放射線技師を辞めたい!辞める前にできることやおすすめの転職先も紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

放射線技師として働く毎日に、このような疑問や不満を感じていませんか。

不規則な生活がしんどい

仕事が単調で、キャリアアップが見込めない

放射線技師を辞めるべきか続けるべきか悩んでいる

せっかく取得した国家資格を活かして別の仕事をしたい

もし一つでも、これらの状況に共感を覚えたなら、放射線技師を辞めて転職することが、これからの行動の選択肢に入っているはずです。

この記事では、放射線技師としての仕事に対する不満や疑問に真摯に向き合い、辞める前にできることや転職先の選択肢について探ります。同時に、放射線技師としてのスキルや経験を生かせる新たなキャリアについても紹介します。

放射線技師の仕事が自分に合っているのか、また転職によってどのような可能性が広がるのか、一緒に考えていきましょう。

新たなスタートを切るための第一歩が見つかるかもしれません。

放射線技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み

放射線技士人材バンク

4.8

放射線技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。

レバウェル医療技師

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。

マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。
目次

放射線技師を辞めたいと思う理由

仕事が単調

放射線技師の仕事は臨床現場において必要不可欠ですが、一方で業務が単調であることが辞める理由として多く挙げられます。

同じ手順やプロセスが日常的に繰り返され、新たな刺激や学びが不足していることで、モチベーションを上げられない方がたくさんいるのです。

給料が安く収入増が見込めない

放射線技師の給与水準は他の医療職である薬剤師や看護師と比べてもさほど低くはありません。

しかし仕事の内容や環境を鑑みた時に、労働に見合った報酬が得られないと感じる方が多いと考えられます。将来の生活の安定性が懸念されると、新たなキャリアを模索したくなるのです。

【参考記事】
賃金構造基本統計調査|厚生労働省 
診療放射線技師の給料について|男女・地域・勤務場所別で見る違い

当直業務があり生活が不規則

放射線技師は医療現場の中でも特に不規則な勤務が求められることがあります。

特に当直業務が続くと、生活リズムの乱れや家庭との調整が難しくなり、働き方に対するストレスが蓄積されることがあります。

教育体制が整っていない

昨今、人々の健康への意識は高まっており、健康診断や人間ドックにおいて放射線技師のニーズは高まっています。

一方で、スキルや知識の向上が求められる中、日々の業務に追われ、十分な教育や研修の提供がおこなわれていない現場も多くあります。これが、専門職としての成長に制約を与える一因となります。

ミスが許されないのでプレッシャーを感じる

医療現場においては患者の安全が最優先のため、ミスを許されないプレッシャーが放射線技師には常にかかります。

これが続くと、ストレスや過度な緊張が仕事の魅力を減少させ、辞める意向を強めることがあります。

学会への参加を求められる

放射線技師には常に最新の知識が求められ、学会への積極的な参加が求められます。休日を返上しての学会への出席や費用などを負担に感じる方は、退職を考えるきっかけになります。

人間関係が上手くいかない

どんなに好きな仕事だったとしても人間関係が上手くいかない場合、仕事においてストレスが増大します。

放射線技師というと一人で黙々と作業できるイメージがありますが、大きな病院では同僚や上司とのコミュニケーションは必要不可欠です。

職場環境に感じるストレスは、自分一人では改善できないことも多く、退職を考える一因となります。

放射線技師を辞める前に

放射線技師としての仕事に不満を感じたとしても、安易に退職を検討することはおすすめできません。

辞める理由やこれからのビジョンを整理し、自分の中で言語化しておかないと、今後の活動も上手くいかないからです。

まずは、今感じている不満や課題と向き合ってみましょう。退職を決める前に、不満や課題を解消する方法がないか、検討してみることが必要です。

不満点を解消する方法を考える

副業やバイトで収入を増やす

給与が不満な場合、現職にとどまりながらもう一つの収入源を見つけることは、一つの解決方法になります。

副業やアルバイトを始めることで、経済的な余裕を持ちながら、現在の職場での不満を和らげることができるでしょう。

ただし、副業やアルバイトによって総労働時間は増加します。休息がとれず、余計に苦しさを感じるようでは本末転倒ですので、仕事と息抜きのバランスを考えながら挑戦することが大切です。

