32歳女性が転職で成功する方法とは?おすすめの仕事や資格も紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

社会に出て10年ほど経った32歳という年齢は、このまま今の仕事を続けていくのか悩む方が珍しくありません。

今まで同じ仕事を続けている方の中には、他の仕事をしてみたいと考える方もいるでしょう。

本記事では32歳女性の転職事情や、転職で成功する方法について解説します。未経験の仕事を検討している場合、おすすめの仕事や資格も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

関連記事:30代転職エージェントおすすめ比較ランキング|女性・未経験・フリーター向けの選び方

目次

32歳女性の転職事情

32歳は30代に突入して間もないですが、転職するには不利な立場なのでしょうか。

ここからは、32歳女性の転職事情を解説します。

32歳で転職は難しい?

32歳の転職は20代と比べると厳しくなりますが、転職に成功している方が多いのも事実です。特にスキルや実績がある方は、20代よりも優位に転職できることもあるでしょう。

とはいえ、30代女性の場合はライフイベントに大きく影響されてしまう年代でもあります。

続いては、独身・既婚者にわけて詳しく解説していきます。

独身の場合

32歳独身女性の場合は、入社後に結婚や出産などのライフイベントが発生することがあります。

そのため、採用担当者からすると「入社してもすぐに辞めるのでは?」と思われてしまう場合もあるでしょう。

しかし、近年では女性が働きやすい環境を整えている企業も多いため、転職先を探すときは女性が働きやすいかどうかを確認することがポイントです。

福利厚生の充実も重要ですが、結婚や出産を経ても職場復帰しやすいところがベストです。

女性が働きやすいかどうかは、以下の項目に該当しているのかチェックしてみましょう。

  • 残業時間はどのくらい必要か
  • リモートワークは可能か
  • 通勤時間はどのくらいか
  • 子育てに理解のある環境か
  • 子育てしながら働いている方の割合
  • 育休・産休の取得実績はあるか

既婚者の場合

女性の働き方に理解のある企業も増加しているため、32歳女性が既婚者だからと転職ができないことはありません。

育児中や出産の予定がある方は、前述したように女性が働きやすい企業を選ぶことがポイントです。仕事と育児の両立ができるように、経験を活かせる仕事や育児中の女性が活躍している企業を選びましょう。

しかし、企業にとって子供がいる女性の採用はリスクが高く厳しいこともあります。ライバルも多いため、採用したいと思わせるスキルや資格をアピールすることが大切です。

また、転職はブランクが長いほど不利になるため、専業主婦歴が長い方の転職は難易度が高くなります。転職を検討している専業主婦の方は、ブランク期間を短くするためにもできるだけ早く転職活動をおこないましょう。

ブランクがあったとしても、看護師や保育士などの国家資格を持っている方は転職や復職に有利です。

関連記事:32歳の転職は厳しい?遅い?異業種・未経験転職を成功させるポイントを解説

32歳女性が転職する理由

ある程度キャリアも積んでいる方が多い32歳ですが、どのような理由で転職を決意するのでしょうか。

ここからは、32歳女性が転職する理由を4つ紹介していきます。

結婚・出産のため

結婚や出産など、ライフイベントを機に転職を決意するのは、32歳女性が転職する理由の特徴といえます。

結婚をすると居住エリアが変わることも多く、通勤に不便なので転職を検討することがあります。また、営業職をしていた方のなかには、出産を機に残業が少なく土日祝日が休みやすい事務職へ転職する方もいます。

結婚相手が夜勤の仕事をしていた場合、生活時間を合わせるために時間の合う仕事へ転職を検討することもあるようです。

関連記事:既婚女性のリアルな転職事情|結婚すると転職は不利になる?

人間関係

人間関係の問題は、どの世代でも抱えている転職理由のひとつです。どうしても受け入れることができない相手が職場にいると、毎日ストレスが溜まってしまうものです。

我慢できないところまでくると、転職を考えてしまうのも無理はありません。嫌がらせをされたり、上司から退職を促されたりして、転職を決意する方もいます。

精神的に追い込まれて病気になる前に、転職を決意するのは賢明な判断といえます。

給料や待遇が不満

給料や待遇に不満がある場合、キャリアアップを目的として転職を決意する方もいます。

30代になっても20代の頃と給料がさほど変わらないのなら、給料や待遇に不満を持ちやすくなります。どれだけ努力をしても給料に反映されない場合、仕事に対してモチベーションが下がることもあるでしょう。

