37歳の転職は遅い?スキル・資格なしの未経験転職や男女別の転職のコツを解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

37歳で転職を考えている方の中には、今の年齢で転職活動をおこなうことに不安を感じている方もいるかもしれません。企業で重要なポジションについている同期なども現れる年齢で、転職に踏み切れない方もいるでしょう。

37歳の転職は難しい」というイメージがありますが、実際には37歳でも転職を成功させている方は多くいます。転職についての知識や情報を正しく理解していれば、希望の職種に転職することも可能です。

この記事では37歳での転職成功率を上げるポイントや男女別の転職における注意点について解説していきます。「採用してくれる企業はあるだろうか?」「収入が下がったら困る」など不安や心配があり、転職活動に踏み出せない方は、ぜひ参考にご一読ください。

目次

37歳の転職事情│37歳での転職は手遅れ?

35歳転職限界説」と言われるように、30代後半以上の転職は非常に難しいものという印象があります。しかし、実際のデータとしてはどうなのでしょうか。37歳の転職事情をデータをもとに確認し、取るべきリスクと不必要な不安を切り分けて考えることで、転職の成功率をあげましょう。

37歳で転職する方の割合

まず、37歳で転職する方の割合について検証します。以下のグラフは、厚生労働省が発表した令和3年度の年齢階層別の転職者の割合を示しています。

厚生労働省 令和3年雇用動向調査結果

引用元:厚生労働省 令和3年雇用動向調査結果

上記のグラフからわかるように、男女ともに、年齢が上がるにつれて転職者数が下がる傾向にあります。

一方で、dodaが発表したデータによると、転職成功者の平均年齢は32.2歳となっており、35歳〜39歳での転職成功者の割合は12.8%でした。

年齢による転職の難易度は高くなる傾向がありますが、どの年代でも転職を成功させている方たちがいる点は注目したいポイントです。

【参考記事】:転職成功者の平均年齢調査【最新版】

37歳の転職事情

37歳になって転職を考えている方の中には、年齢的に転職が上手くいくのか不安に思っている方もいるのではないでしょうか?

たしかに、先ほどのデータからもわかるとおり、20代と比較すると転職成功者数の割合も少なく、転職できるのか不安になります。

しかし、総務省のデータによると2022年は35歳~44歳で転職を成功させた方は56万人いるというデータがあり、25歳~34歳の世代よりは少なくなりますが、世代全体で2位となっています。

引用元:労働力調査(詳細集計)2022年(令和4年)平均結果の概要

37歳からの未経験転職は可能?

結論からいうと、37歳でも未経験職種や異業種への転職は可能といえます。

マイナビが調査した転職動向調査によると、2022年に異業種への転職率は47.1%と約半数です。30代男性の異業種への転職率は42.6%、30代女性の異業種への転職率は43.8%と全体と同じように半数の割合の方が異業種へ転職しています。このデータから、2人に1人は未経験職種への転職を成功させているとわかります。

これらは30代全体のデータとなるため、37歳では成功率がやや下がる傾向が想定されますが、30代でも未経験職種や異業種への転職成功者は多いと考えられます。

とはいえ、20代と比べると実績重視になり転職難易度も高くなることが予想されるため、スキルの洗い出しなどの対策を十分におこないましょう。

あわせて読みたい
転職したいけどスキルがない30代は手遅れ?未経験におすすめな仕事も解説! 30代で「転職したい」と思っているけれど、スキルがないことやキャリア不足に悩んで一歩を踏み出せない方もいるでしょう。 結論からお伝えすると、30代でスキルがない場...

【参考記事】:マイナビ転職動向調査2023年版 

37歳で転職した方の主な理由5

次に、37歳で転職した方の転職理由を5つ紹介します。このデータは、厚生労働省の令和2年雇用動向調査結果から引用しています。

会社の将来への不安

37歳の転職で最も多い理由は「会社の将来への不安」となっています。

これは、終身雇用制度や年功序列といった日本特有の制度が、近年崩壊しつつあることも影響しているでしょう。また、新型コロナウイルスの影響から、特定の業界で倒産や従業員の解雇が進んだことも原因の1つです。

労働時間や休日等、労働条件が合わなかった

37歳の転職理由として、労働時間や休日等、労働条件が合わなかったという声も聞かれます。

働き方改革が進む中で、副業やフレックスタイム制度を取り入れる企業が増えたことで、現状の労働条件に不満を抱える方が増えています。

収入への不満

前述したように、近年は年齢をベースとした賃金制度であった年功序列が崩壊したことで、40歳を機に収入が下がる企業も少なくありません。

37歳といえば、子どもの教育費や住宅ローンなど、これからお金が必要になる年代です。そのため、収入への不満や不安を抱える30代後半の方が、転職活動を活発にしている様子が伺えます。

