です。今よりも年収が下がってしまう可能性があることは覚えておきましょう。

とはいえ、転職の成功は必ずしも「年収が上がること」だけとは限りません。新卒で入った会社でやりたいことができなかった人にとっては、年収が下がったとしても、未経験の業種や職種への転職でほんとにやりたいことができるようになったのであれば、「転職が成功した」と評価してもよいはずです。

ただし、業種が変わっても職種を変えないのであれば、転職がスムーズに進むこともあります。業務内容に共通している点も多く、採用する側からも歓迎される場合もあるでしょう。

未経験の業種や職種に転職を希望する場合は、これまで得た経験やスキルを洗い出し、自分の武器となる部分を明確にしておくことが重要です。

スキルなしでの転職は難しいことを理解する

35歳でスキルなしの転職は難しいことを理解しておきましょう。35歳になると会社によっては管理職やマネジメントをおこなう役割についていることも多く、採用をする会社も即戦力を必要としている場合が多くなるからです。

同じように特別なスキルを持たない人材を採用するのであれば、20代の若い社員を採用したいと思う会社もあるでしょう。

もし35歳以上で活かせるスキルを持っていない場合は、課題解決能力、周囲と協力する能力など、スキルの解釈を広げて、面接で経験や強みなど示す準備しておく必要があります。

転職活動の長期化には覚悟が必要

35歳の転職では、転職活動が予想以上に長引く可能性があります。とくに、未経験の業界・職種への転職を検討している方は、長期戦への覚悟が必要です。

この理由は、求人票では明確な年齢制限は禁止されているものの、やはり20代の人材の採用を想定した企業が多く、30代を対象としている求人は少ないためです。

また、35歳には年齢相応のスキル・実績が求められ、企業に期待されるレベルも高くなります。35歳の求職者自身も、家族がいる、転職のリスクを最小限に抑えたいなどの事情から、譲れない条件が多くなりがちです。

以上の理由から、求人探しや選考突破が難航し、転職活動が長期化してしまうのです。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

35歳で転職するメリット

35歳は会社で重要なポジションを任せられる機会が増え、仕事のおもしろさを見出しやすい時期です。そんな中、長く勤めてきた職場から別の会社に転職することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

この章では、35歳で転職するメリットを解説します。自身の状況と照らし合わせて、転職を決断してください。

実務経験を評価してもらえる

35歳で転職するメリットの1つ目は、選考において実務経験を評価してもらえることです。

35歳の転職では、これまでの経験や習得したスキル、仕事で上げた具体的な成果が重視されます。企業は35歳の人材に即戦力としての働きを想定しており、求職者の実務経験をもとに自社で活躍できる人材か、求める人物像に合致しているかどうかを判断するのです。

20代の転職で多い「ポテンシャル採用」とは違い、評価基準やアピールすべき点が明確であることは、35歳で転職するメリットといえるでしょう。

未経験の業界・職種に挑戦できる

20代に比べてハードルは高くなるものの、35歳でも未経験の業界・職種への挑戦は不可能ではありません。中には、たとえ異業種出身であっても、幅広い知識や経験がある35歳の人材を歓迎する企業もあるでしょう。

ただし、35歳でまったく未経験の仕事への応募となると、書類選考の通過が難しい可能性があります。

未経験の業界・職種に挑戦する場合、現職で得たスキルと転職先で活かせるスキルの共通点を見つけ、アピールポイントとして強調することが大切です。

転職に失敗してもまだリカバリーが可能

3つ目のメリットは、転職に失敗してもまだリカバリーが可能なことです。

35歳は会社の中で中堅ポジションにいますが、60歳の定年退職まであと25年あり、ビジネスマンとしてのキャリアにおいては通過地点に過ぎません。昨今では転職は特別なことではないととらえられており、35歳で転職に失敗しても次の会社に転職することは十分に可能でしょう。

「うまくいかないのではないか」と転職後の後悔を恐れて転職に踏み切れない方は、転職そのものへの捉え方を変えてみると、失敗することへのプレッシャーが軽くなるかもしれません。

最適な転職先を見つけやすい

35歳は最適な転職先を見つけやすいのもメリットです。

35歳の方は、10年以上にわたる社会人経験をとおして、物事をふかんして見る力や何事も冷静に分析する力が養われてきたはずです。自身の価値観も明確になり、自分にとって必要なこと、必要でないことの優先順位をつけやすくなっているでしょう。

また、35歳は、結婚や出産、引越しなどを経験し、ライフプランの土台がある程度定まってくる時期でもあります。

このような背景により、35歳の転職活動では、20代に比べて最適な転職先を選択する力が増していると考えられます。落ち着いて取捨選択することで、満足感の高い転職を叶えられるでしょう。

管理職のポジションに就ける

転職によって管理職のポジションに就ける可能性があるのも、35歳で転職するメリットのひとつです。

転職市場にはマネージャーや部長職の求人募集が出ていますが、そのような求人の選考を突破するのは一定レベル以上のスキル・経験がないと難しいものです。経験が浅いと応募すらためらわれてしまうかもしれません。

しかし、35歳の人材であれば、企業にとっても管理職として採用するのに適した年齢であり、選考を通過する可能性が高いはずです。

とくに、現職では昇進できる見込みがない方、年収をアップさせたい方は、管理職求人への応募を検討してみるのが有効です。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

35歳で転職するデメリット

35歳の転職には多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。メリット・デメリットの両面を比較し、自身が納得できる道を選択してください。

