ハイクラス転職したい30代におすすめの転職エージェント10選

CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

  • X
  • facebook
  • LINE
  • linkedin
  • URLcopy
   
本記事は、転職エージェント公式サービス(リクルート・マイナビ・ビズリーチ等)の広告リンクを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

30代でハイクラス転職するためにおすすめの転職エージェントは?

30代での転職で年収を上げるポイントを教えてほしい

このように、十分な経験を積み、確かなスキルが身についている30代の方で、ハイクラス転職を考えている方は少なくありません。

管理職経験や高度な専門性が必要とされるハイクラス転職では、年収アップ・キャリアアップを実現することができます。

しかし、ハイクラス転職は年収が高い分、成果を出すことがより求められ、プレッシャーに感じる可能性もあります。

自分のスキルを正しく活かせて会社へ貢献できる転職先を見つけるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

この記事では30代のハイクラス転職におすすめの転職エージェントや、転職時の注意点、成功させるためのポイントを解説します。

転職エージェントは無料で利用できるので、2~3社を登録して使い分けるのがおすすめです。

目次

ハイクラス転職したい30代におすすめの転職エージェント10選

ハイクラス転職したい30代の方におすすめの転職エージェントについて解説します。

転職エージェントは求人紹介や面接対策はもちろん、年収交渉まで行ってくれるため、年収を上げたい方はぜひとも利用したいサービスです。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の求人多数
  • ヘッドハンター・企業から直接スカウトが届く
  • 自分で求人を探さなくても転職活動を進められる

 

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

253,609件(※)

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップを目指せる
  • 時間をかけずに転職活動ができる
  • マッチ度の高い求人を教えてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2023年12月時点

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 107,334件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2023年12月時点

type転職エージェントハイクラス

type転職エージェントハイクラス
  • 特徴① 管理職やエグゼクティブに特化
  • 特徴② 年収800万~1,500万円の求人多数
  • 特徴③ 専任コンサルタントによる徹底サポート

type転職エージェントハイクラスは、管理職やエグゼブティブ層に特化した転職エージェントです。ハイクラス求人の取り扱いは首都圏だけで1万件以上(※1)と多く、年収800万~1,500万円の求人も多数保有されています。

 

サービスの中でも、特に面談に力を入れており、専任のキャリアアドバイザーが求職者の現状と希望を丁寧にヒアリングしたうえで、キャリアパスのアドバイスや最適な求人の紹介をしてくれます。

 

一人のアドバイザーが求職者支援と企業の情報収集の両面を担当しているため、スピーディーで的確な情報提供に期待できるでしょう。

 

首都圏でのハイクラス転職を検討している方は、まず登録しておきたいエージェントです。

 

(※1)type転職エージェントハイクラスの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェントハイクラス
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 29,047件(※2)
非公開求人数 18,539件(※2)
おすすめポイント
  • 現在管理職に就いている方の転職におすすめ
  • キャリアアップ・年収アップが叶えられる
  • 今後のキャリアについて相談できる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2023年12月時点

 

ランスタッド

ランスタッド

  • 特徴①年収800万円以上のハイクラス求人が豊富
  • 特徴②グローバルや外資系企業に強い
  • 特徴③各業界に精通したコンサルタントが在籍

ランスタッドは世界39カ国でサービスを展開しているハイクラス求人向けの転職エージェントです。

 

国内企業はもちろん、グローバルや外資系企業の求人を多数取り揃えています。

 

また、コンサルタントは各業界に精通しており、専門性の高いアドバイスを受けることができます。

 

ランスタッドの約8割が非公開求人であるため、自分にあった求人があるか探すためにもまずはランスタッドに会員登録しておきましょう。

 

サービス名 ランスタッド
運営会社 ランスタッド株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 専門的なアドバイスが受けられる
  • グローバル企業へ転職したい方に!
  • 年収3,000万円以上を目指せる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト

 

dodaX

dodaX

dodaXの特徴
  • ハイクラス転職に特化
  • 年収800万円以上の高収入求人あり
  • ヘッドハンターからスカウトが届く

 

doda Xは、管理職やハイキャリアの方などに特化した転職支援サービスを展開しています。

 

全ての求人がマネージャークラスやCFO、事業戦略担当などのハイクラス求人で、現在管理職に就いている方のほか、転職をきっかけにキャリアアップしたい方にもおすすめできます。

 

年収800万円以上や年収1,000万円以上の非公開求人を多数保有しており、年収アップを目指す方も条件に合う求人を見つけられるでしょう。

 

