38歳の転職は厳しい?男女別の転職における注意点や未経験転職を成功させるポイントを解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

38歳で転職を考えている人の中には、今の年齢で転職活動をおこなうことに不安を感じている人も多いのではないでしょうか。企業で重要なポジションについている同級生も多い中、転職に踏み切れないという人もいるでしょう。

38歳の転職は難しい」というイメージがありますが、実際には38歳でも転職を成功させている人は多くいます。転職についての知識や情報を正しく理解していれば、希望の職種に転職することも可能です。

この記事では、38歳の転職成功率を上げるポイントや男女別の転職における注意点について解説していきます。

1分で無料登録!
30代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
12.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
公開求人数
50万件以上
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ランスタッドランスタッド
4.2
公開求人数
5千件以上
非公開求人数
非公開
年収800~1,500万円のハイクラス派遣求人が見つかる。グローバルに働きたい方・短期や在宅で勤務したい方にもおすすめ。
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
公開求人数
1万件以上
非公開求人数
約2万件
ハイクラス・ミドル領域の転職支援に特化したコンサルタントが徹底サポート。管理職キャリアを目指したい方や成長業界で働きたい方向け。
2024年2月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ランスタッドランスタッド
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年2月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。
  • 10年勤務した会社から転職先を探すために利用しました。希望に沿った提案をしてもらえました。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
  • まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
口コミを読む
  • スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
  • エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ランスタッドランスタッド
4.2
口コミを読む
  • 様々な職種の案件がありましたが、軽作業であっても比較的時給が高かったです。
  • 担当者からタメ口で話されたりなど、馴れ馴れしさは気になりました。
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
口コミを読む
  • 東京・神奈川など、関東の企業は多数ありました。
  • 私はマッチングしませんでしたが、安定した企業を探している方はいいのではないかと思います。
2024年2月時点
あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

目次

38歳の転職事情│38歳の転職が厳しいとされる理由

38歳になって転職を考えている人の中には、年齢的に転職が上手くいくのか不安に思っている人もいるのではないでしょうか?

たしかに20代と比較すると転職の難易度が高くなる傾向があると考えられます。しかし、総務省のデータによると2021年は35歳~44歳で転職を成功させた人は55万人いるというデータがあり、25歳~34歳の世代よりは少なくなりますが、世代全体で2位となっています。

参照:労働力調査平均結果の概要|総務省

38歳での転職は難しいというイメージがありますが、社会人経験が豊富な人材を即戦力として迎えたい企業からの需要もあると考えられます。

そのためしっかりと準備と対策をおこなうことで、希望の職種に転職することが可能といえるでしょう。

38歳の転職が厳しいとされる理由

38歳の転職が厳しいとされる理由は主に以下が想定されます。

  • 20代と比較して求人数が少ないため
  • 未経験転職へのハードルが高いため
  • 即戦力採用が多くなるため実績や経験が評価されるため

38歳は20代と比較すると求人数が少なくなってしまいます。「育成しやすい人材がほしい」「より長く企業で働いてもらいたい」といったニーズが企業側にあることが考えられるためです。

人気の企業や職種は競争率が激しい可能性があるため注意しましょう。

また38歳は実績や経験、スキルなどが評価されます。そのため、未経験や異業種への転職でアピールできる実績やスキルがない場合は採用につながりにくくなる可能性があります。

これらの理由から「38歳の転職は難しい」と思われがちです。しかし、転職のポイントやコツを押さえておくことで38歳でも転職を成功させている人は多くいます。

38歳の転職に求められるスキルは?

38歳の転職では即戦力として活かせるスキルや能力が求められることも多くなります。例えば以下のスキルなどが考えられるでしょう。

  • マネジメントスキル
  • コミュニケーション能力
  • 業界に関する知識
  • 社会人経験で培ったコネクション

30代後半になると、部下やチームをまとめる能力が求められます。過去にマネジメント経験があると、即戦力としての活躍を期待されやすくなりますので、キャリアアップにもつながります。

また社内外とのコミュニケーションスキルや業界についての知識があると、新しい職場にもすぐに順応することができるでしょう。これらのスキルや能力がある人は、積極的にアピールをすることで採用担当者にも好印象を与えることができます。

また30代後半になれば、社会人経験で培ったコネクションを持っているかも重要な要素になります。

38歳の転職のやり方

38歳では即戦力として活かせるスキルが重宝されやすいですが、転職時に必要なポイントを押さえておくことも重要です。

何となく転職をしてしまうと、入社後のイメージが違うなどのミスマッチが起こる可能性もあります。38歳で転職を検討している人は以下のポイントについて考えてみましょう。

長い目で見たキャリアプランを考える

38歳での転職ではキャリアプランを重視する必要があります。40代に入ると転職すること自体がデメリットとなる可能性があるため、今後どのような職種で働いていきたいのかを明確にイメージしておきましょう。

また、キャリアプランを明確にしておくと転職活動の軸や目的が生まれるため、その会社が自分のやりたいことに合っているかを見定めることができ、ミスマッチを防ぐことにもつながります。

20代と同じ転職をしてはいけない

20代と同じ感覚で転職活動をしないよう注意しましょう。企業側が第二新卒にあたる20代と30代後半の求職者を同じ基準で判断することは考えにくく、過去の実績や経験を重視して採用する可能性が高いためです。

38歳での転職は、前述のように未経験への転職が難しくなってきます。これまでのスキルや経験を活かせる会社選びを行っていく必要があり、アピールポイントも『知識・経験』『即戦力』などを押し出していくべきでしょう。

20代のような『やる気』『人柄』『ポテンシャル』だけのアピールでは難しくなってきます。

38歳はどのような理由で転職を考える?

