飲食店をやめたい人が多い理由5つ|別業種へ転職するコツや注意点を徹底解説

CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

  • X
  • facebook
  • LINE
  • linkedin
  • URLcopy
   
本記事は、転職エージェント公式サービス(リクルート・マイナビ・ビズリーチ等)の広告リンクを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

飲食店以外の仕事に転職するコツは?
飲食店を辞めたい人が多い理由は?

上記のような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?

結論、飲食店は労働時間が長く、その割に給料が見合わないといった理由で、辞めたい人が多いようです。

飲食店を辞めてからは別業種に転職したいと思う方も多いようですが、ただ「飲食店が嫌だったから」だけでは転職を成功させることはできないでしょう。

そこで本記事では、飲食店を辞めたい人が多い理由を紹介したうえで、飲食店以外の仕事に転職するコツや注意点などについて解説します。

「飲食店がきつくて転職したい」と思っている方は、ぜひご一読ください。

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

目次

飲食店を辞めたい人が多い理由5つと実態

飲食店を辞めたい人が多い理由は、主に以下の5つです。

  • 労働時間が長い
  • 人手不足が横行している
  • 自由に休みが取れない
  • 労働量に給料がみあっていない
  • 人間関係がよくない

重労働で過酷な職場に長く勤務していると、精神的な負担が重くなり、過労死や自殺するまでに発展してしまいかねません。

以下5つの理由とその実態について理解し、ぜひ転職活動の参考にしてみてください。

1.労働時間が長い

1つ目の理由は、労働時間が長いことです。

飲食店の正社員であれば、営業時間外におこなう仕込みや店内清掃などの業務もおこなうため、1日10時間以上働くことが常態化していることもあります。

そのような環境下では、自分一人でやるべきことが多いため営業時間外でもどうにか終わらせざるを得ず、毎日残業することになってしまうでしょう。実際に、とある企業の調査では以下のような調査結果が出ています。

順位項目人数
1位勤務時間への不満53
2位収入を増やしたい43
3位他の仕事がしたい42
引用元:株式会社ビズヒッツ「飲食業界からの転職に関するアンケート調査

このように、勤務時間への不満から飲食店を辞める人が最も多いことがわかります。労働時間が長いと、自分の自由な時間や家庭がある方にとっては大切な家族との時間が減ってしまいます。

また、満足に休息をとることが難しくなってしまうため、体調に支障を来してしまう方もいるでしょう。

2.人手不足が横行している

2つ目の理由は、人手不足が横行していることです。

飲食店の正社員は、長時間労働が原因で辞める人が非常に多く、慢性的な人手不足に陥っています。

特にアルバイトの学生などが、急に辞めてしまうような場合には、辞めてしまった人員の分まで自分がどうにか仕事をしなければならないケースもあるでしょう。

そのような状況になると、長時間労働や休みなく働くことを強いられてしまうため、精神的な負担が重くなってしまいます。

人手不足が横行していることで、満足に休みが取れないため、飲食店を辞める人が多いのです。

3.自由に休みが取れない

3つ目の理由は、自由に休みが取れないことです。

先述したとおり、飲食店では長時間労働や人手不足が横行しているため、休みをとることが難しい傾向があります。

実際に、厚生労働省が調査した「有給休暇消化率」では、以下のような結果となっています。

順位(ワースト)企業規模・産業労働者1人
有給平均取得率
1位宿泊業,飲食サービス業44.3%
2位卸売業,小売業49.5%
3位教育,学習支援業50.1%
引用元:令和4年度厚生労働省「労働者1人平均年次有給休暇の取得状況

調査を見ると、飲食サービス業が44.3%と圧倒的に有給休暇の消化率が悪いことがわかります。

自由に休みが取れなければ、休日にプライベートの予定を入れることができないため、ワークライフバランスが保ちづらいでしょう。

4.労働量に給料がみあっていない

4つ目の理由は、労働量に給料がみあっていないからです。

飲食店は労働時間が長いため、中には「給料は良いのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかし、現状では労働時間と給料の高さが見合っていない状態です。

実際に、2021年9月〜2022年8月の1年間にdodaサービスに登録した約56万人の平均年収は以下のとおりです。

順位(ワースト)業種分類平均年収
1位小売/外食351万円
2位サービス366万円
3位メディカル400万円
引用元:doda「平均年収ランキング(業種別の平均年収/生涯賃金)

