34歳女性の転職はもう遅い?スキルなし・資格なしでも転職を成功させるコツも解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

ポテンシャルが重視された20代と違い、30代はこれまでのスキルや実績が評価される年代です。

特に34歳の女性は結婚や出産などのライフイベントが重なる時期でもあり、キャリアとの両立に悩む時期でもあるでしょう。

この記事では、人生の過渡期を迎える34歳の女性が、転職活動をするうえで注意する点やコツなどを徹底解説します。ぜひ自分に合った職場を探す一助としてください。

目次

スキルなし・資格なしではもう遅い?34歳の女性の転職

34歳の女性は転職の可否が分かれやすい年代です。というのも、転職市場において30代はスキルや経歴、実績などが評価される傾向があり、これまでのキャリアによって命運が分かれやすいからです。

さらに結婚や出産などのライフイベントが重なりやすい時期でもあり、家庭と仕事を両立するために転職先の選択肢が狭まることもあるでしょう。

希望条件を満たし、将来的なキャリア形成が可能な職場を見つけるのはかなり難易度が高いため、戦略的に進める必要があります。

34歳女性が転職を考える理由

34歳の女性が転職を意識する場面は多くあります。どのようなパターンがあるか、一つずつ見ていきましょう。

正当な評価を受けられないから

多くの34歳女性が転職を検討する理由の一つに、評価の問題があります。

特に男性が多い職場や古い慣習が根付く職場など、女性の立場が弱い職場ではキャリアアップへの障壁を感じることが多いようです。

転職の際は代表者の性別や女性管理職の数、女性に特化した商材を扱っているか、産育休の取得実績などをチェックすることで女性が活躍しやすい企業に出会えることもあるでしょう。

人間関係にストレスを感じるから

職場の人間関係は、多くの女性が転職を考える大きな要因です。特に30代になると、管理職やチームリーダーの役割を任される機会が増え、中間管理職として苦労する場面も多くなります。

捉え方を変えることで好転するケースもありますが、場合によっては自身の健康やキャリアを守るためにストレスの少ない職場に転職することも大切です。

仕事と家庭の両立ができないから

30代の女性ならではの悩みとしては仕事と家庭の両立が挙げられます。

特に30代前半は、キャリアが充実してくると同時に、結婚や出産などのライフイベントが重なる時期でもあり、板挟みで悩むことが増える時期でもあります。

家庭と仕事を両立するには、フレックス制や在宅勤務を導入している企業を選んだり、半休や有給休暇が取りやすかったりとフレキシブルに働ける環境が必要です。

また、キャリアアップを目指す場合、自身の専門性を活かせる職種や業界選びが重要になります。

【体験談】34歳女性の転職活動のリアル

実際に30代半ばで転職をした女性の体験談を紹介します。

転職を考えた理由や内定までの経緯などを見て参考にしてみてください。

未経験で事務職を志望するも、難航……

【転職活動時のAさんのプロフィール】年齢:35歳 ステータス:既婚、子どもなし 職種:営業職(正社員)

将来的に子どもを持っても長く働きたいと考えたAさんは、落ち着いた働き方が実現できそうな事務職への転職を決意。 求人サイトに登録することから転職活動を始めたが、そもそも事務職の求人が非常に少ないことや、30代半ばの女性となると必ず「事務職経験」が求められることに気付き、転職活動は難航。 結果的にAさんは、比較的残業が少ないとされている業界の営業職へ転職することになった。  

