ビズリーチの評判から使い方まで|利用する際のメリット・デメリットも徹底解説

エージェント評判
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
ビズリーチ
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

ビズリーチの基本的な使い方は?

どうやったらたくさんスカウトを受け取れる?

ビズリーチはキャリアアドバイザーから求人を紹介してもらう転職エージェントとは異なり、届いたスカウトをもとに転職活動が進みます。

そのため、ビズリーチは仕事が忙しくても転職活動を進めることができます。

そこでこの記事では、ビズリーチの基本的な使い方や、スカウトをたくさん受け取る方法について解説しました。

ビズリーチの評判や特徴、メリット・デメリットも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ビズリーチでは書類選考や面接対策などのサポートを受けられないので、転職サポートを受けたい方は求人数の多いリクルートエージェントdodaを利用するのがおすすめです。

また年収アップを目指すハイクラス層はリクルートダイレクトスカウトtype転職エージェントハイクラスを利用することで、優秀なヘッドハンターからのサポートを受けることができます。

目次

ビズリーチの基本的な使い方

ビズリーチの使い方を流れに沿い、順番に紹介します。どのような流れなのか、使い方をチェックしてみてください。

会員登録をして職務経歴書を登録

まずはビズリーチに会員登録をしてから職務経歴書を作成します。

3日以内にメールで結果が届くので、連絡が来るまで待ちましょう。

職務経歴書の書き方で迷ったら、サンプルを参考にしてください。なお職務経歴書は公開したくない企業を設定出来ます。

求人検索やスカウトで応募先を探して面接・面談

審査で承認されたら、求人検索やスカウトで応募先を探して、面接や面談へと進みます。求人検索では、条件の指定が可能です。

職種・業種・勤務地・キーワードなどから、希望に合った求人を検索してください。期間限定で掲載されている「求人公募」への応募も可能です。

またビズリーチでは、企業からのスカウトも届きます。 返信しないうちに、求人が締め切られてしまう可能性もありますので、興味があるスカウトにはなるべく早く返信しましょう。

面接や面談が決まったら、自分の強みを生かしてアピールできるように、しっかりと企業調査をおこなってください。

ヘッドハンターを利用して面接・面談

ヘッドハンターを利用する場合も早めの返信が大事です。興味のあるスカウトが届いたら、早めに返信しましょう。

また、ヘッドハンターに経歴や希望を伝えると、秘匿性の高い非公開求人を提案される可能性もあります。

面接や面談の日時はヘッドハンターが調整してくれることもあるので、面接や面談等の相談も、積極的におこなってください。

内定

面接に通過すると、企業から内定通知が届きます。

もし手元に内定通知が届いたら、記載事項を読んでください。 疑問に感じる内容がある時には、内定承諾前に企業へと確認しましょう。

内定後の年収交渉も可能です。年収交渉や入社日の調整などをヘッドハンターに依頼することもできます。

内定承諾

内容に問題なければ内定承諾となります。ビズリーチのメリットである「お祝い」は、この段階で申請が可能です。

入社

内定承諾後、あらかじめ調整した日時で入社となります。

職務経歴書を登録しておくと、引き続きスカウトの受け取りが可能。 入社後も自分の市場価値を判断するツールとして、ビズリーチを使うこともひとつの使い方です。

ビズリーチで上手にスカウトを受けるための使い方

ビズリーチの求人紹介のメインは、企業やヘッドハンターから届くスカウトです。ただし、闇雲に登録しても、思ったようにスカウトが届かないかもしれません。

あなたが望むようなスカウトをたくさん受け取るには、いくつかのポイントを押さえておかなければなりません。

そこでここでは、ビズリーチで上手にスカウトを受け取るための方法をまとめました。ぜひ、参考にしてください。

職務経歴書を充実させる

スカウトをたくさん受け取るのに最も重要なのは、職務経歴書を充実させることです。以下は、職務経歴書の文字数が100文字未満だった場合との、スカウトの受け取り数の違いです。