38歳は、中堅社員としてのポジションが確立され、仕事の進めやすさを感じられる時期です。その一方で、40歳を目前として「転職するならいまがラストチャンス」と焦りを感じる方もいるかもしれません。

では、38歳はどのような理由で転職を考えているのでしょうか。

2022年に厚生労働省が実施した調査によると、30代後半の方は、以下のような理由で前職を退職した方が多いようです。

男性女性
1位会社の将来が不安だった労働時間、休日等の労働条件が悪かった
2位職場の人間関係が好ましくなかった職場の人間関係が好ましくなかった
3位労働時間、休日等の労働条件が悪かった給料等収入が少なかった
4位給料等収入が少なかった仕事の内容に興味を持てなかった
【参考記事】(2)転職入職者が前職を辞めた理由|-令和4年雇用動向調査結果の概況-|厚生労働省 ※「その他の個人的理由」を除いた結果

この章では、以上の調査結果をもとに、38歳が転職を考える理由を解説します。

会社に将来性を感じられない

1つ目の理由は、会社に将来性を感じられないことです。30代後半の場合、とくに男性に多くみられる理由となっています。

38歳は社会的にみると中堅の位置づけとなりますが、60歳の定年退職までには22年の歳月があり、数年後にキャリアの折り返し地点を迎える年齢です。この状況下で、これから先の未来をふと思い描いたときに、会社の将来性と理想のキャリアが合致しておらず、不安を感じるのでしょう。

また、現職でさまざまな経験を積んできた38歳の人材だからこそ、会社の良い面・悪い面の両方を熟知しており、残りの社会人生活をいまの会社で過ごすことに疑問を感じるのかもしれません。

会社の安定性や成長性に不安を感じ、自分の力で会社を立て直すことよりも、活躍できる会社に転職する道を選ぶ人が多いと考えられます。

人間関係が悪い

前掲の調査結果によると、人間関係の悪さを前職の退職理由に挙げた人は多く、男女ともに2番目に多い理由となっています。

38歳になると、チームをまとめる役目を担ったり、コアメンバーとして扱われたりする機会が多くなり、自分の働きぶりが業績に影響を与えることにやりがいを感じられる方が多いでしょう。

その反面、部下と上司の板挟みになり、調整役として辛い立場に立たされるケースが多い年代でもあります。

仕事を円滑に進めるには、ときに本音と建前の使い分けが求められるものです。しかし、部下にも上司にも気を遣って、発言の一つひとつに気を配った結果、疲弊して転職を選択する方が多いのかもしれません。

収入を上げたい

収入を上げることを希望して転職活動を始める方は多く、30代後半でも例外ではないようです。

少し古いデータではありますが、転職サイト「ミドルの転職」が2010年に実施した調査結果を参照すると、30代で現在の給料に満足している方は全世代でもっとも少なく、不満を抱いている方は計76%にも上るようです。

引用元:第58回アンケート集計結果「給与に対する満足度」について(2010年)|ミドルの転職

また、現在の給料に満足できない理由として、30代では「仕事の成果が反映されていない」「労働時間と見合わない」「能力が評価されていない」に多くの回答が集まっています。

引用元:第58回アンケート集計結果「給与に対する満足度」について(2010年)|ミドルの転職

業績に貢献しているにもかかわらず、給料として還元されないと、次第にモチベーションを維持できなくなり、転職を検討し始めても無理もないでしょう。

労働時間・休日などの労働条件を改善したい

労働時間や休日などの労働条件の悪さが起因して、転職を考える方も少なくないようです。とくに女性に多い転職理由で、残業や休日出勤の多さに疲れ切ってしまい、転職に踏み切る方が多いのかもしれません。

一般的に労働条件を自分の力で変えることは難しく、現職にとどまりながら改善しようと試みる場合、上司や人事に掛け合う必要があります。

いまの仕事にそこまでの労力をかける価値がないと判断し、転職で労働条件を改善しようと考えるのでしょう。

仕事内容に興味がもてない

仕事内容に興味がもてないことも、38歳の転職理由のひとつとして考えられます。

一般的に、未経験の業界・職種への転職は年齢を重ねるごとに難しくなるといわれており、40代以上になると難度は格段に上がります。

ほかにやってみたい仕事や興味のある業界がある場合、38歳がラストチャンスととらえ、挑戦の道を選択する方が多いのでしょう。

また、「定年退職までの22年間を興味がもてない仕事に費やすくらいなら、新しい仕事で頑張りたい」と転職を選ぶのも自然な流れです。

38歳の転職に成功しやすい人の特徴

38歳で転職に成功しやすい人にはどのような特徴があるのでしょうか。転職に成功しやすい人の特徴について整理しておきましょう。

転職する明確な理由がある

1つ目は「転職する明確な理由がある人」です。

転職理由が明確な人は、転職先へ求める条件が絞りやすく、効率よく転職活動をおこなうことができるためです。また企業側も入社後の活躍をイメージしやすくなり、ミスマッチを防ぐことができるメリットもあります。

転職する理由があいまいだと感じる人は、なぜ自分が転職したいのかを整理してみるとよいでしょう。本当にやりたい仕事や将来のキャリアビジョンが見えてくるはずです。

即戦力として活かせるスキルをもっている

2つ目は「即戦力として活かせるスキルをもっている人」です。

前述でも触れましたが、入社後すぐに活躍できるスキルや能力をもっている人は企業からも必要とされるためです。特に30代後半になるとスキルや能力が重要視されやすくなるため、活かせるスキルをもっている人は転職に成功しやすいといえます。

スキルや能力をもっていないという人も、過去の業務内容や実績などからアピールできるポイントがないか探してみましょう。

アピールできそうな部分がないという人は、現在の職場でスキルを身に付けたり、資格を取得したりしてから転職を検討することも選択肢の一つです。

企業の求人の目的を理解している

3つ目は「企業の求人の目的を理解している人」です。

求人の目的を理解しているということは、どのような人材が必要とされているかを把握できているはずですので、自分と企業がマッチしているかどうかを判断できるためです。

また、具体的な自分の強みをアピールすることもできます。20代のうちは熱意や若さを評価されるケースもありますが、30代後半になると強みやスキルについて明確にアピールする必要があります。

