30代未経験での転職は厳しい?手遅れ?おすすめの業界や転職エージェントを解説

30代 未経験
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

今の仕事と全く違う業界や職種に30代で転職できるの?

異業種に挑戦したいけど転職できるか不安

社会人になって約10年、このまま今の会社に残り続けるのか、それとも違う会社に転職するのか迷っているのではないでしょうか。

今後の自身の将来性を考えたうえで、未経験業界・職種に挑戦したい方に向けて本記事では、下記について解説します。

高橋 宇内氏

30代で未経験業界・職種への転職を成功させるために、ぜひ最後までご覧ください。

  

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

30代が未経験職へ転職する理由とは?

厚生労働省が調査した、令和3年雇用動向調査結果の概要によると、30代の転職理由は下記の結果となりました。

左右にスライドできます
順位30代前半転職理由(割合)30代後半転職理由
1位その他の個人的理由(21.8%)その他の理由「出向等を含む」(19.8%)
2位その他の理由「出向等を含む」(15.9%)その他の個人的理由(19.5%)
3位仕事の内容に興味を持てなかった(10.3%)会社の将来が不安だった(14.0%)
4位労働時間・休日等の労働条件が悪かった(9.8%)労働時間・休日等の労働条件が悪かった(11.9%)
5位会社の将来が不安だった(8.9%)給料等・収入が少なかった(10.8%)
6位給料等・収入が少なかった(8.2%)職場の人間関係が好ましくなかった(5.8%)
7位会社都合(5.8%)能力・個性・資格を活かせなかった(5.8%)
8位定年・契約期間の満了(5.7%)会社都合(5.5%)
9位職場の人間関係が好ましくなかった(5.3%)定年・契約期間の満了(2.8%)
10位能力・個性・資格を活かせなかった(4.0%)仕事の内容に興味を持てなかった(2.7%)
(参照元:令和3年雇用動向調査結果の概要 厚生労働省

厚生労働省の調査結果から、30代前半は2割の方が個人的な理由で退職していることが分かります。また30代後半は、出向など働く場所が変わることで転職を決意している方が多いようです

また30代全体として、労働環境や会社の将来が不安で転職している方が1割ほどいます。

そのため、会社の将来性や今後の働き方について考え直す方が増えていることが予想されます。

30代が未経験で転職するのが厳しい・手遅れといわれる理由

30代で未経験業界・職種へ転職をするためには、難しいと言われる理由を把握しておくで、失敗するリスクを抑えられることができるでしょう。

いざ転職活動を始めて、内定がもらえずに後悔しないためにも、下記の難しい理由を覚えておきましょう。

未経験業界・職種へ転職するのが厳しい・手遅れといわれる理由
  • 即戦力を求められる
  • 前職の色に染まっている可能性がある
  • 30代で未経験OKの求人が少ない

