仕事でミスが多いから辞めたい人の7つの特徴や対処法5選を解説

高橋宇内
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

仕事でミスばかり続いて辞めたい

といった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

仕事でミスをしない人は誰もいません。しかし、ミスを減らそうと意識しても、何度も繰り返してしまう場合も少なくありません。仕事でミスを繰り返してしまうと自信が無くなり、やがて「辞めたい」と思うようになってしまいます。

もしかしたら「仕事のミス」を理由に辞めなくても、転職できるかもしれません

スカウト型の転職サイトに登録して、今の会社よりも条件が高い企業からスカウトが届けば、キャリアアップを理由に転職できます!

まずは自分の市場価値を診断してみて、転職できるのかどうか確かめてみましょう。

\ 今すぐ転職しなくてもOK /
簡単な質問に答えて、現在の
あなたの市場価値がわかる

 

おすすめ度 ★5

 

ミイダス
無料診断する >
  • 7万人の転職データから市場価値(年収)を算出
  • 向いている仕事、ストレス耐性なども分析
  • 登録なし、所要時間5分でOK!

 

おすすめ度 ★4.8

 

ビズリーチ
無料診断する >
  • 質問に答えるだけで自動で職務経歴書を作成可能!
  • 登録後にスカウトを受け取ることで、今の転職市場価値がわかる
  • ハイクラス管理職やエグゼクティブに特化

 

本記事では、仕事でミスが多くなり辞めたいと思う方に向けて、対処法から辞める基準を解説します。

仕事でミスが続いて辞めたいけれど、このまま辞めることに不安がある方は、ぜひ参考にしてください。

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

仕事で何度もミスをしてしまう7つの原因

仕事でミスが多くて辞めたいと思う前に、自分がなぜ何度もミスを繰り返してしまうのか把握しましょう。仕事でミスを繰り返す原因を知らないまま転職をすると、同じ状況が起きてしまう可能性があるからです。

仕事で何度もミスをしてしまう原因はさまざまですが、本記事では主な7つの原因について解説します。

  • 業務経験が少ない
  • 業務内容が自分と合わない
  • 職場環境が合っていない
  • 研修制度が整っていない
  • 相談できる先輩や同僚がいない
  • 仕事へのモチベーションが低い
  • ブラック企業で働いている

現職で仕事を続けるのか、転職をして職場環境を変えるのか判断をする前に、仕事でミスが続く原因を分析しましょう。

業務経験が少ない

業務経験の少なさは、仕事で何度もミスを繰り返してしまう主な原因のひとつです。

業務経験が少ない場合、新しいタスクを担当するときに、不慣れさや知識の不足が生じ、ミスが発生しやすくなります。仕事に慣れてくると、どんな流れで進めればいいのか理解しているので、ミスを減らしながら業務に取り組めます。

業務経験が少なく何度もミスが続いてしまう方は、下記の対策がおすすめです。

  • チームメンバーと協力する
  • 業務プロセスを理解する
  • メンターのサポートを受ける
  • 積極的な学習とスキルを習得する
  • 自己管理と時間管理を徹底する
  • 実践に対してフィードバックを受ける

業務経験が少ない状況では、初めての経験や挑戦に対する不安や緊張がつきものですが、前向きな姿勢と努力によって経験を積み重ねていきましょう。

業務経験が少なく仕事でミスが続いてしまうと、どうしても「辞めたい」「向いていない」と思ってしまいます。

しかし、業務経験が少ない状態でミスをしたときに大切なのは、どんな対策をするのか考えることです。業務経験が少ない状態でミスを繰り返してしまう方は、ミスの原因を分析して対策しましょう。