給料や待遇だけで求人を判断せずに、企業規模や求人内容から本当に必要とされている人材を考えてみるとよいでしょう。

1分で無料登録!
30代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
12.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
公開求人数
50万件以上
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ランスタッドランスタッド
4.2
公開求人数
5千件以上
非公開求人数
非公開
年収800~1,500万円のハイクラス派遣求人が見つかる。グローバルに働きたい方・短期や在宅で勤務したい方にもおすすめ。
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
公開求人数
1万件以上
非公開求人数
約2万件
ハイクラス・ミドル領域の転職支援に特化したコンサルタントが徹底サポート。管理職キャリアを目指したい方や成長業界で働きたい方向け。
2024年2月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ランスタッドランスタッド
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年2月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。
  • 10年勤務した会社から転職先を探すために利用しました。希望に沿った提案をしてもらえました。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
  • まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
口コミを読む
  • スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
  • エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ランスタッドランスタッド
4.2
口コミを読む
  • 様々な職種の案件がありましたが、軽作業であっても比較的時給が高かったです。
  • 担当者からタメ口で話されたりなど、馴れ馴れしさは気になりました。
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
口コミを読む
  • 東京・神奈川など、関東の企業は多数ありました。
  • 私はマッチングしませんでしたが、安定した企業を探している方はいいのではないかと思います。
2024年2月時点

38歳の転職に失敗しやすい人の特徴

次に38歳の転職に失敗しやすい人の特徴について整理していきます。

転職回数が多い

転職に失敗しやすい人の特徴の1つ目は「転職回数が多い人」です。

短期間で転職を繰り返している人は、入社後の早期離職を懸念されやすいためです。

38歳であれば複数回の転職をしている人も少なくないはずですので、転職経験自体がマイナスに捉えられるわけではありません。しかし一貫性のない職歴だったり直近で早期離職の経歴があったりすると、面接官に突っ込まれてしまう可能性もあります。

そのため、過去の転職理由について採用担当者が納得できる理由を用意しておきましょう。納得できる明確な転職理由があれば採用につながる可能性が高まるはずです。

新しい環境に順応しにくい

2つ目は「新しい環境に順応しにくい人」です。

新しい職場に早く馴染める人ほど、業務も円滑に進めやすくなるため、新しい環境に順応できるかどうかは重要なポイントです。コミュニケーション能力の高さも大切ですが、事前に企業や業界のことを研究していたり、自身の業務について明確なイメージを持てていたりといった準備も重要です。

38歳は社会人経験が長く、前職での実績がある人も多くなります。過去の実績に固執しすぎると、新しい職場に順応しにくくなる場合もありますので、柔軟に周囲に対応できる余裕も必要といえます。

正社員としての離職期間が長い

3つ目は「正社員としての離職期間が長い人」です。

何らかの理由で数年間フリーターとして働いていたり、職に就かない期間が長かったりするケースもありますが、離職期間が長いほど企業側から不安視されてしまう可能性があります。

「体調を崩してしまった」「家の事情で正社員として就職できなかった」などの理由があれば、その旨をしっかりと伝えるようにしましょう。

38歳の転職で得られるメリット

38歳での転職は、転職活動に踏み切るまでに少し勇気がいるかもしれません。しかし、38歳の転職にはさまざまなメリットがあります。

この章では、38歳の転職で得られる5つのメリットを解説します。

経験を活かした転職ができる

38歳の転職では、経験を活かした転職ができるのがメリットです。

38歳の人材は、社会人として取り組んできたさまざまな仕事経験があり、「実務経験が豊富な人材」として企業から高く評価されます。

全く未経験の仕事ではなく、これまでの経験と関連性のある職場を選べば、すでに身についているスキルや知識をもとに、比較的スムーズに仕事になじめるでしょう。

また、経験を活かせる仕事を選択すると、いままでの努力や成果が無駄にならない点もメリットとして挙げられます。仕事内容についてもある程度の予想がつくため、ミスマッチの少ない転職を叶えられるはずです。

キャリアアップに期待できる

38歳で転職すると、キャリアアップを叶えられる可能性があります。

前述したように、仕事内容に興味を失ったことは、30代後半に多い転職理由のひとつです。転職によって職務の範囲を広げられれば、再び仕事への興味がわき、専門性を磨くきっかけとなる可能性があります。

また、現在派遣社員や契約社員の方も、これまでの経験が評価され、正社員として迎え入れられるかもしれません。

キャリアアップを目指す方は、自分が目指すキャリアを自己分析し、キャリアビジョンを明確にできるよう準備を進めてください。

管理職のポジションに挑戦できる

38歳は、転職によって管理職に就く方も少なくありません。38歳は社会人として15年以上の経験があるうえ、若さと経験のバランスがちょうど良く、マネジメントを任せたいと考える企業が多いのです。

とくに、現職では管理職への登用に期待できない場合、転職は有効な手段となります。

未経験業界・職種への転職も不可能ではない

20代〜30代前半に比べて難度は上がるものの、38歳でも未経験業界・職種に転職するのは可能です。逆に、40代以上になると、未経験分野に転職するのは非常に難しくなるため、挑戦するのであればいまがチャンスともいえます。

ただし、20代の人材のように、若さと熱意が評価される「ポテンシャル採用」は難しいかもしれません。

スキルや経験の棚卸しに取り組み、応募先で活かせる能力が十分に備わっていることをアピールしましょう。

自分に合う職場を判断しやすい

社会人経験が豊富な38歳が転職するメリットとして、自分に合う職場かどうかを判断しやすいことも挙げられます。

38歳になると、幅広い場面に遭遇してきた経験から、自分に合うもの・合わないものや、仕事で大切にしたいこと・避けたいことなど、自身の価値観をある程度把握できているはずです。それらをもとに転職の条件に優先順位をつければ、自分に合う仕事をスムーズに見つけられるでしょう。