未経験業界・職種への転職は難しい

メリットで「未経験業界・職種に挑戦できる」と解説しましたが、転職のハードルが高いことは理解しておくべきです。

まったく経験のない仕事に応募する場合、20代に比べて不利になることは否めません。35歳の人材は、社会人経験が長いゆえに柔軟性に欠けると考えられるうえ、上司が年下になる可能性があり、入社後の扱いにくさが懸念されるためです。

そのため、似たようなスキルをもつ20代の候補者がほかにいる場合、若い人材が優先して採用される傾向があります。

年齢なりのスキル・経験が求められる

35歳の人材は、年齢相応のスキル・経験が求められることもデメリットです。

ポテンシャルで採用される20代とは異なり、35歳には即戦力としての入社が期待されます。たとえば、問題を解決した経験があるか、マネジメントを任せられそうかなど、年齢なりのスキル・経験が育ってきているかどうかは、企業として気になる点です。

年齢相応の実績がある候補者は、活躍のイメージを描いてもらいやすいでしょう。反対に、年齢に対してスキルのレベルが低い場合、「まじめに仕事に取り組んでこなかったのではないか」「成長できない人なのでは?」と疑われる可能性もあります。

転職活動前には、自己分析とスキル・経験の棚卸しに入念に取り組むと、10年以上のキャリアによって成長できた長所を見つけられるはずです。

35歳で転職すべきケース

35歳は社会人としての責任が増してくる時期であり、転職に踏み切るのに勇気がいる方もいるかもしれません。以下のようなケースに当てはまる方は、転職の成功を強く実感できる可能性が高いでしょう。

挑戦してみたいこと、やってみたいことがある

挑戦してみたいこと、やってみたいことがある方は、転職を選択するのがおすすめです。

仕事をしていると、「このままずっとこの会社で働くのだろうか」と迷うことは誰しもにあることです。とくに、35歳限界説のような情報を見聞きして、焦りを感じる35歳の方は少なくないかもしれません。

たとえば、「一度は挫折したけど諦められない夢がある」「起業して違う人生を歩みたい」などの気持ちが強い場合、思い切って挑戦してみるのもひとつの選択肢です。現職や副業で実現できないか考えてみて、それでも難しそうであれば、転職を検討してみましょう。

ただし、まったく新しい道に進む場合、入念な計画と必要スキルの習得は必須です。

今の職場で解決できない問題がある

人間関係のトラブルや残業の多さ、ノルマ達成の厳しさなど、今の職場で解決できない問題がある場合も、転職がひとつの選択肢となります。

中には、問題を避けるために転職することを「逃げ」ととらえて後ろめたさを感じる方もいるでしょう。しかし、「家族を守るため」「世間体が悪いから」などと無理して現状を維持した結果、体調を崩して結局退職に追い込まれては元も子もありません。

現職で手を尽くしても改善がみられなかったのであれば、転職して環境を変えることを検討してみてください。

パワハラやセクハラにあっている

パワハラやセクハラにあっている35歳の方は、転職を検討すべきです。

パワハラやセクハラが横行している職場では、自分たちの言動の何が問題なのかを自覚できない社員が多く、上司に訴えてもまともに取り合ってもらえないケースもあります。そのような状況下で我慢し続けていると、次第に自分に問題があるのではないかと自責思考が強くなり、心がむしばまれてしまうでしょう。

自分自身を守るためにも、早めに転職して職場から離れるのが得策です。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

35歳で転職すべきではないケース

反対に、35歳での転職を思いとどまったほうがいいケースもあります。以下の内容を参考に、自身の状況が当てはまるかどうかを確認してみてください。

関連記事:30代未経験での転職は厳しい?手遅れ?おすすめの業界や転職エージェントを解説

転職理由が明確ではない

転職理由が明確でない方は、今の段階では転職すべきではないかもしれません。焦りや一時的な気の迷いで転職したとしても、転職成功の可能性は低いからです。

転職理由が明確になっていないと、転職に求める条件や目指すキャリアプランがあいまいになってしまい、適切な選択はできないでしょう。面接でも一貫性のない回答が多くなり、企業から信頼を獲得することが難しくなります。

「ただなんとなく転職したい」という方は、一度転職を踏みとどまるべきです。

年収アップにこだわりがある

年収アップに強いこだわりがあることも、転職で後悔する可能性があるケースのひとつです。

転職では、必ずしも年収アップが叶うとは限らず、業界や職種、経験によっては年収が下がることもあります。年収だけにこだわって転職活動をしていると、面接で説得力のある転職理由を述べられなかったり、適切な選択ができなかったりすることもあり得るのです。

年収アップしたい方は、ほかに明確な転職理由ができてから行動に移すようにしましょう。

現職の上司と話し合いの機会をもち、自身への評価とともに、昇給のためにやるべきことを尋ねてみるのもおすすめです。

仕事内容に不満がある

「仕事がおもしろくない」「やりがいがない」と仕事内容に不満がある方も、転職を踏みとどまったほうがいいでしょう。

仕事は一日の大半を費やすものなので、仕事内容に不満があると毎日がつらく感じられ、現状を変えたいと願うことは理解できます。しかし、仕事内容に不満がある場合、あなたの仕事への向き合い方に問題があるケースもあるのです。仕事の不満点ばかりに目がいくようになっていると、たとえ転職できたとしても、また同じ事態におちいってしまうおそれもあります。

