POSTED 2021/11/03

ビズリーチの評判から使い方まで|利用する際のメリット・デメリットも徹底解説

CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

  • URLcopy
ビズリーチ

年収アップを目指して転職活動をしている際、「ビズリーチ」の名前を見かけることは多いのではないでしょうか。

ただハイクラス層向けと謳われていると条件の良い求人が多そうだと感じても、実際に登録するのは躊躇してしまいますよね。

 そこで本記事では、ビズリーチの評判や特徴、メリット・デメリットなどについて紹介します。

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

目次

 ビズリーチの良い評判

実際にビズリーチを利用して転職活動した人は、どのような部分を良いと感じているのでしょうか。サービスを利用するなら、まずは利用者が実際に感じた良さが気になりますよね。

 SNSなどで特に良く見られる、ビズリーチの良い評判は以下の2つです。

  • 登録しておくと企業やヘッドハンターからスカウトが届く
  • 年収が高くて魅力的な企業からのスカウトが届く

またビズリーチには、以下のような転職成功談も掲載されています。

  • 大手電機メーカーからITベンチャーに転職して年収1,100万円に
  • 会社都合退職から48歳で外資系ITベンダーの営業部長に転職

転職成功談は抜粋した内容を紹介しますので、参考として1つずつチェックしていきましょう。

登録しておくと企業やヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチでは単に登録を受け付けるだけでなく、求人を紹介できるだけの経歴があるか審査を行います。

審査で承認されていれば、スカウトが届くのは当然であるものの、自身のこれまでが認められたようで嬉しく感じる方は多いでしょう。

年収が高くて魅力的な企業からのスカウトが届く

ビズリーチには「年収が高くて魅力ある企業からのスカウトが届く」との良い評判も見受けられます。

実際に転職するかは別にしても、高年収案件のオファーが届くのは評価されている感があって悪い気分はしないでしょう。

届いたスカウトの内容は、自分の市場価値についての客観的な判断材料としても使えますので、利用価値は高いと考えられます。

大手電機メーカーからITベンチャーに転職して年収1,100万円に

実際にビズリーチのヘッドハンターから受けた求人で、念願の業務に就いた人の体験談を以下に要約します。

大手電機メーカー勤務。ビズリーチの特集を見て複数の求人に応募。信頼できるヘッドハンターと出会い、約2か月の転職活動で紹介されたベンチャー企業のエンジニアに転職して、念願の業務に就き、年収は1,100万円を維持。

引用元:ビズリーチ|転職成功事例

 転職者が希望の業種に転職できた良い例です。

スカウトから転職までのスピードが2ヵ月と早く、サポートの質が高かったことがうかがえます。

会社都合退職から48歳で外資系ITベンダーの営業部長に転職

ビズリーチのヘッドハンターから的確な助言を受けて、48歳で営業職から営業部長に転職した事例もあります。

 勤務先だった外資系企業の日本営業部が解散するため会社都合退職が決まり、急遽転職活動を開始。人材紹介2社および、「転職」「ヘッドハンター」のキーワードで検索して見つけたビズリーチに登録。3か月で40社に応募。書類は通過しても面接に通らないなかで、ビズリーチのヘッドハンターからアドバイスを受けて転職に成功。年収は850万円から1,000万円にアップ。
引用元:ビズリーチ|転職成功事例

 こちらもヘッドハンターの質の高さを感じられる事例です。

ビズリーチでは、一定の基準を満たしたヘッドハンターのみしか在籍していません。

質の高いヘッドハンターのサポートを受けられる可能性が高まるほど、転職成功の可能性も近づくでしょう。

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

ビズリーチの悪い評判

他のサービスと同様に、ビズリーチには良い評判だけでなく悪い評判もあります。

サービスを利用するなら、悪い評判についても確認しておきたいところでしょう。

この項目では、ビズリーチに関する悪い評判を紹介します。

登録には審査が必要

ビズリーチを利用するには、審査を通過する必要がありますが、審査基準についての明確な指標はありません

 強みとなるキャリアがないなら、審査に落ちる可能性があると考えておいてください。

審査では職務経歴書の内容がチェックされますので、審査に通過するためにも、詳細をしっかりと記載しておきましょう。

 無料会員が使える機能には限りがある

無料会員が使える機能には限りがあるのも、ビズリーチが持つ悪い評判の1つです。

 無料会員が使えるサービスは以下の通り。

  • 求人の検索や閲覧 ※企業名を除く
  • 一部の求人への応募
  • プラチナスカウトの閲覧や返信

ビズリーチが持つ特に大きな魅力は、企業やヘッドハンターから受けるスカウトです。

ただし受け取ったすべてのスカウトを見て返信するためには、有料会員登録が必要になります。

スカウトを活用して短期間で転職活動を進めたいのなら、有料会員登録を検討してみてください。

適当に送られていると感じられるスカウトがある

 