放射線技師として職場を変える

放射線技師の仕事を辞めてしまうのではなく、同じ仕事ができる別の職場へ転職することも選択肢の一つになります。

また、異なる医療機関や施設へ移ることで、新たな環境での業務を経験したり、新しい人間関係を構築したりすることができます。同じ職種であっても、職場環境の違いが仕事に対する意欲を高めることとなるでしょう。

人間関係や職場の制度に不満を感じている方にはおすすめの方法です。

しばらく休職する

仕事に対する疲れやストレスがピークに達している場合は、一時的に休職することも検討の価値があるでしょう。

毎日の業務に追われ、疲労が溜まった状態では、冷静な判断ができなくなります。思い切ってリフレッシュ期間を取ることで、冷静な視点で将来のキャリアプランを考える時間を確保できます。

転職エージェントを活用する

転職エージェントの利用は、新しいキャリアへのスムーズな移行を支援してくれる重要な手段です。

エージェントは市場の動向を把握しており、個々のスキルや経験に合った求人を提案してくれるため、効果的な転職活動を展開できます。また、現職を続けながら転職エージェントを活用することで、辞める前に現状を整理したり、意識を改善したりすることもできます。

転職するしないに限らず、自分のキャリアについて相談に乗ってもらうことで、前向きなステップを踏むことができるでしょう。

自分に合った解決策を見つけて、新たな一歩を踏み出してみましょう。

放射線技師の転職におすすめの転職エージェント7選

放射線技師の方が新たなキャリアを模索するうえで、適切な転職エージェントの選定は非常に重要です。

以下は、放射線技師の転職におすすめの転職エージェント7選です。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカル
  • 特徴① 大手人材紹介会社『マイナビ』が運営
  • 特徴② キャリアアドバイザーによる充実した転職支援
  • 特徴③ 実際に訪問して厳選した求人のみを紹介

マイナビコメディカルは、医療職に特化した転職エージェントです。

 

多分野で転職を支援してきた株式会社マイナビが運営しているとあって、蓄積してきた転職ノウハウをもとに、転職活動を成功へと導いてくれます。

 

最大の特徴は、業界専任のキャリアアドバイザーによる充実した転職支援を受けられることです。

 

入念なキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、応募書類の添削、面接対策、条件交渉、退職交渉のアドバイス、入職後のアフターフォローまで、転職活動の工程を一つひとつ丁寧に支援してもらえます。

 

アドバイザーが実際に訪問して確認し、厳選した求人のみを提案してもらえるため、安心して紹介を受けられるでしょう。

 

数多くの公開・非公開求人の中から、希望に合う仕事を見つけられるはずです。

 

 

サービス名 マイナビコメディカル
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 41,416件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 転職活動の不安を軽くできる
  • ブラック病院への転職を避けられる
  • 非公開求人の紹介を受けられる
対応地域
東京、愛知、大阪、福岡、など全国
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

放射線技師人材バンク

放射線技師人材バンク

放射線技師人材バンクは、放射線技師のスキルや経験に特化した求人情報を扱うエージェントです。放射線技師専任のアドバイザーが丁寧にサポートし、希望に合った転職先を提案してくれます。

サービス放射線技師人材バンク
運営会社株式会社エス・エム・エス
求人数東京都:476件
公式サイトhttps://www.jinzaibank.com/hjb
※2023年12月時点

レバウェル医療技師

レバウェル医療技師

医療技師全般に対応するレバウェル医療技師は、放射線技師の方にも豊富な求人情報を提供しています。キャリアの相談や適職のアドバイスを通じて、転職をスムーズに進める支援を行っています。

サービスレバウェル医療技師
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
求人数診療放射線技師:11件
公式サイトhttps://levwell.jp/profession/rt/
※2023年12月時点

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

パソナキャリア

パソナキャリア
  • 特徴① 年収アップ率61.7%、求人の半数が年収800万円以上
  • 特徴② ハイクラス転職に特化したコンサルタントが支援
  • 特徴③ 4年連続満足度総合1位を獲得

パソナハイクラスは、株式会社パソナが運営するハイクラスに特化した転職エージェントです。保有されている求人の約半数が年収800万円以上で、61.7%(※1)の方が年収アップに成功した実績をもちます。

 

パソナキャリアでは、ハイクラス転職を専門とする業界専任のコンサルタントが、企業情報の共有や面接対策、内定後の交渉などの充実したサポートで転職を成功へと導いてくれます。

 

面接の日程調整や企業への推薦などもおこなってくれるため、忙しい合間でも効率的に転職活動を進められるでしょう。

 