また、面接でのやり取りをとおして、居心地が良い会社かどうかを判断するのもひとつの方法です。

直感的にもった感想は意外と当たるものなので、選考段階で少しでも違和感をもったなら、その会社について徹底して情報収集するのが賢明です。

1分で無料登録!
30代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
12.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
公開求人数
50万件以上
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ランスタッドランスタッド
4.2
公開求人数
5千件以上
非公開求人数
非公開
年収800~1,500万円のハイクラス派遣求人が見つかる。グローバルに働きたい方・短期や在宅で勤務したい方にもおすすめ。
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
公開求人数
1万件以上
非公開求人数
約2万件
ハイクラス・ミドル領域の転職支援に特化したコンサルタントが徹底サポート。管理職キャリアを目指したい方や成長業界で働きたい方向け。
2024年2月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ランスタッドランスタッド
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年2月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。
  • 10年勤務した会社から転職先を探すために利用しました。希望に沿った提案をしてもらえました。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
  • まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
口コミを読む
  • スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
  • エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ランスタッドランスタッド
4.2
口コミを読む
  • 様々な職種の案件がありましたが、軽作業であっても比較的時給が高かったです。
  • 担当者からタメ口で話されたりなど、馴れ馴れしさは気になりました。
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
口コミを読む
  • 東京・神奈川など、関東の企業は多数ありました。
  • 私はマッチングしませんでしたが、安定した企業を探している方はいいのではないかと思います。
2024年2月時点

38歳の転職で考えられるデメリット

38歳の転職で得られるものは、メリットばかりではありません。転職にはデメリットもあることを理解し、今後のキャリアを積み上げていくうえで最善の選択をしてください。

未経験転職は難しい

38歳で未経験転職を叶えるのは、容易ではないでしょう。

一般的に、未経験分野におけるポテンシャル採用に期待できるのは20代半ば頃までといわれており、それ以降は経験に重きを置かれた採用活動がなされるケースがほとんどです。

実際、株式会社マイナビが2022年に実施した調査によると、26歳~40歳の人材について、計48.1%の企業が「未経験者採用に積極的」と回答した一方で、計48.4%が「未経験者採用に消極的」と回答しています。

引用元:中途採用状況調査2023年版(2022年実績)|マイナビキャリアリサーチLab

つまり、26歳〜40歳を対象とした求人のうち、約半数は経験者採用を想定しており、未経験者が選考を突破するのは難しいと予想できるのです。この調査結果には20代後半も含まれていることから、38歳の未経験者採用においてはさらにシビアな見方をされるといえるでしょう。

38歳で未経験の業界・職種への転職を目指す方は、転職エージェントを活用し、未経験者採用に積極的な企業の求人を紹介してもらうのが得策です。

年齢なりの経験・スキルが求められる

企業は38歳に対して、年齢なりの経験・スキルを求めるのが通常です。とくに、ビジネスマナーや社会人としての基礎力は、当然備わっていると判断されるでしょう。

前述したように、38歳でポテンシャル採用されるケースはまれで、多くの場合は即戦力として企業に迎え入れられます。十分なスキルが身についていることを前提に、リーダーシップやマネジメント能力にも期待されることは覚悟しなければいけません。

基本的なビジネススキルに自信がない方は、現職のうちに習得を目指し、38歳のビジネスパーソンとして堂々と振る舞えるように意識を改善しましょう。

転職活動の長期化には覚悟が必要

38歳の転職活動は、予想以上に長引く可能性があることにも注意が必要です。

転職市場では、マネジメント職を除いて、若い人材ほど好まれる傾向があります。スキルがほとんど同じ二人の候補者で迷った際、企業は若いほうの人材を採用する可能性が高いのが実情です。

また、30代後半になると家庭をもっている方が多く、残業の有無や通勤時間などの譲れない条件が多くなるのが特徴です。このような背景があり、スムーズに内定を得るのは難しく、転職活動が長期化する可能性があります。

38歳の方は、転職活動が長引いても焦らず決断を下せるよう、転職先が決まってから退職を決めるのがポイントです。

38歳で転職すべき人

38歳で転職への一歩を踏み出すのは簡単なことではありませんが、以下に当てはまるような方は、年齢に関係なく転職すべきといえます。

この章では、38歳で転職すべき人の特徴を解説します。

挑戦してみたいことがある人

挑戦してみたいことがある人は、思い切って転職することをおすすめします。

たとえば、「将来的に起業するために、身につけておくべきスキルがある」「環境を変えて新しい仕事に挑戦したい」など、転職に対する思いは人それぞれです。

転職は、一般的に、年齢が上がるごとに難度も高くなります。挑戦してみたいことがある方は、今後の人生のなかでもっとも若い「いま」のタイミングで、転職活動を始めてみましょう。

面接の際はやってみたいことだけでなく、38歳の自分にできることも忘れずに伝えてください。

現職で解決できない問題がある人

現場で解決できない問題がある人は、転職によって環境を変えるのも選択肢のひとつです。

賃金未払いや過重労働、ハラスメントなどの問題は、自分一人の力で対処するのが難しく、解決のためには上司や会社を動かす必要があります。しかし、会社を変えるのは簡単なことではないため、解決までに多大な時間を要するかもしれません。

現職で解決できない問題を抱えている方は、新しい職場で再スタートを切ったほうが心身の健康を守れるでしょう。

パワハラ・セクハラに悩まされている人

パワハラ・セクハラに悩まされている人は、ストレスを抱えて体調を崩す前に転職を決意すべきです。

ハラスメント問題の発生には企業体質が関係しており、勤め先にハラスメント相談窓口が設置されていたとしても、完全な解決は難しいかもしれません。その理由は、パワハラやセクハラの実態は言葉による精神的な攻撃が多く、証拠が残りにくいため、会社からハラスメントとして認識されにくいからです。

