39歳の転職は厳しい?男性女性別の転職状況や未経験・資格なしでも成功させるポイントを解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

39歳でも転職できるのか不安…

どんな人が転職に成功しているの?

このように年齢的に転職への抵抗感があったり、漠然とした不安を抱えてたりしている人も多いのではないでしょうか。

現在の職場に不満があっても、転職のリスクを考えると行動に移せない人もいるでしょう。

しかし実際には、39歳でも希望の職種や業界への転職を成功させている人は多くいます。

そこで、本記事では39歳の転職におけるメリット・デメリットや転職に成功しやすい人の特徴について解説していきます。

本記事を読めば、39歳の強みやメリットとはどのような部分にあり、効果的に伝えるための方法を理解することができます

転職エージェントはすべて無料で利用できるので、複数使ってみることがおすすめです。

関連記事:30代転職エージェントおすすめ比較ランキング|女性・未経験・フリーター向けの選び方

目次

39歳の転職は厳しい?│39歳の転職事情

39歳の転職は遅いと言われることがありますが、39歳で転職に成功している人は多くいます。

39歳における転職の状況を把握していきましょう。

39歳の転職状況

まずは39歳の転職状況について解説します。

結論、39歳の転職は女性の方が若干有利で、男性でも十分に可能です。

以下は、厚生労働省による男女別の全体に対する転職者の割合を示すデータです。35~39歳の転職者の割合は全体に対して男性が7.8%、女性が9.8%となっています。

-令和3年雇用動向調査結果の概況-│厚生労働省
引用元:-令和3年雇用動向調査結果の概況-│厚生労働省

転職者の割合は、20代の後半で男女が逆転しており、結婚などといったライフイベントが関係しているのではないかと推測できます。

転職者の割合が10%を下回るのは、男性では30代に入るタイミング、女性では30代後半に入るタイミングのようです。成人以上で考えると、転職者の多くを占めるメイン層のようなイメージのある第二新卒の年代であっても15%程度が最大のようです。

また、そもそも年齢が上がると転職希望者が減って、どの年代でも3~4割程度の人は転職を希望していない傾向にあります。

参考:平成 30 年若年者雇用実態調査の概況

したがって、必ずしも「39歳の転職が遅すぎる」ということは言えないでしょう。

とはいえ40歳を超えると転職の難易度が上がる傾向はありますので、転職を考えている人は30代のうちに活動をした方が転職しやすいといえるでしょう。

また、やみくもな転職活動ではなく、適切な準備の上で転職に臨むことがポイントと言えそうです。自身の強みを分析して転職先にどう貢献できるかを明確にアピールできる状態にすることが重要でしょう。

また、一人での転職活動に自信がない場合は、転職のプロである転職エージェントなどからサポートを受けることがおすすめです。

39歳男性の転職理由

厚生労働省の調査データ(※)によると35歳~39歳男性の転職理由で多かった理由が以下となります。

  • 会社の将来が不安だった(14.0%)
  • 労働時間、休日等の労働条件が悪かった(11.9%)
  • 給料等収入が少なかった(10.8%)

39歳男性の場合、将来のキャリアプランを考える上で、会社の経営状況の悪化などのリスクを懸念して転職に踏み切る人が多いことが分かります。

また、現職の労働条件や給料への不満を理由としてあげる人も多くいるようです。家族や子供がいる場合、より家族との時間や貯蓄を重要視する人も多いと予想されます。

39歳女性の転職理由

厚生労働省の調査データ(※)によると35~39歳女性の転職理由で多かった理由が以下となります。

  • 職場の人間関係が好ましくなかった(10.0%)
  • 労働時間、休日等の労働条件が悪かった(9.6%)
  • 出産・育児(7.6%)

