転職エージェントが合わないときは担当を変えたほうが良い?変更の仕方と注意点

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

利用している転職エージェントが合わないかもしれない…

転職エージェントで相性の良い担当者と出会う方法を知りたい

転職エージェントを利用するときに、悩みを抱えている方は少なくありません。転職エージェントが合わないと感じた場合、担当者を変えても良いのかは悩みどころです。

本記事では、転職エージェントが合わないと感じる原因や対処法を紹介します。

目次

転職エージェントが合わない場合は担当を変えても良い

転職エージェントが合わないと感じた際、担当は問題なく変えられます。担当者との相性が合わないと、かえって転職活動が長引く可能性があります。

転職エージェントを利用する目的は、現在の職場での悩みを解決できる転職先を見つけることであるはずです。

そんな転職サポートをしてくれる転職エージェントが、かえって転職活動の足を引っ張る場合は担当を遠慮せずに変えましょう。

相性の合わないエージェントが担当になると転職活動が上手くいきにくくなってしまいます。少しでも合わないと感じた際は、早めに担当の変更を検討しましょう。

転職エージェントが合わないと感じる理由

転職エージェントが合わないと感じる理由はやり取りに違和感があったり、転職活動がうまくいっていなかったりなど人それぞれです。

自分の担当者が、以下の特徴にあてはまる場合は変更すべきかもしれません。

転職エージェントの質に少しでも不満のある方は、これから紹介する理由を基準に、担当者変更を検討してください。

マナーや態度に違和感がある 

転職エージェントが合わないと感じる理由として、担当者の態度が挙げられます。高圧的な態度をとられたり、頻繁に話を遮られたりするなどの様子がみられた際は、担当を変更すべきかもしれません。

エージェントに不愉快な態度をとられていると、少しずつ嫌気がさしてしまい、転職活動そのものに支障をきたす可能性もあります。ストレスが増え、転職活動そのものができなくなるリスクもあるでしょう。

転職エージェントは、自分が担当している利用者の数が多いほど、余裕がなくなるものです。しかし、エージェントも忙しいからと考え我慢をする必要はありません。

マナーや態度に違和感があり、ストレスに感じる方は、早めに担当者を変更しましょう。

気が向かない企業を強引に勧めてくる

転職エージェントを利用していると、提案した企業を半ば強引に応募させようとする担当者がいます。エージェントによる、企業への勧め方に圧を感じることは少なくありません。

担当者が企業への応募を強引に勧めてくるのには、エージェントのビジネス形式において理由があります。転職エージェントの収入源は、おもに企業からの成功報酬です。

エージェント側は、自身の担当した利用者が内定を獲得することで報酬を得られます。内定者が増えるほど収入を得られるため、少しでも報酬額を上げようとしている可能性も否めません。

応募を強く勧められていると感じる方は、担当者を変えたほうが良いでしょう。

エージェントの知識や経験が不足している

合わないと感じる理由に、エージェントが自分の希望職種に精通していない可能性が挙げられます。転職エージェントによって、得意としている職種はさまざまです。

一人ひとりの担当者には、それぞれ異なる専門知識が備わっています。担当になったエージェントの得意分野と、自分の希望職種が異なっているときは、十分に注意してください。

希望している職種が担当者の得意分野でない場合、満足いくサポートを受けられないこともあります。エージェントとスムーズなやり取りができず、転職活動が思うように進まなくなることで、諦めてしまうケースも少なくありません。

担当者の相性を見る際は、必要としている専門知識が備わっているか確認しておきましょう。

連絡のやり取りがしづらい

転職エージェントが合わないと感じる理由に、担当者との連絡が取りづらいケースが考えられます。利用者とエージェント、両方の都合により、連絡しやすい時間帯が異なることが原因です。

特に、連絡の頻度やレスポンスのタイミングが合わずに苦労する場合は気をつけましょう。メールを例にすると、深夜など極端な時間帯に連絡がきたり、レスポンスまでに日数がかかったりするなどが挙げられます。