引用|Woman type 30代半ばで“理想的な転職”はムリ!? 女・35歳、転職活動のリアル

事務職というのは、比較的業務の負担度が低いことが多く、どの世代にも人気の職種です。

人気職種においては、「ポテンシャルが重視できる若手」もしくは「スキルの高い経験者」が求められる傾向にあるため、34歳で未経験の人が採用となるのは難しいでしょう。

その分野に関する資格を取得するなど、なにかしらのアピール材料を用意することが大切です。

漠然と始めた転職活動、結果は……

【転職活動時のMisatoさんのプロフィール】 年齢:34歳 職種:営業・企画・コンサル  

はじめての面談で言われたことは、「転職理由が漠然としたままでは、うまく行きませんよ」ということでした。 私が漠然とした不安だけを理由に転職しようとしていることに対する、警鐘でした。 たしかに今のままでは「幸せの青い鳥」探しのようになってしまっていると反省し、そのとき担当の方が勧めていただいたいくつかの職種を中心に、自分に合っている仕事とは何かについて考えました。 ひとつ、「これは私の志向に合ってそう」と思えるものがあって。 それは、マーケティングの仕事でした。 (中略) 大量の求人を頂いて、もう「これで転職はイケる!」と思っていたのですが、結果、そこで応募した企業は全部落ちました。
ここではじめて、私は30代女性の未経験職種への転職の厳しさを知りました。 (中略) 面接後のフィードバックでは厳しいことも言われましたが、「大丈夫ですよ、今の精力的な活動を続けていれば、必ずいい職場に巡り合えます。がんばりましょう」と必ずひと言、応援の言葉を添えてくれました。 転職活動を始めて3ヶ月目、ようやく一社、化粧品メーカーから採用通知を頂きました。
──今思い返しても、本当にストレスと疲労の溜まる毎日でした。  

引用|30代の転職 特に代わり映えのない毎日が、たまらなく不安だった。それで食品メーカーから化粧品メーカーへ転職した話。

34歳というのは、仕事に対して中だるみのような感情を抱いてしまう人も多い年代です。

ただし、「何か新しいことを始めたい」「代わり映えのしない日々を変えたい」など漠然とした理由で転職を始めてしまうと、転職に対してモチベーションを持ち続けることが難しく、志望動機や自己PRなども説得力のないものになってしまいます。

転職で心機一転するのはいいことですが、見切り発車にならないように注意が必要です。

転職で年収ダウン!管理職だからこその落とし穴

【転職活動時のCさんのプロフィール】 年齢:35歳 ステータス:独身 職種:Web系企業で課長職(正社員)  

管理職として活躍していたCさんは、自分のスキルを他社でも試したいと考え、転職活動を開始。しかし、業務量が多い上に社内の重要な会議に参加することも多いため、平日に休暇を取って面接に行くことは難しい。 また、管理職クラスのCさんは同業他社に顔見知りが多く、転職活動をしていることが周囲に知られやすいリスクも感じていた。さらに、他業界を視野に入れても管理職クラスの求人がほとんど見つからず、年収も下がってしまう可能性が高いことに気付く。 結局Cさんは、知人の紹介を通じて転職活動を行い、以前より少し給与の低い会社で働くことになった。  

引用|Woman type 30代半ばで“理想的な転職”はムリ!? 女・35歳、転職活動のリアル

管理職の市場価値は高いため、一見評価されやすいイメージはありますが、状況によっては転職活動が難航することもあります。

というのも、日本は中途社員よりも新卒入社の社員を優遇する傾向があり、年収面やポストで恵まれているケースが多くあります。

そのため、「転職活動をしてみたら意外と市場価値が低かった」という事態も起こりえるのです。

また、管理職向けの求人は非公開求人としてエージェントでのみ募集していることが多く、一般の転職サイトには出回りにくいのが特徴です。

どのような転職支援があるかを知っていないと、Cさんのように良い求人に出会えないことがあるため注意が必要です。

34歳女性が転職するメリット

34歳の女性は10年以上のキャリアを積み、組織では中堅に分類される年代です。

そんな34歳女性が転職するメリットにはどのようなものがあるかを1つずつ見ていきましょう。

実務経験を評価してもらえる

34歳という年齢は実務経験が豊富にあり、転職時にアピールできる実績も豊富にあることが予想されます。そのため、多くの業界や職種でその経験が高く評価される時期です。

特にこれまで女性が評価されづらい職場にいた場合、転職することで実績が正当に評価され、年収アップやキャリアアップすることもあるでしょう。

転職時は実績を効果的にアピールできるよう、スキルや経験などを棚卸ししておくことが大切です。

未経験の業界や業種にもチャレンジできる

34歳という年齢は中堅に分類される年代ではありますが、長いキャリアのなかではまだ若手ともいえます。

また女性の場合、コミュニケーション能力やマルチタスクなどのポータブルスキルに長けていることが多いため、未経験の領域でも活躍できる可能性があります。

もし新卒のときに諦めた業界や職種があれば、このタイミングでチャレンジするのがおすすめです。逆に、30代後半や40代以降で未経験の領域に転職するには難易度が上がるため、むしろ今がチャンスといえるでしょう。

