36歳女性の転職は厳しい?私生活と両立しながら転職を成功させるためのポイント

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

36歳は30代の後半に入ったこともあり、働く女性にとって一つの節目を迎えたといえるでしょう。多くの女性にとって、キャリアと私生活の両面で重要なタイミングです。

また、「35歳転職限界説」があることから、「36歳での転職は遅いんじゃないか」「希望するような企業に転職できないかもしれない」と不安になることもあるでしょう。

そこでこの記事では、36歳の女性が転職を検討する際に知っておきたいことを解説しました。「転職が難しいといわれる理由」「36歳で転職するメリット・デメリット」「転職を成功させる方法」など、幅広い内容を紹介しています。

ぜひこの記事を参考に、転職への第一歩を踏み出してください。

関連記事:30代転職エージェントおすすめ比較ランキング|女性・未経験・フリーター向けの選び方

目次

36歳女性が転職したい理由とは

まずは、36歳女性が転職したい理由を確認しておきましょう。

生活と仕事の両立が難しいから

36歳の女性が直面する大きな課題の一つは、仕事とプライベートのバランスです。

子育てや家事と仕事の両立は、多くの女性にとって切実な問題です。そのため、自由度の高い勤務条件や残業が少ない職場、あるいは在宅勤務が可能な仕事を求める傾向にあります。

