仕事で何がしたいかわからない30代がやりたいことを見つける方法とは

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

30代になると自身も周囲も生活が大きく変わってくるため、「このまま今の職場で仕事を続けていいのか」と将来について迷いや不安が増えていきます。

それと同時に「転職するとして仕事で何をしたいのかわからない」と思う方も多いでしょう。

この記事では、仕事で何をしたらいいのかわからないと思った時にすべきことや、30代男性・女性が目指せる職業、注意点などについて紹介します。

目次

仕事で何がしたいかわからない30代の転職は最後のチャンス

「仕事で何がしたいかわからない」という方にとっては、30代が正社員に転職できる最後のチャンスになる可能性が高いでしょう。というのも、転職では年齢が大きく関わってくるからです。

求人票には、法律の関係上記載されていませんが、よほどのスキルがない限り、ほとんどの企業はできるだけ若い人材を採用したいと考えています。

そのため同じスキルで20代と競った場合、不採用になる可能性が高くなります。

「仕事で何がしたいかわからない」と迷っているのであれば、できるだけ早く行動することで希望の転職を叶えられるでしょう。

あわせて読みたい
転職したいけどスキルがない30代は手遅れ?未経験におすすめな仕事も解説! 30代で「転職したい」と思っているけれど、スキルがないことやキャリア不足に悩んで一歩を踏み出せない方もいるでしょう。 結論からお伝えすると、30代でスキルがない場...

30代で仕事で何がしたいかがわからない人の特徴

30代になり仕事で何がしたいかわからなくなる人には、以下のような特徴があります。

30代前半

自己分析が足りていない

自己分析が足りないと得意分野や自分に合う働き方がわからないため、業務で思ったような成果が出せず、どのような職業についても自分に合っていないと感じてしまいます。

また仕事が忙しくて自分の得意不得意などを考える時間を作ることができない方もいるでしょう。毎日の業務に追われて、本当に自分がやりたかったことは何か分からなくなってしまう人は少なくありません。

働き方や職業・職種が多様化する今だからこそ、自己分析をおこない自分の強みや職業適正、仕事への希望を突き詰めることが重要です。

他人と比較している

30代になると年収や結婚の有無など、人によってライフスタイルに大きな差が出てきます。

他人と比較し「自分も同じような役職に就きたい」「年収○○円いかなければいけない」と考えてしまう人は、他人と合わせることに重きを置いてしまうため、自分が何をしたいのかわからなくなってしまうでしょう。

人によって得意とすることや今までの経験は異なるため、必ずしも同じように成長できるわけではありません。

自分に自信が持てない

自分に自信が持てない人も、仕事で何をしたらいいのかわからなくなってしまう傾向があります。

特に20代の頃に大きな成功を経験していない人は、スキルや実務に自信が持てず「自分に向いている仕事はない」と思い悩んでしまうこともあります。

自分に自信が持てないと、新しいことにチャレンジできなくなってしまいます。自己肯定感が低い人は、いきなり大きなチャレンジをするのではなく、小さなことから始めましょう。

少しずつ行動に移すことができれば、自分に自信が持てるようになりやりたいことが分かるようになるはずです。

30代後半

環境を変えるのが怖い

30代後半になると、自分だけではなく家族の生活を背負っている人もいます。また、慣れ親しんだ職場環境を変えるのが怖いと思う人もいるでしょう。

できるだけ同じような職場を探してしまうと今と業務内容が変わらず、転職後にまた「このままでいいのか」と不安に思うことになります。

転職市場における30代後半は専門的なスキルや経験に加え、マネジメント経験が求められる年代です。40代となるとハイクラスポジションの転職が増えてくるため、転職したい方はなるべく早めに行動に移すことが重要です。

