現場監督を辞めたい・きついと思う7つの理由|後悔しない方法を解説

高橋宇内
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

現場監督を続けている方の中には「現場監督はきつくて辛い」「現場監督を辞めようか悩んでいる」という方も多いでしょう。

そこで本記事では、現場監督を「辞めたい」「きつい」と思う理由や現場監督を辞めるメリット、現場監督から転職する方法について解説します。

高橋 宇内氏

辞めたいと1ミリでも思っている方はいきなり退職するのではなく、転職エージェントに登録してどんな職種や業界に転職できるか確かめてからでも遅くありません!

あわせて読みたい
施工管理におすすめの転職エージェント・サイト14選|成功法も解説 「施工管理転職に強い転職エージェントが知りたい」「転職を成功させる方法はある?」 といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。 施工管理への転職は自...

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

現場監督を「辞めたい」「きつい」と思う7つの理由

現場監督を「辞めたい」「きつい」と思う理由は、以下のとおりです。

  • 危険が伴うから
  • 労働に見合った給与が得られないから
  • 強い責任感が必要だから
  • 休日が確保できないから
  • 仕事が天候に左右されるから
  • 出張・転勤が多いから
  • 人間関係にストレスを感じるから

現場監督は厳しい現場環境のため、長時間の労働・身体的な負担・ストレスがかかる状況になる場合が多くなります。その結果「辞めたい」「きつい」と感じてしまうでしょう。

ここでは、現場監督を「辞めたい」「きつい」と思う理由について解説します。

危険が伴うから

現場監督の仕事は建築現場での監督を担当し、作業員や職人の指揮をとる立場です。

たとえば、高所作業・重機の操作・建設資材の取り扱いなどがあげられます。

危険に対処するには、厳格な安全対策や正確な作業手順の遵守が求められるため、管理できるような知識・技術が必要です。

しかし、これらの危険は現場監督にとって常にストレスやリスクとなります。

転落・物の落下・機械操作ミスなどによる事故が発生する可能性があり、働く側からは不安やストレスが生まれ、健康・モチベーションへの悪影響につながります。

安全管理が不十分な場合や厳しい工程スケジュールによって無理な作業が迫られると、現場監督はストレスを感じてしまい、辞めたいと思ってしまう原因のひとつとなるでしょう、

労働に見合った給与が得られないから

現場監督の仕事は、労働に見合った給与が得られないと感じるケースがあります。

労働時間の長さや過酷な労働条件に比べ給与が見合っていなかったり、サービス残業が多かったりするのが原因です。

労働者が経験やスキルに見合った給与を得られないと感じると、モチベーションの低下や不満がたまりやすくなります。積み重なると、建築業界から離れる動機にもつながるでしょう。

強い責任感が必要だから

現場監督の仕事はプロジェクト全体の進行管理や品質管理など、多岐にわたります。建設現場ではさまざまなトラブルや課題が発生する場合があり、対処するには強い責任感が重要です。

プロジェクトを円滑に進めるには、計画の策定・変更への柔軟な対応・予算の管理など、多くの仕事に対して責任を持ちながら作業を進める必要があります。

また安全管理や品質管理においても、従業員・関係者の安全を確保し、高い品質の工事を実現するための責任が伴います。

これらの責務を果たすには、ストレス耐性や問題解決力が求められ、時にはプレッシャーにも対応する必要があるでしょう。

そのため、強い責任感がないと、仕事の厳しさに耐えられなくなり「辞めたい」「きつい」と感じる理由となります。

休日が確保できないから

現場監督はプロジェクトの進行や納期に迫られ、休日の確保が難しい場合があります。工事現場の進捗管理やスケジュール調整が厳しいと、休日にも作業するときがあります。

プロジェクトによっては休日出勤を避けられず、残業や休日出勤が慣習となっている企業もあるでしょう。

労働者は休日が確保できないと、仕事とプライベートのバランスが難しくなり、健康やストレスの面で悪影響を受けるはずです。

さらに、家族や友人との時間を作ることも難しいため、生活の充実度が低下する可能性もあります。継続的に続くと、転職を考える要因となります。

仕事が天候に左右されるから

現場監督は主に屋外で作業するため、仕事が天候に左右されるケースがよくあります。悪天候時には、雨・雪などの自然災害や不安定な気象条件が作業を妨げ、進捗に影響を与えるでしょう。

悪天候によって作業が進められない場合、工期の延長やスケジュールの変更が必要となります。

また、天候の影響を受けると、建設現場での作業が滑りやすくなったり、機械の操作が難しくなったりするリスクが生じます。雷などの悪天候時には、感電の危険性も高まります。

