地方に強いおすすめの転職エージェントを47都道府県別に徹底解説

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

「地方でおすすめの転職エージェントは?」

「転職エージェントの選び方がわからない」

といった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、地方で転職エージェントを利用する場合は「地方特化型エージェント」と「大手エージェント」の併用がおすすめです。

地方に転職をするときに、転職エージェントの選び方や使い方、活用するポイントなどを理解していると成功できる可能性が高まります。

これから地方転職でエージェントの利用を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

また、以下の記事では職業・条件別にそれぞれおすすめの転職エージェントを詳しくまとめているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。
転職エージェントおすすめ比較ランキング!人気大手17社の選び方や特徴を一覧で解説【2024年3月】

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
目次

地方に強い大手の総合転職エージェント4選

それでは、まず地方で転職したい方におすすめの総合方転職エージェントを4社紹介します。

総合型転職エージェントは履歴書や職務経歴書の添削など、あなたの転職活動をサポートしてくれます。

まだ転職エージェントを利用したことがない方は、これから紹介するエージェントを複数登録しておくことをおすすめします。

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 117,375件
非公開求人数 非公開
対応地域
全国、海外
公式サイト
2024年5月15日時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年5月15日時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 58,835件(※1)
非公開求人数 14,190件(※1)
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 395,821件
非公開求人数 347,727件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年5月15日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2024年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 240,663件
非公開求人数 42,210件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

type転職エージェント

type転職エージェント
type転職エージェントの特徴
  • 首都圏を中心に展開
  • 「納得感のある転職」の実現にこだわり
  • ITエンジニアや企画職・営業職に強み

 

type転職エージェントは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に転職サービスを提供しているエージェントです。

 

「納得感のある転職」のサポートにこだわりがあり、キャリアの相談や希望条件に合った求人の紹介、応募書類の添削、面接対策など、転職完了まで手厚くサポートを受けられます。

 

企業の採用担当者からのヒアリングにも力を入れており、求める人物像や経験を把握したうえで求人を紹介してもらえるため、マッチング精度の高い転職の実現に期待できます。

 

特にITエンジニアや企画職、営業職の転職に強みがあり、25年以上の歴史(※1)と34万人以上の転職支援実績(※1)をもとに、転職を成功に導いてくれるでしょう。

 

(※1)type転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 10,004件
非公開求人数 17,637件
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
2024年5月15日時点

 

【type転職エージェントの口コミ・評判】

年収UP交渉もスムーズに進めていただき、大満足です!

(前略)

キャリアアドバイザーの方に相談すると、プログラミングの経験のほかにWEBサイトの開発経験があることは今後の転職にプラスになるという高い評価をいただき、どちらの経験も活かし、システムの企画にも携われるEコマースのシステムエンジニアで内定をいただきました。キャリアアドバイザーの方にスキルを正しく評価していただき、自信を持って転職活動に臨めたことが成功につながったと思います。年収交渉もスムーズで、企業からスキルを評価されているのだと思うとさらにやる気が出ますね!

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

新たなキャリアの提案で年収大幅UP!

これまで社内SEとしてキャリアを積んできましたが、年収UPを目的に転職活動を始めました。社内SEとはいえ、携わったシステムは全てスクラッチで開発し、開発の全行程から保守・運用まで経験してきたことを伝えると、開発の全工程の経験がある点を高く評価してくださり、キャリアアドバイザーの方からITコンサルタントとして新しいキャリアを築いてみてはどうだろうかとアドバイスをいただきました。書類作成や面接対策をしていただき、万全の状態で望んだ結果、希望する企業から内定をいただくことができました。年収も自分が予想していたよりも大幅にアップし、人材紹介サービスを利用して本当によかったと思っています。

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

 

