30代後半の転職は厳しい?未経験から転職を成功させるコツを男性・女性別に解説

高橋宇内
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

30代後半の転職は厳しいって聞いたけどほんと?

自信を持ってアピールできるスキルや経験が少ない

といった悩みを抱える30代後半の方も多いのではないでしょうか。

たしかに30代後半での転職はスキルが伴っていないと厳しいと言われています。

また自身のスキルや経験がどのように活かすことができるかアピールできないと、苦労する可能性が高いでしょう。

高橋 宇内氏

そこで、本記事ではさらなるキャリアアップをしたい30代後半の方に向けて、転職を成功させるコツを解説します。

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

30代後半の転職が厳しいと言われる理由

30代後半の転職が厳しいと言われる理由は、下記のとおりです。

30代後半の転職が厳しいと言われる理由
  • 即戦力となるスキル・経験が求められる
  • 前職の色に染まっている

自身の現状を確かめ、どのような行動をするか明確にするためにも、30代後半の転職が厳しい理由を知っておきましょう。

即戦力となるスキル・経験が求められる

30代後半の転職が厳しい理由のひとつは、即戦力となるスキル・経験が求められることです。

他の企業でも活かすことができるスキルや経験が身についていないと、転職できない可能性があります。

例えば、プロジェクトをまとめるマネジメントスキルや経営に携わった経験など業界問わずに求められるスキルや経験が身についている方がキャリアアップを実現しています。

高橋 宇内氏

一個人のスキルよりもリーダーとしての能力が求められることが多いですね。

過去の経験やスキル、実績が応募先でも活かすことができることをアピールすることが大切です。

ただし、業界や職種、企業によって求めるスキルや経験が異なるため、志望先に合わせたアピールが重要です。

高橋 宇内氏

30代後半で転職をする場合、志望先に自分を採用するメリットを与えることで、成功する可能性を高められるでしょう。

前職の色に染まっている

前職の色に染まっていて社内に馴染めない可能性があることも、30代後半の転職が厳しい理由のひとつです。

いままでと異なる方法を求められると、前職での成功体験や進め方がかえって足を引っ張る可能性があります。

たとえば、大企業で働いていた方にとって、スタートアップやベンチャー企業の意思決定のスピードの早さにはついていけないかもしれません。

しかし、スタートアップやベンチャーで活躍するためには、企業ならではの特徴に対応しなければいけません。

柔軟性があることを伝えるためには、いままでのスキルや経験に固執せずに、変化することを受け入れられる姿勢をアピールしましょう。

高橋 宇内氏

企業側としては、仕事を円滑に進めるために早く馴染んで欲しいと思っています。前職での経験やプライドが志望先で悪影響を及ぼさないように注意しましょう。

あわせて読みたい
転職したいけどスキルがない30代は手遅れ?未経験におすすめな仕事も解説! 30代で「転職したい」と思っているけれど、スキルがないことやキャリア不足に悩んで一歩を踏み出せない方もいるでしょう。 結論からお伝えすると、30代でスキルがない場...

【結論】30代後半で未経験でも転職はできる

結論、30代後半の転職が厳しいと言われていても、成功させることは可能です。30代後半が持っているスキルや経験は、即戦力として重宝されているからです。

ただし未経験で転職できるパターンは、今までの経験を活かせる業界・職種であることです。異業種・異業界での転職は今までの業務経験を活かすことができないため、転職は厳しいでしょう。