即戦力を求められる

即戦力が求められるのは、30代で未経験業界・職種へ転職するのが難しい理由のひとつです。

30代を採用する企業は、今までのスキルや経験、実績を活かして、活躍できる人材であるかを重視します。

そのため未経験の場合、業界や職種の知識や経験がないため、即戦力として採用されないでしょう。

しかし、たとえ志望する業界の経験が全くなかったとしても、いままでのスキルや経験が新しい分野でも役立つことをアピールすることが重要です。

ポータブルスキルと呼ばれる汎用的に活かせるスキルがあれば、業界の知識は入社してからでも身につくため、経験がない業界でも十分に転職は可能です。

高橋 宇内氏

どれだけ再現性のあるスキルがあるかをアピールすることが未経験転職では大切です。

前職の色に染まっている可能性がある

前職の色に染まっている可能性があるのも、30代で未経験業界・職種へ転職するのが難しい理由です。

前職で培ったスキルや経験は、新たな職場でも活かせる場面があります。しかし、同時に前職での環境や文化に染まってしまう場合があります。

たとえば、前職での仕事の進め方が新しい職場では全く異なることもあります。

今までのやり方をすべて変えなければいけない場合、なかなかすぐに仕事のやり方を変えるのは難しいでしょう。

このように自社の文化ややり方にマッチしないと判断されてしまうと、採用されにくくなります。

そのために、いままでの経験を客観的に振り返り、新しい環境でも柔軟な対応ができることアピールすることが大切です。

高橋 宇内氏

30代で未経験転職を成功させるためには、応募先のやり方に柔軟に対応できる素直さを持っていること伝えましょう。

30代で未経験OKの求人が少ない

30代はスキルや経験、実績を重視されるため、そもそも未経験で応募できる求人は多くありません

そこで志望する業界・職種の求人が少ないときは、転職エージェントの活用をしましょう。

転職エージェントは、非公開求人を保有しているため、一般的に公開されていない未経験OKの求人を紹介できる可能性があります。

30代で未経験業界・職種に転職するためには、自身のスキルや経験、実績を活かすことができる業界の求人を多く保有しているエージェントを活用することが重要です。

高橋 宇内氏

自身で求人を探すのには時間がかかるため、転職エージェントを活用して、効率的に転職活動を進めていきましょう。

あわせて読みたい
転職したいけどスキルがない30代は手遅れ?未経験におすすめな仕事も解説! 30代で「転職したい」と思っているけれど、スキルがないことやキャリア不足に悩んで一歩を踏み出せない方もいるでしょう。 結論からお伝えすると、30代でスキルがない場...

30代未経験でも転職できる理由

30代で未経験業界・職種へ転職できる理由は以下の2点です。

30代でも未経験業界・職種へ転職できる理由
  • 人材の流動性が高まっているから
  • ポータブルが身についているから

30代で未経験業界・職種に転職することは、決して簡単ではありませんが、自分の状況に合わせて適切な選択をしましょう。

人材の流動性が高まっているから

1つの企業に勤め続ける終身雇用の時代から、転職することが当たり前の時代に変わりつつあります

また人材不足に悩んでいる企業も多く、今までは30代の未経験採用を行っていなくても、採用に苦労しているため30代でも未経験で採用する企業が増えてきています。

人材の流動性が高まっていることで、30代でも転職できるチャンスが増えてきています。

ポータブルが身についているから

30代で未経験転職を成功させるために欠かせないのが、ポータブルスキルです。

「課題解決能力」「コミュニケーション能力」などのポータブルスキルが身についている人材は、業界問わず活躍できるため、経験のない業界でも転職することができるでしょう。