職場の人間関係がよくなかった

職場の人間関係についても、37歳の転職理由の1つです。近年は、実力主義を採用する企業が増え30代後半になると「年下の上司」や「後輩が出世する」ケースもあります。また、フラットな人間関係を構築する企業が増え、古い社風や企業文化が残る企業は、人間関係が拗れることもあるようです。

また、人間関係の問題で退職する人は、年代に関係なく多い傾向にあります。

能力や資格など、自分の個性を活かせなかった

能力や資格など「自分の個性を活かせなかった」ことも、転職理由の1つです。近年は、企業のIT化やDXが進んだことで、従来重宝されてきた能力や資格が意味をもたなくなりつつあります

しかし、これまで役に立ってきた資格が役に立たなくなったとはいえ、10年以上職場で培ってきた経験やキャリアは貴重です。そこで転職エージェントを活用し、キャリアの棚卸しをして、能力を存分に発揮できる新しい職場を見つけましょう。

37歳の転職が厳しいといわれる理由

37歳は会社の経営方針や収入、人間関係、自身のキャリアについて悩むことが多いことから転職を考えることがあります。しかし、37歳の転職は厳しいといわれ、実際に20代と比較すると転職成功者数も少ない傾向にあることも事実です。

ここでは、37歳の転職が厳しいといわれる理由を紹介します。転職の難易度が上がることを理解し、転職の成功へつなげましょう。

一定のスキルが求められるから

37歳の転職では、20代の時に比べると実績やスキルが評価されます。20代は、今後の成長を見越したポテンシャルを評価されることもありますが、37歳は、即戦力となる実績やスキルが重要なアピールポイントになります。

希望する職に対して、アピールできる経験やスキルがない場合、採用につながりにくいでしょう。

年齢による足切りの可能性があるから

企業側が年齢を目安に採用している可能性があることも、37歳での転職が厳しい理由の1つです。たとえば、「30歳以下」と求人に条件がついている場合は、そもそも応募ができません。仮に応募できたとしても、採用されるケースは少ないでしょう。

年齢による求人数の減少や、企業側の成長戦略による年齢制限も、37歳の転職が厳しいといわれる理由です。

新しい環境への適応が難しい可能性があるから

37歳は経験豊富な一方で、前職のノウハウややり方が体に染み付いていることがあります。

「前職のやり方はこうだった」「転職先のやり方が合わない」など、前職の環境に固執してしまう方もいます。そのため、新しい環境への適応が難しいと判断されると、採用につながらないケースもあるでしょう。

柔軟性や適応力のある人材を求めているため、前職の長い経験がデメリットになることもあります。

若い人材の方が伸び代があると捉えられるから

前述したように、37歳の転職ではスキルや経験が求められます。

そのため、成長を見込んで採用される20代より転職の難易度が高くなっています。適応力と同様に社会人経験がないことで、新しい仕事にもはやく慣れ成長が期待される年代が、20代です。

一方で、20代と比較すると伸び代が少ないと判断されやすい37歳は、転職が難しくなる傾向があります。

妊娠・出産・子育てとの両立があるから

他の年代に比べると、妊娠・出産・育児などのライフイベントを経験する女性も多いのが、30代です。家庭やプライベートと仕事の両立が難しく、働き方にも条件が出てきます。

リモートワークができることやフレックス制度があることで、家庭との両立が可能となるでしょう。

ただ、制度が整っている企業を選ぶ必要があり、選択肢が狭くなります。その結果、転職の難易度を高めているケースもあるでしょう。

37歳の転職における注意点

37歳での転職は、難易度を上げてしまう理由がありました。さらに、37歳の転職の際には、これから紹介する4つの注意点についても考慮する必要があるでしょう。

求人数が少ない

求人数が少なく、希望条件に合う企業が見つからない可能性があります。37歳の転職は年齢による求人数の減少もあり、求人数が多くありません。

求人数が少ないと、選択肢も狭くなるため、結果として年収が下がったり通勤に時間がかかったりと、転職に後悔することもあるでしょう。

収入が下がる可能性

37歳は、長年の勤務が評価され役職に就く方もいます。そのため、1からのスタートとなる転職は、年収が下がってしまう可能性があります。

もちろん、年収アップを目的に転職をすることは可能ですが、入社1年目は年収が下がることが多くあるでしょう。

未経験転職へのハードルが高い

一般的に37歳未経験への転職は、難しいでしょう。なぜなら、37歳の転職は企業での成長を期待されているのではなく、即戦力としてのスキルや経験が求められるからです、

未経験へ転職する場合は、前職での経験や知識を役立てられるポイントをアピールし採用率を高めることが大切です。

再転職のリスク

37歳で転職をした後、再転職をする場合、さらに難しくなります。

経歴に傷がつくことや短期間での転職、さらに年齢を重ねていることなど、転職に不利な条件が揃ってしまいます。人間関係などは入社しないとわからないところですが、転職をする際は慎重に検討し、再転職のリスクを防ぎましょう

