独学でWebデザイナーになるには?おすすめの勉強法やスキルアップについて解説

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

「Webデザイナーを目指したいけど、何から始めたら良いかわからない」という人は多いですよね。

そこで今回は、Webデザイナーになるために必要なスキル・資格や独学で勉強するコツ、おすすめのスクールなどを紹介します。

なるべくお金をかけないでWebデザインの勉強をしたい」という人から「効率的にスキルアップしたい」という方まで必見の内容です。ぜひ参考にしてください。

目次

独学でWebデザイナーになることは可能?

結論から言うと、独学でもWebデザイナーになることは可能です。専門性の高い仕事ですので、美大や専門学校で学ぶ必要があると考える人もいるでしょうが、実際にそれらの学校を卒業していなくてもWebデザイナーとして活躍している人は多くいます。

一方で独学でWebデザイナーになるには、必要なスキルを着実に身につけていくことが大切です。また、Webデザイナーとしての適性も必要になります。

挫折することなく独学でWebデザイナーになるために、まずはWebデザイナーに向いている人の特徴や必要なスキル、資格などについて学んでいきましょう。

Webデザイナーに向いている人の特徴

Webデザインの勉強を始める前に、自分の性格や特徴などからWebデザイナーに向いているかどうかを判断しましょう。以下で挙げた内容が当てはまらなくてもWebデザイナーになれないということではありません。あくまで要素の1つとして参考にしてください。

Webデザイナーに向いている人の特徴は次の通りです。

  • 黙々と作業することが苦にならない
  • コミュニケーション能力がある
  • 柔軟な考え方・対応ができる
  • トレンドに敏感
  • Webデザイナーになってやりたいことがある

黙々と作業することが苦にならない

「Webデザイン」と聞くと、イラストやグラフィックを作成する華やかな仕事だと思われがちですが、実はコーディングの作業も多くあります。

PCに向かって黙々と作業をする場面が多いため、地道な作業が苦にならない人や忍耐力がある人に向いている仕事です。

コミュニケーション能力がある

Webデザイナーには職人的な側面が求められる反面、チームで1つの成果物を作成することも求められます。

さらにクライアントとのやりとりも必須となるため、さまざまな人と積極的にコミュニケーションを取っていく姿勢が求められます。

柔軟な考え方・対応ができる

Webデザイナーは、自分の良いと思うものだけを制作できるわけではありません。成果物に対してクライアントから修正・変更を求められることも多く、その都度柔軟に対応することが求められます。

逆に「自分の好きなものだけを作りたい」という感情が強すぎる人は、クライアントからの要望で自分の制作物に手を加えなければいけないことに大きなストレスがかかってしまい、Webデザイナーとして仕事を続けることが苦痛になってしまうことがあるため注意が必要です。

トレンドに敏感

IT業界には次々と新しい技術やトレンドが登場します。好奇心を持って新しい情報を敏感に察知することがデザインの質や仕事の効率化にもつながります。

新しい情報をキャッチしたり、「試しにやってみる」ということが苦にならない人は、Webデザイナーとして一線で活躍し続けられるでしょう。

Webデザイナーになってやりたいことがある

Webデザイナーの適性としてもっとも大事なのは「熱意」があるかです。「Webデザイナーとして自分の仕事の成果を実感したい」「Webデザインを副業にしたい」など、やりたいことが明確であるほど、Webデザインの勉強に前向きになれるからです。

Webデザインを勉強し始める時は、「Webデザイナーになりたい」と漠然と思うだけでなく、なぜWebデザイナーになりたいのか、Webデザイナーになって何をしたいのかを明確にしましょう。

Webデザイナーに必要なスキルや資格

上記では、Webデザイナーに向いている人のマインド面でのでの特徴をお伝えしました。こちらでは、実際のWebデザイナーに求められるスキルや資格についてご紹介します。

Webデザイナーに必要なスキル

Webデザイナーに求められるスキルは幅広くあり、独学で習得できるスキルと業務のなかで習得していくスキルに分けられます。

独学で習得できるスキル

  • Webの構造理解
  • デザインに関する知識
  • HTMLやCSSなどのコーディング知識
  • AdobeソフトやCMSの基本的な使い方
  • WebマーケティングやSEOに関する知識

