退職した方がいい会社の特徴14選!該当する時の対処方法も解説

高橋宇内
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

今の会社ってやめたほうがいいのかな

現職に不満を感じているが、退職した方がいい会社なのか判断できない

といった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

本記事で解説する退職した方がいい会社の特徴に該当する場合は、転職したほうがいいでしょう。

なぜなら、そのまま働き続けても、現状の不満が解決せず、より悪くなる可能性があるからです。

もしかしたら本記事で紹介する「退職したほうがいい企業の特徴」に当てはまらなくても、転職できるかもしれません

スカウト型の転職サイトに登録してみて、今の会社よりも条件が高い企業からスカウトが届けば、キャリアアップを理由に転職できます!

まずは自分の市場価値を診断してみて、転職できるのかどうか確かめてみましょう。

今すぐ転職しなくてもOK
簡単な質問に答えて
あなたの市場価値がわかる
エージェント ポイント

 

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
質問に答えるだけで自動で職務経歴書を作成可能!
登録後にスカウトを受け取ることで、今の転職市場価値がわかる。
ハイクラス管理職やエグゼクティブに特化

 

ミイダス

ミイダス

4.8
7万人の転職データから市場価値(年収)を算出。
向いている仕事、ストレス耐性なども分析。
登録なし、所要時間5分でOK!

本記事をご覧いただいている方は、現職へ不満を抱え、退職するべきか悩んでいるはずです。自社が退職した方がいい会社なのか判断するためにも、ぜひ参考にしてください。

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

退職した方がいい会社の特徴14

退職した方がいい会社の特徴は下記のとおりです。

上記の特徴に該当する会社が、なぜ退職した方がいいのか詳しく解説します。

離職率が高い会社

離職率が高い会社は、退職した方がいい会社の特徴です。離職率が高い会社ということは、会社へ不満から退職している方が多い可能性があると考えられます。

厚生労働省の調査によると、正規雇用者の主な退職理由は以下のとおりです。

左右にスライドできます
退職理由 割合
給与・報酬が少なかったから 40.7%
事業又は会社の将来に不安を感じたから 31.7%
労働時間が長かった・休暇が少なかったから 30.9%
会社の経営方針に不満を感じたから 30.1%
能力・実績が正当に評価されなかったから 21.1%
【参照元】仕事をやめた者の退職理由|厚生労働省

また厚生労働省の調査によれば、離職率は平均14.6%であるため、あなたの会社が平均以上の離職率である場合、このまま残っていいのか一度考えましょう。

【参照元】平成30年雇用動向調査結果の概要|厚生労働省

離職率は、会社の求人情報や口コミサイトから確認できるので、退職した方がいい会社なのか見極めるためにも見ておきましょう。

高橋 宇内氏

離職率は算出対象の社員によって、数字が大きく変わってきます。公表されている離職率が誰を対象としているのか確認しましょう。

有給休暇が取得できない会社

有給休暇が取得できない会社も、退職した方がいい会社の特徴です。有給休暇は、労働者に与えられる当然の権利です。

しかし、有給申請をしても「業績が悪いからダメ」「仕事が残っているから今度にして」といった理由で拒否される場合もあります。

高橋 宇内氏

有給休暇が認められない場合は、労働環境以外にも会社に問題がある可能性が高いので、転職活動を始めましょう。

人手が足りていない会社

人手が足りない会社も、退職した方がいい会社の特徴です。

人手が足りない会社は、少ない人数で業務をこなす必要があるため、1人あたりの仕事量が多く、激務になる可能性が高いと考えられます。仕事量が増えれば、定時で帰宅するのは難しく、長時間労働を求められるケースもあるでしょう。

スタートアップなど、これから企業を成長させていく段階では人数が少ないことは仕方がありません。しかし、人気のない業界や成長性がない企業では、今後も人手不足が解消されない恐れがあります。そして昇給する可能性も高くないでしょう。

高橋 宇内氏

人手不足の状態で働き続けると、業務過多で精神的・肉体的に疲労が溜まり体調を崩してしまう恐れがあります。

今すぐ転職しなくてもOK
簡単な質問に答えて
あなたの市場価値がわかる
エージェント ポイント

 

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
質問に答えるだけで自動で職務経歴書を作成可能!
登録後にスカウトを受け取ることで、今の転職市場価値がわかる。
ハイクラス管理職やエグゼクティブに特化

 

ミイダス

ミイダス

4.8
7万人の転職データから市場価値(年収)を算出。
向いている仕事、ストレス耐性なども分析。
登録なし、所要時間5分でOK!