また、未経験の領域にチャレンジするには、ある程度ポテンシャルが必要です。転職時には学習意欲の高さなど、将来性をアピールするのが効果的です。

自分に合った職場を見つけられる

34歳の女性はビジネスパーソンとしてはもちろん人生経験も積んでいることから、ある程度価値観が明確になる年齢です。

社風やワークスタイルなど、自分の好みが明確なので入社後のミスマッチが起きづらいのがメリットとなります。

競争率が高い企業であっても、34歳であれば年齢がネックになることもなく、幅広い選択肢のなかから自分に合った企業を選べることも多いでしょう。

34歳女性が転職するデメリット

一方で、34歳ならではのデメリットも存在します。1つずつ確認しながら、デメリットを減らすための工夫をしましょう。

スキルによっては転職が難しい

34歳での転職は、特定の業務におけるスキルや経験、マネジメントスキルが求められます

これまでのキャリアによってはアピール材料が乏しく、転職がうまくいかないと感じることがあるでしょう。

そのため、転職活動では自身のスキルを客観的に評価し、必要な資格や経験を事前に準備することが重要です。

転職で給料が下がる可能性がある

34歳女性が転職する際に考慮すべきデメリットの一つが、給与面です。

特に新卒で入社した会社で順当に昇給した人や、未経験領域にチャレンジする場合や、ワークライフバランスを重視した職場選びをする場合は、転職後に給料が下がることは珍しくありません。

現職と同等またはそれ以上の条件を求めると、転職先の選択肢が限られる可能性があるため注意しましょう。

給料のよしあしは生活の質に直結するため、給料が下がる場合は慎重に検討することが大切ですが、給与だけでなく、職場環境やキャリアアップの機会など、総合的な条件を考慮して転職先を選ぶことが重要です。

34歳女性の転職で失敗する人の特徴

30代以降は年齢が上がるほど転職は難しくなる傾向があるため、「転職に失敗したくない」と考えている人は多いでしょう。

転職に失敗しがちな人の特徴を紹介しますので、自分に当てはまることがないかをチェックし、改善に役立ててください。

転職理由を明確に説明できない

転職活動で失敗する34歳女性の特徴の一つは、転職理由を明確に説明できないことです。

面接時には、なぜ転職を決意したのか、どのようなキャリアを望んでいるのかを明確に述べる必要があります。

不明確な動機や曖昧なキャリアプランは、採用側に懸念を与え、不利に働くことがあります。また、自分の中で転職理由が明確になっていないと、モチベーションを維持するのも難しいでしょう。

転職活動前に自己分析をおこない、具体的なキャリア目標や転職の理由を明確にすることが成功のカギです。

年収は絶対に下げたくない

転職において年収を重視し過ぎることも、失敗の原因となり得ます。もちろん給与は重要ですが、それだけに焦点を当てると、キャリアの成長機会や職場の環境など他の重要な要素を見落とすことになりかねません。

特に、新しい分野への挑戦や大幅なキャリアチェンジを考えている場合、当初は年収が下がる可能性も考慮する必要があります。

長期的なキャリアの展望を優先し、初期の給与の低下を経験やスキルアップの機会と捉えることが重要です。

34歳女性でも転職で成功する人の特徴【スキルなし・資格なしでもOK】

「転職に成功する」とは、単に転職先が決まることではなく転職後に前向きに働ける職場に出会えるかどうかを指します。

転職後に理想のキャリアを実現する人にはどのような特徴があるのかを一つずつ見ていきましょう。

取り組みたいことが明確になっている

転職で成功する人は、自分が取り組みたい仕事内容や目指すキャリアパスが明確です。

自己分析を通じて、自分の強み、興味、価値観を理解し、それに基づいて目指すべき職種や業界を選ぶため、転職後のミスマッチがなかったり、満足度が高かったりするのです。

明確なビジョンを持って転職活動を進めることは、面接時の自信と説得力のある自己PRにもつながります。

退職したいという強い意志がある

パワハラやセクハラなど悪質な職場環境や過度な労働が強いられる職場など、転職において強い動機付けを持っている場合も転職が成功しやすい傾向があります。

「今の職場を絶対に退職したい」という高いモチベーションのもと、転職活動に取り組めるからです。ただし、早く退職したいあまりきちんと吟味せず次の職場を決めてしまうことで、さらなる悩みを抱えかねません。

