大手から大手へ転職は可能?転職成功のコツや転職のメリットを解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

現在も大手企業に勤めているが、別の大手企業に転職したい

今より条件の良い大手企業に転職したい

大手企業から大手企業に転職は可能なのか、第二新卒でもまた大手企業に転職できるのか悩んでいませんか?

本記事では大手企業から大手企業への転職は可能なのか、転職が有利になる理由なども詳しく解説します。これを読めば大手企業への転職もスムーズに進みます。

現在も大手企業に勤めているが、他の大手企業に転職を考えている方はぜひ最後まで読んでください。

目次

大手から大手への転職は可能なのか?

まず結論からお伝えすると、大手から大手への転職は可能です。また経験年数のある転職者だけでなく、第二新卒でも同じく転職は可能です。

現在大手企業に勤めていることがネームバリューとなるので、転職の際に有利に働きます。経験のある方は大手企業に入社できるスキルや、転職してからも即戦力として働けるため重宝されます。

また第二新卒の場合は採用のコストが抑えられる、新卒と変わらないポテンシャルがあることが転職に有利です。

しかし大手企業出身だからといって、大手から大手への転職は簡単というわけではありません。大手から大手への転職に必要なポイントを知って、ぜひ大手企業への転職を成功させましょう。

大手から大手への転職が有利と言われている理由

大手企業は人気があり、誰もが転職したいと思いますよね。なぜ大手から大手への転職が有利と言われているのでしょうか。

ここでは大手から大手への転職が有利と言われている理由を詳しく解説します。

大手から大手へ転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

ポテンシャルが評価される

1度大手企業に入社したという高いポテンシャルが評価され、転職が有利になるようです。

ポテンシャルとは、将来性、成長性の可能性のある人のことを指します。

特に20代などの若い年代の方は、転職市場では人気があります。「うちの会社ではポテンシャルを発揮してくれるかもしれない」と評価されるようです。そのため書類選考で、中小企業の方と比較すると選考通過率が高くなります。

大手から大手への転職を実現させるには、面接のときにポテンシャルが高いことを自らアピールすることが大切です。

大手企業に入社できるスキルがある

1度大手企業に入社していれば、入社できるだけのスキルがあると評価されるため有利です。応募者が多く倍率の高い大手企業に入社するためには、学歴やスキルなどが必要です。

学歴やスキルが評価されていること、高い倍率の選考をくぐり抜けていることが、次の面接でもプラスの効果があります。

中小企業からの転職者よりかは、大企業出身の転職者の方が高く評価されやすいので、ぜひ面接に挑戦してみましょう。

企業で即戦力となる専門性がある

中途採用をおこなっている企業は、即戦力のある人材を求めているのです。そのため入社してすぐに活躍できるような専門性があれば、大手から大手への転職に有利です。

具体的には研修などをおこなわなくても、即戦力としてすぐに仕事をお願いできる人材を探しています。未経験から雇う場合、研修を設けなければならず時間も人件費も必要になり、企業にとっては負担が大きいです。

大手企業出身で専門性や経験があれば、高待遇での転職ができる可能性があります。

大手企業で即戦力として働ける専門性や経験がある方は、自分のスキルをいかせる企業を探してみてください。

第二新卒も大手から大手への転職が有利

大手から大手へ転職するには、経験がないと次は難しいかもしれないと思っている方もいるかもしれません。しかし第二新卒は企業にとって多くのメリットがあることから、需要は高いです。

なぜ第二新卒でも大手から大手への転職が可能なのか、3つのポイントをお伝えします。

採用のコストが抑えられるから

ひとつ目は採用のコストが抑えられるため、第二新卒でも大手から大手への転職が可能です。社会人3年未満の第二新卒はビジネスマナーや、社会人としての基礎知識があるため教育や採用にコストがかかりません。