ビズリーチには、適当に送られていると感じられるスカウトがあるとの評判もあります。

 登録者一人ひとりに合わせてオファーを打つのではなく、条件面で合致した人に定型文でオファーを送るのは、スカウトサービスではよくあること。

 ビズリーチも例外ではなく、利用するヘッドハンターや企業のなかには、機械的にスカウトを送るところもあるのでしょう。

 ビズリーチにはブロック機能が設けられているため、あまりに希望と合わないスカウトを送る企業やヘッドハンターがいる場合は利用しましょう。

 参考:個人情報の公開範囲・取扱いについて

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

ビズリーチの特徴

ビズリーチが持つ大きな特徴について解説します。

公式サイトをもとに具体的な数字と共に特徴を紹介してきますので、参考にしてください。

公開求人数は127,000

ビズリーチでは、127,000件の公開求人を有しています。

そのうちの3分の1以上が年収1,000万円を超える求人であるため、年収アップ転職ならビズリーチがおすすめです。

138万人がビズリーチに登録

採用企業向けの情報によると、ビズリーチにはスカウト可能な人材138万人以上が会員登録をしていま。

転職者にとっては、ライバルが多い状況とも言えますが、それだけ魅力のある求人が揃っている証拠ともいえるでしょう。

 参考:ビズリーチ | 採用をご検討中の企業様向け

登録ヘッドハンターは4,600

ビズリーチに登録しているヘッドハンターは、4,600人以上です(202110月現在)

ビズリーチではスカウトを受けるだけでなく、ヘッドハンターに相談もできます。

会員登録をしていなくてもヘッドハンターの写真や簡単なプロフィールは確認できますので、登録前の参考としてチェックしておきましょう。

ビズリーチの会員属性

ビズリーチの会員属性は、「タレント」と「ハイクラス」の2種類です。それぞれの特徴は以下の通りとなります。

  • ビズリーチの「タレント」……タレント会員の審査基準を満たす利用者が対象
  • ビズリーチの「ハイクラス」……ハイクラス会員の審査基準を満たす利用者が対象

この会員属性は利用者が決めるものではなく、年収なども新規会登録をした時の内容をもとにビズリーチが決めるのです。

会員属性は自分では変更できませんが、登録内容に変更があると、会員属性が変わる可能性があります。

ビズリーチの会員種別

ビズリーチには会員属性以外に「会員種別」もあります。会員種別は「スタンダードステージ」「プレミアムステージ」の2種類です。

スタンダードプランが無料、プレミアムステージが有料だと考えると分かりやすいでしょう。

 会員種別による違いは、以下のようになっています。

「スタンダードステージ」

「プレミアムステージ」

・求人の検索と閲覧

・一部の求人への応募

・プラチナスカウトの閲覧と返信

・無料

・全ての求人の検索

・閲覧および応募

・全てのスカウトの閲覧・返信

・ビズリーチプレミアムの各種コンテンツの利用

・料金:タレント会員は30日間コース 3,278円(税込)、ハイクラス会員は30日間コース 5,478円(税込)