【地域別】おすすめの地方特化型転職エージェント

続いて、地域に特化した転職エージェントを紹介します。

地方特化型の転職エージェントは、総合型の転職エージェントにはない、地域ならではの求人や企業とのコネクションをもっています

先ほど紹介した総合型の転職エージェントと併用することで、効率よく転職活動を進めることができます。

それでは以下の6つのエリアに分けて、おすすめの地方特化型の転職エージェントを紹介します。

  • 北海道・東北エリア
  • 関東エリア
  • 中部エリア
  • 関西エリア
  • 中国・四国エリア
  • 九州・沖縄エリア

北海道・東北エリア

関東エリア

中部エリア

関西エリア

中国・四国エリア

九州・沖縄エリア

地方で転職する場合、転職エージェントは使えないのか

結論、地方でも対応している転職エージェントはあります。

ただし、地方への転職でエージェントを活用する場合は、信頼できるキャリアアドバイザーを選ぶことが重要です。

地方への転職は、都心と比べて求人数が少ないので、難易度は高くなります。

そのため、地方転職の成功実績があり、安心して利用できる転職エージェントを選ぶ必要があります。

本記事では、地方への転職でエージェントを利用すべき理由だけでなく、効果的な活用方法も詳しく解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

地方での転職で場合転職エージェントを利用すべき3つの理由

地方での転職でエージェントを利用すべき理由は以下のとおりです。

  • プロからのアドバイスを受けられる
  • 企業選びの選択肢を増やせる
  • 企業選びに失敗する可能性を減らせる

効果的に転職エージェントを活用するためにも、ぜひ参考にしてください。

プロからのアドバイスを受けられる

プロからのアドバイスを受けられるのは、地方への転職でエージェントを利用すべき理由のひとつです。

地方への転職では、地域特有の情報や市場動向に関する知識が必要です。

そのため、地方の求人情報を的確に把握し、適切なアドバイスを受けるためには、転職エージェントの利用が重要です。

転職エージェントを利用する場合は「大手転職エージェント」と「地方特化型エージェント」を併用すると、効率的かつ有効的に活用できます。

地方特化型の転職エージェントは、地方での転職に関するさまざまな側面を考慮して、個別のアドバイスを提供してくれます。

地方の求人市場の特徴や需要のある職種、転職の際に求められるスキル、経験などについて教えてくれるため、転職戦略を立てる貴重な情報源となるでしょう。

大手転職エージェントは、いままでの実績や経験をもとに、最適な転職方法をアドバイスしてくれます。

また、転職エージェントを利用すると下記のようなサポートを無料で受けられます。

  • 選考対策
  • 推薦状の提出
  • 面接日程の調整
  • 求人紹介

大手転職エージェントと地方特化型エージェントを併用することで、それぞれの良いところを活用できます。

地方の転職に不安を感じる方は、転職エージェントを積極的に利用しましょう。

企業選びの選択肢を増やせる

地方への転職をする際「希望する企業が見つかるのか」不安な方も少なくありません。

転職エージェントは、地方の求人情報を持っているケースがほとんどです。

そのため、地方への転職で企業選びの選択肢を増やすためには、転職エージェントを利用すべきだと言えます。

地方の求人情報は、求人サイトやWebサイトだけでは情報が限られており入手が困難です。

転職エージェントは、転職活動のサポートだけでなく、地方企業とのネットワークを持っているため、多くの求人情報を得られます。

サービス名公開求人数非公開求人数

リクルートエージェント
447,547件 327,719件
doda
doda
215,878件 35,136件
マイナビエージェント女性の転職
マイナビエージェント
66,242件 18,302件
type転職エージェント
type転職エージェント
10,933件 18,699件
2023年10月時点

上記のように、転職エージェントを利用すれば、公開求人だけでなく非公開求人にも応募可能です。

さらに、地方の特徴や魅力・住宅事情・教育環境・交通アクセスなど、転職先の地域情報を詳しく教えてくれます。

転職後のミスマッチを避けるためにも、多くの求人数や情報を網羅している転職エージェントを利用すべきだと言えるでしょう。

企業選びに失敗する可能性を減らせる

地方への転職で転職エージェントを利用すべき理由として、企業選びに失敗する可能性を減らせることもあげられます。

転職エージェントは、求職者の希望や要件に沿って、地方に特化した求人情報を提供してくれます。求職者の転職活動をトータルしてサポートするので、悩みを解消しつつ進められます。

