35歳でも転職できる!女性が転職成功する方法や優位な資格を紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

35歳女性が転職を検討するとき、キャリアアップや家庭との両立など、さまざまな悩みを抱えていることでしょう。

一般的にも、35歳となると転職が難しくなる傾向があるため、成功率を上げるには対策が必要です。

本記事では、35歳の転職が難しい理由や転職で成功する方法について紹介します。おすすめの仕事や資格についても解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

35歳女性が転職で難しくなる理由

転職は年齢を重ねるとともに難しくなるものですが、35歳女性ではどのようなことが理由なのでしょうか。

35歳女性が転職で難しくなる理由を3つ紹介します。

求人数が少ない

20代や30代前半と比べると、35歳は求人数が減ることで転職が難しくなります。

少ない求人数のなかから、さらにスキルや資格などの条件を絞る必要があるため、自分とマッチする転職先選びが難しいのです。また、未経験の求人は、さらに募集は少なくなるでしょう。

35歳は若い世代からは外れ、ミドル世代と考える企業も少なくありません。

経験豊富だと判断されるゆえに、企業が求める条件が厳しくなり、求人数が少なくなる傾向があります。

反対に若い世代は新しいことを吸収しやすかったり、給料を抑えられたりするメリットがあるため求人数が多くなります。

伸びしろが期待されにくい

35歳女性は、10年以上の社会人経験があるからこそ、スキルや実績が求められます。20代の転職ではポテンシャルを重視して採用されるケースがありますが、35歳女性のポテンシャル採用は期待できません。

企業は実績やスキルを活かした、即戦力としての活躍を期待しています。

また、35歳女性は社会だとベテランの域に入るため、マネジメントが難しいと考える企業も多くあります。自分の価値観が強く、新しい職場に馴染めないことが懸念されることも、転職が難しくなる理由です。

転職活動に十分な時間を割けない

35歳前後は、結婚や出産などのライフイベントで、生活に変化がある方が多いものです。自分以外のことに時間を割く必要があることも多く、転職活動に十分な時間を割けない方が少なくありません。

転職活動は事前準備・求人検索・面接日程の調整などをひとりでおこなう必要があります。

仕事を続けながら転職活動をする場合や、家庭の用事があると、まとまった時間を取ることは難しいでしょう。転職活動に十分な時間を割けないと、転職が難しくなるのも無理はありません。

35歳女性の転職事情とは?

35歳は若い世代と比べると、どのくらい転職が難しくなるのでしょうか。

厚生労働省が発表している「令和3年上半期雇用動向調査結果の概要」のデータをもとに、30歳女性の転職入職率や転職理由を見ていきましょう。

女性の転職入職率は以下の結果が出ています。

年齢転職入職率
20歳~24歳7.6%
25歳~29歳8.0%
30歳~34歳6.5%
35歳~39歳5.8%
40歳~44歳4.5%

転職入職率は25歳以降になると、年齢を重ねるほど低くなることがわかりました。

しかし、30代後半は30代前半と比べると差は0.7%であり、まだまだ転職のチャンスはあります。

続いて、35歳~40歳の転職理由を多い順番に紹介します。

転職理由割合
その他の個人的理由22.7%
定年・契約期間の満了10.6%
出産・育児9.7%
会社の将来が不安だった9.5%
職場の人間関係が好ましくなかった9.4%

30代前半女性の理由では、給与等収入が少なかった・労働条件が悪かったといった理由が30代後半女性よりも上位になっていました。

同じ30代でも、年齢が上がると転職理由に変化があるようです。

35歳女性が転職で意識したいポイント

35歳女性が転職を考えるならば、キャリアプランやライフプランを明確にしておきましょう。曖昧なままでは、転職先選びが難しくなるかもしれません。

ここからは、キャリアアップを優先する場合と家庭との両立を優先する場合にわけて、意識したいポイントを紹介していきます。

キャリアアップを優先する場合

キャリアアップを優先した転職をするなら、女性社員や女性管理職が活躍している企業を探すことがポイントです。男女平等が尊重されている昨今ですが、古い風習はまだ残っており、男性が優位の企業も少なくありません。

