Webデザインスクールおすすめ10選|賢い選び方や費用相場を解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

これからWebデザイナーを目指すために、Webデザインスクールの利用を検討している方も多いでしょう。

そこで、本記事ではおすすめWebデザインスクールや、賢いスクールの選び方などを紹介します。

≪本記事を読むことで知れること≫
  • 人気のWebデザインスクール
  • 賢いWebデザインスクールの選び方
  • Webデザインスクール以外でのWebデザインの勉強法
  • Webデザインスクールを開始する前の準備
  • Webデザインスクールで学べる内容

気になる項目を参考にしていただき、後悔しない賢くWebデザインスクールを選ぶための参考にしてください。

目次

おすすめWebデザインスクール10選

まずはおすすめWebデザインスクール10選が比較できるように、下記に特徴をまとめました。

左右にスライドできます
スクール名コース料金学習方法

公式サイト
4週間:185,900円
(学生174,900円 )
8週間:240,900円
(学生207,900円 )
12週間:295,900円
(学生251,900円 )
16週間:350,900円
(学生284,900円)
オンライン

公式サイト
入会金:198,000円
ライトプラン:月額4,980円
スタンダードプラン:月額13,980円
プロサポートプラン:月額29,800円
オンライン
日本デザインスクール
公式サイト
【45日間】
一括払い:682,968円
12回払い:819,562円
(月々68,297円)
オンライン
SHElikes
公式サイト
入会金:162,800円
月額:8,167円〜14,800円
オンライン
デジタルハリウッド STUDIO by LIG
公式サイト
【Webデザイナー選考】
6ヵ月:495,000円
【Webデザイン入門】
3ヵ月:187,000円
【グラフィックデザイン講座】
2ヵ月:165,500円
4ヵ月:275,000円
【即戦力デザイン集中講座】
2ヵ月:195,800円
【主婦・ママクラス】
6ヵ月:346,500円
10ヵ月:445,500円
オンライン/通学
Famm
公式サイト
1ヵ月:184,800円オンライン
DMM Webキャンプ
公式サイト
【デザイン+サイト製作】
8週間:268,400円
16週間:378,400円
24週間:488,400円
32週間:598,400円
【デザインorサイト製作】
8週間:179,988円
16週間:238,288円
24週間:296,588円
32週間:354,888円
オンライン
インターネットアカデミー
公式サイト
【Webデザイナー入門コース】
1〜3ヵ月:209,000円
【Webデザイナーコース】
3〜4ヵ月:367,400円
【Webデザイナー総合コース】
12ヵ月:760,760円
オンライン/通学
ヒューマンアカデミー
公式サイト
【Webデザイナーコース】
6ヵ月:656,663円
【Webデザイナー総合コース】
6ヵ月:772,839円
オンライン/通学
サムライエンジニア
公式サイト
4週間プラン:165,000円
12週間プラン:297,000円
24週間プラン:396,000円
オンライン
※料金税込・2023年8月時点

次項からそれぞれのスクールの詳細やおすすめポイントについてご説明します。

日本デザインスクール|45日間でWebデザインを一通り学びたい方におすすめ

日本デザインスクール
サービス名日本デザインスクール
運営会社株式会社 日本デザイン
プラン・価格※【45日間】
一括払い:682,968円
12回払い:819,562円(月々68,297円)
特徴・短期集中方のカリキュラム
・入会前の無料オンラインセミナーがある
おすすめする方・短期集中で学びたい方
・Webデザインを一通り学びたい方
公式サイトhttps://japan-design.jp
※料金税込・2023年8月時点

日本デザインスクール」のWebデザインスクールは、最短45日でプロのWebデザイナーに必要な知識と技術が一通り学べるデザインスクールです。

講師は現役のWebデザイナーで、働く上で参考にしたい情報や技術を吸収することが可能です。また、卒業後に卒業生同士での交流や目標・計画のシェア会などがあり、Webデザイナーの仕事を持続しやすいアフターフォローも充実しています。

短期間のカリキュラムで値段設定も強気のスクールですが、1〜2ヵ月まとめて短期集中で学習できる方におすすめです。

TechAcademy|短期集中で学びたい方におすすめ

TechAcademy
サービス名TechAcademy
運営会社キラメックス株式会社
プラン・価格※4週間プラン:社会人185,900円/学生174,900円
8週間プラン:社会人240,900円/学生207,900円
12週間プラン:社会人295,900円/学生251,900円
16週間プラン:社会人350,900円/学生284,900円
特徴・どのプランでも同じ内容を学習できる
・学生は安く利用できる
・就職サポートが充実している
・Adobe Creative Cloudを3ヵ月分無償提供
おすすめする方・学生の方
・短期集中で安く勉強したい方
・メンタリングを受けながら焦らずじっくり学びたい方
・スクール終了後にすぐに仕事を始めたい方
公式サイトhttps://techacademy.jp/course/Webdesign
※料金税込・2023年8月時点