単にWebデザインといっても、デザインやコーディングに関する知識やソフトの使い方、さらにマーケティングに関する知識まで幅広いスキルが必要になります。

すべてを網羅的に学び始めるよりも、順番を決めて1つずつ身につけていく方法がおすすめです。

業務のなかで習得していくスキル

  • チームやクライアントとのコミュニケーション能力
  • スケジュール管理力
  • プロジェクトマネジメント能力

これらのスキルは、独学で学ぶより実際の業務のなかで身につくスキルです。現職で身につけられるスキルも多いため、普段の仕事の取り組み方から意識してみましょう。

Webデザイナーにおすすめの資格

Webデザイナーになるために必須の資格はありませんが、Webデザインに関する資格はたくさんあります。資格を持っていることで一定の技術・知識があることの証明になり、就職などでも役に立ちます。

また、独学でWebデザインを学ぶ方も、自分のレベルを確認する指針にもなりますので、まずは資格取得を目指して勉強を始めてみることもおすすめです。

Webデザイナーにおすすめの資格として、次のものが挙げられます。

  • Webクリエイター能力認定試験
  • ウェブデザイン技能検定
  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • Photoshop®クリエイター能力認定試験
  • HTML5プロフェッショナル認定

【関連記事】Webデザイナーにおすすめの資格とは?未経験でも効果的に取得できるスクールも紹介

独学でWebデザインを学ぶ時に必要な期間や準備するもの

それでは、独学でWebデザインを学ぶ時に必要なことについて具体的に説明します。

独学でWebデザインのスキルを習得するのに必要な期間はどれくらい?

勉強の仕方ややポテンシャル、どの程度のスキルを目指すかにもよりますが、初心者が独学でWebデザインの習得を目指す場合、最低でも3ヶ月はかかると思っておきましょう。

独学でWebデザインを学ぶ際は、漠然と勉強に時間を費やしてしまわないように、いくつかのゴールを決めて計画的に勉強をすすめていくのがおすすめです。

Webデザインの習熟度を測るうえでのポイントとして次のものがあります。

  • 自分でデザインしたWebサイトをリリースする
  • Webデザイナーとして就職する
  • 副業でWebデザイナーの収入を月10万円以上得る
  • 目標の資格を取得する

独学でWebデザイナーになるには何を準備すればいい?

独学でWebデザインを学ぶ場合、スクールなどに通って学ぶ場合と比較して費用を抑えることができますが、何も用意せずに勉強できるわけではありません。

Webデザインを独学で習得する前に準備しておくものは以下の通りです。

PC

Webデザインを学ぶにあたって、必ず必要なのが自分のPCです。種類はノート型でもデスクトップでも問題ありませんが、重たいデータを扱うことが多いためスペックには気を遣うようにしましょう。

また長時間作業することが増えるため、腕や腰などの負担を軽減してくれるマウスやイスなど作業環境を整えるのもおすすめです。

すでにPCを持っている方は不便さを感じてきたタイミングで買い替えると良いでしょう。

新たにPCを購入する方は、次のスペックを超えるPCが望ましいです。

CPUCore i5以上
メモリ最低8GB以上、16GB以上が理想
ディスプレイ15インチ以上

デザイン制作ソフト

Webデザインをするにあたって、デザイン制作ソフトは必須です。無料で利用できるソフトもありますが、汎用性のないソフトの使用に慣れてしまうと矯正するのに苦労するため、最初から「Photoshop」と「Illustrator」を使用するのがおすすめです。

「Photoshop」と「Illustrator」はWebデザインの現場でもっともよく利用されており、7日間の無料体験版もリリースされています。またどちらか一方のみ利用できる単体プランや20以上のアプリが利用できるコンプリートプラン、法人向けや学生向けなど、豊富な料金体系があるため、自分に合ったものを選択しましょう。

独学でWebデザインを学ぶ方法

ここからは、Webデザインを独学で勉強する具体的な方法を紹介します。おすすめなのは以下の3つです。自分の好きな方法を選択したり、いくつか組み合わせたりして自分に合ったやり方を見つけてくださいね。

  • 教本を使って勉強する
  • 動画やサイトを見て勉強する
  • スクールの無料体験を活用する

教本を使って勉強する

Webデザインを独学で身につける時にもっともポピュラーな勉強法が教本をベースに進めていく方法です。

一口に「Webデザイン」と言っても、Webデザインの基礎を身につけるものからPhotoshopやIllustratorなどのツールの使い方を学ぶもの、HTMLやCSSの知識を学ぶものまで、豊富にあります。各カテゴリの教本を1冊は購入することをおすすめします。