このような状況では、現場監督は不安定な労働環境により仕事に対するモチベーションが低下する可能性が高まるでしょう。

出張・転勤が多いから

現場監督は、プロジェクトごとに建設現場を移動することが一般的であり、出張や転勤が発生する場合があります。

ワークライフバランスが保てない生活スタイルは、家庭やプライベートの時間の時間が確保しにくくなり、生活の安定感がなくなってしまいます。

このような出張や転勤の頻度が多い状況に耐えられなくなってしまい、現場監督を「辞めたい」「きつい」と感じるようになるでしょう。

人間関係にストレスを感じるから

現場監督が直面するつらい問題の一つとして、作業員やクライアントとの人間関係があげられます。

工程ごとに異なる作業員が関わるため、円滑なコミュニケーションの構築が難しいとされているのも、現場監督を辞めたいと思う要因です。

現場監督はクライアントとの調整や、自社の方針と作業員の考え方の違いをうまく対処しなければならず、板挟みの状況に立たされます。年上の作業員を指導する一方で、クライアントの期待に応える責任も背負うため、複雑な人間関係に疲れてしまいます。

現場監督にとって人間関係の調整が難しい場面が続けば、仕事へのモチベーション低下や仕事を辞めたいという気持ちにつながる場合があるでしょう。

現場監督を辞めるメリット3つ

現場監督を辞めるメリットは、以下のとおりです。

  • ワークライフバランスが保てる
  • 安全な仕事に転職できる
  • 給与が増える可能性が高くなる

現場監督を辞めることには、さまざまなメリットがあります。現場監督の仕事は、過酷な労働環境や複雑な人間関係になる傾向があるため、転職をすると新たな可能性が広がるでしょう。

現場監督を辞めようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ワークライフバランスが保てる

現場監督を辞めるメリットの一つは、ワークライフバランスを保てる点です。現場監督の仕事は長時間の労働が必要であり、休日出勤や急な対応が頻繁に発生します。

十分な休息が取れなければ、日常生活との調和を難しくし、ワークライフバランスの乱れを招くでしょう。場合によっては、体調不良が続き、仕事を続けるのが困難になるかもしれません。

現場監督を辞めると、働く時間や環境を柔軟に調整できる可能性が高まります。新しい職場で長時間労働が少ない環境に身を置けると、効率的な労働時間の確保や十分な休息が可能になるでしょう。

またワークライフバランスが保たれると、仕事に対するモチベーションの向上やストレスの軽減が期待できます。

新しい職場での柔軟な働き方が、ワークライフバランスを実現する手段となるでしょう。

安全な仕事に転職できる

現場監督を辞めることによって、安全な仕事に転職できる可能性があります。建築現場での仕事は性質上、危険が伴うケースが多くなるはずです。

たとえば、高所作業・重機の操作・建材の取り扱いなど、さまざまなリスクが存在します。

しかし、他の安全な職種に転職すると、危険な要素から解放されます。危険を伴わない仕事では、オフィスワーク・技術職・サービス業など、安全性が高く身体的な負担が少ない職種への転職が考えられます。

安全な仕事への転職は、労働環境が大幅に改善され心身ともに安定した状態で働けるでしょう。

給与が増える可能性が高くなる

現場監督を辞めると、給与が増える可能性が高くなります。

なぜなら、現場監督の仕事は一定の給与水準が決まっており、昇給やボーナスも限られた範囲で支給されるからです。

国税庁の「令和4年分民間給与実態統計調査」によると、日本の平均年収は457万6,000円でした。

一方でdodaの調査によると現場監督の平均年収は約444万円と、日本の平均年収よりやや低めです。建設業界は、現場監督が一定の資格や経験を持っていても、給与の上昇が限られている傾向があります。

一方で、他の職種や業界ではスキル・経験が評価され、それに応じて給与が上がるでしょう。

現場監督を辞める前に確認すべき事項3つ

現場監督を辞める前に確認すべき点は、以下のとおりです。

  • 辞めたい理由は明確か
  • キャリアビジョンはあるか
  • 退職理由が職場で解決できないのか

現場監督を辞める前には、慎重な検討が必要です。新たなキャリアへの転身や生活の変化に伴い、確認すべき点があります。

これらのポイントをしっかり確認すれば、スムーズなキャリアアップを実現できるでしょう。

辞めたい理由は明確か


現場監督を辞める前に、辞めたい理由を明確にしましょう。その理由は、辞めた後に後悔しないためです。

辞めたい理由を明確にするときは、抽象的な不満だけでなく、具体的な問題・課題の特定が重要です。具体的な辞める理由を探してみると、辞めるべきか解決策を見つけて続けるべきか冷静に判断できます。