【男性版】37歳の転職で確認すべきこと

ここでは、男性が転職時に気をつけたいことを2点紹介します。

事前に家族の理解を得ているか

37歳になると家族をもっている方が多くなります。転職によって地方や海外への転勤や給与減少の可能性もあります。そのため、転職活動をおこなう前のタイミングで家族の理解を得ておくことが大切です。

家族の理解を得ないまま転職活動を始めてしまうと、家族の信頼を失ってしまうかもしれません。働きながら転職活動する場合、休日などの生活サイクルが変わる可能性もあり、転職活動を始める前に家族に伝えておくと安心です。

求める条件が高すぎないか

転職先に求める希望条件が高くなりすぎないよう注意しましょう。37歳になると給与や労働条件へのこだわりや希望が具体的になる方も多いですが、全ての条件を求めていると転職が上手くいかない可能性があります。

特に37歳では、出世して高収入になった友人や同期と比較してしまい、大幅な年収アップを求めてしまうこともあるでしょう。全ての希望に合った企業を見つけるのは時間もかかるため、条件に優先順位をつけ、本当に入社したい会社を明確にしていくことがおすすめです。

【女性版】37歳の転職で確認すべきこと

次に、女性の転職時の注意点を2点紹介します。

子供がいると採用されにくいことがある

女性の場合、企業によっては子供がいると採用に不利になることがあります。子供がいる場合、お迎えの時間などを考慮して時短勤務を希望することや、残業を断るケースもあるでしょう。そのため、職種によっては正社員採用が難しいと判断されることもあります。

女性が活躍しやすい環境を用意している企業は多くあります。面接時などに、家庭と仕事を両立することができるか確認しておくと転職後も安心できるでしょう。

また、実際に女性が管理職についているかといった企業調査をするなど、女性が活躍しやすい環境があるかをチェックするのがおすすめです。

育児・出産休暇は取得可能か

これから結婚や出産、子育てを考えている方は、育児休暇や出産休暇などの有無について確認しておきましょう。

最近では多くの企業が育児休暇や出産休暇の導入を進めていますが、実際に活用している方がいるのかを確認しておくと安心です。そのため、企業に直接確認したり転職エージェントで情報収集することがおすすめです。

転職エージェントで専門家やキャリアアドバイザーに相談すると、女性が働きやすい職場や福利厚生について紹介やアドバイスがもらえますので、ぜひ活用してみてください。

37歳の転職で求められる3つのスキル

ここでは、37歳の転職で求められるスキルについて解説します。必ずしも転職に必要とは限りませんが、以下のスキルを持っていることで転職活動を有利に進められます。自身のスキルについて整理しておきましょう。

1.マネジメントスキル

​​マネジメントスキルをもっている方は転職に有利です。

37歳であれば部下のマネジメントや育成に携わる機会が増えてくるため、過去にマネジメント経験がある人材は重宝されます。中小企業やベンチャー企業であれば管理職候補を探している場合も多く、将来の活躍を期待されるでしょう。

前職でマネジメント経験がある方は、今までの取り組みや実績をまとめておくことで、効果的なアピールにつながります。

2.経験やスキル

37歳の転職は、即戦力としての経験やスキルも求められます。未経験へ転職する場合も前職の経験やスキルが強みになるケースもあるでしょう。さらに、複数の経験やスキルを掛け合わせることで、独自性のあるアピールポイントもつくれます。

これまでの経験を振り返り、アピールできるスキルや知識を洗い出しておくことが大切です。

3.ポータブルスキル

コミュニケーションスキルや課題解決スキルなど、どの業界や職種でも役立つスキルは、ポータブルスキルと言われます。課題設定やスケジュール管理、または対人マネジメントなどは転職先でもすぐに生かすことのできるスキルです。自身のポータブルスキルもしっかりと把握しておきましょう。

37歳の転職を成功させるための4つのポイント

37歳での転職を成功させるためにおさえておきたいポイントについて解説します。

37歳での転職はより自分を良くアピールすることで採用率が高まりますので、しっかりと押さえておきましょう。

1.経験やスキルを形にしておく

1つ目は「経験やスキルを形にしておくこと」が大切です。自分が転職先に務めたとして、会社にどのように力になれるのかをこれまでの経験やスキルを棚卸してアピールしましょう。

具体的には、以下のようなアピールがおすすめです。

  • 前職では○○の仕事を担当し○○の結果を出した
  • リーダーとして○○のプロジェクトを成功させた
  • 考案した施策によって前年比〇〇%の売り上げを達成した

経験についてわかりやすくまとめておくことで、採用担当が転職者に対する具体的なイメージができ、本当に自社に合っているかを判断できます。上手く評価につながれば給与面にも影響があるかもしれません。

これまでの経験やスキルは整理しておくことをおすすめします。

2.自分の経験を活かせる業界・職種に絞る

2つ目は「自分の経験を活かせる業界・職種に絞る」ことです。37歳のタイミングで新たなスキルや資格を取得することは、時間やお金がかかります。そのため今もっているスキルを確実に活かせる職種や業種に絞って、転職活動をすれば、効率的な転職につなげられるでしょう。

