30歳での転職は厳しい?遅い?未経験でキャリアチェンジを成功させるポイントを解説

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

30歳からの転職を考えている人の中には「30歳での転職は厳しい・遅いのではないのか?」と不安に思う人もいるでしょう。たしかに20代と比較すると転職のハードルは高くなりますが、社会人経験が長くスキルや実績をもっている30歳を求めている企業は多数あります。

つまり、30歳でも経験やスキルを評価されることで市場価値が上がりやすくキャリアチェンジをすることができます。転職の成功率を上げるためのポイントや注意点について抑えておくことが大切です。

この記事では30歳での転職を成功させるポイントや未経験転職で活かせる経験・スキルについて解説します。

関連記事:30代転職エージェントおすすめ比較ランキング|女性・未経験・フリーター向けの選び方

目次

30歳の転職事情│30歳での転職は厳しい?遅い?

30歳になってからの転職は「厳しい」「遅い」などと言われることもありますが、実際はそうではありません。転職サイト「doda」によると、2021年の転職成功者の平均年齢は32.2歳となっています。(1)

コロナでどう変わった? 転職成功者の平均年齢調査【最新版】│doda

(※1)引用元:コロナでどう変わった? 転職成功者の平均年齢調査【最新版】│doda

また2022年の最新調査によると、全体で32.2歳、男女別でみると男性で33.0歳、女性で30.5歳となっています。

【参考記事】転職するなら何歳まで?年代別の転職活動のポイントは?転職成功者の平均年齢調査【最新版】|doda

女性の平均年齢は低くなっていますが、あくまで平均年齢のため30歳前半以降での転職に成功している人は多くいると考えてよいでしょう。
また、女性の転職成功者の平均年齢の方が低いのは60歳以上の転職者の数が少ないこと(2)も影響しており、性別によって平均年齢に大きな差はないと考えることもできます。

-令和3年雇用動向調査結果の概況-│厚生労働省

(※2)引用元:-令和3年雇用動向調査結果の概況-│厚生労働省

そのため「30歳で転職は厳しい・遅い」と言われて転職を諦める必要はありません。

本記事では、30歳で転職の成功率を上げるためのポイントについて解説していますのでぜひご確認ください。

30歳の転職が厳しい・遅いと言われる理由

なぜ「30歳の転職が厳しい・遅い」と言われてしまうのでしょうか。
それには、20代と比べて実績やスキルがないと採用されづらいことが原因と考えられます。

20代はポテンシャルを期待されての採用をおこなっている企業の対象となりますが、30歳は即戦力として採用したい企業の対象となるため、転職へのハードルが高くなるためです。

求人や採用において年齢制限を設けることは違法となるため、基本的にどの求人にも応募できますが、キャリア形成のために採用を30歳以下などに絞っている募集することは特例として認められており、求人の選択肢が20代に比べて減ってしまう可能性は考えられます。

【参考】募集・採用における年齢制限禁止について|厚生労働省

つまり、30歳での転職は「厳しい」「遅い」わけではありませんが、転職のハードルは少なからず高くなるということです。前職での経験を活かして企業にアピールをすることが大切となります。

関連記事:30代未経験での転職は厳しい?手遅れ?おすすめの業界や転職エージェントを解説

20代との転職の違い

30歳からの転職は20代の転職と異なる点があります。

  • 求人数が少なくなる可能性がある
  • 即戦力での活躍が求められる
  • 前職での実績やスキルが重視される

まずは前述でも解説しましたが、キャリア形成のために20代などに年齢を絞っている求人もあるため、「20代と比べて求人数が少なくなる」可能性があります。

そのため、転職先への希望条件が高すぎると選択肢が狭まることにつながります。「ここだけは譲れない」といった転職の軸を事前に明確にしておきましょう。

次に「即戦力での活躍が求められる」「前職での実績やスキルが評価される」という点です。入社後すぐに会社の戦力として活躍できるかを判断するための材料として、前の職場であげた実績や所得したスキルが重要視されるためです。

20代前半であれば若さや素直さなどが評価されることでポテンシャル採用につながることもありますが、30代になると熱意だけでは厳しくなります。

30歳からの未経験転職は可能?

