埼玉県でおすすめの転職エージェント|転職成功のための活用方法を解説

CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

  • X
  • facebook
  • LINE
  • linkedin
  • URLcopy
   
本記事は、転職エージェント公式サービス(リクルート・マイナビ・ビズリーチ等)の広告リンクを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

埼玉県で転職を検討している方は、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは希望条件の聞き取り、希望求人とのマッチング、面接対策、書類確認までを無料でエージェントがサポートしてくれます。なかには、年収など収入面を企業側に交渉してくれるエージェントも存在しますので、年収アップを希望されている方にもおすすめのサービスと言えるでしょう。

この記事では、埼玉県での転職活動におすすめの転職エージェントについてご紹介します。ぜひ最後まで読んで、理想の転職を実現しましょう。

目次

埼玉県でおすすめの転職エージェント8選

それでは、まず埼玉県でおすすめの転職エージェントを8社紹介します。

 転職エージェント名 求人数
リクルートエージェント全国:637,669件
埼玉:22,037件
※いずれも非公開求人含む
マイナビエージェント全国:63,612件
埼玉:1,910件
※いずれも非公開求人含む
doda全国:229,337件(非公開求人含む)
埼玉:9,614件(公開求人のみ)
dodaX全国:23,787件
埼玉:835件
※いずれも公開求人のみ
type転職エージェント全国:29,096件
埼玉:672件
※いずれも非公開求人含む
富士ヒューマンテック全国:非公開
埼玉:非公開
株式会社キャリア・ビルド・コミュニティ全国:非公開
埼玉:非公開
コネクトホープ全国:なし
埼玉:北部地域61件
※2023年3月時点

埼玉県で総合的におすすめの転職エージェント5選

埼玉県で転職をするにあたって、総合的におすすめの転職エージェント会社を紹介します。

総合型の転職エージェントは、幅広い業種・職種の求人が取り扱われているため、最初に登録することをおすすめします。

1.リクルートエージェント|国内最大の求人数と実績

リクルートエージェント

リクルートエージェントの魅力は業界最大級の求人数を保有しているところです

数百・数千件の求人数を保有している転職エージェントは珍しくありませんが、リクルートエージェントは埼玉県の求人数のみで10万件を超えており、圧倒的といえるでしょう。

また、約40年という実績があり、転職に関するノウハウを蓄積している点も魅力です。全ての業種や職種を網羅しているため、幅広く求人を検索できます。

リクルートエージェントの基本情報
(※情報は2023年3月時点)
運営会社株式会社リクルート
埼玉県の公開求人数110,710件
埼玉県の非公開求人数10,327件
埼玉県の拠点埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5大宮ソニックシティビル 25階

2.マイナビエージェント|20代、30代の転職に強み

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20~30代前半の若手の転職を得意とするエージェントです。

若い世代への転職支援に力を入れているため、転職活動の基礎から学べるコンテンツが充実しています。

リクルートエージェントと比べると求人の幅は限られるかもしれませんが、総合的なサポート体制が整っているので、初めての方でも安心感があります。

埼玉県に住んでいる、あるいは埼玉県に転職したい20代・30代の方や初めて転職する方は登録がおすすめです。

マイナビエージェントの基本情報
(※情報は2023年3月時点)
運営会社株式会社マイナビ
埼玉県の公開求人数1,438件
埼玉県の非公開求人数472件
東京都の拠点(埼玉県に拠点なし)東京都中央区銀座4-12-15歌舞伎座タワー26,27,28階

3.doda|転職サイトも運営

doda

dodaはリクルートに次ぐ国内では2番目の規模を誇るエージェント会社で、求人数が豊富です。埼玉県の求人も、1万件近く保有されています。

全体的にサポートの質にも定評があり、安心して利用できるでしょう。

また、幅広い業種・職種の求人情報を提供するだけでなく、転職サイトも運営している点が強みです。コンサルタントのサポートを受けながら、自分自身で求人検索と応募も進められます。

dodaの基本情報
(※情報は2023年3月時点)
運営会社パーソルキャリア株式会社
埼玉県の公開求人数9,614件
埼玉県の非公開求人数非公開
東京都の拠点(埼玉県に拠点なし)東京都千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング27階