現職の仕事内容に不満がある方は、まずは日々の業務に小さな目標を設定してみましょう。

毎日の仕事終わりにできたこと、改善すべきことの振り返りを繰り返すことで、達成感を得られるようになるはずです。

35歳以上で転職をする際に求められるスキル5選

冒頭でお伝えしたように、35歳以上での転職が難しいとはいえ、転職を成功させている人がいるのも事実です。

そして、35歳以上の転職者に企業側が求めるのは「即戦力」です。次のようなスキルを持ち、面接でアピールしなければなりません。

①柔軟性

スキルには専門性の高いスキルと、汎用性の高いスキルとに分かれます。

専門性の高いスキルや資格を持っているのは同職種に転職するのであれば当然として、汎用性のあるスキルを持っておくのも重要です。

汎用性の高いスキルとしては「柔軟性」が挙げられます。柔軟性をアピールできれば、転職先でも周囲と協力して高い成果を出せることが期待できます。

その他の汎用性の高いスキルとしては、コミュニケーション能力や筋道を立てて考える論理的思考能力などがあります。これらも面接でアピールできるとよいでしょう。

②リーダーシップ

35歳からの転職では、リーダーシップも必要とされます。

「リーダーシップとは何か」の解釈についてはいろいろあるかと思いますが、ビジネスにおいては、「目標実現のためのビジョンを示し、目標を実現するための問題を解決する能力」と理解しておくとよいでしょう。

いくら個人のタスクをこなす能力があっても、35歳以上での転職でリーダーシップがなければ、敬遠される傾向にあります。年齢がいけばいくほど企業の要求も高いため、自然とヒューマンスキルも求められるのです。

ヒューマンスキルとは

ヒューマンスキルとは『対人関係能力』とも言い、人間関係をスムーズにする能力のことで、ヒューマンスキルが高い人とは、会話力・論理的思考力・説得力・交渉力・向上心などが身についた人です。

③適応力

35歳以上の転職では、適応力も必要とされます。前職とは違う環境に適応できなければ、即戦力にはならないからです。

中途採用の場合は特に、職場の雰囲気になじめないと、いつまでも浮いた存在になってしまいます。

適応力があり、チームの中で違和感なくコミュニケーションがとれることは大事なことです。

柔軟な気持ちを持って転職先になじむ努力をしましょう。

④マネジメント能力

マネジメント能力とは、管理職などに求められ、組織をまとめて生産性を上げたり、目標を達成させたりする能力のことです。具体的には次のようなものが求められます。

マネジメント能力とは
  • 目標を掲げ、計画を立て、周りの人を巻き込んで実行する。
  • チームをまとめるにあたって、部下の長所や短所をつかみ、うまく活かして会社の成果につなげる。
  • ひとつのことにこだわらず、常に対極的な視点でものを見る。

35歳の中途採用者には、若手のリーダーとなるだけでなく、組織全体のレベルアップを実現していくマネジメント能力も必要となります。

⑤英語力

グローバル社会の中では、英語ができる人はやはり有利です。

転職希望の応募者が同じくらいの能力なら、企業側はプラスαがある人を優先的に入社させます。そのプラスαとして英語ができるのは、企業側に魅力的なポイントに映ります。

英語力を資格として履歴書に書く場合は、『TOEIC 』の場合800点以上は欲しいところですので、あまりに低い点数なら、書かない方が無難です。

しかし、『趣味で英会話を勉強している』『海外旅行での会話程度なら困らない』『海外の子どもたちを支援するNPO活動をしている』などと、英語がある程度できるなら、趣味や特技の欄に記載しておくとさりげなくアピールできます。

ビジネス英会話ができる人なら転職の幅が広がりますが、そうでなくても英語が好きな人は外国の人とも臆せず会話を楽しむ傾向にあります。

「たいした英語力ではありませんが、外国の人とフランクにおしゃべりするのは好きです」と面接でアピールできれば、英語力よりもコミュニケーション能力を評価してもらえるかもしれません。

35歳以上の転職におすすめの業界

35歳で未経験の業界・職種への転職を希望する場合、未経験者が転職しやすい業界を選ぶべきです。

この章では、35歳の未経験転職におすすめの以下の業界について解説します。

35歳以上の転職におすすめの業界

IT業界

IT業界では、現在多数の人材が必要とされており、未経験者向けの研修が充実している企業も多くあります。一口にIT業界といってもさまざまな職種があり、プログラマー、システムエンジニア、テクニカルサポートなどで未経験可の求人を多く見つけられるでしょう。

ただし、まったくスキルがない状態で採用されるのは難しいのが現状です。IT関連の基礎知識やプログラミングスキルは、あらかじめ身につけておいたほうが有利といえます。

IT業界への転職を目指す場合は、準備期間も視野に入れて、入念な計画を立てるとよいでしょう。

医療業界

医療業界も、35歳未経験で転職できる可能性がある業界です。

医療業界には有資格の仕事と無資格の仕事があり、後者の例としては医療事務、病院事務、看護助手、歯科助手などが挙げられます。また、医療機器メーカーの営業職やバックオフィスも、職種の経験があれば採用に期待できます。

日常生活において不可欠な「医療」の分野に貢献したい方は、検討してみるとよいでしょう。

介護業界

介護業界では慢性的な人手不足が問題となっており、未経験者が広く採用されています。とくに、介護職は簡単な資格を取得すれば誰でも挑戦でき、将来的にも高い需要が見込まれる仕事です。職員の平均年齢が高い傾向があり、35歳からの挑戦でもスムーズになじめるでしょう。

