大企業を辞めたいと思ったら|退職をするメリット・デメリットとおすすめの転職サイトを紹介

編集者
大企業を辞めたい方へ|中小・ベンチャー企業へ転職するメリットとは
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。
  • 大企業に就職したけど、仕事を辞めたい
  • 毎日研修ばかりで一向に仕事を任せてもらえない
  • 給料はいいけど仕事にやりがいを感じない 

など、大企業ならではの不自由さや重圧などを理由に「辞めたい」と感じ、中小企業やベンチャー企業への転職を考えている方は多いのではないでしょうか。しかし、親や周りからは「せっかく有名な企業に入ったのだから、辞めるのはもったいない」と言われて、なかなか辞める踏ん切りがつかない方もいるでしょう。

この記事では、現在は大企業に勤めているが「辞めたい」と悩んでいる方向けに、実際に辞めた人の意見や、中小企業・ベンチャー企業で働くメリット・デメリットについてご紹介します。

目次

大企業を辞めてもまた大企業に転職する人は多い

実際に大企業を辞めて転職する人はどの程度いるのでしょうか。厚生労働省が発表した「労働市場分析レポート第85号(平成30年3月2日)」によれば、「大企業から大企業」への転職だけではなく、「中企業→大企業」や「小企業→大企業」の転職が2010 年以降、大きく増加しており、大企業への転職が増加している傾向にあります。

中企業からの転職
大企業からの転職
引用元:厚生労働省|労働市場分析レポート第85号

このデータを見る限り、一度大企業に就職した人は総じて大企業に転職し、中小企業にいた人も、転職時に大企業を目指す傾向が高いと言えます。

大企業を辞めたい主な理由7つ

この項目では、「大企業を辞めたい」と考えた背景や、理由についてご紹介します。

個人の能力を活かせる仕事に就きたい

個人の能力を活かせる仕事に就きたい
引用元:厚生労働省|労働市場分析レポート第85号

大企業から転職した理由として、「仕事内容への興味」「能力・個性・資格を生かせる」が高いですが、「労働時間、休日等の労働条件」「給料等収入が多い」も増加傾向を示していることから、待遇面で優秀な社員を確保しようとする動きが増えている可能性が考えられます。

個人の能力を押す理由として最も大きな理由は、「大企業の仕事がつまらない」というものが挙げられるでしょう。大企業は役割がはっきりしており、個人が関わる仕事の範囲はひどく限定的なものになってしまいがちです。

『〜〜という仕事の●●するだけの人』といった形で、例えば漫画やアニメーション制作で例えると、

  1. 構成を考える作家
  2. キャラクターデザインをする人
  3. コマを描くだけの人
  4. 背景を描く人
  5. 色彩担当の人
  6. BGMを作る人
  7. 声優の人
  8. 3DCG専門の人
  9. 進行管理の人 など

それぞれ担当している部署や仕事のみをするケースが、大企業の場合は多くなっています。自分もその歯車の一つになっていると感じてしまうと、仕事へのやりがいなどが感じられなくなり、大企業を辞めたいと考え始めるきっかけになります。

仕事にやりがいを感じたい

  • 仕事の成果が正当に評価されやすい
  • 自分次第でどんどん成長していくことができる など

辞めてよかったと感じている人のブログを見てみると、概ねこのような意見を持っていることも分かりました。

なんのためか分からない無駄な仕事をこなす必要がなくなったり、自分がやりたい仕事を担当できるようになったりと、仕事内容にこだわりたい人や仕事にやりがいを求めたい人は、大企業を辞めるという選択をするのも、よいのかもしれません。

とにかく辞めたかった

とにかく仕事に就きたかった』という割合の増加も無視できない割合を示しており、一刻も早く仕事を辞めたはいいものの、生活のために仕方なく中小企業に転職したというケースも考えられます。昨今ニュース等で話題になる『裁量労働制』や『コンプライアンス』『ハラスメント問題』への関心の高さかもしれませんね。

成果を上げても給料に反映されない

営業職であれば、売上数字を上げればボーナスやインセンティブに反映されやすいのでモチベーションに繋がりやすいかと思いますが、例えばシステムエンジニアや事務方の場合、どんなに頑張っても評価をされにくいという傾向があります。

つまり、適当にやっている他の社員ともらえる対価は変わらないという現状です。こうなった場合、何もせず、定時ダッシュをした方が良いという選択の方が賢く見えてしまうもの。

社内の決定スピードが遅いから

何か新しいことができると思って入社した大企業。しかし、大企業には『稟議(りんぎ)』というものがあり、どれだけよいアイディア、市場調査、数字がはっきりしていても、それが仕事として機能するまでに時間がかかります。

上司→課長→部長→役員→取締役会など、段階が多いことで結局何もできないというケースも考えられます。稟議が通るまでは経費の発生はないはずなので、その間に何か動いたとしても全て自費負担となります。

