栄養士が仕事を辛いと感じる理由とは|辞めたいと感じた時の対処法も解説

栄養士
           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

栄養士や管理栄養士になるには専門の学校での勉強や国家資格の取得が求められ、多くの努力が必要です。

一方で、念願叶って栄養士になった方の中には「仕事が辛い」「辞めたい」と考えている人もいるかもしれません。

まずは栄養士がどのような場面で「辛い」「辞めたい」と感じるのか、そしてその対処法を解説します。さらに、環境を変えたいと感じたときに役立つサービスも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1分で無料登録!
栄養士におすすめの転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

栄養士人材バンク

栄養士人材バンク

4.8
非公開求人
多数
スカウト
なし
【高マッチング率】国内最大級の栄養士専門エージェント。病院・クリニック・保育園・老健など、あなたの希望に合った求人を、専任パートナーがご紹介。

クックビズ

クックビズ

4.5
公開求人数
約3万件
スカウト
あり
【求人数トップクラス】飲食・食産業特化エージェント。高収入・地方やリゾートなどの特集も。飲食業界での転職を考えているなら間違いなくココ!

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー

4.3
公開求人数
約1万件
スカウト
なし
【理想の働きかたが明確な方向け】好条件求人が魅力。面接対策や給与の条件交渉までアドバイザーがサポート。登録者限定公開の内部情報も多数。

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士

4.0
非公開求人
多数
スカウト
あり
【未経験・初心者OKの求人あり】年間4,000件の事業所・病院訪問や数千人の派遣稼働者からのリアルな職場の情報もチェック!

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ

3.8
公開求人数
約1.1万件
スカウト
あり
【資格をお持ちの方向け】業界専門のコンサルタントが徹底的にサポート。年収・福利厚生・職場の雰囲気など、気兼ねなく相談OK◎
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

栄養士人材バンク

栄養士人材バンク

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

クックビズ

クックビズ

4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー

4.3
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ

3.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年3月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

栄養士人材バンク

栄養士人材バンク

4.8
口コミを読む
・キャリアパートナーが栄養士のことを理解してくださり、LINEでも気軽に相談ができました。
・有効な求人を随時更新している印象です。

クックビズ

クックビズ

4.5
口コミを読む
・将来独立を目指し、裁量の大きなレストランに内定。売上増に貢献しながら経験を積めています。
・アドバイザーさんからは、自分にぴったりの成長企業を紹介してもらえました。

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー

4.3
口コミを読む
・非公開求人が多くて全体的にキャリアアップにつながる求人が充実していました。
・求人数がそこまで多くないのかな?という印象でした。都会で求人を探すならいいかもしれないです。

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士

4.0
口コミを読む
・大量調理の厨房勤務から病院院内での事務処理中心の勤務まで、いろいろな職種の求人が多かったです。
・アドバイザーの方は業界の知識が豊富だったので、細かな事まで相談できました。

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ

3.8
口コミを読む
・病院やクリニックなどの求人が中心でした。企業や施設での仕事に興味がある場合は、求人情報が少ないと感じてしまうかもしれません。
・担当の方は親身な対応でもやはり地方だと求人が少なかったです。
2024年3月時点

関連記事:栄養士におすすめの転職サイト比較ランキング|キャリアアップできる転職先も紹介

目次

栄養士が仕事を辛いと感じる理由とは

栄養士の仕事は非常に専門的であり、多岐にわたるタスクが求められるため、様々な要因で仕事のストレスや不満を感じることがあります。

以下に、多くの栄養士が感じる辛さの原因と、それに関連する具体的な事例を述べていきます。

【理由1】タスクが多く、常に時間に追われているのが辛い

栄養士の主な業務は、病棟の献立の作成や栄養指導、食材の管理など多岐にわたります。

職場によっては調理にも携わる場合もあり、常に時間に追われている感覚に陥ることもあるでしょう。

それにより体力的・精神的に疲れ切ってしまったり、時間的な余裕がなかったりすることで、どうしても画一的な動きをせざるをえず、仕事にやりがいを見いだしづらくなってしまうため、仕事が辛いと感じる人が多いようです。

【理由2】立ち仕事が多くて体力的に辛い

厨房内での作業や、食材の確認、調理指導など、栄養士の業務の多くは立ち仕事です。

毎日の業務で足腰に負担がかかり、体力的な疲れを感じることが多いです。年齢を重ねるなかで体力的な不安から、長く働くビジョンが見えなくなってしまうこともあるでしょう。

「体力的に辛い」ことは、栄養士が転職を考える大きな要素の1つです。

【理由3】 職場の人間関係

どの職場にも人間関係のトラブルはあります。特に厨房や病棟など、閉鎖的な空間でチームでの連携が求められる場所では、コミュニケーション不足や認識の違いから摩擦が生じることがあります。

特に栄養士の職場は女性が多いケースが多いため、女性が多い職場ならではの苦悩もあるでしょう。

職場の人間関係は、栄養士の仕事をするうえで大切な要素ではありますが、求人票から情報を得るのは難しいため、「入社後に思っていた職場と違った」と転職を繰り返す要因になることが多いようです。