39歳女性の場合は、「職場の人間関係が好ましくなかった」という理由が最も多いです。同性社員や上司との付き合い方に悩み転職を考える女性も多いと予想されます。

また39歳女性は、出産や育児をきっかけに転職を考える人も多くなります。育児休暇を取りやすい職種や福利厚生の充実した企業に転職したいというニーズが高くなるためと予想されます。

39歳の女性の転職率は男性よりも高くなっていますが、育児と仕事を両立したいという人も多く、正社員以外の選択肢が広がることも影響していると考えることができるでしょう。

関連記事:39歳女性でも転職できる?成功する人・しない人の特徴を紹介

参考:-令和3年雇用動向調査結果の概況-│厚生労働省

39歳の転職市場での優位性3つ

39歳で転職するメリットについて解説します。
20代や30代前半と比較して、どのような違いが転職に有利となるのかを考えていきましょう。

  • 経験やスキルを活かした転職ができる
  • キャリアアップが期待できる
  • 40代・50代になる前に転職活動ができる

経験やスキルを活かした転職ができる

メリットの1つ目は「経験やスキルを活かした転職ができる」ということです。

39歳は社会人経験が長く、さまざまな案件やプロジェクトに携わってきた実績を期待される年齢です。そのため管理職や即戦力の人材を欲しがっている企業にはアピールがしやすいでしょう。

また過去の実績やスキルを活かして、大手企業や仕事にやりがいのある企業への転職を成功させるケースもあります。

経験やスキルを活かして管理職についたり、年収アップを狙ったりしたい人はできるだけ同じ職種か経験のある職種に転職をするとよいでしょう。

未経験転職の場合、新人とあまり変わらない条件となることがありますので、堅実にキャリアを積んでいきたい人は同職種での転職が安心です。

キャリアアップが期待できる

メリットの2つ目は「キャリアアップが期待できる」ことです。

実績や経験をもっている39歳にとって、転職先で今以上の評価を受けられる可能性があるためです。

特にマネジメント経験がある人は、転職先でも管理職ポジションとして活躍することもできますので、キャリアアップを狙う人は求人情報から「管理職候補募集」といった内容を探してみると良いでしょう。

またキャリアアップを図りたい人は転職エージェントに相談することをおすすめします。条件に合った求人情報や、職務経歴書や面接対策などのアドバイスを受けることもできます。

40代・50代になる前に転職活動ができる

メリットの3つ目は「40代・50代になる前に転職活動ができる」ことです。40歳を過ぎると転職率が下がっている傾向があるため、30代のうちに転職活動をしておくことをおすすめします。

企業の求人を見ても「30代まで」という年齢制限を設けている企業は少なくありません。採用した社員にできるだけ長く働いてもらいたいため、将来性も含めて30代以下の採用に限定している企業も多いようです。

もし39歳で転職を迷っている人は、40歳になると転職成功率が下がることを覚えておき、早めのタイミングで転職エージェントに登録しておくなどの行動をしておきましょう。

39歳で転職するデメリット

次に39歳で転職するデメリットについて解説します。

求人数が少なくなる

デメリットの1つ目は「そもそもの求人数が少ない」という点です。30代前半と比べると対象の求人数自体が少なくなりますので、転職の選択肢が狭まってしまうかもしれません。また人気の職種は競争率も高くなることが予想されますので、根気強い転職活動が必要となるでしょう。

対策としては、転職先の条件を高く設定しすぎないことです。「営業職」「接客業」「事務職」などの未経験や年齢、学歴不問で応募を受け入れている職種を検討するのも一つの方法です。

自分から転職の選択肢を狭めずに、今後のキャリアプランを一度見直してみましょう。

年収が下がることがある

2つ目のデメリットは「年収などの待遇が下がる可能性がある」ということです。給料を理由に転職をする人は多いですが、必ずしも給料アップがかなうわけではないと覚えておきましょう。特に未経験職種への転職の場合は、実績がない状態からのスタートとなるため、年収が下がることが多くなります。