転職活動を通じて、自分のライフスタイルに合った仕事を見つけることは、職業生活と個人生活の質を向上させる重要な要素です。

職場で正当な評価を受けていないから

多くの女性が職場で直面する問題の一つに、能力や実績に基づく正当な評価が得られていないことがあります。

そのような場合は、転職によって自分の強みやキャリアの実績を生かせる、新しい環境を見つける必要があるでしょう。

また、適切な評価を受けることは、年収の向上にもつながるため、経済的なメリットも期待できます。

ルーティンワークが多くスキルアップにならないから

現在の職場でルーティンワークが多く、新しいスキルを身につける機会が少ない場合も、転職を考えるきっかけになります。

36歳であっても、これまでの職務経験を活かしつつ、新たな知識や技術を習得することで、自身の市場価値を高めることができます。

転職を通じよりチャレンジングな仕事に就くことで、キャリアの成長を実現することも不可能ではありません。

職場内の人間関係が悪いから

職場内の人間関係は、仕事の満足度に大きく影響します。特に女性は、職場の人間関係に敏感で、その影響を受けやすい傾向にあります。

わるい人間関係はストレスの原因となり、仕事の効率やモチベーションにも大きな影響を及ぼします。

人間関係のよい職場に転職することで、ストレスを避け、自分らしく働けるようになるでしょう。

職場環境が悪いから

職場環境が不十分な場合、転職を考える大きな理由となります。

女性にとっては、適切な労働条件、健康を守るための職場環境、仕事と生活のバランスを考慮した勤務体系などが重要なはずです。

特に、職場環境がよいことは長期的なキャリアの継続に不可欠でしょう。転職を通じて、より快適な職場環境を目指すことは、長く活躍するための大切なポイントです。

関連記事:36歳の転職は遅い?厳しい?未経験での転職や求められるスキルなど成功のポイントを解説

36歳女性の転職が厳しいと言われる理由

女性に限らず、一般的に36歳の転職は厳しいとされています。それには、複数の要因が絡み合っています。ここでは、代表的なものを3つピックアップしてまとめました。

マネジメントスキルや実績が求められるから

36歳の女性が転職する際、多くの企業はマネジメント経験や特定の実績を求めることが一般的です。

30代も後半になれば、中間管理職やリーダーの役割を期待されることが多いため、それらのスキルが不足している場合、転職市場での選択肢が限られる可能性があります。

そのため、転職前には自分の経歴やスキルをしっかりと棚卸しして、面接で適切にアピールすることが重要です。

ポテンシャルでは評価されにくいから

ポテンシャルの評価は、特に若手の採用において重要視されることが多いですが、36歳の女性の場合、実績や経験がより重要な採用基準となります。

これまでのスキルや経験が転職時の評価に直結するため、ポテンシャルだけではなく、仕事でどのような成果を出してきたかを伝えられるようにしなければなりません。

育児と家事がある女性が働ける環境が整っていないから

育児や家事との両立は、特に女性の転職における大きな障壁の一つです。とはいえ、育児をしながら働く女性に対するサポート体制が不十分な企業があるのも事実です。

これにより、特に小さな子供を持つ女性は、フルタイムでの勤務やキャリアアップを目指すことが難しい状況になることがあります。

関連記事:30代後半の転職は厳しい?求職者のよくある疑問や成功のコツを解説

36歳女性が転職するメリット

36歳女性が転職をするのには多くのメリットがあります。

豊富な経験とスキルを持っているなら、次のようなメリットを得ながら転職できるでしょう。

実務経験の長さが評価される

実務経験が豊富にあり、転職後にすぐ活躍できるのでれば多くの職場で高く評価されるでしょう。

36歳の女性で、これまでのキャリアを通じて培った専門知識や業務スキルを持っているのであれば、市場価値が高く、様々な企業から必要とされることも少なくありません。

これは、特に専門性が高い分野や経験を重視する職種においては大きなメリットとなるでしょう。

自分の状況にあった仕事先を見つけやすい

36歳ともなれば、自分自身の仕事に対する希望や条件が明確になっていることが多く、自分に合った職場を見つけやすいというメリットがあります。

ライフスタイルの変化に合わせたフレキシブルな働き方や、自分のスキルを活かせる環境を求めることができ、より充実した職業生活を送ることが可能です。

場合によっては役職付きで転職ができる

36歳の女性なら、これまでのキャリアの積み重ねにより、管理職や専門職といった役職付きでの転職が期待できることもあります。

特に、豊富な経験とマネジメントスキルを持つ女性は、新しい職場で即座にリーダーシップを発揮することができるため、高いポジションでのオファーを受ける可能性があります。

36歳女性が転職するデメリット

一方で36歳で転職する際には、いくつかのデメリットが存在するのも事実です。一つひとつ、簡単に確認しておきましょう。

未経験分野の転職は難しい傾向にある

36歳での転職では、未経験の分野への挑戦が難しい傾向があります。

企業は経験豊富な求職者を求めることが多く、未経験分野ではその経験を十分にアピールすることはできません。

そのため、未経験分野への転職を目指す場合、資格取得や関連するスキルを積極的に身につける必要があります。

また、自分のこれまでの経験をどのように未経験分野に活かせるかを明確にアピールすることも重要です。

関連記事:30代未経験での転職は厳しい?手遅れ?おすすめの業界や転職エージェントを解説

36歳相応のスキルや実績が求められる

36歳の女性が転職市場において直面するデメリットとしては、年齢に見合ったスキルや実績が求められることも挙げられます。

多くの企業は、36歳の求職者に対して高度な専門知識や管理能力、実務経験を求めます。

つまり、自分のスキルセットやこれまでの業績を客観的に評価し、それを転職活動で効果的にアピールしなければなりません。

関連記事:転職したいけどスキルがない30代は手遅れ?未経験におすすめな仕事も解説

希望条件によっては転職活動が長引くこともある

希望する条件にマッチする職を見つけることが難しい場合、転職活動が長期化する可能性があるのもデメリットです。

特に、年収の水準や働き方の条件など、厳しい条件を持つ場合、適切な職を見つけるまでに時間がかかることがあります。

転職活動を始める前には、自分の希望条件と市場の現状をしっかりと把握しなければなりません。

36歳女性が転職するべきケース

36歳の女性が転職を検討すべきケースはいくつかあります。

新しいチャレンジを求める場合、現職でのワークライフバランスの問題、または職場のハラスメントなどです。

他の職場で新しくチャレンジしたいことがあるケース

自分が持つ能力や情熱を十分に発揮できる新たな分野への挑戦を望む場合、転職は有意義な選択です。

特に、現職での成長が頭打ちになったり、新しい技術や業務に関心を持っていたりする場合、転職によって新たなキャリアの可能性を広げることができます。

現状の仕事を魅力に感じないのであれば、新しい職業にチャレンジすべきです。

現在の職場では解決が難しい問題があるケース

現在の職場において、ワークライフバランスの取りにくさや昇進の遅さなど、解決が難しい問題を抱えている場合、転職を考えることは合理的な選択です。

特に、仕事とプライベートのバランスが崩れることは、長期的に見て精神的、身体的健康に悪影響を与える可能性があります。

また、昇進が年功序列に基づく場合、実力や努力が正当に評価されず、モチベーションの低下を招くこともあります。

パワハラ・セクハラがあるケース

職場内でパワーハラスメントやセクシャルハラスメントを経験している場合、その環境を離れることは非常に重要です。

パワハラやセクハラを受け続けると、精神的な不調につながりかねません。最悪の場合、仕事を続けられず、収入が下がってしまう可能性もあります。

精神的な健康を守るためにも、経済的な安定性を確保するためにも、安全で健全な職場環境を求めることはとても重要です。

36歳女性が転職するべきではないケース

転職を検討する際には、本当に転職すべきか慎重に考えることが必要です。

ここの内容に該当する場合は、転職をしないほうがよいかもしれません。

転職理由がはっきりしていない

転職理由が明確でない場合、新たな職場でも同じような問題や不満に直面するリスクがあります。このような状況では、転職が期待するようなポジティブな変化をもたらす保証はありません。

