Webデザイナーが稼げないと言われる理由とは?稼げるWebデザイナーの特徴や稼ぐ方法を公開

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

Webデザイナーの方の中には、年収が他の業種よりも低いのか、妥当であるかなど金銭面で疑問を抱える方もいるでしょう。

Webデザイナーが稼げないと言われる理由として、長時間労働の常態化やWeb制作の競争が激しくなっていることが挙げられます。

この記事では、Webデザイナーが稼げないと言われる理由や、Webデザイナーが平均よりも稼ぐためのポイントを解説します。

目次

Webデザイナーが稼げないと言われる理由

Webデザイナーの職業は、創造性と技術が必要な分野ですが、稼げないという認識が一部で存在します。

Webデザイナーが稼げないというイメージは、業界の変化や市場の需要によって形成されているようです。

以下、WEBデザイナーが稼げないと言われる理由を解説します。

収入が労働時間に見合わないから

多くのWebデザイナーはプロジェクト単位で働くため、実際の労働時間と収入が必ずしも比例しないことがあります。

特にフリーランスや副業としてWebデザインを行う場合、クライアントとの交渉、案件の受注、デザイン制作といったプロセスにかかる時間が収入に直結しません。

また、低単価の案件や納期の短いプロジェクトを受けざるを得ない状況も、収入が労働時間に見合わない主な理由の一つとして挙げられるでしょう。

Web制作の競争が激化しているから

Webデザイナーの市場は、近年、競争が激化していると言われています。クラウドソーシングの台頭や、未経験者でも参入しやすい環境が形成されているため、案件の獲得がより困難になっていると考えられるでしょう。

特に低単価の案件では、多くのデザイナーが競合し、それにより収入の低下につながっています。

また、デザインの需要自体は増えているものの、それに伴う単価の低下や案件の質の低下が、稼げないという認識の一因となっているのかもしれません。

元々平均年収が低い傾向にあるから

Webデザイナーの平均年収は、他のIT関連職種に比べて低い傾向にあります。

国税庁の調査データによると、給与所得者全体の平均年収は467万円となっています。一方、経済産業省による調査では、デザイナーの平均年収は約400万円程度となっており、全体職種と比較すると年収が低い傾向にあることが伺えます。

これは、Webデザインが比較的独学やデザインスクールを通じてスキルを習得しやすい職種であるため、市場に多くのエントリーレベルのデザイナーが存在することが理由の一つと言えるでしょう。

また、企業内のWebデザイナーとして働く場合、特に初心者や未経験者は他のIT職種に比べて低い年収からスタートすることが一般的です。

参考:平均給与|国税庁
経済産業省 商務・サービスグループクールジャパン政策課 デザイン政策室

稼げるWebデザイナーになる方法とは?

Webデザイナーとしてより高い収入を目指すには、市場の需要に応じたスキルの習得とキャリア戦略が重要です。デザイン技術だけでなく、関連分野の知識やビジネススキルを身につけることが、収入向上の鍵を握っています。

以下、稼げるWebデザイナーになるためのコツを解説します。

デザイン以外の幅広いスキルを身に着ける

Webデザイナーとして稼ぐためには、デザインスキルだけではなく、マーケティング、コーディング、UI/UX設計などの幅広いスキルを身につけることが重要です。

【Webデザイナーが稼ぐために必要なスキル】
  • プロジェクトの指揮をとるためのディレクションスキル
  • エンジニアと協力して制作を進めるためのコーディングスキル
  • 効果的に数字を出せるWEBサイトを作るためのデジタルマーケティングのスキル
  • クライアントや他部署と円滑に仕事を進めるためのコミュニケーションスキル

特に、Webサイトのデザインに関する理解だけでなく、そのサイトがどのように機能し、ユーザーにどのような価値を提供するかを理解することは、高単価の案件を獲得する上で不可欠です。

また、SEOやSNSマーケティングなどのデジタルマーケティングスキルも、クライアントにとって価値あるサービスを提供できるため、これらのスキルは収入向上に直結するでしょう。

Webデザインの副業を初める

Webデザインを副業として始めることは、実務経験を積む良い機会となるでしょう。副業を通じて、異なるクライアントや業界のプロジェクトに関わることで、自分のスキルを広げ、ポートフォリオを充実させることができます。

また、副業は本業に影響を与えずに新たな技術や業界知識を習得するチャンスとなるでしょう。そして副業を続けることで、将来的に高単価の案件獲得やキャリアアップにつながるはずです。

フリーランスとして独立する

フリーランスとして独立することは、Webデザイナーとして高収入を得る一つの道です。独立することで、自分自身の時間管理や案件の選択が可能になり、高単価の案件に焦点を当てることができます。