中には給料よりも重要視していることがある人も多いでしょう。例えば「残業時間を減らしたい」「人間関係が良い職場で働きたい」といった希望がある人は、給料ベースの転職ではないと考えられます。

転職の軸となる動機を見つめ直し、給料が下がっても転職したいかどうかを考えると良いでしょう。

家族への影響を考慮する必要がある

3つ目のデメリットは「家族への影響を考慮する必要がある」ということです。20代や独身のときのように思い立った行動をするのではなく、家族や子育てへの負担や影響を考えて転職を進める必要があるためです。

転職にあたって、「給料が下がる」「休日サイクルが変わる」「引っ越さなければならない」といった家族にも影響することが考えられる場面があるかもしれません。これらのリスクを事前に家族に相談しておくようにしてください。

転職が決まってから報告すると、事前に相談がなかったことに対して不信感が生まれることもありますので注意しましょう。

39歳で転職に成功しやすい人の特徴3つ

次に39歳で転職に成功しやすい人の特徴について確認していきましょう。39歳は即戦力としての活躍や、管理職でのマネジメントを期待されることが多くなるため、より経験のある人が採用されやすくなると想定されます。

  1. 素直な性格をしている
  2. 管理職・マネジメントの経験がある
  3. 専門的なスキルや資格をもっている
  4. 明確なキャリアプランがある

素直な性格をしている

39歳ともなると、ある程度のキャリアや実績を積んでいるため転職先となる企業に馴染まないことを懸念されるケースがあります。

新しいことを素直に吸収してスキルアップしてくれないのではないか、と懸念されてしまうケースがあります。特に、過去のやり方や考え方に固執してしまい転職先の方針と相反してしまうと、業績への影響だけでなく周囲との人間関係にも問題が生じてしまいます。

その観点では、女性で家庭のためにキャリアを一時的に中断していたような方は、一段と新鮮な気持ちで仕事に向き合っていけると評価してくれる企業もあるため、転職に成功していきやすいケースもあるようです。

もちろん、素直に新しい知識を吸収し、新しい組織に適応しながら業績の向上に貢献していけるということをが伝わり、入社後もそのように仕事に向き合うことができれば、この点に関しては問題はないでしょう。

管理職・マネジメントの経験がある

39歳の転職では役職やマネジメントの経験がある人は採用されやすいです。そのため、職務経歴書や面接時にアピールできるようなマネジメント経験があると転職に有利といえます。

管理職として働ける人材を求めている企業は、社内体制を整えたり変革を期待したりしているケースが考えられます。

39歳という年齢でキャリアアップを図る人ならではのチャンスと考えることもできますので、管理職やマネジメントの経験や実績がある人は積極的にアピールしていきましょう。

専門的なスキルや資格をもっている

39歳で専門性の高いスキルをもっている人は採用されやすいでしょう。マネジメントスキルなどの転職先で活かせる高いスキルや資格をもっていれば、即戦力としての活躍が期待されるためです。

また、前職での実績と合わせてアピールできるとベストです。

目に見えるデータなどがあると書類選考にも有利ですが、難しい場合は具体的な取り組みや自分が主体となって成果を上げたプロジェクトなどを説明できるよう準備をしておくとよいでしょう。

明確なキャリアプランがある

39歳の転職では、将来に向けた明確なキャリアプランがあると採用されやすいです。企業にとって39歳を採用することは少なからずリスクがある採用となるため、入社後に活躍するイメージをもってもらうことが重要となります。

5年後、10年後のビジョンを伝えることで、企業とのミスマッチがないかと判断することができます。企業や業界に対する熱意や意欲も十分に伝えることができますので、明確なキャリアプランや転職理由を事前にまとめておきましょう

39歳で転職に失敗しやすい人の特徴5つ

次に39歳で転職に失敗しやすい人の特徴についても解説していきます。39歳で以下の特徴に当てはまる人は転職成功率が下がることも予想されますので確認しておきましょう。

