30代後半からの転職は厳しい?失敗する原因や男女別の対策を解説!

高橋宇内
           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

30代後半で転職を考えているけれど「厳しいのだろうか」「スキルがないから失敗するのでは」とお悩みの方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、30代後半での転職は十分に可能です。ただし20代に比べると難易度は上がるため、対策をした上で臨まないと、思ったような結果を得られないかもしれません。

ぜひ参考にして、自分の理想とする転職を叶えてください。

1分で無料登録!
30代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
公開求人数
14.8万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。

ランスタッド

ランスタッド

4.2
公開求人数
5千件以上
非公開求人数
非公開
年収800~1,500万円のハイクラス派遣求人が見つかる。グローバルに働きたい方・短期や在宅で勤務したい方にもおすすめ。

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
ハイクラス・ミドル領域の転職支援に特化したコンサルタントが徹底サポート。管理職キャリアを目指したい方や成長業界で働きたい方向け。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

ランスタッド

ランスタッド

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・長年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。
・10年勤務した会社から転職先を探すために利用しました。希望に沿った提案をしてもらえました。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。

ランスタッド

ランスタッド

4.2
口コミを読む
・様々な職種の案件がありましたが、軽作業であっても比較的時給が高かったです。
・担当者からタメ口で話されたりなど、馴れ馴れしさは気になりました。

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
口コミを読む
・東京・神奈川など、関東の企業は多数ありました。
・私はマッチングしませんでしたが、安定した企業を探している方はいいのではないかと思います。
2024年5月1日時点
この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。

関連記事:30代転職エージェントおすすめ比較ランキング|女性・未経験・フリーター向けの選び方

目次

30代後半の転職事情

この章では、30代後半の転職事情について解説します。

「35歳の壁」は崩れつつある

かつて転職市場では「35歳を超えると求人が少なくなる」といった意味で「35歳の壁」という言葉が盛んに使用されていました。

しかし現代では少子高齢化に伴い、企業の人材不足が目立ってきています。総務省が2024年2月に実施した「労働力調査」によれば、年代別の就業者数は以下の通りでした。

年代就業者数
15~24歳5,570,000人
25~34歳11,610,000人
35~44歳12,980,000人
参考:総務省|労働力調査(2024年2月)

上記の表を見ても分かるように、30代後半は20代・30代前半に比べてかなり就業者数が多い傾向にあります。

むしろ新卒で若者を採用するよりも、即戦力となる30代後半を中途で採用する企業は増えてきているといえるでしょう。

高橋 宇内氏

30代後半で転職をする場合、志望先に自分を採用するメリットを与えることで、成功する可能性を高められるでしょう。

スキルがない30代後半の転職は厳しくなる

先ほど「35歳の壁」は崩れつつあるとお伝えしましたが、スキルがない30代後半の場合はさらに転職が厳しくなるのが実情です。

企業は基本的に即戦力となる人物を求めているため、30代後半となると一定のスキルに加え、マネジメント経験があることが必須となります。

高橋 宇内氏

一個人のスキルよりもリーダーとしての能力が求められることが多いですね。

ただしスキルがないからといって、30代後半の転職は不可能とは限りません。必ずしも企業が専門スキルを求めているとは限りませんし、自己分析をおこなえばアピールできる強みが見つかることもあります。

30代後半でスキルがないと悩んでいる方は、ぜひ以下の記事も参考にしてください。

あわせて読みたい
転職したいけどスキルがない30代は手遅れ?未経験におすすめな仕事も解説! 30代で「転職したい」と思っているけれど、スキルがないことやキャリア不足に悩んで一歩を踏み出せない方もいるでしょう。 結論からお伝えすると、30代でスキルがない場...

30代後半が転職に失敗する原因とは

この章では、30代後半が転職に失敗する原因を解説します。

自分のやり方に固執している

30代後半であれば、10年以上の社会人経験をお持ちの方も多いでしょう。

これまで積んできた経験や仕事のやり方を守るのは大切なことですが、あまりにも自分なりのやり方を主張してしまうと、面接官に「この人はうちの会社に馴染めるだろうか」と危機感を持たれてしまうケースがあります。

30代後半から転職する場合は、スキルや経験のアピールだけではなく、柔軟に適用しようとする姿勢を伝えることも重要です。

高橋 宇内氏

企業側としては、仕事を円滑に進めるために早く馴染んで欲しいと思っています。前職での経験やプライドが志望先で悪影響を及ぼさないように注意しましょう。

経験に見合わない待遇を求めている

転職を検討する理由として、待遇面での不満を挙げる人は少なくありません。

もちろん給与や待遇といった点は大切なのですが、転職したからといって必ずしも給与が上がったり、重要なポジションに就けるとは限りません。

これまでの経験やスキルに見合わないほど過剰な待遇を求めてしまうと、採用を見送られてしまう可能性もあるでしょう。

転職活動が思うように進まない方は、改めて自分の市場価値を調べたり、自己分析をやり直したりすることも大切です。

あわせて読みたい
自分の市場価値を知る方法は?すぐにできる調べ方やおすすめの診断サービスを解説 自分の市場価値が分からないと悩むことは少なくありません。 特に転職を検討している場合は、自分がどのように評価されるのか、他社でどのような活躍ができるのかと不安...