【理由4】患者とのコミュニケーションが辛い

患者の健康状態や食事の好み、病状に合わせて栄養指導をおこなう際、患者の気持ちや状況を十分に理解し、適切なアドバイスをすることが求められます。

せっかく栄養指導のプランを組んでも、患者さんが受け入れてくれなかったり、こちらの意図を理解してくれなかったりすることで辛いと感じる人も多いようです。

【理由5】休みが取りづらい

規模の小さい職場だと、休みが取りづらい傾向があります。

特に栄養士が2人しかいないなど、普段から少人数で運営している職場だと、一方が休むともう一方が2人分の業務をしなければならない状況が発生してしまいます。

プライベートの予定を入れるために有給を取得することはもちろん、風邪や家族の体調不良時など不慮の事態にも休みを取りづらく、辛いと感じてしまうことがあるようです。

【理由6】不規則な生活リズムが辛い

病院や施設ではシフト勤務が主となるため、夜勤や早朝勤務などが重なることで生活リズムが乱れてしまうことがあります。

生活リズムの乱れは健康に直結しますので、身体を壊してしまったり、仕事に前向きになれなかったりすることもあるでしょう。

【理由7】予算内で献立を考えるのが辛い

栄養士は献立を決める際に予算が限られています。決められた予算のなか、栄養バランスの良いメニューを考えることは簡単ではありません。

治療中の方に向けた献立を考える場合は、厳しい栄養価の制限を守る必要があるため、さらに献立作りの難度が上がります。

予算があるため使いたくても使えない材料があり、理想的な献立を作れないことに辛さを感じることが少なくありません。

【理由8】想像していたより大変で辛い

栄養士は食事や栄養についての指導、献立作成などが仕事です。デスクワークが中心のケースもあるため、体力的にはきつくないと考える方も少なくありません。

しかし実際には、調理師と協力しながら調理業務に関わる場合もあり、多忙を極めることの多い仕事です。

業務内容が好きなら頑張れるかもしれませんが、イメージと異なる業務であった場合は、辛さを感じるかもしれません。

栄養士が仕事を辛いと感じた時の対処法

仕事のストレスや不満を感じた時、適切な対処法を取ることで、心身の健康を保ちながらキャリアを築いていくことができます。

以下に、栄養士が仕事を辛いと感じた時の具体的な対処法を提案します。

タスクを整理して効率化する

仕事の効率化は、タスクの整理から始めることが大切です。

献立の作成や患者の栄養指導など、一日の業務をリストアップし、優先順位をつけて取り組むことで、効率的な業務遂行が可能となります。

具体的には、タスク管理アプリやツールを活用することで、スムーズな業務の進行を目指すことできるかもしれません。

ストレッチなどで体を動かしてリフレッシュする

立ち仕事による体の疲れを解消するためには、定期的なストレッチやマッサージが効果的です。特に、血流を良くするようなマッサージをするといいでしょう。

また、厨房内での作業や、立ちっぱなしの指導が続いた後は、数分の休憩を取り、腰や脚のストレッチをおこなうことも大切です。

筋肉の緊張が緩和され、次のタスクへの集中力もアップするでしょう。

職場の人と一定の距離を置いて接する

人間関係の悩みを解消するためには、適度な距離感を保つことが大切です。

無理に親密になろうとせず、プロフェッショナルな立場でコミュニケーションを取ることで、職場の人間関係の摩擦を軽減できます。

患者とこまめにコミュニケーションを取る

患者のニーズや状況をきちんと把握することで、栄養指導や献立の作成時のストレスを軽減できます。

具体的には、患者の食事の好みや体調、精神状態を定期的に確認し、それに基づいて指導や提案をおこなうことが効果的です。

また、患者からのフィードバックを積極的に受け入れることで、よりよいサービスの提供が可能となり、自身のやりがいも増すことが期待できます。

自身の専門性を高める

専門的な知識やスキルを高めることで、仕事の幅が広がり、より多様な業務に対応することが可能となります。

勉強会やセミナーへの参加、資格の取得などを通じて、自身のスキルアップを図ることも検討してみましょう。

環境を変えてみる

長期間のストレスや満足度の低い業務環境は、精神的・体力的な負担となり得ます。

特に業務環境によってストレスを感じている場合は、自分の力だけで解決するのは難しいため、新しい環境での再スタートを検討することも一つの選択肢です。

転職をするときは、職場の雰囲気や各種制度の利用状況など、内部状況まで詳細に教えてくれる転職エージェントを利用するのがおすすめです。

求人票からでは得られない情報を教えてもらえるため、よりミスマッチの低い転職を実現できるでしょう。

1分で無料登録!
栄養士におすすめの転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

栄養士人材バンク

栄養士人材バンク

4.8
非公開求人
多数
スカウト
なし
【高マッチング率】国内最大級の栄養士専門エージェント。病院・クリニック・保育園・老健など、あなたの希望に合った求人を、専任パートナーがご紹介。

クックビズ

クックビズ

4.5
公開求人数
約3万件
スカウト
あり
【求人数トップクラス】飲食・食産業特化エージェント。高収入・地方やリゾートなどの特集も。飲食業界での転職を考えているなら間違いなくココ!