現在の自分が活かせるスキルを軸に転職先を選ぶことが大切です。サイトに掲載されている求人情報だけで判断することは難しい場合もあるため、転職エージェントなどに相談し自分に合った求人を見つけましょう。

3.明確な転職理由を用意する

3つ目は「明確な転職理由を用意する」ことです。明確な転職理由や志望動機があることで、採用担当者に理解してもらいやすくなります。

ネガティブな理由ではなく、前向きな理由を用意することがポイントです。「なぜこの仕事をしたいのか」「入社後はどのような働き方をしていきたいのか」といった問いに対する回答を事前にまとめておきましょう。

4.現職中に転職活動をおこなう

4つ目は「現職中に転職活動をおこなう」ことです。退職後に転職活動をおこなうと時間には余裕ができますが、焦りが生まれて精神的に余裕がなくなることもあります。また、退職期間やフリーターとしての活動時間が長くなった場合に、印象が下がるリスクを避けられます。

現職中の転職活動は、時間の使い方が重要です。休日の活用や、有給を計画的に使用し、効率的に転職活動をしましょう。

37歳の転職には「転職エージェント」の活用がおすすめ

37歳の転職には「転職エージェント」がおすすめです。なぜなら、転職エージェントのキャリアアドバイザーが、求職者のこれまでの経験や実績、スキル、希望する職種などをヒアリングしながら、求職者に対してマッチした求人情報を提供してくれるからです。

この他に、転職活動のアドバイスや資料作成、面接の練習などのサポートも受けられます。こういったサービスは全て基本的に無料です。

転職エージェントを活用することで、キャリアアドバイザーの質の高いアドバイスやサポートを受け、企業側と間を調整してくれるなど、安心感を持って転職活動ができるでしょう。

転職エージェントは「複数登録」が効果的

転職エージェントを利用する際は、複数の転職エージェントに登録することが重要です。なぜなら、各転職エージェントで持っている非公開求人の案件や得意な分野、強みが異なるからです。

そこで、転職エージェントを複数登録する4つのメリットを解説します。

  1. より多くの非公開求人に出会える
  2. 異なる視点から書類添削や面接のアドバイスを受けられる
  3. 相性の良いキャリアアドバイザーが見つかる可能性が高くなる
  4. 各エージェントが得意な領域を使い分けられる

1.より多くの非公開求人に出会える

転職エージェントは、それぞれにWebサイトに掲載していない非公開の求人を保有しています。

非公開求人を出す理由には、主に次の3つがあります。

  • 早く採用を進めたい
  • 事業戦略に関わるプロジェクトの重要な人材を採用したい
  • 企業の内外に求人を知られたくない

早く採用を進めたい

企業が非公開の求人を出す理由の1つ目は、企業が早く採用を進めたい場合です。

⼈気の企業や職種の求人をする場合、求⼈募集を一般公開することで応募が殺到してしまい、人選に多大な時間がかかる可能性があります。そこで急いで人員の補充を⾏いたい企業は、転職エージェントに人材の絞り込みを依頼し、早いだけでなく、ミスマッチのリスクの低い採用活動を実施します。

そのため、仕事の経験豊富な37歳の人材は、非公開求人を紹介してもらえる確率が高くなるでしょう。

事業戦略に関わるプロジェクトの重要な人材を採用したい

企業は、競合他社に漏らしたくない極秘プロジェクトや、事業戦略に関わる重要な案件を進める際に、新たな人材を採用するケースがあります。採用情報を公開して求人すると、外部にプロジェクトの内容を予測されるリスクが生じます。

そこで、求人情報を非公開にして、転職エージェントに高いスキルを持つ、経験豊富な人材を直接マッチングしてもらうのです。このような仕事を紹介してもらえれば、転職先の企業でも比較的重要なポストを任される可能性が高くなるでしょう。

企業の内外に求人を知られたくない

企業が求人募集をする際に、自社の内外に知られたくないケースもあります。たとえば、社外から役員を採用したいときや、早期退職者を募集している企業が新規採用の求人をする場合などです。既存の社員だけではなく、社内外のステークホルダーに知られないように求人します。

このようなケースでは、企業が特定の転職エージェントに絞って求人募集を出すケースが多いため、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

2.異なる視点から書類添削や面接のアドバイスを受けられる

複数の転職エージェントに登録することで、各エージェントに所属するキャリアアドバイザーからの転職サポートを無料で受けられます

それぞれのキャリアアドバイザーの異なった視点から、応募書類の添削や面接のアドバイスを受けられるのもメリットです。

複数のキャリアアドバイザーにこれまでのキャリアを相談することで、自分では気づけなかった仕事の強みや弱みを顕在化でき、有利な転職活動に役立てられます。

初めての職種に転職したいとお考えの方や、潜在的な自分の強みを顕在化したい方は、ぜひ複数の転職エージェントに登録して、それぞれのキャリアアドバイザーからのアドバイスを参考にしましょう。