社会人経験のない新卒を採用すると、研修の機会を設け教育していく必要がありますが、第二新卒は実施する必要がないことが多いです。

そのような理由で第二新卒の中途採用を積極的におこなっている大手企業があります。採用のコストを抑えられるのは、企業にとってもメリットが多くあります。

第二新卒で転職を考えている方は、積極的に若手採用をおこなっている大手企業を探してみましょう。

社風になじみやすい

第二新卒は前社の企業文化や仕事の仕方が染まっておらず、転職しても社風になじみやすいです。

前職に長く勤めていた方だと新しい会社の社風になじめず、転職しても早期退職につながる可能性があります。

経験の浅い第二新卒であれば、新しい企業の社風にも柔軟に対応できる方が多いです。そのため育成しやすいのが、企業にとってのメリットです。

新卒とポテンシャルが変わらないから

第二新卒は新卒とほとんど年齢が変わりません。そのため新卒とポテンシャルが変わらないため、若手人材の欲しい大手企業は積極的に採用しています。

新卒と同じくらいの年齢で、ビジネスマナーやしきたりを身に着けている第二新卒は、転職業界でも人気です。

若手人材ならではのモチベーションや、ポテンシャルを評価する大手企業も多くあります。

あわせて読みたい
第二新卒の転職事情|大手は無理?内定獲得のコツやおすすめのエージェントを紹介 第二新卒は転職市場でニーズが高く、自発性や企業への適合性を評価される傾向にあります。しかし、さすがに大手企業への転職となれば「無理」と考える方も多いでしょう...

大手企業への転職を成功させるコツ

大手から大手への転職はしやすいとはお伝えしましたが、大手企業なだけに入社希望の方が多くいます。

そのなかで大手企業への転職を成功させるには、いくつかのコツがありますので詳しく解説します。

大手企業に強い転職エージェントを利用する

大手から大手への転職を成功させるには、大手企業に強い転職エージェントを活用するのがおすすめです。

自分で求人を探して応募するより転職エージェントを利用した方が、大手企業への転職が有利です。

大手企業出身者に向けたハイクラスの求人や、非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。さらに求人の紹介だけでなく提出書類の添削や、面接のサポートをおこなってもらえるため、採用率があがります。

大手から大手への転職を考えている方は、まず転職エージェントに登録し、転職活動を進めてください。

ひとつの企業にしぼらない

大手企業への転職活動では、ひとつの企業にしぼらないことも重要です。

大手から大手へ転職しやすいとはいえ、希望する1社で採用が決まらない可能性も大いにあります。1社ずつ選考に応募し、採用の連絡を待っていると、転職活動が長引きやすいです。

そのため不採用になった場合のことも考え、自分の希望に合う企業を複数見つけ、同時進行で進めることをおすすめします。

てきとうに複数の企業に応募するのではなく、働き方の希望や条件、自分が働きたいと思う企業を選びましょう。

企業の求める人材を把握する

大手から大手への転職を成功させるためには、企業の求める人材を十分に把握することが重要です。

企業の求めている人材を把握することにより、ミスマッチを防ぎます。採用してもらえるように、自己分析をおこない企業の求める人材なのか、自分の魅力を伝えられるように事前準備をしておきましょう。

面接では質問にスムーズに答えられるように準備しておいてください。自分のスキルや経験をどのようにいかせるのかも考えておきましょう。

応募書類の内容を充実させる

採用面接につなげるために、まずは書類選考に応募する書類の内容を充実させましょう。

大手企業には毎日何通もの履歴書や職務経歴書が送られてきます。そのなかで採用担当者に選んでもらうためには、他の人との差別化が必要です。

「お話をしてみたいな」と採用担当者に思ってもらえるように、志望動機や自己PRなど作り込んでおきましょう。

ネガティブな退職理由を伝えない

履歴書や面接でネガティブな退職理由を伝えてしまわないように気を付けましょう。

面接の質問では、前職の退職理由を聞かれることが多くあります。しかし正直にネガティブな退職理由を伝えてしまうと、協調性が悪いのかもしれない、長く続かないのではないかなど悪い印象を与えてしまいます。