業務内容が自分と合わない

仕事内容との相性が悪いのも、仕事で何度もミスをする原因のひとつです。自身のスキルや性格、働く環境、仕事内容が合わないと、スムーズに業務を進めることができません

しかし、仕事との相性が悪いからといって何も対策せずに退職してしまうと、転職先で同じ状況を繰り返してしまう場合があります。

仕事との相性が悪い場合は下記のような対策を行いましょう。

  • わからないことを質問する
  • 相性が合わない部分を明確にする
  • 社員やチームとコミュニケーションを取る

上記の対策を行っても相性が悪いと感じる場合は、転職をおすすめします。ただし、転職後に同じ繰り返しをしないためにも、仕事との相性が悪い原因を分析することが必要です。

職場環境が合っていない

職場環境が合っていないのも、仕事で何度もミスをする原因のひとつです。職場環境が合っていないと、ストレスやプレッシャーが高まり、集中力や注意力が低下する可能性があります。

同僚と良好な人間関係を築けなかったり、働き方が自分には合わなかったりすると、ミスが増えてしまいます。

毎日自分に合った環境で仕事をするのと、ストレスを感じながら仕事をするのでは、ミスする確率も変わってきます。

もし職場環境に関する相談を持ち掛けても、聞き入れようとしない場合は、転職を検討しましょう。

研修制度が整っていない

仕事で何度もミスをする原因のひとつとして、研修制度が整っていないことも考えられます

研修制度が整っていない場合、新しい業務に取り組む方は、必要な知識やスキルを身につける機会やサポートが不足している状況になります。このような状況で働いていれば、当然ミスは多くなるでしょう。

研修制度が整っていない状況でミスをしてしまうのは、あなたが原因ではありません。仕事において基礎的な知識を教えていない企業側にも原因があります。

ただし、すべて企業の責任にするのではなく、自分で行動をするのも大切です。仕事でわからないことを自身で調べたり、上司にアドバイスを求めたりすれば、ミスを減らすことができます。

そのため、研修制度が確立していない状態でミスが続くときは、自分の力で行動してみるのも手段のひとつです。

相談できる先輩や同僚がいない

相談できる先輩や同僚がいない状況も、仕事で何度もミスをする原因のひとつです。

適切なサポートやフィードバックを受けることができないと、自身のスキルや知識を向上させることが困難になり、ミスを繰り返してしまう可能性が高まります

相談できる先輩や同僚がいない場合、新人や未経験者は困難な業務に直面したときに、アドバイスをもらうことができます。

しかし、適切なサポートがない場合、新人は一人で問題解決を試みるか、誤った方法で業務に取り組む可能性があるため、結果として何度もミスを繰り返すリスクが高まります。

また、相談できる先輩や同僚がいない状況では、フィードバックや評価を得られないのもミスが続く原因として考えられるでしょう。

このような問題を解決するには、職場でのコミュニケーションと協力の促進が重要です。先輩や同僚とのコミュニケーションを積極的に行い、相談や意見交換をしましょう。

あわせて読みたい
退職した方がいい会社の特徴14選!該当する時の対処方法も解説 今の会社ってやめたほうがいいのかな 現職に不満を感じているが、退職した方がいい会社なのか判断できない といった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。 本記事...

仕事へのモチベーションが低い

仕事で何度もミスをする原因として、仕事へのモチベーションが低い状況もあげられます。仕事でのミスを減らすためには、高いモチベーションを維持する必要があります

仕事へのモチベーションが低下する原因はさまざまです。

たとえば、重要性を感じにくい業務や目標、成果に対する明確なフィードバックがない場合などがあげられます。

他にも、仕事とプライベートのバランスが取れていなかったり、上司や同僚とのコミュニケーションが悪かったりする場合も、モチベーションに悪影響を及ぼす原因です。

小さな成果であっても、達成できるとモチベーションは上がります。仕事へのモチベーションが低い方は、自身の業務を細分化して、自分が達成している業務や成果を振り返ってみましょう。

ブラック企業で働いている

残業や過度な仕事量、人間関係が悪い環境で働いていると、ストレスが溜まりミスが増える傾向にあります。ブラック企業に勤務している状態で、何度もミスをしてしまう場合は、あなたが原因とは限りません。