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー

4.3
公開求人数
約1万件
スカウト
なし
【理想の働きかたが明確な方向け】好条件求人が魅力。面接対策や給与の条件交渉までアドバイザーがサポート。登録者限定公開の内部情報も多数。

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士

4.0
非公開求人
多数
スカウト
あり
【未経験・初心者OKの求人あり】年間4,000件の事業所・病院訪問や数千人の派遣稼働者からのリアルな職場の情報もチェック!

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ

3.8
公開求人数
約1.1万件
スカウト
あり
【資格をお持ちの方向け】業界専門のコンサルタントが徹底的にサポート。年収・福利厚生・職場の雰囲気など、気兼ねなく相談OK◎
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

栄養士人材バンク

栄養士人材バンク

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

クックビズ

クックビズ

4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー

4.3
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ

3.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年3月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

栄養士人材バンク

栄養士人材バンク

4.8
口コミを読む
・キャリアパートナーが栄養士のことを理解してくださり、LINEでも気軽に相談ができました。
・有効な求人を随時更新している印象です。

クックビズ

クックビズ

4.5
口コミを読む
・将来独立を目指し、裁量の大きなレストランに内定。売上増に貢献しながら経験を積めています。
・アドバイザーさんからは、自分にぴったりの成長企業を紹介してもらえました。

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー

4.3
口コミを読む
・非公開求人が多くて全体的にキャリアアップにつながる求人が充実していました。
・求人数がそこまで多くないのかな?という印象でした。都会で求人を探すならいいかもしれないです。

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士

4.0
口コミを読む
・大量調理の厨房勤務から病院院内での事務処理中心の勤務まで、いろいろな職種の求人が多かったです。
・アドバイザーの方は業界の知識が豊富だったので、細かな事まで相談できました。

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ

3.8
口コミを読む
・病院やクリニックなどの求人が中心でした。企業や施設での仕事に興味がある場合は、求人情報が少ないと感じてしまうかもしれません。
・担当の方は親身な対応でもやはり地方だと求人が少なかったです。
2024年3月時点

【勤務先別】栄養士の仕事内容

新しい環境に挑戦したいと考えている方は、今とは異なる勤務先を選んではいかがでしょうか。ここからは、栄養士の仕事内容について、勤務先別に詳しく解説します。

現在の職場の不満や悩みなどを解決できる勤務先が見つかるかもしれないので、ぜひ参考にしてください。

病院

さまざまな勤務先がある栄養士ですが、病院は人気の高い勤務先のひとつです。

病院で働く栄養士は患者さまの栄養ケアが主な業務であり、臨床部門と給食部門にわかれます。

臨床部門では栄養指導、栄養管理、NST業務などに携わります。栄養士としての知見を活かして、患者さまの栄養面をサポートします。

給食部門は献立作成、食材発注、調理指導などが主な業務になります。患者さまの活動量や術後の経過などから献立を考え、体に負担なく必要な栄養を摂取できる食事を提供します。

患者さまの疾患や治療に必要な栄養指導をおこなうには、臨床栄養学の知識を持っている必要があります。管理栄養士の養成課程において、臨床栄養学を学ぶことが可能です。

しかし、病院で勤務していない栄養士の方であれば、学んでいても確実に覚えていないこともあるでしょう。知識に自信がない方は関連のセミナー・研修会への参加や、学生時代のテキストを確認してみてください。

病院勤務は患者さまや医師、看護師など、多くの方からたくさんの学びを得られる勤務先です。

スキルアップやキャリアアップを目指しやすいともいえるため、今よりも成長をしたい方は新しい職場候補として考えてみましょう。

介護福祉施設

介護福祉施設とは、高齢者向けの老人ホームの他に、児童施設や身体・知的障碍者のための施設なども含みます。介護福祉施設を利用する方に向けた、食事の提供や栄養指導、健康管理をおこなうことが栄養士の仕事です。

介護施設の献立作成では、噛む力や飲み込む力が弱くなっている高齢者に合わせて、食べやすい食事の提供が求められます。例えば、魚はほぐして柔らかい練り物にしたり、お肉はペースト状にしたりなどの工夫をおこないます。

一人ひとり健康状態が異なるため、利用者の状態を把握したうえでの献立作成が重要です。普通食から流動食、きざみ食など、さまざまな形態の調理法を考えなければいけません。栄養士は食事発注から食事提供、調理補助まで担うこともあり、多忙な職場も多くあるでしょう。

