39歳女性でも転職できる?成功する人・しない人の特徴を紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

39歳女性といえば、仕事を始めて10年以上経つ方もいれば、出産や育児がひと段落したという方もいる年代です。

これからの仕事を考えたとき、30代最後の今に転職を決意する方も珍しくありません。

本記事では39歳女性が転職するメリットやデメリット、転職に成功する人・失敗する人について詳しく解説します。

39歳で転職に迷っている女性は、これからどのように行動すべきかのヒントになるはず。ぜひ、最後までご覧ください。

目次

39歳女性の転職事情

まず結論として、39歳女性の転職は十分可能です。

マイナビ転職動向調査では、30代で内定を得た割合は50.5%にのぼります。40代でも43.2%の方が内定をもらっているので、39歳でも2~3社受けると1社は内定を得られるでしょう。

39歳の転職は遅いと思う方もいますが、40代を迎える前なので遅すぎることはありません。

むしろ、30代で転職できるラストチャンスなので、前向きに行動に移してみてください。

39歳女性が転職を決意する理由

39歳女性が転職を決意するには、どのような理由があるのでしょうか。

大きくわけて3つの理由を紹介しますので、早速チェックしていきましょう。

人間関係

39歳ではなくても、人間関係が原因で転職を決意するケースは珍しくありません。

人間関係の問題が悪化すると病気になってしまうケースもあるため、悩んでいる場合は何らかの対処が必要です。

人間関係がよい職場であれば仕事のパフォーマンスも上がり、気分よく過ごせるなど、さまざまなメリットを考えて転職を決意します。

職場環境

会社の将来性が不安・労働条件が悪いなど、職場環境を理由に転職を検討することもあります。

努力して働いても正当な報酬を得られないのなら、将来性のある企業で働きたいと思うのも無理はありません。

また、39歳であれば自分の能力を活かせる仕事がわかっている方も多いため、スキルアップのために転職を考える方もいるでしょう。

仕事量が給料に見合っていない場合、収入アップが見込める企業で働きたいと考えるようになります。

出産・育児

ライフプランに合わせて転職を考えるのも、39歳女性が転職する理由のひとつです。

39歳の女性は出産や育児の問題が大きくのしかかってきます。出産をして仕事に復帰しても、子供が体調を崩すと頻繁に休まなければいけません。

そのため、福利厚生が整っている職場や、育児休暇を取りやすい職種への転職を検討するようになります。

また、育児中であれば子どもに合わせた時間で働きたいと考えます。夜勤が多い仕事や、土日祝日も仕事であれば子どもと過ごす時間が少なくなるため、一緒にいる時間を増やすために転職を決意します。

39歳女性が転職するメリット

39歳女性の転職は、どのようなメリットがあるのでしょうか。

メリットを理解すると、転職へのモチベーションがアップするかもしれないので、ぜひ参考にしてください。

スキルや実績を活かせる

20代の若い世代とは違い、39歳女性には今まで積み重ねてきた社会経験があります。社会人経験が長いからこそ、過去の実績やスキルを活かして優位に転職できます。

即戦力が求められることもあり、これまで築き上げてきたスキルを活かせる転職は、キャリアアップも叶いやすいでしょう。

転職で年収アップを目指している方は、同業種への転職がおすすめです。

自分に合っている転職先を見つけやすい

自分に合っている転職先を見つけやすいことも、30歳女性が転職するメリットのひとつです。

39歳女性は豊富な社会人経験があるからこそ、自分に合っている転職先を見つけることができます。これまでの経験や自己分析により、自分の能力はどのような企業のニーズとマッチしているのかを理解できています。

20代の若い世代では経験不足のため、自分の得手・不得手が理解できていないことも珍しくありません。そのため、入社後に仕事内容や職場環境にミスマッチを感じることがあります。

30代のうちに転職できる

39歳はギリギリ30代なので、30代のうちに転職できることは大きなメリットといえます。40代や50代では、転職率は下がる傾向があり、30代までと年齢制限を定めている企業も少なくありません。

39歳といえどまだ若年層に分類されるため、未経験や異業種への転職も可能です。

40歳とは1歳の差しかありませんが、受け取る側の印象は大きく異なります。1年の遅れで転職率に影響が出るので、転職するなら今がチャンスだと理解しておきましょう。

39歳女性が転職するデメリット

転職するうえでは、メリットだけでなくデメリットもしっかり理解しておく必要があります。

続いては、39歳が転職するデメリットについて紹介していきます。

年収が下がる可能性がある

給料アップを目的として転職を決意する方は多いですが、転職によって年収が下がる可能性もあります。

厚生労働省が公表している「-令和2年雇用動向調査結果の概況-」では、30代後半で年収が増加した方の割合は37.4%でした。一方、30代後半で年収が減った方は33.7%という結果が出ています。

残り27.2%は年収に変わりはないため、年収が上がる可能性は半分以下の確率になります。特に未経験や異業種への転職の場合、一から教えてもらう必要があるため、年収が下がることがほとんどでしょう。