TechAcademyは、限定された期間に受講できるタイプのWebデザインスクールです。4週間プランでも16週間プランでも学べる内容は変わらず、受講期間を短くすれば料金が半分近くまで安くなります。

休職中や学生の休みなどを利用し、短期間で集中して勉強できる状況の方であれば、かなり安くWebデザインを一通り学ぶことが可能です。また、学生は料金が数万円分安くなるのでおすすめです。

さらに、受講中はWebデザインに必須のAdobe Creative Cloudが3ヵ月分貸出されること(約2万円分)もおすすめポイントです。

 

Find me!|女性専用の月額スクール。気軽にWebデザインを始めたい方におすすめ

Find me!
サービス名Find me!(ファインドミー)
運営会社株式会社Zealox
プラン・価格※入会金:198,000円
ライトプラン:月額4,980円
スタンダードプラン:月額13,980円
プロサポートプラン:月額29,800円
特徴・動画カリキュラムで空いた時間に学びやすい
・24時間質問が可能(スタンダード以上)
・受講後の就職支援も充実(スタンダード以上)
おすすめする方・予定が定まらず柔軟に勉強したい方
・独学の補助として低価格で学びたい方(ライトプラン)
・しっかりサポートを受けながら学びたい方(スタンダード以上)
公式サイトhttps://findme-school.com
※料金税込・2023年8月時点

Find me!(ファインドミー)は、月額制の女性専用Webデザインスクールです。基本的に動画カリキュラムによって学んでいきますので、お仕事や育児などの都合に合わせて学ぶことができます

スタンダードプラン以上では24時間対応のチャット相談サービス利用できます。分からない部分を放置せずに相談ができるので、途中で勉強を挫折してしまうことを回避しやすくなります。

 

 

SHElikes|個別コースが充実の月額制女性向けスクール

SHElikes
サービス名SHElikes(シーライクス)
運営会社SHE株式会社
プラン・価格※入会金:162,800円
月額:8,167円〜14,800円
特徴・女性向け
・無料体験コースがある
・個別のコースが充実
・Webデザインスクールでは珍しい月額制
おすすめする方・Webデザインスクールで学ぶか迷っている方
・自分で考えて学習プランを考えたい方
・ピンポイントで知識・スキルを得たい方
・幅広く知識を得たい方
公式サイトhttps://shelikes.jp
※料金税込・2023年8月時点

SHElikes(シーライクス)は、女性向けの月額制スクールで、Webデザインだけでなく様々な職種の知識・スキルを学ぶことができます。

Webデザイン以外にもライティングやマーケティングなどの講座や、Illustratorやワードプレスの講座など、自分の希望に沿った講座を選択しやすいでしょう。

無料体験も利用できるので、Webデザインスクールを利用すべきかどうか迷っている女性の方におすすめです。

組まれたカリキュラムを1からやっていくのではなく、自分で学習内容を考えて組み合わせていきたい方にもおすすめのスクールです。

 

デジタルハリウッド STUDIO by LIG|Webデザインの現場を知りたい方におすすめ

デジタルハリウッド STUDIO by LIG
サービス名デジタルハリウッド STUDIO by LIG
運営会社株式会社LIG
プラン・価格※【Webデザイナー選考】
6ヵ月:495,000円
【Webデザイン入門プラン】
3ヵ月:187,000円
【グラフィックデザイン講座】
2ヵ月:165,500円
4ヵ月:275,000円
【即戦力デザイン集中講座】
2ヵ月:195,800円
【主婦・ママクラス】
6ヵ月:346,500円
10ヵ月:445,500円
特徴・現役のWebデザイナーから学べる
・実務を通した経験ができる
・主婦・ママ向けコースもある
・通学・オンラインどちらでも学べる
おすすめする方・Webデザイナーの即戦力として働きたい方
・より高い知識やスキルを身に付けたい方
公式サイトhttps://liginc.co.jp/studioueno
※料金税込・2023年8月時点

