Webデザイナーにおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介!特徴比較と選び方

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

Webデザイナーが担当する業務は幅広いことから、多くの種類の求人が用意されています。

Webデザイナーとしてスムーズに転職するためには、Webデザイナー業界のノウハウを知った転職エージェントへの登録がおすすめです。

この記事ではWEBデザイナー向けの転職エージェントの紹介と、Webデザイナーが転職する際のポイントをわかりやすく解説します。

目次

Webデザイナーにおすすめの転職サイトとは?特徴を解説

Webデザイナーにおすすめの転職サイトを紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の実績(※)を誇っており、Webデザイナーの公開求人は2023年2月時点で798件(キーワード「Webデザイナー」での検索結果)ほどあります。勤務地や年収、希望条件に合わせて幅広い選択肢の中から選べるでしょう。

  • 何をアピールすればいいかわからない
  • 自分に合いそうな企業がわからない
  • 転職活動に時間が割けない

こうした悩みを抱えている方がリクルートエージェントを利用すれば、独自に分析した業界情報を提供してくれたり、業界に精通したアドバイザーによる転職サポートを受けられたりするため、悩みを解決して理想の転職を叶えられるでしょう。

面接や条件交渉などは、アドバイザーに任せられるため、時間が取れない方も安心です。

※厚生労働省「人材サービス総合サイト」、有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2021年度実績をリクルートエージェントにて集計)2022年6月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda

doda

dodaは、電通バズリサーチによるインターネット上での人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数において、転職利用者の満足度No.1とされている転職エージェントです。

すでにWebデザイナーとして経験がある方は、dodaのスカウトサービスに注目してみましょう。スカウトサービスとは、企業から登録者へ直接オファーが届くサービスです。「Web履歴書」を充実させておけば、それを見た企業からオファーが届きます。

  • 現職が忙しくなかなか求人が確認できない
  • Webデザイナーとしての自分の市場価値が知りたい
  • 専門性を持ったキャリアアドバイザーに相談したい

現職が忙しい方が、スムーズに転職先を見つけられるだけでなく、自分の市場価値を知ることもできます。

また、dodaでは「パーソナルエージェントサービス」も提供しています。おおよそ5,000人の転職エージェントの中から、Webデザイナー転職の支援実績があるエージェントに担当してもらえるうえ、企業からのスカウトメールも届きます。

専門性を持ったエージェントに相談しながら転職先を決められるため、さらに有利に転職活動を進められるでしょう。

dodaX

dodaX

doda Xは、希少性の高いハイクラス転職向け転職サービスです。

求人のほとんどが年収600万円以上、リーダー職の求人もあるなど、年収アップやキャリアアップを目指すWebデザイナーならぜひ登録しておきたい転職エージェントです。

  • もっと条件の良い企業に転職したい
  • 自分の市場価値を知りたい
  • Webデザイナーとしてキャリアアップしたい

doda Xではこうした悩みに対応した、「ヘッドハンティング」「求人紹介」の2種類のサービスを展開しています。

「求人紹介」は求人担当者から送られるスカウトや、求人検索からご自身で見つけた求人に応募できるサービスです。

一方「ヘッドハンティング」は、提携するヘッドハンティング会社のヘッドハンターから非公開求人をはじめとした優良求人のスカウトを受け取れるサービスです。どのような企業のスカウトがもらえるかで、ご自身の市場価値を推し量ることもできるでしょう。

両方のサービスをうまく活用すれば、ご自身の納得する好条件の求人に出会いやすくなり、理想のハイクラス転職を叶えやすくなります。

Webデザイナーとしてハイキャリアを目指す方におすすめの転職サービスです。

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、「ご自身に合った求人の選び方」「志望度の高い企業の受かり方」「納得のいく転職先の決め方」の3つに重点をおき、転職活動をサポートしてくれる、転職エージェントです。

「IT・Web業界」「ものづくり業界」「営業職」「販売・サービス職」「ミドル・エグゼクティブ」「女性」領域の転職ノウハウが豊富なため、Webデザイナーとしてもっと条件の良い企業に転職したい、プライベートも充実させられる企業に転職したいなら利用を検討してみましょう。