自己分析が足りていない

30代後半で転職に失敗する原因として「自己分析が不足している」といった点も挙げられます。

まず面接では確実といってよいほど「転職理由」や「キャリアプラン」について聞かれます。このあたりを曖昧に答えてしまうと、企業側の心証もよくありません。

たとえば以下の点について言語化し、書き出してじっくり考えてみるのがおすすめです。

自己分析で言語化しておくべきこと
  • なぜ現職に就いたのか、なぜ転職したいと思っているのか
  • 自分はどのような会社で働きたいのか
  • 転職で最も実現したいことは何か
  • 今後5年~10年でどのようなキャリアを築きたいか

大前提として、転職活動は「内定がもらえれば終わり」ではありません。その後の人生を左右する重大な決断でもありますので、前もってよく計画を練っておきましょう。

企業は30代後半に何を求めているのか

この章では企業が30代後半の転職者に対し、何を求めているのかを解説します。

企業は30代後半に何を求めているのか

以下で一つひとつ見ていきましょう。

即戦力となるスキル

企業は30代後半に対し、即戦力となってくれるスキル・経験を求めていることがほとんどです。

先述した通り30代後半ともなると、10年以上の社会人経験を有していることから、一定のスキルや経験を保有していることが期待されます。

ただし必ずしも専門スキルである必要はなく、のちほど紹介する人材育成力や指導力、人脈なども評価の対象に入ってきます。

目立ったスキルが見つからない場合でも、消極的にならずに自己分析から始めるようにしましょう。

マネジメント経験

企業は30代後半の求職者に対し、マネージャーや管理職として活躍できるマネジメント経験を求めています。

これまでの人生経験に加え、積み重ねてきた経験やスキルでもって、経営者側の目線に立つことのできる人材が広く求められているといえるでしょう。

必ずしも大規模なプロジェクトである必要はなく、少数人を取りまとめた経験でも問題ありません。全くマネジメント経験がない場合は、転職する前に経験を積める機会がないか探してみましょう。

人材育成力

先ほどのマネジメント経験にも重なりますが、企業は30代後半に対し、チームを率いる指導力や後輩を育てる人材育成力を求めています。

これまでのやり方に固執せず、会社の風土を理解しながら若手を育てられるスキルがあれば、どの会社でも重宝されるでしょう。

30代後半から未経験・異業種へ転職するのは厳しいのか

30代後半から未経験・異業種に転職することは、かなり厳しいといえるでしょう。

しかし先述した通り、30代後半から40代前半にかけての就業者数はかなり多く、全くチャンスがないというわけではありません。

未経験分野に挑戦したい場合は、これまでの経験が具体的にどのように活かせるのかを説明できるようになっておく必要があります。

ただし異業種へ転職する場合、年収が下がる可能性が高いといった点は覚悟しておきましょう。また雇用形態に関しても、非正規雇用を視野に入れておく必要があります。

あわせて読みたい
30代未経験での転職は厳しい?手遅れ?おすすめの業界や転職エージェントを解説 今の仕事と全く違う業界や職種に30代で転職できるの? 異業種に挑戦したいけど転職できるか不安 社会人になって約10年、このまま今の会社に残り続けるのか、それとも違...

30代後半から転職を成功させるコツ

この章では、30代後半から転職を成功させるコツを解説します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

これまでの経験を棚卸しする

まず転職活動を始める前に、これまでの経験・スキルの棚卸しをおこないましょう。

経験を棚卸しする際は、過去の職歴や業務経験を振り返り、どのようなプロジェクトに関わってどのような成果を出したかを整理し、自分の強みや成果を明確に把握する必要があります。

いままでの経験を深掘りすれば、自身のスキルや専門知識から何を強みとしてアピールできるのかが明らかになるでしょう。

自分のスキルや経験を活かせる業界や職種を選べば、転職先とのマッチ度は高くなります。

30代後半からの転職を成功させるためには、これまでの経験を棚卸しして自身の強みや成果と企業の相性を確かめることが大切です。

高橋 宇内氏

企業に適切なアピールができれば、高待遇になる可能性もあるでしょう。

新しい環境でも馴染める順応性をアピールする

仮にスキルやマネジメント経験が豊富な30代後半の方であっても、企業から「馴染めなさそう」と思われてしまうと採用にはつながりません。

転職先では新たに会社のルールに従う必要がありますし、場合によっては年下が上司になることもあるでしょう。このような状況でも柔軟に馴染める人材であれば、採用担当者から好印象を持ってもらえます。