デジタルハリウッド STUDIO by LIGは、専門学校や予備校などを運営する「デジタルハリウッド」とWeb制作企業「LIG」が手掛けるWebデザインスクールです。

Web制作会社が教えてくれるということもあり、現場で活用されているリアルなWebデザインを直接学べることが大きな特徴です。

せっかくスクールで学んでも就職や仕事に活かせなければ意味がありません。現場のリアルなWebデザインを学べることは、Webデザイナーを目指す上でとても参考になるでしょう。

より実践的なWebデザインを学びたい方や、卒業後はすぐにWebデザイナーになりたい方などにおすすめです。

 

Famm|主婦やママ向におすすめのWebデザインスクール

Famm
サービス名Famm(ファム)
運営会社株式会社TIMERS
プラン・価格※1ヵ月:184,800円
特徴・短期間・低価格のWebデザインスクール
・無料シッターが利用できる
・卒業後のキャリア支援や相談が可能
おすすめする方・お子様が小さい主婦
・まずは手軽にWebデザインを学びたい方
公式サイトhttps://famm.us/ja/school
※料金税込・2023年8月時点

Famm(ファム)は、主婦やママ向けのWebデザインスクールです。勉強できる期間は1ヵ月間と短めですが、料金も18万円代とリーズナブルです。

もともと家族向けアプリを運営している会社なので、シッター無料などお子様がいても学びやすい環境をサポートしてくれます。

卒業生も同じ女性の主婦やママですから、先輩Webデザイナーとのコミュニケーションも取りやすいでしょう。

 

DMM Webキャンプ|自発的に学習を進めていきたい方におすすめ

DMM Webキャンプ
サービス名DMM Webキャンプ
運営会社株式会社インフラトップ
プラン・価格※【デザイン+サイト制作】
8週間:268,400円
16週間:378,400円
24週間:488,400円
32週間:598,400円
【デザインorサイト制作】
8週間:179,988円
16週間:238,288円
24週間:296,588円
32週間:354,888円
特徴・デザインとサイト制作セットで学ぶことも、どちらかのコースを選択することも可能
・独自の学習方法を実践
おすすめする方・デザインと合わせて、サイト制作にも学習したい方
・自律的に学習をしていきたい方
公式サイトhttps://Web-camp.io/courses/WebDesign/
※料金税込・2023年8月時点

DMM.comグループの、株式会社インフラトップが運営するWebデザインスクールです。料金体系は、上記の「TechAcademy」と同様に、学習期間ごとに料金が変わりますが、トータルで学ぶ内容は同じです。

おすすめポイントは、独自の学習方法を提供している点です。1週間ごとに目標設定と振り返りを行い、自律的に学習を進めていける形が取られています。

勉強方法さえ習得できれば、今後新た知識を得たい場合の独学などでも役立ちます。学ぶことが好きで、自律的に勉強していきたい方におすすめのスクールです。

 

インターネットアカデミー|期間を決めて勉強したい方におすすめ

インターネットアカデミー
サービス名インターネットアカデミー
運営会社インターネット・アカデミー株式会社
プラン・価格※【Webデザイナー入門コース】
1〜3ヵ月:209,000円
【Webデザイナーコース】
3〜4ヵ月:367,400円
【Webデザイナー総合コース】
12ヵ月:760,760円
特徴・ツールの使い方講座などの個別講座も充実
・1年間の長期間コースもある
おすすめする方・学びたいポイントが決まっている方
・Webデザインについてしっかり学びたい方
公式サイトhttps://www.internetacademy.jp
※料金税込・2023年8月時点

1995年に創業された日本初のWeb専門スクールです。コースは、入門コースから総合コースまであり、学ぶ内容が増えれば学習期間も長くなります。

どのレベルでどの期間勉強すべきかが提示されているので、ある程度勉強する期間を決めている方におすすめです。

また、12ヵ月学べるWebデザインスクールも珍しいので、長い期間をかけてじっくり学びたい方にもおすすめです。

 

ヒューマンアカデミー|教育訓練給付制度対象のWebデザインスクール

ヒューマンアカデミー
サービス名ヒューマンアカデミー
運営会社ヒューマンアカデミー株式会社
プラン・価格※【Webデザイナーコース】
6ヵ月:656,663円
【Webデザイナー総合コース】
6ヵ月:772,839円
特徴・頻繁に料金キャンペーンを実施している
・教育訓練給付制度対象のコース
おすすめする方・教育訓練給付制度対象の方
・通学でもWebデザインを学びたい方
公式サイトhttps://haa.athuman.com/academy/Webdesign/
※料金税込・2023年8月時点