たとえば「スキルアップを目指しているので、新しい職場で挑戦したい」などポジティブな理由に変換して伝えるようにしましょう。企業の採用担当者が、採用したいと思ってもらえることが大切です。

退職理由をしっかりと伝えるために、なぜ退職したいと思ったのか、それをどのようにポジティブに変換すればよいのか分析してみましょう。

あわせて読みたい
大手企業への転職は難しい?成功に必要な7つの対策や注意点を徹底解説 大手企業への転職って難しいの? 難しいって言われる大手に転職するにはどうしたらいいの? といった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。 誰しも大手企業に転職...

大手企業の転職におすすめの転職エージェント6選

ここでは大手企業の転職におすすめの転職エージェントを6社紹介します。

大手企業に強い転職エージェントをまとめましたので、ぜひ利用してみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

type転職エージェント

type転職エージェント
type転職エージェントの特徴
  • 首都圏を中心に展開
  • 「納得感のある転職」の実現にこだわり
  • ITエンジニアや企画職・営業職に強み

 

type転職エージェントは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に転職サービスを提供しているエージェントです。

 

「納得感のある転職」のサポートにこだわりがあり、キャリアの相談や希望条件に合った求人の紹介、応募書類の添削、面接対策など、転職完了まで手厚くサポートを受けられます。

 

企業の採用担当者からのヒアリングにも力を入れており、求める人物像や経験を把握したうえで求人を紹介してもらえるため、マッチング精度の高い転職の実現に期待できます。

 

特にITエンジニアや企画職、営業職の転職に強みがあり、25年以上の歴史(※1)と34万人以上の転職支援実績(※1)をもとに、転職を成功に導いてくれるでしょう。

 

(※1)type転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 9,742件(※2)
非公開求人数 17,998件(※2)
おすすめポイント
  • 一都三県での転職に強み
  • 営業、企画、ITエンジニアへの転職に強い
  • 後悔のない転職が実現できる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

【type転職エージェントの口コミ・評判】

年収UP交渉もスムーズに進めていただき、大満足です!

(前略)

キャリアアドバイザーの方に相談すると、プログラミングの経験のほかにWEBサイトの開発経験があることは今後の転職にプラスになるという高い評価をいただき、どちらの経験も活かし、システムの企画にも携われるEコマースのシステムエンジニアで内定をいただきました。キャリアアドバイザーの方にスキルを正しく評価していただき、自信を持って転職活動に臨めたことが成功につながったと思います。年収交渉もスムーズで、企業からスキルを評価されているのだと思うとさらにやる気が出ますね!

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

新たなキャリアの提案で年収大幅UP!

これまで社内SEとしてキャリアを積んできましたが、年収UPを目的に転職活動を始めました。社内SEとはいえ、携わったシステムは全てスクラッチで開発し、開発の全行程から保守・運用まで経験してきたことを伝えると、開発の全工程の経験がある点を高く評価してくださり、キャリアアドバイザーの方からITコンサルタントとして新しいキャリアを築いてみてはどうだろうかとアドバイスをいただきました。書類作成や面接対策をしていただき、万全の状態で望んだ結果、希望する企業から内定をいただくことができました。年収も自分が予想していたよりも大幅にアップし、人材紹介サービスを利用して本当によかったと思っています。

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

 

