大企業向けの転職エージェント10選|選び方や活用するコツも解説

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

新たなキャリアステップへと進んでいく中で、大手企業への転職を志す方は少なくありません。しかし、転職市場において大手への転職は、競争率が非常に高いため、内定を勝ち取ることは「高難易度」といえます。

「狭き門であっても、大手への転職を実現させたい」そんな思いをもちながらも、具体的にはどのように動けばいいのかがイメージしづらいはずです。

そこで本記事では、大手企業への転職に強い転職エージェントや利用するメリット・デメリット、活用ポイントなどについて徹底解説します。

本記事を読み込めば、大手企業への内定を得られる勝利の方程式を理解できるでしょう。

満足のいく転職を実現させるためにもぜひ最後までご覧ください。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
41万件
非公開求人数
36万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点

関連記事:転職エージェントおすすめ比較ランキング!人気大手17社の選び方や特徴を一覧で解説

目次

大手企業向けの転職エージェント10選

まずは、大手企業向けの転職エージェントを10つ紹介します。

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチの特徴
  • ハイクラス転職に特化
  • 高年収の求人が全体の1/3
  • ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、ハイクラス層・エグゼクティブ層の転職支援に特化した転職エージェントです。保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えており、高年収の転職を狙っている多くの求職者から注目を集めているサービスです。

ビズリーチの掲載求人は、年収アップ・キャリアアップの両方を実現できるという声も挙がっています。「転職活動において登録して損はない」という評判もみられました。

有料会員として「プレミアムステージ」に登録すれば、全ての求人検索が可能となり、ヘッドハンターによる転職支援が受けられるようになります。

サービス概要
サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数124,931件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
2024年7月1日時点
  • 高年収の求人情報が豊富
  • 自分の市場価値を理解できた
  • 自分でエージェントを選べる
口コミをもっと知りたい方はこちら

シンシアード

シンシアードの特徴
  • 大手企業の転職支援に完全特化
  • コンサル・DX・製造業と幅広い求人を保有
  • 専門領域ごとに特化したコンサルタントがサポート

sincereed(シンシアード)は、大手人気企業への転職支援に完全特化しており、大手事業会社、メガベンチャー、コンサル・大手人気企業への支援が得意です。また、質の高い非公開求人を多数保持しており、経験やスキルによっては特別な選考フローの提案も可能としています。

sincereed(シンシアード)の強みは、転職コンサルタントによる面接対策といえるでしょう。

転職サービスの最大手のリクルート出身、最終面接官を経験した方といった面接のノウハウがあるコンサルタントが徹底した面接対策を行います。他よりも面接対策に力を入れているため、ハイクラスへの転職希望者で面接に自信がない人にぴったりの転職エージェントといえるでしょう。

サービス名sincereed(シンシアード)
運営会社sincereed株式会社
公開求人数非公開
非公開求人数非公開

doda

doda
dodaの特徴
  • 求人数は業界TOPクラス
  • 気になる求人へ直接応募も可能
  • 顧客満足度ランキング1位の実績あり

dodaは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。取り扱い求人数は、公開求人・非公開求人合わせて20万件超(※1)であり、数ある転職エージェントの中でもトップクラスといえます。

dodaは対面型のキャリアカウンセリングにも力を入れており、全国12ヵ所でおこなわれるキャリアカウンセリングを利用すれば、転職活動の方向性についてキャリアアドバイザーへ相談可能です。

また、dodaはキャリアアドバイザーの手厚いサポートと取り扱い求人の質の良さが評価され、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績も存在します。

企業への直接応募機能も搭載されており、自分に合ったかたちで転職を進められる点が魅力のエージェントサービスです。

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2024年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

サービス概要
サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 251,833件
非公開求人数 39,772件
対応地域 東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト https://doda.jp/
2024年7月1日時点

関連記事:dodaの悪い評判・口コミは実際どう? 向き不向きを徹底解説

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績は業界TOPクラス
  • 取り扱い求人数は70万件以上
  • キャリアアドバイザーの質が高い

リクルートエージェントは、転職支援実績NO.1を誇る転職エージェント(※)です。

リクルートエージェントの強みは、多くの転職実績と提案力を持つキャリアアドバイザーが多数在籍していることです。キャリアアドバイザーが転職のプロとしてあなたの市場価値を判断し、マッチング度の高い企業をピックアップしてくれます。