ヒューマンアカデミーは、Webデザインに限らず、様々な分野や年齢を対象に教育を提供する企業で、Webデザインスクールも運営しています。

もともと教育支援を行ってきた会社でもあるので、Webデザインスクールでも教育訓練給付制度を受給することが可能です。教育訓練給付制度対象の講座では、講座費用の20%(最大10万円分)がハローワークから支給されます。

対象となる方は、雇用保険の被保険者期間が通算1年以上ある方か、過去に教育訓練給付金を受給して3年以上が経過している方になります。詳しくは、お近くのハローワークでご確認ください。

コース料金は若干高めですが、教育訓練給付制度や定期的なキャンペーンで安く利用することができますので、割引が使える状況の方はぜひ割引価格で利用しましょう。

 

サムライエンジニア|低価格での学習が可能なWebデザインスクール

サムライエンジニア
サービス名サムライエンジニア
運営会社株式会社SAMURAI
プラン・価格※4週間プラン:165,000円
12週間プラン:297,000円
24週間プラン:396,000円
特徴・女性は5%OFF、シングルマザーは25%OFF
・卒業生とのコミュニケーションが活発
おすすめする方・シングルマザーでWebデザインを学びたい方
・卒業後の働き方をイメージしたい方
公式サイトhttps://lp.sejuku.net/design_ss/
※料金税込・2023年8月時点

サムライエンジニアは、「TechAcademy」や「DMM Webキャンプ」のように4週間から期間ごとのプランがあるスクールで、その中でも一番安い料金設定になっています。

Webデザインスクールを選ぶ際は、料金以外にも学習内容や方法、サポートの充実など判断する項目はありますが、安く短期間で勉強を終わらせたいという方におすすめです。

また、女性向けの割引も実施しており、女性なら5%OFF、シングルマザーは25%OFFでコースを受けることが可能です。

あなたに合ったおすすめWebデザインスクールの選び方

Webデザインスクールは、本記事でご紹介しただけでも10選あり、他の候補も入れるとさらに莫大な数になります。

それぞれのスクールの金額や学べる内容に大きな違いがあるわけではありませんので、自分に合っていてしっかり続けられるWebデザインスクールを見極めることが重要です。

こちらの項目では、Webデザインスクールを選ぶ際に役立つおすすめの考え方についてご紹介します。

自分の考えをはっきりさせておく

Webデザインスクールを選ぶ前には、ご自身の考えを一度紙などに書き出しておくことをおすすめします。

どのスクールでも学習内容やサポートが充実していれば、値段が高くなります。一方で、安いスクールでは十分なことが学べず、サポートが足りずに途中で挫折してしまうようなことも起こり得ます。

ご自身がどのような考えで、Webデザインスクールに何を求めているのかをはっきりさせておけば、スクール選びで失敗することもかなり軽減させることができます。

主に、次の内容をご自身に当てはめて考えてみましょう。

考えておく項目考える内容
予算希望する予算や予算上限、月々の支払い限度  
期間短期(1〜3ヵ月)か、長期(3ヵ月以上)か  
学習方法オンラインか、通学か。
1日にどれくらい勉強できるか、勉強時間に制限があるか
学習内容基礎から学ぶか、より高いレベルを目指すか  
目的副業程度の知識を身につけるか
Webデザイナーの即戦力になるか
卒業後にすぐ就職したいか
サポート講師への個別質問等は必要か  
受講終了後就職支援は必要か、卒業生同士のコミュニケーションは必要か

全ての希望を満たしてくれるスクールは、なかなかないと思いますので、自分が希望する条件に優先順位を付けると数を絞りやすくなります。

例えば、「①予算〇〇万円以上は利用しない」「②講師に質問できないスクールは除外」など、条件にも優先順位を付けて、優先順位が高い条件を満たしているスクールに絞ってみましょう。

スクールの内容をしっかり調べて比較する

ご自身の考えがまとまったら、それぞれ気になるスクールの詳細を調べておきましょう。本記事でも大まかな特徴はご説明しましたが、細かいサポート体制や料金の違いなどはご自身でも確認してみてください。

スクールを決める際には、いきなりひとつだけに決めるのではなく、複数を比較しながら決めていくと良いでしょう。

Webデザインスクールは決して安いものではありません。無料相談や無料体験があれば積極的に活用し慎重に決めるようにしましょう。

無料体験等があれば利用する

Webデザインスクールの中には、少数ですが、無料体験などで実際の学習内容や雰囲気などを掴めるものがあります。候補のWebデザインスクールに無料体験があれば、積極的に活用していきましょう。