登録すると、ヘッドハンターから直接スカウトが届くシステムで、忙しい方でも手間をかけることなく好条件の求人に出会える可能性があります。

 

気になる求人を見つけたらdoda Xを介して応募できるサービスもあり、自身の意向に合わせて転職活動を進められるのが特徴です。

 

サービス名 dodaX
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 41,907件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップが期待できる
  • 管理職やハイキャリアポジションの求人を保有
  • 手間なく転職活動が進められる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※)2023年12月時点

 

パソナキャリア

パソナキャリア
  • 特徴① 年収アップ率61.7%、求人の半数が年収800万円以上
  • 特徴② ハイクラス転職に特化したコンサルタントが支援
  • 特徴③ 4年連続満足度総合1位を獲得

パソナハイクラスは、株式会社パソナが運営するハイクラスに特化した転職エージェントです。保有されている求人の約半数が年収800万円以上で、61.7%(※1)の方が年収アップに成功した実績をもちます。

 

パソナキャリアでは、ハイクラス転職を専門とする業界専任のコンサルタントが、企業情報の共有や面接対策、内定後の交渉などの充実したサポートで転職を成功へと導いてくれます。

 

面接の日程調整や企業への推薦などもおこなってくれるため、忙しい合間でも効率的に転職活動を進められるでしょう。

 

利用者満足度調査で4年連続総合1位(※2)を獲得しており、手厚い転職支援を受けたい方におすすめです。

 

(※1)パソナハイクラスの公式ホームページより
(※2)オリコン顧客満足度調査 2019年~2022年転職エージェント総合1位

 

サービス名 パソナキャリア
運営会社 株式会社パソナ
公開求人数 33,465件(※3)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 年収800万円以上の求人を紹介可能
  • 手厚い転職支援を受けられる
  • 30~50代でハイクラス転職を目指している方におすすめ
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※3)2023年12月時点

 

doda

doda
dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年12月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 223,854件(※3)
非公開求人数 39,055件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2023年12月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,921件
非公開求人数 233,721件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2023年12月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

LHH転職エージェント

LHH転職エージェント
  • 特徴① 各職種のプロフェッショナルがサポート
  • 特徴② 360度式コンサルティング
  • 特徴③ 大手・外資・優良中堅など幅広い求人

LHH転職エージェントはスイスに本社を構えるAdeco Groupが運営する転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーは職種別に担当しており、そこから業界別ごとのチームに細分化しています。

あなたの専門領域に精通しているので、あなたの市場価値を正しく判断し、適切な求人を紹介できるのがメリットです。

 

また、一人のキャリアアドバイザーが企業と求職者の両方を担当する360度コンサルティングを実施しているので、受かるポイントを正確に把握しているのも嬉しいポイントでしょう。

 

豊富なネットワークがあり、国内の大手企業や外資企業はもちろん、優良中堅など幅広い求人を保有しています。

 

サービス名 LHH転職エージェント
運営会社 株式会社アデコ
公開求人数 29,438件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 質の高いサポートが受けられる
  • 企業の情報を正確に知ることができる
  • さまざまな企業の紹介を受けられる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2023年12月時点

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2023年12月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 67,499件(※1)
非公開求人数 18,873件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

ハイクラス転職を30代で成功させるためのポイント

30代のハイクラス人材が転職を成功させるためのポイントを解説します。

応募先で求められていることを理解する

応募先でどんな活躍を期待されているのかを理解し、実際に成果を残せるのかを冷静に判断することが大切です。

そのためには自分の強み・弱みを明確にするとともに、応募先のビジョンや課題、リソースについて確認する必要があります。自分に与えられる裁量の範囲や部署の予算など詳細の情報も確認しておきましょう。

現職で成果を残していることを伝える

ハイクラス転職では、これまでの成果・実績をアピールすることで、応募先に採用する価値が高い人材」だと思ってもらう必要があります。

そのため、まずは現職で成果を残していることが必要です。現職で成果を残していないのなら、まだ転職するタイミングではないのかもしれません。

自分の強みを活かしてどんな貢献が可能なのかを伝える

企業は「この人材を雇うことでどんなメリットがあるのか」を考えます。

こうした企業側の考えも踏まえ、自分の強みを活かし、どんな貢献ができるのかをしっかり伝えましょう。30代は即戦力として活躍できる人材であることをアピールできるかどうかが重要です。

ベンチャー企業などの若い企業が狙い目

大手企業は新卒一括採用を基本とするため、中途採用枠自体があまりありません。また中途採用者を入れる場合でも、第二新卒や20代など若い人が有利です。そのため、30代が転職するにはハードルが高めです。