なお、キャリアアドバイザーは、企業紹介以外にも年収交渉や面接日程の調整などにも対応しています。現職などで忙しい方でも、効率的に転職活動を進められる手助けをしてくれる転職エージェントです。

(※)2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数419,656件
非公開求人数362,556件
対応地域東京・名古屋・大阪・福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年7月1日時点
  • 自分に合う求人が見つかった
  • めんどくさい手続きを代行してくれる
  • 書類の添削や面接対策をしてくれる

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強い
  • サポートに対しての評価が高い
  • 夜間・土曜日も相談可能

マイナビエージェントは、20代~30代の転職支援を強みとする転職エージェントです。

マイナビエージェントは、テレビCMなどを通じて、多くの若手層から認知度を集めているため、安心して利用できるのもメリットです。

多くの転職支援を経験したキャリアアドバイザーが、企業マッチングや書類選考・面接対策、年収交渉などのサポートをワンストップでおこなってくれます。

また、マイナビエージェントは夜間にも面談を受け付けています。平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※)しているため、忙しい中で転職活動を進めたい方におすすめの転職エージェントです。

(※)マイナビエージェントの拠点によって異なりますので、詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

サービス概要
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数60,755件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年7月1日時点

関連記事:マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ|口コミから利用するメリットも解説

type転職エージェント

type転職エージェント
type転職エージェントの特徴
  • 首都圏エリアの求人に強い
  • キャリアアドバイザーの支援が手厚い
  • ITエンジニアや企画職・営業職に強い

type転職エージェントは、関東エリアの転職支援を強みとする転職エージェントです。

type転職エージェントの特徴は、IT業界や営業職、企画職の転職支援に強いという点です。大手から中小企業まで首都圏の求人を細かく網羅しているため、大手企業への転職を狙うチャンスも十分にあります。

企業の人事とも深く連携しているという定評もあり、企業が求める人物像や経験を把握したうえで求人を紹介してくれるため、あなたにマッチした求人を見つけられる可能性を期待できます。

特に、ITエンジニアや営業職の転職を目指している首都圏在住の方にはおすすめの転職エージェントです。

サービス概要
サービス名type転職エージェント
運営会社株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数10,880件
非公開求人数18,434件
対応地域東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイトhttps://type.career-agent.jp/
2024年7月1日時点

関連記事:type転職エージェントの悪い口コミ・評判は本当?メリットとデメリットを解説

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円以上の求人が多い
  • 転職決定年収は平均925万円以上(※1)
  • 顧客満足度2年連続No.1の転職エージェント(※2)

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能に強みを持つハイクラス向け転職エージェントです。

リクルートダイレクトスカウトは、業界最大手のリクルート社が運営しているため、始めて転職エージェントを利用する方にもおすすめできるサービスです。キャリアアドバイザーが、長年培ったノウハウや実績を活かして、あなたにベストマッチングな企業を厳選してくれます。

始めて転職活動をおこなう方やハイキャリアでの転職を目指す方まで、幅広い方々におすすめできる転職エージェントです。

(※1)2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者
(※2)2023年オリコン満足度調査 転職

サービス概要
サービス名リクルートダイレクトスカウト
運営会社株式会社リクルート
公開求人数311,858件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
2024年7月1日時点

関連記事:リクルートダイレクトスカウトの評判|リアルな口コミや特徴・利用の注意点も徹底解説

ランスタッド

ランスタッド
ランスタッドの特徴
  • ハイクラス転職に強い
  • 世界最大級の転職エージェント
  • 独自に収集した非公開求人が豊富

ランスタッドは、オランダで誕生した世界最大級の転職エージェントです。 

日本国内では、派遣事業の他にハイクラス転職を支援しており、大手企業へのハイクラス転職を狙う方におすすめのサービスです。

国内企業だけではなく、海外とのコネクションによって独自に得た非公開求人も豊富に存在します。 

また、業界・業種、職種に精通したキャリアアドバイザーが、専門的な視点から転職アドバイスを提供してくれる点も魅力的な転職エージェントです。

サービス概要
サービス名ランスタッド
運営会社ランスタッド株式会社
公開求人数5,067件(ハイクラス求人)
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.randstad.co.jp/
2024年7月1日時点