そのため自身が活かせるスキルを身についているか一度振り返っておきましょう。

ただし、30代後半になると未経験で応募できる求人が減るため、早めに行動するのがおすすめです。

30代未経験で転職する際の注意点

30代で未経験業界・職種に転職する注意点は、下記のとおりです。

30代で未経験業界・職種に転職する際の注意点
  • 収入がダウンする可能性がある
  • 活動が長期化するケースがある
  • ハードルが高くなる

30代で未経験業界・職種に転職を成功させるために、ぜひ参考にしてください。

収入がダウンする可能性がある

未経験業界・職種でも、前職で培ったスキルや経験を活かせる企業を選ぶことで、30代の未経験でも収入を維持できたり、収入を上げたりすることも可能です。

しかし、前職で培ったスキルや経験が評価されない場合は、収入がダウンする可能性があります

30代で未経験業界・職種に転職するときは、事前に収入が下がる可能性を頭に入れておくことが重要です。

また、転職エージェントのアドバイスを受けながら、給与面の交渉や収入アップの道筋を探ることも重要です。

活動が長期化するケースがある

自分のスキルや経験をうまくアピールできないと転職活動が長期化する可能性もあります

というのも、未経験を採用するときは、人件費が安いうえに将来性のある20代のほうが採用されやすいからです。

たとえ、内定がなかなかでなくても将来のキャリアを見据えて、焦らずに転職活動を進めていくことが重要です。

転職活動を効率的に進めるためにも、転職エージェントを活用することをおすすめします

ハードルが高くなる

30代は一般的に今までの経験やスキルが求められるため、未経験の業界や職種への転職はハードルが高くなってしまいます。

たとえ未経験OKの求人だったとしても、経験者が応募すれば優遇されるかもしれません。

転職を成功させるためには、前職で培ったスキルや経験をどのように活かすことができるかをアピールすることが大切です。

30代未経験での転職が手遅れにならないケース

30代未経験での転職が手遅れにならないケースは、下記のとおりです。

30代未経験での転職が手遅れにならないケース
  • 新しい目標・目的がある
  • 現職では解決できない問題を抱えている

理由については詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

新しい目標・目的がある

新しい目標・目的がある場合は、30代で未経験業界・職種に転職した方がいいケースです。

なぜなら、30代が未経験の業界へチャレンジできる最後のチャンスがだからです

もし40代以降で未経験の業界転職したいと思っても、そもそも応募できる求人すらありません。

40代になって、「あの頃に挑戦しておけばよかったな」と後悔する前に、新しい目標や目的を実現するために未経験業界・職種への転職を検討しましょう。

現職では解決できない問題を抱えている

業務を改善するための提案書を出しても、忙しいからなどと受け入れてくれない

毎日同じ作業をしていてスキルが身についている実感がない

このように会社への不満があるにもかかわらず、転職をあきらめて働き続けしまうと40代で転職できるスキルや経験が身につかずに、最悪の場合転職したくでもできないことも考えられます。

40代以降のキャリアを考えたうえで、現職に留まるのか転職すべきかを判断しましょう。

また、仕事が原因で体調不良になった場合は、早急に退職すべきです。働けない期間が続いてしまうと、安定した収入もなくなるため、生活に影響が出てしまいます。

他にも退職した方がいい会社の特徴があるので、下記の記事を参照ください。

30代未経験での転職が厳しいケース

30代で未経験業界・職種に転職しない方がいいケースは、下記のとおりです。

30代未経験での転職が厳しいケース
  • 明確な転職理由がない
  • 収入を下げたくない
  • 家族からの理解を得られない

それぞれ詳しく解説します。

明確な転職理由がない

明確な転職理由がない場合は、30代で未経験業界・職種に転職しようとしても苦労する可能性が高くなります

やりたい仕事がなく「何となくいまの仕事が嫌だから」といった理由で転職すると、同じ状況を繰り返す可能性が高く、早期離職に繋がります

なぜ転職するのか理由を明確にしなければ、転職を成功させることは難しいでしょう。

転職理由をまだ深掘りできていない方は、一度なぜ転職したいのか自己分析しましょう。

収入を下げたくない

30代で未経験業界・職種に転職すると、前職での経験を活かしにくいため、収入が低くなる場合もあります

年収を上げるために転職をしたい方は、未経験の業界や職種ではなく、今までの経験を活かせる仕事へ転職したほうがいいでしょう。

新しいスキルや経験を身につけたいなど、年収以外に転職をする目的がある方は、未経験の業界や職種に転職することで、転職の目的を実現できるはずです。

ただし、30代で未経験業界・職種に転職する場合、年収が下がる可能性があることは理解しておきましょう。

家族からの理解を得られない

家族からの理解を得られない場合も、30代で未経験業界・職種に転職しない方がいいケースです。

もし30代で未経験業界・職種に転職できたとしても、収入が下がってしまうと、日常生活に影響があるかもしれません。

年収が下がるリスクがあっても、30代で転職するときは、家族と相談してきめるのがいいでしょう。

30代未経験での転職におすすめの業界

では、30代以降の未経験者の方にとって転職が決まりやすい職業について紹介していきます。

未経験でも転職しやすい業界

▼「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

左右にスライドできます
1位美容・ブライダル・ホテル・交通94.7%
2位販売・フード・アミューズメント93.6%
3位技能工・設備・配送・農林水産 他90.3%
4位保育・教育・通訳90.1%
5位医療・福祉84.9%
6位管理・事務83.3%
7位公共サービス83.1%
8位企画・経営81.4%
9位医薬・食品・化学・素材80.1%
10位コンサルタント・金融・不動産専門職79.8%
11位営業78.4%
12位クリエイティブ73.1%
13位電気・電子・機械・半導体70.0%
14位建築・土木69.2%
15位WEB・インターネット・ゲーム57.1%
16位ITエンジニア48.6%

※1:2017年11月7日調べ/職種はマイナビ転職上の分類に基づく

引用元: マイナビ転職|未経験から転職しやすい職種・業種は? 企業は未経験者に何を期待してるん?