条件面を重視している

30代後半となると、今までの職務経験のなかで譲れない条件が増えてきます

「給与は600万円以上」「テレワーク週3可」「福利厚生が充実している」など条件が増えてしまうと、条件面が合致しないケースは珍しくありません。

そのため条件面を重視しすぎると、自分がしたい職業・職種から遠のいてしまう可能性があります。

仕事で何がしたいかわからない方はまずは条件面よりも自分が本当にやりたいことはなにかを考えることから始めましょう。

30代女性

ワークライフバランスを求めすぎる

30代女性は結婚や出産といったライフスタイルが変わりやすい年代であるため、働きやすさを求める傾向にあります。

ワークライフバランスはもちろん重要ですが、正社員を希望した上でワークライフバランスを求めすぎはよくありません。

ワークライフバランスを重視するあまり、転職してもやりがいを持てず、楽しさがない職業に就くことになるケースもあります。

正社員以外の選択肢がない

近年働き方が多様化しているため、正社員以外にも派遣社員・フリーランスなど働く方法は多くあります。

正社員にこだわることで、自分の選択肢の幅や可能性をつぶしているケースは珍しくありません。

「正社員でないといけない」という考えは捨て、正社員にこだわらないのも1つの選択です。

30代がやりたい仕事や向いてる仕事を見つける方法

ここでは、30代でやりたい仕事や自分に向いている仕事を見つける方法について紹介します。

好きなことを考える

自分が今までの人生で好きだったことや作業を考えてみましょう。

趣味を仕事にしたくない人やあまり好きなことがなかった人でも、好きだった・自分に向いている作業はあるはずです。

例えば静かに黙々と1人で作業するのが好きな人もいれば、反対に大人数でワイワイと話をするのが好きな人もいます。

そのような作業と興味のある業界をかけ合わせた職種を探していきましょう。

やりたくないことを考える

好きなことがないから、やりたいことや向いていることが分からない方もいるでしょう。

そんな方は「これだけはやりたくない」とやりたくないことから考えましょう。机に向かう事務作業が苦手な人もいれば、営業が苦手な人もいます。

やりたくないことを考え、できるだけ関わりのない職業・職種を探してみてください。

優先順位をつける

転職する際に様々な条件面を見ると思いますが、自分の希望をすべて満たす求人に出会えるのはレアケースです。

希望する条件は複数あると思いますが、自分が何を一番優先したいのか考え、以下のように順位をつけていきましょう。

  • 業務内容
  • 給料
  • 通勤時間
  • 残業時間
  • 福利厚生

その順位の元、求人票を比較するとできる限り自分の希望に近い求人を見つけられます。

過去の経験を深掘りする

日常生活からしたいことが見つからない場合、過去の経験を深堀してみましょう。

学生時代や過去の業務において、楽しかったり充実感や満足感が得られたりした内容を深堀りすると、自分がどのようなことをしたいかが見えてくるはずです。

過去の経験を通して、自分はどのようなことに楽しさや充足感を持ったのか、なぜそのように感じたのかまで深堀りして言語化してみましょう。

40代のキャリアを考える

40代のキャリアは、今後の働き方や年収を左右する重要な時期です。どのようなキャリアを築きたいかで、職業を探すのもおすすめします。

例えば、ずっとプレイヤーとして働きたいのであれば、専門性を磨くことのできる職種がおすすめですし、マネージャーや管理職を目指すのであれば、そのようなマネージャー候補の求人を探してみましょう。

転職エージェントに相談する

自己分析や自分で求人を探すのにも限界があります。

行き詰ったり、どのように検索すればいいのかわからなくなってしまった場合は、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントとの面談では、自分の思ってみなかった希望や強み、スキルなどを発見できます。また、会社によってはキャリアカウンセラーがいて、キャリア形成から相談が可能です。

30代で仕事で何がしたいかわからないまま転職した場合

仕事で何がしたいかわからないまま30代で転職してしまうと、転職に失敗したり成功してそれまでに苦労します。

ここでは、転職した場合にどうなるのかについて紹介します。

転職先が見つからず転職活動が長引く

何がしたいのかわからないまま転職活動を始めると、少しいい案件があっても自分には向いていないように感じてしまったり、モチベーションが上がらずに転職活動が長引く可能性があります。

短期間で転職活動を終わらせたいのであれば自己分析をおこない、自分がどのような業界・職種で働きたいのか、企業に求める最優先事項は何かを明確にしましょう。

早期離職してしまう

漠然と転職してしまうと、成功したとしても合わないと感じ早期離職につながります。

30代の早期離職は、よほど仕方ない理由がない限り次の転職においてマイナス要因です。

最後の転職になる可能性もありますので、妥協や漠然とした転職ではなく、長期的に働けるもしくはキャリアを築ける会社なのかを事前に確認するようにしましょう。

転職の難易度が上がる

漠然とした気持ちで転職をはじめると、明確なビジョンがないため求人を選り好みしたり、履歴書などが適切に書けないため転職の難易度が上がります。

短期間でできるだけスムーズに希望の転職を成功させるには、転職後の生活・キャリアについて明確なビジョンを持っておくことが重要です。

30代で仕事で何がしたいかわからないときのNG行為

何がしたいかわからないときに、してはいけないNG行為があります。

30代の転職で失敗しないためにも、このNG行為についてチェックしておきましょう。

資格を取得する

転職する際に、少しでも成功率を上げるために資格を取得する人もいます。

もちろん、明確に転職したい職種がある場合、関連する資格を取得することが非常に有効です。

ただし、転職したい職種がないまま漠然と「転職に有利」と言われる資格を取得しようとすると、実際の転職に資格が必要なく、時間やお金が無駄になる可能性があります。

資格を取得する前にまず自分が転職したい職種を見つけることが重要です。

異業界・異業種へ転職する

異業界・異業種への転職もおすすめできません。

今までとまったく違う業界・業種は強い意欲と体力があれば適応できますが、なんとなく入ってしまうと新しい環境に馴染むことができず、早期離職やうつなどの精神疾患の原因になります。