関連記事:ランスタッドの評判は本当?口コミの比較と派遣や単発バイトの注意点

LHH転職エージェント

LHH転職
LHH転職エージェントの特徴
  • 各職種のプロフェッショナルがサポート
  • 360度式コンサルティング
  • 大手・外資・優良中堅など幅広い求人を保有

LHH転職エージェントは、ハイクラス層・エグゼクティブ層向けの転職エージェントです。

求職者一人ひとりにマッチした求人を職種別に精通したキャリアアドバイザーが厳選し、転職成功まで導いてくれます。

LHH転職エージェントの特筆すべき点は、一人のキャリアアドバイザーが企業と求職者の両方を担当する360度コンサルティングを採用している点です。

求職者と企業の双方のニーズを深く理解したキャリアアドバイザーによる転職支援は質が良いと評判を集めています。

サービス概要
サービス名LHH転職エージェント
運営会社株式会社アデコ
公開求人数15,792件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://jp.lhh.com/
2024年7月1日時点

関連記事:LHH転職エージェント(旧Spring・アデコ)の評判・口コミとは?特徴やメリットを解説

パソナキャリア

パソナキャリア
パソナキャリアの特徴
  • ハイクラス転職に特化
  • 求人の50%が年収800万円以上
  • 4年連続 顧客満足度総合1位

パソナキャリアとは、日本最大級の人材派遣会社パソナグループが運営する転職エージェントです。

豊富な求人情報とキャリアコンサルタントの手厚いサポートにとって、あなたの転職活動を全面的にバックアップしてくれます。

パソナキャリアへ登録すれば、ハイクラス層の転職支援に強いキャリアアドバイザーがマンツーマンとなって、企業情報の開示や書類選考・面接対策、年収交渉などをサポートしてくれます。

また、利用者満足度調査で4年連続総合1位(※2)を獲得しており、求職者からの支持を多く集めているおすすめの転職エージェントです。

(※1)パソナハイクラスの公式ホームページより
(※2)オリコン顧客満足度調査 2019年~2022年転職エージェント総合1位

サービス概要
サービス名パソナキャリア
運営会社株式会社パソナ
公開求人数39,645件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/
2024年7月1日時点

関連記事:パソナキャリアの評判はやばい?悪い?口コミから分かるメリット・デメリットを徹底解説

大手企業向けの転職エージェントの選び方

次に、大手企業向け転職エージェントの選び方のコツを解説します。

  • 公開求人数
  • サポート内容
  • 利用者の評判・実績

後悔のないかたちで転職エージェントを選択するためにも、解説内容を念頭に入れましょう。

公開求人数

1つ目のポイントは、転職エージェントの公開求人数を重視する点です。

以下は、転職エージェントの求人数が多い場合、少ない場合それぞれのメリット・デメリットです。

求人数が多い求人数が少ない
メリットデメリットメリットデメリット
さまざまな求人を調べられる希望条件の幅が広がりやすい企業選びの軸がブレにくい企業選びの可能性が狭い
さまざまな企業に応募できる選考に時間を割く必要がある希望条件に絞って応募できる企業紹介のペースが遅い
転職活動を順調に進められる転職活動の負担がかかりやすいマイペースに転職を進められる転職のペースが遅れやすい

