30代で次の仕事が決まっていないけど辞めるのはOK?退職後に後悔しないためのコツ

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

30代で次の仕事決まっていないけど辞めるのはあり?」
30代で転職失敗したら人生終了?」

このように心配している30代の転職希望者は多いのではないでしょうか。

20代の転職と30代の転職では、求められる内容が変化します。経験が少ない20代であればポテンシャルが重視されますが、30代となると一定以上の経験やスキルを求められることが一般的です。

そのため30代の転職は20代に比べると、人によっては難易度が上がると予測されます。

そこで本記事では、30代で転職失敗する人の特徴や気をつける点について解説します。そのうえで30代でも転職を成功させる8つのコツについて紹介します。

転職先が決まっていないけど転職を検討している30代の方は、ぜひ参考にしてください。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年4月1日時点

関連記事:30代転職エージェントおすすめ比較ランキング|女性・未経験・フリーター向けの選び方

目次

30代で次の仕事が決まっていないけど辞めると失敗する理由

30代で次の仕事決まっていないけど辞める人がなぜ転職に失敗するのか理由を知っておけば、リスクを大きく減らせます。

下記5つの特徴に当てはまらないかチェックしてみましょう。

即戦力となるスキルが足りない

30代には「即戦力かどうか」が求められます。そのため年齢相応の経験やスキルが足りないと判断されてしまうと、内定を掴むのは難しいでしょう。

また、30代は組織やチームをまとめるリーダー的な立ち回りや管理職としての能力を期待されています。前職で後輩を育成した経験やプロジェクトをリードした経験などがあれば積極的にアピールしましょう。

30代は早期に業績に貢献することが求められることが多いため、スキルが身に付いていないと退職後に転職先が見つからない可能性があります。

関連記事:転職したいけどスキルがない30代は手遅れ?未経験におすすめな仕事も解説

転職の動機が定まっていない

面接では志望動機や転職の理由を必ず確認されます。転職理由が「今の会社や業務から逃げたい」「なんとなく転職したい」などのマイナス要素ばかりでは、採用担当に前向きな転職と見なされず、また「次の職場でもすぐに逃げ出すのではないか?」というイメージを抱かれてしまうでしょう。

転職理由は志望理由とセットになります。

「なぜ転職するのか」「どのような仕事をしたいのか」をしっかり言語化することで、企業への熱意をアピールすることにもつながります。

自己分析が充分にできていない

転職活動に自己分析は必須です。自己分析をするときは、これまでの特徴的なエピソードや決断の際に何を大事にしてきたのか、それはなぜなのかなどを深掘りしてみましょう。それを繰り返していくことで自分の価値観が明らかになります。

なんでもいいからとにかく仕事に就きたいと転職活動をしても、あなたに合った職業に就けるとは限りません。

自分の価値観が明らかになれば自分に合った仕事が選べるのはもちろん、説得力のある自己PRや志望動機を練ることができるでしょう。

何を聞かれても一貫した返答ができる土台ができていれば、面接でもしっかり自分をアピールできるはずです。

関連記事:仕事で何がしたいかわからない30代がやりたいことを見つける方法

業界や転職先の分析が浅い

業界や転職先の研究や分析が浅いと、転職後に「思っていたのと違う」といった後悔につながります。転職できたとしてもすぐにまた転職がしたくなるかもしれません。

転職後、望んだ業務に携われるのか、自分のスキルや経験を活かせるのか、勤務地・給与・待遇は問題ないかなど、さまざまな角度からリサーチして検討しましょう。

また、企業研究は実際に働いている人の声を聞くのがもっとも有効です。会社の口コミサイトをチェックしたり、その業界で働いている人に話を聞いたりして実際に働くイメージをしてみましょう。

自分の市場価値を知らない

「今までの職務経験を活かせば、転職できるだろう」

このように転職活動をしていないにもかかわらず、仕事を先に辞めてしまう人のなかにはなかなかうまくいかない人もいます。

転職活動は、企業とのマッチングです。自分の市場価値を知らずに始めてしまうと、なかなかマッチせずに転職活動がズルズル長引いてしまうこともあるでしょう。

まずは自分の市場価値をしっかり把握し、「転職すべきなのか」「転職をした場合どのような待遇を得られそうか」などを判断しましょう。

もし自身の市場価値があまり高くないのであれば、転職活動をする前にまずはスキルや経験を積むことが大切です。

市場価値を知るには、転職サイトの診断ツールなどを活用するのがおすすめです。

今すぐ転職しなくてもOK
簡単な質問に答えて
あなたの市場価値がわかる
エージェント ポイント

 

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
質問に答えるだけで自動で職務経歴書を作成可能!
登録後にスカウトを受け取ることで、今の転職市場価値がわかる。
ハイクラス管理職やエグゼクティブに特化

 

ミイダス

ミイダス

4.8
7万人の転職データから市場価値(年収)を算出。
向いている仕事、ストレス耐性なども分析。
登録なし、所要時間5分でOK!