4.dodaX|自ら応募もできるハイクラス向けサービス

dodaX

dodaXは、ハイクラス層をターゲットにした人材紹介サービスで、企業から声がかかるのを待つだけではなく、自分から魅力的な求人に応募することができます。

埼玉でハイクラス求人を求めている人にとっては、有力な候補となるでしょう。

ハイクラス転職に特化したカウンセラーによるサポートが好評です。応募書類の見せ方や強みの発掘、面接対策など総合的に市場価値向上をサポートしてくれます。

有料で専属のサポーターによる「dodaX キャリアコーチング」という対話を通じて、キャリアに対する新しい気づきや考え方を引き出してくれるサービスも活用できます。

dodaXの基本情報
(※情報は2023年3月時点)
運営会社パーソルキャリア株式会社
埼玉県の公開求人数835件
埼玉県の非公開求人数非公開
東京都の拠点(埼玉県に拠点なし)東京都千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング27階

5.type転職エージェント|25年の転職支援実績

type転職エージェント

type転職エージェントは、一都三県の転職支援を中心にしている転職エージェントです。

サービスを開始してから25年にわたって転職希望者にアドバイスをしてきているため、豊富な経験とノウハウを活かしたアドバイスを受けられるでしょう。

サービスを開始してから25年にわたって転職希望者にアドバイスをしてきているため、豊富な経験とノウハウを活かしたアドバイスを受けられるでしょう。

ITやWeb業界などの求人も多く取り扱われているため、専門分野で転職をお考えの方は登録を検討してみてはいかがでしょうか。

type転職エージェントの基本情報
(※情報は2023年3月時点)
運営会社株式会社キャリアデザインセンター
埼玉県の公開求人数268件
埼玉県の非公開求人数404件
拠点(東京のみ)東京都港区赤坂3-21-20赤坂ロングビーチビル 9階

埼玉県に特化した転職エージェント3選

ここまで、埼玉県のほか、全国の求人も総合的に取り扱っている転職エージェント会社をご紹介しました。
この項目では、埼玉県内の求人に特化した転職エージェントを紹介します。

1.富士ヒューマンテック

富士ヒューマンテック

富士ヒューマンテックは、埼玉県・東京都に特化した転職エージェントです。

金融業界の経験があるコンサルタントが複数在籍しているため、専門的な提案をしてもらえる特徴があります。また、地域密着型ならではの独自求人が取り扱われている点も魅力です。

2023年3月時点の正社員の求人数は公表されていませんが、派遣紹介での求人数は101件となっています。気になる方は登録してみましょう。

富士ヒューマンテックの基本情報
(※情報は2023年3月時点)
運営会社富士ヒューマンテック株式会社
埼玉県の公開求人数非公開
埼玉県の非公開求人数非公開
本社埼玉県さいたま市浦和区北浦和4-5-5北浦和大栄ビル3F

2.株式会社キャリア・ビルド・コミュニティ

株式会社キャリア・ビルド・コミュニティ

株式会社キャリア・ビルド・コミュニティは、「成長する個性を支援する」ことを理念としている転職エージェントです。

「個性に向き合う」ことを重要視しているため、これからの自分のキャリアをどう描いていくかを一緒に考え、軸に沿った転職先を提案してもらえます。

「この先自分はどうしたいのか」「どのようなキャリアを積んでいきたいのか」など、自分のキャリアについてじっくり考えたい方は相談してみると、新しい視点が見えてくるかもしれません。

株式会社キャリア・ビルド・コミュニティの基本情報
(※情報は2023年3月時点)
運営会社株式会社キャリア・ビルド・コミュニティ
埼玉県の公開求人数非公開
埼玉県の非公開求人数非公開
本社埼玉県さいたま市南区大谷口971-78