また、30代後半はライフイベントなどが起こりやすい年代でもあるため、将来的な要素も考慮する必要があります。

そのため、30代後半で転職する場合は、どのようなキャリアを築いていくのか長期的に考えなくてはいけません。

自身が望むキャリアビジョンを考えるためにも、30代後半の転職事情を確認しましょう。

30代後半の転職事情

30代後半の転職では、70歳まで働き続けるキャリアを考えておく必要があります

なぜなら、年金の受給年齢が65歳に引き上げられたことにより、今後は受給年齢が70歳まで引き上げられるかもしれないからです。

もし60歳で退職をするとしたら、現段階でも5年間、将来的には10年間、年金受取が始まるまでの期間を無収入で過ごさざるを得なくなる可能性があります。

老後の経済面に対する不安に関しては、セコム株式会社が20代以上男女を対象にアンケート調査をした「老後の不安に関する意識調査」の結果にも現れています。

老後の不安に関する意識調査|セコム株式会社
引用元:老後の不安に関する意識調査|セコム株式会社

老後の不安に関しての1位は「病気やケガなどの健康不安」、2位は「経済的な負担に関する不安」です。病気やケガなどは予測がつかないため、老後の資金以外に関する資金の対策もする必要があります。

30代後半の転職は、老後の資金に直結するので、目の前の問題点だけでなく、将来を見据えたうえでの仕事選びや身につけるスキルを考えるようにしましょう。

35歳で転職の限界を迎える人と迎えない人の違い

35歳転職限界説があるため、30代後半に近づくにつれて焦り始める人もいます。ただ、35歳が転職の限界かどうかは人によります。限界が来る人と来ない人の違いはどこにあるのでしょうか?

それは、テーマを持ってキャリアを築いてきたかどうかです。

30代で転職をする方には大きくわけて次の2パターンがいると思います。

  • 前職でも実力やスキルを身に着けてきて、転職にキャリアアップを求めている人
  • 今の職場が上手く行かない、といった理由で転職をしてきて、今回もそうしようとしている人

企業が30代後半の人に求めるのは即戦力になるかどうか、今企業が抱えている課題の解決に貢献してくれそうかといったことです。

したがって、前者であれば30代後半であっても企業は採用しますし、後者は苦戦することになるでしょう。

ただ、後者の人も積み重ねてきたものは何かあるはずなので、自分が何をできるのかを明確にし、どんな企業が自分を欲しがってくれそうかリサーチしていくのが良いでしょう。

年収を大きく下げないためには経験を活かせる職場への転職が前提

よほどの事情がない限り、30代後半で未経験職に転職するのはおすすめしません。

前職で圧倒的な成果を出しており、新しい職種でもその経験が活かせるのであれば採用される余地があるものの、全くの未経験であれば人件費が安くて元気な若い人を企業は採用します。

経験のある職種であれば、今と同じぐらいかそれ以上の年収をもらえる求人を探しやすいはずです。

30代後半の転職で失敗する人によくある特徴3つ

30代後半の転職で失敗する人によくある特徴は、下記のとおりです。

30代後半の転職で失敗する人によくある特徴3つ
  • スキルや経験に見合わない好条件を希望する人
  • 退職理由がネガティブな人
  • 書類・面接選考の準備を怠る人

転職に失敗する人は、なぜうまくいかないのか原因に気づかず進めてしまう傾向があるため、志望する業界や企業に転職できない期間が続きます。

このような現状を回避するには、30代後半の転職で失敗する人によくある特徴を把握し、事前に予防することが大切です。

スキルや経験に見合わない好条件を希望する人

自身のスキルや経験に見合わない高額な給与や待遇を希望すると転職はうまくいきません。

たとえば、前職での年収が500万円だったのに対し、年収を800万円で希望するなどのケースがあげられます。

転職を成功させるためには、自身のスキルや経験を正当に評価することが重要です。転職先での貢献度や適応性を考え、現実的な待遇を求めることが、長期的なキャリアの成功に繋がります。