また、食事は利用者が楽しみにしていることのひとつなので、季節やイベントを感じさせる献立や、地域ならではの郷土料理などのメニュー考案を楽しめます。

求人は正社員だけでなく、非常勤やパート勤務の募集が多くあります。そのため、家庭と両立したい方は、介護福祉施設へ転職することで実現できるかもしれません。

ライフスタイルに合わせた働き方を見つけられる可能性があるので、チェックしてみてください。

保育園・幼稚園

保育園や幼稚園も、栄養士が活躍できる職場です。主な業務内容は以下の通りです。

保育園・幼稚園の主な業務内容
  • 園児への食育
  • 給食の献立作成
  • 給食たよりの作成
  • 食材の発注
  • 保護者に向けた食育活動
  • 栄養計算・予算管理

給食は昼食だけでなく、おやつまで携わります。献立の作成では、健康やアレルギーへの配慮や、好き嫌いなく食べてもらう工夫が必要です。また、職場によっては給食の調理を担うことがあります。

子ども達が「おいしい」と喜ぶ顔を間近で見れることは、毎日のはげみになり、やりがいにつながるでしょう。

比較的力仕事が少ないので、体力に自信がない方でも問題なく働けます。保育園は大人数ではないところも多く、献立の考案を余裕を持っておこなえる職場が多いのも嬉しいポイントです。

一方、栄養士ひとりでだけの小規模な保育園では、休みが取りづらいといったデメリットがあります。子どもの口に入ることもあり、保護者からの要求がプレッシャーに感じることがあるかもしれません。

しかし、保育園や幼稚園の求人は栄養士資格さえあれば、学歴や経歴不問で募集している求人が少なくありません。

ブランクOKの求人も多いため、初心者の方や復職したい方にもおすすめの勤務先です。

学校

栄養士が小中学校などの学校給食に関わる場合、学校栄養職員と呼ばれます。学校栄養職員になるためには、栄養士・管理栄養士の資格に加えて、各都道府県が実施している職員採用試験に合格しなければなりません。

もうひとつ「栄養教諭」がありますが、栄養教諭を目指すには、栄養士・管理栄養士の資格以外に「栄養教諭普通免許状(専修、一種、二種)」が必要になります。

学校栄養職員の業務内容は保育園・幼稚園と大差なく、学校における食育推進を主に担います。さらに、特別支援学校の場合は、障害に応じた献立作成が必要になります。

栄養教諭は子どもたちに食に関する授業をおこなうために、教団に立つことがあります。一方、学校栄養職員は授業をおこなうことができません。

学校勤務では、子どもの成長を感じられることが大きなやりがいにつながります。「今日の給食おいしかった」「苦手な野菜も食べられた」「毎日の給食が楽しみ」などの言葉が聞けると、仕事のはげみになるでしょう。

休暇については、学校のカレンダーに合わせて取れる職場が多いことも特徴です。夏休みや春休みなどの長期休暇には同じように休みが取れたり、有給取得がしやすかったりするので、子どもがいる方は働きやすいでしょう。

福利厚生が充実している職場も多くあるため、気になる方は確認してみましょう。

行政機関

保健所や役所などの行政機関も、栄養士が働ける職場です。行政機関で働く栄養士は地方公務員となり「行政栄養士」と呼ばれます。

行政栄養士は地域住民の健康維持や増進に貢献することが仕事であり、地域住民が抱える健康問題の解決に向け、健康政策の企画や立案が求められています。

行政栄養士になるには、栄養士資格の他に公務員試験を受ける必要があります。保有している資格は栄養士ではなく「管理栄養士」が求められるケースがほとんどです。

また、基本的に受験資格があるのは30歳までなので注意しましょう。

行政栄養士の業務内容は職場によって大きく異なりますが、一般的な業務や一部の例を紹介します。

行政栄養士の業務内容
  • 国民健康・栄養調査の実施
  • 住民への栄養指導・講習会の開催
  • 飲食店の栄養指導
  • 学校給食の栄養管理支援
  • 妊婦への栄養指導
  • 離乳食へのアドバイス
  • 災害に備えた非常食の準備
  • 栄養士の資格免許試験事務

このように多岐にわたるため、応募を検討している方は業務内容を入念に確認しましょう。

行政栄養士は地域住民と関わることが多く、乳児から高齢者まで幅広い年齢層と接する機会があります。そのため、コミュニケーションスキルに長けた方が向いているでしょう。

健康増進のために自分が企画・立案した施策で、地域住民の健康が改善された結果が聞けることもあり、大きなやりがいを感じられる仕事です。

しかし、行政栄養士になるには、行政組織や法律に関しての知識が必要になります。

一度勉強しても法改正があるたびに覚えることが増えるため、転職後も勉強をし続ける人材が求められるでしょう。

給食会社

給食委託会社とは給食に関する業務を請け負う会社を指します。病院や介護福祉施設、幼稚園・保育園、学校、企業などに、栄養士や調理師を派遣し食事が必要な方に提供をおこないます。

業務内容は職場によって異なりますが、献立作成や調理、食材の発注・在庫管理、衛生管理などがあります。

他の勤務先よりも調理業務がメインになるケースが多いため、調理の仕事に時間をかけたい方に向いている職場です。特に入社してすぐは、基本的な給食調理の流れや動線などを理解するために、調理現場で経験を積みます。