ブラック企業で働いていると、仕事でミスをするだけでなく、身体や心に深刻な影響を及ぼす可能性があります。最悪の場合、うつ病などの症状により、社会復帰に時間がかかる場合もあるでしょう。

ブラック企業で働いているときに、体調を崩すようであれば、早急に転職を検討するのがおすすめです。

仕事でミスを繰り返す人に共通する5つの特徴

仕事でミスが多く辞めたいと思う方は、ミスを繰り返す人の特徴を知っておくのも重要です。現職を辞めて転職しても、また同じ状況を繰り返す可能性があります。

仕事を辞める前に、ミスを繰り返す人の特徴を把握しておくと、今後の活動に活かせるでしょう。

仕事でミスを繰り返す人に共通する特徴は下記のとおりです。

  • 他責思考が強い人
  • 自己判断だけで取り組む人
  • ミスをした後の切り替えが遅い人
  • 反省だけして活かそうとしない人
  • プライドが高くアドバイスを受け入れない人

他責思考が強い人

他責思考が強い人は、仕事でミスを繰り返す人の特徴の1つです。他責思考が強い人は、ミスの原因や改善策を見つけるのではなく「自分のせいではない」と責任を押し付ける傾向にあります。

仕事でミスを繰り返して辞めたいと思っても、他責思考のままでは転職先で同じ状況になる可能性が高くなります。

仕事でミスを減らすには、自身の失敗に向き合い、原因や改善策を見つけるために自分と向き合うことが重要です。他責思考から自責思考に変われば、現職でも転職先でもうまく活動できる可能性が高くなります。

高橋 宇内氏

仕事でミスをしてしまうと「怒られたくない」という気持ちが強くなり、自分の責任から逃げようとしてしまいがちです。しかし、自責思考で活動しないと成長に繋がらないので、責任と勇気を持って仕事に取り組みましょう。

自己判断だけで取り組む人

自己判断だけで取り組む人も、仕事でミスを繰り返す人の特徴です。自己判断だけで取り組む人は、先輩や同僚の意見、フィードバックを受け入れず、自分のやり方に固執し、1人でタスクに取り組もうとする傾向にあります。

仕事でミスを繰り返してしまうと、企業からの評価は低くなり、転職を試みても好条件で転職しにくくなります。そのため、自己判断だけで取り組む人は、自分の行動を根本的に見直す必要があります。

自己判断だけで取り組む人の傾向を改善するには、下記の方法が効果的です。

  • チームワーク重視する
  • 反省と改善を意識する
  • チームメンバーと積極的なコミュニケーションを取る

自己判断だけで取り組む人がミスを繰り返す原因は、単独での作業や自己主張の強さに起因します。しかし、協力や他者の意見を尊重する姿勢を持ち、努力を行えばミスを減らして成果をあげられるでしょう。

高橋 宇内氏

仕事は決して一人ではできません。1人で進めるのではなく、周りに協力してもらいながら仕事をしましょう。

ミスをした後の切り替えが遅い人

ミスをした後の切り替えが遅い人も、ミスを繰り返す人の特徴です。ミスをして落ち込んだまま仕事をすると、さらに失敗する可能性があります。さらに、ミスが増えていくとモチベーションがどんどん下がり「仕事を辞めたい」と悪循環に陥ります。

ミスをした後の切り替えが遅い人が、いままでの状況を改善するには下記の対策が効果的です。

  • 成功体験を作る
  • 先輩に相談する
  • ミスを受け入れる
  • 感情をコントロールする

上記に加えて、自己啓発のために研修やトレーニングプログラムに参加するのも手段のひとつです。自身のスキルや知識を向上させれば、ミスを減らして仕事に取り組めます。

高橋 宇内氏

ミスをすると落ち込んでしまい、なかなか切り替えられないときもあります。ですが、どんな優秀な先輩でもミスをします。ですので、ミスを繰り返してしまう人は、失敗から何を学ぶかが大切です。