企業と転職者の意向の違い

大企業を辞めたいと思う人の中には、企業の意向と希望のミスマッチになっている場合があります。入社前の説明会や面接、面談では、希望した職種に就けると話しをしても、いざ就職をしたら希望とは違う仕事に配属されるケースは少なくありません。

自分が思っていた職種や仕事に就職ができないと「この仕事はつまらない」「毎日が辛い」といった感情になり、毎日時間が過ぎるだけの作業になってしまいます。

こうした状況が続くとストレスが溜まり、最悪の場合、うつ病になる可能性も考えられます。そのため、企業の意向と求職者の希望条件に違いがあると、大企業でも辞めたいと思う原因になるでしょう。

人間関係が悪い

大企業は在籍している社員の人数も多いため、従業員同士の人間関係が悪くなる可能性があります。また、同期の社員同士で人間関係が悪くなるケースが多いですが、大企業の場合は先輩や上司にあたる人の人数も多いため、年代問わず関係が悪化する場合も考えられます。

従業員数が多い大企業だからこそ起こりやすい問題でもあるので、こうした悩みを抱える方は少なくありません。人間関係が悪いと、出社をしても仕事に集中できなかったり、気を配らないといけなくなるため、ストレスを抱えやすくなります。

働く職場は毎日通う場所なので、人間関係が悪くなると大企業であっても辞めたいと思う方は多くなります。そのため、大企業を辞めたいと思う方の中には、人間関係が悪い場合があると考えられるでしょう。

大企業を辞めるのはもったいないのか?辞めて後悔した理由

この項目では、大企業を辞めたいと思い実際に行動に移した方が、結果的に後悔してしまったというケースについてご紹介します。

  • 給料が下がった
  • ネームバリューがなくなったことで社会的信用度が低くなった
  • 仕事の規模が小さくなった
  • 退職金や住宅手当などの福利厚生を失った

この中でも特に目立ったものは、「ネームバリューがなくなったことで社会的信用度が低くなった」という意見で、クレジットカードを作成する際やローンを組む際に不利になることもあるようです。

無気力です。

大企業を辞めたことを後悔し立ち直れません

生きる希望がないです。

友達も彼氏もいなく

毎日無気力です。

生きるのが辛いです

死ぬ勇気もないので、どうしたら

立ち直れるか教えてください

引用元:Yahoo!知恵袋

大企業ほど、締め付けが厳しいから、ついて行けない!

と、思う人は、沢山いますよ。

心身ともに、病む方もいるでしょう。

原因は、一つではないんですよ。 人は、一つの原因で、

そんなに、追い詰められないんです。

仕事や、家庭や、人間関係や、経済問題や、色々な事の

いくつかが重なって、やりきれなくなっていく気になるんです。

後悔はするでしょうけれど、企業を辞めた事か、その企業に

入った事か、もっと昔の、学生の事か、子どもの頃の生育歴か、、、。

後悔するな、といっても無理な相談で、それを乗り越えて、

少し、楽に生きていけるような気がするもんです。

もっと、違う職場、働き方で、良いと納得できるんですよ。

引用元:Yahoo!知恵袋

大企業を辞めて中小企業やベンチャー企業に転職する5つのメリット

大企業の実情や、転職事情について大まかにわかったところで、中小企業やベンチャー企業で働くメリットとデメリットについても知っておきましょう。

仕事の裁量権が大きい

メリットの1つ目は、仕事の裁量権が大きいことです。

特に人手が圧倒的に足りていない会社の場合は、具体的な作業などに切り分けて仕事を依頼する余裕もないため、「新規の顧客を獲得してきてほしい」「毎月の売り上げを100万円アップさせてくれ」など、とてもざっくりしたお題だけを与えられて、目的をどう達成するかは自分で考えてほしい、という仕事も少なくないはずです。

仕事の担当範囲が幅広い

仕事の担当範囲が広いこともメリットです。大手企業に比べてそもそも社員の人数が少ない可能性が高いですし、新しく0から部署を立ち上げることを任された場合などは、決められた1つの仕事だけではなく、自分がやったことのない仕事も並行して担当する可能性があります

もちろん、会社によっても求められることは変わってくると思いますが、組織をマネージメントしながら、並行して、プレイヤーとして仕事をこなしていくことも必要になる可能性があります。

変化のスピードが早い

変化のスピードが早いことも大企業の決断の遅さに嫌気が指している人ならメリットです。ベンチャー企業やIT企業などの場合は、特にこの傾向が強くなるかと思いますが、新規事業への新規参入や撤退も、大企業とは違って柔軟に行なえることが中小企業やベンチャーの強みになります。

1ヶ月後には今やっている仕事とは全く別のことをやっている可能性もあり、そういった変化を逆に楽しめるような人でなければ、働いていても苦痛に感じてしまう可能性があります。