スムーズなやり取りがしづらい状況は、利用者にとって転職を遅らせる可能性もあるため注意が必要です。

連絡の取りづらさを感じる方は、一度担当者に相談してみましょう。

転職エージェントが合わないときの対処法

転職エージェントが合わない場合、利用を辞める以外にも事態を改善する方法はいくつか存在します。現状を改善するために自分で行動を起こせば、問題が解決されることもあるのです。

転職エージェントの担当が合わないと感じたときの効果的な対処法を解説します。

転職エージェントが合わなくて悩んでいる方は、紹介する対処法を試してみるのも良いでしょう。

担当者に要望をはっきりと伝える

転職エージェントが合わないときは、はっきりと要望を伝えるのが対処法の1つです。転職活動が思うように進まない場合、担当者が利用者についてあまり把握していない可能性があります。

担当者の現状を再確認するためにも、自分の希望職種や連絡頻度などをはっきりと伝えてみましょう。

注意点として、要望を伝えるときは、正しい表現を意識してください。コミュニケーションにおいては、角が立たないように、丁寧な言葉づかいを心がけることが大切です。

別の担当者に変える

転職エージェントが合わないときの対処として、担当者を変えてもらう方法も挙げられます。担当者の変更を求める自体には問題がないとはいえ、申し訳なく思い、なかなか言いだせずにいる利用者もいるかもしれません。

お世話になったぶん、変更したい旨を伝えることで、担当者を傷つけてしまわないかと不安に思うこともあるでしょう。

以下に、担当者の変更に罪悪感がある方に向けて、無難に変更する方法を紹介します。

メールで伝える

担当者の変更を申し出る際は、電話や対面のように直接話す方法だけではなく、メールを使う手段も視野に入れましょう。特に、担当者の人柄自体に問題がなかった場合は、メールで直接伝えるのも1つの方法です。

メールであれば、担当者が都合の良いタイミングで読めるため、電話のように連絡がつかないなどの問題は起こりません。文面を考える時間も作れるため、送る側にとってはより良い文章を作成できます。

無難に伝えるためには、できるだけ丁寧な言葉で、担当者に納得がいくよう明確な理由を述べることが大切です。

Webサイト経由で伝える

担当者の変更を求めるときは、Webサイトを経由して伝えるのも手段の1つです。転職エージェントによっては、問い合わせ用のフォームが設置されているところもあります。

人柄などの理由で担当を変えたいのであれば、Webサイトの利用は有効手段になるでしょう。担当者に直接伝えると、どうしても気まずくなってしまうケースが考えられます。

問い合わせフォームを利用すれば、気まずい状況を避けるのに効果的です。また、Webサイト経由であれば、自分にとって都合の良い時間に送れます。電話やメールのように、時間を気にする必要はないのです。

ただ、メッセージはサービスの運営側へ無差別に届く仕様になっています。担当者以外のスタッフの目に触れる可能性があるため、丁寧な文章を意識することが大切です。

担当者本人に直接言いづらい場合は、なるべくWebサイトなどのプラットフォームを活用しましょう。

電話で問い合わせ窓口に伝える

担当者を変えたい場合、電話で問い合わせ窓口に伝えてみましょう。電話であれば、変更の旨をすぐに伝えられ、早めに対応してもらえます。

メールの場合は、スタッフの目にはいるまでに時間がかかるケースがあります。急いで変更したいときは、電話でのやり取りを優先しましょう。

しかし、電話の場合はスタッフの手が空いておらず、すぐに対応ができないことも考えられます。

また、転職エージェントによっては営業時間内にしか対応できない可能性もあるため、あらかじめ利用できる時間帯を把握しておいてください。

利用する転職エージェントを変える

転職エージェントが合わない場合、無理に同じエージェントを利用し続ける必要はありません。どうしても転職がうまくいきそうにないときは、思い切って利用する転職エージェントを変えてみるのも1つの手段です。