反省だけして活かそうとしない人

反省だけして活かそうとしない人も、仕事でミスを繰り返す人の特徴です。先輩からもらったアドバイスを次に活かそうとしなければ、当然ミスを繰り返す可能性が高くなります

仕事において、反省を活かそうとしない人は、成長が遅く致命的なミスをする可能性もあります。そのため、プライドが高く反省しても活かそうとしない人は、早急に改善することが大切です。

ただ反省をするのではなく、具体的な次のアクションにつなげることで、ミスを減らせるうえに仕事の品質を向上させられます。

高橋 宇内氏

「成長したい」「良い評価をしてもらいたい」と思う方は、ミスに対してアドバイスをもらったら素直に聞き入れることが大事です。あなたの将来のためにも、ミスをしたときは反省して活かすようにしましょう。

プライドが高くアドバイスを受け入れない人

プライドが高くアドバイスを受け入れない人も、仕事でミスを繰り返す人の特徴です。プライドが高い人は、自分のスキルや知識に過度な自信があり、先輩などからの助言や指摘を受け入れない傾向にあります

プライドを高く持ってしまうと、成長できるチャンスを逃し、企業からの評価が低くなります。一方、成長し高評価される方は、アドバイスや指摘を素直に聞き入れ、貪欲に行動します。

高橋 宇内氏

プライドが高い方は負けず嫌いな性格である傾向があります。その負けず嫌いな気持ちと謙虚な姿勢を持てば、正しい方向性で成長できます。ミスを無くし高評価を得るためにも、ひたむきに努力しましょう。

仕事でミスが続いて辞めたくなったときの対処法6

仕事でミスが続いて辞めたいと思ったときは、下記の対処法がおすすめです。

  • ミスが多くなる原因を探る
  • 疑問点や不明点を明確にする
  • 休暇を作る
  • 異動願をする
  • 転職を検討する
  • 転職エージェントに相談する

仕事でミスが続いて辞めたいと思った際、転職以外にも効果的な手段があります。

上記の対処法について詳しく解説するので、転職以外の方法も気になる方は、ぜひ参考にしてください。

ミスが多くなる原因を探る

ミスが多くなる原因を探るのも、仕事でミスが続いて辞めたいと思ったときの対処法です。

ミスが続く原因を特定し、それに対する適切な対処策を見つけられれば、仕事の満足度や成果を向上させられます

ミスが多くなる原因を探るには下記の方法が効果的です。

  • ミスのパターンを分析する
  • スキルや知識不足を確認する
  • ストレスや疲労の影響を考える
  • コミュニケーションの問題を確認する

仕事でミスが続いて辞めたいと思っても、転職して同じことを繰り返しては意味がありません。また、自分だけで解決できない場合は、上司や同僚に相談し、解決策のアドバイスをもらうことも必要になるでしょう。

疑問点や不明点を明確にする

疑問点や不明点を明確にするのも、仕事でミスが続いて辞めたいと思ったときの対処法です。

不明な部分があるまま作業を進めると、ミスが生じたり、自信を失ったりする可能性が高まります。そのため、仕事をするうえで疑問点や不明点を明確にすることは重要です。

自身に対して率直に「この部分は理解できているか?」「この作業に関して不安や疑問はないか?」と問いかけて、分からない部分は周りに聞くようにしましょう。

ただ疑問点を聞くのではなく、分からない部分や目的まで伝えると、同僚も対応しやすいはずです。

休暇を作る

仕事でミスが続いて辞めたいと思ったときは、休暇を作るのも対処法のひとつです。

現職を辞めるほどではないけれど、ミスが増えてつらいと感じたときは、休暇を取りましょう。ミスを引きずった状態で働いても、同じ状況になる可能性があるので、ゆっくり休んでから再開するのも手段のひとつです。

