40代未経験からWebデザイナーになる方法は?必要なスキルや転職のコツを解説

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

40代になっても、未経験からWebデザイナーに転職できるのか…

そんな悩みを抱えている40代の方は少なくありません。

しかし近年のWebデザイン市場は、未経験者を歓迎し、新しい視点や意欲を求める声が高まっています。

年齢や経験よりも、挑戦する姿勢や学習意欲を重視する企業が増えているのです。

この記事では、40代未経験からWebデザイナーに転職する方法や成功の秘訣、求められる適性について詳しく解説します。40代でも可能性を秘めた転職に向けて、一歩踏み出す勇気を与える情報をお届けします。

関連記事:Webデザイナーにおすすめの転職エージェント比較ランキング

目次

【結論】40代未経験からでもWebデザイナーになれる!

結論、40代でも未経験からWebデザイナーに転職することはできます。

最近では未経験者向けの求人も増えており、スクールや研修など短期間でスキルを身につけられる環境も整っています。

また、Webデザイナーはフリーランスで活躍する人も多いため、独学で知識やスキルを身につけてWebデザイナーデビューする人も大勢います。

ここでは、40代未経験の方がWebデザイナーに転職するためのポイントを紹介します。

40代未経験でもWebデザイナーになれる理由

Webデザインの求人市場は年々拡大しており、未経験者を歓迎する企業も増えています。

そのため、40代であっても未経験からチャレンジすることは可能です。以下で理由を詳しく解説します。

Webデザインの需要が高まっているから

近年、Webデザインの需要が高まっており、未経験者を積極的に採用する企業が増えています。

またWebデザイナーにはデザインに関する知識やスキルのほかにも顧客折衝なども必要なので、豊富な人生経験や職務経験がある40代が重宝されるシーンも多くあるでしょう。

Webデザインのスキルは年齢に関係なくいつでも身につけられるため、年齢よりも意欲やポテンシャルが重視される傾向があり、40代以降の人も十分転職のチャンスがあると言えるでしょう。

IT業界は人材不足であるため

IT業界は常に人材不足に悩まされています。

そのため、意欲的に学習に取り組む人であれば未経験者も採用される可能性が高いです。

特に40代の方は、他の年代と比べても労働意欲や学習能力が高く、企業にとって魅力的な人材として評価されることがあるでしょう。

これらの理由から、人生経験や向学心をしっかりアピールできれば40代の方でもWebデザイナーとしてデビューすることができます。

Webデザイナーはスキルや実績重視であるため

Webデザインの仕事は、年齢や学歴よりもスキルや実績が重視される傾向があります。

そのため、40代からWebデザイナーを始めた方もポートフォリオなどで実力を証明できれば、即戦力として企業から高く評価される可能性があるでしょう。

関連記事:未経験からWebデザイナーになる方法とは?必要なスキルや勉強法を紹介

40代未経験からWebデザイナーに転職する方法

40代未経験からでもWebデザイナーに転職することは可能ですが、Webデザイナーになるには適切な知識とスキルに加えて戦略的に転職活動を進めることが大切です。

以下では、具体的な方法を紹介します。

必要な知識やスキルを身につける

40代未経験からWebデザイナーに転職するには、必要な知識やスキルを身につけることが不可欠です。

まずは、Webデザインの基礎知識やHTML、CSS、JavaScriptなど、Webデザインに必要な言語を学びましょう。また、デザインツールやグラフィックソフトの使用経験も必要です。