さらに、転職分の市場価値を把握するエージェントは地方の企業情報に詳しく、地域のニーズやトレンドを把握しているため、求職者のスキルや経験にマッチした会社を見つけられます。

また、転職エージェントは豊富な業界のネットワークを持っているため、自分だけでは得られない内部情報も提供してくれるでしょう。

転職エージェントを選ぶときは、志望する業界や職種への支援実績がある企業がおすすめです。

地方への転職では、その地域に関する情報を持っているエージェントの方が信頼できるでしょう。

地方に特化した転職エージェント3つの選び方

結論からお伝えすると、地方に特化した転職エージェントを選ぶときは「大手転職エージェント」と「地方特化型エージェント」を併用しましょう。

また、各転職エージェントを選ぶときは、口コミやWebサイトの評価を見るのをおすすめします。

大手転職エージェントと地方特化型エージェントの選び方について深掘りしていくので、ぜひ参考にしてください。

大手転職エージェントから選ぶ

これから転職活動を始める方は、まずはサポートが充実している大手転職エージェントから選びましょう。

大手の転職エージェントは以下のようなサポートをしてくれます。

  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 求人紹介
  • 面接対策

どのように転職活動を進めていけばいいのか分からない方ほど、まずは大手の転職エージェントに登録しておきましょう。転職エージェントに登録すること自体にお金はかかりません。

もし利用していく中で、自分の希望を無視した求人紹介をする悪質なキャリアアドバイザーが担当になった場合は、変更の依頼、もしくは別の転職エージェントを利用するようにしましょう。

地方特化型の転職エージェントから選ぶ

地方特化型の転職エージェントを選ぶときは、下記のポイントが重要です。

  • 地域の情報を網羅しているか
  • 地域ネットワークとの関係性が良好か
  • 専門性と地方特化のサービスがあるか

地方特化型の転職エージェントを選ぶときは、志望する地域の情報を網羅しているかも重要なポイントです。

地域特化型の転職エージェントは、大手にはない情報を持っている可能性があります。そのため、地方での転職を成功させるには、志望している地域の情報があるか否かが大切です。

しかし、地方特化型エージェントは、サポート内容が充実していないケースもあります。

サポート体制が整っていないと感じた場合は、大手エージェントを利用して進めるのがおすすめです。地方転職をする場合は、大手と地方特化型で役割を分けると、効果的な利用ができます。

地方特化型エージェントを選ぶときは、志望地域の情報を網羅しているか優先に決めるのがいいでしょう。

口コミ・評判が高い転職エージェントから選ぶ

大手転職エージェントと特化型エージェントを選ぶときは、口コミや評判が高い方を選択すると、地方転職の成功率が上げられます。

そこで、以下の方法で転職エージェントの口コミや評判を調査するのがおすすめです。

  • 口コミサイト
  • 転職エージェント
  • 利用経験がある友人
  • SNS(TwitterInstagram
  • アプリ(MatcherOBトーク

どれか1つに絞ってしまうと、情報に偏りがでるので、活用できるサービスを全体的に利用すると正しい情報が得られます。

大手転職エージェントと地方特化型エージェントを利用する前は、口コミや評判を確認してから利用するようにしましょう。

地方への転職で転職エージェントを効果的に活用する9つのポイント

大手転職エージェントと地方特化型エージェントの選択について理解した上で、エージェントを最大限に活用するための戦略を把握することで、さらに成功への可能性を高めることができます。