文字数プラチナスカウトの受信数
100~199文字1.5倍
200~399文字2.1倍
400~599文字2.7倍
600~799文字3.1倍
800~999文字3.3倍
1,000~1,499文字3.7倍
1,500~1,999文字3.9倍
2,000~3,999文字4.3倍
4,000文字以上5.0倍
【参考記事】職務経歴書更新キャンペーン|ビズリーチ

文字数が多ければ多いほど、プラチナスカウトの受信数が増えていることがわかります。約200文字2倍程度、600文字以上なら3倍以上と大きな差があります。

ビズリーチのホームページには、「自分にあったスカウトを受け取る職務経歴書の書き方」を紹介するページがあるので、そちらを参考に、職務経歴書を充実させましょう。

【関連記事】ご自身に合ったスカウトを受け取るための「職務経歴書」の書き方|ビズリーチ

希望年収を高く設定しすぎない

スカウトをたくさん受け取るには、希望年収を高く設定しすぎないことも重要です。

ビズリーチに登録する際、名前や連絡先といった基本的な情報のほか、希望年収を記載します。このとき、年収アップを狙ってあまりにも高い金額を設定するのはおすすめしません。

できれば、現在の年収からプラス10%程度に抑えるようにしてください。これは、あなたの市場価値と希望年収が乖離しすぎていると、スカウトが届きにくくなるからです。

これまでの経歴と比較して、転職後に受け取りたい年収が高すぎるのでれば、スカウトしたい企業やヘッドハンターはほとんどいません。

ただし、現在の年収が市場価値と比べて低すぎる場合は、この限りではありません。客観的に見て年収が低すぎる場合には、市場価値と合致した希望年収を記載しましょう。

アクティブユーザーであることを示す

アクティブユーザーであることを示すのも、スカウトをたくさんもらうためには大切です。ビズリーチには、登録しただけで転職活動をしていない方も一定数いるからです。

実際、ビズリーチ会員の7割以上が、市場価値を知るために登録しているようです。

登録だけしたユーザーにスカウトを送っても、企業やヘッドハンター側としては意味がありません。選考に進んでもらうには、頻繁に活動している転職者にアプローチする必要があるからです。

アクティブユーザーであることを示すには、こまめにログインするだけで構いません。ユーザー一覧で上位表示され、スカウトも送られやすくなるでしょう。

【参考記事】市場価値を知るにはどうすればいい?高める方法とは?年収アップにはつながるか?|ビズリーチ

「ヘッドハンター検索」で逆指名する

ビズリーチでは、ヘッドハンター検索で、ヘッドハンターを逆指名することも可能です。担当業界やキーワードで検索できるので、あなたの希望業界が得意なヘッドハンターを見つけやすいでしょう。

また、優秀なヘッドハンターが見つかれば、関係性を持続させておくことも重要です。「私に合った求人はありませんか?」と定期的に聞いておきましょう。 とくに、ハイポジションで高待遇の求人は世に出るタイミングの問題もあります。

常にヘッドハンターと連絡をとり、アンテナを張り巡らせる姿勢が大切です。

ビズリーチの特徴

ビズリーチ

ビズリーチがもつ大きな特徴について解説します。

公式サイトをもとに具体的な数字と共に特徴を紹介してきますので、参考にしてください。

公開求人数は86,000件以上

ビズリーチでは、86,000件以上の公開求人を有しています。(2023年7月現在)