ブライダル・ホテル業界

コロナウイルスによる自粛制限が解除された関係もあり、サービス拡大に伴う人員募集を進めている業界のため、未経験でも歓迎している業界と言えます。

販売・アミューズメント

接客業と思っていただければよいですね。専門的な知識がなくても、人とのコミュニケーションなどがちゃんととれれば誰でもでき、個性的な人が採用されやすい傾向にあります。

配達・ドライバー

工場のラインではなく、宅急便などの配送、宅配ドライバーなどが含まれる職種です。運転免許が必要とされますが、多くの人が持っているかと思いますので未経験から転職するのであれば、比較的狙い目と言えます。

介護・福祉業界

営業職と同様に介護職も人手が足りていない業界になりますが、募集する人も少なく高齢化に向けてより一層、今後の人手不足に拍車がかかるでしょう。

一般的に介護職は安月給のイメージがありますが、人手不足に伴い、今後給料が高くなる見込みのある業界です。女性が中心に活躍する業界でもあるので、30代以降の女性が未経験者として転職する上で最適な業界ともいえます。

仕事をしながらヘルパーの資格を取ることもできる上に、未経験者でも昇進が望める職種でもあるので、30代の転職希望者は一度、検討してみてもいいかもしれません。

営業職

営業職は、どの企業も常に採用を行っており、需要の高い職種です。専門的な知識がなくとも未経験から挑戦できるため、30代からでも転職できる可能性があります。

また、営業職は固定給に加えて歩合制を設けている企業も多いため、自身の努力次第で収入を上げられるでしょう。

未経験、ノースキルでも大丈夫!
異業種への転職に特化した次世代エージェント

WarX
1分で登録完了!

 

未経験だと転職しにくい業界の例

IT・WEB業界

近年、2~5%程度の成長を続けるIT関連市場。AIの発展により消える職業もあるといわれる中で、今のうちにIT・WEB業界に転職しておくべきでは?と考える方も多いでしょう。

確かに、IT業界の人手不足は他業界に比べて顕著ですが、まったくの未経験者が転職できるかといえば別です。

新卒者であれば一から育てていきますが、30代の未経験者を育てていこうと考える企業はほとんどありません

30代未経験者がIT業界への転職を目指すのであれば、経験を活かせる職種の求人に応募するのが確実です。

また、未経験からエンジニアやプログラマーを目指すのであれば、独学でもスクールに通うでも良いので、プログラミングの勉強を始めましょう。

経理財務

経理事務などの事務作業ですが、全くの未経験からの転職は難しいでしょう。

主な仕事は伝票整理や書類ファイリングなどですが、毎月初の経費精算に加えて、決算期の監査法人対応が見込まれる場合は、経験などが求められます。

歓迎される条件』にも

  • 四半期決算経験
  • 日商簿記検定2級以上の資格

などが含まれるケースが多いです。

営業職全般は未経験でも狙い目

営業職は離職する人の割合も高いために、求人を募集している企業の多い業界になります。

営業は採用の間口が広くポテンシャルが求められる職種であるため、未経験の方でも採用される確率は比較的高い職業です。

また、不動産業界の営業は30代の方でも転職に成功しやすいと言われておりますが、給料は歩合制なため契約件数はシビアに見られます。

営業職は当人のセンスによるところが大きいため、コミュニケーション能力が低い方は向いていないでしょう。

30代未経験での転職が厳しい人の特徴3選

30代未経験での転職が厳しい人の特徴は以下の3点です。

30代未経験での転職が厳しい人の特徴3選
  • 志望業界・職種についての研究が足りない
  • 自己分析が足りていない
  • 志望理由と退職理由に一貫性がない