そのため、転職を考える前に、現在の職場での不満点を深く掘り下げ、具体的な改善点や求める条件を明確にすることが重要です。

例えば、仕事の内容、職場の環境、給与、キャリアアップの機会、ワークライフバランスなど、現在の職場で満たされていないニーズをまずは特定しましょう。

これらを基に、新しい職場で求める条件をリストアップし、転職先選びの指針とすることが有効です。

現在の仕事内容に満足していない

現在の仕事に不満があるだけで転職を考えるのは早計です。不満の原因が何であるかを深く分析し、まずは現職で改善の余地を探るべきです。

仕事内容、人間関係、給与など、不満の要因に対して現職場内で解決策が見つからない場合にのみ、転職を考慮するべきです。

現職での課題に対処することが可能ならば、それが最も安定したキャリアパスを築く方法になり得ます。

絶対に年収を下げたくない

転職を考える際に年収を重視することは理解できますが、それだけを判断基準にすることには大きなリスクが伴います。

現実的には、現在の年収を維持しつつ、労働条件を大幅に改善することは難しい場合が多いからです。年収のみに焦点を当てず、他の要素もバランス良く評価することが求められます。

例えば、仕事の内容、職場環境、専門性の向上、キャリアアップの機会、ワークライフバランスなどが挙げられます。

重要なのは、個人の価値観やキャリア目標に合わせて、転職先を選ぶことです。

36歳女性が転職を成功させる方法とは

36歳の女性が転職を成功させるには、戦略的なアプローチが必要です。ここでは、どのような点に気をつけるべきかをまとめました。

転職活動は仕事を続けながら進める

転職活動を現職を続けながらおこなうことは、経済的な安定性を維持する上でとても大切です。

現職に在籍しながら転職活動を進めることにより、収入の途切れを避けながら、新しい職を探す時間的余裕を持つことができるからです。

また、現職を続けながらの転職活動は、転職先の選択においてプレッシャーを軽減します。経済的なプレッシャーが少ない状況では、より冷静に職場環境や条件を吟味することが可能になるでしょう。

これにより、焦って不適切な選択をするリスクが減少し、自分にとって最適な職場を見つける可能性が高まります。

関連記事:働きながらの転職は難しい?辞めてから転職すべきか徹底検証

自分の市場価値を客観的に把握する

転職を成功させるためには、自身の市場価値を客観的に理解することが不可欠です。

自分が持っているスキルセット、これまでの職業経験、そしてそのスキルや経験がどの程度市場で求められているかを整理しましょう。

特に、自分が目指す業界や職種で高く評価されるスキルや資格があれば、転職前にこれらを習得することが大きなアドバンテージになります。

具体的には、自分の経歴を振り返り、これまでの業務で培ったスキルや専門知識、成果などを明確にすることが重要です。

また、業界のトレンドや求人市場の動向を調査し、どのようなスキルが特に需要が高いのかを把握することも有効です。

女性の転職に強い転職エージェントを活用する

転職エージェントの活用は、特に36歳の女性が転職を成功させるために大いに役立ちます。

転職エージェントは、個々のニーズやキャリアプランに合わせた求人の紹介だけでなく、市場の動向や業界情報を提供し、より適切なキャリアパスを探る手助けをしてくれるからです。

さらに、転職エージェントは履歴書や職務経歴書の作成支援、面接対策など具体的な転職活動のアドバイスをおこないます。

また、自分自身では気づかないスキルや強みを引き出し、それを強調する方法も教えてくれます。これにより、書類選考や面接での成功確率を高めることができます。

転職市場においては、36歳という年齢は経験豊富な中堅層としての価値がありますが、同時に新しい分野への挑戦には一定の障壁も存在します。

転職エージェントはこうした点を理解し、経験とスキルを生かしながら新たなキャリアチャンスを見出すための戦略を提案してくれるでしょう。

関連記事:女性向け転職エージェントおすすめ比較ランキング|20代前半後半・30代・40代別に評判・口コミを解説

36歳女性におすすめの転職エージェント

ここでは、転職の悩みを抱える36歳女性におすすめの転職エージェントを紹介します。

転職エージェントは複数登録が基本です。無料で利用できますから、できれば全ての転職エージェントに登録してください。

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
type女性の転職エージェント
  • 女性に特化した転職支援
  • ワークライフバランスを重視した転職も可能
  • 面接のためのメイク指導あり

 

type女性の転職エージェントは、女性の転職支援を専門とした転職サービスです。

 

女性ならではの転職事情に精通したキャリアアドバイザーから専任でサポートを受けられ、たとえば「子育てと両立したい」「残業なしがいい」「キャリアアップしたい」などの悩みも気軽に相談できます。