そのうちの3分の1以上が年収1,000万円を超える求人であるため、年収アップ転職ならビズリーチがおすすめです。

190万人がビズリーチに登録

採用企業向けの情報によると、ビズリーチにはスカウト可能な人材190万人以上が会員登録をしています。

転職者にとっては、ライバルが多い状況ともいえますが、それだけ魅力のある求人が揃っている証拠ともいえるでしょう。

 参考:ビズリーチ | 採用をご検討中の企業様向け

登録ヘッドハンターは6,200人

ビズリーチに登録しているヘッドハンターは、6,200人以上です(2023年6月現在)。 ビズリーチではスカウトを受けるだけでなく、ヘッドハンターに相談もできます

会員登録をしていなくてもヘッドハンターの写真や簡単なプロフィールは確認できますので、登録前の参考としてチェックしておきましょう。

【参考記事】JAPAN HEADHUNTER AWARDS|ビズリーチ

ビズリーチの会員属性

ビズリーチの会員属性は、「タレント」と「ハイクラス」の2種類です。それぞれの特徴は以下のとおりとなります。

  • ビズリーチの「タレント」……タレント会員の審査基準を満たす利用者が対象
  • ビズリーチの「ハイクラス」……ハイクラス会員の審査基準を満たす利用者が対象

この会員属性は利用者が決めるものではなく、年収なども新規会登録をした時の内容をもとにビズリーチが決めるのです。

会員属性は自分では変更できませんが、登録内容に変更があると、会員属性が変わる可能性があります。

ビズリーチの会員種別

ビズリーチには会員属性以外に「会員種別」もあります。会員種別は「スタンダードステージ」「プレミアムステージ」の2種類です。

スタンダードプランが無料、プレミアムステージが有料だと考えるとわかりやすいでしょう。 会員種別による違いは、以下のようになっています。

左右にスライドできます
「スタンダードステージ」「プレミアムステージ」
・求人の検索と閲覧
・一部の求人への応募
・プラチナスカウトの閲覧と返信
・無料
・全ての求人の検索
・閲覧および応募
・全てのスカウトの閲覧
・返信
・ビズリーチプレミアムの各種コンテンツの利用
・料金:タレント会員は30日間コース 3,278円(税込)、ハイクラス会員は30日間コース 5,478円(税込)
参考:ビズリーチ|プレミアムステージについて

会員属性と違い、会員種別は自分で選択できます。また申し込みをしていない状態でプレミアム会員になることはありませんので、安心してください。

なお無料体験を利用すると、1週間無料でプレミアムステージにアップグレードができます。 ほぼすべてのサービスが使えるようになるので、まずは無料体験を使ってみると良いでしょう。

ビズリーチの良い評判

実際にビズリーチを利用して転職活動した人は、どのような部分を良いと感じているのでしょうか。

サービスを利用するなら、まずは利用者が実際に感じた良さが気になりますよね。  

SNSなどで特に良く見られる、ビズリーチの良い評判は以下の二つです。

  • 登録しておくと企業やヘッドハンターからスカウトが届く
  • 年収が高くて魅力的な企業からのスカウトが届く

またビズリーチには、以下のような転職成功談も掲載されています。

  • 大手電機メーカーからITベンチャーに転職して年収1,100万円に
  • 会社都合退職から48歳で外資系ITベンダーの営業部長に転職

転職成功談は抜粋した内容を紹介しますので、参考として一つずつチェックしていきましょう。

登録しておくと企業やヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチでは単に登録を受け付けるだけでなく、求人を紹介できるだけの経歴があるか審査をおこないます。

審査で承認されていれば、スカウトが届くのは当然であるものの、自身のこれまでが認められたようで嬉しく感じる方は多いでしょう。

年収が高くて魅力的な企業からのスカウトが届く

ビズリーチには「年収が高くて魅力ある企業からのスカウトが届く」との良い評判も見受けられます。

実際に転職するかは別にしても、高年収案件のオファーが届くのは評価されている感があって悪い気分はしないでしょう。

届いたスカウトの内容は、自分の市場価値についての客観的な判断材料としても使えますので、利用価値は高いと考えられます。

大手電機メーカーからITベンチャーに転職して年収1,100万円に

実際にビズリーチのヘッドハンターから受けた求人で、念願の業務に就いた人の体験談を以下に要約します。

大手電機メーカー勤務。ビズリーチの特集を見て複数の求人に応募。信頼できるヘッドハンターと出会い、約2か月の転職活動で紹介されたベンチャー企業のエンジニアに転職して、念願の業務に就き、年収は1,100万円を維持。