参考:ビズリーチ|プレミアムステージについて

会員属性と違い、会員種別は自分で選択できます。また申し込みをしていない状態でプレミアム会員になることはありませんので、安心してください。

なお無料体験を利用すると、1週間無料でプレミアムステージにアップグレードができます

ほぼすべてのサービスが使えるようになるので、まずは無料体験を使ってみると良いでしょう。

ビズリーチのメリット

この項目では、ビズリーチを利用するメリットについて1つずつ詳しく紹介していきますので、ぜひ判断材料として役立ててください。

自分の市場価値を把握できる

ビズリーチの大きなメリットには、自分の市場価値を客観的に把握できることが挙げられます。

例えば、

  • 現状のキャリアやスキルで、どのくらいの年収が目指せるのか
  • 自分は年収アップできるのか
  • 興味を持ってくれる企業はあるのか

など、転職が上手くいくか不安に感じることもあるでしょう。

スカウトは、企業やヘッドハンターが直接あなたの職務経歴に興味を持って送るので、それだけ自身に市場価値があると客観的に判断する材料になるのです。

高収入の求人が多い

ビズリーチはハイクラス層に特化した転職サイトであるため、高収入求人が多いのもメリットといえるでしょう

実際に新着求人をチェックしてみると、応相談を除けば、最低年収は800万

中には年収2,000万円以上の求人も含まれており、すでに高めの収入を得ている方でも、さらなる年収アップ転職を実現できるでしょう。

ヘッドハンター検索もできる

ビズリーチには、求人だけでなくヘッドハンターの検索もできるというメリットもあります。

 ヘッドハンター検索は、以下の条件から絞り込みできる仕組みです。

  • 担当業種
  • 勤務地
  • 経験年数
  • ヘッドハンタースコア
  • 日本語力
  • 英語力
  • 絞り込み
  • キーワード

ビズリーチを利用する上で、ヘッドハンターの能力に加え、相性も重要です。

ヘッドハンターの絞り込み検索をかけられることによって、より自身とマッチするヘッドハンターを見つけられることができ、スムーズな転職活動につながります。

なお会社名やヘッドハンターの氏名を見るためには、会員登録が必要です。

ビズリーチを通して転職に成功するとお祝いがもらえる

ビズリーチを通じて転職に成功したうえで一定の条件を満たした場合、Amazonギフト券5,000円分をもらえます。

参考:ビズリーチ|ビズリーチからのお祝い

【謝礼の条件】

  • ビズリーチを通じて連絡をした企業または知り合ったヘッドハンターに紹介された企業に転職
  • 所定のアンケートに回答

上記条件を満たすとお祝いがもらえる仕組みです。

アンケートの内容は、入社予定日・年収・転職先企業名・ビズリーチへの感想・取材協力の有無などで、時間も掛かりません。

数分で入力できるアンケートとなっていますので、ビズリーチを通した転職に成功したら忘れずに申請しましょう。

ビズリーチのデメリット

転職エージェントを利用するのなら、メリットだけでなくデメリットも把握しておきましょう。

  • 登録には審査が必要
  • 無料会員が使える機能には限りがある
  • スカウトの数が多い
  • 急ぎの転職には向かない

ビズリーチのデメリットも紹介していきますので、自分に合っているサービスかチェックしてみてください。

登録には審査が必要

登録時には審査が必要となるのがビズリーチのデメリットといえるでしょう。

審査基準に関して、「応募条件を満たすキャリアをお持ちであること」と定めており、詳細は非公開。

具体的な基準がわからないので、キャリア次第では審査で落とされてしまう可能性も否めません。

ただし、もし一度審査に落ちた場合でも、内容を更新することで再審査を受けられます

ビズリーチには「スカウトを受けるための職務経歴書の書き方」があり、このページはビズリーチが推奨している書き方であるため、参考にすれば、審査に通過する可能性は高まるでしょう。