パワハラ・セクハラが原因となり、志なかばで職場を離れることには悔しさを感じるでしょう。

しかし、心機一転して新しい職場に移ったほうが、その後の活躍を見込めることもあるため、いまは心身の健康を優先すべきときかもしれません。

【参考記事】令和2年度 厚生労働省委託事業 職場のハラスメントに関する実態調査 報告書|東京海上日動リスクコンサルティング株式会社

1分で無料登録!
30代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
12.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
公開求人数
50万件以上
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ランスタッドランスタッド
4.2
公開求人数
5千件以上
非公開求人数
非公開
年収800~1,500万円のハイクラス派遣求人が見つかる。グローバルに働きたい方・短期や在宅で勤務したい方にもおすすめ。
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
公開求人数
1万件以上
非公開求人数
約2万件
ハイクラス・ミドル領域の転職支援に特化したコンサルタントが徹底サポート。管理職キャリアを目指したい方や成長業界で働きたい方向け。
2024年2月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ランスタッドランスタッド
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年2月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。
  • 10年勤務した会社から転職先を探すために利用しました。希望に沿った提案をしてもらえました。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
  • まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
口コミを読む
  • スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
  • エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ランスタッドランスタッド
4.2
口コミを読む
  • 様々な職種の案件がありましたが、軽作業であっても比較的時給が高かったです。
  • 担当者からタメ口で話されたりなど、馴れ馴れしさは気になりました。
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
口コミを読む
  • 東京・神奈川など、関東の企業は多数ありました。
  • 私はマッチングしませんでしたが、安定した企業を探している方はいいのではないかと思います。
2024年2月時点

38歳で転職しないほうがよい人

一方で、38歳での転職が最善の選択とはいえない人もいます。以下に当てはまる方が転職活動をしても、納得感をもてる転職につながらない可能性があるでしょう。

この章では、38歳で転職しないほうがよい人の特徴を解説します。

転職理由があいまいな人

転職理由があいまいな人は、転職の軸が定まっておらず、転職活動をしたとしても良い選択ができない可能性があります。転職の理由が自身のなかでクリアにできていないと、手当たり次第に企業に応募してしまったり、志望動機に説得力がなくなったりと、さまざまなデメリットが起こり得るのです。

なお、転職理由とよく混同される言葉に「退職理由」がありますが、2つの言葉には以下のような意味の違いがあります。

退職理由

現職を辞める理由

転職理由

現職を辞める理由に対する解決策と、転職してやってみたいことや実現したいことなどの将来的な展望

転職理由があいまいだと、企業は採用後の活躍のイメージを描けず、また同じ理由で辞めるのではないかと懸念を抱きます。

退職理由をどのように解決したいか、今後の展望を語れるようになるまでは、転職を踏みとどまったほうがよいでしょう。

絶対に年収を下げたくない人

絶対に年収を下げたくない人も、すぐに転職に向けて動き出すべきではないかもしれません。

前述したように、30代で現職の給料に不満を抱いている方は多く、年収アップを目指して転職活動を始める方は少なくないでしょう。しかし、年収だけにこだわっていると、事業内容の確認や企業研究がおろそかになり、ともすれば後悔する事態に陥りがちです。面接で転職理由を問われた際も、「御社の年収に惹かれて」のように回答しては、企業から好印象は得られません。

年収へのこだわりがある方は、希望年収とともに最低年収を設定し、それ以外の条件にも目を向けることを意識してください。

仕事内容に不満がある人

いまの仕事内容に不満がある人は、転職先でも新たな不満が生じてしまい、転職しても事態が良い方向に向かわない可能性があります。

「早く現職を離れたい」「雇ってもらえるならどこでもいい」と転職することだけが目的になると、冷静な判断ができなくなるでしょう。転職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔するかもしれません。

仕事内容への不満だけが転職理由の方は、まずは現状に目を向け、転職によって不満点をどのように解決したいのかを言語化してみてください。

不満点をポジティブに言い換えられるようになってから転職活動を開始すると、自身にとって良い選択ができるはずです。

38歳の経験職種と未経験職種での転職における違い

基本的に経験職種への転職は、前職の実績やスキルを活かして活躍することができますので、即戦力や重要ポジションとして期待されることが多いと考えられます。

反対に未経験転職への転職は、実績がリセットされるため転職難易度が上がります。しかし、本当にやりたい仕事がある人は年齢を重ねるとさらに転職が難しくなりますので30代のうちの転職がおすすめです。

以下でそれぞれについて詳しく解説していきます。

経験職種への転職はキャリアアップを狙える

38歳の経験職種への転職は、これまでに経験した業務や取得したスキルを活かすことができます。

特定の業務の経験者は即戦力採用にもつながりやすく、キャリアアップへの近道になると考えることができます。

特化した専門スキルや資格をもっている人であれば、転職の市場価値が上がります。また、マネジメント経験や育成能力がある人は、より入社後に活躍を期待される可能性が高くなりますので、これらの経験がある人は積極的にアピールしておくとよいでしょう。

未経験転職への転職はスキルや職種選びが重要

未経験転職にキャリアチェンジするには活かせるスキルの有無が重要となります。

職種を問わず役に立つマネジメントやタスク管理のスキルは、どの職場に行っても活かすことができるでしょう。

特にアピールできる専門的なスキルがないという人は、専門的なスキルがなくても活躍できる職種を選ぶのも一つの手です。例えば「営業職」や「接客業」などは人手不足の傾向もあり、基本的なビジネススキルやコミュニケーション能力があれば活躍が期待できます。

また、「IT職」「エンジニア職」「事務職」といった職種への未経験転職を希望する人は、専門スクールなどを受講して知識を付けてから転職を検討してもよいでしょう。最近ではオンラインスクールなど空いた時間で受講できるサービスもありますので、在職期間中にスキル取得を狙うとスムーズに転職活動ができます。

38歳の未経験への転職を成功させるためのポイント

38歳で未経験職種への転職にチャレンジする場合は、アピールできる経験やスキルがあると有利です。仕事で活かせる経験やスキルがあると未経験職種でも採用される可能性が高くなりますので、確認してみましょう。

マネジメントの経験がある

1つ目は「マネジメントの経験」です。

30代後半になると部下やチームをまとめる力が求められる場面が多くなるため、転職後でも早い段階でマネジメント能力が試されることもあります。

前職でマネジメントの経験があれば、そのときの実績や取り組んだ内容についてアピールするとよいでしょう。マネジメントの経験がない人も、新人教育に携わった経験や後輩への指導方法などの経験についてまとめておくことをおすすめします。