30代未経験の転職は、難易度が高い傾向があるため、全員が成功するとは限りません。

30代未経験の転職活動をするときは、失敗する人の特徴を把握し、対策を練ることが重要です。

志望業界・職種についての研究が足りない

志望業界・職種についての研究が足りないのは、30代未経験の転職活動が失敗してしまう原因です。

志望業界や職種についての十分な知識がないまま転職活動を進めると、入社してから「思った仕事内容と違った」と後悔する可能性があります

未経験の業界・職種に挑戦する場合は、特徴や仕事内容、求められるスキルなどについて理解を深めることが重要です。

たとえば、志望業界が技術系であれば、その分野の最新のトレンドや技術動向を把握する必要があります。

職種がマネージメント系であれば、リーダーシップやプロジェクト管理のスキルが重要となるでしょう。

志望業界・職種についての研究を徹底的に行うためには、インターネットの情報だけでなく、業界の専門書やセミナー、実際に働いている人との交流などを通じて幅広い知識を得るようにしましょう。

自己分析が足りていない

自己分析が足りていないのも、30代未経験の転職活動が失敗してしまう原因です。

自己分析は、強みや弱み、価値観、キャリアビジョンなどを明確にするプロセスであり、転職先を選ぶときに大きな指針となります。

また、自己分析が不足している状態で転職活動を進めると、自身のスキルや興味に合わない職種や業界に転職してしまうリスがあります。

履歴書や職務経歴書、面接で自分の強みや適性を十分にアピールできない可能性があります。

自己分析を行うときは、自身の経歴やスキルだけでなく、将来の目標も考慮することが必要です。

どのような職場環境や仕事内容に満足感を感じるか、どのような成長を遂げたいかを明確にすることで、転職先の選定基準を明確にできます。

自己分析を怠らずに進めることで、自身のキャリアの方向性を明確にし、転職活動の成功確率を高めることができるでしょう。

志望理由と退職理由に一貫性がない

志望理由と退職理由に一貫性がないのも、30代未経験の転職活動が失敗してしまう原因です。

転職活動において、志望動機や退職理由に一貫性がない場合、企業からの信頼を得ることが難しくなり、内定が獲得できない可能性があります。

たとえば、前職で残業に不満があって転職する場合にもかかわらず、「新しいチャレンジをしたい」「成長したい」という志望理由を伝えても、企業はなぜ志望しているのか理由が伝わりません。

一貫性のない理由を伝えても志望度が低いと判断され、採用される可能性は低いでしょう。

転職を成功させるためには、退職理由を明確にして、その退職したいと思った課題や悩みを解決できる企業へ応募することが大切です。

30代が未経験転職を成功させる7つのポイント

30代が未経験業界・職種への転職を成功させるポイントは、下記のとおりです。

30代が未経験転職を成功させる7つのポイント
  • スキル・経験を棚卸する
  • 企業が求める人物像を把握する
  • 現職を続けながら活動する
  • 面接の準備を徹底的にする
  • 資格を取得する
  • 志望先の視野を広げる
  • 転職エージェントを利用する

30代で未経験業界・職種への転職を成功させるには、上記のポイントを実施することが重要です。

スキル・経験を棚卸する

30代が未経験業界・職種への転職を成功させるには、スキルや経験の棚卸がポイントです。

スキルや経験の棚卸をするときは、過去の職歴やプロジェクトを振り返り、アピールできる要素をリストアップしましょう

また、業界によって特有のスキルや知識が必要な場合もあるため、志望先が求める要件も確認しましょう。

次に、いままでのスキルや経験が新しい業界や職種でどのように活かせるかを考えていきましょう。

たとえば、前職でのプロジェクト管理経験が、新しい職場での業務プロセス改善に役立つ可能性があるかもしれません。

このように、過去の経験を転職先のニーズとマッチングさせることで、自身の強みをよりアピールできます。

高橋 宇内氏

未経験業界・職種でも活用できるスキルや経験があるはずです。30代が未経験業界・職種への転職を成功させるためには、スキル・経験を棚卸して、どの部分が新しい環境でも活かせるかを明確にすることが大切です。