辞めたい理由を明確にすると、自分が抱えている問題を解決への道を見つけやすくなります。また、その理由が一時的なものなのか、構造的な問題なのかを理解することも重要です。

解決可能な問題であれば、上司や同僚とのコミュニケーションを図り、改善策を模索しましょう。

辞めたい理由が抽象的だと転職できない可能性が高まるので、なぜ辞めたいのかを明確にしましょう。

キャリアビジョンはあるか

現場監督を辞める理由だけでなく、次に進む先のビジョンがあるかどうかは重要なポイントです。

キャリアビジョンがないまま転職やキャリアチェンジをすると、同じような状況・課題に再び直面する可能性があります。具体的で明確なキャリアビジョンを描くことで、次のステップに進む方針を見つけられます。

現場監督を辞める場合は、どのような職種・業界で活躍し、どんなスキルや経験を積みたいのかを整理し、自分の目標に向かって計画を立てましょう。

また、キャリアビジョンを描く際には、自分の強みや興味を踏まえた目標の設定が大切です。具体的な目標があれば、それに向かってステップを踏めるため、モチベーションも維持しやすくなります。

キャリアビジョンを明確にし、次なるキャリアステージに進むための準備を整えましょう。

退職理由が職場で解決できないのか

現場監督を辞める前に、退職理由が職場で解決できないのかどうか確認するべきです。人間関係や業務上の課題など、辞める理由が明確になっている場合でも、解決できる可能性があるかの検討する必要があります。

なぜなら、自己都合で転職をすると、辞め癖がついてしまうからです。

企業から退職理由を質問されたときに、対策を講じた説明ができないと「同じ状況を繰り返して辞めるかもしれない」と思われます。その結果、転職成功率が低くなるかもしれません。

転職や退職を検討する前に、相談や対策を試みると問題が解決できる場合もあります。

転職して後悔をしないとためにも、辞める前に検討し、問題解決の余地があるかどうかを確認すると、後悔しないキャリアの選択ができるでしょう。

現場監督を辞めて後悔しない人の特徴3つ

現場監督を辞めて後悔しない人の特徴は、以下のとおりです。

  • 仕事が原因で体調不良になる
  • 人間関係・仕事内容がきついと感じる
  • 安定した暮らしができない

現在の過酷な環境から解放されたいと思っている方は、新しい職場に転職すれば改善される可能性が高いため、現場監督を辞めても後悔しないでしょう。

ただし、一人ひとりによって状況は異なるので、それぞれの理由について見ていきましょう。

仕事が原因で体調不良になる

現場監督を辞めて後悔しない人の特徴の一つは、仕事が原因で体調不良になる人です。体調不良が継続すると慢性化し、より深刻な病気につながる可能性があります。

仕事で体調不良になる場合は、自分の健康を最優先に考え仕事を辞める決断をすることが重要です。

特に建設現場などの現場監督は、過酷な労働条件やストレスが体調不良を引き起こす原因になりやすい傾向にあります。

高橋 宇内氏

仕事が原因で頭痛・睡眠障害・うつ病などの症状が現れた場合、退職・転職を検討しましょう。

人間関係・仕事内容がきついと感じる

現場監督を辞めて後悔しないためには、人間関係や仕事内容がきついと感じるかどうかを冷静に評価することが重要です。

コミュニケーションが円滑でなく、職場の雰囲気が悪化していると、その状況を打破しにくいかもしれません。

高橋 宇内氏

もし人間関係や仕事内容がきついと感じ、改善の余地が少ない場合は、退職を考えましょう。

安定した暮らしができない

現場監督を辞めて後悔しない人の特徴には、安定した生活を維持するための慎重な計画を立てられる点があげられます。特に家族がいる場合や将来の生計を考える際には、安定性が重要です。

現場監督の仕事は、休日出勤や残業が多く、出張や転勤も少なくありません。

ワークライフバランスを重視し安定感のある職場で働くと、生活の安心感を確保でき、仕事に対するモチベーションを維持できるでしょう。

新しい職場への転職を考えている方は、次の「現場監督から転職する方法7つ」を参考に転職活動をしましょう。

現場監督から転職する方法7つ

現場監督から転職する方法は、以下のとおりです。

  • 計画を立てて行動する
  • いままでの経験・スキルを棚卸する
  • 志望する業界・職種を明確にする
  • 希望条件を決める
  • 在職中に活動する
  • 資格を取得する
  • 転職エージェントを活用する