介護業界のやりがいは、目の前の利用者から直接お礼を言われる点にあります。気遣いや工夫したことに対して感謝されると、モチベーションの向上にもつながるはずです。

また、資格取得によってキャリアアップが目指せることも、介護業界で働く魅力のひとつです。

製造業界

製造業界の工場勤務は、未経験可の求人を見つけやすく、35歳でも転職しやすい仕事です。職種は生産ラインの組立や検品、ピッキングなど多岐にわたり、興味に合わせて仕事内容や製品を選択するとよいでしょう。

勤務時間や福利厚生は工場によって異なるため、募集要項をよく確認してから応募に進むよう注意してください。

運輸業界

運輸業界も、労働力の確保が急務となっている業界で、未経験者が採用されやすい傾向があります。

とくに、運輸に必須のドライバー職は、運転が好きな方におすすめできる職種です。

ドライバーの仕事に就く場合、運転するトラックの種類によって、中型運転免許、大型運転免許が必要となります。普通自動車免許で運転できるトラックもありますが、将来的にもドライバー職を長く続けていきたい方は、あらかじめ必要な免許を取得しておくと有利になるでしょう。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

35歳からの転職で成功率を高める方法

では、35歳以上の人が転職の成功率を高めるためには、具体的にどういった方法をとるべきなのでしょうか。ここで確認しておきましょう。

①事前準備をしっかりおこない焦らずに転職活動をする

35歳以上で転職する場合は、現在の会社を辞めてから転職先を探すのではなく、収入を得ながらじっくりと探すことが重要です。

もちろん、会社を辞めて転職活動に集中する方法もありますが、あまりおすすめできません。転職先がなかなか決まらなければ、収入も途切れてしまいますし、精神的に大きな負担がかかるからです。

②同じ職種でキャリアアップを目指す

採用率が高いのは、前職と同じ職種での転職です。未経験の職種への転職は、かなり厳しいと覚悟しておきましょう。企業側にとってみれば、35歳以上の人を受け入れて一から教えるのは、時間的にもコスト的にも大きな負担と考えるのが一般的だからです。

営業職から営業職へ、技術職から技術職へといった転職は即戦力につながります。

面接時にも、「前職でのキャリアを活かし、さらにキャリアアップをしたいと思い応募いたしました。」とスムーズに転職理由を伝えられるでしょう。

また、異業種に転職したい人もいるでしょう。そのときも、同じ職種であれば前職でのスキルを活かしての活躍につながるはずです。

キャリアアップとスキルアップについて

キャリアアップとは、今よりも高い専門性を身につけ、昇給、昇進を目指すことです。一方のスキルアップとは、技能や知識を高めることです。

キャリアは実績や経験、スキルは実力や能力と整理できます。

転職においてのキャリアアップとは、前職よりも条件がよいところに就職することと理解しておくとよいでしょう。

③転職先で活かせる専門的なスキルを身につけておく

35歳ともなれば、前職である程度のスキルは身についているはずですが、それを証明するような資格があれば採用率は高くなるはずです。

「前の会社で10年以上働いてきましたので、即戦力になれます。」とアピールするより、不動産業なら宅地建物取引士、IT業界ならITパスポート、外食産業なら調理師免許などを取得していることを示せれば、スキルがあり、よりプロフェッショナル能力が高いとみなされます。

④新しいことに挑戦するバイタリティをアピールする

バイタリティとは活力という意味です。

20代の若者と比べ30代も半ばになると、元気もパワーも落ちてきます。企業側は採用するにあたって、年齢にかかわらず積極的で好奇心旺盛な人を求めます。カラ元気はNGですが、明るくイキイキとふるまうことは大事です。

新人のように素直に「少しでも役立ちたいと思い○○のセミナーに通っています。」「毎朝英語の勉強をしています。」など、35歳という年齢でアピールするには恥ずかしいかもしれませんが、バイタリティあふれる姿勢は評価されます。

『人間死ぬまで勉強』という言葉もあります。面接では活力があることをアピールするのも重要です。

⑤中小企業や新規事業への応募も積極的におこなう

35歳を過ぎての転職では、中小企業や新規事業への応募を積極的におこなうのも重要です。応募先の母数を増やせば、それだけ転職成功率は高まるからです。

とくに、前職が大手企業だった場合などで、理想が高く、転職先も大手企業に限って探すとスムーズに採用されないことにつながります。

家庭の事情もあり、少しでも条件がよく給料が高いところを望むのは当然のことです。ただし、大手企業から転職する場合は大手企業ゆえの不満もあって転職を希望したはずです。

変なプライドは捨て、中小企業や新規事業への応募も積極的におこなうようにしましょう。

中小企業では即戦力を、新規事業の立ち上げでは経験豊富な人材を高く評価してくれるに違いありません。

たとえ低い給料で入社したとしても、入社後の貢献度によって会社の利益が上がったなら待遇に反映されるはずです。

⑥転職エージェントを活用する

転職サイトに掲載されている求人を探す以外に、転職エージェントを活用するという方法もあります。

転職エージェントとは、転職アドバイザーが求職者の経験やスキルなどをヒアリングして、転職に関するアドバイスや条件に合った求人の紹介などをおこなってくれるサービスです。

自分の力のみで転職成功を目指すのは難しいですから、転職エージェントの利用はマストだと思ってください。

求人の紹介のほか、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策、内定先企業への条件交渉などをサポートしてくれるため、自分で求人を探すよりも転職成功率がアップするのが最大のメリットです。