30歳からでも未経験転職を成功させることは可能です。未経験の職種や業種でも活かせる経験やスキルがあれば、採用につながる可能性があります。

マイナビの調査データ(2020年度)※では、異職種転職した人の割合は率は30代男性で46.9%、30代女性で53.7%となっており、おおよそ半数が未経験職種への転職をしていることがわかります。

※参照元:転職動向調査 2021年版(2020年実績)

とはいえ、同じ職種への転職の方が実績をアピールしやすく、転職にも成功しやすいことが予想されます。自己分析やスキルの洗い出しなどをおこない、本当に転職したい仕事について考えてみるとよいでしょう。

関連記事:転職したいけどスキルがない30代は手遅れ?未経験におすすめな仕事も解説

30歳未経験でもキャリアチェンジしやすい職種

未経験職種や異業種への転職を考えている人向けに、未経験でもチャレンジしやすい職種を紹介します。

営業職・接客業

営業や接客業は、未経験者でも採用される可能性が高いです。最低限のビジネススキルやコミュニケーション能力があれば対応することができ、商品知識などは業務の中で習得していくこともできるためです。

特に30代は社会人経験を積んでいるため、営業や接客のスキルを期待されることも考えられます。実力が評価されやすい職種ですので、年収アップやキャリアアップを考えている人にもおすすめです。

関連記事:営業が未経験の30代でも活躍できる!必要なスキルと転職活動のコツを紹介

事務職

最低限の事務処理能力やPCスキルがあれば、事務職も未経験転職におすすめの職種です。

事務職を募集している求人や業種の数も多く、条件に合った求人も見つけやすいでしょう。

ただし、事務職は人気の職種となるため競争率が激しくなる可能性があります。そのため前職での経験やスキルが重要となりますので、面接時にアピールできるポイントをまとめておくとよいでしょう。

IT・エンジニア職

IT・エンジニア職は専門的な職種というイメージが強いかもしれませんが、近年のIT技術の進歩にともない2030年には最大で79万人の人材不足が指摘されているなど慢性的な人手不足が指摘されているため、未経験OKの求人も多く見られる職種です。

教育がしっかりしている企業であれば、未経験でも入社時の研修などで最低限の知識やスキルを身に付けることができます。また外部のスクールなどを受講すると短期間で専門的なスキルが身につきますので、先にスキルを身に付けてから転職活動をおこなってもよいでしょう。

関連記事:30代未経験からのSE転職は厳しい?|失敗を避ける方法について解説

公務員

公務員は未経験でも中途採用をおこなっていることが多く、景気や業績に左右されたくない人にはおすすめの職種です。試験に合格する必要がありますが、30歳からでも採用対象となっている市町村も多いため、気になる人はチェックしてみましょう。

公務員への転職に特化した転職サービスやスクールがありますので、現職で働きながら転職活動をおこなうことも可能です。

関連記事:民間から公務員へ転職するなら知っておくべき注意点と大切なポイント

コンサルティング

「コンサルティング職」も未経験での転職がしやすい職種の一つといえるでしょう。

コンサルティングと聞くと難しい仕事のイメージがあるかもしれませんが、特定の分野に特化した知識やスキルがあれば顧客の悩みや課題を解決できる可能性があります。コンサルティング職は収入も高い傾向にありますので、過去の経験をもとにキャリアアップを図りたい人にはおすすめです。

またWebライターやデザイナーなど、決められた資格がなくても働ける職種も人気です。もちろん経験や資格がある方が信頼はされやすくなりますが、未経験でも求人を出している企業やサービスがありますので、ぜひチェックしてみてください。