現場監督からの転職を成功させるためには、慎重な計画と戦略が必要です。転職活動に後悔したくない方は、ぜひ参考にしてみてください。

計画を立てて行動する

現場監督からの転職は、慎重な計画と行動が必要です。計画を立てることで、新たなキャリアパスが検討でき、スムーズな転職活動が進められます。

計画を立てるときは、自分のキャリア目標を明確にするべきです。どのような職種や業界で働きたいのかなど、将来のビジョンを具体的に描くと、転職先の条件が明確になります。

次に、転職活動に必要なステップを整理しましょう。履歴書や職務経歴書の作成・求人情報の収集・転職エージェントの活用など、具体的な行動計画を策定します。

計画を立て、それにもとづいて着実に行動することで、転職成功率が高まります。

今までの経験・スキルを棚卸する

現場監督から転職するなら、過去の経験とスキルを棚卸ししましょう。なぜなら、自分の強みや専門性を理解し、次のキャリアステップにどのように活かせるかを明確にできるからです。

まずは、従現場監督としての職務内容やプロジェクトでの経験を振り返ります。同時に、コミュニケーション能力やリーダーシップ、トラブル解決能力などのスキルもあげましょう。

次に自分の興味や強みに焦点を当て、新しい職種・業界においても応用可能なスキル・価値を見出すと、幅広い転職先が浮かび上がります。

自己分析を通して見つけたポイントをもとに、転職活動を進めれば、新たなキャリアの可能性が広がるでしょう。

志望する業界・職種を明確にする

現場監督から転職する際、志望する業界・職種を明確にするステップは欠かせません。自分が将来どの分野で働きたいかをしっかりと考え、方向性を定める重要なステップです。

まずは自分の興味・スキル・強みを踏まえて、どの業界や職種が自分に合っているのかを検討しましょう。過去の経験や興味をもとに、新たなキャリアの方向性を見つけるのがポイントです。

その後、選定した業界や職種について詳しく調査します。業界のトレンド・将来性・求められるスキル・資格などについて把握できれば、具体的な転職プランを立てやすくなるでしょう。

具体的な情報収集の手段としては、以下を活用しましょう。

  • 企業の公式サイト
  • 業界専門の求人情報サイト
  • セミナーやイベントの参加
  • 業界関連の書籍

複数の情報源を駆使して、自分の目指す業界や職種に関する知識を深めましょう。志望する業界や職種を明確にできれば、転職活動をより効果的に進められます。

希望条件を決める

現場監督からの転職を考える際には、希望条件を明確に決めることが重要です。希望条件を具体的に定めないまま転職活動を進めると、企業選びに悩み自分に合ったポジションや環境を見つけるのが難しくなります。

希望条件を設定すれば、企業とのミスマッチを避け、より理想的な職場に出会えるでしょう。

希望条件の具体例は、以下のとおりです。具体例を参考に、自分が大切にしたい希望条件を洗い出しましょう。

  • 業界や職種が自分に適している
  • 勤務地が家から近い
  • 年収が前職より高い年収が前職より高い
  • 福利厚生が充実している
  • 土日に休める

このような条件を自分のライフスタイルやキャリアの目標に合わせて整理し、優先順位をつけると、転職先での充実したキャリアを築くための一歩となるでしょう。

在職中に活動する

在職中に活動するメリット・デメリットは、以下のとおりです。

メリットデメリット
安定した収入を維持できる
交渉力を磨ける
自信を持って転職活動ができる
仕事と転職活動の両立が忙しい
転職先の選択肢が限定的
上司や同僚に転職活動がバレる

在職中に活動する大きなメリットは、安定した収入を維持できる点です。新しい仕事が見つかる前に辞めてしまうと、経済的な不安が生じる可能性があります。

収入がなくなる不安から焦って転職活動をしてしまうと、転職先を慎重に選べず企業とのミスマッチを起こしてしまうでしょう。

仕事を続けながら転職活動をするデメリットは、選考対策に充てる時間がなくなってしまい、不採用になってしまう可能性もある点です。

しかし、仕事を辞めてから転職活動を始めると収入が途絶えるリスクがあるだけでなく、適切なポジションが見つからなかったり、上司や同僚に転職活動がバレて悪い印象を持たれたりするリスクがあります。

在職中に慎重かつ計画的に転職活動を進め、スムーズなキャリアチェンジを目指しましょう。

資格を取得する

現場監督から転職するなら、資格を取得するのもおすすめです。

たとえば、建築業界においては、施工管理技士や建築士などの資格が転職で有利になります。これらの資格を取得すると、技術や知識の幅を広げより幅広い業務に対応できるようになるからです。