一般的には、求人数が多い転職エージェントのほうが良いと捉えられますが、デメリットも存在します。

求人数の多い転職エージェント、少ないエージェントのどちらを選べばいいのか悩んだ際は、転職活動の方向性にマッチしているのはどちらのパターンかで判断しましょう。

サポート内容

サポート内容も、大手向け転職エージェントで選ぶべきポイントです。

以下は、転職エージェントが提供してくれる基本的なサポート概要です。

  • 求職者との面談
  • 求職者と企業のマッチング
  • 履歴書の添削や面接対策
  • 企業との連絡・交渉の代行

転職エージェントが力を入れているサポート内容を把握する際は、面談にかける時間や履歴書・職務経歴書の添削の有無をチェックすれば見極められるでしょう。

サポート内容が手薄いと感じた場合は、違う転職エージェントを活用してみると良いでしょう。

利用者の評判・実績

大手向け転職エージェントを選ぶ際は、利用者の評判、口コミもチェックしましょう。実際に利用した声は、あなたが判断するときの手がかりとなるはずです。

しかし、口コミは個人の主観によって書かれた一意見に過ぎないため、信憑性に欠けている場合があります。

中には、入社したかった企業から内定を得られなかった腹いせや、同業者の嫌がらせによる書き込みなども多く存在します。

そこで、転職エージェントの口コミ・評判を正しく調べる際は、複数の口コミサイトを見ることが重要です。

ひとつの転職エージェントを検討するにあたって、少なくとも2~3種類の口コミサイトを比較すると良いでしょう。

大手企業向けの転職エージェントを活用するメリット

続いて、大手企業向けの転職エージェントを活用するメリットを解説します。具体的には以下のとおりです。

  • 自分のペースで活動できる
  • 悩みを解消しながら進められる
  • 書類・面接対策を受けられる

転職エージェントを最大限有効活用するためにも、上記のポイントをしっかりと頭に入れておきましょう。

自分のペースで活動できる

転職エージェントの主なメリットは、あなたのペースに合わせて利用できるという点です。

転職エージェントは、転職活動の開始時期や希望条件、転職の希望時期などを考慮してサポートを提供してくれるため、あなたは自分のペースで進められます。

とくに現職中を続けながら転職を進める場合、日中は仕事をこなし、退勤後に転職活動をおこなうというハードスケジュールになりかねません。

ただし、現職が繁忙期にさしかかったときなどは、転職活動へなかなか時間を割けない場合もあるでしょう。

悩みを解消しながら進められる

転職エージェントの力を借りずに、ひとりで転職活動を進める場合、何らかの不安や疑問が生じた際、自分自身で解決しなければなりません。

転職エージェントの力を借りれば、転職に関する悩みが出てきた際に、いつでも相談が可能です。

転職エージェントは面談、電話、メッセージなどの様々なやり取りを設けてくれるので、あなたの希望形式に合わせて悩み相談に応じてくれるでしょう。

書類・面接対策を受けられる

選考における書類・面接対策を、転職エージェントに一任できるメリットもあります。

書類・面接対策を受けることで得られる最大のメリットは、選考の通過率が上がる可能性があるという点です。キャリアアドバイザーは転職支援における多くの実績をもっているため、アドバイスの内容は非常に実践的なものです。

キャリアアドバイザーから受けた対策・アドバイスは選考でそのまま活用できるため、対策を重ねた分だけ、選考の通過率が上がる可能性もあります。

企業の採用要件を満たす経験・スキルがあるにもかかわらず、書類や面接でうまく伝わらずに選考を通過できないケースも少なくありません。

【関連記事】転職エージェントに登録するメリットとは?上手な選び方や注意点を解説

大手企業向けの転職エージェントを活用するデメリット

転職エージェントはあなたの希望条件・スキル・経験などをふまえて相性の良い求人を厳選してくれるため、明らかにミスマッチな企業を紹介することは原則としてありません。

しかし、中には求職者の要望・ニーズを正しく汲み取れず、マッチング度の低い企業を紹介してしまうエージェントも存在します。その主な原因は、エージェントの力量不足であることがほとんどでしょう。

万が一、あなたと相性の悪い求人を紹介された場合は、エージェントの担当変更を申し出てください。

担当変更をお願いする場合の詳しい方法は、相性が悪いと思った担当者は変更するで詳しく解説しています。

大手企業向けの転職エージェントを利用して転職する手順

続いて、転職エージェントを利用して、大手企業へ転職する具体的なステップについて解説します。

STEP

転職エージェントへの登録

まずは、転職エージェントへの登録をおこないましょう。入力情報は、氏名・住所・連絡先・前職の経験・所有資格・転職希望の条件・時期などです。

STEP

キャリアアドバイザーとの面談

転職エージェントへ登録した後は、キャリアアドバイザーとの面談がおこなわれます。あなたの転職の方向性を固める大切な面談ですので、しっかりと擦り合わせをしましょう。

STEP

求人紹介・応募

あなたの希望条件・面談内容をふまえて、エージェントから求人が紹介されます。条件を見比べたうえで、選考を受けたい求人が見つかった場合は、応募へと進みましょう。

STEP

書類選考・面接

応募した企業からの連絡は、エージェント経由であなたへ届きます。応募後は、企業ごとに設けられた選考フローに沿って、書類選考・面接を受けましょう。

STEP

内定・入社

内定を得た後は、企業が指定する内定承諾期限までに、内定承諾の可否を回答しましょう。

関連記事:【5ステップ】転職エージェント活用時・登録後の流れと注意点を解説

大手企業向け転職エージェントを最大限使用するポイント

次に、大手企業向け転職エージェントを有効活用するポイントを解説します。具体的には以下のとおりです。

  • エージェント会社を併用する
  • サポート内容をフル活用する
  • 転職条件に優先順位をつける
  • 相性が悪いと思った担当者は変更する
  • 全てのサービスを利用する

