栄養士が仕事を辛いと感じる理由とは|辞めたいと感じた時の対処法も解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

栄養士や管理栄養士になるには専門の学校での勉強や国家資格の取得が求められ、多くの努力が必要です。

一方で、念願叶って栄養士になった方の中には「仕事が辛い」「辞めたい」と考えている人もいるかもしれません。

まずは栄養士がどのような場面で「辛い」「辞めたい」と感じるのか、そしてその対処法を解説します。さらに、環境を変えたいと感じたときに役立つサービスも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
栄養士におすすめの転職エージェント比較ランキング|役立つ資格や転職先も紹介 転職エージェントは、コンサルタントの経験や知識、ネットワークを活かして適切な求人案件を提案してくれるため、栄養士の転職において非常に役立ちます。 一方、転職サ...
あわせて読みたい
栄養士におすすめの転職サイト比較ランキング|キャリアアップできる転職先も紹介 栄養士が求められる業界や職場は幅広く、キャリアやスキルアップのために、また、現在の待遇や給与面も改善したいなどの理由で、転職を考えている方もいるのではないで...
目次

栄養士が仕事を辛いと感じる理由とは

栄養士の仕事は非常に専門的であり、多岐にわたるタスクが求められるため、様々な要因で仕事のストレスや不満を感じることがあります。

以下に、多くの栄養士が感じる辛さの原因と、それに関連する具体的な事例を述べていきます。

【理由1】タスクが多く、常に時間に追われているのが辛い

栄養士の主な業務は、病棟の献立の作成や栄養指導、食材の管理など多岐にわたります。

職場によっては調理にも携わる場合もあり、常に時間に追われている感覚に陥ることもあるでしょう。

それにより体力的・精神的に疲れ切ってしまったり、時間的な余裕がなかったりすることで、どうしても画一的な動きをせざるをえず、仕事にやりがいを見いだしづらくなってしまうため、仕事が辛いと感じる人が多いようです。

【理由2】立ち仕事が多くて体力的に辛い

厨房内での作業や、食材の確認、調理指導など、栄養士の業務の多くは立ち仕事です。

毎日の業務で足腰に負担がかかり、体力的な疲れを感じることが多いです。年齢を重ねるなかで体力的な不安から、長く働くビジョンが見えなくなってしまうこともあるでしょう。

「体力的に辛い」ことは、栄養士が転職を考える大きな要素の1つです。

<【理由3】 職場の人間関係

どの職場にも人間関係のトラブルはあります。特に厨房や病棟など、閉鎖的な空間でチームでの連携が求められる場所では、コミュニケーション不足や認識の違いから摩擦が生じることがあります。

特に栄養士の職場は女性が多いケースが多いため、女性が多い職場ならではの苦悩もあるでしょう。

職場の人間関係は、栄養士の仕事をするうえで大切な要素ではありますが、求人票から情報を得るのは難しいため、「入社後に思っていた職場と違った」と転職を繰り返す要因になることが多いようです。