サービス残業が多い職場では、肉体的にも限界を迎えるかもしれません。

他の仕事をしてみたい

これまで転職をすることなく仕事を続けてきた方は、他にやりたい仕事が見つかり転職を検討することもあるでしょう。

32歳は30代を超えて間もないので、今なら間に合うと考えて、未経験や異業種へ転職を決意することも珍しくありません。また、現在の仕事で異動があり、元の職種に戻りたくて転職を決意する方もいます。

今の仕事を続けていて後悔しないかを考えたときに、30代入ってすぐであれば転職を決意しやすいのかもしれません。

32歳女性が転職するメリット

転職を悩んでいる32歳女性の方は、転職するメリットを考えると前向きになれるかもしれません。

32歳女性が転職するメリットを3つ紹介するので、早速チェックしていきましょう。

年収アップが期待できる

32歳女性が転職をすると、年収アップが期待できるメリットがあります。

30代前半は即戦力を期待されているので、高収入が見込める条件のよい求人も豊富です。

これまでの実績やスキルを活かせる転職であれば、年収が上がる可能性はさらに高くなります。転職先の評価によりますが、年収が100万円以上多くなることもあるでしょう。

今の職場で年収アップが見込めないのであれば、転職をしたほうが年収アップの期待ができるのは確かです。

しかし、30代を超えると求人自体が少なくなることもあり、年収が下がってしまうケースもあります。

年収アップを期待して転職を考えているならば、すぐにでも動いた方が確率は高くなるでしょう。

幅広い選択肢のなかから選べる

30代前半は20代と比べるとポテンシャルを重視した採用は見込めませんが、30代後半よりも求人数が多いメリットがあります。

幅広い選択肢のなかから選べるため、自分のやりたい仕事に挑戦することが可能です。一般的にも、20代後半から30代前半は転職適齢期と考えられるため、転職するチャンスは多いにあるでしょう。

しかし、求人数は年齢が上がるとともに減少していくため、32歳の今に転職を決意しなければ、転職活動に時間がかかってしまう恐れがあります。

失敗しても挽回できる

転職するにあたって、以下のような心配ごとを持つ方は少なくありません。

  • 転職先が思っていた業務内容じゃない
  • 転職先の人間関係
  • 転職に失敗した場合の再就職

しっかり自己分析をして転職を決めても、自分が思い描いていた職場と違ったと思う場合があるのは事実です。

とはいっても、32歳は転職市場からすると若手と考えられる年代です。失敗しても挽回できるチャンスがあるのは、メリットといえるでしょう。

転職しなければ失敗するリスクはなくなりますが、転職しない場合でもリスクはあるものです。

32歳はまだまだ可能性が十分に広がっているので、前向きにチャレンジする気持ちが大切です。

32歳女性が転職するデメリット

メリットだけを考えて転職を決意すると、後悔してしまう恐れがあります。転職で失敗しないためには、デメリットについてもしっかり理解しておくことがポイントです。

32歳女性が転職するデメリットを3つ紹介しますので参考にしてください。

実績がないと転職が厳しい可能性がある

32歳はまだ若い人材と考えられていても、20代のように熱意やポテンシャルを重視した採用は難しいです。

10年ほどの社会経験があるからこそ、実績やスキルを持っていない方は戦力外と判断されて転職に難航するでしょう。

未経験や異業種へ転職する場合でも、実績をアピールしなければ転職に苦戦するため、副業やスクールで経験を積むなどして熱意をアピールすることが大切です。

また、転職に成功するためには、採用担当者に実績やスキルを上手にアピールしなければいけません。

実績を作るために努力したり工夫したりした点についても伝えると、採用担当者からの理解を得られやすいので、面接までにしっかりと整理しておきましょう。

関連記事:30代未経験での転職は厳しい?手遅れ?おすすめの業界や転職エージェントを解説

ライバルが多い

転職適齢期の年代は結婚や出産などのライフイベントが控えていることもあり、年収アップを求めて転職する方が多いでしょう。

20代後半~30代前半は最も転職する割合が多いといわれており、32歳で転職すると同世代のライバルが多くなるデメリットがあります。

ライバルが多いほど内定獲得率は低くなるため、同世代のライバルに勝つにはより秀でたアピールポイントがなければ難しいでしょう。

転職先が他の転職者よりも自分を選ぶ理由や、自分を選ぶことで得られるメリットについて、採用担当者にうまく伝えられるようにしっかり考えておく必要があります。

20代と比較すると求人数が少ない

20代と比較すると求人数が少ないのは、32歳女性が転職するデメリットといえます。企業としては、育てやすい若い人材を確保したい・より長く働いて欲しいといった考えから、20代の若い人材を積極的に採用します。