利用者満足度調査で4年連続総合1位(※2)を獲得しており、手厚い転職支援を受けたい方におすすめです。

 

(※1)パソナハイクラスの公式ホームページより
(※2)オリコン顧客満足度調査 2019年~2022年転職エージェント総合1位

 

サービス名 パソナキャリア
運営会社 株式会社パソナ
公開求人数 34,075件(※3)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 年収800万円以上の求人を紹介可能
  • 手厚い転職支援を受けられる
  • 30~50代でハイクラス転職を目指している方におすすめ
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

診療放射線技師JOB

診療放射線技師job

診療放射線技師JOBは、放射線技師のために特化した求人情報を提供する専門エージェントです。医療機関との強い連携を活かし、希望条件に合った求人を提案しています。

サービス診療放射線技師JOB
運営会社株式会社 SEプラス
求人数960件
公式サイトhttps://rtjob.jp/
※2023年12月時点

放射線技師の仕事とは?

仕事内容

放射線技師は、医療現場において画像診断をおこなう専門家です。主な仕事は、医師の指示に基づいてX線やCT、MRI、超音波などの医療機器を操作し、患者の内部構造や病変を観察することです。

画像の撮影だけでなく、その後の画像処理やレポート作成も含まれ、医師に対して正確な情報を提供することが求められます。

近年では病気の早期発見や健康への意識が高まり、健康診断や人間ドックなどでも放射線検査のニーズが高まっています。

必要な資格

放射線技師として働くためには、厚生労働省が定めた「放射線技師」の国家資格が必要です。

この資格を取得するには、専門学校や大学での放射線技師養成課程を修了し、その後の国家試験に合格する必要があります。

放射線技師の資格を持つことで、高度な医療機器を操作し、患者の診断に貢献することができます。

【参考記事】【2023年最新】診療放射線技師とは? 年収、国家試験の合格率、将来性について解説!

放射線技師が向いている方

放射線技師に向いている方は以下のような特徴を持っています。

科学的な好奇心

体の内部構造を把握するため、科学的な興味や好奇心が強い方が向いています。

コミュニケーション能力

医師や看護師と比べるとコミュニケーション能力は必要ないイメージを持たれることも多いですが、実は違います。

まずは患者との円滑なコミュニケーションが必要です。どんな検査をするのか、痛くないのか、と不安に感じながら検査に来る患者も多くいます。そういった患者を安心させ、適切な検査ができるよう上手く指示を与えるためにはコミュニケーション能力が必要です。

また、病院内でも様々な科の医師や看護師とコミュニケーションをとりながら検査をする必要があります。どんな人とでもスムーズにやりとりができ、必要な情報を的確に伝えられる力は不可欠です。

細かな注意力

画像の質や撮影の正確性が患者の診断に直結するため、細かな注意力が求められます。コツコツと地味な作業を好んでやれる方が好ましいと言えます。

責任感

医療に関わる限りミスが許されない状況で働くため、責任感が強く、慎重な作業ができることが重要です。

放射線技師は高度な技術と専門知識が要求される職種であり、患者の正確な診断に関わる重要な役割を果たしています。

放射線技師のスキルを活かせるおすすめの転職先

行政施設

行政施設では、地域の健康管理や予防医療の推進に貢献することが求められます。

放射線技師のスキルを生かして、市区町村や保健所での公衆衛生活動や、住民向けの健康相談・検診などに従事することができるでしょう。

病院とはまた違った観点から、地域社会への貢献を重視する方に適した職場です。

病院・クリニック

伝統的な医療機関である病院やクリニックでは、放射線技師のスキルが最も直接的に求められます。

患者の診断や治療において、高度な画像診断技術が不可欠であり、放射線技師はその中核を担います。患者と密に関わりながら、医療のフロントラインで活躍できる環境です。

職場環境や忙しさなどは病院の規模によっても異なります。小さなクリニックでも、放射線技師が自分一人しかいない場合には、責任やプレッシャーが重くのしかかることもあります。

医療機器メーカー

医療機器メーカーでは、放射線技師の経験を活かし、新しい医療機器や診断装置の開発、販売、サポートに従事できます。技術の進化に敏感な環境で、専門的な知識を生かして新たな製品やサービスの向上に貢献することが期待されます。