一方、ベンチャーは優秀な人材を積極的に採用して事業拡大を図りたいと考える企業が多いため、ハイクラス人材はチャンスがあります。ベンチャーも大企業と同様に若い人材を好む傾向が強いですが、30代であれば若い20代の社員たちとも良好な関係を築ける可能性が高いため好まれやすいです。

年収だけを転職の目的にしない

30代のハイクラス転職では年収が上がるケースが多々あります。年収アップを目指して転職する人もいるでしょう。

年収は多くの人にとって大事な要素なので、年収にこだわりを持つことが悪いわけではありません。

しかし、年収だけが目的になると失敗する可能性が高いです。仮に年収が下がってでもその会社に転職したい意思があるかどうかを、自分自身に問いかけてみてください。

年収だけが目的の人は、自分が転職先でやりたい仕事やビジョンが見えておらず、転職しても後悔する可能性があります。業務内容や組織との相性、自身に与えられた裁量の範囲などに不満が出たときに早期退職につながるリスクもあるでしょう。

30代のハイクラス転職で求められる3つのスキル

企業が高い年収を支払うのは、その人材が年収に見合う貢献をしてくれるからです。

したがって、企業は採用の段階で高年収を支払う価値がある人材かどうかを見極めます。具体的には以下の要素がある人材かどうかをチェックしています。

高い専門性

ITや会計など、何かしらの分野・領域で高い専門性を有していることが必要です。弁護士や会計士といった国家資格の場合は資格の取得自体が難しいため、有資格者であるということが専門性の証明になります。

未経験の業界や職種へのは転職は難しいでしょう。

マネジメント経験    

30代の場合はマネジメント経験を求められるケースが多くあります。部下や周囲のメンバーをまとめてチームとしての成果を残すことができれば、その人材を雇うメリットは何倍にも膨れ上がるからです。

マネジメント経験の定義は企業によって異なります。管理職経験を必須とする企業もあれば、リーダーやプロジェクトをまとめた経験などでもマネジメント経験とみなされる場合もあります。

柔軟性や順応性

年齢を重ねると自分の考えや価値観が確立されてくる一方で、柔軟性や順応性は次第に失われていく傾向があります。柔軟性や順応性は若ければ高いと考えられているため、20代であれば組織にフィットしやすいでしょう。

一方、30代は40代や50代よりも柔軟性が高いケースが多いですが、人によってはそうではない場合も出てくる世代です。

そのため企業は30代のハイクラス人材に対して「柔軟性があり組織に順応できる人材である」ことを求めます。

30代で年収800万円以上のハイクラス転職は厳しい?

30代だとハイクラス転職するのは難しいのではないか自分にはまだはやいのではないかと不安に感じる方がいるかもしれません。30代でのハイクラス転職は可能なのでしょうか?

30代でもハイクラス転職は可能

ハイクラス転職の中核は40代ですが、30代でもハイクラス転職は可能です。

多くのハイクラス求人は35歳くらいからを対象に設定しているため、30代で役職経験のある人などには十分にチャンスがあります。営業職などで高い実績があれば管理職候補としての転職も考えられます。

30代でハイクラス転職するとメリットが大きい

30代でハイクラス転職することには多くのメリットがあります。

たとえば若くして重要ポジションを経験できる、経営サイドの人材や高度スキルを持つ人と働けるといったメリットです。今の職場で成果を出しているのにポジションに空きがないなどの理由で昇進できない場合でも、転職すれば高ポジションで迎え入れられる可能性もあります。

転職先の給与体系や評価内容によっては年収がアップする可能性があり、それも大きなメリットでしょう。

30代ならさらなるキャリアアップも実現できる

30代のうちに転職しておけば、現職に転職先で得た経験が加わるため、さらなるキャリアアップも実現できる可能性があります。今はひと昔前と違い、転職を重ねることでキャリアアップするのはオーソドックスな方法になっています。

目指すキャリアを実現するためにはいつ、どんな企業でどんな経験を積むべきかを逆算し、はやめに動き出すことが大切です。

ハイクラス転職を目指す30代が転職する際の注意点

30代のハイクラス人材が転職する際の注意点を解説します。

30代でのハイクラス転職は即戦力が基本

30代のハイクラス転職において、未経験職種への挑戦は難易度が高いです。未経験の場合は少なからず教育が必要となり、入社後すぐに活躍できる見込みが低いと判断されます。