一定数女性の管理職がいる企業なら、女性でも男性同様に評価されると判断できます。一方で、評価制度が曖昧な企業は、キャリアアップを妨害しかねないので注意しましょう。

不安材料を減らすためにも、面接で評価項目や誰が評価するのかについて質問をしておくと安心です。

家庭との両立を優先する場合

仕事よりも家庭を優先して転職をするなら、家庭との両立がしやすい転職先選びがポイントです。

転職先を探すときは、以下の項目をチェックしてみてください。

  • 月あたりの残業時間
  • 有給消化率
  • 育休・産休の取得実績
  • 時短勤務制度はあるか
  • 子育て中の社員が活躍しているか

求人情報に有給制度が記載されていても、実際に機能していないこともあります。先輩社員に制度が利用されているのか確認をして、入社後のミスマッチを防ぎましょう。

また、社内の雰囲気は見学をすると肌感覚がつかめるので、可能であれば面接前後に社内見学をさせてもらうことをおすすめします。

35歳女性が転職で成功する方法

35歳女性転職が成功するには、これから紹介する方法を意識して対策することが大切です。

ここからは、35歳女性が転職で成功する3つの方法を紹介していきます。

自己分析を徹底する

これまでに行ったことがある方でも、転職前には自己分析をして、自分自身の理解を深めることがポイントです。

自己分析をおこなうと、「自分がどのような仕事をしていきたいのか」「キャリアをどのように築いていきたいのか」を明確にできます。転職の軸がはっきりすると、転職先選びに迷いがなくなり、転職先を見つけやすくなるでしょう。

また、自己分析により自分の特徴や長所などの強みを見出すことができるので、面接の自己PRにも役立ちます。面接では長所を裏付けるエピソードを伝えることで説得力が増し、採用担当者によい印象を与えることができるでしょう。

強いこだわりを持たない

35歳ともなると、経験豊富なゆえにこだわりが強くなってしまう傾向があります。「年収アップができる企業がいい」「有名な企業がいい」など、強いこだわりは転職活動を長引かせる原因になりかねません。

よい求人と出会うためには、強いこだわりを持たないことが大切です。視野を広くして選択肢を広げると、理想的なキャリアを築ける転職先が見つかるかもしれません。

とはいえ、35歳では未経験や異業種への転職はリスクが大きくなります。これまでの実績がうまく活用できる企業を、広い視野を持って探してみましょう。

転職エージェントを活用する

転職の成功率を上げるには、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントを利用するメリットは以下のとおりです。

  • 無料で利用できる
  • キャリアアドバイザーにキャリア相談できる
  • 自分に合う求人を紹介してもらえる
  • 面接対策や履歴書指導をしてもらえる
  • 面接日程や条件交渉を代行してくれる

転職活動をひとりでおこなうと、手間も時間もかかってしまいます。35歳女性は忙しい方も多く、転職活動に時間をかけられないことも多いでしょう。

転職エージェントでは転職に関するサポートが充実しているため、効率的に転職活動ができます。代行してくれる部分も多いので、現職を続けながらの転職活動も十分に可能です。

面接マナーを守る

35歳女性が転職で成功するには、面接での印象が最も重要といっても過言ではありません。

面接時に気をつけたいマナーについて紹介するので、早速チェックしていきましょう。

極端に早く到着しない

もちろん遅刻は問題外ですが、極端に早すぎる到着もマナー違反です。採用担当者は他にも業務があるので、早すぎる到着は迷惑になる恐れがあります。

面接場所の準備もあるため、早くても5~10分前に到着するようにしましょう。

理由があって遅刻してしまうときは、どのくらい遅れるのか・遅刻する理由を必ず事前に電話で連絡することが大切です。

受け答えははっきりとした声で

はっきりとした声は、採用担当者に自信をアピールする手段のひとつです。ハキハキ受け答えをする姿は印象もよく、誠実さや明るいイメージにもつながります。

相手の目を見てはっきりと答えると、うまく対応できなくても悪い印象は与えません。

身だしなみやマナーの徹底

35歳女性はこれまでの社会経験があるため、身だしなみやマナーはできて当然と認識されています。

面接時にマナーが守れていないと判断されると、35歳なのに社会人スキルがないとみなされてしまうかもしれません。第一印象は初対面でほとんど決まるといわれているため、見た瞬間のイメージは重要です。