関連記事:転職先が決まっていない退職はNG!?オススメできない5つの理由

30代で転職に成功する人の特徴

30代で転職に成功する人には共通点があります。そのポイントを6つにまとめました。

30代の転職を成功させたい人は、参考にしてください。

関連記事:30代の転職は失敗する?失敗しやすい人の特徴や失敗しない方法を紹介

キャリアプランが明確

30代での転職は40代以降のキャリアを見据えた計画が大切です。

将来のキャリアプランを綿密に立て、そのプランをしっかり言語化しておくことで、転職への熱量を上げられます。

またキャリアプランが明確だと、面接での説得力も上がります。そのキャリアプランを「自社で実現できそう」と判断してもらえれば、採用の可能性がぐっと高まるでしょう。

家族の理解を得ている

30代であれば、結婚している人もいるでしょう。盲点になりがちですが、転職には家族の理解も重要です。夫が妻の反対により転職を断念する「嫁ブロック」という言葉もあるほど、家族から転職を反対されるケースは珍しくありません。

特に転職によって収入や休暇の増減、転勤が発生する可能性がある場合、勝手に転職活動を進めてしまうと家族の信頼関係に影響することもありえます。

事前に理解を得たうえで転職活動を始めましょう。

会社にどのような貢献ができるかが言語化できる

企業が30代の中途社員に求めているのは即戦力です。選考時は自身がどれだけ即戦力として組織に貢献できるかどうかをアピールしましょう。

そのためには、これまでの経験を振り返り、成功体験や実績を洗い出しておくことが大切です。

また失敗体験であっても「今であればどう乗り越えるのか」などを整理しておくことでアピールに転じることもあります。

30代の強みはこれまで積み重ねてきた経験です。「次の会社でその経験をどう活かせるか」という視点で自身の経験を振り返りましょう。

自分の市場価値がわかっている

転職が成功する人は、自分の市場価値を理解しています。自分の市場価値がわかっていれば、自分のスキルや経験を活かせる場を見つけたり、自信を持って年収交渉をしたりできるからです。

また、未経験職種にチャレンジする際も、これまでの経験から得たスキルをどのように活かすかなどを考える助けにもなるでしょう。

自分の市場価値は時代によって変化するものです。転職する・しないに関係なく、定期的に自分のスキルや経験の棚卸しをして、市場価値を認識しておくことが大切です。

今すぐ転職しなくてもOK
簡単な質問に答えて
あなたの市場価値がわかる
エージェント ポイント

 

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
質問に答えるだけで自動で職務経歴書を作成可能!
登録後にスカウトを受け取ることで、今の転職市場価値がわかる。
ハイクラス管理職やエグゼクティブに特化

 

ミイダス

ミイダス

4.8
7万人の転職データから市場価値(年収)を算出。
向いている仕事、ストレス耐性なども分析。
登録なし、所要時間5分でOK!

即戦力となるポータブルスキルがある

ポータブルスキルとは、コミュニケーションスキルやマネジメントスキルといった、どの企業でも活かせるスキルのことを指します。

30代は中堅社員として、チームをまとめる役割を担うことも多い年代です。

プレーヤーとしての専門スキルに自信が無い人は、ポータブルスキルをアピールすることも戦略の一つです。

意欲や行動力がある

30代の転職にはスキルや経験が重要だと述べましたが、やる気や行動力が必要ないわけではありません。

仕事をするうえで研鑽する姿勢は常に求められますので、面接の場では向学心や熱意をアピールすることも大切です。

特に未経験領域にチャレンジすることを考えている場合は、ポテンシャルを感じさせるように成長意欲をしっかり伝えられるかどうかで明暗が分かれると言っても過言ではありません。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年4月1日時点