地方への転職でエージェントを効果的に活用するポイントは下記のとおりです。

  • 希望条件を事前に整理する
  • 相性が悪い担当者は変更をお願いする
  • 推薦文を確認する
  • スキル・経験・経歴は正確に伝える
  • スケジュール確認に漏れがないようにする
  • 不明点や不安があればすぐに相談する
  • 紹介企業の情報はすべて確認する
  • 大手・地方特化型・転職サイトを併用する
  • 進展がなくても2週間に1度は連絡する

地方で転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

希望条件を事前に整理する

地方への転職で転職エージェントを最大限活用するには、まず希望条件を整理する必要があります。

希望条件が明確であればあるほど、キャリアアドバイザーは適切な求人を紹介することができます。また、希望条件が定まっていることは、企業選びのミスマッチを防ぐことにもつながります。

希望条件を整理するときは、下記の情報を明確にしましょう。

整理しておく希望条件の例
  • 転職の目的と動機
  • 希望する業界や職種
  • 志望先の地域の設定
  • 転職条件や待遇の要件

企業とのミスマッチを避けるには、上記の希望条件に優先順位を設けるのがおすすめです。

転職後のミスマッチを避けるためにも、希望条件を事前に整理するようにしましょう。

相性が悪い担当者は変更をお願いする

地方への転職で転職エージェントを効果的に活用するには、担当者との相性も大切です。

相性が合わない場合、転職活動がスムーズに進まない可能性があるため、遠慮せずに担当者の変更をお願いしましょう。

相性が悪い転職エージェントを変更するときのポイントは下記のとおりです。

  • 遠慮せずに要望を伝える
  • 合わなかった理由を具体的に伝える
  • コミュニケーションの重要性を理解する

地方での転職は都心での転職よりも難易度が高くなるため、相性の良さで成功率が変わる可能性もあります。

転職エージェントを効果的に利用するためには、相性が悪いと思ったら勇気を持って変更申請しましょう。

推薦文を確認する

推薦文を確認するのも、地方への転職で転職エージェントを効果的に活用するためのポイントです。

推薦文は、エージェントがあなたのスキルや経験に基づいて作成し、企業に提出する書類です。推薦文は企業があなたを次の選考段階へ進めるか判断材料の1つです。

担当のキャリアアドバイザーが推薦文を作り終えたら、一度確認させてもらいましょう。

推薦文を見るときは、自分だったら採用したいと思う紹介文になっているか確認すると判断しやすくなります。

もし、推薦文の内容で好印象では無いと感じた場合は、どの部分を修正してほしいのか明確に伝えるようにしましょう。

希望する企業から内定を獲得するためにも、質の高い推薦文の作成をしてもらいましょう。

スキル・経験・経歴は正確に伝える

地方への転職で転職エージェントを効果的に利用するには、スキルや経験、経歴を正確に伝える必要があります。

誤った情報を伝えてしまうと、希望条件とは違う求人を紹介される可能性があるからです。

良い企業に転職をしたいからといって、見栄を張った情報を伝えてしまうと、かえって逆効果です。

転職エージェントや企業の人事は、嘘をついているか簡単に見破れます。

そのため、地方への転職で自分に合った企業を見つけるには、転職エージェントに正確な情報を提供しなくてはいけません。

後悔する決断をしないためにも、スキルや経験、経歴は正しく伝えましょう。

スケジュール確認に漏れがないようにする

地方への転職において、転職エージェントを効果的に利用するポイントの一つは、スケジュール管理を万全にすることです。

地方への転職は、物理的な距離や地域の特性など、他の転職とは異なる要素が関わってきます。

地方転職を成功させるには、キャリアアドバイザーとこまめにコミュニケーションを取り、スケジュールに漏れがないようにすることが大切です。

スケジュール管理を万全にするために、以下のポイントに気をつけましょう。

  • 定期的に連絡を取る
  • 地方の特性を理解する
  • 重要な日程を事前に共有する
  • オンラインでの面接や選考を活用する

不明点や不安があればすぐに相談する

不明点や不安があったときに相談するのも、地方への転職で転職エージェントを効果的に利用するポイントです。

初めて地方転職をする方の中には「転職活動がうまく進められるか不安」と考える方は少なくありません。

転職エージェントは、近年の転職市場の動向から内定を獲得しやすい方法を網羅しているだけでなく、転職活動に関するノウハウもあるので、求職者が抱える悩みや不安を解決できます