3.相性の良いキャリアアドバイザーが見つかる可能性が高くなる

転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーと面談をする際に、どうしても相性が合わないと感じるケースもあるでしょう。

しかし、キャリアアドバイザーとの相性は、質の高い転職活動に欠かせない要素です。

相性の良いキャリアアドバイザーとは、求職者の希望をしっかりと把握し、質の良いマッチングを実現してくれます。また、内定後の就業条件も、できるだけ求職者に有利となるような交渉をしてくれるでしょう。

このように、複数の転職エージェントに登録し、複数のキャリアアドバイザーを比較するのも重要な転職活動です。

相性の良い信頼できるキャリアアドバイザーに出会えれば、あなた自身の転職活動に対するモチベーションも上がることでしょう。

4.各エージェントが得意な領域を使い分けられる

転職エージェントは、それぞれに得意な領域が異なるのが一般的です。たとえば、幅広い職種を対象に転職サポートをするエージェントもあれば、IT関連に特化したエージェントなどがあります。

もし求職者が「IT企業での実績が豊富なので次もIT関連に転職したいけど、もし前職の経験を活かしつつ、他の条件の良い職種があればチャレンジしたい」といった場合、1社のエージェントだけに限定してしまうと、満足のいく転職活動ができない可能性があります。そこで複数の転職エージェントの得意な領域に合わせ、エージェントを使い分ければ、転職活動を効率的に進められるでしょう。

37歳で転職する方におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

doda X

dodaX

doda Xの特徴
  • ハイクラス転職に特化
  • 年収800万円以上の高収入求人あり
  • ヘッドハンターからスカウトが届く

 

doda Xは、管理職やハイキャリアの方などに特化した転職サービスです。

 

全ての求人がマネージャークラスやCFO、事業戦略担当などのハイクラス求人で、現在管理職に就いている方のほか、転職をきっかけにキャリアアップしたい方にもおすすめできます。

 

年収800万円以上や年収1,000万円以上の非公開求人を多数保有しており、年収アップを目指す方も条件に合う求人を見つけられるでしょう。

 

登録すると、ヘッドハンターから直接スカウトが届くシステムで、忙しい方でも手間をかけることなく好条件の求人に出会える可能性があります。

 

気になる求人を見つけたらdoda Xを介して応募できるサービスもあり、自身の意向に合わせて転職活動を進められるのが特徴です。

 

サービス名 doda X
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 45,836件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップが期待できる
  • 管理職やハイキャリアポジションの求人を保有
  • 手間なく転職活動が進められる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

type転職エージェント

type転職エージェント
type転職エージェントの特徴
  • 首都圏を中心に展開
  • 「納得感のある転職」の実現にこだわり
  • ITエンジニアや企画職・営業職に強み

 

type転職エージェントは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に転職サービスを提供しているエージェントです。

 

「納得感のある転職」のサポートにこだわりがあり、キャリアの相談や希望条件に合った求人の紹介、応募書類の添削、面接対策など、転職完了まで手厚くサポートを受けられます。

 

企業の採用担当者からのヒアリングにも力を入れており、求める人物像や経験を把握したうえで求人を紹介してもらえるため、マッチング精度の高い転職の実現に期待できます。

 

特にITエンジニアや企画職、営業職の転職に強みがあり、25年以上の歴史(※1)と34万人以上の転職支援実績(※1)をもとに、転職を成功に導いてくれるでしょう。

 

(※1)type転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 9,742件(※2)
非公開求人数 17,998件(※2)
おすすめポイント
  • 一都三県での転職に強み
  • 営業、企画、ITエンジニアへの転職に強い
  • 後悔のない転職が実現できる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

【type転職エージェントの口コミ・評判】

年収UP交渉もスムーズに進めていただき、大満足です!

(前略)

キャリアアドバイザーの方に相談すると、プログラミングの経験のほかにWEBサイトの開発経験があることは今後の転職にプラスになるという高い評価をいただき、どちらの経験も活かし、システムの企画にも携われるEコマースのシステムエンジニアで内定をいただきました。キャリアアドバイザーの方にスキルを正しく評価していただき、自信を持って転職活動に臨めたことが成功につながったと思います。年収交渉もスムーズで、企業からスキルを評価されているのだと思うとさらにやる気が出ますね!

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

新たなキャリアの提案で年収大幅UP!