初めてのスクール選びとなると、実際の使い勝手や勉強方法が自分に合っているかまでは、ネットの情報だけでは判断しにくいでしょう。一番は、実際にやってみることなので、無料体験があれば利用してみることをおすすめします。

Webデザインスクールに対する疑問や不安がある方は、たとえ候補に入れていないスクールでも一度は無料体験して、Webデザインスクールがどのようなものかを体験しておくべきです。

なお、無料体験を利用したからといって、実際に契約して利用する必要はありません。スクールや無料体験の規約などで、利用前にしっかり確認しておきましょう。

Webデザインスクールに通うことをおすすめする理由

おすすめのWebデザインスクールをご紹介しましたが、Webデザインの勉強方法は独学や職業訓練校などの他の方法もあります。

Webデザインスクールを利用するメリットはどのようなことが考えられるでしょうか。

ここからはスクールに通うことがおすすめの理由についてご紹介します。

Webデザインスクールをおすすめするのは、次の4つの理由が挙げられます。

  • カリキュラムに沿って勉強しやすい
  • 仲間や講師と関わることでモチベーション維持がしやすい
  • 分からないところをすぐに質問しやすい
  • 就職支援を受けることもできる

カリキュラムに沿って勉強しやすい

Webデザインスクールでは、カリキュラムが組まれていて、初めてWebデザインを学ぶ方でも1から順序立てて知識を得ていくことができます。

Webデザイナーになるためには、デザイン知識やWeb知識、Adobeの使い方など、様々な知識を覚えていく必要があります。独学で全部を学ぼうとした場合、どこから手を付けて良いのか分からなくなり、挫折や知識が身に付かない原因にもなってしまいます。

スクールのカリキュラムに委ねて勉強をすれば、しっかり知識も身に付けることができるでしょう。

仲間や講師と関わることでモチベーション維持がしやすい

独学には、モチベーションが維持できずに途中で挫折してしまう大きなデメリットがあります。

一方、Webデザインスクールで学ぶと、仲間や講師と一緒に勉強を進めていけるので、途中で挫折しにくくなるメリットがあります。

講師に直接質問したり、フィードバックをもらえたりするので、知識を覚えるスピードも変わってくるでしょう。仲間の作品・成果物などを見せてもらい、感化されることでやる気が高まることも多くあります。

人に囲まれて勉強や仕事をすることは、思った以上の成果を得られることがあるのでおすすめです。

分からないところをすぐに質問しやすい

スクールの種類やコースにもよりますが、講師に直接質問できたりフィードバックをもらえたりするサービスがあります。

分からない部分を放置せずにその都度解決していくことができるので、独学よりも覚えが早くなりますし、挫折する可能性を低くしてくれるでしょう。

特に現役Webデザイナーの講師を採用しているスクールであれば、Webデザイナーのリアルな現状に関しても聞くことができて、これからの働き方などのヒントを得られることもあるでしょう。

就職支援を受けることもできる

Webデザインを学ぶうえで重視するのは、スクール卒業後にWebデザイナーになれるかどうかです。

ほとんどのWebデザインスクールでは、卒業後にWebデザイナーとしてスムーズに働けるように、就職支援やフリーランスに対する案件紹介などを行なっています。

もちろん、本人の頑張りや結果を出すことも大事ですが、スクール側でWebデザイナーになるためのサポートをしているくれるかは重要なポイントです。

スクール受講後の仕事について不安がある方は、就職支援が充実しているスクールを中心に選ぶことをおすすめします。

Webデザインスクールの料金相場

Webデザインスクール選びで特に重要になることのひとつが料金です。

こちらの項目では、Webデザインスクールの料金相場や金額が決まる項目の違いについてご説明します。

上記でお伝えした「選び方」と併せて相場を知っておくことで、「自分が求めているこういうタイプのスクールでは〇〇円くらいが妥当」と判断できるようになるので、さらに賢くWebデザインスクールを選びやすくなります。

スクール期間による料金相場の違い

Webデザインスクールでは、学習期間の長さによって料金が変わることが多いです。

Webデザインスクールの学習期間の違いによる料金をまとめると、次の金額が目安になります。

スクール期間料金相場
1〜3ヵ月10万円〜30万円
3〜6ヵ月30万円〜

やはり、学べる期間が短いほど料金も安い傾向にあります。安くWebデザインスクールを探している方は、1〜3ヵ月で学べる短期間のWebデザインスクールがおすすめです。