これまでのやり方に固執せず、新しい価値観を受け入れるように心がけましょう。

自分のキャリアプランを明確にする

転職活動を始める理由は人さまざまですが、特に現職への不満から転職を検討している人の場合、面接で答えに詰まってしまう可能性があります。

問題を解決することも大切ですが、それ以上に転職先の会社で何をしたいのか、5年後の自分はどうなっていたいのかといった点まで広げて考えられると、他の求職者との差をつけられるでしょう。

自分のキャリアプランを明確に決められないという方は、転職のプロに相談することもおすすめです。数々の求職者の悩みに寄り添ってきた経験があるアドバイザーが、あなたの助けになってくれるでしょう。

【女性向け】ライフイベントを見越した計画を立てる

30代後半の女性であれば、結婚や出産・育児などのライフイベントを迎え、働き方が大きく変わることも珍しくないでしょう。

基本的に企業は既婚者・子どものいる求職者に対し、それだけを理由にして不採用にすることはありません。

ただし「お迎えがあるから17時には退社したい」「母親を自宅で介護しており、通院のため午前中は働けない」といった時間の制約がある場合、管理職や残業のある仕事が任せにくく、採用に影響が出る可能性は否めないでしょう。

とはいえ、最近では柔軟な働き方を認める企業も増加している傾向にあるので、一概に不利になるとは限りません。前もってライフイベントを見越した計画を立て、面接の際に説明できるようにしておきましょう。

転職のプロに相談する

ここまで解説してきた通り、30代後半からの転職は不可能ではありませんが一筋縄ではいきません。

自己分析をしても思うようにアピールポイントが見つからなかったり、今後のキャリアが思い描けなかったりという方も少なくないでしょう。

そんな時におすすめなのが、転職のプロであるエージェントの力を借りることです。求人の紹介だけではなく、面接対策や条件交渉といったサポートを無料で受けることができます。

また転職エージェントに登録したからといって、必ずしも転職しなければならないとは限りません。アドバイザーとの相談を経て「転職しない」という決断を下すのも人それぞれです。

自分に合わなければ退会することも可能なので、まずは登録してみて相談してみるのも手です。

30代後半からの転職はプロに相談するのも手

この章では、30代後半の転職でおすすめの転職エージェントを紹介します。

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • 30代の転職後平均年収840万円
  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • あなたの職歴に興味を持った企業からスカウトが直接届く

ビズリーチを利用した30代の転職後平均年収は840万円と、社会人として経験を積んでスキルを身につけているミドル層・ハイクラス層が年収アップを実現させています。

ビズリーチを使って転職したユーザーの8割が30歳以上と、今よりも年収アップ・キャリアアップを考えて転職活動している30代の方にピッタリの転職エージェントです。

こんな方におすすめ
  • 転職するか迷っている方
  • 現職の待遇や年収に不満がある方
  • 自分の市場価値を知りたい方
ビズリーチの詳細情報
サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数120,911件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
ビズリーチの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
 質の高い求人が紹介された

ビズリーチはハイクラス転職で有名だったので利用しました。ダイレクトメールがとにかく多かったのは手間に感じましたが、紹介される求人はハイクラスなものばかりだったので、イメージ通り質はとても高かったです。

 転職活動の視野が広がった

長年働いた会社の事業撤退により転職を決め、CMなどでもよく目にしていたビズリーチに登録をしてみました。自分のスキル・業種を活かせる仕事につきたいと重い仕事を探していたのですが、エージェントに依頼することで固定概念が取り払われ、自分に自信がなかったのですが、お話をさせていただくことで、自分の強みを活かした転職活動をすることができました。

担当者のレスポンスが遅かった

30代後半になり、年収を上げたいと考えビズリーチを利用しました。担当のエージェントの方によってレスポンスが早かったり遅いどころか返事すらなかったりなど、結構人によって対応が違っていたので、その点は気になりました。


関連記事:ビズリーチの評判・口コミまとめ|利用の流れや活用のコツを紹介

【アンケート概要】
調査期間:2023年4月13日~2023年4月27日
調査対象者:ビズリーチ利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 大手から優良企業の独占非公開求人が豊富
  • 各業界の専任キャリアアドバイザーがサポート
  • 求人票では分からない情報を熟知した書類・面接対策を受けられる