コミュニケーション能力が高い

2つ目は「コミュニケーション能力」です。

コミュニケーション能力が高い人は、新しい職場環境でも周囲に馴染みやすく仕事もスムーズに進みやすくなるためです。

特に営業職であれば社外とのやり取りでコミュニケーション能力が求められますので、面接時の受け答えや言葉遣いなどに注意することが大切です。

周囲との協調性がある

3つ目は「周囲との協調性」です。社会人経験が長くなると自分の仕事に自信をもつことができますが、自分のやり方を貫きすぎて協調性に欠けてしまう人も一定数いることが考えられるためです。

周囲の様子に気を配りながら滞りなく業務を進めてもらうために、精神的にも余裕がある人を採用したいと思っている企業は多いはずです。

仕事に対する熱意や行動力がある

4つ目は「仕事に対する熱意や行動力」です。38歳は20代と比較すると定年までの期間が短いため、できるだけ早い段階で利益に貢献してもらいたいと考えている企業も多いはずです。

そのため、仕事に対して熱心に取り組む人の方が採用率は高くなることが考えられます。

前職で自らプロジェクトや案件を引っ張っていった経験や実績がある人は、それらをアピールポイントとしてもよいでしょう。また転職理由でもアピールすることができますので、なぜこの仕事をやりたいのかを明確にしておくと印象が良くなります。

1分で無料登録!
30代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
12.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
公開求人数
50万件以上
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ランスタッドランスタッド
4.2
公開求人数
5千件以上
非公開求人数
非公開
年収800~1,500万円のハイクラス派遣求人が見つかる。グローバルに働きたい方・短期や在宅で勤務したい方にもおすすめ。
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
公開求人数
1万件以上
非公開求人数
約2万件
ハイクラス・ミドル領域の転職支援に特化したコンサルタントが徹底サポート。管理職キャリアを目指したい方や成長業界で働きたい方向け。
2024年2月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ランスタッドランスタッド
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年2月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。
  • 10年勤務した会社から転職先を探すために利用しました。希望に沿った提案をしてもらえました。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
  • まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
口コミを読む
  • スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
  • エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ランスタッドランスタッド
4.2
口コミを読む
  • 様々な職種の案件がありましたが、軽作業であっても比較的時給が高かったです。
  • 担当者からタメ口で話されたりなど、馴れ馴れしさは気になりました。
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
口コミを読む
  • 東京・神奈川など、関東の企業は多数ありました。
  • 私はマッチングしませんでしたが、安定した企業を探している方はいいのではないかと思います。
2024年2月時点

【男性版】38歳の転職における注意点

次に38歳の転職における注意点を男女別に解説していきます。

事前に家族の理解を得ているか

38歳になると所帯を持っている人が多くなります。

転職によって地方や海外への転勤や給与減少の可能性もありますので、転職活動をおこなう前のタイミングで家族の理解を得ておくことが大切です。

家族の理解を得ないまま転職活動を始めてしまうと、家族の信頼を失うことにもつながりかねません。働きながら転職活動する場合、休日などの生活サイクルが変わる可能性もありますので、その旨も家族に伝えておくと安心です。

求める条件が高すぎないか

転職先に求める希望条件が高くなりすぎないよう注意しましょう。

38歳になると給与や労働条件へのこだわりや希望が具体的になる人も多いですが、すべての条件を求めていると転職が上手くいかない可能性があります。

特に38歳では、出世して高収入になった友人や同期と比較してしまい、大幅な年収アップを求めてしまうこともあるでしょう。すべての希望に合った企業を見つけるのは時間もかかるため、一部の条件に妥協が必要なこともあります。

条件に優先順位をつけ、本当に入社したい会社を明確にしていくことをおすすめします。

【女性版】38歳の転職における注意点

38歳を含む30代女性の転職における注意点について解説していきます。

子供がいると採用されにくいことがある

女性の場合、企業によっては子供がいると採用に不利になることがあります。子供がいる場合、お迎えの時間などを考慮して時短勤務を希望したり、残業を断ったりといった場面が考えられますので、職種によっては正社員採用が難しいと思われてしまうケースがあるためです。

そのため、実際の面接時などに、家庭と仕事を両立することができるか確認しておくとよいです。社員の中にそういった働き方をしている人がいるかどうかを確認しておくと安心です。

育児・出産休暇は取得可能か

これから結婚や出産、子育てを考えている人は、育児休暇や出産休暇などの有無について確認しておきましょう。

最近では育児休暇や出産休暇を取得できる会社が多くなっていますが、育休・産休制度を取り入れていない会社があるのが現状です。

転職エージェントで専門家やキャリアアドバイザーに相談すると、女性が働きやすい職場や福利厚生について紹介やアドバイスがもらえますので、ぜひ活用してみてください。

38歳の転職を成功させるためのポイント

人によってはかなり難しいものともなる38歳での転職ですが、知識や経験をしっかりアピールできるのであれば、十分にチャンスはあります。

こちらでは、38歳での転職を成功に近づけるためのポイントを中心にお伝えします。

経験やスキルを形にしておく

1つ目は「経験やスキルを形にしておくこと」が大切です。自分が転職先に務めたとして、会社にどのような力になれるのかをこれまでの経験やスキルを棚卸してアピールできるようにしておきましょう。

具体的には、以下のようなアピールがおすすめです。

  • 前職では○○の仕事を担当し○○の結果を出した
  • リーダーとして○○のプロジェクトを成功させた
  • 考案した施策によって前年比〇〇%の売り上げを達成した

もし経験やスキルをお持ちなのであれば、資格取得に挑戦してみて目に見える形で証明するのも良いですね。

明確な転職理由を用意する

2つ目は「明確な転職理由を用意する」ことです。明確な転職理由や志望動機があることで、採用担当者に理解してもらいやすくなるためです。

ネガティブな理由ではなく、前向きな理由を用意するとよいでしょう。

「なぜこの仕事をしたいのか」「入社後はどのような働き方をしていきたいのか」といった問いに対する回答を事前にまとめておくことをおすすめします。

自信の市場価値を把握する

38歳の転職を成功させるには、自身の市場価値を把握するのが大切なポイントです。

自身を客観視して市場価値を評価できると、スキルレベルに合致した企業への応募につながり、スムーズに転職活動が進みやすくなります。

市場価値の把握には、転職エージェントの利用が効果的です。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、業界の転職市場に精通しており、求職者の立ち位置を把握したうえで転職をサポートします。

登録後の面談で、率直に「自分にはどれくらいニーズがありますか?」と尋ねてみると、自身に対する評価を教えてもらえるでしょう。

また、転職サイトの年収査定や各種診断も、市場価値を把握するためのツールとして活用できます。

\ 今すぐ転職しなくてもOK /
簡単な質問に答えて、現在の
あなたの市場価値がわかる

 

おすすめ度 ★5

 

ミイダス
無料診断する >
  • 7万人の転職データから市場価値(年収)を算出
  • 向いている仕事、ストレス耐性なども分析
  • 登録なし、所要時間5分でOK!