キャリアアップをして責任者になると、スタッフのシフト管理や施設側との打ち合わせ、本部スタッフとしての指導や巡回を任されるようになるでしょう。

慣れたころに他の仕事を覚えていくスタイルなので、着実にスキルアップしたい方にもおすすめです。

研修制度が整っており、人材育成が充実しているため、新卒やブランクがある方でも働きやすいです。委託会社なので勤務先を変えたい場合は異動届を出すことができ、転職をしなくても仕事の悩みが解決できるメリットがあります。

一方、厨房業務では立ち仕事や重いものを持つことがあるため、重労働と感じる方もいるでしょう。しかし、調理現場の経験は調理師との信頼関係が作りやすい環境といったメリットがあります。

スポーツ業界

スポーツ業界で働く栄養士は「スポーツ栄養士」と呼ばれ、プロ・アマチュア問わず競技者の栄養管理をすることが仕事です。

スポーツでのパフォーマンスには、食事内容や栄養バランスが大きく影響しています。成績向上や試合で結果を残すために、スポーツ業界では栄養士のニーズが高くなっています。

スポーツ栄養士として働くには、以下の勤務先があります。

スポーツ栄養士の主な勤務先
  • スポーツチーム
  • スポーツジム
  • 医療機関
  • ジュニアスポーツ関連

業務内容は栄養管理や食事指導・提供の他に、セミナー開催なども仕事のひとつです。栄養学の知識を活用し、競技者の求める体づくりを、栄養バランスの良い食事メニューを作成してサポートします。

スポーツ栄養士は競技者と喜びをわかち合えたり、監督やスポーツトレーナーなど、さまざまな分野の方と協同できたりすることで、やりがいや学びが多くある仕事です。

さらにスキルアップをしたいなら、公認資格を取得して「公認スポーツ栄養士」を目指しましょう。

公認スポーツ栄養士はスポーツ栄養士よりも、さらに高度な専門知識や技術が必要です。その分転職先が見つかりやすいメリットがあるため、興味のある方は調べてみてください。

美容業界

食事管理で体のなかからキレイを目指せる栄養士は、美容業界にも採用ニーズがあります。

美容業界で働く栄養士の主な仕事は、お客さまの普段の食事内容や生活習慣をヒアリングし、改善点の提案やレシピ紹介をすることです。しかし、勤務先によって他の業務内容が大きく異なります。

美容業界で働く栄養士の勤務先は以下を参考にしてください。

美容業界で働く栄養士の勤務先
  • 美容クリニック
  • 美容サロン
  • 化粧品メーカー
  • フィットネスクラブ

美用クリニックではカウンセリングスタッフとして働くことが多く、栄養指導の他に料金説明なども担います。美容サロンの場合、エステティックサービスの提供をおこなうこともあるようです。

化粧品メーカーでは、化粧品の成分などのマーケティングリサーチをするため、商品開発に貢献できます。フィットネスクラブではお客様の相談から、適切な栄養指導や食事プランを提供するスキルが求められます。

美容業界はお客さまの「美しくなりたい」をサポートできる職場です。

「肌がキレイになった」「理想通り痩せた」など、喜びの声を聞けると、仕事のモチベーション向上につながります。

美に関する興味が強い方は、美容業界への転職を視野に入れてみてください。

食品メーカー

食品メーカーとは自社で製造した食品を販売する企業であり、冷凍食品や離乳食などの食品、健康食品、サプリメントなどを開発しています。

栄養士の業務内容は職場によって異なり、以下の通り多岐にわたる特徴があります。

食品メーカ勤務の栄養士の業務内容
  • 商品開発・企画
  • 栄養士の知見を生かした市場調査
  • 特許出願時の書類作成
  • 顧客対応
  • 品質・衛生管理

商品開発では、試作や試食を繰り返し、新商品を作り上げていきます。商品には栄養価やカロリーが重視されるため、栄養士の知識や調理スキルが十分に発揮できるでしょう。

また、顧客対応では自社商品の問い合わせを受けることがあり、時にはクレーム対応が必要なケースもあります。

医薬品や健康食品、サプリメントなどを扱うメーカーでは、顧客対応業務のために栄養士を募集する企業が少なくありません。

食品メーカーで働く栄養士には、食品学や化学の知識が求められます。研究開発職を目指したい方は、さらに深い知識が求められるでしょう。

新商品開発に携わるため、トレンドに敏感な方や、食へのアンテナが高い方に向いている仕事です。

栄養士に向いている方・向いていない方の特徴

やりがいを感じられる栄養士の仕事ですが、向き不向きはあるものです。

まずは、栄養士に向いていない方の特徴を紹介します。

栄養士に向いていない方の特徴
  • コミュニケーションスキルがない方
  • 勉強が苦手な方
  • 責任感がない方

コミュニケーションスキルは、栄養士に最も必要なスキルといっても過言ではありません。

栄養士はどの勤務先においても、患者さまやお客さまといった利用者の方と関わる機会が多くあります。コミュニケーションスキルが不足していると相手の要望がわからず、業務に支障をきたします。