ワークポート

ワークポート
  • 特徴① 転職相談実績67万人
  • 特徴② 国内拠点数33拠点
  • 特徴③ 専任のキャリアアドバイザーがサポート

ワークポート未経験からのキャリアチェンジを支援する転職エージェントです。

人材紹介専門で19年の歴史のあるワークポートは、転職支援で培った豊富なデータを活用して転職者に寄り添った手厚いサービスが特徴のひとつです。

ワークポートの求人の種類はさまざまで、IT業界や営業職や建設業界、薬剤師など幅広い求人の取り扱いがあります。

それぞれの業界専門の転職相談サービスがあり、まずは気になる業界について相談してみるのも良いでしょう。

サービス名ワークポート
運営会社株式会社ワークポート
公開求人数約74,000件
非公開求人数非公開
おすすめポイント・完全未経験でもIT技術を学べる「無料エンジニアスクール」
・自己分析や面接対策、書類作成を学べる10個の無料講座
・転職コンテンツが充実
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://www.workport.co.jp/
※2023年10月時点

 

パソナキャリア

パソナキャリア
  • 特徴① 年収アップ率61.7%、求人の半数が年収800万円以上
  • 特徴② ハイクラス転職に特化したコンサルタントが支援
  • 特徴③ 4年連続満足度総合1位を獲得

パソナハイクラスは、株式会社パソナが運営するハイクラスに特化した転職エージェントです。保有されている求人の約半数が年収800万円以上で、61.7%(※1)の方が年収アップに成功した実績をもちます。

 

パソナキャリアでは、ハイクラス転職を専門とする業界専任のコンサルタントが、企業情報の共有や面接対策、内定後の交渉などの充実したサポートで転職を成功へと導いてくれます。

 

面接の日程調整や企業への推薦などもおこなってくれるため、忙しい合間でも効率的に転職活動を進められるでしょう。

 

利用者満足度調査で4年連続総合1位(※2)を獲得しており、手厚い転職支援を受けたい方におすすめです。

 

(※1)パソナハイクラスの公式ホームページより
(※2)オリコン顧客満足度調査 2019年~2022年転職エージェント総合1位

 

サービス名 パソナキャリア
運営会社 株式会社パソナ
公開求人数 34,075件(※3)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 年収800万円以上の求人を紹介可能
  • 手厚い転職支援を受けられる
  • 30~50代でハイクラス転職を目指している方におすすめ
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