無料会員だと使える機能が限定される

無料会員(スタンダードプラン)だと使える機能が限定されているのも、ビズリーチのデメリットです。

無料会員では、求人検索結果や求人への応募に関して、制限が設けられます

一方、有料会員であるプレミアムステージでは、すべての求人の検索や閲覧、スカウトへの返信など、制限なく利用できます。

とはいえ「いきなり課金するのは抵抗がある」と感じる方も多いでしょう。

審査に承認されたあとは、1週間の無料体験があるので、活用してみてください。

スタンダードステージを利用してから無料体験を使用すると、比較検討に役立てられるはずです。

スカウトの数が多い

ビズリーチが持つデメリットの1つとして,スカウトの数が多いことも挙げられます。

本来であれば、スカウト数が多いことは選択肢の豊富さにもつながるため、デメリットとはいえないはず。

にもかかわらず、デメリットとして挙げられてしまうのは、魅力的ではないスカウトが利用者に届いてしまっているのでしょう。

興味のないスカウトを多数チェックさせられたら、不満に思うのも当然です。

もし興味のないスカウトが多数送られてくるようであれば、ブロック機能を活用して合わないヘッドハンターや企業をブロックしてしまいましょう。

急ぎの転職には向かない

急ぎの転職には向かないのもビズリーチのデメリットです。

理由としては、まずサービスが受身である点が挙げられます。

基本的にはスカウトが企業やヘッドハンターから届くのを待っての転職活動になるため、時間がかかりやすいです。

加えて、ヘッドハンター経由で応募する場合、間に人が入ってしまう分、どうしてもやり取りに時間がかかります

もし転職活動を急ぎで終わらせたいと考えているのであれば、ビズリーチに加え、自身で求人を探せるタイプの転職サイトも併用したほうがよいでしょう。

ビズリーチの使い方

ビズリーチの使い方を流れに沿い、順番に紹介します。どのような流れなのか、使い方をチェックしてみてください。

会員登録をして職務経歴書を登録

まずはビズリーチに会員登録をしてから職務経歴書を作成します。3日以内にメールで結果が届くので、連絡が来るまで待ちましょう。

職務経歴書の書き方で迷ったら、サンプルを参考にしてください。なお職務経歴書は公開したくない企業を設定出来ます。

求人検索やスカウトで応募先を探して面接面談

審査で承認されたら、求人検索やスカウトで応募先を探して、面接や面談へと進みます。求人検索では、条件の指定が可能です。

職種・業種・勤務地・キーワードなどから、希望に合った求人を検索してください。期間限定で掲載されている「求人公募」への応募も可能です。

またビズリーチでは、企業からのスカウトも届きます。

返信しないうちに、求人が締め切られてしまう可能性もありますので、興味があるスカウトにはなるべく早く返信しましょう

面接や面談が決まったら、自分の強みを生かしてアピールできるように、しっかりと企業調査を行ってください。

ヘッドハンターを利用して面接面談

ヘッドハンターを利用する場合も早めの返信が大事です。興味のあるスカウトが届いたら、早めに返信しましょう。

また、ヘッドハンターに経歴や希望を伝えると、秘匿性の高い非公開求人を提案される可能性もあります。

面接や面談の日時はヘッドハンターが調整してくれることもあるので、面接や面談等の相談も、積極的に行ってください。

内定

面接に通過すると、企業から内定通知が届きます。もし手元に内定通知が届いたら、記載事項を読んでください。

疑問に感じる内容がある時には、内定承諾前に企業へと確認しましょう。内定後の年収交渉も可能です。年収交渉や入社日の調整などをヘッドハンターに依頼することもできます。

内定承諾

内容に問題なければ内定承諾となります。ビズリーチのメリットである「お祝い」は、この段階で申請が可能です。

入社

内定承諾後、あらかじめ調整した日時で入社となります。職務経歴書を登録しておくと、引き続きスカウトの受け取りが可能。

入社後も自分の市場価値を判断するツールとして、ビズリーチを使うことも一つの使い方です。

 ビズリーチQ&A

ビズリーチを実際利用するにあたって多い疑問を、Q&A方式でまとめました。

新しくサービスを使い始めるなら、誰でも良く分からないと感じることがあるものです。

登録後に不安を感じないよう、1つずつ確認していきましょう。

会員登録をしてもスカウトが来ないのですが、どうすれば良いですか?

ビズリーチに登録して職務経歴書を公開すると、企業やヘッドハンターからのスカウトが受けられます。

「スカウトが来ない」と感じられるなら、職務経歴書の見直しを行ってください。

正しい内容で詳細に入力しておくと、採用担当者やヘッドハンターが検索した時に見つけやすくなります。

これまでの成果や自分の強みを職務経歴書でアピールできると、スカウトを増やせるでしょう。

積極的な転職活動をするには、頻繁なログインもおすすめです。職務経歴書の一覧画面では、最終ログインが新しい職務経歴書が上位に表示されます。

転職意欲が高いとも判断されますので、企業やヘッドハンターへのアピールに便利です。

プロフィールの変更方法はどのように行えばよいですか?

プロフィールや登録情報は、設定メニューにある「会員情報管理」から変更可能です。

「編集する」ボタンを押して変更内容を入力したら、「変更を保存する」をクリックしましょう。基本的に氏名は変更できません。 

ただし結婚などにより戸籍上の氏名が変わったら、問い合わせフォームから連絡すると変更が可能です。

また生年月日を間違って入力した時も、問い合わせフォームから修正依頼ができます。

応募したのに返信が来ません

企業の担当者やヘッドハンターの事情によっては、応募への返信が遅れる可能性が考えられるでしょう。

ビズリーチでは基本として、企業およびヘッドハンターには、1週間以内の返信を促しています。

もし応募後1週間以上過ぎても返信がないなら、メッセージや電話などで、直接企業やヘッドハンターに連絡を取ってみてください。

プラチナスカウトとはどのようなものですか?

「プラチナスカウト」とは、面談や面接が確約されているスカウトです。

職務経歴書を見た上で、企業やヘッドハンターが強い興味を持った時に、プラチナスカウトが送られます。 

求人案内や通常のスカウトよりも、転職に成功する可能性が高いと考えられるのがプラチナスカウトです。

書類選考もなく面談や面接に進めるので、条件に合うスカウトが届いたら積極的に返信してみましょう。

条件に合わないヘッドハンターがいる場合、対策は可能ですか?

条件に合わないヘッドハンターがいたら、ブロック可能です。

相性もありますし、ヘッドハンターに求める条件と合わない可能性もあるでしょう。

「条件に合わない」と感じたら、ヘッドハンターの詳細ページを開いてください。

ページ内にある「このヘッドハンターをブロック」をクリックすると、職務経歴書が非公開になります。

ヘッドハンタースコアとはどのようなものですか?