30代の転職は即戦力としての活躍を期待されることが多く、経験やスキルが活かせる職場でないと給料アップは難しいといえます。

転職活動が長期化しやすい

20代や30代前半と比べると、求人数が少なくなることもあり、転職活動が長期化しやすいことがあります。長期の人材育成を求める企業は多く、39歳だと年齢的に厳しいと思われるのも事実です。

また、39歳であればスキルや実力も高いものを求められるため、選考通過も狭き門となります。人気の職種であれば競争率は激しくなり、根気よく活動していかなければいけません。

39歳で転職を決意するならば長期化する覚悟を持ち、余裕を持ったスケジュールを計画しておくと安心です。

新人扱いしてもらえない

20代であれば、若さや経験不足からできなくても仕方がないと思ってもらえることがありますが、39歳では新人扱いはしてもらえません。入ってすぐにひとり立ちをする必要があることは、39歳で転職するデメリットといえます。

39歳は社会人経験が十分にあると判断されるので、即戦力を求められます。

そのため、初歩的なミスを続けてしまうと、大目に見てもらえないこともあるでしょう。39歳での転職は入社して間もなくても、周囲からのサポートを得られない可能性があることを理解しなければいけません。

39歳女性で転職に成功する方の特徴

転職で成功するために、成功する方の特徴を知って見習いましょう。

ここからは、39歳で転職する方の特徴を3つ紹介します。

転職理由がはっきりしている

どうして転職をするのかがはっきりしている方は、転職に成功しやすいといえます。

39歳の転職活動は、労力や時間がかかるケースが多くなります。転職理由が明確でない場合、転職先を見つけるのも難しくなります。

転職理由を明確にすると、何のために転職をするのかを理解しているため、転職先選びに迷いが起きません。自分の望む仕事や企業が見つけやすくなり、必要なスキルも理解できます。また、転職理由をはっきりさせることで、キャリアに一貫性が生まれ、転職活動自体が順調に進むようになります。

理由がはっきりしないままであれば、徹底的に自己分析を行いましょう。

自己分析ができている

転職が成功しやすい方は、自己分析がしっかりとできていて、自分自身を理解している特徴があります。

自己分析ができていることで、気づいていない自分のスキルを発見できたり、志望動機で話せる具体的なエピソードを見いだせたりするため、転職が成功しやすくなるのです。また、長所やスキルを活かせる転職先を見つけやすくなります。

ほかにも、本当に転職する必要があるのか冷静に考えられるため、転職に失敗するリスクを軽減できます。

自己分析は転職するうえで必要なステップなので、転職先選びの前には必ず実践してみましょう。

マネジメントスキルがある

転職で成功する方はスキルや実務能力以外にも、リーダーシップや問題を解決する力に長けている特徴があります。30代後半の転職では、マネジメントスキルを期待する企業が少なくありません。

そのため、管理職やプロジェクトマネージャーなどのスキルを持っている方は、転職に成功する可能性が高くなります。

また、管理職やマネジメント経験がある場合、転職でキャリアアップできるチャンスもあるでしょう。人数の規模が少なくても、チームやプロジェクトを束ねた経験は、転職活動の立派な武器となります。

転職内容が役職ポジションの募集ではなくても、マネジメントスキルは評価されやすいので、経験があるならしっかりアピールしましょう。

39歳女性で転職に失敗する方の特徴

反対に、39歳女性で転職に失敗する方にはどのような特徴があるのでしょうか。

転職を検討している方は、自分に当てはまっていないかチェックしてみましょう。

こだわりが強くプライドが高い

失敗したくないからこそ、転職先に対する条件をこだわる方もいるでしょう。しかし、条件を絞りすぎてしまうとマッチする転職先はなかなか見つかりません。

希望条件を決めることはよいことですが、転職先を選べなくなってしまうため、譲れない条件は1~2つにしておきましょう。

39歳といえば今までのキャリアがあるので、社会人としてのスキルや実力に自信を持つのは自然なことです。

しかし、高すぎるプライドは、求人内容との間にずれが生じてしまい転職活動に悪影響を及ぼします。転職では自分より年下の上司や先輩が増えるため、プライドが高い方は苦労するかもしれません。

転職回数が多い

39歳ともなれば、転職をした経験がある方も少なくないでしょう。とはいえ、転職回数が多すぎる場合は「入社してもすぐ辞めるのでは?」と判断されやすく、選考で不利になります。

目安として3回以上あると、転職回数が多すぎると判断される可能性が高いです。

転職を繰り返していると、面接で過去の退職理由を聞かれるかもしれません。選考に通過するためには、採用担当者に転職理由を納得してもらう必要があります。

事前に納得できる理由を準備して、採用担当者側の不安を減らすことが大切です。

理由に納得できたとしても、ネガティブな転職理由はマイナスな印象を与えかねません。

「自分のスキルを活かせる職場で働きたい」「これまでの培ってきた経験を活かしてスキルアップをしたい」など、前向きな印象を与える理由にしましょう。

深く考えずに転職を決める

40代を迎える前に、とりあえず給料アップをしたいからと、焦るように転職を決める方は失敗しやすくなります。

深く考えずに転職を決めた場合、転職理由がはっきりしていないため、決まりづらくなるでしょう。また、転職できたとしても、自分のニーズと企業が求めるものが異なり、ミスマッチをおこす可能性があります。