日本の平均年収が443万円(※)となるため、平均年収より100万円近く低いことがわかります。

このように、労働量と給料が見合ってないため、辞めると決断する人が多いのです。

(※)参照:国税庁「令和3年度民間給与実態統計調査

5.人間関係がよくない

5つ目の理由は、人間関係がよくないことです。

飲食店は、基本的に一つの店舗内という閉鎖されている空間でおよそ固定のメンバーで仕事をおこなうため、人の密度が高い傾向があります。そのため、従業員との距離が物理的に近く、人間関係のトラブルが起こりやすいようです。

特に労働時間が長かったり激務だったりする中で仕事をおこなうため、ピリピリしている人も中にはいます。

そのような状況の中で働くとなれば、どこか働きづらさを感じるようになり、辞めたいと思うようになる方もいるものでしょう。

人間関係がよくないのも、飲食店を辞めたいといわれる要因となっているようです。

リクルートエージェント

飲食店を辞めてから転職を成功させる3つステップ|正社員・バイト別に解説

飲食店を辞めてから転職を成功させるには、主に以下3つのステップが必要です。

  • 転職理由はあらかじめ明確にする
  • 自分が興味ある仕事を見つける
  • 知人や友人に相談する

転職理由は、正社員とバイトで若干異なるため、自分が置かれている立場を考慮したうえで転職する必要があるでしょう。

以下3つの内容をぜひ参考にしてみてください。

転職理由はあらかじめ明確にする

まずは、転職理由をあらかじめ明確にしておくことです。

正社員の場合、長く働き続けて生計を立てる必要があるため、ただ「労働環境が悪かったから」だけでは転職先でも同じことを繰り返してしまう恐れがあります。

「今後自分はどんなキャリアを過ごしていきたいのか」「自分の強みをどう生かせられるか」などを考慮したうえでの転職活動が必要です。

一方、アルバイトの場合は正社員ほど重く捉える必要はありませんが、学生だからといって手を抜いてはいけません。

「学生時代に頑張ってきたことをどうアルバイト生活に活かせるのか」「今のアルバイト先での立場」などを踏まえたうえで転職活動をすると、次のバイト先も決まりやすいでしょう。

自分が興味ある仕事を見つける

自分が興味ある仕事を見つけることも、飲食店を辞めてから転職を成功させるコツです。

これまで飲食店でしか働いたことない方にありがちなのが、「特別高いスキルがないから飲食店以外の仕事に就けない」と思ってしまうことです。

そのような状態が続けば、いつまで経っても今の厳しい労働環境から抜け出すことができません。

正社員・アルバイト関係なく自分が興味ある仕事を見つけることができれば、その仕事に就けるようになるために、業界知識やスキルの取得などに時間を使うようになります。

特に正社員として転職するのであれば、知識やスキルを高めることで、たとえ未経験の職種だとしても「向上心」や「基礎知識がある」ことを評価されます。結果的に、内定を獲得できる確率を高められるでしょう。

もし、飲食店以外の仕事についてあまり知らなければ、どんな仕事があるのか調べて興味がある仕事を見つけるのがおすすめです。

知人や友人に相談する

飲食店を辞めてから転職を成功させるためには、知人や友人に相談することも大切です。

知人や友人の中には、転職を経験している方も一定数いるでしょう。そのような方に相談することで、実体験を元にアドバイスをくれるため、転職活動をするうえで参考となる情報を得られるようになります。