  • 転職条件へのこだわりが強い
  • 業務に対して頭が固くなってしまっている
  • プライドが過度に高い
  • 転職回数が多すぎる
  • 将来のビジョンがない

転職条件へのこだわりが強い

転職に対する条件が高すぎたり、こだわりが強すぎたりすると採用につながりにくくなります。すべて理想通りの求人を見つけること自体が難しく、また見つけられたとしても採用条件に当てはまっているかが分からないためです。

そのため、転職の軸を最初に決めておくとよいでしょう。例えば「年収アップを第一にこだわりたい」「給料が下がってもこの職種で頑張りたい」といったイメージです。

転職の軸が明確になっていると転職理由も伝えやすく、企業選びもスムーズにおこなうことができます。

業務に対して頭が固くなってしまっている

39歳の転職において、企業の採用担当者が懸念するのが、転職という新しい環境に、新しくスキルを習得する必要がある中で適応していけるのかということです。

新しい職場に上手く適応していくためには、業務に対して過去のやり方にこだわり過ぎてしまったり、ツールなどを活用することで生産性を高められるような業務をマンパワーで対応しようとするのを変えられない方は、採用しずらいと判断されてしまいかねません。

現職などで、状況が大きく変わったような体験がある方は、その時どのように対応したのかを伝えることが重要でしょう。

女性で家庭などのために一時的にキャリアを中断していた方は、仕事から家庭へと生活の中心が大きく変わるような体験の中でや、家庭の中で起こった大きな変化に対してどのように対応したか、を伝えるとよいでしょう。

プライドが過度に高い

39歳での転職において、過度にプライドが高い方も要注意です。

なぜなら、転職先の企業では自分の上司が年下となることもあるためです。

過度にプライドが高いと、上司が年下であった場合に素直に支持や方針についてきてくれないのではないかと心配されてしまう可能性があります。

そのような印象を持たれないためにも、面接での振る舞いには注意を払うことが望ましいです。過度に堅くなりすぎることはありませんが、丁寧な挨拶や受け答えを徹底することが重要でしょう。

転職回数が多すぎる

39歳で転職回数が多い人は採用で不利になることがあります。具体的には3回以上の転職となる人は、企業に「転職回数が多い」と思われてしまう傾向があります。(※)

転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態│リクナビNEXT
引用元:転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態│リクナビNEXT

複数回転職している人でも、何かしらの事情があっての転職をしているはずです。過去の転職理由について面接で聞かれる可能性もあるため、面接官が納得できる理由を用意しておきましょう。

前述のように企業には39歳を採用するリスクがあるため、ミスマッチや早期退職を不安視していることもあります。企業側の不安や疑問を解決できるよう対策していくことが重要です。

将来のビジョンがない

39歳で将来のビジョンがない人は転職に失敗しやすい傾向があります。「何となく良さそうだから」という理由で転職してしまうとミスマッチが起こりやすいだけでなく、企業側から仕事が長続きしないと思われてしまう可能性もあるためです。

40歳を超えると転職のハードルが高くなります。30代の転職で失敗してしまうと後が無くなってしまう可能性もありますので、自分の将来のビジョンをよく考えて就職活動をおこなうとよいでしょう。

関連記事:転職したいけどスキルがない30代は手遅れ?未経験におすすめな仕事も解説

39歳の未経験転職を成功させる5つのポイント

39歳の未経験転職を成功させるためのポイントやコツについて解説します。

転職の目的を明確にする

1つ目は「転職の目的を明確にする」ことです。転職活動を始める前に転職の目的やキャリアプランについてまとめておくことで、転職理由が明確になるためです。

特に未経験転職の場合は、40歳を目前にしてキャリアチェンジに挑戦する理由について整理しておくとよいでしょう。前職の退職理由や今後のキャリアプランについて詳しく質問される可能性があるため、面接官が納得できる回答を用意しておくと転職成功に近づきます。