また、他の業界への転職を考える場合も、その分野に特化した資格やスキルの習得が有利になるでしょう。

資格取得は将来の職場でのポジションを向上させ、新たなキャリアパスを切り開くための自己投資といえるでしょう。転職を考える際は、適した資格を見極め、効果的なスキルアップが大切です。

転職に役に立つおすすめの資格は、以下のとおりです。まだ転職したい業界が決まっていなくても、以下の資格は幅広い業界で有利になるため、持っておいて損はないでしょう。

  • 日商簿記
  • TOEIC750点以上
  • 普通自動車免許
  • 宅地建物取引士
  • ファイナンシャルプランナー

転職エージェントを活用する

現場監督から転職するなら転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは求職者と企業をつなぐ転職のプロフェッショナルであり、さまざまな業界や職種に関する情報・ネットワークを持っています。また、転職エージェントは豊富な知識や経験を活かして、最適な求人を提案してくれるでしょう。

さらに、転職エージェントは企業との交渉や条件面でのサポートも行ってくれます。

他にも転職エージェントのサポート内容は、以下のようにさまざまです。

  • 希望条件や経歴のヒアリング
  • 求人の提案
  • 応募書類の作成
  • 面談の選考対策
  • 条件交渉
  • 入社・退職手続き

転職エージェントの中にも、求人数が強みであるエージェントや特定の業界に詳しいエージェントがあります。自分に合った転職エージェントを選択することで、充実した転職活動ができるでしょう。

以下、おすすめの転職エージェントについて解説します。エージェント選びの参考にしてみてください。

現場監督を辞めたい人におすすめの転職エージェント3選

現場監督を辞めたいと悩んでいる方は、自分一人で転職活動をするのではなく、転職エージェントにサポートしてもらいながら進めましょう。

現場監督としてのスキルや経験を活かせる職種や業界に転職するためには、自分の強みを理解する必要があります。キャリアアドバイザーに面談してもらって、どんな業界へ転職できるのか話を聞いてみましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

建設・設備求人データベース

建設・設備求人データベース
  • 特徴① 1万6,000件以上の求人数
  • 特徴② 企業情報の提供に強み
  • 特徴③ 内定獲得のための手厚い転職サポート

建設・設備求人データベースは、施工管理・設備管理・設計などの正社員求人を取り扱う転職エージェントです。

さまざまな企業の求人の取り扱いがあり、約1万6,000件(※)の公開求人のほか、登録すると非公開求人の紹介も受けられます。

 

細かな企業情報の共有に強みがあり、待遇や社風のほか、受注実績や業界内での立ち位置、福利厚生、転勤・出張の有無などを一社ごとに詳しく教えてもらえるのが特徴です。

応募書類の作成や面接指導時にも、企業の採用傾向や理想とされる人物像、求められる経験などの情報をもとに、選考突破のためのアドバイスを受けられるでしょう。

 

入社後も安心して働き続けたい方におすすめのエージェントです。

 

※)2024年1月時点

 

サービス名 建設・設備求人データベース
運営会社 株式会社クイック
公開求人数 16,047件
非公開求人数 求人数のうち70%
おすすめポイント
  • 多くの求人から転職先を探したい人に
  • さまざまな条件から比較検討できる
  • 自信をもって書類選考・面接に臨める
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

現場監督を辞めたい・きつい人はまず相談しよう

現場監督の仕事は、肉体的にも精神的にもストレスがかかる要素が多いため、仕事を辞めたい・きついと感じる人は多くいるでしょう。

体調を崩したり、ストレスが溜まったりする前に新しい職場への転職を考えるべきです。しかし、十分な対策をしないまま受け身の姿勢でいると、転職活動に失敗してしまうでしょう。

現場監督から転職する方法は、以下を参考にしてみてください。

  • 計画を立てて行動する
  • いままでの経験・スキルを棚卸する
  • 志望する業界・職種を明確にする
  • 希望条件を決める
  • 在職中に活動する
  • 資格を取得する
  • 転職エージェントを活用する

より確実に転職を成功させるなら、転職エージェントへの相談がおすすめです。転職に詳しいアドバイザーが、希望条件や経歴にマッチした求人を提案してくれます。

また、応募書類の作成や面談対策などのサポートも手厚いため、信頼できる存在となるでしょう。

現場監督を辞めたいと考えている方は、無料で利用できる転職エージェントにまずは相談してみてください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。