転職エージェントごとに強みや特徴が違うため、エージェントを変えることで、相性の良い担当者に出会える場合があります。

転職エージェントを変えようと考えている方は、あらためて情報を集め、今度こそ満足のいく転職活動を始めましょう。

転職そのものの計画を立て直す

転職エージェントが合わないと感じる原因として、自身のキャリアプラン自体が定まっていないケースも挙げられます。特に応募したい企業が見つからない方は、もう一度希望の職種が自分のスキルと合いそうな求人を調べてみましょう。

自分が良さそうだと思う企業を見つけたときは、内定を得るのに必要なスキルを調べてください。企業の求めるスキルと自分のスキルが同じであった場合、有利に転職活動を進められます。

企業とのスキルが合わず、自分の強みが定まらないのであれば、キャリアプランを最初から立て直すのも1つの方法です。

振り出しに戻るのは、今まで頑張ってきたぶん気が引けるかもしれません。しかし、転職活動は、手間を惜しむと思うように進まなくなるリスクもあります。

最初からプランを考え直すのは勇気が必要ですが、転職プランそのものの立て直しも視野に入れておきましょう。

相性の良い転職エージェントを見つける方法

転職エージェントが合わないと悩んでいる方は、エージェントの探し方に問題があるかもしれません。自分に合った転職エージェントを見つけるには、ある程度のコツが必要です。

以下に、相性の良い転職エージェントの探し方を紹介します。

転職エージェントを2つ以上活用する

相性の良い転職エージェントを見つける方法として、2つ以上のサービスを利用するのが効果的です。

複数のエージェントを使うと、自分に合った担当者と出会いやすくなります。現在、転職エージェントには多くの種類があり、自分に合った担当に出会える可能性が高い傾向です。

また、転職エージェントによっては特化型やスカウト型といった異なる形式もあるので、それぞれ使い分けてみるのも良いでしょう。

自分のスキルや実績、年齢を加味して、特に相性が良いと思えるエージェントを選んでください。

自分の経歴に合った転職エージェントを選ぶ

転職エージェントの選び方として、自分の経歴を考慮する方法も挙げられます。現職と同じ職種への転職を希望する方は、キャリアアップが目指せるエージェントがおすすめです。

また、未経験の業界へ転職したい方に向けた、未経験者専用の転職エージェントも存在します。新たなキャリアを目指している方は、未経験に特化した転職エージェントを調べてみてください。

自分の経歴をあらためて確認し、特に相応しいエージェントを見つけ、転職活動に備えましょう。

相性が合わない転職エージェントの担当を変えるときの注意点

担当の変更が無事に決まったとしても、必ず自分に合った人になるとは限りません。より良い担当者と出会うためには、事前の対策が必要です。

以下に、担当を変えるときの注意点を説明します。

変更したい理由を具体的に伝える

担当者の変更を求める際は、なぜ変えたいのかをできるだけ具体的に伝えることが大切です。理由に具体性をくわえると、前回の担当者に似た人と出会う可能性を減らせます。

変更したい理由をきちんと伝えれば、エージェント側にとって新たな担当者を選ぶ判断基準になります。スタッフに分かりやすく伝えるコツとして、今までの担当者をもとにした相談が効果的です。現在の担当者の特徴を具体的に伝えれば、変更後に前回と似た人が担当になる事態を防げます。

また、自分のスキルや実績を同時に伝えておけば、自分に合った職種専門の担当者が選ばれやすくなるでしょう。担当者を変える際は、理由を具体的に伝えることを心がけてください。

希望するエージェントの特徴を明確にする

担当者の変更を申し出るときは、事前に希望したい担当者の特徴を明確にしておきましょう。希望したい担当者の具体的な特徴を伝えておくと、転職エージェント側が新たな担当を割りあてやすくなります。