勉強も栄養士に必要なスキルです。栄養士は栄養に関する正確な知識を覚えなければなりません。栄養学は日々進化しているため、転職後も引き続き勉強が必要になります。

また、勤務先によっては栄養士の数が少なかったり、ひとりだったりすることがあります。自ら考えて行動する主体性や責任感がない方には難しい仕事です。

続いて、栄養士に向いている方の特徴を紹介します。

栄養士に向いている方の特徴
  • 食に興味がある方
  • 自分の意見を伝えられる方
  • 人の役に立ちたい方

栄養士は食に関することが仕事なので、食に興味がある方は楽しく仕事ができるでしょう。

料理が好きな方なら、さらに栄養士に向いています。

栄養士は利用者だけでなく、さまざまな職種の方と関わります。自分の意見をしっかり伝えることは、一緒に働く方との関係を円滑にするために重要です。

また、栄養士は多くの方の健康サポートが仕事なので、人の役に立ちたいと考えている方にぴったりな仕事といえます。相手の気持ちを考えて、寄り添ったアドバイスができる方に向いています。

こちらの記事でも、栄養士に向いていない・向いている方の特徴や、向いていないと感じたときの対処法などを紹介しているのでご覧ください。

関連記事:管理栄養士に向いていない人の特徴とは?向いている人の特徴・悩んだ時の対処法も紹介

栄養士の仕事を辛いと感じたときに考えてほしいこと

仕事をしていれば「もう辞めたい」と思うことは、少なからずあるものです。しかし、勢いで転職を決めてしまうと後悔するかもしれません。

栄養士の仕事を辛いと感じたときは、これから紹介する5つのことを考えてみてください。

栄養士・今の職場どちらがつらいのか考える

「仕事が辛い、辞めたい」と思ったときは、栄養士という仕事と、今の職場のどちらに対して不満があるのかを明確にしましょう。

栄養士の業務内容にやりがいを感じていても、人間関係に辛さを感じているのなら、今の職場が原因です。また、残業の多さや、なかなか休みが取れない点も、栄養士ではなく職場に問題があります。

利用者との関りが苦痛な場合でも、転職すると楽しく関われるようになるかもしれません。委託会社で働いている場合は、転職しなくても異動の希望を伝えると環境を変えることが可能です。

転職する場合、栄養士自体がもう嫌というわけでないのなら、免許がある栄養士として転職するほうが、キャリアアップが期待できます。

また、仕事の流れや基本的なスキルが身に付いているので、転職後もすぐに活躍できるでしょう。

職場環境を改善できないか考える

栄養士の仕事が辛いなら、今の職場環境を改善できる方法はないのか考えてみましょう。改善ができるのなら、無理に転職する必要はありません。

人間関係に悩みがあるのなら上司にあたる人物に相談を。人手不足が理由で残業が当たり前になっていたり、なかなか休みが取れなかったりするのなら、人員の補充ができないのか依頼してみてください。

パワハラやモラハラなどのハラスメント行為がある場合は、然るべき機関へ相談を検討しましょう。

自分ができる改善策としては、スタッフ同士が円滑に関われるように意識して行動してください。苦手な相手でもあいさつはきちんとおこなう、わからないことは質問するなど、自然な対応を心がけましょう。

それでも難しいなら転職をおすすめします。

自分の体と心を見つめ直す

既に自分の体と心が悲鳴を上げている状態なら、今すぐにでも転職準備を始めましょう。

職場に訴えたからといっても、すぐに対応してくれるとは限りません。

自分が休むと仕事が滞ってしまう職場には問題があります。追い込まれて体や心を壊すくらいなら、思い切って辞めてしまうのも選択肢のひとつです。

仕事でミスを繰り返したり、些細なことでイライラしたり、感情がコントロールできないなどは、体と心が疲れているサインです。

辞めるのをためらう方は、休暇をもらってリラックスできる時間を確保しましょう。

他の職場と比較してみる

栄養士は紹介した通り、さまざまな場所で活躍できる仕事です。現在の職場で辛いと感じるのなら、他の職場と比較して、自分に合う職場がないか考えてみましょう。

現在シフト勤務として働いているのなら、幼稚園・保育園、学校で働く学校栄養職員であれば、固定制であるケースが多いです。残業もほとんどないため、家庭との両立が実現できる可能性があります。

休みが取りにくい職場で働いている場合は、栄養士の数が多い職場だと休みやすいかもしれません。

他の職場と比較することで、どのようなところで働きたいのかが明確になります。

転職活動の情報収集にも役立つため、辛いと感じたときは他の職場環境に目を向けてみましょう。

転職活動を検討する

現職への不満や悩みが解消できないのなら、転職活動を検討しましょう。

転職活動に慣れていない方は大変そうなイメージを持つかもしれませんが、以下のメリットがあります。

転職活動のメリット
  • 給料アップが期待できる
  • 人間関係の悩みが解消する
  • 仕事へのモチベーションが上がる
  • 自分に合った職場で働ける
  • 残業や休日出勤などが改善できる