身だしなみを整えることはもちろん、最初の挨拶や入室の仕方なども予習しておきましょう。

35歳女性が転職するときに有利なスキル

20代のようにポテンシャルを重視した採用が見込めない35歳女性。しかし、優位なスキルを持っていると転職に成功する確率がアップします。

ここからは、35歳女性が転職するときに有利なスキルを4つ紹介していきます。

マネジメントスキル

ミドル世代に企業が求めるもののひとつに、マネジメントスキルがあります。

マネジメントスキルとは部下やメンバーをまとめたり、進捗管理、部下の育成などを指します。リーダーとして活躍していなくても、メンバーの育成や指導も評価の対象です。

マネジメントスキルは、35歳転職の面接でのアピールに役立ちます。社内のマネジメント実績がない場合は、ボランティア活動で周囲をまとめた実績があるなど、社外で務めた経験も効果的です。

柔軟性

社会経験が長い35歳女性では、前職のやり方が固執しており、柔軟な姿勢を期待できないと考える企業もあります。高い意識を持って仕事を進めるのは大切ですが、転職をしたのなら一度リセットして新しいやり方を取り入れる必要があります。

スキルや実績が素晴らしくても、面接で柔軟性がないと判断されると、採用される確率は下がります。

過去のプライドを優先するよりも、転職先の理念を最優先させることが大切なので、面接では素直な姿勢や柔軟性をアピールしましょう。

専門性

ポテンシャルを重視されない35歳には、即戦力や専門性の高いスキルが求められています。

35歳女性は社会人経験が長いため、企業は入社後すぐに活躍してもらいたいと考えて採用をします。専門スキルは活動の指標として挙げられますが、スキルを習熟しているか判断をするのは企業側です。

現職では通用していた専門スキルでも、転職先で通用するとは限りません。

資格を持っていれば客観的なアピール材料に役立ち、有能だと判断されやすくなるため、転職を有利におこなうことができるでしょう。

コミュニケーションスキル

35歳女性の転職には専門的なスキルも大切ですが、入社後に社員同士で円滑にコミュニケーションが取れるスキルも大切です。いくらスキルや実力のある有能な方でも、コミュニケーションスキルが低いと転職は難しいでしょう。

コミュニケーションスキルが高い方には以下の特徴があります。

  • 相手の話を聞くのがうまい
  • 相手の気持ちを察することができる
  • ポジティブな発言が多い
  • わかりやすい話し方をする

仕事では社員同士が協力し合う場面も多いため、相手との情報共有や意思疎通に長けているコミュニケーションスキルがあることは転職の強みです。

35歳女性におすすめの仕事

35歳女性が転職を考えたとき、おすすめできる仕事を3つご紹介します。各仕事の魅力や向いている方を合わせて紹介するので、転職先選びの参考にしてください。

事務職

年齢を重ねても働きやすい事務職は、35歳女性の転職にもおすすめです。事務職は女性が多い職種であり、ライフスタイルが変化しても職場の理解を得やすい魅力があります。

デスクワークが基本なので、体力に自信のない方でも問題ありません。残業が少なく土日祝日が休める企業が多いため、家庭との両立もしやすいでしょう。

以下の項目に該当する方は、人のサポートをする仕事が多い事務職に向いています。

  • 地道な作業が苦じゃない
  • 臨機応変に対応できる
  • 処理能力が高い
  • 仕事が丁寧
  • スケジュール管理能力が高い

営業職

人と話すことが好きな35歳女性は、営業職がおすすめです。

営業職は事務職よりも高収入の職種なので、年収アップをしたい方にもぴったりです。成果を上げれば評価につながる営業職は、努力次第でキャリアアップも夢ではありません。

外出することも多くあり、ある程度時間の自由が利くところも魅力のひとつです。とはいえ、急な休みは取りづらいところもあるので、応募するときは転職する企業を念入りに下調べしておきましょう。

営業職は以下の特徴に該当する方に向いています。

  • デスクワークよりも体を使いたい
  • 人と話すことが好き
  • ポジティブ思考
  • 向上心が高い
  • こまやかな気遣いができる

FP(ファイナンシャルプランナー)