引用元:ビズリーチ|転職成功事例

 転職者が希望の業種に転職できた良い例です。 スカウトから転職までのスピードが2ヵ月と早く、サポートの質が高かったことがうかがえます。

会社都合退職から48歳で外資系ITベンダーの営業部長に転職

ビズリーチのヘッドハンターから的確な助言を受けて、48歳で営業職から営業部長に転職した事例もあります。

 勤務先だった外資系企業の日本営業部が解散するため会社都合退職が決まり、急遽転職活動を開始。人材紹介2社および、「転職」「ヘッドハンター」のキーワードで検索して見つけたビズリーチに登録。3か月で40社に応募。書類は通過しても面接に通らないなかで、ビズリーチのヘッドハンターからアドバイスを受けて転職に成功。年収は850万円から1,000万円にアップ。

引用元:ビズリーチ|転職成功事例

こちらもヘッドハンターの質の高さを感じられる事例です。

ビズリーチでは、一定の基準を満たしたヘッドハンターのみしか在籍していません

質の高いヘッドハンターのサポートを受けられる可能性が高まるほど、転職成功の可能性も近づくでしょう。

ビズリーチの悪い評判

他のサービスと同様に、ビズリーチには良い評判だけでなく悪い評判もあります。 サービスを利用するなら、悪い評判についても確認しておきたいところでしょう。 この項目では、ビズリーチに関する悪い評判を紹介します。

登録には審査が必要

ビズリーチを利用するには、審査を通過する必要がありますが、審査基準についての明確な指標はありません

強みとなるキャリアがないなら、審査に落ちる可能性があると考えておいてください。 審査では職務経歴書の内容がチェックされますので、審査に通過するためにも、詳細をしっかりと記載しておきましょう。

無料会員が使える機能には限りがある

無料会員が使える機能には限りがあるのも、ビズリーチがもつ悪い評判のひとつです。無料会員が使えるサービスは以下のとおり。

  • 求人の検索や閲覧 ※企業名を除く
  • 一部の求人への応募
  • プラチナスカウトの閲覧や返信

ビズリーチがもつ特に大きな魅力は、企業やヘッドハンターから受けるスカウトです。

ただし受け取ったすべてのスカウトを見て返信するためには、有料会員登録が必要になります。 スカウトを活用して短期間で転職活動を進めたいのなら、有料会員登録を検討してみてください。

適当に送られていると感じられるスカウトがある

ビズリーチには、適当に送られていると感じられるスカウトがあるとの評判もあります。  登録者一人ひとりに合わせてオファーを打つのではなく、条件面で合致した人に定型文でオファーを送るのは、スカウトサービスではよくあること。

 ビズリーチも例外ではなく、利用するヘッドハンターや企業のなかには、機械的にスカウトを送るところもあるのでしょう。  

ビズリーチにはブロック機能が設けられているため、あまりに希望と合わないスカウトを送る企業やヘッドハンターがいる場合は利用しましょう。

 参考:個人情報の公開範囲・取扱いについて

ビズリーチのメリット

この項目では、ビズリーチを利用するメリットについて一つずつ詳しく紹介していきますので、ぜひ判断材料として役立ててください。

自分の市場価値を把握できる

ビズリーチの大きなメリットには、自分の市場価値を客観的に把握できることが挙げられます。 たとえば、

  • 現状のキャリアやスキルで、どのくらいの年収が目指せるのか
  • 自分は年収アップできるのか
  • 興味をもってくれる企業はあるのか

など、転職が上手くいくか不安に感じることもあるでしょう。スカウトは、企業やヘッドハンターが直接あなたの職務経歴に興味をもって送るので、それだけ自身に市場価値があると客観的に判断する材料になるのです。