働いて体調不良になる会社

働いて体調不良になる会社も、退職した方がいい会社の特徴です。仕事で体調を崩す場合は、とくに転職を考える必要があります。なぜなら、一度うつ病などの病気になってしまうと、社会復帰までに何年もかかる場合があるからです。

現職でストレスが溜まり、精神的に「きつい」「つらい」と感じ場合は、早急に会社を退職すべきです。「まだ何とかなる」と軽視している方でも、気づかない間に自分を追い込んでいる場合もあります。

下記に該当する場合は、精神的に追い込まれている可能性があるため、退職を検討しましょう。

  • 不眠症になる
  • ため息が多くなる
  • 疲れやすい
  • 集中できない
  • やる気がおきない
  • 体重が急激に増えた・体重が急激に減った
高橋 宇内氏

誰に相談すればいいか分からない方は、転職エージェントに相談するのがおすすめです!

あわせて読みたい
転職エージェントおすすめ比較ランキング!【2024年4月】人気大手17社の選び方を年代・職種別に一覧で解説 転職活動を効率的におこなって、理想の転職先を見つけるには転職エージェントの利用が必要不可欠です。 しかし、様々な転職エージェントがあるなかで、どこを使うべきか...

長時間労働を求められる会社

長時間労働を求められる会社も、退職した方がいい会社の特徴です。

毎日終電帰りや休日出勤が常態化しているなど、プライベートの時間を確保できない環境で働き続けると、いずれ体調を崩す可能性が高くなります。残業によって長時間労働が多い企業は、人手不足や離職率が高いなど、問題を抱えている場合もあるでしょう。

長時間労働は、肉体的・精神的に疲労が溜まり、やがてうつ病などの病気になるケースもあります。

高橋 宇内氏

うつ病などの病気になってからでは遅いため、長時間労働が解消されない場合は、早めに退職することを推奨します。

給与の未払いが発生する会社

給与で未払いが発生する会社も、退職した方がいい会社の特徴です。給与が契約通りに支払われない場合は、経営状態が悪い可能性が考えられます。

このままでは人件費を削減するために、従業員を解雇するなどの対策をするケースも考えられるでしょう。いきなり、リストラ宣告をされても、転職の準備をすぐできるとは限りません。

そのため、給与が翌月に支払われていなかったり、未払いになったりする企業は、退職した方がいい会社だと言えます。

高橋 宇内氏

給与で未払いが発生する会社は労働契約を違反しているだけでなく、倒産する可能性もあるので、早急に転職活動を始めましょう。

パワハラやセクハラがある会社

パワハラやセクハラがある会社も、退職した方がいい会社の特徴です。

もし、パワハラやセクハラがある場合は、早急に退職すべきです。パワハラやセクハラが無くならない会社は、組織自体に問題を抱えているケースがあります。そのため、企業全体を改革しない限りハラスメントが消える可能性は低いと考えられるでしょう。

高橋 宇内氏

ハラスメントが起きている場合は、自分だけでなく周囲を守るためにも、早急に社内で報告しましょう。もし出社できないほどストレスを感じている場合は、退職代行を利用しましょう。

人間関係や職場の雰囲気が悪い会社

人間関係や職場の雰囲気が悪い会社も、退職した方がいい会社の特徴です。人間関係や職場の雰囲気が悪い会社では、仕事に対してやりがいや楽しさは感じにくいでしょう。

厚生労働省の調査結果によると13%の方が「人間関係がうまくいなかったから」と回答しています。仕事は一人ではできないため、人間関係で悩んでいる方が一定数いることが分かります。

悪口や陰口が多く、嫌がらせがある環境で仕事を続けると、精神的な不安が増えます。このような場合は、早急に退職することを推奨します。

高橋 宇内氏

ただし、人間関係や職場の雰囲気が悪いから転職するのは、簡単ではありません。人事異動など、自分でできることをまず対策しましょう。

【参照元】厚生労働省 仕事をやめた者の退職理由

将来性がない会社

将来性がない会社も、退職した方がいい会社の特徴です。将来性がない会社で働き続けると、どれだけ居心地が良い環境でも、倒産する恐れがあります。業界や企業に将来性がない場合は、給料が上がることも期待できないでしょう。