39歳の転職はポテンシャルよりも即戦力として採用できるかが重要視されます。そのため転職先で自分が貢献できることを具体的にアピールする必要があります。

これらをまとめて「自己分析」と言いますが、自分だけで自己分析をおこなうことが難しければ「転職エージェント」を活用することで、客観的なアドバイスがもらえるためおすすめです。

アピールできる資格やスキルを整理しておく

2つ目は「アピールできるスキルや資格を整理しておく」ことです。特に39歳はマネジメント能力を期待される可能性が高いため、マネジメントや管理のスキルをアピールするとよいでしょう。

未経験転職であってもマネジメント経験がある人は重宝されやすいです。マネジメントの経験がある人は、「どのようなことに気を付けて部下をまとめていたか」「具体的なマネジメントのエピソード」などを洗い出しておくと面接時に伝えやすくなります。

マネジメント以外のスキルや資格をアピールする際も、転職先でどのように利益に貢献できるかをイメージしやすいよう業務に関連している内容で伝えるようにしましょう。

関連記事:30代の転職を有利に進めるおすすめ資格14選!資格の選び方を紹介

転職先の条件を絞りすぎない

3つ目は「転職先の条件を絞りすぎない」ことです。39歳になると求人数も少なくなり、すべての希望を満たした企業から採用される可能性が下がってしまうためです。

未経験転職の場合は、最初に評価できる実績やスキルが不足していることも多く、年収が下がってしまう可能性が高いです。給与だけでなく「やりがい」「仕事内容」「今後のキャリアアップ」など転職先に求める条件に優先順位を付け、ある程度の条件には妥協することも転職成功への近道といえます。

「これだけは譲れない」といった転職の軸を決めておくことで、転職理由や志望動機もが明確になり、企業にも熱意が伝わりやすくなるでしょう。

家族の理解を得ておく

4つ目は「家族の理解を得ておく」ことです。39歳になると結婚をして家族や子供がいる人も多くなりますが、勤務地や給与が変わるなどの家庭環境への影響を及ぼす可能性がありますので、あらかじめ会社を辞める意思と転職の方向性などを理解してもらうようにしましょう。

未経験転職の場合は、転職後に賃金が下がったり働き方が変わったりといったリスクもあるため、キャリアチェンジをしたい理由について家族に納得してもらってから転職活動をおこなうことをおすすめします。

活動状況によっては、転職活動が長期戦になることも予想されます。その間の収入や生活スタイルについても事前に確認しておく必要があります。

転職エージェントを活用する

5つ目は「転職エージェントを活用する」ことです。転職エージェントは「転職のプロ」ですので、業界の最新情報や市場価値をふまえた上でのアドバイスが期待できるためです。

39歳での未経験転職の場合は、なかなか希望の職種の求人に応募できないこともあります。転職エージェントでは業種や転職市場の情報などをふまえたアドバイスがもらえるため、まずは相談してみるとよいでしょう。

また転職サイトには載っていない非公開求人や、経営層や管理職を含むハイクラス求人を豊富に紹介している転職エージェントもあります。

39歳になると求人数が少なくなりますので、転職エージェントから企業を紹介してもらうことも効率よく転職成功率を高めるポイントとなるでしょう。

39歳の転職で成功した事例

記事内で解説したように、39歳で転職に成功している人は多くいます。

SNS上にも39歳で転職に成功した人の投稿があるように、過去の経験や実績を活かしてキャリアアップに成功している事例は多いようです。

転職後に収入が下がっても勤務しているうちに前職の年収を超えたり、大手企業への転職に成功したりといった事例がありますので、39歳という年齢で転職を諦めずにやりたいことにチャレンジする姿勢が大切です。