3.埼北就職応援サイト

埼北就職応援サイト

埼北就職応援サイトは、埼玉県北部地域に特化した転職サイトです。

深谷商工会議所が運営しており、おもに熊谷市など4つの市と、上里町など5つの町の求人が紹介されています。

製造をはじめ、建設やサービス、福祉など、幅広い職種が掲載されているため、埼玉県北部にお住まいの方や、北部エリアでの転職を考えている方におすすめの転職サイトです。

埼北就職応援サイトの基本情報
(※情報は2023年3月時点)
運営会社埼玉県北部地域の商工会議所
埼玉県の公開求人数北部エリア:61件
埼玉県の非公開求人数非公開
問い合わせ先の所在地深谷商工会議所:埼玉県深谷市本住町17-3

転職エージェント会社を選ぶポイント

おすすめの転職エージェントを紹介してきましたが、実際にどの転職エージェントから登録するべきか分からないという方もいるでしょう。

転職エージェントの選び方を以下の3ステップに分けて紹介します。

  1. 総合的に網羅している転職エージェントに複数登録する
  2. 地域特化型転職エージェントに登録する
  3. 複数社を目安に比較しながら転職活動を進めていく

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

総合的に網羅している転職エージェントに複数登録する

まずはリクルートdodaのような求人を総合的に網羅している転職エージェントに登録しましょう。

総合型転職エージェントは求人数が多いため、求人を見ることで具体的に希望する仕事のイメージが湧いてきます。

埼玉県は比較的求人が多いため、考えていなかった求人を見ることで、選択肢の幅が広がることもあるでしょう。

また、総合型転職エージェントは転職市場に関する知識やノウハウを幅広くもっているので、転職活動の進め方や自分の市場価値を聞くことも可能です。

オンラインでの相談もできますが、もし直接会って相談をしたい場合は、近くに支社がある転職エージェントを選ぶとよいでしょう。

埼玉県は県内に拠点がある転職エージェントが少ないため、東京まで行くことになります。

特化型転職エージェントに登録する

自分が希望する業種や職種に特化している転職エージェントにも登録しましょう。

希望する業種出身のコンサルタントが在籍しているケースもあるので、登録時に希望条件をできるだけ細かく入力することをおすすめします。

それによって、希望条件に精通したコンサルタントが担当になる可能性が高まります。

複数社を目安に比較しながら転職活動を進めていく

複数の転職エージェントに登録したら、それぞれコンサルタントとの面談や求人検索を進めましょう。

実際に登録してみないと、探している求人の数やコンサルタントとの相性は分かりません。

特にコンサルタントとの相性は非常に大切です。コンサルタントによって連絡方法や自分・業界に対する理解度などが大きく変わりますので、慎重に見極めましょう。

使いやすいと感じた転職エージェントはそのまま継続し、他を検討したいというときには新たに登録するのがおすすめです。

あまり多くの転職エージェントに登録すると、転職活動の管理が困難になってしまうので、しっかりと管理できる範囲内で活動しましょう。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用することで、理想の転職へ一気に近づきます。転職エージェントを利用するメリットを3つお伝えします。