⑦スカウトサービスを利用してみる

スカウトサービスの利用も、35歳からの転職を成功させるために有効な方法です。

スカウトサービスとは、転職サイトに登録したプロフィールや希望条件をもとに、企業や転職エージェントから直接オファーを受け取れるサービスです。自分では考えもしなかった求人の案内が届くこともあり、転職の可能性を広げたい方におすすめできます。

よりマッチ度の高いスカウトを受け取るにはプロフィール情報の充実が欠かせませんが、スカウト経由での応募では書類選考の免除や選考通過率の上昇にも期待でき、利用して損はないサービスといえるでしょう。

関連記事:転職サイトおすすめ比較ランキング【最新版】業界別・職種別に解説
関連記事:転職エージェントおすすめ比較ランキング!【2024年5月】人気大手18社の選び方を年代・職種別に一覧で解説

35歳で転職を成功させられる人の共通点

35歳で転職を成功させることは、決して特別なことではありません。35歳の転職成功者にはいくつかの共通点があり、それらを知ることであなたの転職を成功させられる可能性も高められるはずです。

それぞれの共通点についてみてみましょう。

自己成長に意欲的

35歳で転職を成功させられる人は、自己成長に意欲的な人です。

ただ漫然と仕事に取り組んでいる人は、転職活動で熱意をアピールしようとしても本質が透けてみえ、企業から高評価を得るのが難しくなります。一方、自身の成長に向き合っている方は、将来のキャリアプランや目標が明確で、企業から活躍のイメージをもたれやすいのです。

転職活動がうまくいかない35歳の方は、「自己成長」という視点で再度自己分析に取り組んでみてください。

何かしらの成果を出している

現職での成果を語れる人は、35歳の転職を成功させやすいでしょう。

転職活動では、「よく思われたい」「核心に迫る発言は避けたい」という気持ちが先行して、ついあいまいな表現を使ってしまいがちです。しかし、企業が知りたいのは現職での成果であるため、数値を交えて具体的に説明することが効果的です。

35歳で何かしらの成果を出している人は、たとえ他業種・他職種であっても高評価を受けやすくなります。年齢なりの経験を積んできたことも示せ、採用の可能性を高められるはずです。

ポータブルスキルのレベルが高い

ポータブルスキルのレベルが高い人材は、幅広い企業で好印象を得られやすく、35歳も例外ではありません。

ポータブルスキルとは、どの仕事においても必要な汎用性の高いスキルを指し、たとえば、論理的思考力や課題解決力、コミュニケーション能力、交渉力などが該当します。

ポータブルスキルのレベルが高いと、必然的に「仕事ができる人」との印象を与えられ、転職市場での評価が高くなるのです。

ただし、単純に「ポータブルスキルに自信があります」と述べても、説得力に欠けるでしょう。面接でアピールする際は具体的なエピソードを交えるのがポイントです。

企業が求める人物像を把握している

35歳の転職を成功させたいのであれば、企業が求める人物像を把握することが大切です。

応募先企業が想定している人材がわからないと、いくらアピールしても独りよがりになってしまい、良い結果にはつながらないかもしれません。

転職成功のために、応募前には求人票や企業の求人サイト、公式サイトを読み込み、どのような人物が求められているかを把握してください。

自分一人ではうまく情報を収集できない方は、転職エージェントを活用し、過去の選考内容や職場の雰囲気などの情報を共有してもらいましょう。

キャリアビジョンが明確

35歳で転職に成功している人の共通点として、キャリアビジョンが明確なことも挙げられます。

「3年以内に〇〇の事業に携わりたい」「そのために御社への入社を目指している」のように、具体的なキャリアビジョンを交えて志望動機を語ることで、企業に活躍のイメージをもってもらいやすくなるためです。

進みたいキャリアや高めていきたい専門性が定かでない方は、まずは自己分析から始めてみましょう。1年後、3年後、5年後、10年後の理想の自分の姿を書き出してみて、キャリアビジョンの輪郭をクリアにしてください。

自身の市場価値を把握している

自身の市場価値を把握することも、35歳の転職活動で大切なポイントです。

自分のスキルレベルや経験に合わない企業にばかり応募していては、転職活動が長期化してしまい、いつまでも思うような結果を得られないかもしれません。

とはいえ、自分一人で市場価値を判断するのは難しいものです。そのようなときは、転職エージェントのキャリアアドバイザーの力を借りてみるとよいでしょう。有能なキャリアアドバイザーは選考突破の可能性がある求人に絞って紹介してくれるので、自身の評価を考察するのに役立ちます。

また、スカウト型の転職サイトに登録し、どのようなオファーが届くかをみてみるのもおすすめです。

\ 転職する予定がなくてもOK /

 

エージェント 評価 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ


5.0

【転職しなくてもOK】ユーザーの8割以上が市場価値を確かめるために利用

ミイダス

ミイダス


4.7

【登録不要・所要時間5分】7万人以上のデータをもとにあなたの市場価値を判定

ASSIGN

ASSIGN


4.5

【5万人以上が利用】キャリア・年齢ごとに適性年収・適職をAIが診断
2024年5月1日時点

【男性・女性別】35歳の転職で注意すべきポイント

それでは、次に35歳の転職で注意すべきポイントについて、男性と女性別に解説します。ぜひ参考にしてください。

35歳の男性が転職する際の注意点

まずは、35歳の男性が転職する際の注意点として、次のような点に注意する必要があります。

家族の理解や協力が得られるかどうか

35歳の男性が転職する場合は、必ず家族の理解や協力を得てからおこなうことが大切です。35歳で家族を持つ方であれば、小さなお子様がいることも多いはず。また、住宅や教育費など、さまざまな生活費用が多くなり始める時期でもあるでしょう。