フリーランスでは、自身の専門性を生かした案件を選び、直接クライアントと交渉することで、収入を最大化する機会があります。

しかし、これには営業スキルやクライアント管理の知識も必要で、高いスキルと業界知識が不可欠となるでしょう。

また、フリーランスとしてのキャリアを築くには、ポートフォリオの充実やクライアントとの良好な関係構築が欠かせません。

フリーランスのWebデザイナーとして稼げない人の特徴

フリーランスとして稼ぐためには、単に技術力が高いだけでは不十分です。フリーランスのWebデザイナーで稼げない人の特徴を解説します。

高単価の案件を受注できていない

フリーランスのWebデザイナーが十分に収入を得られない主な理由の一つは、高単価の案件を受注できていないことです。

これは、自分のスキルや経験を適切に市場に伝えることができていない、あるいは高単価案件にアクセスするネットワークが不足していることが原因と言えるでしょう。

高単価の案件を獲得するためには、自身の専門性を際立たせ、特定のニーズに合わせたサービスを提供することが求められます。

継続案件が取れていない

もう一つの理由は、継続的な案件が取れていないことです。

フリーランスとして安定した収入を確保するには、一度のプロジェクトだけでなく、長期的に関われる案件を獲得することが重要です。これには、クライアントとの信頼関係の構築や、一貫した高品質のサービス提供が必要となります。

継続案件を得ることで、収入の安定化だけでなく、より大きなプロジェクトへの扉も開く可能性があります。

Webデザイナーで副業・フリーランスとして働く場合の注意点

副業やフリーランスとしてWebデザインを行う際には、いくつかの注意点があります。

これらを理解し、適切に対応することで、成功への道を開くことができます。

webデザイナー副業では10万も稼げない場合もある

Webデザイナーとして副業を始める場合、初めは10万円も稼げないことがあります。これは、副業としての時間の限界や、未経験者が低単価の案件からスタートしがちなためです。

副業の時間が限られていることにより、大規模なプロジェクトや高単価の案件に取り組むことが難しく、稼げない理由として挙げられるでしょう。

このような状況を克服するためには、効率的な働き方や時間管理、またスキルアップが重要となります。

Webデザイナーとして副業したいならスキルで差別化する

Webデザイナーとして副業する際には、スキルで差別化を図ることが重要です。

これは、市場での自分のポジションを確立し、特定のスキルやサービスで競争力を持つことに繋がるでしょう。

例えば、UI/UXデザイン、レスポンシブデザイン、コーディングなど特定の分野での専門性を高めることにより、他のデザイナーとの差別化を図ることができます。

差別化ができないと、うまく案件を獲得できなかったり、案件を受注しても低単価であったりする可能性が高くなります。

Webデザイナーの副業は離職する人もいる

Webデザイナーとして副業を行う場合、一部では途中で副業をやめてしまうケースもあります。

これは、副業が本業と競合することや、副業にかける時間が本業のパフォーマンスに影響を与える可能性があるためです。

Webデザイナーとしての副業は、案件によって時間と労力を要する作業が伴う場合があります。このため、副業と本業のバランスを取ることが必要となります。

年収アップを期待するWebデザイナーにおすすめの転職エージェント

Geekly

geekly
Geeklyの特徴
  • IT・Web・ゲーム業界の求人多数
  • IT業界に特化した口コミサイトがある
  • 11年以上蓄積したノウハウをもとに求職者をサポート

 

Geeklyは、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントで、非公開求人を含めて27,000件超(※1)と、圧倒的な求人数の多さが特徴です。

 

11年以上にわたって蓄積されたノウハウを活かした転職支援が魅力で、たとえば、応募書類を添削する専門チームがあったり、コンサルタントの専門分野が職種別に細分化されていたりと、きめ細やかなサービスで転職を成功へと導いてくれます。

 

また、同社が運営する「Geeklyレビュー」では、企業で実際に働く社員から寄せられた口コミを閲覧できます。

 

応募前に活用すれば、社風や実情を把握でき、自身のアピールポイントの整理にも役立てられるでしょう。

 

(※1)Geeklyの公式ホームページより

 

サービス名 Geekly
運営会社 株式会社Geekly(ギークリー)
公開求人数 21,290件(※2)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 幅広い選択肢の中から希望に合う求人を見つけられる
  • 東京23区内の求人が見つかる
  • 応募書類の作成をサポートしてもらえる
対応地域
東京23区内が中心
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

レバテックキャリア

レバテックキャリア
レバテックキャリアの特徴
  • 15年以上IT・Web業界に特化
  • ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
  • 現場社員から収集した企業の内部情報を共有

 

レバテックキャリアは、IT・Web業界の転職支援において15年以上(※1)の歴史を有する転職エージェントです。

 

職種ごとに分かれたキャリアアドバイザーのサポートに定評があり、ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1(※2)を獲得した実績もあります。

 

また、企業の内部情報の収集に力を入れており、現場社員からヒアリングした生きた情報を共有してもらえることも特徴です。

 

社員のマネジメント方法や職場の雰囲気・スキル感など、入社前に知っておきたい情報を得られることは、転職の失敗を避けるためにも有効といえます。

 

(※1)レバテックキャリアの公式ホームページより
(※2)日本マーケティングリサーチ機構調べ 「2021年1月期 サービスの比較印象調査」1位

 

サービス名 レバテックキャリア
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 22,024件(※3)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 応募前に企業の詳しい情報を把握できる
  • ITエンジニアのキャリアについて相談できる
  • 年収アップに期待できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

まとめ

Webデザイナーとしてのキャリアは多岐にわたり、収入や成功を左右する要因は多数存在します。

稼げないという認識の背景には、市場の競争激化やスキルの未熟さも挙げられるでしょう。年収アップを希望するWebデザイナーはスキルアップを考慮したり、転職を考えたりすると良いでしょう。

転職エージェントに相談すれば、年収をあげるための転職をサポートしてくれるはずです。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。