30歳で転職するメリット

30歳から転職するメリットについて解説します。30代になると経験を活かしてキャリアアップを図ることができるメリットがありますので、自身の経験や強みについてまとめておくとよいでしょう。

経験やスキルを活かした転職ができる

1つ目のメリットは「経験やスキルを活かした転職ができる」ことです。30歳を超えると社会人としての経験や業務に活かせるスキルをもっている人も多くなります。企業側は採用後にどのように経験やスキルを活かして活躍してくれるのかを判断をするため、アピールできるポイントが多いほど転職に有利となるでしょう。

未経験転職の場合は、マネジメント経験や営業実績などの職種が変わっても活かせるスキルをアピールできるとよいです。具体的な実績データや取り組んだ業務内容についてまとめておくとよいでしょう。

キャリアアップが期待できる

2つ目のメリットは「キャリアアップが期待できる」ことです。30代の転職で即戦力として採用された場合、入社後にキャリアアップを狙える可能性があります。特にマネジメントのポジションは歓迎されることが多く、前職でマネジメント業務に携わっていた人は評価されやすい傾向にあります。

これまでの実績や、どのようなポジションで何に取り組んできたが、問題解決のために何をおこなったかなど、わかりやすくまとめておきましょう。

さらに、今後どのように仕事に取り組んでいきたいのかを明確に説明できるようにしておくことで、キャリアアップ転職を目指しやすくなります。面接時に入社後のイメージをしやすくなりますので、企業側も採用を検討しやすくなります。

関連記事:30代で大手への転職は有利?転職を成功させるポイントや対策まで解説

企業とのミスマッチが減る

3つ目のメリットは「企業とのミスマッチが減る」ことです。30歳を超えると社会人としての経験をもとに、自分に合っている仕事内容が分かるようになります。過去に転職をしたことがある人であれば、成功だけでなく失敗けの経験を次の転職に活かすことができます。

そのため20代と比べると、自分に合っていない仕事を選んでしまうなどのミスマッチを防ぐことができます。

30歳に入って今後のキャリアについて現実的に考えるようになれば、企業選びのミスマッチを防ぐ要因になるでしょう。

同職種への転職の場合は年収アップが見込める

4つ目のメリットは「年収アップを狙いやすい」ことです。前職と同じ職種に転職する場合ですが、経験したスキルや資格を活かして業務で活躍することが見込めます。それらを面接時などにアピールすることで、現在よりも高い収入を狙うことができるでしょう。実績を具体的に、できれば数値で示すとより伝わりやすくなります。

中小企業やベンチャー企業であれば、実力次第では早い段階から管理職やマネジメント職を任されることもあります。30歳を超えると専門的なスキルや能力を持つ人も多くなるため、転職時には自分が活躍できそうな分野を選ぶことも重要です。

関連記事:ハイクラス転職したい30代におすすめの転職エージェント10選

40代・50代になる前にキャリアチェンジができる

5つ目のメリットは「40代や50代になる前にキャリアチェンジができること」です。40代や50代と比較すると、30代は未経験職種への転職を含めてキャリアチェンジをすることが現実的であるからです。

40代を超えてしまうと未経験職種への転職はさらに難しくなり、2030代のような転職活動が厳しいかもしれません。

そのため、本当にやりたい仕事があるのであれば30代のうちに行動しておくことをおすすめします。年齢制限のある企業もありますので、気になる求人や業界の情報は早めに確認しておきましょう。

30歳で転職するデメリット

次に30歳から転職するデメリットについて解説します。

30代で転職をすることのデメリットやリスクを覚えておくことで、ミスマッチなどの問題を事前に防ぐことができます。ぜひ以下のポイントを押さえておきましょう。

年齢が制限されている可能性がある

デメリットの1つ目は「年齢が制限されている可能性がある」ことです。前述しましたが、企業によってはキャリア形成のために20代以下を中途採用の対象としている求人もあり、30歳以上というだけで選考から外れてしまうことがあるためです。