  1. 転職のノウハウを教えてくれる
  2. 非公開求人を紹介してくれる
  3. 企業との交渉を代理でおこなってくれる

1.転職のノウハウを教えてくれる

自分だけの力では調べられる情報に限界がありますが、転職エージェントは転職に関するあらゆる面をサポートしてくれます。

【例】転職活動の進め方おすすめ求人魅力的な履歴書・職務経歴書の書き方面接対策企業情報

面接対策では他の求職者からの情報を教えてくれたり、企業の採用担当者から直接聞いた情報を教えてくれたりします。

転職エージェントを利用することで、深い情報を得られるのは大きなメリットです。

転職活動には不安なことが多いですが、転職エージェントは心強い味方です。少しでも気になったことはコンサルタントに聞いて、自信をもって転職活動を進めましょう。

2.非公開求人を紹介してくれる

転職エージェントには、登録した後にしか紹介してもらえない非公開求人があります。

企業が非公開にする理由は、公開すると応募が殺到する恐れがあったり、事業戦略の観点で競合に知られたくなかったりするからです。

条件がいい求人という可能性がありますので、非公開求人を見るためにも転職エージェントに登録しましょう。

2022年8月時点のリクルートエージェントの非公開求人数は約20万件であるのに対し、転職サイトであるリクナビNEXTの求人数は約6.3万件です。

3倍以上も求人数に差があるので、転職エージェントを利用した方が転職の幅は広がるでしょう。

3.企業との交渉を代理でおこなってくれる

コンサルタントは、求職者と企業の間に入って全ての調整をおこなってくれます。

書類提出や面接日程の調整はもちろん、給与や入社日などの条件まで交渉してくれます。

入社前から「給与をもう少し上げてほしい」「土日に面接を調整してほしい」などの相談を求職者から伝えるのは難しいでしょう。

コンサルタントはそのような相談をうまく企業に伝えてくれるので、安心して要望などを伝えられます。

転職エージェントの活用方法

転職エージェントを最大限、活用するための具体的な方法を8つお伝えします。

【例】
・複数の転職エージェントに登録する
・経歴などは全て正直に書く
・希望条件はできるだけ細かく伝える
・担当コンサルタントとの相性は慎重に見極める
・1つの求人に複数の転職エージェントから応募しない
・推薦状を確認させてもらう

複数の転職エージェントに登録する

自分の管理できる範囲で、転職エージェントは複数登録しましょう。保有している求人やコンサルタントとの相性を確認しながら進めることをおすすめします。

複数の転職エージェントに登録する理由は主に2つあります。

1.複数のコンサルタントから異なった視点でアドバイスが受けられる

転職は人生の大きな転換点なので、複数のコンサルタントに相談するのは重要です。
コンサルタントによっては考えもしなかった角度から求人を紹介してくれたり、その人ならではの情報をもっていたりします。

2.より多くの求人が検討できる

転職エージェントによって閲覧できる求人が異なります。
確かに大手は求人数は多いですが、地域に根付いた企業の求人を持っていないケースが考えられます。特化型のエージェント会社も利用することで、自分がより希望する求人が見つかる可能性が高まるでしょう。

経歴などは全て正直に書く

コンサルタントや企業には正しい情報を伝えましょう。

少しでも企業に興味をもってほしいからと自分の能力を捏造したり誇張したりすることは経歴詐称です。たとえ転職できたとしても、入社後のスキルや年収とのミスマッチが起きてしまい、転職の失敗につながりかねません。

転職エージェントにも履歴書などの記録は残るため、その後の関係性が悪くなってしまいます。

もし伝え方が難しかったり、経歴に自信がなかったりするときは正直にコンサルタントへ相談しましょう。コンサルタントは経歴の見せ方などもノウハウを持っているので、しっかりと相談に乗ってくれます。

希望条件はできるだけ細かく伝える

コンサルタントには、できる限り詳細な希望を伝えましょう。

「ここまで伝えて面倒な求職者だと思われないか」と不安になるかもしれません。しかし、コンサルタントは伝えた希望をもとに求人を紹介してくれます。正しく希望を伝えないと、的外れな紹介ばかりになるでしょう。

もし本当に厳しい条件であれば、コンサルタントから正直に代替案や進め方の相談を持ちかけてくれます。

「転勤なし」「月の残業時間は15時間以内」など、具体的な希望を用意しましょう。

担当コンサルタントとの相性は慎重に見極める

転職活動において、担当コンサルタントとの相性はとても大切です。相性が悪いとコミュニケーションが取れなかったり、ストレスを感じたりすることもあるでしょう。

相性が合わなかったときの対処法は2つあります。

1つは他の転職エージェントに登録すること、もう1つは担当コンサルタントの変更を伝えることです。

自分で求人を探してみて希望する求人がなければ、他の転職エージェントに登録してもいいでしょう。

しかし、気になる求人があるのに、他のエージェント会社に登録するのはもったいないです。「異なる角度からの意見も聞いて総合的に判断したい」という伝え方などで、担当変更を伝えてみましょう。