実際、厚生労働省の調査結果では31%の方が退職理由として「事業又は会社の将来に不安を感じたから」と回答しています。

いまの会社の将来性に不安を覚える場合は、業界動向、企業の業績を調べましょう。

高橋 宇内氏

今の会社にいて大丈夫なのか不安な方は、転職エージェントに相談しましょう。

【参照元】厚生労働省 仕事をやめた者の退職理由

スキルが身につかない会社

スキルが身につかない会社も、退職した方がいい会社の特徴です。

毎日誰でもできる仕事をやっていて、自分の将来が不安な方は、早めに転職活動を進めましょう。

というのも、今の会社に残り続けると、スキルや経験が足りないといった理由で転職の難易度がどんどん上がっていきます。

そのため、現在の職場環境でスキルが身につかないと感じた場合は、退職した方がいい会社だと言えます。

高橋 宇内氏

「今のままで本当にいいのかな?」と思っている方は、自分の将来が心配なうちに行動しましょう。

実績が正当に評価されない会社

実績が正当に評価されない会社も、退職した方がいい会社の特徴です。

年功序列型の会社では、営業として成果を出していたとしても、給料にはなかなか反映されません。

成果よりも勤務年数のほうが給与を左右するため、どれだけ実績を出しても正当に評価はされないでしょう。

実際、厚生労働省の調査結果では21%の方が退職理由として「能力・実績が正当に評価されなかったから」と回答しています。

給料体系は企業ごとに異なるため、なかなか今の会社で変えることは難しいでしょう。

高橋 宇内氏

仕事で出して成果を正当に評価してほしい方はベンチャー企業など成果主義の会社に転職すると、今抱えている悩みは解決するはずです。

【参照元】厚生労働省 仕事をやめた者の退職理由

給与や役職が昇格しない会社

実績が評価されない会社は給与や役職が昇格しにくい企業でもあります。

成果を残し続けているのに給与や役職が上がらない場合は、退職を検討しましょう。

厚生労働省の調査結果では最も多い40%の方が退職理由として「給与・報酬が少なかったから」と回答しています。

年功序列型の会社では、若くして収入を上げることは困難であるため、年齢関係なく年収を上げられる会社へ転職しましょう。

高橋 宇内氏

いまの職場で成果を残している方は、環境を変えることでスキルを高めながら、年収も上げることができるはずです。転職して新たな環境で働くことをおすすめします。

【参照元】厚生労働省 仕事をやめた者の退職理由

お手本になる先輩が誰一人いない会社

お手本になる先輩が誰一人いない会社も、退職した方がいい会社の特徴です。

人は周囲の環境に影響されやすいため、お手本になる先輩がいるか否かは重要です。自分より成果をあげる社員に囲まれている場合、良い影響を受けますが、仕事へのモチベーションが低い社員が多い環境にいる場合、悪影響になるケースも考えられます。

自分のキャリアを高めたい方は、働いている社員をみて、憧れる人がいない場合は、自分の成長を止めてしまう可能性があるため、退職を検討しましょう。

高橋 宇内氏

ただし、尊敬できる人がいないからといって、転職するのは、「他責思考」があると思われてしまいます。面接では、本音をそのまま伝えるのではなく、ポジティブに転職理由を伝えましょう。

キャリアビジョンが叶えられない会社

キャリアビジョンが叶えられない会社も、退職した方がいい会社の特徴です。

原因としては、必要なスキルや経験が身につかないことが挙げられるでしょう。

もし今の会社でキャリアビジョンが叶えられないのであれば、転職しましょう。

ただし、転職では今までのスキルや経験が求められます。まだスキルや経験が身についていないのであれば、今の会社で働いてレベルアップするのも選択肢のひとつです。

高橋 宇内氏

現職ではなぜキャリアビジョンが達成できないのか明確にすると、転職先の候補が絞りやすくなります。

【体験談】給与や評価が理由で退職しました

高橋 宇内氏

本章では私が退職した理由を紹介します。退職するか迷っている方はぜひ参考にしてください。

前職を退職した理由は給与制度が一番の理由です。前職では、1日12時間以上働き、成果を出しているにも関わらず、毎月○○円以上売り上げないと、評価されない仕組みでした。実際に、ノルマを達成しても、得られる対価は少なく、不満が溜まる一方でした。

そこで、自分をより評価してくれる環境を探すために転職を行いました。転職先では、結果に対してインセンティブ制度が高く、前職の倍以上の給与がもらえました。この経験から、会社に不満や悩みがあった場合は、自らの行動で変えることができました。