関連記事:30代の転職は失敗する?失敗しやすい人の特徴や失敗しない方法を紹介

ヘッドハンティングは転職を成功させる近道になるか

39歳というある程度経験を積んだ年代であれば、知人の紹介やヘッドハンティングもされやすいかと思います。

ただ、注意すべき点は知人の紹介やヘッドハンティングは自発的ではないということです。実力を見込まれているからヘッドハンティングや知人の紹介を受けたと過信すると、現場に入ったときに溶け込みにくい場合があります。

そういう意味では、39歳という年齢は、今までの経験や実績からくるプライドが妨げになりやすいため、いかに自分の考え方をうまくコントロールできるかが重要になってくるでしょう。

知人の紹介やスカウト、ヘッドハンティングのオファーで転職したとしても、周囲に溶け込み、信頼をなるべく早く得られるよう努力することを忘れないでください。

関連記事:ハイクラス転職したい30代におすすめの転職エージェント10選

39歳におすすめの転職エージェント5社

転職エージェントはたくさんあって、どれを選ぶべきか迷ってしまう人も少なくないはずです。

転職エージェントには「求人数が多い」「30代の転職に特化している」など、それぞれ異なった特徴や強みがあります。自分の状況や適性に合った転職エージェントを探すことで、転職を成功に近づけることができるでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

あわせて読みたい
リクルートエージェントの評判や口コミから分かるメリット・デメリットを解説 「リクルートエージェントを利用してみたいけど評判が気になる」 「リクルートエージェントの実際の口コミは?」 「リクルートエージェントの名前は有名だけど、本当に...

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

あわせて読みたい
dodaの悪い評判・口コミは実際どう? 向き不向きを徹底解説 dodaって有名だけど実際の評判はどうなんだろう dodaを利用してみたいけど本当に信頼できるのか知りたい 実際にdodaを使った人たちがどんな感じだったのか知りたい おす...

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ|口コミから利用するメリットも解説 マイナビエージェントは、20代や30代を中心とした若手からの評判が良い転職エージェントで、2023年のオリコン顧客満足度調査でも転職エージェントとして満足度総合No.1...

type転職エージェント

type転職エージェント
type転職エージェントの特徴
  • 首都圏を中心に展開
  • 「納得感のある転職」の実現にこだわり
  • ITエンジニアや企画職・営業職に強み

 

type転職エージェントは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に転職サービスを提供しているエージェントです。

 

「納得感のある転職」のサポートにこだわりがあり、キャリアの相談や希望条件に合った求人の紹介、応募書類の添削、面接対策など、転職完了まで手厚くサポートを受けられます。

 

企業の採用担当者からのヒアリングにも力を入れており、求める人物像や経験を把握したうえで求人を紹介してもらえるため、マッチング精度の高い転職の実現に期待できます。

 

特にITエンジニアや企画職、営業職の転職に強みがあり、25年以上の歴史(※1)と34万人以上の転職支援実績(※1)をもとに、転職を成功に導いてくれるでしょう。

 

(※1)type転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 9,742件(※2)
非公開求人数 17,998件(※2)
おすすめポイント
  • 一都三県での転職に強み
  • 営業、企画、ITエンジニアへの転職に強い
  • 後悔のない転職が実現できる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

【type転職エージェントの口コミ・評判】

年収UP交渉もスムーズに進めていただき、大満足です!

(前略)

キャリアアドバイザーの方に相談すると、プログラミングの経験のほかにWEBサイトの開発経験があることは今後の転職にプラスになるという高い評価をいただき、どちらの経験も活かし、システムの企画にも携われるEコマースのシステムエンジニアで内定をいただきました。キャリアアドバイザーの方にスキルを正しく評価していただき、自信を持って転職活動に臨めたことが成功につながったと思います。年収交渉もスムーズで、企業からスキルを評価されているのだと思うとさらにやる気が出ますね!

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

新たなキャリアの提案で年収大幅UP!