Webデザインに関する情報は年々アップデートされるため、あまり古い教本は選ばないようにしましょう

また、教本で学ぶデメリットは、わからないことが発生した際に解決できないことがあることです。可能であれば身近なWebデザイナーにフィードバックを受ける機会があるといいでしょう。

動画やサイトを見て勉強する

YouTubeや無料のWebサイトに公開されている資料をもとにWebデザインを学ぶことも可能です。低コストで学べるメリットはありますが、体系化されているわけではないため内容をしっかり吟味する必要があります。

未経験者がインターネット上にある情報だけでWebデザインスキルを身につけるのはかなり難易度が高いため、補助的に使用するのがおすすめです。

スクールの無料体験を活用する

Webデザインスクールでは、無料で授業を体験できるキャンペーンを実施していることがあります。プロによる講義が受けられるチャンスですので、積極的に利用するのがおすすめです。

無料体験は受けられる回数や期間が限られていますが、要領よく利用することでプロのWebデザイナーからフィードバックをもらえたり、勉強するうえでのコツを教えてもらえたりすることもあるでしょう。

関連記事:【2024年最新版】おすすめのWebデザインスクール10選!それぞれの強み比較や後悔しない選び方も解説

独学でWebデザインを身につけるメリット・デメリット

ここまで独学でWebデザインを身につける方法について説明しましたが、独学で学ぶことにはメリット・デメリットがあります。

具体的にどのようなメリット・デメリットがあるかを見ていきましょう。

独学でWebデザインを身につけるメリット

独学でWebデザインを学習するメリットは次の通りです。

  • 低コストで学習ができる
  • 自分のペースで勉強を進められる

PCやデザイン制作ソフト、教本など、最低限必要なものはありますが、独学で学ぶ最大のメリットはコスト面です。また自分で学習計画を立てて進められるため、マイペースな方には向いている勉強法と言えます。

独学でWebデザインを身につけるデメリット

独学でWebデザインを学習するデメリットは次の通りです。

  • モチベーションの維持が難しい
  • フィードバックが受けられない
  • 結果的に時間がかかってしまうことがある

独学では一人で黙々と学ぶことが多いため、モチベーションを維持するのが難しく途中で挫折してしまう可能性があります。

また、わからないことが発生した時に立ち往生してしまうことも多いでしょう。さらに成果物に対してフィードバックを受けられないため、現場で活かせるスキルが身についているかの判断が難しい点もデメリットです。

非効率な方法で学ぶことで、結果的に習得に時間がかかってしまうこともありますし、途中で挫折してしまった場合、Webデザインを学ぶために用意したPCやデザイン制作ソフト、教本代やそれまで勉強に費やした時間が無駄になってしまうこともあります。

Webデザインを独学で身につけるには、強い意志が必要になることを覚悟しておきましょう。

コスパ良くWebデザインを学びたいならオンラインスクールがおすすめ

上記のとおり、未経験者が独学でWebデザインを身につけるには相当な覚悟と長い時間が必要です。

とはいえ、社会人になってから専門学校や美大に通うのは難しいですよね。効率良く、低コストでWebデザインを身につけるなら、オンラインスクールがおすすめです。

オンラインスクールであれば、低価格でプロの講義を受講することができます。最短1ヶ月程度で完結するコースもあり、効率的にWebデザインを学べる点が魅力的です。

ここからはおすすめのオンラインスクールを5選紹介します。

侍エンジニア (Webデザイン教養コース)

侍エンジニア
サービス名侍エンジニア
Webデザイン教養コース
運営会社株式会社SAMURAI
利用料(例)月額4,098円~
特徴・業界最安水準で講座が受けられる
・受講者の9割がWebデザイン未経験
・現役のプロからマンツーマンで学べる
転職・就職サポートあり
公式サイトhttps://lp.sejuku.net/design_ss/

侍エンジニアのWebデザイン教養コースは、オンラインの講座を最安水準で受けられる点が特徴です。Webデザイン入門からフリーランスで活躍できるレベルまで幅広いプランがあり、自分に合ったものを選べます。