栄養士として転職する場合、これまでの経験やスキルが評価されて給料アップが期待できます。環境が一新するため、これまでの人間関係の悩みが解消することもメリットです。

また、職場が変わると、新しい価値観や学びを得ることができます。栄養士の魅力について再認識できることも多く、仕事のモチベーション向上につながります。

勤務先に求める条件にマッチしている職場に転職できると、自分に合う職場で働くことが可能です。その結果、残業や休日出勤などの改善が期待できます。

このように、栄養士の仕事が辛いと感じている方にとって、転職は多くのメリットがあるものです。

自分ひとりでおこなうのが不安なら、転職エージェントを利用して、プロの力を借りてはいかがでしょうか。

仕事がつらい栄養士は転職のプロに相談するのも手

転職活動をするとき、転職サイトなどの転職支援サービスを利用する人は多いでしょう。

ただし、栄養士は専門性の高い職種ですので、その分野に特化したサービスを提供してくれるサイトを選ぶことが大切です。

また、転職エージェントはその業界に詳しい担当者がつき、無料で仕事探しをサポートしてくれます。

「転職活動をするか迷っている」という人も利用できるサービスばかりなので、ぜひ気軽に利用してみてください。

栄養士人材バンク

栄養士人材バンク
栄養士人材バンクの特徴
  • 運営会社は東証プライム市場上場のエス・エム・エス
  • 管理栄養士・栄養士専門のキャリアパートナーが転職をサポート
  • 施設の雰囲気や今後のキャリアを考慮した求人紹介に強み

栄養士人材バンクは、管理栄養士・栄養士に特化した転職エージェントで、管理栄養士・栄養士専門のキャリアパートナーが転職活動を一貫してサポートしてくれます。

求人情報だけではわかりづらい施設の方針や雰囲気、労働環境などを考慮したうえで求人紹介をしてくれるため、入社後のミスマッチが生まれにくいのが特徴です。

キャリアパートナーとの連絡は、電話以外にも公式LINEやSNSが利用できるため、忙しい人も気軽に情報収集や相談ができるでしょう。

運営会社株式会社エス・エム・エス
求人数26,991件
対応施設病院・クリニック、保育園、介護施設 他
対応エリア全国
公式サイトhttps://ejb.eichie.jp/
※2023年11月時点

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー
栄養士ワーカーの特徴
  • 保育園・介護施設・病院の求人情報多数
  • 栄養士に特化した求人情報を毎日更新&非公開求人も多数
  • 求人紹介~入社時交渉のほか、入職後のサポートもあり

栄養士ワーカー栄養士業界に特化した転職支援サービスです。

栄養士専任の転職アドバイザーに求人紹介や面接対策、入社時の条件交渉など、転職活動に関するサポートを一貫して任せられます。さらに入職後のフォローも充実している点が特徴です。

各施設との繋がりが強いため、非公開求人が充実しており、実際の残業時間や有給消化率、人間関係など、求人情報からは知り得ない内部情報まで教えてくれます

運営会社株式会社トライト
求人数9,874件
対応施設保育園・幼稚園、病院・クリニック、介護施設 他
対応エリア全国
公式サイトhttps://eiyoushi-worker.com/
※2023年11月時点

レバウェル栄養士

レヴァエル栄養士
レバウェル栄養士の特徴
  • 人材サービス分野の実績が豊富なレバレジーズグループが運営
  • 常勤はもちろん非常勤求人も充実
  • 直接取材から入手した職場のリアルな情報あり

レバウェル栄養士は、さまざまな人材サービスを手がけるレバレジーズグループが運営する転職支援サービスです。

転職アドバイザー(転職エージェント)・スカウトサービス・求人サイト(応募)の3つのサービスを兼ね備えており、自分に合った方法で転職活動を進められる点が特徴です。

各施設に直接取材しているため、事業所の魅力、実際に働く職員の声、職場の良いところ・気になるところなどはもちろん、入社後にギャップを感じやすい事柄など、求人情報からはわかりにくい情報まで入手できます。

転職後の姿をイメージできる点はレバウェルならではの魅力でしょう。

運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
求人数57件
対応施設病院、診療所・クリニック、検診センター、地域包括支援センター、訪問介護ステーション、介護施設、児童養護施設、就労継続支援、児童発達支援施設、幼稚園、児童館・託児所・児童相談所、保育所、ドラッグストア、動物病院 他
対応エリア全国
公式サイトhttps://levwell.jp/profession/rd/
※2023年11月時点

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ
栄養士転職ナビの特徴
  • 国内最大級の管理栄養士・栄養士専門の転職支援サービス
  • 求人サイト、求人誌には掲載されていない非公開求人多数
  • 栄養士あるあるや悩みに合った求人紹介