また、30代の求人は即戦力を期待しているため、役職や管理職を求める傾向があり必然的に求人数が少なくなるのです。求人数が少ないと自分が希望している職種に応募できない可能性もあり、内定獲得率も低くなります。

また、条件がよい企業には応募が多くなるため、激しい競争率になることも。

少ない求人のなかでも、自分の希望にマッチしている企業を選ぶことがカギとなります。

32歳女性が転職で成功する方法

ここからは、32歳女性が転職で成功する方法を4つ紹介していきます。

転職を決意したけど何から始めればいいかわからないという方は、以下を参考にして実践してみてください。

転職したい理由を明確にする

転職したい理由が漠然としていたり、転職自体を目的にしていたりする場合は、転職先がなかなか決まらない恐れがあります。

なぜなら、転職までがゴールになっていて、転職後の自分をイメージできないからです。

また、転職したい理由が明確でない場合、採用担当者に熱意が伝わりづらくなります。目的がなく転職をしていると「すぐに辞めるのでは」と捉えられかねないので注意が必要です。

転職で成功するためには、なぜ転職がしたいのか、転職したことで自分はどうなりたいのかを明確にしておきましょう。

現職を続けながら転職活動をおこなう

32歳で転職に成功するには、現職を続けながら転職活動をおこなうことがポイントです。転職を決意して退職をしても、すぐに内定をもらえるとは限りません。

転職先が決まらない間は収入がなくなるため、気持ちが焦り、転職先に妥協してしまう恐れがあります。また、転職活動が長引くと共に、無職期間が長くなり、企業からの評価が下がってしまうことも。

経済面・精神面に余裕があると、転職先を選ぶときも冷静な判断ができるでしょう。

自己分析を徹底的におこなう

32歳の転職では即戦力が求められるため、スキルや実績が注目されます。面接でアピールするためにも、転職先に必要なスキルや実績を整理しておきましょう。スキルや実績を整理するときに必要なのが自己分析です。

自己分析をすることで、以下のメリットを得られます。

  • 面接対策ができる
  • 自己PRに強くなる
  • 転職の判断が簡単になる
  • 転職先選びがスムーズになる

自己分析をすると自分について客観視ができるため、どのような強みがあるのかを理解できます。

また、スキルや実績を得るまでの経緯もわかるため、面接での自己PRに役立ちます。自己分析によって自分がどうなりたいのかが判断できると、転職先選びに迷いがなくなるでしょう。

関連記事:転職したいけどスキルがない30代は手遅れ?未経験におすすめな仕事も解説

転職エージェントを利用する

転職で成功したい方は、転職エージェントを利用してみましょう。

転職エージェントは無料で以下のサポートを受けることができます。

  • キャリア相談
  • 求人の紹介
  • 履歴書・職務経歴書指導
  • 面接指導
  • 面接日日程調査
  • 条件などの交渉の仲介
  • 退職サポート
  • 入社後のフォロー

転職エージェントは費用をかけずに手厚いサポートが受けられるため、特に転職初心者の方は利用をおすすめします。

転職エージェントに登録するなら、1社だけでなく3~4社ほど登録しておくと、自分に合う転職先がさらに見つかりやすくなります。

関連記事:女性向け転職エージェントおすすめ比較ランキング|20代前半後半・30代・40代別に評判・口コミを解説

32歳女性におすすめの仕事や資格

32歳で未経験や異業種へ転職する場合、おすすめの仕事や資格が気になる方も多いのではないでしょうか。

おすすめの仕事や資格を3つずつ紹介するので、転職先や資格を取得する際の参考にしてください。

おすすめの仕事

まずは、32歳女性におすすめの仕事を3つ紹介します。

営業

営業の仕事は、年収アップをめざしている方におすすめの仕事です。数字で正当な評価が得られるので、努力次第で収入アップが見込めます。

営業は外回りのイメージが強く、体力勝負だと考える方もいるかもしれません。しかし、近年では営業の方法も変化しており、オンラインで商談することもあります。

また、自分で業務スケジュールを管理できるため、ライフイベントによる影響を受けても続けやすいです。

事務職

事務職は未経験者を歓迎する求人が多いため、特別なスキルがなくても挑戦しやすい仕事です。仕事の融通が利きやすく、残業がほとんどないため、育児中の方でも働きやすい仕事といえます。