 

おすすめ度 ★4.8

 

ビズリーチ
無料診断する >
  • 質問に答えるだけで自動で職務経歴書を作成可能!
  • 登録後にスカウトを受け取ることで、今の転職市場価値がわかる
  • ハイクラス管理職やエグゼクティブに特化

 

現職中に転職活動をおこなう

3つ目は「現職中に転職活動をおこなう」ことです。退職後に転職活動をおこなうと時間には余裕ができますが、焦りが生まれて精神的に余裕がなくなったり、退職期間やフリーターとしての活動時間が長くなった場合に印象が下がってしまったりといったリスクを避けるためです。

現職中の転職活動は、時間の使い方が重要となります。休日を上手く利用したり、有給を計画的に使用したりすることで転職に効率よく近づくことができます。

スカウト型の転職サイトに登録する

スカウト型の転職サイトの利用も、38歳の転職を成功させるために効果的な方法です。

スカウト型の転職サイトに登録すると、あなたの経歴に興味をもった企業・エージェントから直接メッセージを受け取れます。多くの場合、スキルや経験に合致した求人のオファーが届くため、自身の市場価値を測るツールとしても使えるでしょう。

なお、スカウト型の転職サイトを有効活用するには、プロフィール情報をできるだけ充実させるのがポイントです。

詳しくプロフィールを記載するほど、マッチ度の高いスカウトが届く可能性を高められるため、十分に時間を割いて、あなたの魅力が伝わるプロフィール作りを心がけましょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントの活用も、38歳の転職を成功させるための大切なポイントです。

転職エージェントに登録すると、転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを受けながら、転職活動を効率的に進められます。転職エージェントを利用するメリットは以下のとおりです。

転職エージェントを利用するメリット
  • 最適な求人を紹介してもらえる
  • キャリアの悩みを相談できる
  • 非公開求人の情報を得られる
  • 履歴書・職務経歴書の添削を受けられる
  • 面接のアドバイスをしてもらえる
  • 企業との連絡を代行してもらえる
  • 希望条件を交渉してもらえる など

とくに、38歳の求職者にとって、非公開求人の紹介を受けられることは大きなメリットです。

38歳を対象とした求人には、マネジメント経験者を対象としたものも多くあります。企業がこのようなポジションを募集する際、効率的に採用活動を進めるため、また、他社に情報を知られないようにするために、非公開求人として転職エージェントに依頼するケースもあるからです。

転職エージェントには、幅広い業界・職種の求人を取り扱う「総合型」のエージェントと、特定の分野に注力した「特化型」のエージェントがあります。

それぞれのエージェントによって保有求人は異なるため、総合型と特化型を合わせて2つ以上のエージェントに登録すれば、希望に合う企業に出会う可能性を高められるでしょう。

38歳の転職でおすすめの転職エージェント

転職エージェントはたくさんあって、どれを選ぶべきか迷ってしまう人も少なくないはずです。

転職エージェントには「求人数が多い」「30代の転職に強い」など、それぞれ異なった特徴や強みがあります。自分の状況や希望に合った転職エージェントに登録することで、転職を成功に近づけることができるでしょう。

ここでは、おすすめの転職エージェントの特徴と組み合わせを紹介しますので、参考にしてみてください。

求人数が多く未経験でも転職活動しやすい転職エージェント

求人数が多い転職エージェントは、転職先の選択肢が広がるだけでなく、未経験OKの企業に出会えるチャンスも多くなります。

38歳で転職を検討している人におすすめできる、求人数の多い転職エージェントは以下の2社です。詳細は各リンクからご確認ください。

エージェント名特徴
リクルートエージェント2023年3月30日時点で35万件以上の求人数。
専門コンサルタントの手厚いサポート
doda大手・優良企業の求人多数
スピーディな転職活動をしたい人向け

30代後半の転職に強い転職エージェント

38歳で転職をする場合、30代の転職に強い転職エージェントを活用するのも有効です。30代向けの転職アドバイスや求人紹介を受けることができますので、ぜひ活用してみましょう。

30代におすすめの転職エージェントは以下の3社です。

エージェント名特徴
マイナビエージェント20~30代利用者満足度の高い大手転職エージェント。
type転職エージェント20代から30代の支持が高い転職エージェント。
年収をアップしたい人にもおすすめ。
doda Xハイクラス向けの非公開求人情報を多数掲載。
キャリアのある30代向けの転職サービス

38歳の転職でよくあるQ&A

最後に、38歳の転職でよくある質問と、その回答を紹介します。疑問点を解消してから、転職活動に踏み出しましょう。

38歳で未経験の業界・職種に転職できる?

38歳で未経験の業界・職種に転職するのは可能です。ただし、20代に比べて転職成功のハードルは高いため、あらかじめ戦略を練る必要があります。

選考では、希望の仕事に関連するスキルがあることと、社会人としての基礎スキルが十分に備わっていることをアピールするのが大切です。

転職エージェントの手を借りて、相談しながら転職活動に取り組むのも方法のひとつといえます。

なお、未経験の業界・職種に転職する場合、年収がいまより下がる可能性があることは理解しておきましょう。

38歳で転職するのは遅い?