39歳はまだ転職が可能な年齢ではありますが、年齢を重ねていると転職が不利になるのは事実です。

最後の転職のつもりで転職先を選んでください。給料がいい・なんとなく条件が悪くないといった理由での未経験や異業種への転職は、リスクが大きくなるため注意しましょう。転職を決意したら、先に転職理由を明確にして自己分析を行うことが大切です。

39歳女性に関するよくある質問

最後に、39歳女性に関するよくある質問を紹介します。

転職について疑問を抱えている方は、解決できるかもしれないので参考にしてください。

39歳の転職で未経験や異業種は可能?

39代でも未経験や異業種への転職は可能です。

しかし、一般的に未経験や異業種への転職がしやすいのは、30代前半までともいわれています。そのため、転職が長期化することや、年収が下がる可能性があることは覚悟をしておきましょう。

39歳も未経験や異業種へ転職を行うには、事前に入念なリサーチを行って準備をしておくことがポイントです。

また、未経験でも転職しやすい職種は以下の4つが挙げられるので、転職先選びの参考にしてください。

  • 営業
  • 事務
  • 接客・販売
  • 介護

39歳で転職すると年収は下がる?

39歳の転職で年収が下がるかは、人によって異なります

本記事でも紹介しましたが、30代後半で年収が上がった方は37.4%下がった方は33.7%です。

実績やスキルを活かせる転職先であれば、即戦力として活躍しやすく年収アップも実現しやすいでしょう。しかし、未経験や異業種への転職は、年収が下がる可能性が高くなります。

39歳で転職するには資格がないと厳しい?

資格は募集要項に記載があれば必要ですが、ないのであれば転職には問題ないでしょう。

しかし、39歳の場合は即戦力を求められるため、実務経験がないと厳しくなります。事務への転職で経験者を募集していた場合、3~5年ほどの実務経験があることが必要な目安です。

未経験や異業種へ転職する場合は、ライバルに差をつけるためにも転職先で活かせる資格があると優位になります。

事務であれば日商簿記や MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)などの資格があるといいでしょう。

年齢制限を超えていても応募はしてもいい?

求人募集に年齢制限があっても応募は可能です。

年齢制限はあくまでも応募者をふるいにかけるための目安であり、絶対条件ではありません。そのため、転職先に必要なスキルや資格を持っているなら、転職できる可能性は十分にあります。

年齢制限が35歳までとなっていても大丈夫なので、気になる企業はどんどん応募してみましょう。

39歳で転職回数が2~3回ほどあると印象が悪い?

2~3回の転職回数であれば、さほど採用担当者に悪い印象は与えません

39歳という年齢を考えると、2~3回の転職であれば理解できるレベルです。しかし、3回以上転職している場合は、多すぎるとみなされてしまう可能性があります。3回以上転職してきた方は、採用担当者が納得できる転職理由を考えておきましょう。

39歳の女性が相談するべきおすすめ転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
type女性の転職エージェント
  • 女性に特化した転職支援
  • ワークライフバランスを重視した転職も可能
  • 面接のためのメイク指導あり

 

type女性の転職エージェントは、女性の転職支援を専門とした転職サービスです。

 

女性ならではの転職事情に精通したキャリアアドバイザーから専任でサポートを受けられ、たとえば「子育てと両立したい」「残業なしがいい」「キャリアアップしたい」などの悩みも気軽に相談できます。

 

年間1万人以上(※1)の女性のキャリアカウンセリングをおこなっているとあって、女性に寄り添った転職サポートに期待できるでしょう。

 

求人への応募や応募書類の添削、面接対策などのサポートのほか、女性のための身だしなみやメイク指導もあり、typeならではのサービスで女性の転職活動を心強く支援してくれます。

 

(※1)type女性の転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type女性の転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 10,259件(※2)
非公開求人数 18,487件(※2)
おすすめポイント
  • 女性ならではの悩みを相談できる
  • 非公開の求人を紹介してもらえる
  • 転職活動に合うメイクを教えてもらえる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

161,104件(※)

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップを目指せる
  • 時間をかけずに転職活動ができる
  • マッチ度の高い求人を教えてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

最後に|39歳女性は30代最後の転職チャンス

39歳女性は転職に遅すぎるというわけではなく、30代に転職できる最後のチャンスです。

20代や30代前半よりも社会経験を積んでいるため、スキルや実績を活かせる職場への転職であれば優位だといえるでしょう。マネジメント経験がある方は、スキルアップや年収アップも夢ではありません。

しかし、未経験や異業種への転職は難しくなることも事実です。

入念にリサーチをして自己分析を行い、後悔のない転職先を選びましょう

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。