企業が求める人物像を把握する

企業はスキルや経験だけでなく、文化や価値観に合う人材であるかも重点を置いて採用しています。そのため自身の価値観と企業のビジョンが合うかどうか考えることも必要です。

企業が求める人物像を把握するためには、公式ホームページや求人サイト、社内ブログなどを参考にして調べましょう。

また自身のスキルや性格、価値観を客観的に評価し、求められる人物像と一致しているかも平行して考えることが大切です。

求められる人物像に合わせて、志望動機や自己PRをカスタマイズすることで企業に必要な人材であることをアピールできます。

自身のエピソードや経験を通じて、求められる特性や価値観をアピールすることで、企業とのマッチング度を高められるでしょう。

高橋 宇内氏

企業が求める人物像=採用したい人です。答えがあるのに把握しないのは勿体ないので、しっかりと調査しましょう。

現職を続けながら活動する

現職を続けながら転職活動を進めれば、転職先が決まる前に収入を確保できるため、生活の安定を維持しながら転職活動に専念することが可能です。

急いで転職せざるを得ない状況に追い込まれるリスクも低減されるため、納得できる企業が見つかるまで転職活動をおこなうことができます。

ただし、現職を続けながら転職活動を進めるには時間が足りないと悩んでいる方がいるかもしれません。

そんな方はあなたの転職活動をトータルでサポートしてくれる転職エージェントを利用しましょう。

高橋 宇内氏

退職してから転職するのはリスクを伴います。最小限のリスクにするためにも、ぜひ関連記事を参照ください。

面接の準備を徹底的にする

面接の準備を徹底的にするのも、30代が未経験業界・職種への転職を成功させるポイントです。

面接は転職活動の中で最も重要なステップのひとつであり、十分な準備がなければ自分のアピールや適性を十分に伝えることが難しくなります。

面接の準備を徹底的にするには、応募する企業の情報をしっかりと収集しましょう。

企業のホームページやSNS、ニュース記事などを通じて、企業の特徴、ビジョン、事業内容を把握することが大切です。

また、以下のように面接でよく聞かれる質問に対する準備も行いましょう。

  • 自己紹介
  • 弊社を志望した理由
  • キャリアプラン・ビジョン
  • 前職で誇れる実績
  • 弊社で活用できるスキルや経験
  • 弊社の課題
  • 業界・職種の課題
  • 未経験で挑戦しようと思った理由
  • 希望年収
  • 弊社への質問

未経験業界・職種への転職においては、上記の質問だけでなく、転職先でどのような価値を提供できるか、どのような成果を出せるかを考え、面接でアピールする材料を準備しましょう。


さらに、面接練習を行うことも効果的です。友人や転職エージェントに模擬面接をお願いして、自身の回答や表現を評価してもらうことで、自信を持って本番に臨めます。

高橋 宇内氏

面接はあなたの実力を試す場です。いままでの経験を適切にアピールできれば、採用に大きく近づくでしょう。

資格を取得する

資格を取得するのも、30代が未経験業界・職種への転職を成功させるポイントです。自身のスキルや能力をアピールするために資格取得もおすすめの1つです。

資格は専門知識やスキルを持っていることを証明するものであり、転職先でのアピールポイントとなるだけでなく、自信を持って新たなキャリアに挑戦できる手段でもあります。

資格を取得するときとは、転職先の業界や職種に求められる資格を調査しましょう

また、資格取得を取得する場合は、自身の経験やスキルに合ったものを選ぶことが大切です。未経験の分野であるからこそ、転職先に求められるスキルを身につける選択をすることで、アピールできます。