マイナビエージェントは、はじめて転職する30代の方におすすめの転職エージェントです。

30代の転職支援実績が豊富なため、30代や40代以降のキャリアの相談をしたい方にもおすすめです。

こんな方におすすめ
  • 初めて転職活動をする方
  • ワークライフバランスを改善したい方
  • 年収アップしたい方
マイナビエージェントの詳細情報
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数59,356件
非公開求人数13,124件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年6月3日時点
マイナビエージェントの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
面接対策のサポートしてくれて助かった

現在の仕事より収入を増やし、少し良い暮らしたいという願望が強くなった時にマイナビエージェントに転職のお手伝いをしていただきました。 とても親切に履歴書や職務経歴書の添削、面接時のアドバイスまでしてくれ助かりました。

幅広い業界・職種を見ている方におすすめ

希望する職種への転職&年収アップの為利用しました。利用した感想としては、担当のエージェント次第ではあるがサポートは手厚かったと感じています。大手なので手広く求人を紹介してくれましたが、進みたい職種や業界が明確に決まっている場合、それら専用のエージェントサイトを使用した方が転職しやすいと感じました。マイナビエージェントは業界&職種を幅広く見ていて、自分の進みたい道を模索している人にはオススメです。

 希望とは関係ない求人メールが届く

キャリアアップをしたくてマイナビエージェントを利用しましたが、担当の方は親身な対応でレスポンスも早くて助かりました。しかし、とにかく希望とは違う職種のメールが沢山届いたので、結構ストレスに感じる事は多かったです。


関連記事:マイナビエージェントの評判はひどい?口コミや利用におすすめな人を解説

【アンケート概要】
調査期間:2024年3月26日
調査対象者:マイナビエージェント利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • リクルートエージェントにしかない非公開求人が多数
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
  • ベンチャーから大手まで幅広い求人を保有

転職エージェントとして30年以上のサポート実績があるリクルートエージェントには、あらゆる業界・職種の求人を取り揃えています。

各業界や職種に精通したコンサルタントが30代の転職を成功させるためのノウハウを惜しみなく提供してくれるため、今までの経験は活かしてキャリアの幅を広げたい方はリクルートエージェントにひとまず相談してみましょう。

こんな方におすすめ
  • 平日仕事が忙しくて転職活動ができない方
  • 年収アップしたい方・キャリアアップしたい方
  • 初めて転職活動をする方
リクルートエージェントの詳細情報
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数404,816件
非公開求人数353,203件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
リクルートエージェントの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
サイトが使いやすい

私はリクルートエージェントを使って転職活動を開始しました。サイトの使い勝手は良く、求人情報も充実していました。

丁寧にサポートしてくれた

37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。自分に転職の勇気がない為、無事転職とはいきませんでしたが、とても良い印象が強いです。

 自分に合う求人が見つからなかった

キャリアアップを狙ってリクルートエージェントに登録しました。しかし、30代としてキャリアアップに繋がる求人は少なかったですし、未経験など若い世代の方向けの求人ばかりだったので、自分には合わなかったです。


関連記事:【独自調査】リクルートエージェントの評判はひどい?口コミから実情を調査

【アンケート概要】
調査期間:2023年4月13日~2023年4月27日
調査対象者:リクルートエージェント利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

まとめ|30代後半でも未経験転職は可能

30代後半の転職は年齢的に厳しいといわれていますが、十分に対策を立てて準備すれば決して不可能ではありません。

30代後半の転職事情を理解した上で「スキルの棚卸し」を徹底的におこない、ご自身に合った転職エージェントに複数登録すれば、転職の成功率はさらに高まります。

転職活動で優先したいことや将来のキャリアパスを明確にし、転職エージェントを上手に活用して転職を成功させましょう。

1分で無料登録!
30代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
公開求人数
14.8万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。

ランスタッド

ランスタッド

4.2
公開求人数
5千件以上
非公開求人数
非公開
年収800~1,500万円のハイクラス派遣求人が見つかる。グローバルに働きたい方・短期や在宅で勤務したい方にもおすすめ。

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
ハイクラス・ミドル領域の転職支援に特化したコンサルタントが徹底サポート。管理職キャリアを目指したい方や成長業界で働きたい方向け。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

ランスタッド

ランスタッド

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・長年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・37歳で登録しました。電話対応等丁寧に対応いただきました。
・10年勤務した会社から転職先を探すために利用しました。希望に沿った提案をしてもらえました。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

4.6
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。

ランスタッド

ランスタッド

4.2
口コミを読む
・様々な職種の案件がありましたが、軽作業であっても比較的時給が高かったです。
・担当者からタメ口で話されたりなど、馴れ馴れしさは気になりました。

type転職 ハイクラス

type転職エージェントハイクラス

4.0
口コミを読む
・東京・神奈川など、関東の企業は多数ありました。
・私はマッチングしませんでしたが、安定した企業を探している方はいいのではないかと思います。
2024年5月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。