仕事でのミスが増えて、ネガティブな状態で働いても、さらにミスが増え悪循環に陥る可能性もあるので、無理をせず休むことも大切です。

異動願を出す

自身が所属する部署から別の部署に異動するのも対策の1つです。いまの職場は好きだけど、仕事内容が合わずミスをしている可能性もあります。

まず、新しい部署や職務に異動すると、今までとは異なる刺激やチャレンジがあり、気持ちが切り替えやすくモチベーションを取り戻すことが可能です。

異動によって違った業務やスキルを身に付ける機会が得られるのもメリットです。現在の業務でミスが続く場合は、別の仕事に挑戦すれば、ミスが減り業務に集中できる可能性もあります。

転職を検討する

転職を検討するのも、仕事でミスが続いて辞めたいと思ったときの対処法です。新たな仕事や環境で再スタートを切ることで、モチベーションの回復や成長の機会を得られます

ただし、転職をする場合は、仕事でミスが多くなる原因と転職する理由を明確にしましょう。

ミスが多いから仕事を変えたいと転職活動を始めたとしても、転職先が見つからない可能性があります。

転職を成功させるためにも、なぜ失敗を繰り返してしまうのか自己分析しましょう。

転職エージェントに相談する

転職エージェントに相談するのも、仕事でミスが続いて辞めたいと思ったときの対処法です。

第三者の視点からアドバイスを受けると、自分の状況や選択肢を客観的に見つめ直し、より良い方向に進められます

転職エージェントは、あなたのスキルや経験に基づいて、今の会社が向いているのか、それとも新たな職場で働いたほうがいいのかアドバイスしてくれます。

ただし、経験豊富な転職エージェントを選ぶ必要があります。適当なアドバイスをするような人の場合、誤った選択をする可能性があるからです。信頼できる転職エージェントについては、本記事の後半で紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

仕事で決して行ってはいけないミス

小さなミスから周りへの迷惑をかけるミスなど影響度は様々です。

そんななか以下の2点のミスをしてしまうと、会社として信用を失いかねないので、気をつけましょう。

  • 嘘で信用を失うミス
  • 事故に関わるミス

嘘で信用を失うミス

嘘で信用を失うミスは、決して行ってはいけません。

仕事において、信頼と信用は重要な要素です。仕事上のミスで嘘をつくと、他人との信頼関係を崩し、自身の信用を失う可能性があります

たとえば、顧客やクライアントに対して製品やサービスの性能や効果を誇張したり、実績や経験を偽ったりする行為は、長期的な信頼関係の構築を阻害し、顧客の離反や法的な問題につながる可能性があります。

ミスが続いて怒られると思ってしまうと逃げたくなりますが、嘘をつく方が最悪の結果に繋がります。なので、ミスをしたときは正直に伝えるようにしましょう。

事故に関わるミス

事故に関わるミスも、決して行ってはいけません。

仕事において、安全とリスク管理も重要な要素です。事故に関わるミスは、人々の安全や財産に深刻な損害を与える可能性があるため、絶対に行ってはいけないミスと言えます

事故に関わるミスは、業種や職種によってさまざまな形で現れます。たとえば、建設現場での安全対策を怠り、作業員がケガをするような状況が発生する場合や、製造工程で品質管理を怠り、不良品が出荷される場合などがあげられます。

事故に関わるミスは、個人の安全や健康だけでなく、会社や組織全体にも大きな影響を及ぼします。事故による負傷や損害は、労働力の減少や医療費の増加、法的な問題、信頼の喪失などを引き起こす可能性があります。