これまで社内SEとしてキャリアを積んできましたが、年収UPを目的に転職活動を始めました。社内SEとはいえ、携わったシステムは全てスクラッチで開発し、開発の全行程から保守・運用まで経験してきたことを伝えると、開発の全工程の経験がある点を高く評価してくださり、キャリアアドバイザーの方からITコンサルタントとして新しいキャリアを築いてみてはどうだろうかとアドバイスをいただきました。書類作成や面接対策をしていただき、万全の状態で望んだ結果、希望する企業から内定をいただくことができました。年収も自分が予想していたよりも大幅にアップし、人材紹介サービスを利用して本当によかったと思っています。

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

 

あわせて読みたい
type転職エージェントの悪い口コミ・評判は本当?メリットとデメリットを解説 さまざまな転職エージェントがあるなかで、type転職エージェントを利用して転職活動をするのが適切なのか気になる方は多いのではないでしょうか。 結論からお伝えすると...

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点
あわせて読みたい
ビズリーチの評判から使い方まで|利用する際のメリット・デメリットも徹底解説 ビズリーチの基本的な使い方は? どうやったらたくさんスカウトを受け取れる? ビズリーチはキャリアアドバイザーから求人を紹介してもらう転職エージェントとは異なり...

doda X

dodaX

doda Xの特徴
  • ハイクラス転職に特化
  • 年収800万円以上の高収入求人あり
  • ヘッドハンターからスカウトが届く

 

doda Xは、管理職やハイキャリアの方などに特化した転職サービスです。

 

全ての求人がマネージャークラスやCFO、事業戦略担当などのハイクラス求人で、現在管理職に就いている方のほか、転職をきっかけにキャリアアップしたい方にもおすすめできます。

 

年収800万円以上や年収1,000万円以上の非公開求人を多数保有しており、年収アップを目指す方も条件に合う求人を見つけられるでしょう。

 

登録すると、ヘッドハンターから直接スカウトが届くシステムで、忙しい方でも手間をかけることなく好条件の求人に出会える可能性があります。

 

気になる求人を見つけたらdoda Xを介して応募できるサービスもあり、自身の意向に合わせて転職活動を進められるのが特徴です。

 

サービス名 doda X
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 45,836件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップが期待できる
  • 管理職やハイキャリアポジションの求人を保有
  • 手間なく転職活動が進められる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

39歳の転職によくある質問

39歳の転職によくある質問は以下のとおりです。

39歳で資格なしでも転職できますか?

39歳は資格よりもスキルや経験が求められます。そのため、資格がなくても転職できるでしょう。

転職するために資格を取るのではなく、スキルや経験をさらに伸ばすために資格を取るのがおすすめです。

39歳未経験でも正社員転職できますか?

39歳未経験では正社員就職するのは難しいかもしれません。39歳では求められるのはスキルであり、ポテンシャルではありません。

そのため、正社員ではなく、パートや派遣社員として働くことを目指すほうが賢明かもしれません。

39歳で仕事がない場合どうしたらいいですか?

39歳で正社員就職することは簡単なことではないため、まずはパートや派遣社員として働きはじめるのがおすすめです。

転職で39歳と40歳の違いはありますか?

結論、転職するにあたって39歳と40歳の違いはありません。30代や40代という年齢よりも求職者のスキルや経験が求められることが重要です。

まとめ|39歳の転職

この記事では39歳からの転職を成功させるためのポイントについてお伝えしました。具体的な例を挙げながら解説してきたので、転職活動のイメージが持てたのではないでしょうか。

39歳からの転職であっても、ポイントを押さえれば希望の企業や職種への転職が可能です。

また、39歳でスムーズな転職を目指すのであれば、転職エージェントなど転職サービスの利用をおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、キャリアドバイザーと面談し、スキルの棚卸や条件にあった転職先の紹介、履歴書・面接対策などを受けられて、あなた自身で活動するより転職成功する可能性がぐっと高まるからです。

なお、転職エージェントサービスはたくさんあり、それぞれで特徴や強みが異なります。

本記事の内容を参考に、後悔のない転職活動をおこなってください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。