1つの求人に複数の転職エージェントから応募しない

企業は同じ求人を複数のエージェント会社で公開していることがあります。このとき、複数のエージェント会社から同じ求人に応募してはいけません。

企業側からコンサルタントに「他のエージェントからも同じ人で応募がきている」と連絡が入ってしまいます。

企業とコンサルタント両方に迷惑がかかってしまい、最悪の場合、不採用となってしまうおそれがあります。

推薦状を確認させてもらう

コンサルタントは企業に応募する際、応募書類に加えて推薦状も送ってくれます。応募者を紹介するに至った理由などを企業に伝えるためです。

推薦状のクオリティは担当コンサルタントによって変わるため、応募前に確認させてもらうと安心です。

「推薦状の内容と異なった受け答えを面接時にしたくないのと、自分の客観的な評価を知りたいので、拝見させてください」と依頼しましょう。

転職成功のポイント

転職エージェントの活用以外に、転職を成功させるために自分自身が気を付けるべきポイントを3つ紹介します。

  • 転職理由の整理など自己分析をおこなう
  • 徹底的に企業分析をおこなう
  • 面接対策を怠らない

1.転職理由の整理など自己分析をおこなう

しっかりと自己分析をおこなうことで、理想の転職に近づきます。なぜなら、自己分析をおこなうことで自分にとって本当に重要なことは何かを認識することができるからです。

「もっと給料を上げたい」などと、深く考えずに転職してしまうと、たとえ転職して給料が上がったとしても、仕事内容や周りの人間関係が悪化してしまい、転職しなければよかったと後悔するかもしれません。

自己分析をしっかりとおこなっていれば、給与面以外も総合的に分析するので「給料は上げたいが、同じ職種で人間関係が良好な企業へ転職したい」など、より自分が求めていることが見えてきます。

転職は仕事環境が全て変わります。しっかりと自己分析をおこない、後悔のない転職を実現させましょう。

2.徹底的に企業分析をおこなう

自己分析だけでなく、企業分析も徹底的におこなうことが大切です。

目標が明確であっても、それを組織の中で実現できなければ意味がありません。

転職して後悔する理由には、仕事内容・人間関係・教育プランなどがあげられます。

事前に企業のホームページなどで調べるのがおすすめです。疑問点などあればコンサルタントに相談したり、面接時に質問したりしましょう。

3.面接対策を怠らない

たとえ自己分析と企業分析を完璧におこなったとしても、面接でのコミュニケーションが不足してしまうと採用には至りません。

分析で分かったことを明確に伝えられるように、何度も練習しましょう。

採用面接ではよく聞かれる質問パターンがあるので、それらの質問だけでもスムーズに答えられるようにしましょう。

【よく聞かれる質問例】
  • 自己紹介と職務経歴
  • 退職理由・転職理由
  • 応募した理由
  • 自分の強み・弱み
  • 今後のキャリアプラン
  • 前職での実績
  • 自己PR
  • 他社の選考状況
  • 入社可能時期
  • 逆質問