本当に辞めていいのか分からない方や少しでも会社に不満や不安がある方は一度転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

辞めるべき会社に残り続けるのをおすすめしない理由

辞めるべき会社に残り続けるのをおすすめしない理由は下記のとおりです。

  • 精神的な疲労が溜まる
  • ハードワークを要求される
  • 給与がなかなか増えない
  • スキルや経験が身につかない

もし先ほど紹介した辞めたほうがいい会社に当てはまる場合は、今すぐ退職に向けて行動しましょう。

退職はすぐにできるものではなく、退職届を出してから1か月以上かかるのが一般的です。

また転職先が決まるまで3カ月かかってしまいます。

今のまま会社に残り続けることは、あなたにとってメリットは少ないので、転職エージェントに登録するだけでもいいので今できることから始めていきましょう。

もし退職したほうがいい会社の特徴に当てはまる場合

もし退職したほうがいい会社の特徴に当てはまる場合は、以下の行動を取りましょう。

  • 会社を辞めたい理由を明確にする
  • 転職活動を始める
  • 転職エージェントを活用する

退職したほうがいい会社の特徴に該当し、どんな行動をすればいいのかわからない場合は、ぜひ参考にしてください。

会社を辞めたい理由を明確にする

退職した方がいい会社の特徴に当てはまった場合は、同じ失敗を繰り返さないため、辞める前に理由を明確にする必要があります

自己分析では、何が不満に感じたのか、解決するためには何が必要なのか深掘りしましょう。

また、自己分析によって会社を辞めたい理由が明確になった後は、転職先に求める条件に優先順位をつけることが重要です。

たとえば、退職した方がいい会社の特徴で、働いて体調不良になる場合「残業」「有給休暇」「仕事内容」「職場環境」「人間関係」などが原因である可能性が考えられます。この中から、最も当てはまる理由に優先順位をつけ、転職先を探せば、会社選びに失敗する可能性を低くできます。

転職で大切なのは、同じ失敗を繰り返さないことです。せっかく転職したのに、前職と同じような状況になってしまっては、後悔が残るはずです。転職の失敗を防ぐためにも、会社を辞めたい理由を明確にしてから、行動に移しましょう。

転職活動を始める

退職した方がいい会社の特徴に当てはまった場合は、転職活動を始めましょう。

ただし、退職してからではなく、在職しながら進める必要があります。なぜなら、退職してから転職活動をするとリスクがあるからです。退職してから転職するリスクは下記があげられます。

  • 安定した収入がない
  • 転職先が決まるのに時間がかかる
  • 焦ってミスマッチの企業選ぶ可能性がある

転職活動は平均3カ月と、ある程度の時間がかかってしまいます。

もし退職してから転職活動を始めると、転職先が決まらない気持ちと早く決めたい気持ちで焦ってしまい、とりあえず内定をもらった企業に行きやすくなります。

焦って内定を決めた企業では、入社後ミスマッチになる確率が高くなるため、在職しながら転職活動することを推奨します。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用して、転職活動を進めていきましょう。転職エージェントは、転職市場に関する動向調査をもとに、成功するための方法を網羅しています。また、あなたの状況をヒアリングして、あなたにあった求人を紹介してくれます。

転職エージェントは、志望する業界や職種の求人を多く保有しているエージェントを選択するのがおすすめです。

求人数が多ければ多いほど、あなたの希望に合った求人と出会える可能性が高くなります。

ぜひ転職エージェントを活用して、今の会社の不満が解決できる会社へ転職しましょう。

あわせて読みたい
転職エージェントおすすめ比較ランキング!【2024年4月】人気大手17社の選び方を年代・職種別に一覧で解説 転職活動を効率的におこなって、理想の転職先を見つけるには転職エージェントの利用が必要不可欠です。 しかし、様々な転職エージェントがあるなかで、どこを使うべきか...

まとめ|退職するか迷ったら、エージェントに相談しよう

本記事で解説した、退職した方がいい会社の特徴に当てはまる場合は、退職しましょう。いまの会社に不満や悩みを持った状態で居続けても、解決される可能性は高くありません。

しかし、転職ができるか不安を抱える方は、本記事で紹介する転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントは、あなたの状況をヒアリングし、適切なアドバイスを提供してくれます。また、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、求人紹介も実施してくれます。

退職した方がいい会社の特徴に当てはまった方は、転職エージェントを活用して、自分に合った企業を見つけましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。