条件だけを気にしてしまうと、後に「思った企業とは違った」と後悔する可能性が高く、満足する結果を得られないでしょう。

30代後半で転職するときは、自身に見合った現実的な期待値を持ちつつ、キャリア目標やスキルを最大限に活かせる環境を選ぶことが大切です。

退職理由がネガティブな人

「人間関係でトラブルを起こした」「仕事内容だけが不満だった」などネガティブな理由で退職した人は転職に苦労するでしょう。

転職活動の面接でネガティブな理由を伝えると「同じことを繰り返すかもしれない」と思われてしまいます。

たとえポジティブな退職理由でなかったとしても、30代後半の転職で成功するためには、前職での経験や退職理由を前向きに説明する必要があります。

前職で不満や対立があった場合でも、乗り越えた成果、培ったスキル・経験に焦点を当てることが重要です。

30代後半の転職で失敗を避けるためには、前職でのネガティブな退職理由をポジティブに置き換えてアピールすることが大切です。

書類・面接選考の準備を怠る人

30代後半の転職希望者の中には、書類や面接選考に対する準備を軽視する人もいますが、書類・面接選考は自分をアピールする重要なステップです。

適切な事前準備を行わず選考に臨むと、自信を持ってアピールできなかったり、質問に適切に答えられなかったりします。

30代後半で転職を成功させるには、書類選考から面接までの過程で十分な準備が必要です。

あなたの強みや経験を的確にアピールし、企業のニーズと自身の目標を結びつけることで、転職の成功に繋げられるでしょう。

30代後半からの未経験転職を成功させるために必要な5つのポイント

30代後半からの未経験転職を成功させるために必要なポイントは、下記のとおりです。

30代後半からの未経験転職を成功させるために必要な5つのポイント
  • 20代の求職者と戦うような転職は避ける
  • これまでの経験を棚卸する
  • 『事実』『数字』『過程』を意識する
  • ある程度場数をこなす
  • 経験を活かせる企業に狙いを定める

30代後半の転職で失敗する人の特徴だけを理解しても、行動に移さなければ現状が変わる可能性は低くなります。

30代後半の転職を成功させるには、上記のポイントを実施することが大切です。

20代の求職者と戦うような転職は避ける

30代後半からの転職において重要なのは、自身の経験やスキルを最大限に活かせる環境を見つけることです。

20代と30代では求められているスキルや経験が異なります

そのため30代後半では、自身の強みや経験を最大限に活かせるポジションを見つけることが大切です。キャリアチェンジをするときは、自身の経験を活かせる領域や専門分野を探しましょう。

30代後半が転職に成功する鍵は、自身の独自性と強みを活かせる環境を見つけることです。自己分析と企業研究を通じて、適切なポジションとキャリアパスを見極めるようにしましょう。

高橋 宇内氏

30代後半の方には、20代や40代が持っていない武器があるはずです。同じ土俵で戦うのではなく、自分にしかないフィールドで勝負しましょう。

これまでの経験を棚卸ししてみる

これまでの経験を棚卸するのも、30代後半からの転職を成功させるために必要なポイントです。

いままでの経験をしっかりと棚卸し、自身の強みや成果を明確に把握することが重要です。

経験を棚卸するときは、過去の職歴や業務経験を振り返り、どのようなプロジェクトに関わり、どのような成果を出したかを整理しましょう。

いままでの経験を深掘りすれば、自身のスキルや専門知識が明確になります。

自分が身につけているスキルや経験が活かせる業界や職種を選ぶことで、転職先とのマッチ度を見極められます。

30代後半からの転職を成功させるためには、これまでの経験を振り返り、自身の強みや成果と企業の相性を確かめることが大切です。

高橋 宇内氏

企業に適切なアピールができれば、高待遇になる可能性もあるでしょう。

経験をアピールする際は、『事実』『数字』『過程』の3点で伝える

経験をアピールする場合に、事実・数字・過程の3点で伝えるのも、30代後半からの転職を成功させるために必要なポイントです。

転職活動で自身の経験や成果をアピールするときに役立つのが「事実」「数字」「過程」の3点を使って情報を伝えるアプローチです。

まず、事実を伝えることで、自身の経験や実績を客観的に示せすことができます。具体的なプロジェクト、関わった業務内容などを詳細に説明することで、転職先が求めるスキル・経験とのマッチングを明確にできます。