特に飲食店で働いていて別業種に転職した知人や友人がいれば、似たような境遇を経験しているため、的確なアドバイスをもらいやすいです。

まずは、身近にいる知人や友人に思い切って相談してみるのもありでしょう。

飲食店を辞めたい人におすすめする転職先の職種・業種5つ

飲食店を辞めたい人におすすめする転職先の職種や業種は、主に以下5つです。

  • 事務職
  • 営業職
  • 食品業界
  • IT職
  • 公務員

各職種や業種について理解しておけば、自分に最適な仕事を見つけやすくなり、飲食店から転職しやすくなるでしょう。

以下5つの内容をぜひ参考にしてみてください。

事務職

まずおすすめできる職種は、事務職です。

事務職は、土日祝日が休みで接客する機会が多くないため、精神的な負担は飲食店よりも軽減できます。

特に事務職は派遣社員も雇用する傾向にあるため、未経験からでもチャレンジしやすい職種です。

休日の少なさや業務量の多さなどに不安を感じている方におすすめできるでしょう。

営業職

営業職も、飲食店を辞めたい人が転職するのにはおすすめです。

お客様に商品やサービスを提案し、販売する営業職は、専門性の高い資格やスキルなどが必要ないため、未経験でもチャレンジしやすいです。

また、どの会社にも営業職は必要のため、求人数も多く転職しやすい傾向があります。コミュニケーション能力が必要となりますが、飲食店ではお客様と話すこともあるため、これまでのキャリアを十分に活かせる職種です。

「人と話す仕事に就きたい」と思っている方は、営業職への転職をおすすめします。

食品業界

食品業界への転職も、飲食店を辞めたい人におすすめです。

現場で身につけた知識や経験が活かせる職種ですから、自分の強みを最大限に発揮することができます。

また、食品業界といってもさまざまな仕事があります。土日祝日を確実に休みたい場合は、食品メーカーやファミリーレストランの企画などといった事務職、食製造に関わりたい場合は食品工場への転職がおすすめです。

「自分のこれまでのキャリアを活かしたい」という方は、食品業界への転職を検討してみると良いでしょう。

IT職

飲食店を辞めたい人が転職する職種として、IT職もおすすめです。

IT業界は、将来性があるといわれており、今後需要が上がっていく業界でもあります。

年々拡大を続けているIT市場ですが、人手がまだまだ不足しているということもあり、2030年には最大79万人のIT人材が不足するといわれています。

そのため、専門的な知識やスキルを身につければ自分の価値を高められ、貴重な存在となれるでしょう。

自分の価値を高められると活躍できる幅を広げることができ、その分給料も高くなるため、年収アップの転職をしやすくなります。

「年収アップの転職を実現させたい」という方は、需要が高いIT業界への転職を検討するのもおすすめです。

公務員

公務員も飲食店を辞めたい人が転職する職種として、おすすめできます。

公務員は、市区町村の職員や警察官・消防官などが挙げられます。飲食店で働いていると、店の売上によって給料が減ったりボーナスがカットされたりしますが、公務員の場合は安定した給料をもらうことができます。

さらにボーナスも満額出るため、基本的にお金に困ることがありません。

「安定した仕事に就きたい」「ボーナスをしっかりともらいたい」と思っている方は、公務員への転職をおすすめします。

飲食業界の人が退職するときの注意点3つ

飲食業界の人が退職する場合は、主に以下3つの注意点を意識する必要があります。

  • 退職の実現に過剰な時間がかかる
  • 執拗な引き留めに合う
  • 退職の申し入れを棄却される

あらかじめ注意点を把握すれば、退職する際にスムーズに辞められるでしょう。以下3つの内容をぜひ参考にしてみてください。

退職の実現に過剰な時間がかかる

まずは、退職の実現に過剰な時間がかかることです。

基本的に、退職する場合は退職日の2週間前に店長に申し出れば問題ありません。

実際に、民法627条には以下のとおりに明記されています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:e-Gov法令検索

しかし、中には退職するのに2週間以上かけて退職する方もいます。退職するのに時間をかけてしまうと、なかなか言い出すタイミングを見つけられず、激務を強いられる可能性もあるでしょう。