これまで社内SEとしてキャリアを積んできましたが、年収UPを目的に転職活動を始めました。社内SEとはいえ、携わったシステムは全てスクラッチで開発し、開発の全行程から保守・運用まで経験してきたことを伝えると、開発の全工程の経験がある点を高く評価してくださり、キャリアアドバイザーの方からITコンサルタントとして新しいキャリアを築いてみてはどうだろうかとアドバイスをいただきました。書類作成や面接対策をしていただき、万全の状態で望んだ結果、希望する企業から内定をいただくことができました。年収も自分が予想していたよりも大幅にアップし、人材紹介サービスを利用して本当によかったと思っています。

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

 

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
type女性の転職エージェント
  • 女性に特化した転職支援
  • ワークライフバランスを重視した転職も可能
  • 面接のためのメイク指導あり

 

type女性の転職エージェントは、女性の転職支援を専門とした転職サービスです。

 

女性ならではの転職事情に精通したキャリアアドバイザーから専任でサポートを受けられ、たとえば「子育てと両立したい」「残業なしがいい」「キャリアアップしたい」などの悩みも気軽に相談できます。

 

年間1万人以上(※1)の女性のキャリアカウンセリングをおこなっているとあって、女性に寄り添った転職サポートに期待できるでしょう。

 

求人への応募や応募書類の添削、面接対策などのサポートのほか、女性のための身だしなみやメイク指導もあり、typeならではのサービスで女性の転職活動を心強く支援してくれます。

 

(※1)type女性の転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type女性の転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 10,259件(※2)
非公開求人数 18,487件(※2)
おすすめポイント
  • 女性ならではの悩みを相談できる
  • 非公開の求人を紹介してもらえる
  • 転職活動に合うメイクを教えてもらえる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

パソナキャリア

パソナキャリア
  • 特徴① 年収アップ率61.7%、求人の半数が年収800万円以上
  • 特徴② ハイクラス転職に特化したコンサルタントが支援
  • 特徴③ 4年連続満足度総合1位を獲得

パソナハイクラスは、株式会社パソナが運営するハイクラスに特化した転職エージェントです。保有されている求人の約半数が年収800万円以上で、61.7%(※1)の方が年収アップに成功した実績をもちます。

 

パソナキャリアでは、ハイクラス転職を専門とする業界専任のコンサルタントが、企業情報の共有や面接対策、内定後の交渉などの充実したサポートで転職を成功へと導いてくれます。

 

面接の日程調整や企業への推薦などもおこなってくれるため、忙しい合間でも効率的に転職活動を進められるでしょう。

 

利用者満足度調査で4年連続総合1位(※2)を獲得しており、手厚い転職支援を受けたい方におすすめです。

 

(※1)パソナハイクラスの公式ホームページより
(※2)オリコン顧客満足度調査 2019年~2022年転職エージェント総合1位

 

サービス名 パソナキャリア
運営会社 株式会社パソナ
公開求人数 34,075件(※3)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 年収800万円以上の求人を紹介可能
  • 手厚い転職支援を受けられる
  • 30~50代でハイクラス転職を目指している方におすすめ
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

161,104件(※)

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップを目指せる
  • 時間をかけずに転職活動ができる
  • マッチ度の高い求人を教えてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

37歳の転職でおすすめの転職エージェントの組み合わせ

転職エージェントはたくさんあって、どれを選ぶべきか迷ってしまう方も少なくないはずです。

転職エージェントには「求人数が多い」「30代の転職に強い」など、それぞれ異なった特徴や強みがあります。自分の状況や希望に合った転職エージェントに登録することで、転職を成功に近づけるでしょう。

ここでは、おすすめの転職エージェントの特徴と組み合わせを紹介しますので、参考にしてみてください。

求人数が多く未経験でも転職活動しやすい転職エージェント

求人数が多い転職エージェントは、転職先の選択肢が広がるだけでなく、未経験OKの企業に出会えるチャンスも多くなります。

37歳で転職を検討している方におすすめできる、求人数の多い転職エージェントは以下の2社です。詳細は各リンクからご確認ください。

左右にスライドできます
エージェント名 特徴
リクルートエージェント 2023年330日時点で35万件以上の求人数と
専門コンサルタントの手厚いサポート
doda 大手・優良企業の求人多数
スピーディな転職活動をしたい人向け

30代後半の転職に強い転職エージェント

37歳で転職をする場合、30代の転職に強い転職エージェントを活用することも有効です。30代向けの転職アドバイスや求人紹介を受けられます。ぜひ活用してみましょう。

30代におすすめの転職エージェントは以下の7社です。

左右にスライドできます
エージェント名 特徴
マイナビエージェント 20~30代利用者満足度の高い大手転職エージェント。
type転職エージェント 20代から30代の支持が高い転職エージェント。
年収をアップしたい方にもおすすめ。
doda X ハイクラス向けの非公開求方情報を多数掲載
キャリアのある30代向けの転職エージェント
パソナキャリア キャリアアドバイザーの手厚いサポートに
定評のある転職エージェント。
リクルートダイレクトスカウト 年収800万円以上を目指すハイクラスな30代の人材に
おすすめのエージェント。
【女性の転職】
マイナビエージェント
女性向け求人数トップクラス
女性が活躍できる企業選びをサポート。
type女性の転職エージェント 18年以上の転職サポート実績がある
女性の転職に特化した転職エージェント。