これらの要素を全て網羅すれば、大手企業へ転職するという目標へ一気に近づけるでしょう。

エージェント会社を併用する

単独の転職エージェントではなく、複数の転職エージェントを併用することをおすすめします。

なぜなら、転職エージェントごとにサービス内容、紹介求人は大きく異なるため、複数のエージェントの力を借りたほうが転職を成功させる可能性が上がるためです。

一般的に、転職エージェントごとに得意な業界・職種・企業規模などは異なります。より多くの情報を入手したほうが選択肢を増やせるので、失敗する可能性を最小限に抑えられます。

大手企業への転職を狙うためにも、大手企業の求人に強い転職エージェントを使うと良いでしょう。

【関連記事】複数の転職エージェントを使うのってあり?上手に掛け持ちや併用する方法を解説

サポート内容をフル活用する

転職エージェントのサポート内容をフル活用することをおすすめします。

転職エージェントは、履歴書や職務経歴書などの添削や、模擬面接などの包括的な面接対策をおこなってくれます。

転職エージェントの面接対策は、過去の内定者の傾向などもふまえて実施されるため、精度の高さは安心して問題ありません。

また、転職エージェント経由で人事からのフィードバックを受けられるときもあるため、振り返りにもつながります。

細かいサポート内容は転職エージェントごとに異なりますが、徹底的に活用することを強くおすすめします。

下記記事では、転職エージェントの賢い使い方について詳しく解説していますので、ぜひご一読ください。

関連記事:転職エージェントの賢い使い方|利用の流れや使い倒すコツを徹底解説

転職条件に優先順位をつける

希望条件に優先順位をつければ、転職をよりスムーズに進められます。

その理由は、業界・年収・福利厚生などを代表とした希望条件は、細かく設定すればするほど、その条件にヒットする求人数が少なくなるためです。

ほとんどの場合、完璧に希望条件へマッチした求人を見つけることは難しくなります。企業選びの可能性を狭めないためにも、希望条件の中で1位〜3位の順位付けをし、優先順位を整理してみてください。

希望条件に優先順位を付ければ、転職エージェントに求人紹介をお願いする際の判断材料としても役立ちます。もちろん、実際に選考を受けていく中で、希望条件を変更しても問題ありません。

相性が悪いと思った担当者は変更する

担当の転職エージェントとの相性が悪いと感じた場合は、担当変更をお願いしましょう。

基本的に、転職エージェントには複数のキャリアアドバイザーが在籍しているため、必ずしもひとりだけとやり取りする必要はありません。

担当変更を申し出る際は、変更希望の理由をきちんと伝える必要があります。その理由をふまえて、あなたと相性の良い新たなエージェントをチョイスしてくれるはずです。

「担当変更をお願いするのは気まずい…」と思う方もいるかもしれませんが、転職エージェントもひとりの人間であり、どうしても人対人としての相性の良し悪しは存在します。

ノンストレスで転職を進めるためにも、万が一の場合は担当変更を申し出るという選択肢を残しておきましょう。

下記記事では、転職エージェントの担当変更をお願いする際の具体的な流れ・注意点について解説しています。

関連記事:転職エージェントが合わないときは担当を変えたほうが良い?変更の仕方と注意点

大手企業向けの転職エージェントを使い倒して成功させよう

大手企業への転職とは、多くの求職者達が狙っている狭き関門です。しかし、その中をくぐり抜けて、内定を獲得しなければならない厳しい闘いでもあります。

大手へ転職するためには、あなたの転職活動を全面的にサポートしてくれる転職エージェントの力を借りることがおすすめです。

転職のプロであるキャリアアドバイザーが、あなたの希望条件・経験・スキルにマッチした企業を厳選し、履歴書・面接対策から企業交渉までワンストップでサポートしてくれます。

不安だと感じていた悩みも、短時間で解決できることもあるでしょう。 転職エージェントは完全無料で利用できるので、まずは相談から気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。当メディアは「コラムガイドライン」に基づき運営しています。 また、サイト内で紹介している転職支援サービスは「ランキング概要」等を基準に選定・評価しています。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。