このような状況においては、収入が減る可能性があったり、仕事自体が不安定になるような転職をおこなうべきではないかもしれません。

35歳の男性が転職する際は、転職活動を始める前に、まず家族にしっかりと相談した上でおこなうことが重要です。

転職する際の条件が高すぎないか

35歳の男性が転職する際に「転職したら収入が上がる」と決めつけるのは危険です。

現職の給与から10万円アップさせて同業他社に転職したいと思っても、実際にそのようなポストがあるとは限りません。

また、求人情報に現職よりも高い報酬が記載されていたとしても、実際にその通りの給与が支給されることは少ないでしょう。

一般的に、求人情報として掲載される条件は「さまざまな手当や残業代を含めた総額」が記載されていることが多いため、実際に手取りでもらえる給与は大幅に少なくなる可能性もあります。

35歳の男性が転職する際は、ご自身の能力や市場価値をしっかりと把握した上でおこなうことが大切です。

\ 転職する予定がなくてもOK /

 

エージェント 評価 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ


5.0

【転職しなくてもOK】ユーザーの8割以上が市場価値を確かめるために利用

ミイダス

ミイダス


4.7

【登録不要・所要時間5分】7万人以上のデータをもとにあなたの市場価値を判定

ASSIGN

ASSIGN


4.5

【5万人以上が利用】キャリア・年齢ごとに適性年収・適職をAIが診断
2024年5月1日時点

転職後のキャリアプランが明確になっているか

35歳の男性が転職する際は、転職後のキャリアプランを明確にしておくことが重要です。キャリアプランを明確にすることは、転職を考える際や自分自身を伝える際に非常に重要な要素の1つです。

キャリアプランを明確にすることで、自分自身の将来の目標やなりたい将来像を整理し、それに向かって具体的なステップを踏むことができます。また、面接などでキャリアプランについて尋ねられることも多く、事前に考えておくことで自信を持って答えることができます。

35歳といえば、ビジネスマンとして最も飛躍できる年代でもありますので、ご自身のキャリアプランに基づいた転職を実現できるようにしましょう。

もし、キャリアプランの形成が上手くできないという方は、無料で利用できる転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談するのがおすすめです。

35歳の女性が転職する際の注意点

一方、35歳の女性が転職活動をおこなう場合には、次のようなポイントを押さえておくと良いでしょう。

小さな子どもがいると採用されにくいケースがある

ご家庭に小さなお子様がいる方が転職活動をおこなう場合は、採用されにくいケースがあるかもしれません。この場合、お子様が急に体調を崩して休みを取ることや、残業ができないといった雇用リスクがあるため、企業が採用をためらう可能性があります。

そこで、35歳の女性が転職する際は、時間や場所を選ばず、比較的自由に仕事ができる職種を選ぶのがおすすめです。

IT関連の仕事であれば、在宅で柔軟に仕事ができる可能性があるため、安心して働くことができるでしょう。

出産・育児休暇の有無や、取得率などを確認する

35歳の女性が転職する際は、あらかじめ女性が働きやすい環境の整っている企業や職場を選ぶのもおすすめです。

女性が働きやすい職場とは、先述の「場所や時間を自由に選べる」というだけではなく、出産・育児休暇の有無や、その取得率などを確認することも大切です。いくら出産や育休制度が整っていても、実際には機能していない会社もあります。

転職エージェントに相談しながら、実際に運用されている休暇制度や、それぞれの消化率などを確認するようにしましょう。

現職を退職する前に求人数を確認する

35歳の女性が転職活動をおこなう際は、必ず希望する職種の求人数や情報をしっかりと収集してから始めるようにしましょう。

性別や年齢に関係なく需要の多い職種がある一方で、年齢や性別によっては求人が限定される職種もあります。

そのため、転職活動をおこなう際は「ご自身の市場価値」とともに「希望する職種の需要」をしっかりと把握しておくことが大切です。

これは35歳の女性だけでのコツではありませんが、小さなお子様がいたり、出産の予定のある方は、十分に調査しておく必要があるでしょう。

そこで、無料で利用できる転職エージェントを活用し、ご自身のキャリアの棚卸しやキャリアプランを構築しておくのがおすすめです。

35歳におすすめする転職エージェント

転職エージェントはたくさんあって、どれを選ぶべきか迷ってしまう人も少なくないはずです。

転職エージェントには「求人数が多い」「30代の転職に強い」など、それぞれ異なった特徴や強みがあります。自分の状況や希望に合った転職エージェントを探すことで、転職を成功に近づけることができるでしょう。

ここでは、おすすめの転職エージェントの特徴と組み合わせを紹介しますので、参考にしてみてください。

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • 30代の転職後平均年収840万円
  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • あなたの職歴に興味を持った企業からスカウトが直接届く

ビズリーチを利用した30代の転職後平均年収は840万円と、社会人として経験を積んでスキルを身につけているミドル層・ハイクラス層が年収アップを実現させています。

ビズリーチを使って転職したユーザーの8割が30歳以上と、今よりも年収アップ・キャリアアップを考えて転職活動している30代の方にピッタリの転職エージェントです。

こんな方におすすめ
  • 転職するか迷っている方
  • 現職の待遇や年収に不満がある方
  • 自分の市場価値を知りたい方
ビズリーチの詳細情報
サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数120,911件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
ビズリーチの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
 質の高い求人が紹介された