37歳で転職するメリット

転職の難易度や注意点も多く、転職が難しいと悩む方もいるかもしれません。しかし、37歳の転職では次の3つのメリットもあります。

評価される

37歳は経験も豊富です。そのため、今までの経験が転職すると高く評価してもらえることがあります。長年同じ職場で同じ仕事を続けていても、評価につながることは少ないかもしれません。しかし、経験を活かして転職をすることで、キャリアアップにつながります。

自分にあった仕事が見つかる可能性

これまでの経験から、どんな仕事が得意なのか?苦手なことは?など自己分析ができている点も、37歳での転職のメリットです。自身のことを把握できていれば、より自分にあった仕事を見つけられます。また、スキルや経験が豊富な37歳は、選択肢も広がります。柔軟な働き方をしている企業への転職により、プライベートと仕事を両立できる可能性も広がるでしょう。

スキルやキャリアップにつながる

これまでの実績をアピールすことで、役職付きの転職などキャリアアップにつながる可能性も高くなります。同じ会社で時間をかけてキャリアアップするよりも、転職により効率よくキャリアアっプできるケースもあります。

年収アップにつながることもあり、経験を活かせる求人へ積極的に応募することでキャリアアップにつながるでしょう。

37歳で転職に失敗する方の特徴

37歳の転職を成功させるために、37歳で転職に失敗する方の特徴について整理しておきましょう。

転職先に求める条件が高すぎる

転職に失敗しやすい方の特徴の1つ目は「転職先に求める条件が高すぎる方」です。転職理由に「給料が低い」「労働条件が良くなかった」などをあげる方も多いですが、転職先の企業に求める条件が多いほど全てクリアできる求人は少なくなります。

転職先に求める条件が高すぎると、応募可能な求人数が少なくなったり、自分の実力に見合っていない求人に応募してしまったりといったデメリットがあります。

そのため、絶対に重視したい条件を絞ることが大切です。自分に合った求人を見落とさないためにも、転職先に求める条件の妥協点も作っておきましょう。

明確な転職理由やキャリアプランがない

転職に失敗しやすい方の特徴の2つ目は「明確な転職理由やキャリアプランがない方」です。転職理由やキャリアプランがはっきりしていない方は、自分に合った企業や職種を選択することが難しいため、入社後のミスマッチを招く可能性があります。

37歳の転職では将来のキャリアプランを重視されることもあります。管理職やマネジメント職で活躍したいという意欲があるかというポイントも、採用の判断に影響することもあるでしょう。

また転職理由が明確でない場合は早期離職などを懸念されることもあります。企業側からの印象にかかわるため、企業が納得できる転職理由やキャリアプランを用意しておくとよいでしょう。

スキルや実績が不足している

転職に失敗しやすい方の特徴の3つ目は「スキルや実績が不足している方」です。37歳の転職では即戦力となるスキルや実績が求められるため、アピールできるスキルや実績が必要と言えます。

特に営業数字や改善率などの目に見えるデータがあるとアピールしやすく、採用側も実力を判断しやすいためおすすめです。データなどに落とし込むことが難しい方は前職で取得した資格や具体的な取り組みについて説明するとよいでしょう。

家族の理解がない

転職への家族の理解がないと、転職が失敗につながることもあるでしょう。たとえば、転職のために居住地を変える必要があるかもしれません。その場合、学校や引越しの手続きも必要です。そのほかに、年収が一時的に下がる可能性などもあります。転職について説明しておくことで、スムーズに転職活動ができるでしょう。

新しい環境に適応でいない

転職先企業へ入社しても、新しい職場や環境に馴染めずに再度転職してしまうこともあるでしょう。同じ業界や職業でも、企業によってやり方が異なります。前職のやり方に固執しすぎると、職場環境に馴染めずに、転職を後悔してしまうかもしれません。

転職する際は、新しいものや環境を受け入れる覚悟が必要でしょう。

37歳で転職に成功する方の特徴

では、どんな方が転職に成功するのでしょうか?​​ここでは、37歳の転職で成功しやすい方の特徴について整理していきます。

中小企業も視野に入れている

中小企業の求人も積極的に応募している方は、転職が成功しやすいでしょう。大手企業の求人に絞ってしまうと、求人数が少なく、ライバルも多いことが考えられます。その結果、転職先が見つからないこともあるでしょう。

一方、中小企業も視野に入れて転職活動をしている方は、会社の規模に関わらず、自身のスキルや経験を活かせるポジションの求人を見つけやすくなります。結果として、年収アップにもつながることもあるため、中小企業の求人も検討することがおすすめです。

求めている人材を理解している

企業側が求める人材をよく理解している方は、転職が成功しやすいでしょう。求める人材をよく理解できることで、面接時に的確に自身の経験やスキルをアピールできます。面接官が、入社後の活躍をイメージしやすくなり採用につながりやすくなるでしょう。