しかし、事務といっても仕事内容はさまざまなので、転職先を入念にリサーチして、自分に合っているのか見極めることが大切です。

競争倍率が高いリスクがあるため、応募するならライバルに負けないアピールポイントを準備しておきましょう。

コールセンター

未経験の方でも研修制度がしっかりしているところで働きたい方は、コールセンターでの仕事をおすすめします。

コールセンターは未経験でも働きやすい環境が整えられており、求人数が豊富なところが魅力です。企業によっては24時間運営しているところもあり、時間やシフトを選ぶことができます

服装や髪型の規則も厳しくないため、おしゃれを楽しみたい方にとっては嬉しいメリットといえます。

おすすめの資格

続いては、32歳女性が転職をするのにおすすめの資格を3つご紹介します。

宅地建物取引士

宅地建物取引士とは、不動産売買や賃貸の仲介に必要な国家資格のことです。

資格を持っていると不動産業界・金融業界・建設業界などへの転職に優位です。宅地建物取引士には独占業務があり、宅建業者には従業員5名のうち1名以上が宅地建物取引士でなければいけないと義務付けられています。

合格率は約15~17%と簡単な試験ではありませんが、需要が高いため人気が高い資格です。

日商簿記検定2級以上

日商簿記検定は日本商工会議所が実施している検定であり、民間資格になります。

企業の経理事務に優位な資格のイメージが強いですが、ほかにも税理士事務所や会計事務所、営業職でも重宝される資格です。

簿記の資格は日商以外に全商、全経がありますが、1番難易度が高い検定が日商になります。そのため、日商簿記の2級以上を取得していると、数字に強いと評価されるため内定獲得率がアップします。

FP(ファイナンシャルプランナー)

FP(ファイナンシャルプランナー)はお金に関するプロフェッショナルであり、相談者の夢や目標を幅広い知識でサポートする仕事です。

国家資格ですがそこまで難易度は高くなく、保険・不動産・証券業界などの転職先に優位な資格です。フリーランスとしても活躍できるため、独立を考えている方にもおすすめです。

関連記事:30代転職におすすめの資格14選!有利になる資格の選び方を紹介

32歳の女性が転職を考えたときに相談したいエージェント

最後に、転職を考えたときに相談したいエージェントを3つご紹介します。

転職には転職エージェント選びも大切なので、ぜひチェックしてみてください。

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、25年以上の運営実績があり、女性転職へのノウハウが豊富なところが魅力です。

女性目線に合わせた求人が多く、育児と両立したい・未経験OKなどのさまざまな条件に合わせて転職先を探すことができます。

また、育休・産休の取りやすさや残業の多さなど、女性が仕事していくうえで気になるポイントがあらかじめ求人票に記載されているので、32歳女性が転職をするのにぴったりのエージェントです。

リクルートエージェント

豊富な求人数のなかから選びたい方は、国内最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントがおすすめです。

競争率が激しい事務職を希望しているなら、多くの企業に応募することで転職できる確率が上がります。

リクルートエージェントは圧倒的な求人数の多さなので、希望通りの転職先が見つかりやすいでしょう。平日夜や土日でも担当者と相談でき、時間の融通が利くところも魅力のひとつです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントに在籍しているキャリアアドバイザーの中には、女性の転職市場に精通している方も多くいて、女性のキャリアアップを支援してくれます。

未経験者に対して丁寧なサポートがあるため、未経験や異業種への転職を検討している方にもおすすめです。

大手や中小企業の独占求人が多く、幅広い選択肢のなかから自分に合った転職先を見つけることができます。

最後に|32歳女性なら未経験の仕事も可能

32歳女性で転職を悩んでいる方は、すぐにでも動いた方が優位に転職できることを覚えておきましょう。まだ若い人材だと考えられているので未経験や異業種への転職も可能ですが、遅くなるほど求人数が減っていきます。

転職に成功するには自己分析をしっかりと行い、後悔しない転職先を選ぶことが大切です。

自分ひとりの力で転職活動をすることが不安なのであれば、ぜひ転職エージェントを活用してキャリアアドバイザーに相談をすることをおすすめします。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。