https://twitter.com/nutrition2023/status/1705156795260600376

【理由4】患者とのコミュニケーションが辛い

患者の健康状態や食事の好み、病状に合わせて栄養指導をおこなう際、患者の気持ちや状況を十分に理解し、適切なアドバイスをすることが求められます。

せっかく栄養指導のプランを組んでも、患者さんが受け入れてくれなかったり、こちらの意図を理解してくれなかったりすることで辛いと感じる人も多いようです。

【理由5】休みが取りづらい

規模の小さい職場だと、休みが取りづらい傾向があります。

特に栄養士が2人しかいないなど、普段から少人数で運営している職場だと、一方が休むともう一方が2人分の業務をしなければならない状況が発生してしまいます。

プライベートの予定を入れるために有給を取得することはもちろん、風邪や家族の体調不良時など不慮の事態にも休みを取りづらく、辛いと感じてしまうことがあるようです。

<【理由6】不規則な生活リズムが辛い

病院や施設ではシフト勤務が主となるため、夜勤や早朝勤務などが重なることで生活リズムが乱れてしまうことがあります。

生活リズムの乱れは健康に直結しますので、身体を壊してしまったり、仕事に前向きになれなかったりすることもあるでしょう。

栄養士が仕事を辛いと感じた時の対処法

仕事のストレスや不満を感じた時、適切な対処法を取ることで、心身の健康を保ちながらキャリアを築いていくことができます。

以下に、栄養士が仕事を辛いと感じた時の具体的な対処法を提案します。

タスクを整理して効率化する

仕事の効率化は、タスクの整理から始めることが大切です。

献立の作成や患者の栄養指導など、一日の業務をリストアップし、優先順位をつけて取り組むことで、効率的な業務遂行が可能となります。

具体的には、タスク管理アプリやツールを活用することで、スムーズな業務の進行を目指すことできるかもしれません。

ストレッチなどで体を動かしてリフレッシュする

立ち仕事による体の疲れを解消するためには、定期的なストレッチやマッサージが効果的です。特に、血流を良くするようなマッサージをするといいでしょう。

また、厨房内での作業や、立ちっぱなしの指導が続いた後は、数分の休憩を取り、腰や脚のストレッチをおこなうことも大切です。

筋肉の緊張が緩和され、次のタスクへの集中力もアップするでしょう。

人間関係の悩みを解消するためには、適度な距離感を保つことが大切です。

無理に親密になろうとせず、プロフェッショナルな立場でコミュニケーションを取ることで、職場の人間関係の摩擦を軽減できます。

患者とこまめにコミュニケーションを取る

患者のニーズや状況をきちんと把握することで、栄養指導や献立の作成時のストレスを軽減できます。

具体的には、患者の食事の好みや体調、精神状態を定期的に確認し、それに基づいて指導や提案をおこなうことが効果的です。

また、患者からのフィードバックを積極的に受け入れることで、よりよいサービスの提供が可能となり、自身のやりがいも増すことが期待できます。

自身の専門性を高める

専門的な知識やスキルを高めることで、仕事の幅が広がり、より多様な業務に対応することが可能となります。

勉強会やセミナーへの参加、資格の取得などを通じて、自身のスキルアップを図ることも検討してみましょう。

環境を変えてみる

長期間のストレスや満足度の低い業務環境は、精神的・体力的な負担となり得ます。

特に業務環境によってストレスを感じている場合は、自分の力だけで解決するのは難しいため、新しい環境での再スタートを検討することも一つの選択肢です。

転職をするときは、職場の雰囲気や各種制度の利用状況など、内部状況まで詳細に教えてくれる転職エージェントを利用するのがおすすめです。

求人票からでは得られない情報を教えてもらえるため、よりミスマッチの低い転職を実現できるでしょう。

栄養士の転職におすすめの転職エージェント

転職活動をするとき、転職サイトなどの転職支援サービスを利用する人は多いでしょう。

ただし、栄養士は専門性の高い職種ですので、その分野に特化したサービスを提供してくれるサイトを選ぶことが大切です。

また、転職エージェントはその業界に詳しい担当者がつき、無料で仕事探しをサポートしてくれます。

「転職活動をするか迷っている」という人も利用できるサービスばかりなので、ぜひ気軽に利用してみてください。

栄養士人材バンク

栄養士人材バンク
  • 特徴① 運営会社は東証プライム市場上場のエス・エム・エス
  • 特徴② 管理栄養士・栄養士専門のキャリアパートナーが転職をサポート
  • 特徴③ 施設の雰囲気や今後のキャリアを考慮した求人紹介に強み

栄養士人材バンクは、管理栄養士・栄養士に特化した転職エージェントで、管理栄養士・栄養士専門のキャリアパートナーが転職活動を一貫してサポートしてくれます。

求人情報だけではわかりづらい施設の方針や雰囲気、労働環境などを考慮したうえで求人紹介をしてくれるため、入社後のミスマッチが生まれにくいのが特徴です。

キャリアパートナーとの連絡は、電話以外にも公式LINEやSNSが利用できるため、忙しい人も気軽に情報収集や相談ができるでしょう。

運営会社株式会社エス・エム・エス
求人数26,991件
対応施設病院・クリニック、保育園、介護施設 他
対応エリア全国
公式サイトhttps://ejb.eichie.jp/
※2023年11月時点

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー
  • 特徴① 保育園・介護施設・病院の求人情報多数
  • 特徴② 栄養士に特化した求人情報を毎日更新&非公開求人も多数
  • 特徴③ 求人紹介~入社時交渉のほか、入職後のサポートもあり

栄養士ワーカー栄養士業界に特化した転職支援サービスです。

栄養士専任の転職アドバイザーに求人紹介や面接対策、入社時の条件交渉など、転職活動に関するサポートを一貫して任せられます。さらに入職後のフォローも充実している点が特徴です。