高収入の求人が多い

ビズリーチはハイクラス層に特化した転職サイトであるため、高収入求人が多いのもメリットといえるでしょう。

実際に新着求人をチェックしてみると、応相談を除けば、最低年収は800

中には年収2,000万円以上の求人も含まれており、すでに高めの収入を得ている方でも、さらなる年収アップ転職を実現できるでしょう。

ヘッドハンター検索もできる

ビズリーチには、求人だけでなくヘッドハンターの検索もできるというメリットもあります。  ヘッドハンター検索は、以下の条件から絞り込みできる仕組みです。

  • 担当業種
  • 勤務地
  • 経験年数
  • ヘッドハンタースコア
  • 日本語力
  • 英語力
  • 絞り込み
  • キーワード

ビズリーチを利用するうえで、ヘッドハンターの能力に加え、相性も重要です。

ヘッドハンターの絞り込み検索をかけられることによって、より自身とマッチするヘッドハンターを見つけられることができ、スムーズな転職活動につながります。

なお会社名やヘッドハンターの氏名を見るためには、会員登録が必要です。

ビズリーチを通して転職に成功するとお祝いがもらえる

ビズリーチを通じて転職に成功したうえで一定の条件を満たした場合、Amazonギフト券5,000円分をもらえます。

【謝礼の条件】

  • ビズリーチを通じて連絡をした企業または知り合ったヘッドハンターに紹介された企業に転職
  • 所定のアンケートに回答

上記条件を満たすとお祝いがもらえる仕組みです。

アンケートの内容は、入社予定日・年収・転職先企業名・ビズリーチへの感想・取材協力の有無などで、時間も掛かりません。数分で入力できるアンケートとなっていますので、ビズリーチを通した転職に成功したら忘れずに申請しましょう。

ビズリーチのデメリット

転職エージェントを利用するのなら、メリットだけでなくデメリットも把握しておきましょう。

  • 登録には審査が必要
  • 無料会員が使える機能には限りがある
  • スカウトの数が多い
  • 急ぎの転職には向かない

ビズリーチのデメリットも紹介していきますので、自分に合っているサービスかチェックしてみてください。

登録には審査が必要

登録時には審査が必要となるのがビズリーチのデメリットといえるでしょう。 審査基準に関して、「応募条件を満たすキャリアをお持ちであること」と定めており、詳細は非公開。

具体的な基準がわからないので、キャリア次第では審査で落とされてしまう可能性も否めません。

ただし、もし一度審査に落ちた場合でも、内容を更新することで再審査を受けられます

ビズリーチには「スカウトを受けるための職務経歴書の書き方」があり、このページはビズリーチが推奨している書き方であるため、参考にすれば、審査に通過する可能性は高まるでしょう。

無料会員だと使える機能が限定される

無料会員(スタンダードプラン)だと使える機能が限定されているのも、ビズリーチのデメリットです。 無料会員では、求人検索結果や求人への応募に関して、制限が設けられます

一方、有料会員であるプレミアムステージでは、すべての求人の検索や閲覧、スカウトへの返信など、制限なく利用できます。

とはいえ「いきなり課金するのは抵抗がある」と感じる方も多いでしょう。 審査に承認されたあとは、1週間の無料体験があるので、活用してみてください。 スタンダードステージを利用してから無料体験を使用すると、比較検討に役立てられるはずです。

スカウトの数が多い

ビズリーチがもつデメリットの一つとして、スカウトの数が多いことも挙げられます。 本来であれば、スカウト数が多いことは選択肢の豊富さにもつながるため、デメリットとはいえないはず。

にもかかわらず、デメリットとして挙げられてしまうのは、魅力的ではないスカウトが利用者に届いてしまっているのでしょう。 興味のないスカウトを多数チェックさせられたら、不満に思うのも当然です。

もし興味のないスカウトが多数送られてくるようであれば、ブロック機能を活用して合わないヘッドハンターや企業をブロックしてしまいましょう。

急ぎの転職には向かない

急ぎの転職には向かないのもビズリーチのデメリットです。 理由としては、まずサービスが受身である点が挙げられます。

基本的にはスカウトが企業やヘッドハンターから届くのを待っての転職活動になるため、時間がかかりやすいです。

加えて、ヘッドハンター経由で応募する場合、間に人が入ってしまう分、どうしてもやり取りに時間がかかります。 もし転職活動を急ぎで終わらせたいと考えているのであれば、ビズリーチに加え、自身で求人を探せるタイプの転職サイトも併用したほうがよいでしょう。

ハイクラスにおすすめの転職エージェント7選

ビズリーチはハイクラス求人に強いとして好評ですが、審査があるため落ちてしまう可能性もあるでしょう。

そこでここでは、ハイクラスにおすすめの他の転職エージェントを紹介します。ビズリーチと併せて、2~3社の登録がおすすめです。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