インターネット上には、無料で学べるオンラインコースやチュートリアルが多数公開されているので、自己学習を積極的に行いましょう。

関連記事:独学でWebデザイナーになるには?おすすめの勉強法やスキルアップについて解説

ポートフォリオを作成する

Webデザイナーとしての実力をアピールするためには、ポートフォリオが必要です。

ポートフォリオは、これまでに制作した作品やプロジェクトをまとめたものであり、転職先に自身の実力をアピールする重要なツールとなります。

ポートフォリオに記載する制作物は、実際に案件として制作したものでなくても可能です。

ポートフォリオは定期的に更新し、最新の実績を反映させることが大切です。

スクールを活用する

Webデザインに関する知識は独学でも学べますが、スクールで学んだほうが体系的・効率的に学べます。

特に40代で未経験からの転職を目指す場合、早く戦力となることが求められるため、スクールや研修などで専門的な知識やスキルを身につけるのがおすすめです。

また、転職支援サービスを提供しているスクールもあり、就職までのサポートも受けられるため、安心して学ぶことができます。

スクールを利用する際は、自分の目標や希望に合ったカリキュラムを選択し、着実にスキルを身につけていきましょう。

関連記事:Webデザイナースクール講座おすすめ10選|講座の選び方や費用相場比較まとめ

Webデザイナーにおすすめのデザインスクール3選

日本デザインスクール

日本デザインスクール
日本デザインスクールのおすすめポイント
  1. 卒業生は1,700名以上/獲得スキル満足度など4部門で1位を獲得
  2. 受講生の8~9割が未経験スタート!最短45日でWebデザイナーになれる
  3. 卒業生コミュニティの『ゼロイチクラブ』による継続サポートあり

日本デザインスクールは、最短45日という短期間で、Webデザインに関する知識や技術が一通り学べるオンラインスクールです。受講者のほとんどが未経験、そして家事や育児、仕事などと両立しているのが特徴です。

学習をスタートする前に専任の講師と一緒に目標を明確にしたうえでプランを考えるため、モチベーション高く学習に取り組むことができます。

公式サイトにはWebデザインに関するノウハウ記事以外にも、Webデザイナーの楽しさやリアルな仕事内容について紹介する記事が豊富にあるため、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

運営会社株式会社日本デザイン
価格(入門編)一般:682,968円
モニター:602,888円
受講期間45日間
公式サイトhttps://japan-design.jp/

Find me!

Find me!
Find me!のおすすめポイント
  1. 未経験から最短1ヶ月でWebデザイナーデビュー
  2. 24時間対応のチャット相談サポート
  3. 受講中のお仕事紹介制度や就職サポートあり

Find me!は、最短1ヶ月で未経験からWebデザイナーになれる女性向けオンラインスクールです。現役Webデザイナーが監修した計200本の動画カリキュラムがあり、月額制なので仕事や子育てが忙しい人も自分のペースで学習することができます。

卒業後もPhotoshopやHTML/CSSなど、収入を得るために必要な58スキルが学び放題なので、継続的にスキルアップできる点もポイントです。

また受講中から報酬がもらえる案件を最大5件まであっせんしてもらえるため、現場経験を積んだ状態で卒業を目指せるのも魅力の1つです。

さらに、卒業後に就職を目指す方向けの就職サポートもあり、身につけたスキルを仕事として活かせる仕組みが充実しています。

運営会社株式会社Zealox
価格ライトプラン:月額4,980円
スタンダードプラン:月額13,980円
プロサポートプラン:月額29,800円
受講期間1ヶ月~
公式サイトhttps://findme-school.com/

Famm

Famm
Fammのおすすめポイント
  1. 1ヶ月完結の短期集中型オンラインスクール
  2. デリバリーやワークスペース利用などに使える15,000円分の学習集中サポート
  3. 卒業後は最大5件の案件保証&長期案件も

Fammは、1ヶ月完結型の女性向けWebデザインスクールです。

動画配信ではなく、専属のプロ講師によるライブ授業をおこなっているのが特徴で、Webデザインの基礎を身につけられます。さらに、卒業後もWebデザイン中級やマーケティングなど100スキルが無料で受講可能。継続的にスキルアップできる仕組みが整っています。

子育て中の方も集中して学べるように、シッターやデリバリーなどに利用できる15,000円分の「学習集中サポート」がある点も大きなポイントです。

卒業後は継続的に仕事を受注できるよう、最大5件の案件保証もあり、女性のWebデザイナーデビューを後押しする制度が充実しているスクールです。

運営会社株式会社TIMERS
価格184,800円
受講期間1ヶ月
公式サイトhttps://famm.us/ja/school

 40代のWebデザイナーに求められるスキル

40代のWebデザイナーには幅広いスキルや知識が求められます。

以下のスキルを取得することで転職成功への近道になるでしょう。

デザインスキル

40代のWebデザイナーに求められるスキルの一つは、デザインスキルです。

といっても、デザインスキルは感覚的なものではなく、体系的に身につけることができるものがほとんどです。

また、単に見た目が優れているだけでなく、ユーザビリティやアクセシビリティにも配慮し、使いやすさや視認性を高める工夫も大切です。

これらのスキルを磨くことで、より魅力的なデザインを生み出すことができます。

コーディングスキル

40代のWebデザイナーにとって重要なスキルの一つに、優れたコーディングスキルがあります。

Webデザインだけでなく、HTMLやCSS、JavaScriptなどの言語を使って、デザインを実際のWebページに落とし込む能力があれば+αの能力として重宝される存在になるでしょう。

