転職したいけどスキルがない30代女性は厳しい?|転職しやすいおすすめの職業を解説

高橋宇内
           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

転職をしたいけど、年齢やスキル的に転職ができるか不安に思っている30代女性も少なくないはずです。

確かに30代の転職活動では実績や経験を求められるため、スキルなしでは不利に感じるかもしれません。

しかし、自分ではスキルがないと思っていても、実は他社では重宝するスキルが身についていて、転職できるケースは少なくありません。

転職市場における自分の市場価値を客観的に理解することは簡単でありません。転職したいけどスキルがないと思っている30代女性におすすめなのが、利用者の8割が自分の市場価値を測るために利用しているビズリーチ」です。

今すぐ転職する予定のない方もまずはレジュメ登録をして、自分が転職できるのか確かめてみてください。

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。

関連記事:女性向け転職エージェントおすすめ比較ランキング|20代前半後半・30代・40代別に評判・口コミを解説

目次

【結論】スキルがない30代女性でも転職可能!

結論からお伝えすると、スキルなしの30代女性でも転職は可能です。

「スキルがない」といっても、自己分析をおこなうことで、あなたが本当はスキルを持っていることが見えてくるでしょう。

転職におけるスキルとは「テクニカルスキル」「ポータブルスキル」の2つに分けられます。

テクニカルスキルとは、営業力やマネジメント力など、業務をおこなうときに必要な専門スキルです。一方のポータブルスキルとは、リーダーシップや問題解決力など、どの業務にも汎用できるスキルです。

スキルがないと悩む30代女性の中には、テクニカルスキルがないと言う理由で悩む方も多いでしょう。しかし、これまでの業務の経験で培ったポータブルスキルは持っているはずです。

つまり、テクニカルスキルを持っていなくても、ポータブルスキルをアピールすれば、スキルなしの30代女性も転職成功率が上がるのです。

関連記事:転職したいけどスキルがない30代は手遅れ?未経験におすすめな仕事も解説!

スキル・資格なしの30代女性が転職が難しいと言われる理由3つ

スキルのない30代女性でも転職可能ですが、スキルを持っている人材より転職のハードルが高いといえるでしょう。

スキル・資格なしの30代女性が転職が厳しいといわれる理由は、以下のとおりです。

  • 30代の転職では即戦力が求められるから
  • 結婚・出産・などで早期退職のリスクがあるから
  • 職種によって働き方が合わない場合があるから

30代の転職では即戦力が求められるから

年齢階級別転職入職率
引用元:令和4年雇用動向調査結果の概況|厚生労働省

30代の転職では、ほとんどの企業が経験やスキルのある即戦力を求めています。30代女性で未経験の業界や職種への転職は、難易度が高まるでしょう。

30代以降の転職では、20代のようにポテンシャルの高さに期待されなくなり、入社後すぐに活躍できるか、これまでの知識や経験をどれだけ活かせるかが重視される傾向にあるのです。

実際、厚生労働省の調査結果では、20代に比べて30代女性の転職人数が少なくなっています。このことから、30代の転職には相応のスキルや経験が必要であるといえます。

ただし、即戦力になれる人材だとアピールできれば、十分に転職可能です。求める人材は企業によってさまざまなので、事前に企業研究をしておくとよいでしょう。

結婚・出産などで早期退職のリスクがあるから

30代女性は、年齢的に結婚・出産といったライフイベントを迎える可能性が高くなります。

入社後すぐにこのようなライフイベントを迎え、早期退職や産休・育休に入ってしまうと、採用する企業側としては、費やした時間や費用を損失することになります。

年齢や性別で採用を決めているわけではありませんが、企業としては中長期的に雇用できる人材を求めるので、採用する女性のプライベートな事情も重視する傾向にあるでしょう。