「チームの月間売上を3倍にした」「1億円プロジェクトのマネージャーを実施した」など数字を使いながらアピールすることで成果のインパクトを伝えることができます

そしてどのように成果を出したのか過程をアすることで、汎用性のあるスキルなのかもアピールできます

事実・数字・過程を組み合わせることで、自身の経験や成果を具体的かつ説得力ある形で説明できます。

高橋 宇内氏

30代後半が転職する場合、論理的思考力がないと不合格になる可能性がほとんどです。物事を考えるときは、常に逆算して推察するようにしましょう。

ある程度場数をこなすことも大事

30代後半からの転職を成功させるには、ある程度場数をこなすことも大事です。

どれだけスキルや経験があっても、採用されないこともありえます。

そのため、1社~3社しか選考に進まないのは、転職できない可能性が高くなります。30代後半が転職を成功させるには、複数社の選考を受けて選択肢を増やすことが重要です。

特定の企業にあらかじめ絞るのではなく、ときには場数をこなして活動することが、転職を成功させる要素に繋がるでしょう。

高橋 宇内氏

新しい挑戦をするときは、何事も数をこなすことが大事です。30代後半だからといって制限をかけるのではなく、初心を思い出し、全力で行動しましょう。

経験を活かせる企業に狙いを定める

30代後半からの転職において重要なのは、自身の経験やスキルを最大限に活かせる職場を見つけることです。そのためには、自身の経験と企業のニーズを明確にする必要があります。

まず、これまでに培ってきたスキルや知識、成果を明確に把握し、どの分野で力を発揮できるかを考えましょう。

次に、希望する業界や職種、企業において求められる経験やスキルを公式ホームページや求人情報、SNSなどで情報収集することで、自身の経験・スキルにマッチした企業を探しやすくなります。

高橋 宇内氏

あなたの経験やスキルを欲しがっている企業は多いです。企業研究をしっかりと行い、求める人物像を明確にしましょう。

30代後半の転職が厳しいと言われる状況を乗り越える対策7つ

30代後半の転職が厳しいと言われる状況を乗り越える対策は、下記のとおりです。

30代後半の転職が厳しいと言われる状況を乗り越える対策7つ
  • 転職の目的を明確にする
  • 企業が「採用したい」と思う実績をアピールする
  • 素直さ・熱意を伝える
  • 志望業界・職種の視野を広げる
  • 企業研究を徹底する
  • 効果的な資格を取得する
  • 転職エージェントを利用する

上記の対策を実施すれば、30代後半での転職成功率を高められます。詳しい対策方法について解説するので、ぜひ参考にしてください。

転職の目的を明確にする

まずは転職の目的を明確にしましょう。

どのような目的を持って転職を考えているかを明確にすることで、その後の転職活動が進めやすくなります。

自身の現状と将来のビジョンを考え、現在の職場や業界での満足度や課題、そしてどのようなキャリアを築きたいのかを整理して、転職する目的を明確にしましょう。

明確な転職する目的が決まれば、条件に合った企業選びやアプローチが定まります。

まずは転職する目的を明確にし、自身に合った環境を見つけるようにしましょう。

企業が「採用したい」と思う実績をアピールする

即戦力が求められる30代後半の転職は、過去の経験を活かして企業に貢献できるポイントを強調することが重要です。

まず、これまでに達成した成果やプロジェクトを詳細に洗い出しましょう。数字や具体的な事例をあげることで、転職先に対する価値を明確に伝えられます。

実績をアピールするときは、具体性が重要です。たとえば、過去のプロジェクトでどれだけの売上増を達成したか、どのようにコスト削減に貢献したか、クライアントからの評価やフィードバックなど、具体的な情報を提供することで、説得力を持って伝えられます。