161,104件(※)

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップを目指せる
  • 時間をかけずに転職活動ができる
  • マッチ度の高い求人を教えてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

doda X

dodaX

doda Xの特徴
  • ハイクラス転職に特化
  • 年収800万円以上の高収入求人あり
  • ヘッドハンターからスカウトが届く

 

doda Xは、管理職やハイキャリアの方などに特化した転職サービスです。

 

全ての求人がマネージャークラスやCFO、事業戦略担当などのハイクラス求人で、現在管理職に就いている方のほか、転職をきっかけにキャリアアップしたい方にもおすすめできます。

 

年収800万円以上や年収1,000万円以上の非公開求人を多数保有しており、年収アップを目指す方も条件に合う求人を見つけられるでしょう。

 

登録すると、ヘッドハンターから直接スカウトが届くシステムで、忙しい方でも手間をかけることなく好条件の求人に出会える可能性があります。

 

気になる求人を見つけたらdoda Xを介して応募できるサービスもあり、自身の意向に合わせて転職活動を進められるのが特徴です。

 

サービス名 doda X
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 45,836件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップが期待できる
  • 管理職やハイキャリアポジションの求人を保有
  • 手間なく転職活動が進められる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

type転職エージェントハイクラス

type転職エージェントハイクラス
  • 特徴① 管理職やエグゼクティブに特化
  • 特徴② 年収800万~1,500万円の求人多数
  • 特徴③ 専任コンサルタントによる徹底サポート

type転職エージェントハイクラスは、管理職やエグゼブティブ層に特化した転職エージェントです。ハイクラス求人の取り扱いは首都圏だけで1万件以上(※1)と多く、年収800万~1,500万円の求人も多数保有されています。

 

サービスの中でも、特に面談に力を入れており、専任のキャリアアドバイザーが求職者の現状と希望を丁寧にヒアリングしたうえで、キャリアパスのアドバイスや最適な求人の紹介をしてくれます。

 

一人のアドバイザーが求職者支援と企業の情報収集の両面を担当しているため、スピーディーで的確な情報提供に期待できるでしょう。

 

首都圏でのハイクラス転職を検討している方は、まず登録しておきたいエージェントです。

 

(※1)type転職エージェントハイクラスの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェントハイクラス
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 10,259件(※2)
非公開求人数 18,487件(※2)
おすすめポイント
  • 現在管理職に就いている方の転職におすすめ
  • キャリアアップ・年収アップが叶えられる
  • 今後のキャリアについて相談できる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

パソナキャリア

パソナキャリア
  • 特徴① 年収アップ率61.7%、求人の半数が年収800万円以上
  • 特徴② ハイクラス転職に特化したコンサルタントが支援
  • 特徴③ 4年連続満足度総合1位を獲得

パソナハイクラスは、株式会社パソナが運営するハイクラスに特化した転職エージェントです。保有されている求人の約半数が年収800万円以上で、61.7%(※1)の方が年収アップに成功した実績をもちます。

 

パソナキャリアでは、ハイクラス転職を専門とする業界専任のコンサルタントが、企業情報の共有や面接対策、内定後の交渉などの充実したサポートで転職を成功へと導いてくれます。

 

面接の日程調整や企業への推薦などもおこなってくれるため、忙しい合間でも効率的に転職活動を進められるでしょう。

 

利用者満足度調査で4年連続総合1位(※2)を獲得しており、手厚い転職支援を受けたい方におすすめです。

 

(※1)パソナハイクラスの公式ホームページより
(※2)オリコン顧客満足度調査 2019年~2022年転職エージェント総合1位

 

サービス名 パソナキャリア
運営会社 株式会社パソナ
公開求人数 34,075件(※3)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 年収800万円以上の求人を紹介可能
  • 手厚い転職支援を受けられる
  • 30~50代でハイクラス転職を目指している方におすすめ
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