ただ、後述しますが、短期間コースでは、一部の知識・技術しか学べない「入門コース」になっていることも多いでしょう。安いからといって入門コースを利用して、必要としていた知識が学べないようなことにならないように注意しましょう。

また、長期間コースでも、働きながらのスキマ時間に勉強する方用のコースでは、学習内容がそこまで濃くない場合があります。トータルでどの程度の内容を学べるかにも注目しておきましょう。

学習方法による料金相場の違い

Webデザインスクールは、学び方による料金の違いもあります。オンラインタイプと通学型では、基本的に通学のスクールの方が高い傾向にあります。

オンライン型通学型
料金の傾向安め高め
メリット・場所や時間の自由が利く
・料金が安い傾向にある
・分からない部分をすぐ聞ける
・モチベーション維持がしやすい
デメリット・モチベーション維持の工夫が必要
・分からない部分をそのままにしがち
・場所と時間帯に制限がある
・料金が高い

Webデザインスクールではオンラインが大半を占めますが、勉強方法にも注目しておきましょう。

すでに撮ってある動画を一方的に観るだけの方法なのか、講師に直接質問やフィードバックができる方法なのかの違いでも、知識が身に付くスピードに違いがあります。

実際に手を動かして製作物を作れたり、質問できたりして、アウトプットする機会が多いスクールがおすすめです。

通学でしっかり学習したいと考えている方は、多少費用が高くなってしまうことも想定しなくてはなりません。また、どうしても通える場所の制約があるので、都市部にお住まいの方に限られてしまうでしょう。

プランによる料金相場の違い

学べる内容やプランによってもWebデザインスクールの料金は違います。

各スクールでの名称は違いますが、しっかり学べる「専攻コース」と一部の知識だけを学べる「入門コース」とでは、次のような違いがあります。

専攻コース入門コース
料金相場50万円前後10〜20万円
学習期間2〜6ヵ月1〜3ヵ月
学習内容・Webデザイナーに必要な知識や技術を一通り学べ、後半には実際にサイト制作することも多い。
・個別に講師からフィードバックをもらえるなどのサポートも充実している。
・インプットがメイン
・学べる内容は基礎的で、IllustratorやPhotoshopの使い方など、一部に限られる内容が多い。
用途Webデザイナーとして就職・独立今の職業のスキルアップや副業

基本的なことから安く学びたいと考えている方は、安い入門コースや特定のスキルに特化したコースの選択でも十分でしょう。

一方で、Webデザイナーとしてしっかり収入を得ていきたいと考えている方は、しっかり学べる専攻コースでないと実務に活かせない可能性があります。

ご自身の目的に応じて選ぶスクールやプランを決めましょう。

Webデザインを学ぶ方法4つとそれぞれのメリット・デメリット

Webデザインを学ぶ方法はスクールだけではありません。他の選択肢も知ったうえで、スクールで学ぶことが一番だと判断した方のみスクールを利用しましょう。

また、時間がある方は、独学と掛け合わせたり、スクールが開始される前に自分で勉強したりしておくことで、Webデザインを覚えるスピードも高くなるでしょう。

Webデザインを学ぶ方法には、次の4つの方法があります。

  1. Webデザインスクールで学ぶ
  2. 独学で学ぶ
  3. 職業訓練校で学ぶ
  4. 働きながら学ぶ

こちらの項目では、Webデザインにはどのような勉強法があるのかを、メリット・デメリットを交えながらご説明します。

Webデザインスクールで学ぶ

メリットデメリット
Webデザインを1から学ぶカリキュラムが組まれている
モチベーションの維持がしやすい
講師に直接質問できる
卒業後の就職支援等も行なってくれる
費用がかかる

ここまでお伝えしているように、Webデザインスクールで学ぶ方法はメリットも多く非常におすすめです。ただし、唯一のデメリットともいえるのが、費用がかかることです。

スクールにもよりますが、30〜50万円前後の費用がかかるので、スクール費用の準備が難しい方は他の方法も検討すると良いでしょう。

【関連記事】Webデザイナースクール講座おすすめ10選|講座の選び方や費用相場比較まとめ

独学で学ぶ

メリットデメリット
無料で学べる
自分のペースで学べる
モチベーション維持が非常に難しい
現場で役立つWebデザインが身につくとは限らない
就職活動は自分で行う必要がある
機材やテキスト代はかかる