 

年間1万人以上(※1)の女性のキャリアカウンセリングをおこなっているとあって、女性に寄り添った転職サポートに期待できるでしょう。

 

求人への応募や応募書類の添削、面接対策などのサポートのほか、女性のための身だしなみやメイク指導もあり、typeならではのサービスで女性の転職活動を心強く支援してくれます。

 

(※1)type女性の転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type女性の転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 10,259件(※2)
非公開求人数 18,487件(※2)
おすすめポイント
  • 女性ならではの悩みを相談できる
  • 非公開の求人を紹介してもらえる
  • 転職活動に合うメイクを教えてもらえる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

36歳女性が転職の際に求められるスキルとは

36歳の女性が転職の際に、特定のスキルが求められるのは事実です。ここでは、どのようなスキルが必要になるか確認しておきましょう。

マネジメントの経験と実績

転職市場においては、マネジメントの経験と実績は高く評価されます。マストではありませんが、マネジメントの経験があると、転職が有利に働くでしょう。

特に上級職やリーダーシップのポジションを狙う場合、チーム管理やプロジェクトの成功率、意思決定における効果的な役割を果たした経験は、あなたの価値を高めます。

また、マネジメント経験があることは、意思決定プロセスへの深い理解と、戦略的な思考能力を示す証拠となります。短期的な実績だけでなく、長期的なビジョンや戦略の策定にも貢献することを示せるでしょう。

前職での実務経験

前職での実務経験によって、業界特有の知識、市場のトレンド、顧客のニーズなど深い理解があれば、高い成果を出すことの証明となり、採用されやすくなります。

さらに、前職での経験は、新しい職場での適応能力も示します。

特に転職先が同じ業界であれば、既存のネットワークや業界内の関係者との関係を活用して、新しい職場での成果を加速させることが可能です。

転職先で即戦力となれるスキル

何度かお伝えしていますが、36歳の転職では、原則として即戦力となれることが求められます。

そのためには、テクニカルスキルとポータブルスキルをアピールできることがベストです。

テクニカルスキルとは、業務に必要な技術的なスキルのことです。上でお伝えした前職での実務経験が代表例で、同業種、同職種などの転職では重要視されるでしょう。

一方のポータブルスキルとは職種の専門性以外で、業種や職種が変わっても通用するスキルのことです。マネジメントやリーダーシップなどが該当します。

これまでの職務経験で培った具体的な実績や成功事例を、転職活動時に明確にアピールすることが重要です。

36歳女性が転職する際に抱えやすい疑問

最後に、転職を考える36歳の女性が抱えやすい疑問を解説しました。参考にしてください。

関連記事:30代のキャリア相談先おすすめサービスを紹介!転職成功のポイントも解説

36歳で未経験の異業種に転職することは難しい?

36歳で未経験の異業種に転職することは、難しいといえますが、不可能ではありません。

これまでに培ったスキルや経験を活かし、新しい分野での学習意欲と柔軟性をアピールすることが重要です。

また、人材不足の業界を狙うのもよいでしょう。未経験からでも採用される可能性が高まります。

36歳の女性でも問題なく転職できる?

36歳の女性でも問題なく転職は可能です。

年齢を理由に不安を感じるかもしれませんが、豊富な経験と専門知識は多くの企業にとって貴重な資源です。

重要なのは、自分の強みをしっかりとアピールし、適切な転職エージェントを活用して適切な職場を見つけることです。

36歳女性の転職で大切なことは?

自分の強みを見つけて、採用担当者にアピールすることです。十分なスキルがあっても、相手に伝わらなければ意味がありません。

36歳の転職は遅いですか?

36歳の転職は遅くありません。

実際、総務省の調査によれば、35〜44歳の方で転職を成功させている方は50万人以上にも上ります。

とはいえ、転職は若い方が有利です。転職を検討したなら、すぐに行動する姿勢が大切です。

【参考記事】第1 雇用者(正規、非正規の職員・従業員の動向など) |総務省

36歳の転職で学歴は求められる?

原則、求められません。

36歳ともなると、学歴よりもこれまでのスキルや経験が重要視されます。

まとめ

36歳の女性が転職を考えるなら、一定のスキルを求められるのは事実です。とはいっても、どの程度のスキルを求められるかは企業によります。

転職を成功させるためには、自分のこれまでのスキルを見直して、それに合った企業にエントリーすることが大切です。

もし、あなた自身で自分の強みを発見するのが難しいようであれば、転職エージェントを利用してください。

あなたのスキルや強みをヒアリングしたうえで、ぴったりの求人を紹介してもらえます。履歴書添削や面接対策などのサポートもあるので、内定獲得がぐっと近くなるでしょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。