各施設との繋がりが強いため、非公開求人が充実しており、実際の残業時間や有給消化率、人間関係など、求人情報からは知り得ない内部情報まで教えてくれます

運営会社株式会社トライト
求人数9,874件
対応施設保育園・幼稚園、病院・クリニック、介護施設 他
対応エリア全国
公式サイトhttps://eiyoushi-worker.com/
※2023年11月時点

レバウェル栄養士

レヴァエル栄養士
  • 特徴① 人材サービス分野の実績が豊富なレバレジーズグループが運営
  • 特徴② 常勤はもちろん非常勤求人も充実
  • 特徴③ 直接取材から入手した職場のリアルな情報あり

レバウェルは、さまざまな人材サービスを手がけるレバレジーズグループが運営する転職支援サービスです。

転職アドバイザー(転職エージェント)・スカウトサービス・求人サイト(応募)の3つのサービスを兼ね備えており、自分に合った方法で転職活動を進められる点が特徴です。

各施設に直接取材しているため、事業所の魅力、実際に働く職員の声、職場の良いところ・気になるところなどはもちろん、入社後にギャップを感じやすい事柄など、求人情報からはわかりにくい情報まで入手できます。

転職後の姿をイメージできる点はレバウェルならではの魅力でしょう。

運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
求人数57件
対応施設病院、診療所・クリニック、検診センター、地域包括支援センター、訪問介護ステーション、介護施設、児童養護施設、就労継続支援、児童発達支援施設、幼稚園、児童館・託児所・児童相談所、保育所、ドラッグストア、動物病院 他
対応エリア全国
公式サイトhttps://levwell.jp/profession/rd/
※2023年11月時点

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ
  • 特徴① 国内最大級の管理栄養士・栄養士専門の転職支援サービス
  • 特徴② 求人サイト、求人誌には掲載されていない非公開求人多数
  • 特徴③ 栄養士あるあるや悩みに合った求人紹介

栄養士転職ナビは、年間1万人を超える管理栄養士・栄養士の転職サポートをおこなう国内最大級の転職支援サービスです。

病院やクリニック、介護施設や保育園のほか、委託会社や一般企業の食堂など、さまざまな施設の求人が掲載されています。

また全国各地の非公開求人も多数保有しており、働き方や条件にこだわりつつ優良求人に出会える点が特徴です。

「まずは情報収集から始めたい」という方は、まずはサイト内のコラムを読んでみてはいかがでしょうか。

運営会社株式会社プレアデス
求人数9,912件
対応施設病院・クリニック、介護施設、保育園・幼稚園、委託会社、スーパーマーケット、飲食店、その他
対応エリア全国
公式サイトhttps://eiyoushi-tensyoku.com/
※2023年11月時点

しんぷる栄養士

しんぷる栄養士
  • 特徴① 1都3県に特化した管理栄養士・栄養士・調理師転職支援サービス
  • 特徴② 保育園求人に強み&地域密着型だから高い専門性
  • 特徴③ Google口コミで4.8!質が高い担当者

しんぷる栄養士は、地域密着型の管理栄養士・栄養士・調理師向け転職支援サービスです。

「しんぷる保育士」で培った独自のパイプがあるため、保育園求人に強く、短期間で充足してしまうほど優良求人が多いのが特徴です。

辛口評価になりがちなGoogle口コミで4.8の評価を得ており、「担当者の質がいい」「面接前の対策が心強い」という声が多く挙がっていました。

エリアは限られてしまいますが、一人ひとりの求職者にしっかり寄り添ってくれる点がしんぷる栄養士の魅力です。

運営会社Simple株式会社
求人数非公開
対応施設保育園、病院、介護施設、歯科医院、給食委託会社 他
対応エリア1都3県
公式サイトhttps://simple-eiyoushi.com/
※2023年11月時点

長い目で栄養士のキャリアを見据え、必要であれば転職も視野に入れよう

栄養士としてのキャリアは多岐にわたります。現在の職場環境や仕事内容に満足していない場合、転職も一つの選択肢となります。

転職をするときは、適切な転職支援サービス利用することで自身のキャリアビジョンに合った働き方を見つけることができるでしょう。特に栄養士は専門性の高い職種ですので、栄養士に特化した転職支援サービスを利用することが大切です。

ぜひ自分に合ったサービスを利用し、新たなステージへのステップアップを実現してください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。