ヘッドハンタースコアとは、ヘッドハンターの評価を相対的に確認するためのスコアです。

基本的な情報だけでは、ヘッドハンターが優秀か判断するのは難しいでしょう。そこで参考として使えるのが、ヘッドハンタースコアです。 

ヘッドハンタースコアは、ビズリーチでの転職支援実績・会員へのアンケートなどをもとにしており、スコアは5点満点で表示されます。

「評価が高いヘッドハンターに相談したい」と考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。

求人案内とスカウトはどのような違いがありますか?

求人案内とスカウトの大きな違いは、面接確約があるかどうかです。

求人案内とは、「書類を通過する可能性が高い」とシステムが判断したら自動的に送られます。

そしてスカウトとは、企業の担当者やヘッドハンターが経歴を見て直接送るものです。 

そのため、スカウトの方が面接確約のアドバンテージがありますが、求人案内も通常の応募より書類通過率が若干高めというメリットがあります。

興味がある場合は応募してみるのがおすすめです。

ハイクラス求人に興味がある人におすすめのサービス

ビズリーチはハイクラス求人に強いとして好評ですが、審査があるため落ちてしまう可能性もあるでしょう。

審査に落ちたら他のハイクラス求人を扱うサービスの利用も検討してみてください。

ここで紹介するのは以下の3社です。

  • リクルートダイレクトスカウト
  • マイナビEXECUTIVE AGENT
  • エンワールド・ジャパン

特徴を簡単に紹介していきますので、比較してみてください。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

ハイクラス転職サービスとして、リクルートが運営しているのが「リクルートダイレクトスカウト」です。

リクルートダイレクトスカウトでは、2,500人以上のヘッドハンターが転職をサポートしてくれます。

登録されているハイクラス求人は5万件以上あり、業種や勤務地などから検索が可能です。

非公開求人の情報や、ヘッドハンターのサポートを受けるなら、会員登録を行ってください。

リクルートダイレクトスカウトに掲載されている求人をチェックしたいだけなら、会員登録は不要です。

まずは実際の求人をチェックした上で、リクルートダイレクトスカウトへの会員登録を考えてみるのも良いでしょう。

マイナビEXECUTIVE AGENT

マイナビEXECUTIVE AGENT

年収800万円以上の求人が多数掲載されており、ハイクラス求人を探す方に便利なのが、「マイナビEXECUTIVE AGENT」です。

1,000人以上の法人営業担当者が在籍していて、各企業の人事担当者から受けた求人を提案してくれます。

マイナビEXECUTIVE AGENTでは、取り扱っている求人のうち、80パーセントが非公開求人です。

この非公開求人には、マイナビEXECUTIVE AGENTのみで取り扱っている、「独占求人」も多数用意されています。

マイナビEXECUTIVE AGENTは入社後のアフターフォローもあるため、初めての転職でも不安を払拭できるでしょう。

登録前の求人検索はできませんが、成功事例やコラムなどは読めるので、転職活動の参考として使えます。

エンワールド・ジャパン

エンワールド

外資系やグローバル企業の転職に特化しているのが、「エンワールド・ジャパン」です。エンワールド・ジャパンでは、正規雇用・非正規雇用いずれの求人も充実しています。

業界や職種専門のキャリアコンサルタントが転職をサポートしてくれるのが、エンワールド・ジャパンの大きな強みです。

またライフスタイルを重視する人のために、エンワールド・ジャパンでは、派遣・契約型スペシャリストサービスを提供しています。

会員登録なしでも、エンワールド・ジャパンの求人検索は可能です。

ただしコンサルタントのサポートを受けるのなら、会員登録をする必要があります

外資系やグローバル企業を中心に転職先を考えているのなら、エンワールド・ジャパンの利用を考えてみましょう。

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

 まとめ

メリットや特徴から、ビズリーチは以下のような人におすすめだと考えられます。

  • 企業やヘッドハンターからの積極的なスカウトが受けたい人
  • ハイクラス求人に興味がある人
  • キャリアを生かして即戦力として活躍したい人
  • 自分の市場価値を知った上で転職活動を進めたい人

ビズリーチの良い評判からは、実際に多くの人が、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けていることが分かります。

優秀なヘッドハンターと出会い、的確なアドバイスが受けられれば、転職が成功する確率は飛躍的に上がるでしょう。 

ビズリーチでは職務経歴書の内容が大きく影響するため、まずはキャリアの棚卸しを行ってみてください。

その上でビズリーチの各種サービスを活用して、ハイクラス転職を成功させましょう。

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。