転職先にとって「採用したい」と思わせる魅力を持っていることをアピールすることが、30代後半の転職が厳しいと言われる状況を乗り越える鍵となるでしょう。

素直さ・熱意を伝える

企業は経験やスキルだけでなく、熱意・人間性・価値観も重要視しているため、自身の素直さや熱意をアピールすることは、信頼性を高める重要な要素です。

また、30代後半になると、プライドや一定の満足感を持ってしまっている傾向があります。

過去の経験や失敗、成長したい点などを素直に語ることで、自身の成長意欲・向上心をアピールできます。

30代後半になっても成長するために必要な素直さや熱意がある人材は、採用される可能性が高まるでしょう。

30代後半の転職が厳しいと言われる状況を乗り越えるためには、スキルや経験以外にもアピールできる材料を持っておくことが大切です。

志望業界・職種の視野を広げる

30代後半の転職においては、自身の経験やスキルを活かすポジションを見つけるのも大切ですが、同時に志望する業界・職種の選択肢を広げるのもポイントです。

企業によっては、30代後半に求めるスキルや経験の難易度が高くなる場合があります。しかし、必ずしも条件を満たす能力があるとは限りません。

仮に、志望する業界・職種の大手企業だけに絞った転職活動をすると、難易度は高く採用される可能性は低くなります。

大手だけでなく、中小・ベンチャー企業と視野を広げれば、採用される確率は高められるでしょう。

同じ業界・職種でも企業によっては、求める条件が異なるため、自身のスキルや経験によって柔軟に考える必要があります。

志望する業界や職種、企業規模の選択肢を狭くしてしまうと、自身の可能性を自分で潰してしまうでしょう。

そのため、30代後半の転職が厳しいと言われる状況を乗り越えるには、志望先の視野を広げることが大切です。

企業研究を徹底する

転職活動では、自身が応募する企業を十分に理解し、志望先に合ったアプローチをすることが求められます。

とくに自身の経験を活かすポジションを見つけるための企業選定が重要です。

企業研究をするときは、志望先の公式ホームページや求人情報、口コミサイト、SNSなどから調査します。企業のビジョンやミッション、事業内容、価値観などを理解することで、アプローチすべき方法が明確になるはずです。

また、企業研究で外部・内部事情を把握できれば、自分との相性を確かめられるため、ミスマッチを防止できるでしょう。

さらに、面接で質問される内容の回答を事前に準備できるのもポイントです。

転職活動の面接では、下記のような質問をされます。

面接で聞かれやすい質問
  • 自己紹介・職務経歴
  • 前職の退職理由
  • 志望動機・自己PR
  • 業界の成長性について
  • 企業の課題

上記のように、業界や企業について質問されるケースがほとんどです。自分に合う企業選びと面接対策をするには、企業研究は欠かせません。

30代後半の転職が厳しいと言われる状況を乗り越えるには、企業についての研究を徹底的にする必要があるでしょう。

効果的な資格を取得する

効果的な資格を取得するのも、30代後半の転職が厳しいと言われる状況を乗り越える対策のひとつです。

資格は、特定の知識やスキルを持っている証明ができます。即戦力が期待される30代後半にとって資格取得は、自己ブランディングを強化し、転職活動を有利に進めることができます

ただし、志望する業界や職種、企業に関係する資格を選択しなければ、有利に進められない可能性があるので注意しましょう。

また、取得には一定時間の学習や試験が必要になるので、計画を練って進めるのが重要です。

資格は、将来的に活かせるケースも多いため、取得して損はしないでしょう。

30代後半の転職が厳しい状況を乗り越えるには、資格を取得し、特定のスキルや知識をアピールすることが効果的な方法となるでしょう。

取得する資格に悩んでいる場合は、下記の記事を参照ください。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用するのも、30代後半の転職が厳しいと言われる状況を乗り越える対策のひとつです。

転職エージェントは、転職活動をサポートしてくれる専門家です。30代後半の転職は、難易度が高くなるため、プロのサポートが手助けとなってくれます。

また、転職エージェントを活用することで、下記のようなサポートを受けられます。

転職エージェントが実施するサービス
  • キャリアプランの相談
  • 求人紹介・選定
  • 書類作成・添削
  • 面接対策
  • 応募先企業との日程調整
  • 待遇面の交渉
  • 選考後のフィードバック
  • 退職サポート