そのため20代に比べて、選べる求人が減る可能性があります。転職エージェントに相談すでば、登録者だけに紹介してもらえる非公開求人も見ることができるため。自分だけで転職活動をおこなう場合より、多くの求人から転職先を探せる可能性があります。条件に合った求人が見つからない場合は、転職サービスを利用してもよいでしょう。

関連記事:30代前半の転職経験者が語る|30代前半ならでは転職成功ポイント

年収が下がることがある

デメリットの2つ目は「年収が下がることがある」点です。入社後の活躍によっては前職の給与を超えることもありますが、一時的に収入が下がる可能性があることは理解しておきましょう。

特に未経験職種への転職の場合は実績やスキルが不足するため、年収が下がる可能性が高いでしょう。やりたい仕事がある場合は、年収についての条件を妥協する必要があるかもしれません。

年収を上げたい人は、同じ職種で転職するのをおすすめします。過去の実績が評価されやすく、業務内容によっては転職後の給与がアップする可能性も高くなるためです。

ポテンシャル採用はされにくい

デメリットの3つ目は「ポテンシャル採用がされにくい」ことです。

ポテンシャル採用とは、実績やスキルが不足していても将来の活躍を期待して採用することです。20代のうちはポテンシャル採用の対象となることも多いですが、30代になるとポテンシャルよりも実力が評価されやすくなるため注意しましょう。

ローンが組みにくくなる可能性がある

デメリットの4つ目は「ローンが組みにくくなる可能性がある」ことです。

ローンを組む際には審査がおこなわれますが、その際勤続年数も本人の信用度として確認されます。これまで数年間勤めていたとしても、転職すれば勤続年数は1からカウントし直すことになります。

勤続年数が1年未満となると、ローンの審査に通りにくくなる可能性があるため、近いうちに住宅や車など高額のローンを組もうと考えている人は転職のタイミングを検討した方がよいでしょう。

家族に影響が出る可能性がある

デメリットの5つ目は「家族に影響が出る可能性がある」ことです。

例えば休日や帰宅後に転職活動をおこなうため生活リズムが変わってしまう可能性もあります。また、転職によって年収が下がれば生活に負担が生じるかも知れません。

結婚して子どもがいる場合、生活への負担は家族の負担に直結することも考えられます。

事前に家族と転職について相談し、納得を得る必要があるでしょう。

関連記事:30代後半からの転職は厳しい?失敗する原因や男女別の対策を解説

30歳からの転職に成功しやすい人の特徴

30代で転職に成功しやすい人にはどのような特徴があるのでしょうか。転職成功率を上げたい人は以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 管理職・マネジメントの経験がある
  • 専門的なスキルや資格をもっている
  • 明確なキャリアプランがある

管理職・マネジメントの経験がある

30代の転職では管理職やマネジメントの経験がある人は採用されやすいです。そのため、職務経歴書や面接時にアピールできるようなマネジメント経験があると転職に有利といえます。

管理職として働ける人材を求めている企業は、社内体制を整えたり変革を期待したりしているケースが考えられます。30代でキャリアアップを図る人にはチャンスと考えることもできますので、管理職やマネジメントの経験や実績がある人は積極的にアピールしていきましょう。

専門的なスキルや資格をもっている

30代で専門的なスキルをもっている人は採用されやすいでしょう。転職先で活かせる高いスキルや資格をもっていれば、即戦力としての活躍が期待されるためです。中にはスカウトやヘッドハンターから声がかかることもあるようです。

また、前職での実績と合わせてアピールできるとベストです。目に見えるデータなどがあるとよいですが、難しい場合は具体的な取り組みや自分が主体となって成果を上げたプロジェクトなどを説明できるよう準備をしておくとよいでしょう。

明確なキャリアプランがある

30代の転職では、将来に向けた明確なキャリアプランがあると採用されやすいです。企業にとって30代の転職者を採用することは少なからずリスクがあるため、入社後に活躍するイメージをもってもらうことが重要です。