面談時にヒアリングした内容から、あなたに合った転職方法や求人を紹介するので、ミスマッチを防いだ転職活動が行えます。

転職エージェントを選ぶときは、自分が志望する業界や職種への支援実績があり、信頼できるキャリアアドバイザーを選択するようにしましょう。

地方転職は都内よりも難易度が高くなるので、経験が少ないより高い転職エージェントの方が、安心して活動できます。

紹介企業の情報はすべて確認する

地方への転職で転職エージェントを最大限に利用するために、紹介企業の情報をすべて確認しましょう。

転職エージェントは、求人の情報を理解したうえで紹介しているので、自分にどんな部分が合うのか聞くことで、ミスマッチを防げるからです。

転職エージェントから提供された求人案件には、基本的な情報が含まれているので、企業名や勤務地・職種・給与などは確認しておくべきです。他にも、企業の特徴や事業内容・規模・業績なども確認しましょう。

また、自ら紹介企業のWebサイトやSNSで情報収集を行うのも重要です。Webサイトでは、企業のビジョンやミッション、社風、採用情報などが公開されています。SNSでは、社員の声や取り組み、イベント情報などが確認できます。

もし企業の情報を聞いて、専門性に欠けていたり、自分に合う部分が答えらなかったりした場合は、信頼性が無いので担当者の変更をするようにしましょう。

大手・地方特化型・転職サイトを併用する

地方への転職でエージェントを効果的に利用するには、大手・地方特化型・転職サイトを併用するのもポイントです。

大手転職エージェントは、幅広い求人情報を持っているだけでなく、豊富な知識や経験、ネットワークを活かしてさまざまな求人の提供が可能です。

地方への転職では、大手エージェントがカバーする範囲が広く、求人数も豊富であるため、多くの選択肢が得られます。大手転職エージェントは、地方にも強い提携先を持っているケースが多く、地方の特色やニーズに合った求人情報も提供してくれます。

地方特化型の転職エージェントは、志望する地域の求人情報に特化しており、地元の企業との繋がりや地域の雇用状況に詳しいのが特徴です。また、地域の特性や文化に精通しているので、生活環境や働き方に合わせた求人案件の提供ができます。地方特化型の転職エージェントは、その地域のネットワークや情報にアクセスできるため、地方転職において重要な情報源になるでしょう。

転職エージェントだけでなく、転職サイトも有効なツールです。転職サイトには、多くの企業が掲載しているため、地方の求人数も豊富です。

転職サイトは、自分で検索や絞り込みができるため、希望条件に適した求人を見つけられます。

転職サイトでは、企業の詳細や口コミ、給与水準なども閲覧できるので、一般的な情報収集ができます

さらに、転職サイトには求人応募機能やスカウト機能が備わっているので、プロフィール登録しておくと、企業からのアプローチやスカウトを受けることも可能です。

進展がなくても2週間に1度は連絡する

地方への転職で転職エージェントを効果的に利用するには、進展がなくても2週間に1度は連絡するのもポイントです。

転職エージェントは、求職者の情報をデータベース上で管理しています。求職者との連絡が途絶え更新が無いと、データベース上では下位に表示されます。転職エージェントは、上位表示されている求職者に優先して求人を紹介するので、進展がなくても2週間に1度は連絡を取る必要があるでしょう。

転職エージェントに自分の状況報告や相談をすれば、そのときに最適な選択肢を示してくれます。とくに、情報を更新すると、優良企業の紹介を受けられる可能性が高いのが大きなメリットです。