実際に現場で機器を操作した経験は、幅広い業務で重宝されるでしょう。

治験関連の企業

治験関連の企業では、新薬や治療法の開発に携わる仕事があります。放射線技師は画像診断の専門家として、臨床試験において患者のモニタリングや画像データの解析をおこない、治験の進捗に寄与します。

臨床研究への興味があり、専門的な知識を深めたい方に適しています。

 

これらの職場では、放射線技師のスキルや経験が高く評価され、それを活かして新たなキャリアを築くことができます。自身の興味や目標に合わせて、これらの職場を検討してみてください。

放射線技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み

放射線技士人材バンク

4.8

放射線技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。

レバウェル医療技師

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。

マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。

転職までの具体的なステップ

職場に報告する

転職を検討している場合、まずは現職の上司や人事部に率直に報告することが大切です。

十分なコミュニケーションを図り、円滑な退職を目指しましょう。転職理由や希望するキャリアについても説明し、相手に理解を得る努力がとても重要です。

自己分析、価値観の整理

転職を成功させるためには、自分自身を知り、どのようなキャリアや環境が自分に合っているのかを明確にすることが必要です。

自己分析をおこない、自身の強みや弱み、キャリアの方向性を見極め、転職先に求める条件や価値観を整理しておきましょう。

このステップをおざなりにしてしまうと、転職活動自体が上手く行かない、転職したものの前職で抱いていた不満が解消されない、などの問題が起こる可能性があります。

転職エージェントを活用し、第三者の意見も聞きながら、しっかりと言語化しておきましょう。

履歴書や面接の準備

転職活動においては、履歴書や面接が非常に重要な役割を果たします。

過去の経験や成果を具体的に示し、転職先に貢献できるポイントをアピールすることが求められます。また、面接では自分の意欲や将来の展望を伝えるために、十分な準備が必要です。

転職活動

転職活動は、求人検索から応募、面接、内定獲得まで様々なステップがあります。転職エージェントの利用や企業の求人情報を積極的にチェックし、自らも積極的な姿勢で情報収集をおこないましょう。

また、求人に応募する際には、自分のスキルや経験がどのようにその職場にフィットするかを明確に伝えることが大切です。

これらのステップを踏むことで、転職活動を着実に進め、新しいキャリアにスムーズに移行することができます。十分な計画と準備をおこない、将来の展望に向けて前進していきましょう。

放射線技師の転職を成功させるポイント

転職の目的を明確にする

転職を成功させるためには、まず転職の目的を明確にすることが不可欠です。

自分が求めるキャリアの方向性や、改善したい職場環境、給与の条件などを具体的に洗い出しましょう。目的が明確であれば、それに基づいて適切な転職先を見つけ、自身のキャリアを有意義に進めることができます。

転職すると決めた方は、早く求人情報を探したり面接に行ったりしたいと思うでしょうが、転職を成功させるため、ひいては今後のキャリアのためにも非常に重要なステップになりますので、きちんとおこないましょう

転職エージェントを活用する

転職エージェントは、放射線技師の方がスムーズに転職するための重要なサポーターです。エージェントは市場の動向を把握し、求人情報や企業のニーズを理解して情報提供をおこないます。

また、個別のカウンセリングを通じて、個々のスキルや経験に合った最適な転職先を提案してくれます。自己分析や条件の洗い出し、目的の整理など、一人では難しいステップは、ぜひ転職エージェントに協力してもらうことをおすすめします。

転職エージェントの専門知識やネットワークを利用し、戦略的かつ効果的な転職活動を進めることが、成功への近道となります。これらのポイントを意識して転職活動を進めることで、自身のキャリアにおいてより良い環境を見つけられるでしょう。

最後に

放射線技師の転職は、自分のキャリアを新たなステージに進めるための重要な一歩です。

放射線技師のスキルは様々な職場で活かせますので、自身の興味や将来の展望に応じて職場を選びましょう。転職により、新しい環境で放射線技師の経験を活かし、充実したキャリアを築くことができるでしょう。

転職は自分自身の未来を切り拓く新たな始まりです。ぜひ、前向きなステップを踏んでみてください。

放射線技士におすすめの転職サイト3選
サイト名 評価 強み

放射線技士人材バンク

4.8

放射線技士専任のアドバイザーが求人のご紹介・給与交渉など転職活動全般をサポート。

レバウェル医療技師

4.5

電話・LINEで連絡で相談可能!給与交渉などのサービスもアリ。

マイナビコメディカル

4.2

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループが運営する医療介護業界特化した転職サイト。
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。