栄養士転職ナビは、年間1万人を超える管理栄養士・栄養士の転職サポートをおこなう国内最大級の転職支援サービスです。

病院やクリニック、介護施設や保育園のほか、委託会社や一般企業の食堂など、さまざまな施設の求人が掲載されています。

また全国各地の非公開求人も多数保有しており、働き方や条件にこだわりつつ優良求人に出会える点が特徴です。

「まずは情報収集から始めたい」という方は、まずはサイト内のコラムを読んでみてはいかがでしょうか。

運営会社株式会社プレアデス
求人数9,912件
対応施設病院・クリニック、介護施設、保育園・幼稚園、委託会社、スーパーマーケット、飲食店、その他
対応エリア全国
公式サイトhttps://eiyoushi-tensyoku.com/
※2023年11月時点

しんぷる栄養士

しんぷる栄養士
しんぷる栄養士の特徴
  • 1都3県に特化した管理栄養士・栄養士・調理師転職支援サービス
  • 保育園求人に強み&地域密着型だから高い専門性
  • Google口コミで4.8!質が高い担当者

しんぷる栄養士は、地域密着型の管理栄養士・栄養士・調理師向け転職支援サービスです。

「しんぷる保育士」で培った独自のパイプがあるため、保育園求人に強く、短期間で充足してしまうほど優良求人が多いのが特徴です。

辛口評価になりがちなGoogle口コミで4.8の評価を得ており、「担当者の質がいい」「面接前の対策が心強い」という声が多く挙がっていました。

エリアは限られてしまいますが、一人ひとりの求職者にしっかり寄り添ってくれる点がしんぷる栄養士の魅力です。

運営会社Simple株式会社
求人数非公開
対応施設保育園、病院、介護施設、歯科医院、給食委託会社 他
対応エリア1都3県
公式サイトhttps://simple-eiyoushi.com/
※2023年11月時点

長い目で栄養士のキャリアを見据え、必要であれば転職も視野に入れよう

栄養士としてのキャリアは多岐にわたります。現在の職場環境や仕事内容に満足していない場合、転職も一つの選択肢となります。

転職をするときは、適切な転職支援サービス利用することで自身のキャリアビジョンに合った働き方を見つけることができるでしょう。特に栄養士は専門性の高い職種ですので、栄養士に特化した転職支援サービスを利用することが大切です。

ぜひ自分に合ったサービスを利用し、新たなステージへのステップアップを実現してください。

1分で無料登録!
栄養士におすすめの転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

栄養士人材バンク

栄養士人材バンク

4.8
非公開求人
多数
スカウト
なし
【高マッチング率】国内最大級の栄養士専門エージェント。病院・クリニック・保育園・老健など、あなたの希望に合った求人を、専任パートナーがご紹介。

クックビズ

クックビズ

4.5
公開求人数
約3万件
スカウト
あり
【求人数トップクラス】飲食・食産業特化エージェント。高収入・地方やリゾートなどの特集も。飲食業界での転職を考えているなら間違いなくココ!

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー

4.3
公開求人数
約1万件
スカウト
なし
【理想の働きかたが明確な方向け】好条件求人が魅力。面接対策や給与の条件交渉までアドバイザーがサポート。登録者限定公開の内部情報も多数。

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士

4.0
非公開求人
多数
スカウト
あり
【未経験・初心者OKの求人あり】年間4,000件の事業所・病院訪問や数千人の派遣稼働者からのリアルな職場の情報もチェック!

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ

3.8
公開求人数
約1.1万件
スカウト
あり
【資格をお持ちの方向け】業界専門のコンサルタントが徹底的にサポート。年収・福利厚生・職場の雰囲気など、気兼ねなく相談OK◎
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

栄養士人材バンク

栄養士人材バンク

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

クックビズ

クックビズ

4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー

4.3
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ

3.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年3月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

栄養士人材バンク

栄養士人材バンク

4.8
口コミを読む
・キャリアパートナーが栄養士のことを理解してくださり、LINEでも気軽に相談ができました。
・有効な求人を随時更新している印象です。

クックビズ

クックビズ

4.5
口コミを読む
・将来独立を目指し、裁量の大きなレストランに内定。売上増に貢献しながら経験を積めています。
・アドバイザーさんからは、自分にぴったりの成長企業を紹介してもらえました。

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー

4.3
口コミを読む
・非公開求人が多くて全体的にキャリアアップにつながる求人が充実していました。
・求人数がそこまで多くないのかな?という印象でした。都会で求人を探すならいいかもしれないです。

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士

4.0
口コミを読む
・大量調理の厨房勤務から病院院内での事務処理中心の勤務まで、いろいろな職種の求人が多かったです。
・アドバイザーの方は業界の知識が豊富だったので、細かな事まで相談できました。

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ

3.8
口コミを読む
・病院やクリニックなどの求人が中心でした。企業や施設での仕事に興味がある場合は、求人情報が少ないと感じてしまうかもしれません。
・担当の方は親身な対応でもやはり地方だと求人が少なかったです。
2024年3月時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。