  • 将来のビジョンに悩んでいる
  • 首都圏で転職を考えている
  • 実績のある転職エージェントを利用したい

などの希望があるなら、丁寧なカウンセリングが強みのtype転職エージェントを利用してみましょう。ご自身では気づかなかった強みや今後のビジョンなど、一緒に考えながらより良い求人を提案してくれます。

一都三県の求人を特に多く保有しているため、首都圏での転職、地方から東京への転職などの際にも利用できます。

type転職エージェントは、34万人以上の転職実績を持ちます。転職サービスを展開して25年以上のノウハウも蓄積されています。実績のある転職エージェントで転職活動を進めたいなら、type転職エージェントがおすすめです。

ユウクリ

ユウクリ

ユウクリは、デザイナーの転職に注力している転職エージェントです。デザイナー業界のことを知ったアドバイザーが在籍しているため、Webデザイナーであっても安心して転職活動ができるでしょう。

ユウクリには「ダイレクトスカウトサービス」という、ポートフォリオや経歴を登録するだけで求人企業から直接スカウトがくるサービスを提供しています。自分で求人を探す暇がない方はぜひ、登録しておきましょう。

Webデザイナー向け転職サイトの選び方

Webデザイナーとして転職を考える際には、適切な転職サイトの選択が成功への鍵を握ります。多くのサイトが存在する中で、自分のキャリアや希望条件に合ったサイトを見つけることが重要です。

求人数、特化したエージェントのサポート、そして転職支援の充実度など、重要な選択基準を明確にしていきましょう。

Webデザイナー向けの求人数から選ぶ

Webデザイナー向けの求人数が豊富なサイトを選ぶことは、適切な転職先を見つける上で非常に重要です。

求人数が多いということは、それだけ多様な企業や業種から選択できるということだからです。また、求人数が多いほど、Webデザイナーとしての特定のスキルや経験を活かせる職場が見つかる可能性が高まるでしょう。

求人数が多いサイトでは、希望する条件やキャリアプランに合った求人を見つけやすく、効率的な転職活動が可能になります。

Webデザイナー特化の転職エージェントを選ぶ

Webデザイナー特化の転職エージェントを選ぶことも重要です。これらのエージェントは、Webデザイン業界の特性やトレンドを深く理解しており、業界に特化した求人紹介やキャリアアドバイスが得られるでしょう。

特化したエージェントからのサポートは、Webデザイナーとしての具体的なキャリアアップやスキルアップに直結します。より適切な職場環境を見つける手助けとなるはずです。

また、業界に精通したエージェントは、非公開求人へのアクセスも可能にしますので、広い選択肢から最適な職場を見つけることができます。

エージェントの転職支援が充実している所を選ぶ

エージェントの提供する転職支援の充実度を重視することも、Webデザイナーにとって重要です。

充実した転職支援サービスを提供するエージェントは、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、さらには年収交渉など、転職活動の各ステージにおいて専門的なサポートをおこなってくれるでしょう。

これらのサポートは、特に転職市場に不慣れな方や初めての転職を考えているWebデザイナーにとって、成功に向けた重要な助けとなります。

また、エージェントからのサポートは、不安を和らげると同時に、転職の成功率を高める効果も期待できます。

Webデザイナーの転職事情とは

このセクションでは、Webデザイナーが転職市場で直面する一般的な状況、平均年収、職務内容、さらにはキャリアに有利な資格について詳しく掘り下げています。

Webデザイナーの転職理由

Webデザイナーが転職を考える理由は多岐にわたりますが、多くの場合、キャリアアップが見込めないことや人間関係への不満、賃金への不満があげられます。

また、クライアント側の都合や企業側の都合、納期の都合などで自身が表現したいデザインを表現できないことが不満に繋がることもあるでしょう。

新しい職場、新しい環境に移ることで解消できる悩みを抱えているのであれば、転職エージェントへ登録して相談してみることをおすすめします。

Webデザイナーの平均年収

Webデザイナーの平均年収は、経験、スキル、勤務地、企業の規模などによって大きく異なります。

一般的に、経験年数が多く、特にUI/UXデザインなどの専門スキルを持つデザイナーは高い年収を得る傾向にあるようです。また、大手企業や都市部での勤務は、年収を押し上げる要因となることもあります。