スクール費用が心配な方は、独学もおすすめです。なんといってもお金をかけずにWebデザインを学べますので、費用面でWebデザインスクールを諦めている方でもWebデザイナーに挑戦できます。独学でもWebデザイナーを目指すことは可能です。

ただし、実際にWebデザインができるようになるためには、パソコンやAdobe等のツール、教本を揃える必要があります。完全に無料ではないことは頭に入れておく必要があります。

また、デメリットが大きい点にも注意です。特に注意すべきは、モチベーションが続きにくいことです。独学で勉強を開始したものの、結局続かずに途中で挫折してしまう方も多いのが現状です。

独学でWebデザインを勉強する場合には、Webデザイナーになる理由を明確にして、勉強を無理なく続けるためのカリキュラムや計画、目標をしっかり組んだうえで開始しないと挫折しやすいです。

【関連記事】独学でWebデザイナーになるには?おすすめの勉強法やスキルアップについて解説

職業訓練校で学ぶ

メリットデメリット
無料・低価格でWebデザインを学べる
パソコンやツールを低価格で購入できる
Webデザイン初心者でも挑戦しやすい
学習時間が指定されている
ハローワークから認められる必要がある
モチベーション維持が難しい

今の仕事を辞めてWebデザイナーになりたいと考えている方は、職業訓練校でWebデザインを学ぶ方法があります。職業訓練でのWebデザインコースも、独学と同様にかなり費用を抑えてWebデザインが学べます。

民間のWebデザインスクールほどではありませんが、きちんとカリキュラムが組まれており、学ぶ内容や方向性もしっかり指し示してくれます。

デメリットとしては、自治体によっては実施していなかったり、Webデザインが人気のコースでもあるため選考されない可能性があったりすることです。

また、学校のように平日日中を勉強時間として確保しておく必要があるため、働きながらや家事をしながらの勉強にはあまり向いていません。

【関連記事】職業訓練校のWebデザインって実際どう?メリット・デメリットを解説

未経験歓迎の就職先で働きながら学ぶ

メリットデメリット
無料で学べる
現場のWebデザインを学べる
就職先が限られる
企業の元で働くことが前提
主婦だと採用されにくい
雑務しか任せられないこともある

少し変わった学び方ですが、実際にWebデザインの現場で働きながら知識やスキルを身につけていく方法もあります。

Webデザイナーの仕事の仕方は、正社員だけでなく、アルバイトやパート、業務委託など様々あります。

初歩的な仕事であれば、初心者歓迎で募集している場合があり、実際に採用されれば働きながら現場で知識やスキルを身に付けられます。

ただし、採用されたとしても実際の業務は雑務がほとんどで、Webデザインのスキルを十分に習得できない可能性もあります。

独学で一通り知識を得たのちに、実際の現場の雰囲気を掴んだり、実務を覚えたりするために応募することはアリですが、最初から勉強しに行く目的で応募することはおすすめできません。

【関連記事】未経験からWebデザイナーになる方法とは?必要なスキルや勉強法を紹介

Webデザインスクールに通う前にやっておくべき準備

Webデザインスクールを受講すれば、講師や運営会社が手取り足取りやってくれて、必ずWebデザイナーにしてくれるということはありません。

これからWebデザインを学ぶにあたって、ご自身でも準備しておくと良いものがあります。こちらでは、Webデザインスクールに通う前にやっておくべき2つの準備についてご説明します。

自分のPCとツールを準備する

Webデザイナーになるためには、自分のPCを持つことが必須です。

Webデザインスクールの段階では、わずかながら貸出を行なってくれるスクールもありますが、将来的には購入の必要があります。自分で勉強や課題をするうえでも必要ですので、Webデザイナーを目指してスクールを受講すると決めた段階で購入を検討しましょう。

WebデザインをするPC選びで重要なものがスペックです。最低でも8GB以上のメモリがあるPCを選びましょう。本格的にWebデザイナーで使うなら、16GB以上ないと、カクつきなどが出ていてストレスが溜まるようになります。

また、「Illustrator」と「Photoshop」が入っているAdobeのツールも使えるようにしておきたいです。月額約6,000円程度かかりますが、Webデザインを行ううえで必要になるシーンが出てきますので、いずれ購入することも頭に入れておきましょう。