講義を通してWebサイト制作をおこなうことで、実践的な力が身につくだけでなく、制作したWebサイトはポートフォリオとして転職活動にも使用できます。

SHE likes

SHE likes
サービス名SHE likes
運営会社SHE株式会社
利用料(例)月額4,098円~
特徴・全39種類の職種スキルが定額で学び放題
・月1回のコーチングやコミュニティあり
・Webデザイン入門から実践まで幅広く学べる
転職・就職サポートあり
公式サイトhttps://shelikes.jp/landing_pages/course_design/

SHE likesは、時間や場所に縛られない働き方を実現するためのキャリアスクールコミュニティで、全39種類の職種スキルが定額で学び放題なのが特徴です。

学んだことを活かして働けるように「お仕事チャレンジ」制度を設けており、実際に主婦やフリーターから活躍している卒業生も多くいます。

無料の体験レッスンでは、SHE likesの人気コース動画4選をお試し受講できるほか、カウンセリング(少人数質問)タイムもあるため、自分に合ったコースを見つけられます。

WEBCOACH

WEBCOACH
サービス名WEBCOACH
運営会社株式会社コネクト
利用料(例)月額4,100円~
特徴・スキルが身につく実践型カリキュラム
・フリーランスコーチによるマンツーマン指導
・卒業後もチャットサポートプランあり
転職・就職サポートあり
公式サイトhttps://www.webcoach.jp/

WEBCOACHは、採用率5%以下の厳しい基準をクリアした現役フリーランスのコーチ陣がマンツーマンで指導してくれるWebデザインスクールで、Photoshopの使い方からUI・UXデザイン、マーケティング知識まで幅広く学べるのが特徴です。

受講期間中から報酬が発生する仕事を提供してもらえるため、本格的にWebデザイナーとしてデビューすることを見据えた勉強ができるでしょう。

DMM WEBCAMP (Webデザインコース)

DMM WEBCAMP
サービス名DMM WEBCAMP
Webデザインコース
運営会社株式会社インフラトップ
利用料(例)4週コース:169,800円
特徴・現役デザイナーによるマンツーマン面談あり
・24時間質問OK&レビュー無制限
・希望に合わせた学習プランあり
転職・就職サポートあり
公式サイトhttps://web-camp.io/courses/webDesign/

DMM WEBCAMP のWebデザインコースは、DMMが認定した現役デザイナー講師によるデザインスクールです。

受講者の97%以上が未経験からスタートしていますが、週2回のメンタリングでモチベーションをサポートしてくれるため、途中で挫折することなくスキル習得を目指せます。

キャリアアドバイザーによる転職・就職サポートもあるため、身につけたスキルをしっかり仕事に活かせます。

ヒューマンアカデミー(WEBデザインコース)

ヒューマンアカデミー
サービス名ヒューマンアカデミー
Webデザインコース
運営会社ヒューマンアカデミー株式会社
利用料(例)月額8,600円~(入学金別途)
特徴・就職率90.9%の手厚い就労サポートあり
・オンラインor通学orハイブリッドもOK
・教育訓練給付金制度対象コースあり
転職・就職サポートあり
公式サイトhttps://haa.athuman.com/academy/webdesign/

ヒューマンアカデミー(Webデザインコース)は、数々の教育事業を手がける会社が運営するスクールならではの制度が充実しているのが特徴です。

教育訓練給付金制度対象のコースもあり、お得に受講できるのが嬉しいですね。

オンラインで受講できるのはもちろん、PCやソフトなどを揃えるのが難しい方は全国にあるワークスペースを使用することもできます。会社員、自営業、パート、アルバイト、専業主婦など、未経験からWebデザイナーとして活躍する卒業生も多く、安心感があります。

 

まとめ

未経験から独学でWebデザイナーを目指すことは充分可能です。Webデザインを独学で学ぶなら、教本やWebサイト・動画などをフル活用し、適宜アウトプットなどもしながらコツコツ学んでいきましょう。

一方で、まったく知識がない人が独学で勉強を進めてしまうと、途中でつまづいて挫折してしまったり、遠回りしてしまうことも珍しくありません。

オンラインスクールであれば、通学型のスクールよりも低価格でWebデザインを学べるため、おすすめです。就労サポートがあるスクールも多いため、結果的に早く、効率的に収入につなげられるメリットもありますよ。

自分のレベルや将来的に目指したいゴールなどに合わせて勉強方法を選んでくださいね。

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。