転職エージェントとしても、積極的に活動している求職者に良い求人を紹介したいので、こまめに連絡を取りアピールする必要があります。

転職エージェントを効果的に活用して、地方への転職を成功させるためにも、2週間に1度は連絡を取るようにしましょう。

関連記事:転職エージェントの賢い使い方|利用の流れや使い倒すコツを徹底解説

地方転職を成功させる3つのコツ

地方転職を成功させるには、ただ転職活動を進めればいいとは限りません。地方転職は都内と比べて難易度が高くなるため、コツを知っているか否かで結果が変わるでしょう。

地方転職を目指す方が、志望する企業への転職を成功させるために、下記3つのコツを解説します。

  • 自分の市場価値を把握する
  • 企業が求める人物像を把握する
  • 採用するメリットを与える

転職エージェントに頼るだけでなく、自ら行動して、地方での転職を成功させましょう

自分の市場価値を把握する

キャリアビジョンを達成するためには、自分の市場価値を把握する必要があります。

地方転職で失敗する人は、自分の市場価値を把握できておらず、実力以上の企業しかエントリーしていない可能性があります。

自分の市場価値が分からない方は、自分が行きたい企業ではなく、一度求められているスキルや経験を満たしているかどうかの観点から、求人を探してみてください。

企業側としても、転職後のミスマッチを避けたいので、自社が求める市場価値を持っている求職者を採用する傾向があります。そのため、地方転職を成功させるには、自己分析で市場価値を分析する必要があると言えるでしょう。

企業が求める人物像を把握する

地方での転職を成功させるには、企業が求める人物像を把握するのも大切です。企業が求める人物像は、すぐにでも採用したい人です。そのため、企業が求める人物像を把握するのは、成功させるために必要な情報です。

企業が求める人物像を把握するときは、下記の方法で調査します。

  • 転職エージェント
  • 掲載中の求人情報
  • 企業のホームページ
  • SNS(TwitterFacebook
  • アプリ(OBトーク、Matcher
  • 従業員の口コミや評判があるWebサイト

転職エージェントは、独自のネットワークに加えて、企業との繋がりが深い可能性があります。そのため、企業が求める人物像を把握しているだけでなく、成功するための方法を知っている場合もあるでしょう。

ただし、転職エージェントの情報がすべて正しいとは限らないので、自分で調べることも重要です。転職エージェントと自分で調査した情報を照らし合わせれば、正しい答えになります。

また、企業の面接で直接聞くのも手段のひとつです。企業側としてもミスマッチを防ぎたいため、求める人物像について聞けば回答してくれます。

地方転職を成功させるためには、企業が求める人物を把握するようにしましょう。

採用するメリットを与える

地方転職を成功させるには、採用するメリットを与えるのも重要です。企業側としては、自社に利益をもたらす人材を採用したいと考えているので、メリットを与えられる求職者を採用する傾向があります。

求職者の年代によっては、ポテンシャル採用や経験採用もありますが、地方転職を成功させるにはメリットを与えることが大切です。

地方での転職で企業に採用のメリットを与えるためには、以下の方法が効果的です。

  • 明確なキャリアビジョン
  • 地域の課題やビジネスニーズに対する理解
  • 地方の特性を活かしたスキル・経験のアピール

企業側としては、自社の成長を手伝ってくれる求職者であれば、積極的に採用したいと考えています。地方転職を成功させるには、採用するメリットを与える必要があると言えるでしょう。

地方転職で気を付けるべき3つの注意点

地方での転職は、都心での転職とは異なり、気を付けなくてはいけない点があります。地方転職の注意点を理解していないと、活動中または活動後に後悔する可能性があるでしょう。

地方転職で後悔しないためにも、下記の注意点を把握しておきましょう。

  • 求人数が少ない
  • 希望条件が叶うとは限らない
  • 同じ企業に複数の転職エージェントから応募しない

これから地方転職をする方は、ぜひ参考にしてください。

求人数が少ない

地方転職をする場合、求人数が少ないことに注意しなくてはいけません。都市部と比べて地方の求人数は限られているケースが多く、特定の業界や職種においての求人数が少ない場合もあります。