ただし、資格を取得するには、自身のスケジュールや予算に合わせて選択し、効果的な学習プランを立てましょう。

高橋 宇内氏

資格は将来的にも活用できる武器です。転職活動に余裕を持っている場合は、資格の取得がおすすめです。

志望先の視野を広げる

志望先の業界・職種・企業の視野を広げると、自身の可能性を最大限に高められます

これまでの職歴や得意分野は、未経験業界・職種でも活かせる可能性があります。また、前職での経験が持つ価値を再評価し、どのように新しい職種や業界に応用できるかを考えてみましょう。

志望先の業界や職種に関する情報収集も欠かせません。新しい分野に関する知識やトレンド、求められるスキルなどを調査し、自身との相性を見極めましょう。

また、複数の企業や業界を比較検討することで、自分に合った最適な選択肢を見つけられるはずです。

志望先の視野を広げることは、30代で未経験業界・職種への転職を成功させる一歩になります。

高橋 宇内氏

自身の経験やスキルを客観的に見つめ、どのように活かせるか考えることで、未経験業種でも転職できるでしょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用するのも、30代が未経験業界・職種への転職を成功させるポイントです。転職エージェントは、あなたのスキルや希望に合った求人を探し、転職活動をサポートする専門家です。

転職エージェントが行うサポート内容
  • キャリアプランの相談
  • 書類作成・添削
  • 面接対策
  • 求人紹介
  • 志望先との日程調整
  • 業界・職種の情報提供
  • 選考後のフィードバック
  • 退職手続のサポート

このように、転職エージェントはさまざまな場面でサポートしてくれるため、円滑に進められるようになります。

ただし、転職エージェントを選ぶときは、信頼性や実績を確認することが重要です。転職エージェントの口コミや評判、実際の成功事例などを調査し、信頼できるエージェントを選ぶ必要があります。

30代が未経験業界・職種への転職を成功させるには、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは求人情報の提供から履歴書・面接の準備、日程調整まで幅広いサポートを行い、未経験の転職でもスムーズな活動をサポートしてくれます。

高橋 宇内氏

転職エージェントを活用するときは、併用するのがおすすめです。重要なポイントになるので、ぜひ下記の記事を参照ください。

未経験で転職を目指す30代におすすめの転職エージェント5選

実際に、未経験で転職を目指す30代におすすめの転職エージェント5社を紹介します。

左右にスライドできます
転職サイト登録公開
求人数
非公開
求人数
特徴

リクルートエージェント
公式サイト61,165件278,102件転職支援実績NO.1

求人提案力が高い
doda
doda
公式サイト188,870件42,341件顧客満足度No.1
直接応募も可
マイナビエージェント
マイナビエージェント
公式サイト45,114件17,956件若年層の転職に強み
夜間・土曜日相談可
dodax
doda X
公式サイト 30,652件年収800万円以上の求人を多数保有
キャリアコーチが在籍
type転職エージェント
type転職エージェント
公式サイト28,716件18,199件首都圏求人に強い
マッチ精度が高い
*2023年4月時点

以上のおすすめの転職エージェントは、次の基準で選定しています。

  • インターネット上での評判がよい
  • 高い転職実績を持っている
  • サポート体制が充実している
  • 紹介できる求人案件が多い

それぞれ違った魅力を持っているため、特に自分に合うのはどれか、特徴から見極めることが大切です。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda X

dodaX

doda Xの特徴
  • ハイクラス転職に特化
  • 年収800万円以上の高収入求人あり
  • ヘッドハンターからスカウトが届く

 

doda Xは、管理職やハイキャリアの方などに特化した転職サービスです。

 

全ての求人がマネージャークラスやCFO、事業戦略担当などのハイクラス求人で、現在管理職に就いている方のほか、転職をきっかけにキャリアアップしたい方にもおすすめできます。

 

年収800万円以上や年収1,000万円以上の非公開求人を多数保有しており、年収アップを目指す方も条件に合う求人を見つけられるでしょう。

 