JACリクルートメント

JACリクルートメント
  • 特徴① ミドルクラス・ハイクラスに特化
  • 特徴② キャリアアドバイザーは各業界・職種に精通
  • 特徴③ 保有求人の65%以上が非公開求人

JACリクルートメントは、ミドルクラス・ハイクラスに特化した転職エージェントです。

 

管理職や専門職のエキスパート、グローバル人材の求人を多数保有しており、年収アップやキャリアアップを狙いたい人におすすめです。

 

あなたをサポートするキャリアアドバイザーは各業界や職種に精通したエキスパートです。

 

専門的な知識を保有しているので、あなたの経験や能力を正しく判断できます。

企業とも密な関係を築き、企業風土や事業戦略、求められる人物像などもしっかり把握しています。

 

求人の約65%は非公開求人が占めているのも嬉しいポイントです。

 

幅広い業界、職種の中から、あなたの市場価値にぴったりの求人を紹介してもらえます。

 

サービス名 JACリクルートメント
運営会社 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公開求人数 11,806件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 管理職・専門職で転職したい
  • 業界知識が豊富にあるアドバイザーにサポートしてほしい
  • 幅広い求人から転職先を選びたい
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

LHH転職エージェント

LHH転職エージェント
  • 特徴① 各職種のプロフェッショナルがサポート
  • 特徴② 360度式コンサルティング
  • 特徴③ 大手・外資・優良中堅など幅広い求人

LHH転職エージェントはスイスに本社を構えるAdeco Groupが運営する転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーは職種別に担当しており、そこから業界別ごとのチームに細分化しています。

あなたの専門領域に精通しているので、あなたの市場価値を正しく判断し、適切な求人を紹介できるのがメリットです。

 

また、一人のキャリアアドバイザーが企業と求職者の両方を担当する360度コンサルティングを実施しているので、受かるポイントを正確に把握しているのも嬉しいポイントでしょう。

 

豊富なネットワークがあり、国内の大手企業や外資企業はもちろん、優良中堅など幅広い求人を保有しています。

 

サービス名 LHH転職エージェント
運営会社 株式会社アデコ
公開求人数 17,940件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 質の高いサポートが受けられる
  • 企業の情報を正確に知ることができる
  • さまざまな企業の紹介を受けられる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

エンワールド

エンワールド・ジャパン
  • 特徴① 外資系・グローバル系企業に特化
  • 特徴② 長期的な活躍を支援
  • 特徴③ 契約ベース雇用あり

エンワールドは外資系・グローバル系に特化した転職エージェントです。キャリアアップをしたい方に向けて、管理職や経営幹部、スペシャリストなどの求人を紹介しています。

 

業界・職種別に特化したキャリアアドバイザーが、中長期的なキャリアを考慮してサポートしてくれるのがメリットです。

 

あなたと密に連携を取りながら目標やスキルなどを把握してもらい、最適な転職先を紹介してもらえます。

 

契約ベースやプロジェクトベースで活躍したい方向けに、正社員以外の求人も保有しています。

 

これは「コントラクト・プロフェッショナルズ」と呼ばれるもので、ハイクラスに特化した契約社員・派遣社員を紹介してもらえます。

 

サービス名 エンワールド
運営会社 エンワールド・ジャパン株式会社
公開求人数 960件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 外資系に転職したい方に!
  • 長期的なキャリア支援をしてもらえる
  • ハイクラスの契約社員・派遣社員の求人がある
対応地域
東京・名古屋・大阪・福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

ビズリーチQ&A

ビズリーチを実際利用するにあたって多い疑問を、Q&A方式でまとめました。

新しくサービスを使い始めるなら、誰でも良く分からないと感じることがあるものです。 登録後に不安を感じないよう、一つずつ確認していきましょう。

会員登録をしてもスカウトが来ないのですが、どうすれば良いですか?