【よく聞かれる質問例】

転職エージェントは面接対策も実施してくれますので、不安を軽減できるように練習することが大切です。

埼玉県にUターン・Iターン転職するメリットデメリット

埼玉県に転職する方のなかにはUターン・Iターン転職を考えている場合もあるでしょう。そのときのメリットとデメリットを紹介します。

Uターン・Iターン転職とは

まずUターン転職とは、進学や就職を機に生まれ育った土地を離れて別の土地へ行った後、転職で地元へ帰ってくることを意味します。

そしてIターン転職とは、生まれ育った土地で就職を果たした方が、転職を機に別の地方へ行くことを意味します。

旅行をきっかけに地方での暮らしに魅力を感じたり、補助金などの優遇制度を求めたりする人がIターン転職をケースも見られるようです。

Uターン・Iターン転職のメリット

Uターン・Iターン転職の主なメリットは次の3つです。

  • ワークライフバランスを充実させられる
  • 落ち着いた環境で生活できる
  • コミュニティでの交流が生まれる

ワークライフバランスを充実させられる

地方は都心ほど物価が高くないため生活費を抑えられます。

その分、職場に近い場所に家を建てたり、借りたりすることを検討できるので通勤時間が減るでしょう。また、人口も都会より少ないため、保育園に子どもを預けやすい傾向があります。実家の近くであれば、親の手助けも考えられるでしょう。

落ち着いた環境で生活できる

東京では朝晩の通勤・帰宅ラッシュに嫌気が差している人もいるでしょう。

また、休日に出かけても混雑していて、なかなかリフレッシュできないと感じる人もいるのではないでしょうか。地方では車通勤などもあり、東京のような満員電車に乗る機会が減ります。自然も豊かであるため、落ち着いた環境でゆったりと暮らせます。

コミュニティでの交流が生まれる

地方は都心よりも地域での交流が盛んな傾向にあります。

Uターン転職であれば、学生時代の友人などとのつながりがあるので、スムーズに輪に入れるでしょう。忙しい都会では周囲との交流がなかなか難しいですが、地方で暮らすことは人の温かさを感じられる機会が増えます。

Uターン・Iターン転職のデメリット

メリットがある一方でUターン・Iターン転職には気を付けるべき点もあります。主な注意点は次の3つです。

  • ビジネスに関するセミナーやイベントが少なめ
  • 地方の生活に馴染めない可能性がある
  • 引っ越しの初期費用やスケジュール管理が必要

1.ビジネスに関するセミナーやイベントが少なめ

都心と比べると地方では、ビジネスの創出機会が少なくなるでしょう。

都心よりもセミナーやイベントが少ないため、ビジネスに関する人との交流機会が減ってしまう可能性があります。

埼玉県でも東京にアクセスしやすい地域であれば変わらず交流機会をつくれるので、この点も踏まえて勤務地を決めることをおすすめします。

2.地方の生活に馴染めない可能性がある

コミュニティでの関わりが強い分、その人間関係がストレスに感じてしまう可能性があります。

人間関係以外にも地方ならではの行事や慣習など、都心と異なる生活環境に適応しないといけません。たとえ地元だったとしても、成長して感じ方が変わっている可能性もあるので、生活環境は事前によく確認しておきましょう。

3.引っ越しの初期費用やスケジュール管理が必要

Uターン転職とIターン転職は引っ越しが伴います。

内定・退職手続き・引っ越し・入社日の調整が必要なので、事前にスケジュール感をエージェントと相談しておくとよいでしょう。

引っ越し費用に関しては、自治体が助成金を出している場合もあるので調べることをおすすめします。

Uターン・Iターン転職を成功させるコツ

Uターン・Iターン転職を希望するときに、成功させるためのコツを3つ紹介します。

  • 家族の理解を得る
  • 理想の求人が出るまで焦らない
  • 特徴の異なる転職エージェントを利用する

1.家族の理解を得る

家族がいる場合は、しっかりと話し合いを行ったうえでUターン・Iターン転職を検討しましょう。

自分の地元であっても、配偶者にとっては初めて暮らす土地である可能性があります。

転職後に生活環境に馴染めず後悔してしまうと、簡単には戻れません。地域のことをよく理解し、家族全員が納得してからUターン・Iターン転職を検討し始めることが大切です。

2.理想の求人が出るまで焦らない

都心と比べると地方は求人が少なく、求める条件の求人が常に出ているとは限りません。

焦って希望とは異なる企業に転職したり、先に引っ越しをしてしまったりすると後悔する結果につながる可能性が高まります。

エージェントと相談しながら、理想の求人が出たときに応募できるよう計画的に行動しましょう。

3.特徴の異なる転職エージェントを利用する

閲覧できる求人の幅を広げるために、特徴の異なる転職エージェントを複数利用しましょう。

地方は求人数が少ないため、紹介される求人を増やさなくてはいけません。
転職エージェントによって業種や職種など得意領域が異なりますので、自分の希望する求人に強い転職エージェントや、大手の求人数が多い転職エージェントをうまく併用しましょう。