ビズリーチはハイクラス転職で有名だったので利用しました。ダイレクトメールがとにかく多かったのは手間に感じましたが、紹介される求人はハイクラスなものばかりだったので、イメージ通り質はとても高かったです。

 転職活動の視野が広がった

長年働いた会社の事業撤退により転職を決め、CMなどでもよく目にしていたビズリーチに登録をしてみました。自分のスキル・業種を活かせる仕事につきたいと重い仕事を探していたのですが、エージェントに依頼することで固定概念が取り払われ、自分に自信がなかったのですが、お話をさせていただくことで、自分の強みを活かした転職活動をすることができました。

担当者のレスポンスが遅かった

30代後半になり、年収を上げたいと考えビズリーチを利用しました。担当のエージェントの方によってレスポンスが早かったり遅いどころか返事すらなかったりなど、結構人によって対応が違っていたので、その点は気になりました。


関連記事:ビズリーチの評判・口コミまとめ|利用の流れや活用のコツを紹介

【アンケート概要】
調査期間:2023年4月13日~2023年4月27日
調査対象者:ビズリーチ利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 大手から優良企業の独占非公開求人が豊富
  • 各業界の専任キャリアアドバイザーがサポート
  • 求人票では分からない情報を熟知した書類・面接対策を受けられる

マイナビエージェントは、はじめて転職する30代の方におすすめの転職エージェントです。

30代の転職支援実績が豊富なため、30代や40代以降のキャリアの相談をしたい方にもおすすめです。

こんな方におすすめ
  • 初めて転職活動をする方
  • ワークライフバランスを改善したい方
  • 年収アップしたい方
マイナビエージェントの詳細情報
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数59,356件
非公開求人数13,124件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年6月3日時点
マイナビエージェントの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
面接対策のサポートしてくれて助かった

現在の仕事より収入を増やし、少し良い暮らしたいという願望が強くなった時にマイナビエージェントに転職のお手伝いをしていただきました。 とても親切に履歴書や職務経歴書の添削、面接時のアドバイスまでしてくれ助かりました。

幅広い業界・職種を見ている方におすすめ

希望する職種への転職&年収アップの為利用しました。利用した感想としては、担当のエージェント次第ではあるがサポートは手厚かったと感じています。大手なので手広く求人を紹介してくれましたが、進みたい職種や業界が明確に決まっている場合、それら専用のエージェントサイトを使用した方が転職しやすいと感じました。マイナビエージェントは業界&職種を幅広く見ていて、自分の進みたい道を模索している人にはオススメです。

 希望とは関係ない求人メールが届く

キャリアアップをしたくてマイナビエージェントを利用しましたが、担当の方は親身な対応でレスポンスも早くて助かりました。しかし、とにかく希望とは違う職種のメールが沢山届いたので、結構ストレスに感じる事は多かったです。


関連記事:マイナビエージェントの評判はひどい?口コミや利用におすすめな人を解説

【アンケート概要】
調査期間:2024年3月26日
調査対象者:マイナビエージェント利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • リクルートエージェントにしかない非公開求人が多数
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
  • ベンチャーから大手まで幅広い求人を保有

転職エージェントとして30年以上のサポート実績があるリクルートエージェントには、あらゆる業界・職種の求人を取り揃えています。

各業界や職種に精通したコンサルタントが30代の転職を成功させるためのノウハウを惜しみなく提供してくれるため、今までの経験は活かしてキャリアの幅を広げたい方はリクルートエージェントにひとまず相談してみましょう。

こんな方におすすめ
  • 平日仕事が忙しくて転職活動ができない方
  • 年収アップしたい方・キャリアアップしたい方
  • 初めて転職活動をする方
リクルートエージェントの詳細情報
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数404,816件
非公開求人数353,203件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
リクルートエージェントの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
サイトが使いやすい

私はリクルートエージェントを使って転職活動を開始しました。サイトの使い勝手は良く、求人情報も充実していました。

丁寧にサポートしてくれた

37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。自分に転職の勇気がない為、無事転職とはいきませんでしたが、とても良い印象が強いです。

 自分に合う求人が見つからなかった

キャリアアップを狙ってリクルートエージェントに登録しました。しかし、30代としてキャリアアップに繋がる求人は少なかったですし、未経験など若い世代の方向けの求人ばかりだったので、自分には合わなかったです。


関連記事:【独自調査】リクルートエージェントの評判はひどい?口コミから実情を調査

【アンケート概要】
調査期間:2023年4月13日~2023年4月27日
調査対象者:リクルートエージェント利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

35歳が面接で注意するべきこと

転職が成功するかは、面接での出来・不出来に左右されるといっても過言ではありません。

そこで、ここでは転職先での面接で注意するべきことについて解説します。

前職での愚痴や不満はNG

どのような年齢であったとしても、面接において前の会社の愚痴や不満はNGです。転職後も愚痴や不満がつのれば離職されて、長く活躍されない可能性を危惧されるからです。

転職理由を聞かれても「実は残業が多くて」「上司がワンマンで」などとポロリと本音を言うことは控えましょう。

特に35歳以上になると、中間管理職としてのポストも考慮した面接になります。精神的な負担が増えることが通常で、愚痴や不満はどうしてもでてきます。

「スキルアップがしたい」「前職の経験を活かしてより活躍したい」などの、前向きな理由を伝えるようにしてください。

優等生的な答えを出そうとするのはNG

何でも本音を言うのはよくありませんが、どの質問に対してあまりにもあたりさわりのない、優等生的な受け答えはおすすめしません。

面接では、「あなたが転職後に長く活躍できる人材かどうか」を主に見られます。これをアピールするためには「本当にあなたが考えていること」「あなたがこれまでしてきた経験」などの、実体験に沿った活きた内容をプレゼンしなければなりません。