仕事の環境から作ることができる

仕事をする環境そのものから自分でつくることも可能です。大企業などの大きな組織で働く場合は、関わる人も多くなるため、働く環境を自分の力で変えることは難しくなります。

しかし、中小企業やベンチャーの場合はゼロからのスタートも多くなるため、その場合は環境そのものから自分の好きなように構築することができます。

短期間での年収UPも見込める

自分の頑張り次第で、年収を一気にUPさせることも可能ということです。

上でも説明したように、いきなり大きな仕事をポンッと任される可能性がありますから、そういった仕事で成果を出せば、しっかりと給料に反映してくれるのが中小企業やベンチャー企業の特徴です。

社長や役員との距離も近いため、制度や仕組みなどにとらわれず、ある程度柔軟に、自分の頑張りを評価してもらえる可能性が高くなります。

大企業を辞めてフリーランスとして働くメリットとそれぞれのリスク

大企業を辞める場合、中小企業やベンチャー企業へ転職する道だけではなく、会社員をやめてフリーランスになるという道を選ぶ人も、中にはいます。フリーランスとして働くメリットとデメリットについても確認しておきましょう。

自分のペースで仕事を進めることができる

フリーランスとして働く1つ目のメリットは、自分のペースで仕事を進められることです。フリーランスは、会社員のように満員電車に乗って毎日決まった時間に出社する必要がありません。

自分の好きな時間から仕事を始めることができますし、休みたい日は平日でも仕事を休むことができます。その分、自己管理能力が必要になりますが、毎日の時間を自分で好きなように使えるのは、フリーランスならではの特権といえます。

自分で仕事を選ぶことができる

自分が担当する仕事を自分で選ぶことができるのも、フリーランスとして働くメリットの1つです。会社員の場合は、部署移動などによって、自分が希望していない仕事を担当する可能性がありますが、フリーランスの場合は、仕事の内容から報酬まで、自分で決めることができます。

最初は仕事を選ぶのが難しい可能性もありますが、フリーランスとして働く場合、自分の努力次第でどんどん仕事の幅を広げていくことができます。

自分が働かないと収入が入ってこないリスクもある

自分が働かない限り収入が発生しない、ということです。会社員の場合は、成果が出なくても、最悪なんとか会社に出社して仕事をこなしてさえいれば、毎月決まった額の給料をもらうことができます。

しかしフリーランスの場合は、案件ベースでの報酬が基本で、自分が求められるものを納品したり提供したりしない限り、報酬は発生しません。場合によっては負担が大きくなる可能性があり、体を壊して仕事ができなくなれば報酬が0になってしまうリスクもあります。

自分の頑張りがそのまま収入に反映される

3つ目のメリットは収入面のことに関して。フリーランスは、自分が頑張れば頑張った分だけ収入を増やしていくことができます。会社員の時は、どんなに頑張っても給料は変わらなかったり、仮にUPしてもほんの少しの金額だけだったりという人が多いかと思います。

しかしフリーランスになれば、担当する仕事の数を増やすこともそうですが、1回あたりの仕事の単価を交渉して増やしていくことも可能になります。

収入が不安定になる可能性もある

一方で、収入が不安定になりがちというデメリットもあります。1つの仕事が毎月ずっと継続して発生する保証はもちろんありませんし、自分がしっかり成果を出していても、会社の都合だけでその案件が終了になってしまう可能性があります。

そういった状況になっても慌てない準備とスキルが必要になります。

年金について自分で対策が必要になる

会社員からフリーランスになると、自動的に厚生年金から国民年金に切り替わってしまうため、そのままでは老後にもらえる年金の金額がとても少なくなってしまいます。

厚生年金と同じだけの金額をもらうようにするには、別途、自分で個人型確定拠出年金や個人年金保険などに加入する必要があります。

中小・ベンチャー企業への転職を成功させる3つの方法

中小・ベンチャー企業へ転職する際に、最も避けるべきなのは採用のミスマッチです。幅広い仕事を経験できるという求人情報は、裏を返せば人手が足りないために、自分で何でもしなくてはいけない仕事が多いということにもなりかねません。

このような失敗を避けるには、自分が転職する目的を明らかにし、イメージではなく現実に基づいた各ベンチャー企業の情報を集めていく必要があります。

転職の目的を明確し、目的に合った企業を選ぶ

最終的な目標を目指すために、今必要なスキルや経験が必要な企業を探しましょう

実力があり、将来の起業に備えられる経験がしたいのであれば、メガベンチャーよりもスタートアップや成長段階の企業の方が向いているかもしれません。今の自分に必要な経験が得られる企業はどこなんだろう?という視点で求人を探します。