大手転職サイトdodaの調査によると、Webデザイナーの年代別平均年収は以下のようになります。

年代平均年収
20代 約325万円
30代 約382万円
40代 約420万円
50代 約491万円
全体 約361万円
参考:年収の高い職業は?平均年収ランキング(職種・職業別)【最新版】 |転職ならdoda(デューダ)

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーの主な仕事内容は、ウェブサイトやアプリケーションのデザイン制作があげられます。

これには、ユーザーインターフェース(UI)の設計、ユーザーエクスペリエンス(UX)の最適化、グラフィックデザイン、コーディングなどが含まれることが通常です。

Webデザイナーの仕事内容の例
  • Webサイトのコンセプト制作
  • Webサイトのデザイン制作
  • Webサイトのコーディング
  • Webサイトのテスト

また、クライアントの要望に応じたデザインの提案や、プロジェクト管理も重要な役割を担います。Webデザイナーは、技術的なスキルだけでなく、クリエイティブな思考やコミュニケーション能力も必要とされる職種といえるでしょう。

また、Webデザイナーと一言でいっても働き方は人それぞれです。例えば、以下のような働き方があります。

働き方業務内容
インハウスデザイナー 自社で必要とされるWebデザインを担当する
広告代理店・制作会社 クライアントからの依頼を受ける
業務委託・フリーランス 企業に属せず個人で依頼を受ける

Webデザイナーが転職で有利になる資格

Webデザイナーが転職市場で有利になるための資格には、Adobe Certified Expert (ACE)、Webデザイン技能検定、HTML5プロフェッショナル認定資格などがあります。

これらの資格は、Webデザインの専門的な知識とスキルを証明するもので、転職時に企業からの評価を高める効果があります。

特に、最新の技術やトレンドを取り入れたデザイン能力を持つWebデザイナーは、転職市場での競争力を高めることができるでしょう。

Webデザイナーにおすすめの転職サイトを使う流れ

Webデザイナーが、転職サイトに登録してから転職するまでの流れを解説します。

転職エージェントに無料登録する

Webデザイナーとしての転職活動を開始するには、まず転職エージェントに無料登録することから始まります。

登録時には、現在のスキルセット、経験、キャリア目標、希望条件などを正確に登録しましょう。これにより、エージェントはあなたのニーズに合った求人を提案してくれるはずです。

無料登録は手軽に行えますので、利用を悩んでいる方もまずは登録しておくことをおすすめします。

担当者からWebデザイナー向けの求人紹介を受ける

無料登録後、担当のキャリアアドバイザーがWebデザイナー向けの求人を紹介してくれます。

この段階では、さまざまな企業や職種の中から自分に適したものを選び、具体的な応募先を決定します。

エージェントが提供する求人情報は、公開されているものだけでなく、非公開求人も含まれることがあり、より多くの選択肢から選べるメリットがあります。

履歴書や職務経歴書を作成する

紹介された求人に応募する際は、履歴書や職務経歴書の作成が必要です。Webデザイナーとしての過去の実績やスキルを明確に示して、自分の強みをアピールすることが大切になります。

多くの転職エージェントでは、書類の作成に関するアドバイスや添削サービスを提供しているので、効果的な自己PRが可能になるでしょう。

書類選考に通過したら面接を受ける

書類選考を通過すると、次は面接のステージに進みます。面接では、職務経験やスキル、職場での期待される役割、キャリアプランなどについて話す機会があります。

転職エージェントは、面接対策として模擬面接の実施や、回答のアドバイスを提供してくれます。より自信を持って面接に臨むことができるでしょう。

内定をもらえたら入社日を決定する

内定を受けたら、入社日の決定が最終ステップとなります。この段階では、労働条件や待遇、仕事の内容などを最終確認して、納得のいく形で入社日を決めることが重要です。

転職エージェントは、条件交渉や入社手続きのサポートも行ってくれます。ご自身だけでは言い出しにくい年収の交渉や休日の交渉もしてくれるので、安心して転職できるでしょう。