また、レスポンシブデザインやクロスブラウザ対応などの技術も必要です。これらのスキルを習得することで、デザインのアイデアを実現し、ユーザーに最適な体験を提供することができます。

デザインよりもコーディングが得意な人であればコーダーとして活躍する道も拓けます。

Webマーケティングの知識やスキル

Webデザイナーにはデザイン物を制作するスキルだけでなく顧客折衝も求められます。その際、マーケティングの知識があれば、提案内容に説得力を持たせることができます。

40代でWebデザイナーとして転職する際は、+αのスキルがあることが大きなアドバンテージになるため、Webマーケティングの知識やスキルを持っている人は特に重宝されるでしょう。

なぜなら、Webデザイナーは単にデザインをするだけでなく、ユーザーの行動を促すためのデザインをする必要があるからです。

例えば、コンバージョン率を上げるためには、ユーザーの心理や行動を理解し、それに基づいたデザインを行う必要があります。そのため、Webマーケティングの知識やスキルを身につけることが求められます。

Webマーケティングに長けた人であれば、マーケターやWebディレクターとしてのキャリアを選ぶことも可能です。

コミュニケーションスキル

また、コミュニケーションスキルも重要です。

Webデザイナーはクライアントやチームと協力してプロジェクトを進めることが多いため、円滑にコミュニケーションを取ることが求められます。

Web業界には20代の若手ビジネスパーソンが多いため、40代からWebデザイナーになるなら若い世代とも円滑にコミュニケーションを図る努力が必要です。

そのため、相手の立場や考えを尊重し、適切なコミュニケーションを取ることが求められます。

【こんな人は適性アリ!】Webデザイナーに向いている人

Webデザイナーに必要な知識やスキルは努力で得ることができますが、適性がある人であればよりスムーズに身につけられるでしょう。

Webデザイナーの適性がある人には下記の特徴があります。

新しいもの好きな人

Webデザインは常に進化しており、新しい技術やデザインのトレンドに敏感であることが求められます。

Webデザイナーに向いている人は、新しいものに興味を持ち、積極的に取り入れる姿勢を持っています。

例えば、最新のデザインツールやテクニックについて常に情報を収集し、自らのデザインに活かそうとする姿勢が挙げられます。

コツコツした作業が苦にならない人

Webデザインは、細かい部分まで注意を払いながらコツコツと作業を進める必要があります。

レイアウトの微調整や色の調整など、細かい作業が多く、忍耐力や集中力が求められます。

Webデザイナーに向いている人は、このような作業を苦にせず、丁寧に取り組むことができる人です。

期限を守るなどの時間管理ができる人

Webデザインはプロジェクトごとに納期が設定されることが一般的です。そのため、期限を守ることが求められます。

また、デザインだけでなく、チームと連携しながら作業を進める必要もあります。

時間管理能力や協調性があり、責任感を持って作業に取り組める人がWebデザイナーに向いています。

関連記事:クリエイティブ職に向いてる人の特徴とは?必要なスキルや未経験から転職する方法を紹介

40代未経験からWebデザイナーに転職するなら、戦略的に進めるべし!

40代未経験からでもWebデザイナーに転職することは可能です。

成功するためには、デザインスキルだけでなく、コーディングスキルやWebマーケティングの知識など+αの知識やスキルを身につけることが大切です。

Webデザイナーになるための知識やスキルは独学で身につけることも可能ですが、40代からWebデザイナーを目指すなら、ぜひスクールや研修を活用しましょう。

Webデザイナーの必須スキルを体系的に学べるのはもちろん、転職サポートや案件保証などがあるスクールであれば、身につけたスキルを仕事に直結させることが可能です。

Webデザイナーは在宅ワークとしても人気の職種ですので、ぜひこの機会に理想の働き方を実現してみてください。

関連記事:40代向けのおすすめ転職サイト13選!40代の転職事情や注意点まで解説

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。