命に関わる仕事をするときは、最善の注意を払って、事故を起こさないようにしましょう。

仕事でミスが続いてやめるべきか判断する4つの基準

仕事でミスが続いて辞めたいと思っても、本当に退職しても大丈夫か不安になる方も多いのではないでしょうか。

そこでここからは、辞めるべきか判断するための下記4つの基準を解説します。

  • 体調が悪くなるか
  • 自分に非があるか
  • 業務内容や職場環境が合っているか
  • 現職を継続したい意思があるか

仕事でミスが続いて辞めたいけれど、判断に不安がある方は、ぜひ参考にしてください。

体調が悪くなるか

体調が悪くなるのは、仕事でミスが続いて辞めたいと思う時の判断基準です。仕事でミスが続くと、ストレスやプレッシャーが体調に悪影響を与えることがあります

体調が悪化する場合、仕事を続けると負担が増え、パフォーマンスや品質にも悪影響を及ぼす可能性があるので、下記の基準を考慮して判断するのが重要です。

  • 症状の深刻さと持続性
  • 医師の診断
  • 職場の労働環境

仕事でミスが続いている場合、体調の悪化は重要な判断基準ですが、他の要素も総合的に考慮するのが重要です。

高橋 宇内氏

身体は仕事だけでなく、何をするにしても第一に優先すべきです。仕事でミスが続き体調不良になる場合は、早急に退職を検討しましょう。

自分に非があるか

仕事でミスが続いて辞めたいと思う判断基準のひとつとして、自分に非があるかどうかもあげられます。仕事でミスをした際、自分に非があるか客観的に判断する必要があります。

自己反省をするときは、ミスを続ける原因となる行動パターンやスキル・知識不足などを見つめ直しましょう。

仕事でミスが続いて辞めたいと思っても、自分に非があって改善しようとしなければ、転職後に同じ繰り返しをする可能性が高まります

高橋 宇内氏

自分が原因でミスばかりをしている場合は、まず改善して課題をクリアさせることが大切です。その経験があれば、転職先でも活躍できる可能性が高くなるでしょう。

業務内容や職場環境が合っているか

業務内容や職場環境が合っているか否かも、仕事でミスが続いて辞めたいと思うかの判断基準です。

自分が担当している業務に興味を持てているか、モチベーションを保ちながら取り組めているかを見極めます。仕事がスキルや経験を活かし、成長できる場であるかどうかも重要です。

また働くうえで職場の雰囲気や人間関係が合っているかどうかも重要です。もし職場環境が原因で、ストレスや不満を引き起こしている場合は、職場の改善を求めるか、転職の検討をおすすめします。

高橋 宇内氏

自分に合わない環境で働き続けると、ストレスを常に抱えた状態になるので、ミスは増えやすくなります。仕事が「楽しい」と思って働くためにも、職場環境や仕事内容は重要視して考えましょう。

現職を継続したい意思があるか

仕事でミスが続いて辞めるべきか判断する際、とくに重要なのが現職を継続したい意思があるか否かです。

仕事でミスが続き困難な状況に直面しても、まだ現職を続けたいという強い意思を持っているのであれば、問題解決に向けて積極的に取り組めます。一方、仕事でミスが続いて、これ以上同じ環境で働きたくないと思うのであれば、退職を検討します。

仕事でミスが続いて辞めるべきかどうかを判断するときは、現職で働き続けたいのか確認することが重要です。

高橋 宇内氏

仕事はこれから何年、何十年と働く場です。「やりがい」を感じながら働くためにも、いまの環境で仕事をしたいか明確な意思を持って判断するようにしましょう。

ミスばかりで辞めにくい方は退職代行サービスを利用しよう

本章では仕事でミスが多く会社を辞めたい人におすすめの退職代行サービスを3社紹介します。

退職代行サービスは、出社せずに退職できるため、嫌な上司がいるから出社したくない人におすすめのサービスです。

退職代行Jobs

退職代行jobs

  • 特徴① 顧問弁護士監修の退職代行サービス
  • 特徴② 労働組合と提携
  • 特徴③ 即日退職も可能

「退職代行Jobs」は、会社と直接やり取りしなくても退職できる退職代行サービスです。

 