大手から大手への転職で注意するポイント

大手から大手への転職を実現させるために、注意すべきポイントが3つあります。

転職活動をする前に、ぜひ確認しておきましょう。

転職する理由を明確にしておく

転職するときは、不満があり退職するケースがほとんどだと思います。しかし「とにかく転職したい」「現状を変えたい」などの思いで、転職に踏み切るのは危険です。

必ず転職する理由を明確にしておきましょう。あやふやなまま転職してしまうと、また同じような不満が出てくるかもしれません。

また転職の理由を明確にしておけば軸がぶれず、企業を選ぶときに役立ちます

会社を辞めたいという理由だけではなく、今後のキャリアプランなども考えながら転職活動をおこないましょう。

企業の情報を多く集めておく

大手から大手への転職を成功させるためには、企業の情報をできるだけ多く集めておくことが大切です。

企業側がどんな企業理念なのか、どのような人材を求めているかチェックする必要があります。

企業の情報をあまり集めないまま、転職活動を進めてしまうと、面接でうまく答えられなかったり、入社後に方向性が合わなかったりする可能性があるからです。

転職を希望する業界や、企業の情報を多く集め、面接時に自分のスキルや経歴をアピールしましょう。

大手企業へ簡単に転職できると過信しない

大手企業へ簡単に転職できると過信しないようにしましょう。たしかに大手から大手への転職はネームバリューがあり、採用されやすいとお伝えしました。

しかし大手企業は人気で、たくさんの応募者がいます。そのなかには優秀な応募者も集まってくる可能性が高いです。

大手企業出身ということで経歴やネームバリューを過信しすぎず、しっかりと応募書類や面接対策などをおこなって、準備をしておくことが大切です。

大手から大手へ転職するメリット・デメリット

大手から大手への転職は、メリットもデメリットもあります。

ここではメリットとデメリットを3つずつお伝えするので、転職を考えている方は参考にしてみてください。

メリット:今より条件の良い大手企業に転職できる可能性がある

ひとつめのメリットとしては、今より条件の良い大手企業に転職できる可能性があることです。

大手企業の出身というネームバリューと経歴やスキルがあると、高待遇で年収アップでの採用など、今より条件が良くなるかもしれません。

また転職先によっては、福利厚生が充実している、フレックス制度などがあり、働き方を変えることができます。

現状より良い条件の大手企業に転職したいと思っている方は、募集要項の条件などもみながら転職活動を進めましょう。

メリット:生活の質を変えずにすむ

大手から大手への転職であれば、生活の質を変えずにすむ可能性が高いです。大手企業は中小企業に比べ、年収や福利厚生が充実していることがほとんどです。

そのため転職する際、年収が下がることもなく生活基準を変える必要がないのが大きなメリットです。

転職して年収や福利厚生が下がり、ライフスタイルが変わってしまうのはとても不安になると思います。

大手から大手で同じような給与水準の企業に転職すれば、安心して生活できます。

メリット:大手企業ならではの社風になじみやすい

大手から大手への転職は、大手企業ならではの社風になじみやすいのがメリットです。

大手企業ならではの、社風や実務に慣れているからです。中小企業から大手企業に転職すると、社風や仕事の仕方が大きく異なるため、慣れるまでに時間を要します。

大手から大手への転職であれば、職場の雰囲気や仕事の内容などのギャップも少なく問題なく対応できるでしょう。

デメリット:転職してしまうと前の大手企業には戻れない

勤めている企業によっては、転職してしまうと前の大手企業には戻れないことがあります。新卒採用のみや再雇用をおこなっていない企業には戻れません。

このような企業を退職してしまうと、戻りたいと思ったときに再雇用は難しいでしょう。

戻る可能性がある場合は、現在の会社に出戻りができるのかも事前に確認しておいてください。基本的には片道切符なので、慎重に転職活動を進めましょう。

デメリット:キャリアアップに繋がらない可能性

転職した企業によっては、キャリアアップに繋がらない可能性があります。スキルアップに関する制度が無い企業や、自分の持っているスキルや経歴が次の企業でキャリアアップに繋がらないかもしれません。

そのため転職する理由がキャリアアップを第一に考えている方は、満足できないでしょう。

転職活動する際は、企業が求めるスキルと一致するのか、キャリアアップできる制度が整えられているのか確認しておきましょう。

キャリアアップを目指している方は自分が持っているスキルを棚卸しし、転職活動を進めましょう。

デメリット:年収が下がる

他の企業に転職することで年収が下がってしまうかもしれません。同程度の給与水準の企業でなければ、大手企業であっても年収は下がってしまいます。

大手企業によっても、給与は年功序列制度なのか、それ以外の評価基準なのかでも変わってきます。

採用面接を受ければ、年収が提示されるので、今より下がるようだったら辞退することも可能です。辞退すればこのデメリットは問題ありません。

大手から大手への転職であれば、年収が上がることもあるので、転職活動を進めながら判断が必要です。

あわせて読みたい
30代で大手への転職は有利?転職を成功させるポイントや対策まで解説! 30代になり、「もっと大手の企業に転職したい」「キャリアアップしたい」と考える方も少なくないでしょう。結論からお伝えすると、30代で大手企業への転職を叶えること...

まとめ

本記事では大手から大手への転職について詳しくお伝えしました。

大手企業への転職は、経験者でも第二新卒でも有利に進むことが分かりました。

しかし大手企業は人気であり、倍率が高いです。転職エージェントのサポートを受けながら、事前準備をしっかりおこなって面接に備えるようにしましょう。大手から大手への転職は勇気がいると思いますが、今より良い条件の企業に入れるチャンスでもあります。

大手から大手への転職を考えている方は、転職のポイントをぜひ参考にしてみてください。

今回紹介した大手企業に強い転職エージェントにも登録しておきましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。