優等生的な答えでは魅力が伝わりませんから、事前に想定される質問を予想して、うまくアピールできるような回答を準備しておきましょう。

あいまいな言葉や無意味な発言はNG

問われたことに対して「何となく」とか「それほどでも」などといった歯切れの悪い言葉は使わないようにしましょう。コミュニケーション能力が低いととらえられてしまいます。

また、当然知っておくべき転職先の事業内容や社風などを、改めて質問するのも控えるようにしましょう。企業自体に興味がないと受け取られ、採用される可能性がぐんと下がるからです。

質問に対してはあいまいな言葉や無意味な発言はせず、自分をアピールすることに注力しなければなりません。

自分中心な自己PRはNG

自分中心な自己PRは転職活動で避けるべきです。たとえば、「私の強みは慎重さです」とアピールしても、仕事に求められるスキルが「テキパキと仕事を進められること」であれば、その強みは魅力としてとらえてもらえません。

前述したように、35歳の転職活動を成功させるには、企業が求める人物像を把握することが大切です。業界研究や企業研究、求人票にある「必須条件」「歓迎条件」「仕事内容」を参考に、企業が採用したい人物像を考えてみてください。

得られた情報をもとに自己PRを練り上げれば、自分中心な主張にはならないでしょう。

ビジネスマナーがない35歳はNG

年齢に限らず、転職においてはビジネスマナーがないのはNGです。転職においてはビジネスマナーも押さえておかなければなりません。

会社の代表として対処できるビジネスマナーを身につけることが採用の第一条件

35歳以上の転職者を受け入れる場合、即戦力を期待するのはもちろんですが、職種によっては社内での仕事だけでなく、取引先との交渉や新規開拓などの分野も活躍できる人材を求めています。

前職で求められていたビジネスマナーと転職先で求められるマナーは違うかもしれません。希望する企業の社風や方針などをチェックして、改めて挨拶の仕方や名刺交換のおこない方、敬語の使い方などを書籍やネットなどで確認しておきましょう。

20代の採用にあたっては、企業側は「人材を育て上げる」つもりで採用しますが、30代後半の採用は、会社を代表する顔としての役割を期待するため、当然、面接時のチェックはより厳しいものになるでしょう。

クリエイター職の転職もビジネスマナーは必要

ビジネスマナーはどのような職種にも必要です。「営業ではないのでビジネスマナーは必要ないだろう。」といった考え方は間違いです。

35歳以上で転職する場合は、技術職やクリエイター職であっても、 若い社員のお手本となるべきビジネスマナーが身についているかどうかが、採用のポイントになります。

クリエイター職のような自由度の高いイメージのある職種の人も、一般的なビジネスマナーは押さえておいてください。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

35歳の転職に関するよくある質問【Q&A】

以下では、35歳の転職に関するよくある質問を紹介します。

Q.35歳の転職に資格やスキルは必要ですか?

35歳の転職では、必ずしも資格やスキルが必要とは限りません。ただし、資格もスキルも「あった方が有利」なことは確かです。

スキルや知識は資格とは異なり、明確に証明する方法がないため、過去の実績などが重視されるかもしれません。

そこで転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談して、ご自身の「キャリアの棚卸し」をおこない、自分の強みを顕在化しておくのがおすすめです。

Q.35歳子持ち男性の転職は不利ですか?

35歳で子育て中の男性は、転職に不利ではありません。実際、子供が生まれたことをきっかけに転職を決意する男性は多いようで、転職は特別なことではなくなってきています。

ただし、「子供との時間を多く取りたいから毎日定時に帰りたい」「シフト制の仕事でも毎週土日は休みたい」などと条件が多いと、転職は難しいかもしれません。

Q.35歳の転職にリスクはありますか?

35歳で転職するリスクは、デメリットにも挙げた「未経験業界・職種への転職が難しいこと」と、「年齢なりの経験・スキルが求められること」です。

また、転職で年収が上がるとは言い切れないことや、現職にとどまっていれば昇進の可能性があったにもかかわらず、そのチャンスを逃してしまうこともリスクといえます。

Q.35歳の転職で年収が下がる可能性がありますか?

35歳の転職で年収が下がる可能性はあります。未経験分野への転職で年収ダウンを避けたい方は、できるだけ現職と関連性の高い業界・職種を選ぶようにしましょう。

35歳からの転職|まとめ

35歳以上で転職する時に求められるものは、とにかく即戦力です。また、それを裏付けるマネジメント力やコミュニケーション力、ビジネスマナーが必要です。

とはいえあまり堅苦しく考えず、20代の頃の初心に帰り、今一度ネットなどでチェックしてみましょう。転職先を選ぶにあたっては、自分の得意分野が発揮できる企業を選ぶと、ストレスを感じずに仕事ができます。

なお、35歳以上でスムーズな転職を目指すのであれば、転職エージェントの利用はマストだと思ってください。

転職エージェントを利用すれば、キャリアドバイザーと面談し、スキルの棚卸や条件にあった転職先の紹介、履歴書・面接対策などを受けられて、あなた自身で活動するより転職成功する可能性がぐっと高まるからです。

なお、転職エージェントはたくさんあり、それぞれで特徴や強みが異なります。

35歳以上での転職なら、この記事で紹介した「ビズリーチ」「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」を利用するのがおすすめです。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。