マネジメント経験がある

37歳では管理職やマネージャー職のポジションで活躍できる人材を求めていることが多くあります。そのためマネジメント経験がある方の採用率が上がる可能性は高いといえます。

マネジメントといっても部下の育成や新人研修を担当したなど、経験の種類は幅広くあります。何かしらマネジメントに携わった経験がある方は、それらを具体的にアピールすることで採用担当の評価につながるかもしれません。

アピールできるスキルや実績がある

転職後にすぐに活用できるスキルや実績は、採用側に評価されやすくなります

未経験職種への転職の場合は、専門的なスキルだけでなく課題解決能力やマネジメントスキルなどの汎用的なスキルも評価の対象です。過去の業務経験からアピールできそうなスキルや実績を洗い出し、採用成功率を高めましょう。

明確なキャリアプランがある

キャリアプランを明確に伝えることで入社後の活躍イメージがわきやすくなり、企業とのミスマッチを防ぎます。

キャリアプランが明確でない場合、偶然選考に通った企業に入社してしまい、入社前のイメージと異なっていたなどの失敗につながります。まだキャリアプランについて考えがまとまっていない方は、一度自身のキャリアについて見直す時間を取ることがおすすめです。

37歳の転職に関するよくある質問【Q&A

以下では37歳で転職を考える方からのよくある質問紹介します。参考にしてください。

37歳で初めての転職は無理?

37歳で初めての転職は十分に可能です。もし現職で、高い実績やスキルがあれば、「ハイクラス転職」で大きく飛躍できるチャンスがあるかもしれません。

また、近年は多くの企業で人材不足が問題化しているため、即戦力となる人材の需要が多い傾向にあります。そこで、転職エージェントを活用して、これまでのキャリアを活かした転職活動をスタートしましょう。

37歳の転職でアピールすべきポイントは?

37歳の転職でアピールすべきポイントは、これまでの経験とキャリア、実績です。もちろん、前職の業界や職種によって、アピールポイントは異なるでしょう。しかし、横断的に使えるスキルや能力があれば、37歳からでも異業種へチャレンジすることも可能です。

そこで転職エージェントを活用して、キャリアアドバイザーと共にご自身のキャリアの棚卸しして、積極的な転職活動を展開してください。

37歳の転職に資格やスキルは必要?

37歳の転職で、保有する資格やスキルを活かすことは、もちろん可能です。しかし、必ずしも資格が必要ということはありません。転職活動においては、これまでの経験やキャリアを活かすことで、より多くのチャンスを掴むことが可能です。

そこで、資格やスキルがないとお考えの方は、一度転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談するのがおすすめです。キャリアアドバイザーは、転職希望者と面談をし、潜在的な能力やスキルを顕在化してくれます。また、その能力やスキルを活かせる最適な転職先を紹介してくれるため、これまで考えたことのない業界や職種へ転職できる可能性もあります。

37歳で大手企業への転職は難しい?

37歳で大手企業へ転職するチャンスは十分あります。なぜなら、これまで培ってきた能力や人脈、経験を活かすことで、ハイクラス転職ができる可能性が高いからです。

ハイクラス転職とは、転職エージェントなどに登録することで、さまざまな企業が管理職や役員クラスの人材をエージェントに紹介してもらったり、スカウト採用したりする方法です。ハイクラス転職は、決して大手企業の役員などからヘッドハンティングする手法ではありません。これまでコツコツと仕事をしてきた方が、大手企業からスカウトされるケースもあるため、ぜひ一度転職エージェントに相談してください。思わぬ企業からスカウトされるかもしれません。

37歳で公務員への転職を目指せる?

37歳で公務員に転職することも不可能ではありません。近年は、公務員採用の手法も多岐にわたり、実力ある方を年齢に関係なく採用する自治体も少なくありません。こまめな地元の自治体のホームページを閲覧することや、公務員採用に強い転職サイトやエージェントの活用が重要です。あなたの得意分野を活かすことで、地元に貢献できるかもしれません。

 

まとめ|37歳の転職を成功させよう

37歳での転職は難しいと考えている方も多いでしょう。

もちろん20代よりも難易度は上がりますが、これまでの知識や経験を活かした転職活動をすれば十分なキャリアアップも目指せます。

ご自身のこれまでの社会人としての経験をしっかり形として伝えられるようにしておき、その内容と求める人物像に一致する会社を優先的に探していきましょう。

また、30代後半でスムーズな転職を目指すのであれば、無料転職サービスの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、キャリアドバイザーと面談し、スキルの棚卸や条件にあった転職先の紹介、履歴書・職務経歴書へのアドバイスや面接対策などを受けられます。その結果、一人で転職活動をするよりも内定がもらえる可能性がぐっと高まります。

なお、転職エージェントはたくさんあり、それぞれで特徴や強みが異なります。37歳以上での転職なら、この記事で紹介した「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」「type転職エージェント」「doda X」の転職サポートがおすすめです。

ぜひ転職エージェントを活用して、37歳の転職を成功させましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。