Webデザイナーが転職サイトを利用するメリット

Webデザイナーにつよい転職サイトを利用することには、多くのメリットがあります。

経歴や希望に沿ったWebデザイナー求人の紹介を受けられる

Webデザイナーに特化した転職サイトを利用する最大のメリットは、個々のWebデザイナーとしての経歴やキャリアの希望に沿った求人紹介を受けられることです。

Webデザイナーの転職ノウハウを知っているエージェントは、Webデザイン業界の動向や各企業の特徴を深く理解していることが通常です。

そのため、求職者の経験やスキルに最も適した求人を提案してくれるでしょう。効率的かつ戦略的な転職活動が可能になります。

履歴書や職務経歴書の書き方を教えてくれる

Webデザイナーに特化した転職サイトを利用することで、履歴書や職務経歴書の書き方に関する専門的なアドバイスを受けることができます。これらの書類は、転職活動において非常に重要な役割を果たし、自己PRの効果を大きく左右するでしょう。

転職エージェントは、Webデザイナーとしての経験やスキルを、如何に効果的にアピールするかについて具体的なアドバイスを提供してくれます。書類作成が苦手な人にとって嬉しいサポートでしょう。

面接前の書類選考通過率の向上が期待できます。

応募先に合わせた面接練習をしてくれる

Webデザイナー向けの転職サイトでは、応募先企業に合わせた面接練習をおこなうことができます。エージェントは、企業の求める人材像や面接の傾向を把握していますので、それに基づいた模擬面接を通じて、効果的な面接対策をおこなうことが可能です。

これにより、実際の面接で自信を持って自己表現することができ、内定獲得の確率を高められるでしょう。

面接が苦手な方でも、エージェントのサポートによって過度な緊張が無くなったり、うまく喋れないことが無くなったりするかもしれません。

企業側に年収交渉をしてくれる

転職エージェントを通じて年収交渉をおこなえることも、大きなメリットの一つです。特に年収アップを目指すWebデザイナーにとって、転職エージェントによる交渉は非常に有効です。

エージェントは市場価値や業界の給与水準を把握しており、適正な年収を交渉することができます。これにより、応募者自身が直接交渉するよりも高い年収を実現する可能性が高まります。

前述した通り、Webデザイナーは年収の低さに不満を持つ方も少なくありません。転職先の年収に気になる点があれば、担当者に相談してみましょう。

Webデザイナーとしての転職に関する不安を無料相談できる

Webデザイナーに特化した転職サイトを利用することで、転職に関する不安や疑問を無料で相談することができます。転職は一生の大きな決断であり、不安を感じることは自然なことです。

専門エージェントは、転職活動の進め方やキャリアプランの立案など、様々な面でアドバイスを提供し、転職に関する不安を解消する手伝いをしてくれるでしょう。

Webデザイナーに特化した転職サイトを使うデメリット

一方で、Webデザイナーに特化した転職サイトを利用する際にはいくつかのデメリットも存在します。

担当者と相性が悪い場合には転職が進めにくいことがある

担当者との相性が合わない場合、転職活動がスムーズに進まないことがあります。

例えば、担当エージェントとのコミュニケーションがうまくいかないと、求職者のニーズに合わない求人の紹介や、不十分な転職支援を受けることになる可能性があります。

少しでも合わないと感じたのであれば、担当者の変更をリクエストするなどの対応が必要となるでしょう。

エージェントからしつこい連絡がくる場合がある

一部の転職エージェントでは、しつこい連絡や積極的な求人紹介がおこなわれることがあります。

特に転職に対して慎重な方や、特定の条件下でのみ転職を考えている方にとってはストレスとなることがあるでしょう。

このような場合は、明確に意向を伝え、適宜コミュニケーションをコントロールすることが重要です。あまりにしつこい場合には、他の転職エージェントの利用を検討しても良いでしょう。

転職を急かされる場合がある

転職エージェントの中には、成果を急ぐあまり、求職者に転職を急かす場合があります。しかし、当事者にとって転職は慎重に行うべき重要な決断です。

最悪、急かされることによって転職が失敗する可能性もあります。

このような状況になった場合は、自分のペースで転職活動を進めることが肝心ですので、ご自身の希望をしっかりと伝える機会を設けたり、他の転職エージェントを利用したりすることで対策しましょう。

まとめ

本記事では、Webデザイナーにおすすめの転職サイトの選び方や各サイトの特徴などを解説しました。

Webデザイナーとして転職を成功させたい方は、「リクルートエージェント 」や「マイナビエージェント」など、Webデザイナーの転職ノウハウや業界の知識を持っているエージェントの利用をおすすめします。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。

エージェント診断
DIAGNOSE
  • X
  • facebook
  • LINE
  • linkedin
  • URLcopy