これらの問題は転職に対する動機としつつ、冷静な目線で次の職場を判断することが重要です。

スキルなし・資格なしでも34歳女性が転職を成功させるポイント

34歳女性の転職にはメリット・デメリットの両面がありますが、メリットを最大限享受した転職を実現するにはいくつかのポイントがあります。一つずつ見ていきましょう。

現職を続けながら転職活動を進める

安定した収入を維持しながら転職活動をおこなうことは、あらゆる面のリスクを最小限に抑えるための重要な戦略です。と言うのも、先に離職してしまうと、万が一転職活動が長引いてしまったときのマイナス面が大きいからです。

見通しが立たないなかで離職したことを「計画性が無い」とマイナス評価されてしまったり、経済的に不安なことから職場選びの判断が冷静にできなかったりすることも考えられるでしょう。

現職を続けながら転職活動をすることはとても大変ですが、できれば離職せずに転職活動することをおすすめします。

自己分析を行った上で転職活動を進める

「34歳女性の転職で成功する人の特徴」でも述べましたが、自己分析は、自分に合った職種や業界を見つける上で必要不可欠です。

自分の過去の経験、強み、弱み、キャリアの目標を分析することで、転職活動の方向性を明確にし、効率的に進めることができます。また、自己分析を通じて得た情報は、面接時に自分自身を効果的にアピールするための材料となります。

女性向けの転職エージェントを活用する

女性専用の転職エージェントやキャリアアドバイザーのサービスを利用することは、34歳女性が転職を成功させる上で大きな助けとなります。

これらのサービスは、女性特有のキャリアの悩みや、仕事と家庭の両立、産休・育休後の復職支援などに特化しており、個々のニーズに合ったアドバイスやサポートを提供してもらえます。

また、女性向けの転職エージェントであれば、女性に優しい職場環境や、キャリアアップの機会が多い企業の情報を得ることができるでしょう。

キャリアアドバイザーは各社の内部事情を把握していることが多いため、求人票には無い詳細な職場の情報や効果的なアピール方法を聞けることも多く、おすすめです。

34歳の女性におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
type女性の転職エージェント
  • 女性に特化した転職支援
  • ワークライフバランスを重視した転職も可能
  • 面接のためのメイク指導あり

 

type女性の転職エージェントは、女性の転職支援を専門とした転職サービスです。

 

女性ならではの転職事情に精通したキャリアアドバイザーから専任でサポートを受けられ、たとえば「子育てと両立したい」「残業なしがいい」「キャリアアップしたい」などの悩みも気軽に相談できます。

 

年間1万人以上(※1)の女性のキャリアカウンセリングをおこなっているとあって、女性に寄り添った転職サポートに期待できるでしょう。

 

求人への応募や応募書類の添削、面接対策などのサポートのほか、女性のための身だしなみやメイク指導もあり、typeならではのサービスで女性の転職活動を心強く支援してくれます。

 

(※1)type女性の転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type女性の転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 10,259件(※2)
非公開求人数 18,487件(※2)
おすすめポイント
  • 女性ならではの悩みを相談できる
  • 非公開の求人を紹介してもらえる
  • 転職活動に合うメイクを教えてもらえる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

161,104件(※)

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップを目指せる
  • 時間をかけずに転職活動ができる
  • マッチ度の高い求人を教えてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

まとめ|スキルなし・資格なしの34歳女性の転職はもう遅い?

34歳の女性が転職する際にはメリットと同時にデメリットもあるため、適切な準備と戦略が必要です。

特に転職理由の明確化と自己分析は転職の可否を分ける重要なポイントですので、重点的におこないましょう。

もし自分一人では自信がない場合や初めての転職で不安な場合は、転職エージェントの利用がおすすめです。特に女性向けの転職サービスでは結婚や出産といった女性特有の課題に対応したサポートを受けることができるためぜひ利用しましょう。

キャリアと私生活の両面において充実した未来を築くために、ぜひこれらのサービスを戦略的に利用してみてください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。