5年後、10年後のビジョンを伝えることで、企業とのミスマッチがないかと判断することができます。企業や業界に対する熱意や意欲も伝えることができますので、明確なキャリアプランや転職理由を事前にまとめておきましょう

30歳からの転職で失敗しやすい人の特徴

次に30代で転職に失敗しやすい人の特徴についても解説していきます。30代で以下の特徴に当てはまる人は転職成功率が下がることも予想されますので確認しておきましょう。

転職条件のこだわりが強い

転職に対する条件が高すぎたり、こだわりが強すぎたりすると採用につながりにくくなります。

すべて理想通りの求人を見つけること自体が難しく、また見つけられたとしても採用条件に当てはまっているかが分からないためです。

そのため、転職の軸を最初に決めておくとよいでしょう。例えば「年収アップを第一にこだわりたい」「給料が下がってもこの職種で頑張りたい」といったイメージです。転職の軸が明確になっていると転職理由も伝えやすく、企業選びもスムーズにおこなうことができます。

転職回数が多い

30代で転職回数が多い人は採用で不利になることがあります。

具体的には3回以上の転職となる人は、企業に「転職回数が多い」と思われてしまう傾向があります。()

転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態│リクナビNEXT

 (※)引用元:転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態│リクナビNEXT

複数回転職している人でも、何かしらの事情があっての転職をしているはずです。過去の転職理由について面接で聞かれる可能性もあるため、面接官が納得できる理由を用意しておきましょう。

前述のように企業はミスマッチや早期退職を不安視していることもあります。企業側の不安や疑問を解決できるよう対策していくことが重要です。

将来のビジョンがない

30代で将来のビジョンがない人は転職に失敗しやすい傾向があります。

「何となく良さそうだから」という理由で転職してしまうとミスマッチが起こりやすいだけでなく、企業側から仕事が長続きしないと思われてしまう可能性もあるためです。

30代後半や40代になると転職のハードルが高くなります。30歳を過ぎてからの転職で失敗してしまうと後が無くなってしまう可能性もありますので、自分の将来のビジョンをよく考えたうえで転職活動をおこなうとよいでしょう。

関連記事:30代の転職で失敗する5つの理由|転職を成功させる方法をプロが徹底解説

30歳からの未経験転職を成功させるための7つのポイント

30歳からの転職を成功させるためのポイントやコツについて解説します。成功させるためのポイントはいくつかありますが、重要なのは企業とのミスマッチを事前に防ぐことです。そのためには自己分析や市場調査をおこない、自身の強みを活かせる企業を探す必要があります。

これから転職活動をおこなう予定の人は、以下を押さえておきましょう。

自己分析をおこなう

まずは「自己分析をおこなう」ことが大切です。

自己分析をおこなうことで、自分自身の経験や強み、今後どのような働き方をしていきたいのかを明確にすることができます。

自己分析をせずに転職活動をおこなうと、退職理由や志望動機を上手く伝えることができず、採用されにくくなることも予想されます。また、明確な理由なく企業を選んでしまうため、入社後のミスマッチを引き起こす原因にもなります。

自己分析は仕事での経験だけでなく、好きなことや得意なことにも着目することをおすすめします。例えば、長く続けられている趣味や長時間取り組んでいても苦にならないことなどが、自分の本当にやりたい仕事につながるかもしれません。

関連記事:仕事で何がしたいかわからない30代がやりたいことを見つける方法とは

現職中に転職活動を始める

2つ目は「現職中に転職活動を始める」ことです。

現職中に転職活動をおこなうことで、焦らずに余裕をもつことができるためです。

Biz Hitsがおこなったアンケートによると、働きながら転職活動を始めた人と辞めてから転職活動を始めた人の割合はほぼ半分ずつだったのに対し、「働きながらと辞めてからどちらがいい?」という問いに対しては、「働きながら転職活動した方がいい」と回答した人がが74.2%に上りました。