特にハイクラス転職の場合はある程度の年収を支払う以上、即戦力性を求める傾向は強いと考えるべきでしょう。

求められる経験・スキルが高いため合致する求人が少ない

ハイクラス転職では応募先から求められる経験値やスキルのレベルが高いため、自分の経歴では応募条件を満たせない求人もあります。

そもそもハイクラス求人は重要ポジションや高度専門職を求めるものなので、大量募集するという性質ではなく、採用枠も少なめです。求人探しの段階で苦戦するケースも想定されます。

年収が高い分成果が求められる

どの仕事にもいえることですが、ハイクラス転職は年収が高い分、成果に対してより厳しくジャッジされるでしょう。

即戦力としての採用なので成果を出すまでのスピードも必要です。企業が期待する成果を出せない場合、年収ダウンや降格などになる可能性もあります。

外資系の場合は成果主義を採用しているケースが多いので、日系企業に比べるとその可能性はさらに高まります。

30代でのハイクラス転職動向

転職活動をしていると「ハイクラス転職」「ハイクラス求人」といった言葉を聞くことがあります。

年収が高い人の転職や求人を指すという程度のイメージは湧いても、具体的に年収がいくらなのか、自分がそれに該当するのかよく分からない人も多いでしょう。

まずはハイクラス転職の一般的な意味について解説します。

ハイクラス転職の現年収は600万円以上が目安

一般にハイクラス転職とは、現在の年収が600万円以上の人の転職を指すケースが多いです。国税庁によると給与所得者の平均給与は433万円※なので、一般的な会社員の年収よりもかなり高い年収の人が対象であることが分かります。

※参考:国税庁|令和2年分 民間給与実態統計調査

もっとも、今の年収が600万円に届かないからといって、ハイクラス転職ができないわけではありません。経験やスキルが応募先の求めるレベルに到達していれば可能です。

ただし、直接応募しても経歴だけを見て不採用となる可能性や、転職エージェントなどのサービスを利用しても求人を紹介されない可能性はあります。

40代前後のミドル層が該当しやすい

名だたる大企業に勤めているケースや、業務内容が難しい一部の職種を除き、20代前半でハイクラス転職をするのは基本的に難しいでしょう。

経験が浅く実績もない、まだ役職もついていないといったケースが多いので、企業が高年収を支払う根拠がないためです。ハイクラス求人のターゲットは経験値が高く実績のあるミドル層です。年齢は40代前後が中心となります。

重要ポジションや専門職としての転職が中心

ハイクラス人材のほとんどは、会社の中核を担う重要なポジションや高度なスキルを必要とする専門職として転職します。重要ポジションや高度専門職は会社への貢献度が高く、高年収を支払ってでも雇う価値が大きいからです。

ポジションとしては課長クラス以上の管理職や経営幹部など、専門職ならエンジニアやコンサルタント、弁護士や会計士などの職種がハイクラス人材に含まれます。

30代でハイクラス転職を成功させる3つの方法

ハイクラス人材の転職活動は主に3つです。ご自身の状況や考え方に合わせて適切な方法を選択してください。

リファラル採用

リファラル採用とは企業で働く社員の紹介で応募する方法のことです。求職者にとっては、知人が紹介してくれる企業なので安心感があります。場合によっては書類選考がなく面接が行われるなど、選考過程を一部省いてもらえ、早期に転職が決まるケースもあるでしょう。

一方、選考の途中や入社後に「自分には合わない」と感じても、紹介してくれた人の立場を考えてなかなか辞めにくい場合があります。また、人脈がない場合には使えない方法です。

ダイレクトリクルーティング

企業が求職者の職務経歴書を見て、直接アプローチする採用手法です。求職者は企業からのオファーの内容を見て、応募するべきか否かを判断することができます。

ダイレクトリクルーティング』は基本的に自己応募になり、キャリアコンサルタントのアドバイスやサポートは受けられません。自己分析ができている人、サポートがなくても自分の強みをしっかりアピールできる人に向いています。

転職エージェント

ハイクラス求人は秘匿性の高いポジションが中心なので一般公開せず、転職エージェントの非公開求人で募集する企業が多いです。

非公開求人に応募するには転職エージェントの利用が必須です。また応募先の情報提供や転職市場を知り尽くしたコンサルタントからのアドバイスなど、転職エージェントを利用するメリットは多くあります。

まとめ|ハイクラス転職したい30代におすすめの転職エージェント

ハイクラス転職は高い成果が求められる、応募条件が厳しいなど、難しい面が多数あります。一方で、30代のうちに経営よりの経験が積めるなど、今後のキャリアを展開するうえで多くのメリットを得られます

まずは転職サービスを利用して、自身の市場価値を判断してみてはいかがでしょうか。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。