スタッフが、利用者の希望をきちんと把握すれば、前回と同じような人に出会うことは少なくなるでしょう。希望の特徴を明確にすると、理想の担当者に近い人が選ばれやすくなるため効果的です。

変更の際におこなうべきことを確認する

担当者の変更を申し出る際は、今までのやり取りは新しい担当者に引き継がれるのかを確認しましょう。転職エージェントによっては、別の担当者には自分のデータが引き継がれないケースも考えられます。

新しい担当者が自分について何も把握していなかった場合、突然はじめから説明し直す事態に見舞われるのは少々手間になってしまいます。

事前に確認しておけば、自分のスキルなどを伝え直す必要があるときに備えて、説明文を準備するのに効果的です。

新しい担当者と対面する前に、自分のスキルや条件などの説明文を用意しておくと、連絡を取る際にスムーズなやり取りができるでしょう。

わがままだと思われないよう注意する

エージェントに対し、ある程度の希望条件を伝える必要があるとはいえ、度が過ぎてわがままだと思われないよう注意しましょう。求めている条件がわがままになっている人は、担当を変えても良い結果はうまれないかもしれません。

以下に、わがままだと思われる利用者の特徴を説明します。わがままになっていないか不安な方は、もう一度自分の希望条件を確認しましょう。

希望している働き方の条件が多すぎる

働き方の希望条件が多い場合、わがままな人だと思われるかもしれません。働き方に対し、多すぎる条件や無茶な希望は極力避けるようにしましょう。

例としてよく挙げられる項目が、休日の長さと勤務時間です。希望している休日や、有給の日数が極端に多すぎると、該当する職場が見つかりにくくなってしまいます。

また、エージェント側にわがままだと思われ、見放される可能性もあるため注意しましょう。

働く時間に関しても、少なすぎる勤務時間を求めたり残業は一切なしなどの条件を求めたりすると、やる気のなさを疑われます。

わがままに思われる要素はほかにもたくさんありますが、大胆な条件や希望する数が多い方ほど注意が必要です。

希望する勤務地への条件が多すぎる

わがままだと思われる希望条件として、勤務地への要望に対しても挙げられます。出張が一切ない企業や、駅から徒歩圏内など、大胆な条件が多いほど転職エージェントに見放される傾向です。

たくさんの条件を挙げる前に、本当にすべての条件が必要なのか、最も優先したい条件はないかなどを考えてみましょう。

希望する条件すべてを満たせる企業は多くないため、条件が複数ある方は、多くても2つか3つに絞るのをおすすめします。

自分のスキルと希望の職種が釣り合っていない

自分が持っているスキルと、企業の求めるスキルが離れすぎている人も注意が必要です。

自身のスキルが不足している状態で、高い年収の企業を強く希望したり、専門性の高い企業に応募したりしてもあまり意味はありません。

求める職種とスキルが離れている人が転職に成功する方法は、企業に求める条件を変えるか、希望する企業に就職できるほどのスキルを身につけることです。スキルが伴っていない状態で担当者だけを変えても、今までと同じ結果になってしまいます。

転職を成功させたいのであれば、自分を変える努力も忘れずにおこないましょう。

担当者が合わないと感じるときにおすすめの転職エージェント

ここでは転職エージェントが合わないと感じたときにおすすめの転職エージェントを3社紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

最後に|転職エージェントが合わない場合は早めに対処しよう

転職エージェントは、相性が良くなければあまり効果を発揮しません。場合によっては、過度なストレスを抱える可能性もあるので、合わないと感じたときは早めの対処が重要です。

転職活動をする際、求めている希望条件が適切かどうかを判断する必要があります。また、求める希望が増えすぎたときに備えて、あらかじめ絶対に諦められない条件を挙げておくのもおすすめです。

過度な希望や、無茶な要求は、転職の成功率を下げてしまうため気をつける必要があります。

転職を成功させるために、キャリアプランを入念に立てて、相性の良い担当者にサポートしてもらいましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。