30代で次の仕事決まっていないのに転職を検討する理由

厚生労働省「令和4年転職者実態調査の概況」の調査結果によると、30代の転職の理由として次の4つが代表的でした。

30代が転職を検討するそれぞれの理由を深掘りしてみましょう。

待遇や職場環境への不満

厚生労働省の調査によると30代前半の転職理由として、待遇や職場環境への不満がトップでした。

残業が多い、有休がとりにくい、福利厚生が充実していないなどが理由で転職した人は、30代前半で17.2%となっています。その他にも「給料等収入が少なかった」「仕事の内容に興味を持てなかった(5.3%)」を合わせると22.5%となり、5人に1人が職場への不満で転職しているようです。

待遇や労働環境は転職することで大きく変えることが可能ですので、相場感を知るためにもまずは同業他社の求人などをチェックしてみるのも良いでしょう。

参照:厚生労働省|令和4年転職者実態調査の概況

人間関係への不満

どの年代でも変わらず多い転職理由に「職場の人間関係が好ましくなかった」があります。30代では約10%の人が人間関係により離職しており、決して少なくありません。

ただし、転職したからといっていい人間関係の職場に出会えるとは限りません。

ハラスメントなど明らかに悪質な場合を除き、人間関係が理由で転職する際はよく吟味することが大切です。

ライフスタイルの変化

女性は特に結婚や出産のタイミングでキャリアを見直すことが多く、30代女性の離職理由としては上位に挙がっています。

結婚や出産を機に仕事から離れる方もいれば、結婚や出産後も長く働くことを見越して転職する方もいるでしょう。

どちらにせよ今後のキャリアを大きく分ける決断となるため、慎重に判断しましょう。

会社の将来性

30代前半よりも30代後半に顕著に表れているのが「会社の将来が不安だった」です。

40代以降は転職が難しくなるため、「定年まで勤める会社」という視点を持ったときに不安を感じ、「30代のうちに転職しておこう」といった意識が働くのかもしれません。

30代の転職市場について

30代の転職を失敗しないために、現在の転職市場について見ていきましょう。求人倍率からわかる転職市場の動向や、30代転職者に求められているスキルなどを解説します。

求人倍率は堅調

参照:厚生労働省|令和4年雇用動向調査結果の概要

厚生労働省が公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況を取りまとめて求人倍率を出したところ、202312月の有効求人倍率は1.27倍でした。

20231年間の平均有効求人倍率は1.31倍となり、前年の1.28倍を上回っています。コロナ禍で一旦落ち込んだ転職市場も順調に回復している傾向です。

また、政府統計によると2022年の日本の労働人口の平均年齢は40.6歳でした。

これからさらなる高齢化や人手不足が予想される労働市場で、30代は若い働き手として求められています。

参照:厚生労働省|令和4年雇用動向調査結果の概要
参照:e-Stat|賃金事情等総合調査 賃金事情調査

35歳転職限界」ではない

一時「35歳転職限界」説もありましたが、現在は転職市場が非常に好調であり、35歳以上でも充分転職は可能です。

ただし20代よりも求人が減り、未経験領域へのチャレンジはハードルが上がることを自覚しておきましょう。また年齢に応じたスキルや経験を身につけておくことも大切です。

終身雇用が当たり前だった時代が終わり、「キャリアアップのために転職するのは当然」という考え方も一般化してきました。理想のキャリアを実現するために企業を利用する、といった気持ちで転職することも大切です。

30代転職者に求められるもの

企業が30代の転職者に求めているものは即戦力です。

特にリーダーや管理職経験はポジティブな要素として受け入れられるでしょう。管理職経験がなくても、新しい環境で学び、成長する意欲がある人であれば転職市場で重宝されるため、どんどんアピールしましょう。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年4月1日時点

30代の転職で失敗しないための対処法8

30代の転職で失敗しないための対処方法を押さえれば、転職の成功は高まります。

30代の転職失敗を避ける対処方法は以下の8つです。

転職の成功率を上げるために参考にしてください。

自己分析とキャリアプラン形成をしっかりおこなう

30代で転職に成功する人の特徴」でも述べましたが、自己分析とキャリアプラン形成をしっかりおこなうことは、転職の可否を分ける大きな要素です。

自己分析をおこなうことで説得力のある自己PRができますし、キャリアプランを形成していれば、「そのプランを実現するために御社に入社したい」という志望動機にもつながります。