退職日を決めたらスパッと2週間で退職できるように申し出ましょう。

執拗な引き留めに合う

店長や先輩から執拗な引き留めに合う可能性があることも注意が必要です。

飲食業界は人手不足が横行しており、企業によっては部下の社員が辞めた場合に上司が怒られるということもあります。

そのため、上司としては部下を絶対に辞めさせたくないという思いがあり、「なんとかするから」と信用できない話しを用いてあなたを説得させようとするのです。

説得されて退職を踏みとどまったとしても、現状は何も変わることがないため、執拗な引き留めに合った場合は、自分の意思を強くもち、退職する旨を伝えましょう。

どうしても、自分の力で退職を取り付けることが難しい場合は退職代行サービスを利用するというのも一つの手です。

退職の申し入れを棄却される

退職の申し入れをしても、会社側から棄却される可能性があることも注意が必要です。

労働者には「退職の自由」が行使されるため、原則会社の都合で退職の申し入れを棄却されることはありません。

ただし、退職に関する規定は民法で定められているため、労働者は勝手に退職することはできなくなっています。

先述したとおり、退職を伝えるのは退職日の2週間前にしておく必要があります。もし退職の申し入れを棄却された場合は、弁護士や労働組合などに相談すると良いでしょう。

SUUMO

飲食の人がスムーズに退職する対策法

飲食の人がスムーズに退職する対策法は、主に以下3つです。

  • 2週間前に「退職届」を送る
  • 次の転職先を決めておく
  • 退職代行サービスを利用する

スムーズに退職できれば、余計なストレスを抱えずに次の職場で頑張ることができるでしょう。

ぜひ以下3つの内容を参考にしてみてください。

2週間前に「退職届」を送る

スムーズに退職する方法として、2週間前に「退職届」を送ることが重要です。

先述したとおり、2週間前には退職の申し出をおこなう必要がありますが、正直2週間では後任の人員補充や引き継ぎの期間を十分に確保することができません。

一般的には、退職する1ヵ月前に伝えることが無難です。1ヵ月前に伝えておけば、余裕を持って退職の準備や引き継ぎ業務がおこなえます。

1ヵ月前に退職の申し出をすれば、余裕持って「退職届」を2週間前に送れるようになるでしょう。

次の転職先を決めておく

次の転職先を決めておくのも、スムーズに退職する方法の一つです。

転職先が決まっていない状態で、転職をおこなうとなれば、「この先どうしよう」といった精神的な負担がかかります。

ただでさえ厳しい労働環境に身を置いているのに、精神的な負担がのしかかるとなれば、ストレスを抱えてしまい、健康問題に発展する恐れもあるでしょう。

精神的負担を少しでも軽減させたい方は、次の転職先を決めておくと良いです。

退職代行サービスを利用する

スムーズに退職する場合は、退職代行サービスを利用するのもひとつの手法です。

円満に退職できるのであれば、退職代行サービスを利用する必要がありませんが、退職を拒否されるようなことがあればなかなか退職できません。

そんな時に使えるのが退職サービスです。退職サービスは、自分の代わりに退職する旨を会社に伝えてくれ、どんなに退職を拒否されたとしてもスムーズに辞めることができます。

自分で会社に直接行って退職手続きをすることもないため、確実に辞められるでしょう。

ただし、法律に触れる退職代行サービスや評判のよくないサービスもあるため、どのサービスを利用するかは注意が必要です。

飲食店を辞めたい人が登録するべき転職エージェント5選

最後に、飲食店を辞めたい人が登録するべき転職エージェント5つをご紹介します。

→機種によってスライドします。

エージェント名求人数対応エリア主な特徴
リクルートエージェント
リクルートエージェント
約76万件全国・求人数が業界でもトップレベル
・面接対策に力を入れている
マイナビエージェント
マイナビエージェント
約8万件全国・面接対策や書類添削などのサポート体制が充実
doda
doda
約25万件全国・転職市場に精通した専門スタッフが多数在籍
・サイト内で企業情報などを確認できる
dodax
dodaX
約4万件全国・業界の事情に精通したヘッドハンターが多数在籍
・スカウトサービスが充実
type転職エージェント
type転職エージェント
約2.8万件東京
神奈川
埼玉
千葉
・無料の転職相談会
・セミナーを毎週開催
2023年10月時点

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェント
求人数約76万件
対応エリア全国
主な特徴・求人数が業界で最大規模
・各業界に精通したキャリアアドバイザー在籍