「働きながらの転職活動」と「辞めてからの転職活動」どっちがいい?【500人アンケート調査】|Biz Hits
「働きながらの転職活動」と「辞めてからの転職活動」どっちがいい?【500人アンケート調査】|Biz Hits

引用元:「働きながらの転職活動」と「辞めてからの転職活動」どっちがいい?【500人アンケート調査】|Biz Hits

理由としては「金銭面の安心感がある」「精神的な余裕をもてる」などが挙げられています

退職後に転職活動をおこなう場合、時間に余裕ができるなどのメリットがありますが、転職活動が長引いた際のリスクが多くなります。「離職期間が長い」「金銭面が苦しくなる」といった状況になってしまうと、気持ちに余裕をもつことができずに、選択を誤ってしまうことも考えられます。

現職中の転職活動は、終業後や休日などを利用しなければならない場合もありますが、さまざまなリスクを想定して計画的に動くようにしましょう。

関連記事:働きながらの転職は難しい?辞めてから転職すべきか徹底検証

アピールできる資格やスキルを整理しておく

3つ目は「アピールできる資格やスキルを整理しておく」ことです。

30代になると前職で得た資格やスキルが評価されやすくなるため、転職先で活かせる資格やスキルについて整理しておきましょう。

30代は即戦力としての採用が多くなるように、求められるレベルも20代と比べて高くなりやすい傾向にあります。実際に自分のスキルがどのくらいの価値やレベルなのかを把握できるよう、実際に面接時に受けたり、転職エージェントに相談したりするとよいでしょう。

関連記事:30代転職におすすめの資格14選!有利になる資格の選び方を紹介

転職したい業界や転職市場を調べておく

4つ目は「転職したい業界や転職市場を調べておく」ことです。特に未経験業界への転職の場合は、最低限の業界知識は把握しておくようにしましょう。

自分で調べるのが難しい場合は、転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。業界の成長率や年収の相場を把握しておくことで、キャリアアップに大切な情報を活かして転職活動に臨むことができます。

現職でスキルアップを図る

転職を成功させるためには「現職でスキルアップを図る」ことも一つの方法です。転職先に求められるスキルが身についていない場合は、面接を受けても不合格となる可能性が高くなるためです。

例えばIT系の企業への転職を考えている場合は、必要なスキルをオンラインスクールで所得することができます。またマネジメント経験は多くの企業で評価されやすいため、職場内でマネジメント業務に携われるか確認してみてもよいでしょう。

経験やスキルが多い方が収入も上がりやすく、キャリアアップを図りやすくなりますので、現在の自分の強みや弱みについて理解しておきましょう。

転職の条件を絞りすぎない

6つ目は「転職の条件を絞りすぎない」ことです。

30代に限ったことではありませんが、あまり条件を絞りすぎると良い企業に出会いにくくなります。

30代になると周囲との比較などから、実績やスキルに見合っていない条件を希望する人もいます。しかし企業が求める実力がアピールできなければ内定がもらえず、転職活動が長引いてしまう可能性も高くなるでしょう。

「ここだけは譲れない」といった転職の軸を決めておくと、企業選びがスムーズになります。これまでに培った経験を活かせる企業は多くあるはずですので、同じ職種でキャリアアップを図ることも可能です。

転職エージェントを活用する

7つ目は「転職エージェントを活用する」ことも転職を成功させるポイントとなります。転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが面接や職務経歴書に関するアドバイスをくれたり、非公開求人を紹介してくれたりします。

自分だけでは条件にマッチする企業を見つけられないという場合も、転職エージェントを活用すれば良い求人を紹介してもらえる可能性があります。未経験職種への転職を希望している場合も、転職成功のための相談ができたりアドバイスがもらえたりするかもしれません。

転職エージェントを選ぶ際は、それぞれのエージェントの強みを把握しておくことが大切です。30歳以上の転職に強い」「ハイクラス・高収入の求人多数」といった特徴から、自分に合った転職エージェントを見つけましょう。