たくさんいる候補者の中から採用担当者の印象に残るように、一貫したストーリーを用意しておきましょう。

企業や業界のリサーチを徹底的にする

転職先の仕事内容だけでなく、会社の風土も理解しておきましょう。

リサーチが甘いと、入社後に「思っていたのと違う」と後悔の原因になります。また、同じ職種でも業界によって待遇に大きな差があることも珍しくありません。

ミスマッチを防ぐためにも、さまざまな角度から徹底的にリサーチしておきましょう。

伸びている業界を狙う

需要が高い業界や、高成長が見込まれる業界は未経験でも採用される可能性が高く、活躍次第で好待遇ものぞめるため狙い目です。これから伸びる業界として次のような業界が注目されています。

これから伸びる業界
  • IT
  • Web広告・エンタメ
  • 農業
  • 電子部品・半導体
  • EC
  • 物流
  • 医療
  • 介護

とくにITエンジニアは常に人手不足で、国もエンジニア育成を推進しています。未経験から採用される可能性が高く、狙い目といえます。

希望条件に優先順位をつけておく

転職活動を始める時は、まず希望条件を洗い出し、その中でも譲れない条件と妥協できる条件を決めておきましょう。

希望条件を満たす企業にこだわることも大切ですが、あまり固執しすぎると転職活動が長引く危険があります。

待遇面での妥当なラインは、自身の市場価値から判断しましょう。

「高い待遇を望むのであればそれ相応のスキルや経験が必要」という意識を持つことも大切です。

求人が活発になる時期を狙って活動する

1年の中で求人が活発になるといわれている時期は次の3つです。

求人が活発になる時期
  • 年末年始休暇明けの1~2
  • 夏の賞与後の6~7月
  • 上半期が終わる9~10月

連休後や年度や期が変わるタイミングは転職を考える人が増える時期であり、同時に企業も中途採用に力を入れる時期です。

なかでも年末年始休暇後は、新年度となる4月入社を目指す人が増えるため、特に転職市場が活発化します。

求人や採用が活発化する時期を知り、効率よく転職活動をしましょう。

資格取得やスキルアップする

自己分析の結果、経験や強みが足りないと感じた場合、転職活動を始めるよりもスキルアップに努めたほうが良いかもしれません。

資格を取得することで自信にもつながりますし、転職市場において有利に働くでしょう。

関連記事:30代の転職を有利に進めるおすすめ資格14選!資格の選び方を紹介

短期決戦で臨む

転職活動期間の平均は13カ月で、新卒時の就活に比べると短いのが特徴です。転職活動は現職と並行しておこなうことが多いため、3カ月以上長引くと、負担が大きくなってしまいます。ぜひ短期決戦でのぞみましょう。

転職エージェントを利用する

効率よく転職を成功させるには、転職エージェントの利用も検討しましょう。

成功のコツとしては、30代のニーズに合った転職エージェントを選ぶことです。転職エージェントは転職活動を全体的にサポートしてくれるサービスですが、丸投げするのではなく自身でもキャリアプランを考えるなど努力することで、より精度の高いサービスを受けられるでしょう。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年4月1日時点

30代の転職に強いエージェントを選ぶポイント

30代の転職を成功させるためには転職エージェントの利用がおすすめです。ただし、どのようなエージェントでもいいわけではありません。

30代の転職に強いエージェントを選ぶときのチェックポイントは、以下のとおりです。

30代の転職に強いエージェントを選ぶポイント

30代の転職に強いエージェントを選びたい方は、参考にしてください。

求人の数

専門職など就きたい職種が決まっている場合を除き、保有する求人数が多い総合型のエージェントも一つは登録しておきましょう。

幅広い選択肢のなかから自分にどのような求人を紹介してもらえるかどうかは、自分の市場価値を知るうえでの一つの判断軸となるからです。

転職エージェントのなかでも求人数が多いのが、リクルートエージェント、doda、マイナビAGENTなどです。

キャリアアドバイザーの評判

転職の成功は、担当のキャリアアドバイザーの手腕に影響されるといっても過言ではありません。とはいえ、エージェントのよしあしがわからないという人も多いでしょう。

自分に合ったエージェントを見つけるためにも、複数登録するのがおすすめです。

いくつか選択肢があることで安心できますし、担当キャリアアドバイザーの対応が妥当なのかそうではないのかを判断する基準になります。

また、担当者との相性によっても感じ方は異なりますので、違和感がある場合は担当変更を申し出るのも1つの手です。

特化している領域

特定の領域にフォーカスして転職活動をしたいなら、特化型のエージェントを選びましょう。

職種や年代、エリアなどさまざまな領域に特化したエージェントがあるため、自分に合ったサービスを選ぶことで効率的に転職活動を進められますよ。

以下に代表的なエージェントをいくつかご紹介します。

領域サービス名
営業 リクルートエージェント
マイナビAGENT
doda
エンジニア マイナビIT AGENT
Geekly
レバテックキャリア
女性 パソナキャリア
type女性の転職エージェント
ハイクラス リクルートダイレクトスカウト
ビズリーチ
doda X