このようなツールも、受講期間中は無償で提供してもらえるスクールもあります。今買うべきかどうかは、スクールの詳細を確認したうえで決定すると良いでしょう。

Webデザインの知識・スキルを身に付けておく

Webデザインについて1から教えてくれるスクールやコースもありますが、スクールを受ける前に、ご自身でも基礎知識くらいは身に付けておくことをおすすめします。

あらかじめある程度の知識があれば、そこからの覚えも早く、スクール期間中に講師により質の高い質問をできます。

結果的にWebデザイナーへ近道となるので、初動をしっかり抑えておくことが大事です。

また、実際に勉強してみることで「自分には向いていない」「全く理解できない」などが分かることもあり、スクール料金を払った後にやっぱり向いていなかったと判明することも防げます。

教本をいくつか買って読んでみたり、インターネットで情報を集めてノート等にまとめておいたりするだけでも結構ですので、時間がある場合には取り組んでみてください。

Webデザイナーに必要な知識・スキルには次のものがあります。

≪Webデザイナーに必要な知識・スキル≫
  • Webの構造理解
  • デザインに関する知識
  • HTMLやCSSなどのコーディング知識
  • AdobeソフトやCMSの基本的な使い方
  • WebマーケティングやSEOに関する知識

全部スクール任せにするのではなく、ご自身でも前もって勉強してみることをおすすめします。

まとめ

本記事では、おすすめのWebデザインスクールのご紹介やスクールの選び方を解説しました。

おすすめWebデザインスクール10選をまとめると、次の通りです。

左右にスライドできます
スクール名コース料金学習方法

公式サイト
4週間:185,900円
(学生174,900円 )
8週間:240,900円
(学生207,900円 )
12週間:295,900円
(学生251,900円 )
16週間:350,900円
(学生284,900円)
オンライン

公式サイト
入会金:198,000円
ライトプラン:月額4,980円
スタンダードプラン:月額13,980円
プロサポートプラン:月額29,800円
オンライン
日本デザインスクール
公式サイト
【45日間】
一括払い:682,968円
12回払い:819,562円
(月々68,297円)
オンライン
SHElikes
公式サイト
入会金:162,800円
月額:8,167円〜14,800円
オンライン
デジタルハリウッド STUDIO by LIG
公式サイト
【Webデザイナー選考】
6ヵ月:495,000円
【Webデザイン入門】
3ヵ月:187,000円
【グラフィックデザイン講座】
2ヵ月:165,500円
4ヵ月:275,000円
【即戦力デザイン集中講座】
2ヵ月:195,800円
【主婦・ママクラス】
6ヵ月:346,500円
10ヵ月:445,500円
オンライン/通学
Famm
公式サイト
1ヵ月:184,800円オンライン
DMM Webキャンプ
公式サイト
【デザイン+サイト製作】
8週間:268,400円
16週間:378,400円
24週間:488,400円
32週間:598,400円
【デザインorサイト製作】
8週間:179,988円
16週間:238,288円
24週間:296,588円
32週間:354,888円
オンライン
インターネットアカデミー
公式サイト
【Webデザイナー入門コース】
1〜3ヵ月:209,000円
【Webデザイナーコース】
3〜4ヵ月:367,400円
【Webデザイナー総合コース】
12ヵ月:760,760円
オンライン/通学
ヒューマンアカデミー
公式サイト
【Webデザイナーコース】
6ヵ月:656,663円
【Webデザイナー総合コース】
6ヵ月:772,839円
オンライン/通学
サムライエンジニア
公式サイト
4週間プラン:165,000円
12週間プラン:297,000円
24週間プラン:396,000円
オンライン
※料金税込・2023年8月時点

Webデザインスクールを選ぶうえで大事なことが、自分の考えをはっきりさせておいて、その考えを満たしてくれるスクールを選ぶことです。

主に次の内容を事前に考えておきましょう。

考えておく項目考える内容
予算希望する予算や予算上限、月々の支払い限度  
期間短期(1〜3ヵ月)か、長期(3ヵ月以上)か  
学習方法オンラインか、通学か。
1日にどれくらい勉強できるか、勉強時間に制限があるか
学習内容基礎から学ぶか、より高いレベルを目指すか  
目的副業程度の知識を身につけるか
Webデザイナーの即戦力になるか
卒業後にすぐ就職したいか
サポート講師への個別質問等は必要か  
受講終了後就職支援は必要か、卒業生同士のコミュニケーションは必要か

Webデザインスクールは、数十万円する高い買い物です。後悔しないように、しっかり準備や比較・検討を行って満足いくスクールを選んでいきましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。