転職エージェントは1つだけでなく複数のサービスを併用しても問題ありません。あらゆる角度から転職市場を分析するためには積極的に転職サービスを活用していきましょう。

関連記事:30代におすすめ転職エージェントランキング比較|女性・未経験・フリーター向けの選び方

30歳からの転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントはたくさんあって、どれを選ぶべきか迷ってしまう人も少なくないはずです。

転職エージェントには「求人数が多い」「30代の転職に強い」など、それぞれ異なった特徴や強みがあります。自分の状況や希望に合った転職エージェントに登録することで、転職を成功に近づけることができるでしょう。

ここでは、特徴別におすすめの転職エージェントを5つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

求人数が多く未経験でも転職活動しやすい転職エージェント

求人数が多い転職エージェントは、転職先の選択肢が広がるだけでなく、さまざまな条件の求人に出会える可能性も高まります。未経験OKの求人に出会えるチャンスも増えるため、まずは登録しておくとよいでしょう。

30代で転職を検討している人におすすめできる、求人数の多い転職エージェントは以下の2社です。

エージェント名

特徴

リクルートエージェント

2023年3月30日時点で35万件以上の公開求人と25万件以上の非公開求人を保有

専門コンサルタントの手厚いサポートが期待できる転職エージェント

doda

大手・優良企業の求人多数
スピーディな転職活動をしたい人向け
転職サイト機能も充実

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、大手リクルートが提供する転職支援サービスの中で、キャリアアドバイザーによるサポートが受けられるサービスです。

膨大な数の求人を保有しているため、ご自身の希望条件に合った転職先を見つけられる可能性も高まります。転職エージェントを利用するなら、まずは登録しておきたいサービスです。

特徴

業界最大級の求人数

経験豊富なキャリアアドバイザーによるサポート

各種セミナーで転職活動をサポート

応募の進捗管理や職務経歴書エディターが利用できる専用ページを使って、わかりやすく転職活動を進められるのもリクルートエージェントを利用するメリットです。

「面接力向上セミナー」「自己分析セミナー」「キャリアデザインセミナー」など、転職活動に役立つさまざまなセミナーも開催されているため、積極的に利用してみることをおすすめします。

関連記事:【独自調査】リクルートエージェントの評判はひどい?口コミから実情を調査

doda

doda

dodaは早く転職を決めたいと考えている方におすすめの転職サイト・転職エージェントです。

20万件以上の求人(2023年4月時点)から自由に検索できる転職サイト機能のほか、専任キャリアアドバイザーによるサポートが受けられるエージェントサービスも利用できます。

特徴

アドバイザーからの提案とスカウトの両方で効率的に条件に合う求人を見つけられる

自分でも求人を検索できる

提携エージェントからも求人を紹介してもらえる

dodaにはキャリアアドバイザーによるサポートのほかに、求人先企業から直接オファーが届くスカウトサービスもあります。Web履歴書を充実させておけば、待っているだけでオファーが来る可能性があるため、キャリアアドバイザーのサポートとスカウトの両方の求人を見て選ぶことができます。

提携エージェントからスカウトが来る場合もあり、とても多くの求人に触れられるため、より良い転職先への転職を迅速に決められる可能性も高いでしょう

関連記事:dodaの悪い評判・口コミは実際どう? 向き不向きを徹底解説

30歳からの転職に向いている転職エージェント

30代で転職をする場合、30代の転職に強い転職エージェントを活用するのも有効です。30代向けの転職アドバイスや求人紹介を受けることができるほか、管理職やハイクラス向けの求人に特化しているエージェントもあります。

高収入やキャリアアップを狙いたい人はぜひ登録しておきましょう。

30歳からの転職におすすめの転職エージェントは以下の3社です。

エージェント名

特徴

マイナビエージェント

20~30代利用者満足度の高い大手転職エージェント。

type転職エージェント

20代から30代の支持が高い転職エージェント年収をアップしたい人にもおすすめ。

doda X

ハイクラス向けの非公開求人情報を多数掲載キャリアのある30代向けの転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、2023年のオリコン顧客満足度®調査 転職エージェント部門で第1位を獲得している、利用者からの信頼もあつい転職エージェントです。