サポートの手厚さ

初めての転職や自分の強みが分からないといった人は、職務経歴書の添削や模擬面接などのサポートが手厚いエージェントがおすすめです。そのほか、内定後の退職手続きや入職後までサポートしてくれるサービスもあります。

逆にサポートが手厚いのが煩わしいと感じる方は、その旨を担当キャリアアドバイザーに伝えておくことで、自分のペースで転職活動を進めることも可能です。

自分のタイプに合わせたほどよい距離感で転職活動を進めましょう。

30代で転職失敗したくない人におすすめのエージェント3

30代で転職失敗しないためには、30代の転職に強いエージェントを選ぶべきです。

そこでおすすめの3社を紹介します。

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 111,434件
非公開求人数 非公開
対応地域
全国、海外
公式サイト
2024年4月15日時点

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 382,338件
非公開求人数 334,322件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年4月15日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

153,527件

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
2024年4月15日時点

 

30代で次の仕事決まっていないけど辞めるのか悩んでいる人によくある質問

30代で転職失敗しないために関連する質問をまとめました。

30代の転職理由は?

株式会社ビズヒッツが30代で転職を経験した人203人にアンケート調査をしたところ、転職理由のトップ3は次のとおりでした。

1位

待遇や職場環境への不満

2位

新しい仕事への挑戦

3位

ライフスタイルの変化

ライフスタイルの変化は結婚や出産、配偶者の転勤に伴う引越などが原因です。

参照:Biz Hits|30代からの転職理由

30代の転職で失敗したことは?

30代で転職した人が「失敗した」と後悔していることに次のようなものがあります。

1位

もっとほかの会社と比較検討すればよかった

2位

転職先のリサーチが足りなかった

3位

20代のうちに転職すればよかった

このことから転職を失敗しないためには、業界や職種のリサーチを徹底し、複数社を比較検討することが重要だとわかります。さらに転職するなら早めに行動するとよいといえるでしょう。

参照:Biz Hits|30代からの転職理由

30代で転職経験がある人の割合は?

リクルートの調査によると、転職経験がある人の割合は20代で4割、30代で5割以上となっています。転職回数についても30代で転職した人のうち2回以上転職した割合は58.7%。平均転職回数は2.3回です。

参照:「就業者の転職や価値観等に関する実態調査2022」第1弾 転職経験や転職意向等について

30代女性の転職は厳しい?

30代の女性は結婚や出産によってキャリアプランが変化しやすい年齢です。働く時間や日数などが制限されることもあるため、自分の希望とマッチする企業選びに苦戦する可能性もあるでしょう。

一方で、扱う商材やサービスによっては女性を積極採用している業界もあります。「女性であること」を強みにできるシーンも少なくないため、「腰を据えて長く働きたい」「しっかりキャリアを築きたい」という旨を企業側にアピールすることで充分転職のチャンスはあります。

30代で転職失敗したら人生終わり?

転職に失敗しても人生は終わりではありません。

特に30代はビジネスパーソンとしてもまだ若手の部類に入るため、充分リカバリーできるでしょう。

ただし、早期離職してしまうと企業からは「またすぐに辞めるのでは?」という視点で見られます。その点も充分考慮したうえで再度転職するかどうかを判断しましょう。

もし転職を決意したなら、環境のせいにするのではなく自分の失敗を受け入れる姿勢も大切です。

最後に|30代の転職は綿密な準備とプランが重要

30代の転職の失敗を避けるには、キャリアプランの形成や情報収集、企業分析が欠かせません。また選考対策も重要です。

自分の市場価値を知り、充分な準備をしたうえで、短期決戦で臨みましょう。

もし「自分の市場価値が分からない」「1人で転職を進めるのは不安」と考えているのであれば、転職エージェントの利用がおすすめです。

失敗しない転職を実現させたい人は、無料で利用できる転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年4月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。