弁護士が業務監修し、労働組合と連携しているため、違法性やトラブルの心配はありません。

 

手続きは最短30分で完了し、24時間対応で即日退職も可能です。有給休暇の申請や転職サポートも無料で利用することができます。

 

まずは会社を辞めたいけれど、いずれは転職したい方におすすめの退職代行サービスです。

 

サービス名 退職代行Jobs
運営会社 株式会社アレス
おすすめポイント
  • 弁護士監修のため安心して利用できる
  • 現金後払いや返金保証が充実
  • 無料カウンセリングを利用できる
対応地域
全国
公式サイト

 

退職代行辞めるんです

辞めるんです

  • 特徴① 退職後の支払いでもOK
  • 特徴② 24時間365日LINEで相談できる
  • 特徴③ 雇用形態関係なく利用可能

「退職代行辞めるんです」は、退職したいけれど会社とのやり取りが面倒な人におすすめのサービスです。

弁護士監修のもと、LINEで簡単に相談・申込みができます。

 

料金は一律27,000円で、追加費用は一切かかりません。しかも、業界初の後払い制なので、退職成功後に安心して支払うことができます。

 

退職代行の実績は7,000件以上を誇ります。また正社員・アルバイト・パートなどの雇用形態に関係なく対応可能で、全国どこでも利用できます。

 

有給消化や未払い賃金の交渉も行ってくれるので、安心して任せることができます。

 

サービス名 退職代行辞めるんです
運営会社 LENIS Entertainment株式会社
おすすめポイント
  • 労働組合と提携している
  • 会社と直接連絡することなく退職できる
  • 有給消化や未払い賃金の交渉をしてくれる
対応地域
全国
公式サイト

 

退職代行ガーディアン

ガーディアン

  • 特徴① 顧問弁護士監修の退職代行サービス
  • 特徴② 追加料金一切なし
  • 特徴③ 即日退職可能・出社せず退職可能

「退職代行ガーディアン」は、東京労働経済組合が運営する退職代行サービスです。

 

LINEや電話で簡単に相談でき、即日から出社しなくても退職できます。料金は一律29,800円(税込)で、追加料金はかかりません。

 

合同労働組合が代理人として交渉してくれるので、安心・確実に退職できます。

 

退職が言い出しにくい方や精神的につらい方におすすめです。

 

サービス名 退職代行ガーディアン
運営会社 東京労働経済組合
おすすめポイント
  • 会社や上司と連絡せずに退職可能
  • 有給消化・残業代の請求も代行
  • 電話・LINEで退職まで完結
対応地域
全国
公式サイト

 

「仕事のミスが多くて辞めたい」人によくある質問

仕事でミスが増えて辞めたいは甘えですか?

甘えではありません
ただし、仕事でのミスを解決しようとせず逃げ続けるのは、よくありません。仕事のミスと向き合ったうえで辞めるのは問題ないでしょう。

仕事のミスが多いときの切り替え方法はありますか?

将来の目標を思い出すことです
自分は今何のために仕事をしているのか、そのためには何をする必要があるのか思い出して仕事をすると、モチベーションは上がりやすくなります。

仕事でミスが続いて辞めたいけど転職はできますか?

できます
ただし、転職するには準備が必要です。履歴書や職務経歴書、面接対策など、事前に必要な準備は多くなります。

まとめ|仕事でミスが多くても辞めるのは甘えではない!

仕事でミスが続いて辞めたいと思っても、決して甘えではありません。働く場は、自分自身で決められるので、苦しいと思って仕事をするのではなく「楽しい」「やりがいがある」と感じる職場選びが必要です。

ただし、転職後ミスマッチを避けるためには、辞める前に原因分析をきちんと行う必要があります。志望する企業に転職し、同じ繰り返しをしないためにも、努力を怠らないようにしましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。