埼玉県の生活環境

引っ越しを伴う転職をするときに気になるのが「暮らしやすさ」です。埼玉県の生活環境について紹介します。

住宅

埼玉県東京都
持ち家比率65.7%45.0%
住宅延べ面積86.52㎡65.18㎡
1畳あたりの家賃3,276円5,128円

埼玉県は東京都よりも家賃を大きく抑えられるので、持ち家比率も高くなっています。

転職によって多少年収が下がったとしても、自由に使えるお金は増える可能性が考えられるでしょう。

仕事

埼玉県東京都
通勤時間45.7分44.0分
1ヵ月あたりの労働時間139.5時間145.2時間
1ヵ月あたりの残業時間8.7時間11.1時間

埼玉県は都内へ出勤する人も多いため、通勤時間は多少長くなってしまいます。

しかし、残業時間が少ない傾向にあるので、余暇時間は十分に確保できるでしょう。

埼玉県の転職市場

埼玉県で転職を考えている方にとって「どのくらい転職しやすいのか」「埼玉県の給与水準はどのくらいなのか」などは気になるポイントでしょう。

まずは埼玉県の有効求人倍率と給与水準を紹介します。

埼玉県の有効求人倍率

令和4年10月の有効求人倍率は1.09倍と、前年同月に比べて0.15ポイント上回る数字となりました。

全国でみた有効求人倍率は令和4年10月で1.35倍なので、埼玉県は比較的就職が難しい県といえるでしょう。

しかし、求人数は徐々に増加しているため、埼玉労働局は「雇用は緩やかに持ち直しの動きがみられる」と判断しています。

<有効求人倍率とは>
有効求人倍率とは、有効求人者数に対する有効求人数の割合です。
つまり「1人あたり何件の求人があるか」を示した数値であり、数値が高いほど求人が豊富にあることを意味します。
上記の埼玉県の数字で考えると、有効求人倍率1.09倍なので、1人あたり1.09件の求人があるといえます。

埼玉県の給与水準

厚生労働省の令和元年度の調査によると、埼玉県の1ヵ月の平均賃金は約30.1万円でした。

全国平均が約30.7万円なので、平均よりは若干低い水準です。

さらに令和3年の消費者物価地域差指数を見ると、埼玉県は100.3(全国平均=100)とほぼ平均であるため、転職では年収を落とさないことが大切でしょう。そのためには転職エージェントの活用が必須です。

<消費者物価地域差指数とは>
消費者物価地域差指数とは全国平均を100としたときの、世帯が購入する財やサービスの価格を地域ごとに表した指数です。

埼玉県の産業

埼玉県は製造業に強い県であり、平成26年度の県内総生産額において製造業の割合が18.4%と高い数字でした。

従業者数と事業所数についても、それぞれ17.3%と11.2%と全産業のなかで高い割合を占めています。

東京都・神奈川県・千葉県を含めた一都三県で比較すると、埼玉県は製造業を含めた第二次産業が最も高い22.2%を記録しています。

【参考記事】埼玉県の産業と雇用のすがた

埼玉県で転職を成功させるには転職エージェントを活用しよう

今回は埼玉県でおすすめの転職エージェントと転職エージェントの活用方法、埼玉県の生活環境などを解説しました。

埼玉県は有効求人倍率が低いため、転職が難航するかもしれません。

だからこそ転職エージェントを活用しましょう。
自分の希望を踏まえて、採用可能性の高い企業を探してくれることに加え、企業に推薦してもらうことで採用率を高められます。

幅広い転職エージェントを利用して、理想の転職を実現させましょう。

転職エージェントおすすめ5社

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。