登録すると、ヘッドハンターから直接スカウトが届くシステムで、忙しい方でも手間をかけることなく好条件の求人に出会える可能性があります。

 

気になる求人を見つけたらdoda Xを介して応募できるサービスもあり、自身の意向に合わせて転職活動を進められるのが特徴です。

 

サービス名 doda X
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 45,836件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップが期待できる
  • 管理職やハイキャリアポジションの求人を保有
  • 手間なく転職活動が進められる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

type転職エージェント

type転職エージェント
type転職エージェントの特徴
  • 首都圏を中心に展開
  • 「納得感のある転職」の実現にこだわり
  • ITエンジニアや企画職・営業職に強み

 

type転職エージェントは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に転職サービスを提供しているエージェントです。

 

「納得感のある転職」のサポートにこだわりがあり、キャリアの相談や希望条件に合った求人の紹介、応募書類の添削、面接対策など、転職完了まで手厚くサポートを受けられます。

 

企業の採用担当者からのヒアリングにも力を入れており、求める人物像や経験を把握したうえで求人を紹介してもらえるため、マッチング精度の高い転職の実現に期待できます。

 

特にITエンジニアや企画職、営業職の転職に強みがあり、25年以上の歴史(※1)と34万人以上の転職支援実績(※1)をもとに、転職を成功に導いてくれるでしょう。

 

(※1)type転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 9,742件(※2)
非公開求人数 17,998件(※2)
おすすめポイント
  • 一都三県での転職に強み
  • 営業、企画、ITエンジニアへの転職に強い
  • 後悔のない転職が実現できる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

【type転職エージェントの口コミ・評判】

年収UP交渉もスムーズに進めていただき、大満足です!

(前略)

キャリアアドバイザーの方に相談すると、プログラミングの経験のほかにWEBサイトの開発経験があることは今後の転職にプラスになるという高い評価をいただき、どちらの経験も活かし、システムの企画にも携われるEコマースのシステムエンジニアで内定をいただきました。キャリアアドバイザーの方にスキルを正しく評価していただき、自信を持って転職活動に臨めたことが成功につながったと思います。年収交渉もスムーズで、企業からスキルを評価されているのだと思うとさらにやる気が出ますね!

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

新たなキャリアの提案で年収大幅UP!

これまで社内SEとしてキャリアを積んできましたが、年収UPを目的に転職活動を始めました。社内SEとはいえ、携わったシステムは全てスクラッチで開発し、開発の全行程から保守・運用まで経験してきたことを伝えると、開発の全工程の経験がある点を高く評価してくださり、キャリアアドバイザーの方からITコンサルタントとして新しいキャリアを築いてみてはどうだろうかとアドバイスをいただきました。書類作成や面接対策をしていただき、万全の状態で望んだ結果、希望する企業から内定をいただくことができました。年収も自分が予想していたよりも大幅にアップし、人材紹介サービスを利用して本当によかったと思っています。

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

 

30代で未経験業界・職種へ転職するならエージェント活用がおすすめ!

30代で未経験業界・職種へ転職するには、下記のポイントが重要です。

30代で未経験業界・職種へ転職するために必要なポイント
  • スキル・経験を棚卸する
  • 企業が求める人物像を把握する
  • 現職を続けながら活動する
  • 徹底した選考対策をする
  • 資格を取得する
  • 志望先の視野を広げる
  • 転職エージェントを利用する

とくに、30代で未経験業界・職種へ転職する場合は、複数のエージェントを併用するのがおすすめです。

複数の転職エージェントを併用すれば、紹介してもらえる求人数が増えるだけでなく、さまざまなアドバイスを受けられます

プロからのアドバイスは、難易度が高い30代の未経験業界・職種の転職にとって、貴重な情報源となるはずです。

30代で未経験業界・職種へ転職する場合は、1人で進めるのに限界があります。

書類作成や面接対策、求人紹介など、転職活動に必要なサポートを受けることで、納得する業界・職種・企業への転職が叶うでしょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。