38歳で転職するのは決して遅くありません。むしろ、専門性やマネジメント経験を有する38歳を歓迎する企業も多数あります。

38歳で転職する際には、年齢なりのスキルと経験があることとともに、仕事上の実績を具体的に示すようにしましょう。

38歳女性は正社員に転職できる?

38歳の女性が正社員に転職するのは可能ですが、転職活動は長期化するかもしれません。非正規社員から正社員への転職は一般的には難しく、一筋縄ではいかないことがほとんどだからです。

思った以上に選考を通過できないことにがく然とするかもしれませんが、モチベーションを維持して焦らずに取り組みましょう。転職活動と並行して自己分析を繰り返すうちに、自身に合う仕事に出会えるはずです。

とくに、38歳で子育て中の女性は、時短や通勤時間などの希望条件が多くなり、転職活動で不利になる可能性があります。

女性に特化した転職エージェントを活用し、育児への理解が得られる企業の紹介を受けるとよいでしょう。

38歳で公務員への転身は可能?

38歳で公務員に転身できるかどうかは、受験先の自治体によって異なります。

公務員試験には年齢制限があり、経験者枠であれば38歳の方でも受験資格を満たせる自治体も存在します。また、なかには就職氷河期世代の特別枠を設けている自治体もあり、38歳が含まれているケースもあります。

職種によっては一定期間以上の職務経験を求められることもあるため、まずは受験先の募集要項を熟読し、自身が該当するかどうかを確認してください。受験先が決まったら、試験日程を把握し、計画的に勉強に取り組みましょう。

38歳でスキルなし・資格なしだと転職できない?

38歳でスキルなし・資格なしだと転職は難しいかもしれません。ただし、38歳まで仕事を続けてきて、全くスキルがないとは考えにくいでしょう。

これまでのキャリアを振り返り、自分にどのようなスキルがあるかを洗い出してみてください。特別なスキルはなくとも、同僚と協力してプロジェクトを進めたチームワークやミスなくルーティンワークに向き合う正確性なども、立派なスキルといえます。

38歳の転職で有利になる資格はある?

38歳で転職する際、資格があることが直接の理由となって内定を得られることは少ないといえますが、スキルレベルの証明としては有効です。

38歳の転職では、以下のような資格を取得しておくとよいでしょう。

取得におすすめの資格
  • TOEIC700点以上
  • 簿記
  • 宅地建物取引士
  • 社会保険労務士
  • 中小企業診断士 など

職種によっては資格がないと就けない仕事もあるため、資格試験の合格発表日を確認したうえで、転職時期を決めるのがおすすめです。

【関連記事】30代の転職を有利に進めるおすすめ資格14選!資格の選び方を紹介

38歳の転職で年収は上がる?

38歳の転職で年収が上がるとは言い切れず、逆に下がる可能性があることは理解しておかなければいけません。とくに、未経験の業界・職種に挑戦する方は、年収が下がることへの覚悟が必要です。

年収アップを目指す方は、できるだけ同業種・同職種の仕事を選び、ステップアップ転職となるように心がけましょう。ハイクラス転職を狙えば、年収が上がる可能性を高められるかもしれません。

【関連記事】ハイクラス転職したい30代におすすめの転職エージェント10選

38歳で学歴に自信がない。転職はできる?

38歳で学歴に自信がない方でも転職は可能です。

30代後半以降の転職では、学歴よりも即戦力になり得る経験やスキルが重視されます。成果を交えて38歳まで積み上げてきた経験を十分にアピールすれば、学歴はそれほど大きな障壁にはならないはずです。

38歳で2回目・3回目の転職だと不利になる?

38歳で2回目・3回目の転職であったとしても、不利にはならないでしょう。ただし、それぞれの退職・転職に、面接官を納得させられるだけの理由があるケースに限ります。

「ただなんとなく」「嫌気がさして」などの理由では理解してもらえないため、前向きな退職理由を語れるように準備しておくことが大切です。

まとめ

38歳での転職は難しいと考えている方も多いでしょう。

もちろん20代よりも難易度は上がりますが、これまでの知識や経験を活かした転職活動をおこなえば十分なキャリアアップも目指せます。

ご自身のこれまでの社会人としての経験をしっかり形として伝えられるようにしておき、その内容と求める人物像に一致する会社を優先的に探していきましょう。

また、38歳や39歳でスムーズな転職を目指すのであれば、無料転職サービスの利用をおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、キャリアドバイザーと面談し、スキルの棚卸や条件にあった転職先の紹介、履歴書・職務経歴書へのアドバイスや面接対策などを受けられて、あなた自身で活動するより内定がもらえる可能性がぐっと高まるからです。

なお、転職エージェントはたくさんあり、それぞれで特徴や強みが異なります。

38歳以上での転職なら、この記事で紹介した「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」「type転職エージェント」「dodaX」の転職サポートを利用するのがおすすめです。

1分で無料登録!
30代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
12.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
公開求人数
50万件以上
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ランスタッドランスタッド
4.2
公開求人数
5千件以上
非公開求人数
非公開
年収800~1,500万円のハイクラス派遣求人が見つかる。グローバルに働きたい方・短期や在宅で勤務したい方にもおすすめ。
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
公開求人数
1万件以上
非公開求人数
約2万件
ハイクラス・ミドル領域の転職支援に特化したコンサルタントが徹底サポート。管理職キャリアを目指したい方や成長業界で働きたい方向け。
2024年2月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ランスタッドランスタッド
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年2月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。
  • 10年勤務した会社から転職先を探すために利用しました。希望に沿った提案をしてもらえました。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
  • まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.6
口コミを読む
  • スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
  • エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ランスタッドランスタッド
4.2
口コミを読む
  • 様々な職種の案件がありましたが、軽作業であっても比較的時給が高かったです。
  • 担当者からタメ口で話されたりなど、馴れ馴れしさは気になりました。
type転職 ハイクラスtype転職エージェントハイクラス
4.0
口コミを読む
  • 東京・神奈川など、関東の企業は多数ありました。
  • 私はマッチングしませんでしたが、安定した企業を探している方はいいのではないかと思います。
2024年2月時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。