そのため、地方転職を成功させるためには、求人情報を調べる手段や方法を工夫する必要があります。

地方の求人情報を探すには、地域の求人サイトや自治体のWebサイト、地域の雇用支援機関などで探すのも手段のひとつです。

また、地方転職では求人数が少ないため、転職の条件を絞りすぎると、志望する企業を見つけられない可能性もあるでしょう。そのため、地方転職の求人を探すときは、優先順位の幅を広くするなど、妥協点を作ることもポイントです。

ただし、自分だけの力では情報収集に限界があるので、転職エージェントの活用が大切です。

地方転職を成功させるには、求人数が少ないことに注意しつつ、転職エージェントを活用することが重要になるでしょう。

希望条件が叶うとは限らない

地方転職をする場合、希望条件が叶うとは限らないことも注意しなくてはいけません。

都市部と比べて地方の求人が少なく、希望する条件や待遇に限りがあるケースも多くなります。とくに特定の専門職種や業界、高待遇などを求める場合は、求人数自体が少なかったり条件が厳しかったりします。

そのため、地方転職を考える方は、希望条件を柔軟に考える必要があり、優先順位を決めるのがおすすめです。

たとえば、いままでの優先順位が「給与」「ワークライフバランス」「事業内容」だった場合、他の内容を加えないと、志望する企業が見つからない可能性があります。

優先順位が明確に決まらない場合は、自分のスキルや経験を活かせる条件から考えると、選択肢の幅が広くなります。

地方転職を成功させるには、優先順位を決めて活動を行いつつ、総合的に判断するのがポイントになるでしょう。

同じ企業に複数の転職エージェントから応募しない

地方転職をする場合、大手転職エージェントと地方特化型エージェントを併用する方が多くなります。転職エージェントを併用して求人に応募するときは、同じ企業に複数申し込みしないように注意が必要です。

転職エージェントは求人情報を提供し、応募の手続きや面接の調整などのサポートをしますが、同じ企業に対して複数のエージェントから応募すると、採用企業側の混乱やトラブルの原因に繋がります。

最悪の場合、重複エントリーによって不採用になってしまうケースもあるでしょう。

応募する企業は自分で管理をして、その企業に対しては1つのエージェントに任せることで重複を防げます。また、転職エージェントとの契約や取り扱いのルールを確認し、複数利用している状況も伝えるのも大切です。

地方転職を成功させるには、同じ企業に複数の転職エージェントから応募しないように注意しましょう。

地方転職エージェントでよくある質問

最後に地方で転職する際によくある質問にお答えします。

大手転職エージェントと地方特化型エージェントはどちらが良い?

どちらにも良さがあるので、地方転職では併用するのをおすすめします。

大手転職エージェントのサポート実績と、地方特化型の専門性を活用して、志望する企業への転職を成功させましょう。

転職エージェントを複数利用する場合は何社が良い?

2~3社がおすすめです。

転職エージェントを利用し始めは、35社程度で幅広く活用し、徐々に信頼できるエージェントに絞るとスムーズな活動ができます。

関連記事:複数の転職エージェントを使うのってあり?上手に掛け持ちや併用する方法を解説

地方への転職は年収が下がる?

ほとんどの場合で下がります。

ただし、転職先での役職に応じては上がるケースもあります。

まとめ|地方で転職するために転職エージェントの力を借りよう!

地方転職を成功させるには、活動を幅広くサポートしてくれるエージェントが必要です。

転職エージェントは、いままでの経験から、地方転職を成功させるための計画を考えてくれます。

また、転職エージェント利用でしか得られない情報や非公開求人もあります。

なので、地方への転職を考えている人は、転職エージェント利用して活動を進めた方が、成功できる可能性も高まると言えるでしょう。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。