独立をしたい方や資格を取りたい方は、FP(ファイナンシャルプランナー)を検討してはいかがでしょうか。

お金に関するプロフェッショナルのFP(ファイナンシャルプランナー)は、フリーランスでも企業でも活躍できる仕事です。国家資格が必要ですが、FP技能検定3級であれば難易度はそこまで高くありません。

家計節約のアドバイスも仕事のひとつなので、家計を管理する女性は実生活にも役立ちます

FP(ファイナンシャルプランナー)に向いている方は以下のとおりです。

  • 計算や分析が苦じゃない
  • コミュニケーション能力が高い
  • 情報収集が得意
  • お金のことを考えるのが好き
  • 柔軟な発想ができる

35歳女性におすすめの資格

資格は35歳女性が転職をするにあたって強い武器になります。

35歳女性におすすめの資格を3つ紹介するので、参考にしてください。

行政書士

町の法律家ともいわれる行政書士は、法律の専門家です。官公署に提出する作成や申請、相談などが仕事です。

書類作成などの事務作業以外に、相談者が何を望んでいるのか、どのような手続きをするべきかを相談内容から導き出すのも行政書士が担います。

行政書士の資格は国家資格であり、合格率は例年10~15%と難関ですが、難しい資格だからこそ転職活動で有利になりキャリアアップの近道にもなります。

また、独立開業もめざせるため、自由な働き方をしたい方におすすめの資格です。

社会保険労務士

社労士と略される社会保険労務士は、社会保険や労働関連の専門家で人事や労務管理が仕事です。

社会保険労務士の資格は国家資格で、合格率はおよそ5~7%と低く、試験の難易度が高いです。

しかし、労務管理の書類や帳簿の作成は社会保険労務士の独占業務のため、企業で高く評価されます。また、行政書士と同じく独立開業にも活かせる資格です。

仕事内容は事務作業やコンサルティングが多く、体力仕事ではないので女性でも続けやすく、大いに活躍できる仕事です。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は不動産取引の専門家を示す国家資格であり、試験の合格率はおよそ15~18%です。社会保険労務士と比べると難易度はそこまで高くなく、5人に1人の割合で合格できます。

宅地建物取引士にも独占業務があり、「不動産取引に関する重要事項の説明」「重要事項説明書への記名」「37条書面への記名」が該当します。

宅建業法では事務所に在籍している5人のうち1人は宅地建物取引士でなければならないと定められており、不動産業界で宅地建物取引士の需要は高いです。他にも、金融業界や建設業界などの転職に活かせる資格です。

転職を成功させたい35歳女性におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
type女性の転職エージェント
  • 女性に特化した転職支援
  • ワークライフバランスを重視した転職も可能
  • 面接のためのメイク指導あり

 

type女性の転職エージェントは、女性の転職支援を専門とした転職サービスです。

 

女性ならではの転職事情に精通したキャリアアドバイザーから専任でサポートを受けられ、たとえば「子育てと両立したい」「残業なしがいい」「キャリアアップしたい」などの悩みも気軽に相談できます。

 

年間1万人以上(※1)の女性のキャリアカウンセリングをおこなっているとあって、女性に寄り添った転職サポートに期待できるでしょう。

 

求人への応募や応募書類の添削、面接対策などのサポートのほか、女性のための身だしなみやメイク指導もあり、typeならではのサービスで女性の転職活動を心強く支援してくれます。

 

(※1)type女性の転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type女性の転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 10,259件(※2)
非公開求人数 18,487件(※2)
おすすめポイント
  • 女性ならではの悩みを相談できる
  • 非公開の求人を紹介してもらえる
  • 転職活動に合うメイクを教えてもらえる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

161,104件(※)

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップを目指せる
  • 時間をかけずに転職活動ができる
  • マッチ度の高い求人を教えてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

最後に|35歳女性が転職するなら資格やスキルがあると優位

若い世代と異なりポテンシャル採用が望めない35歳女性は、転職が難しくなっていきますが、まだまだ転職できる年齢です。

転職で成功するにはこれまでのスキルや実績を棚卸して、企業にうまくアピールすることが大切です。また、資格やスキルがあると優位に転職できるため、未経験や異業種への転職を考えているなら積極的に取得しましょう。

ひとりで転職活動をすることが不安なら、転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーに相談することをおすすめします。

35歳を超えると転職はさらに難しくなるため、自己分析を徹底して後悔のない選択をしましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。