企業の正確な情報を得る

企業はそこからでは内情までは分かりません。イメージや楽観的な思い込みで転職先を決めると、入社後のギャップが大きくなります。ミスマッチを防ぐためにも、現場に近い情報と定量化できる客観的な情報を集めていきましょう。

上場企業であれば、財務諸表を確認し、未上場企業であれば社長の人柄(自分と合いそうか)や、出資を受けているか、入社後の待遇や任せてもらえる仕事な何かなどを確認していきましょう。

転職エージェントに相談する

自分の調査だけでホワイト企業を見抜くのは困難です。働きながら少ない時間で情報収集をしなければいけない場合でも、業界の事情に精通した転職エージェントに相談するのが現実的です。

業界のトレンドや伸びしろのある企業を質問できますし、今のあなたの状況に合った企業を紹介してくれます。

大企業からの転職におすすめの転職エージェント5選

大企業から中小企業やスタートアップ、ベンチャー企業に転職したい人におすすめの転職エージェントを4社紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。2023年1月時点での非公開求人数が27万件以上(※)となっており、豊富な求人数から優良求人や大手求人に出会いやすい転職サービスといえます。

キャリアアドバイザーが面接対策や書類添削などのサポートをしてくれるため、就職活動がうまくいかない原因などを探しながら進めることができます。求人数も豊富に掲載されているため、さまざまな企業を選ぶことができるのが嬉しいサービスです。

また、年収1,000万円以上のハイクラス向け求人も取り扱っているのが特徴です。

《リクルートエージェントのおすすめポイント》

  • 国内最大級の掲載求人数
  • 専門コンサルタントから手厚いサポートを受けられる
  • 優良求人や大手求人などハイクラス向け転職にも対応

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する大手転職サービスです。2023年3月時点での求人数は約6万件以上(※)となっており、マイナビのマイナビエージェントは、若年層向けの求人を多く取り扱っています。そのため、20代から40代の方に向けた求人が多いのが特徴です。

また、プロの専門家が転職のサポートをしてくれながら、自分に合った求人を探せるのもメリットです。転職初心者の方から経験者まで、手厚いサポートが受けられます。若年層で転職が不安な人におすすめです。

《マイナビエージェントのおすすめポイント》

  • 若年層向けの求人が多数掲載されている
  • 手厚い転職支援サービスが受けられる
  • 首都圏だけでなく地方の求人も多く扱っている

doda

doda

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する大手転職サービスです。2023年3月時点での求人数18万件以上(※)となっています。dodaの転職エージェントでは、転職サイトと転職エージェントの両方のサービスを同時に利用できるため、自分で求人を探しながら、転職エージェントのアドバイザーからの求人紹介やサポートを受けることが可能です。

求人数は国内最大級で、各業界を経験したキャリアアドバイザーが多数在籍しています。一度転職に失敗してことで向いている職種や業界が分からなくなってしまった人や、就職活動に不安を覚えている人におすすめです。

《dodaのおすすめポイント》

  • 豊富な掲載求人から興味のある求人を見つけやすい
  • 積極的に求人紹介を受けることができる
  • 全国各地に支店があるため地方求人も充実している

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職エージェントです。2023年3月時点での求人数は4万件以上(※)となっております。type転職エージェントを利用したユーザーの71%が年収アップに成功していることから、年収を重視した転職をしたい人に向いているでしょう。

求人は関東圏が中心となっているため、一都三県での転職に向いています。キャリアアドバイザーからのサポート内容も充実しているため、一人で転職活動を上手く進める自信がないという人におすすめの転職エージェントです。

また、IT業界の求人も豊富に取り扱っているため、ITに興味がある人には特におすすめです。

《type転職エージェントのおすすめポイント》

  • 年収アップを図りたい人におすすめ
  • 書類添削や面接対策などの不安を解消できる
  • IT業界への転職に強く未経験転職にも対応できる

doda X

dodaX

doda Xは、パーソルキャリア株式会社が運営する大手転職サービスです。2022年12月時点での非公開求人数が2万件以上(※)となっています。dodaとは違い、doda Xでは、ハイクラス向けの求人を用意しています。また、ヘッドハンターから厳選されたスカウトが届くのも特徴です。

年収600万円以上を目指す方に向けて作られたサービスなので、「役職を上げたい」「年収を伸ばしたい」といった人におすすめです。

《doda Xのおすすめポイント》

  • 管理職を中心としてハイクラス向け求人が豊富にある
  • 登録するだけで、スカウトが送られる
  • キャリアアップを目指したい人におすすめ

まとめ

現時点で大企業を辞めたいと思っている人は、まず実際に転職をする前に、辞めたい理由をしっかりと整理することが大切です。

自分が感じている不満は、本当に転職しないと解決できないことなのか、また、自分が変わることによって解決できないかどうか考えてみるようにしましょう。

限界を感じる前に、できるだけ余裕のある状態で考えた方が、冷静に状況を判断しやすいはずです。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。