強い希望がないのであれば、今まで働いてきた業界もしくは業種で転職した方が、給与も上がり職場にもすぐに馴染むことができるでしょう。

年収だけを基準に転職する

転職するならスキルアップや年収アップを狙いたいところですが、30代で年収だけを基準に転職するのはおすすめできません。

30代で転職できて高年収の職種は、重い責任や高いスキルを求められるからです。

挑戦したい意思があればいいのですが、「何をしたいか分からないけど、できるだけ年収の高い仕事につきたい」と軽い気持ちで転職してしまうと、転職先の業務に耐えきれない可能性があります。

30代で仕事で何がしたいかわからない時の対処法

30代になり、仕事で何をしたいかわからなくなった時の対処法として以下の3つがあります。

  • 自己分析をする
  • 転職エージェントに相談する
  • スカウト型の転職サイトに登録する

ここではそれぞれ対処法について紹介します。

自己分析をする

仕事で何をしたいのかわからない時は、まず自己分析をしてみましょう。

転職エージェントの分析ツールやネット上にある自己解析アプリなどは無料で利用できるので、診断してみてください。基本的に自己分析・解析では100前後の質問に回答すると性格や強み、おすすめの業種なども自動的に表示されます。

本などでも自己分析ができますが、ネットの自己分析なら細かい結果を自動で生成してくれるので、手間が省けておすすめです。

転職エージェントに相談する

転職を漠然と考えた時は、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは転職相談だけではなく、今までのキャリアを元に今後のキャリアや転職先の職種について相談したり的確なアドバイスをもらったりすることができます。

キャリアから見直したい、自分の強みを見つけてほしい人に特におすすめです。

スカウト型の転職サイトに登録する

なんの仕事が自分に向いているのか、どのような仕事をしたいのかわからない時は、スカウト型の転職サイトへの登録もおすすめです。

スカウト型は、自分のスキルを登録しておくだけで企業からオファーをもらうことができます。

偶然から自分に合う職種をめぐりあえたり、オファーをくれる業種などから自分の市場価値や合いそうな職種を見つけることが可能です。

仕事で何がしたいかわからない30代におすすめの転職エージェント

仕事で何がしたいかわからない30代におすすめの転職エージェントを紹介します。

自分ひとりで悩んでいても客観的な判断ができないことがあります。

ひとりで悩むのではなく、多くの求職者のキャリアを支援してきた転職エージェントに相談してみると、あなたにあった業界や職種が見つかるかもしれません。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

仕事で何がしたいかわからない30代によくある質問

仕事で何がしたいかわからない、今後どのような仕事がしたいのかわからないという30代の方によくある質問をまとめました。

30代から始める仕事で女性におすすめの仕事は?

今までのキャリアやライフスタイルによって大きく変わります。

例えば、今まで同じ職種を続けてきたり一定のキャリアがあるのであれば、それを活かす職業がいいでしょう。逆に複数回転職してきてキャリアがない、業界を変えたい人は事務やIT系の仕事がおすすめです。

残業がないことが多く体力も必要ありません。また、初心者や未経験歓迎の案件が多いため、就職しやすい傾向があります。

30代から始める仕事で男性におすすめの仕事は?

男性も30代から始めるのであれば、エンジニアやデジタルマーケティングなどのIT関連がおすすめです。

IT業界はDX化やデジタル化が加速する中で技術者が足りていないため、将来性が高く年収面でも期待できます。

数値を見たり机に座り続けるのが苦手な人は、介護職などもおすすめです。

30代で仕事で何がしたいかわからないけど、診断ツールはある?

転職サイトでは多くの診断ツールが用意されています。

特に、大手転職サイト「ビズリーチ」を利用すればあなたの市場価値が分かります。

市場価値が分かれば、あなたが応募できるおすすめの業種や業界を細かく解説してくれるため、仕事で何がしたいかわからない人におすすめです。

35歳で何がしたいかわからないけど、どうしたらいい?

35歳だとスキルや経験がないと転職が難しい年齢となります。

まずは「何がしたいのかわからない」について、仕事のどこに不満があるのかを明確にすることが重要です。

分析ツールや自己分析ではいまいちはっきりしない場合は、転職エージェントに相談してみてください。

キャリアがない30代ですが、何から始めればいい?

キャリアがないままでの転職は厳しいため、転職する前にできる限りスキルをつけておくことをおすすめします。

現在の職場でスキルを身に着けるのが難しい場合は、副業をしてみてもいいでしょう。転職したい職業があるのであれば、それに合う資格を取得するのもおすすめです。

仕事で何がしたいかわからない30代は多い

30代になると将来を考える機会も多く、仕事で何がしたいのかわからなくなってしまう人も珍しくありません。転職するか迷った時に、仕事に大きな不満がないのであれば現状維持も1つの選択肢です。

ただし、転職には期限があります。30代半ばを過ぎてからでは相応のスキルや経験、強みがないと好待遇での転職は難しいでしょう。

もし、30代になって今後の仕事を迷うのであれば、転職エージェントにキャリア相談することをおすすめします。すぐに転職しない人の相談も無料で受け付けてくれるので、まずは自分がどうしたいのか相談してみましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。