リクルートエージェントは、求人数約76万件(2023年10月時点)を誇る大手転職エージェントです。

業界でもトップクラスの求人数を保有しているため、営業職やIT職など、飲食店以外の求人も多く取り扱っています。

リクルートエージェントでは、職務経歴書を簡単に作ることができる「職務経歴書エディター」が利用できる点が魅力です。

職務経歴書の書き方のテンプレートがあるため、その書き方に沿って記入すれば伝えたい情報やアピールポイントなどを漏らさず書けるようになるでしょう。

さらに、面接の通過率を向上させる「面接力向上セミナー」も定期的に開催しているため、本番の面接試験を想定した対策ができます。

「書類作成や面接試験が不安」「豊富な求人数から自分に合う職種を見つけたい」といった方は、リクルートエージェントをおすすめします。

リクルートエージェント

2位 マイナビエージェント

マイナビエージェント
求人数約8万件
対応エリア全国
主な特徴・幅広い業界
・職種の求人を取り扱いあり
・面接対策が充実

マイナビエージェントは、約8万件(2023年10月時点)の求人数を誇る若年層向けの大手総合型転職エージェントです。

在籍するキャリアアドバイザーは業界ごとの専任制のため、飲食店以外の職種について詳しいキャリアアドバイザーが多く在籍しています。

マイナビエージェントは、「無期限」で転職支援を受けられる点が大きな特徴です。転職支援の期間を設けている転職エージェントが多い中、マイナビエージェントでは期間の縛りがありません。

そのため、自分のペースで転職活動ができるでしょう。

「自分のペースで転職活動を行いたい」「営業以外の職種の転職事情について詳しく知りたい」と思う方は、マイナビエージェントに登録するのをおすすめします。

3位 doda

doda
求人数約25万件
対応エリア全国
主な特徴・幅広い業界
・職種の求人を取り扱いあり
・面接対策が充実

dodaは、約25万件(2023年10月時点)の求人数を誇る大手転職エージェントです。

保有している求人の中には、飲食店以外の職種も多数取り扱っているため、さまざまな職種の求人から自分に最適な職業を見つけることができます。

また、在籍しているキャリアアドバイザーは、各業界や職種の転職市場に詳しい方がほとんどのため、未経験職への挑戦もしっかりとサポートしてもらえます。

そんなdodaエージェントでは、サイト内で企業情報などを確認できます。業務内容や会社情報はもちろん、年収や業績などが見られるため、自分に合った企業の選定がしやすいです。

「企業情報を詳しく見てから企業選定をおこないたい」と思う方は、dodaエージェントの登録をおすすめします。

4位 dodaX

dodaX
求人数約4万件
対応エリア全国
主な特徴・ハイクラス向けの求人あり
・スカウトサービスが充実

doda Xは、ハイクラス向けの求人を取り扱っている転職エージェントです。

年収600万円以上の求人を多数取り扱っており、業績の良いベンチャー企業や外資系企業など、高年収が期待できる求人が豊富です。

飲食店を辞めて年収アップできる転職を実現させたい方にはおすすめです。

doda Xでは、ヘッドハンターがさまざまな専門領域を持っており、各業界の事情に精通しています。

転職したい先の業界に関する情報やその企業の内部事情などを詳しく教えてもらえるため、ミスマッチを防げるようになるでしょう。

自分にあった方法で転職活動を進めていければ、優良な企業と巡り会えるチャンスが広がるため、ぜひ参考にしてみてください。

5位 type転職エージェント

type転職エージェント
求人数約2.9万件
対応エリア東京・神奈川・埼玉・千葉
主な特徴・IT業界
・営業職の求人数が多い

type転職エージェントは、求人数約2.9万件(2023年10月時点)を誇る関東圏内の企業に特化した転職エージェントです。

特に一都三県の企業には強く、事務職や営業職、エンジニア職など多くの業界・職種の求人を保有しています。

type転職エージェントでは、無料の転職相談会・セミナーを毎週開催しており、履歴書や職務経歴書の書き方や面接対策のやり方などを学べます。

転職活動に不安を覚えている方も安心して取り組むことができる体制が整っているため、転職に対する不安を軽減できるでしょう。

さらに、type転職エージェントはカウンセリングのレベルが高いことに定評があります。転職希望者のキャリアプランや転職理由などを入念に聞き出し、ヒアリング結果を踏まえたうえで最適な求人を紹介してもらえます。

少しでも転職に対する不安がある場合は、type転職エージェントがおすすめです。

まとめ

本記事では、飲食店を辞めたい人が多い理由をご紹介し、飲食店以外の仕事に転職するコツや注意点などについて解説しました。

労働時間が長かったり休みが少なかったりなどが飲食店を辞める理由に多いですが、精神的な負担を重くしすぎては働いている意味がありません。

もし、飲食店以外に転職したいのであれば、転職理由を明確にしておき、次の転職先を見つけてから退職するようにしましょう。

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。