転職エージェントのサービスの中でもとくにおすすめなのが、求人紹介・選定です。転職エージェントから受ける求人紹介には、通常の求人には出回ってない非公開求人があります。

非公開求人は、特定のルートでしか応募することができず、大手や優良企業なのが特徴です。30代後半の転職は、求人を見つけるのも苦労する可能性があるため、嬉しいサポート内容と感じられるでしょう。

転職エージェントを利用するのは、30代後半の転職が厳しいと言われる状況を乗り越える重要な対策です。

あなたのキャリア目標を実現させるためにも、プロのサポートをうまく活用しましょう。

30代後半の転職でおすすめの転職エージェント4つ

では、最後に30代後半からの転職でおすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

30代後半の転職で年収を下げないためには、経験を活かせる職場を見つけることが前提となります。

転職でキャリアアップを目指す方に『リクルートエージェント』がおすすめの理由は、25万件を超える非公開求人(※2023年3月30日時点)を保有しており、職種や業種を問わず各人の経験を活かせる求人を紹介してもらえるからです。

非公開求人とは、普通に公開すると応募が殺到するため、転職エージェントを介して条件に合致した人のみに紹介される求人です。

転職エージェントに登録しないことには挑戦できない求人なので、これまでの経験が生きる職場を探したい方におすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

30代後半の転職ともなれば、これが最後となる可能性があるため、後悔がないよう慎重に進めていく必要があります。

マイナビエージェントでは、転職希望者が後悔せずに済むように、面談時のヒアリングに力を入れています

本人の条件次第では、必ずしも転職がベストとは限りません。将来のキャリアパスやライフプランを踏まえた上で、転職をしないほうがよいとアドバイスすることもあります。

また、30代を対象とした条件の良い求人は、非公開とされているケースがあります。 非公開求人は、転職エージェント経由でないと応募ができません

知名度が高いマイナビは優良企業の求人が集まりやすいため、情報収集目的でも登録しておいて損はないでしょう

type転職エージェント

type転職エージェント

1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の地域で特に強い転職エージェントです。

30代も後半を迎えると、転職時からの年収アップは譲れないという方も多いのではないでしょうか。

他のエージェントに比べて年収交渉を特に強みとしており、年収を上げながら今よりも良い職場で働きたいという欲張りな方にこそ、登録がおすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリア

30代後半の転職では今後の人生もかかっていますし、職場や職種選びなど考えるべきことも多く悩ましいものです。

今後のキャリアについて専門家に相談をしながら判断をしていこうと考えるのであれば、『パソナキャリア』がおすすめです。

もちろん他の転職エージェントもキャリア相談に乗ってくれますし、転職ノウハウも充実していますが、『パソナキャリア』は、転職エージェントの中でも親身に相談に乗ってくれることに定評があります。

転職活動が思うように進まず1人で悩んでいるのであれば、一度『パソナキャリア』の面談を受けてみるのも良いかと思います。

まとめ|30代後半でも未経験転職は可能

30代後半の転職は厳しいと言われていますが、あなたの努力次第で状況を変えられます。何もせずに「何とかなるでしょ」と思っている場合は、転職すらできない可能性があります。

しかし、転職するために必要な事前準備を徹底して行えば、成功する確率は高まるでしょう。

30代後半の転職でやるべき行動は、下記のとおりです。

30代後半で未経験を成功させるためのコツ
  • 自己分析をする
  • 企業・業界・職種の研究をする
  • 書類・面接選考の対策をする
  • 活動量を増やす努力をする
  • 複数の転職エージェントを併用する

上記の行動を徹底的に実施できれば、30代後半の転職が厳しい状況でも成功に導けます。

転職活動に自信が持てない場合は、複数の転職エージェントを併用し、さまざまな支援を受けて進めるようにしましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。