特徴

オリコン顧客満足度®で転職エージェント部門1位に輝いた実績

求職者のための専任アドバイザーのほかに企業担当のアドバイザーが在籍

転職サイト機能も利用可能

マイナビエージェントには、求職者専任のアドバイザーのほかに企業担当のアドバイザーがいます。企業の担当者と直接やり取りをおこない、求人票だけでは伝えきれない企業の情報を伝えてくれるのが役割です。

実際の社内の雰囲気、有休消化率、手当など、気になることは遠慮なく聞いてみましょう。事前に実情を知ることで、納得して転職活動に臨めます。入職後のミスマッチを防ぐことにもつながるため、利用するメリットのある転職エージェントです。

関連記事:マイナビエージェントの評判はひどい?口コミや利用におすすめな人を解説

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、まだ在籍中で働きながら転職活動ができるのか不安な方に向けてさまざま転職サポートを提供しています。

丁寧なキャリアカウンセリングをもとに、応募書類を一緒に作り上げ、模擬面接を実施し、転職にかかわる手続きや日程調整もおこなってくれます。

現職に集中しながらでも転職活動を進められるため、忙しい30代の転職で利用したい転職エージェントといえるでしょう。

特徴

働きながら転職活動が進められる

応募書類の作成をサポートしてくれる

年収アップが望める

type転職エージェントでは、求人先企業と条件や年収の交渉もおこなってくれます。

キャリアアップを目指して転職したい、今よりも条件のよいところで働きたいと考えているなら、登録しておきたい転職エージェントです。

関連記事:type転職エージェントの悪い口コミ・評判は本当?メリットとデメリットを解説

doda X

dodaX

doda Xはハイクラス転職に特化した転職サービスです。

年収800万円以上の求人もあるなど、これまでの経験を活かしてマネージャーや管理業務、コンサルなどの職種に挑戦したいと考えている方にもおすすめの転職サービスです。

特徴
  • ハイクラス転職に特化
  • 年収アップが望める
  • ヘッドハンティングサービスがある

doda Xには、担当者から求人を紹介してもらえる「求人紹介サービス」と、ヘッドハンターからスカウトが届く「ヘッドハンティングサービス」の二つのサービスがあります。

職務経歴書を充実させておけばスカウトが届く確率が高くなり、思いも寄らない業界や職種からスカウトが届くかもしれません。

業界に精通したヘッドハンターからスカウトか来ることは、自分の市場価値を知ることにもつながります。自分自身を試してみたい、より条件の良いところに転職したいと考えている方はぜひ利用を検討してみてください。

関連記事:doda Xの評判は良い・悪い?口コミからサービスの特徴・メリット・デメリットを解説

まとめ|30歳での転職は厳しい?遅い?

30代になってからの転職は難しいと考えている方も多いでしょう。

もちろん20代よりも難易度は上がりますが、これまでの知識や経験を活かした転職活動を行えば十分なキャリアアップも目指せます。

ご自身のこれまでの社会人としての経験をしっかり形として伝えられるようにしておき、その内容と求める人物像に一致する会社を優先的に探していきましょう。

また、30歳以降でスムーズな転職を目指すのであれば、無料転職サービスの利用をおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、キャリアドバイザーと面談し、スキルの棚卸や条件にあった転職先の紹介、履歴書・職務経歴書など書類選考対策へのアドバイスや面接対策などを受けられて、あなた自身で活動するより内定がもらえる可能性がぐっと高まるからです。

なお、転職エージェントはたくさんあり、それぞれで特徴や強みが異なります。36歳以上での転職なら、この記事で紹介した「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」「type転職エージェント」「doda X」の転職サポートを利用するのがおすすめです。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。