ビズリーチに登録して職務経歴書を公開すると、企業やヘッドハンターからのスカウトが受けられます。 「スカウトが来ない」と感じられるなら、職務経歴書の見直しをおこなってください。

正しい内容で詳細に入力しておくと、採用担当者やヘッドハンターが検索した時に見つけやすくなります。

これまでの成果や自分の強みを職務経歴書でアピールできると、スカウトを増やせるでしょう。

積極的な転職活動をするには、頻繁なログインもおすすめです。職務経歴書の一覧画面では、最終ログインが新しい職務経歴書が上位に表示されます。

転職意欲が高いとも判断されますので、企業やヘッドハンターへのアピールに便利です。

プロフィールの変更方法はどのようにおこなえばよいですか?

プロフィールや登録情報は、設定メニューにある「会員情報管理」から変更可能です。

「編集する」ボタンを押して変更内容を入力したら、「変更を保存する」をクリックしましょう。基本的に氏名は変更できません。 

ただし結婚などにより戸籍上の氏名が変わったら、問い合わせフォームから連絡すると変更が可能です。 また生年月日を間違って入力した時も、問い合わせフォームから修正依頼ができます。

応募したのに返信が来ません

企業の担当者やヘッドハンターの事情によっては、応募への返信が遅れる可能性が考えられるでしょう。 ビズリーチでは基本として、企業およびヘッドハンターには、1週間以内の返信を促しています。

もし応募後1週間以上過ぎても返信がないなら、メッセージや電話などで、直接企業やヘッドハンターに連絡を取ってみてください。

プラチナスカウトとはどのようなものですか?

「プラチナスカウト」とは、面談や面接が確約されているスカウトです。 職務経歴書を見たうえで、企業やヘッドハンターが強い興味をもった時に、プラチナスカウトが送られます。

求人案内や通常のスカウトよりも、転職に成功する可能性が高いと考えられるのがプラチナスカウトです。 書類選考もなく面談や面接に進めるので、条件に合うスカウトが届いたら積極的に返信してみましょう。

条件に合わないヘッドハンターがいる場合、対策は可能ですか?

条件に合わないヘッドハンターがいたら、ブロック可能です。 相性もありますし、ヘッドハンターに求める条件と合わない可能性もあるでしょう。

「条件に合わない」と感じたら、ヘッドハンターの詳細ページを開いてください。 ページ内にある「このヘッドハンターをブロック」をクリックすると、職務経歴書が非公開になります。

ヘッドハンタースコアとはどのようなものですか?

ヘッドハンタースコアとは、ヘッドハンターの評価を相対的に確認するためのスコアです。 基本的な情報だけでは、ヘッドハンターが優秀か判断するのは難しいでしょう。そこで参考として使えるのが、ヘッドハンタースコアです。 

ヘッドハンタースコアは、ビズリーチでの転職支援実績・会員へのアンケートなどをもとにしており、スコアは5点満点で表示されます。 「評価が高いヘッドハンターに相談したい」と考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。

求人案内とスカウトはどのような違いがありますか?

求人案内とスカウトの大きな違いは、面接確約があるかどうかです。

求人案内とは、「書類を通過する可能性が高い」とシステムが判断したら自動的に送られます。

スカウトとは、企業の担当者やヘッドハンターが経歴を見て直接送るものです。

そのため、スカウトの方が面接確約のアドバンテージがありますが、求人案内も通常の応募より書類通過率が若干高めというメリットがあります。

興味がある場合は応募してみるのがおすすめです。

まとめ

ビズリーチの使い方を解説しました。ビズリーチを使って転職を成功させるためには、企業やヘッドハンターからスカウトをどれだけ貰えるかにかかっています。

この記事で解説したように、次のポイントを心がけてください。

  • 職務経歴書を充実させる
  • 希望年収を高く設定しすぎない
  • アクティブユーザーであることを示す
  • 「ヘッドハンター検索」で逆指名する

なお、ビズリーチの評判からは、実際に多くの人が、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けていることがわかります。

優秀なヘッドハンターと出会い、的確なアドバイスが受けられれば、転職が成功する確率は飛躍的に上がるでしょう。 

ビズリーチでは職務経歴書の内容が大きく影響するため、まずはキャリアの棚卸しをおこなってみてください。

そのうえでビズリーチの各種サービスを活用して、ハイクラス転職を成功させましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。