30代で転職するには、将来の結婚や出産の予定、その後の働き方について、自分自身で明確に説明できるようにしておく準備が必要です。

職種によって働き方が合わない場合があるから

女性が考えている働き方と、実際の職種や企業の求める働き方が一致しないと、転職が不利になる場合があります。

もし、自分の希望と異なる働き方になると感じた場合、早期退職をするリスクがあるため、企業側は採用に慎重になってしまうでしょう。

家庭の事情で希望する働き方が限定されている場合、オフィスワークのような勤務時間がきっちり決まっている職種では、転職が難しくなるケースがあります。

ライフイベントを意識する30代女性は、あなたの希望に合う職種を探すことが重要です。

スキルなしの30代女性が転職するためのポイント3つ

スキル・資格なしの30代女性が転職するのは不利といわれていますが、事前に対策をしておけば転職は十分に可能です。

スキル・資格なしの30代女性が転職するためのポイントは、以下のとおりです。これらを参考に転職活動の準備を進めましょう。

  • これまでの経歴・実績を整理する
  • 企業側の懸念を払拭する説明を考える
  • 自分一人で転職活動を進めない

これまでの経歴・実績を整理する

スキルがない30代女性でも、これまでの業務で培った実績や経験があるはずです。今までの経験やスキルを整理して、自分の強み・向いている仕事を探しましょう。

経験から得られたスキルや学んだ知識の自己理解が深まると、転職活動の面接でアピールできる材料が見つかり、企業側によい印象を与えられる可能性が高くなるからです。

なお、自分の強みを見つけるには、成功したことや上手くいったことだけでなく、失敗したことにも目を向けてみましょう。

失敗したときに何を考え、どのように行動し失敗をフォローしたかを整理すれば、自分の価値観や行動力、分析力などが強みとして明らかになるはずです。

もし、どうしても自分のアピールポイントが見つからなければ、他人に聞いてみるのもよいでしょう。

企業側の懸念を払拭する説明を考える

転職活動において、企業側の懸念を払拭できる説明が重要です。企業側は30代女性を採用する際、家事や育児で、働く時間に制約があるかどうかを気にしているでしょう。

「家事や育児をしながら働く時間が確保できるのか」「子どもの急病で欠勤が多くなるのか」といった懸念を払拭し安心感を与えられれば、採用の後押しになる可能性が高くなります。

「近所に実家があるので頼れる」「夫が欠勤・早退の融通が効きやすい仕事をしている」など、仕事への影響が最小限に抑えられることをアピールしてください。

自分一人で転職活動を進めない

一人で転職活動を進めるのは簡単ではありません。特に、初めての転職活動なら何から始めればいいかわからず、うまくいかないこともあるでしょう。

忙しい環境の中で転職活動進めるには、転職エージェントのサポートを受けるのがおすすめです。

転職エージェントは、専任のキャリアアドバイザーが在籍し、応募書類の作成・面接対策のサポートをしてくれるため、内定を得られる確率をぐっとアップしてくれます。

あなたのこれまでの経歴をヒアリングして、強みをしっかりと見つけてくれるのもメリットです。転職サポートに慣れているアドバイザーが担当してくれるから、あなた自身では思いもよらなかったアピールポイントが見つかるかもしれません。

企業との面接日程の調整に対応してくれたり、優良な非公開求人も紹介してくれるのも嬉しいポイントです。

スキルなし30代女性が転職しやすいおすすめの職業5選

30代での転職では、将来のキャリアに対して「スキルを身につけやすく、長期的に続けられる職種」が理想的とされています。通常、これらの職種に転職するには、スキルや資格が求められるケースが一般的です。

しかし、スキルや資格がなくても転職はできます。将来にわたって安定して続けられる職種も存在します。

資格なしの30代女性が転職しやすい職業は以下のとおりです。

スキルなし30代女性が転職しやすいおすすめの職業5選
  • 事務職
  • 営業職
  • 販売職
  • 技術職
  • 福祉系の専門職

事務職

事務職は雇用形態が多岐にわたり、多くの女性が活躍する職種です。

女性の状況に対して理解があり、柔軟な働き方が実現しやすいでしょう。主にデスクワークが中心で、体力的な負担が軽減されるため、長期間にわたっての労働が可能です。

また、事務職は一般企業をはじめ、多くの職場必要とされており、基本的なPCスキルがあれば他の業界への転職も難しくありません。

事務職の仕事はルーティンワークが多いので、同じ仕事を淡々とこなせる女性に向いています。

営業職

営業職は自社の販売やサービスを提案し販売することにより、売り上げに貢献する仕事です。

過去の実績よりも、熱意や意欲を重視する傾向があるため、未経験からの転職が比較的容易な職種の一つといえるでしょう。

営業職は30代の女性にとっても魅力的な転職先とされており、将来のキャリアに幅を持たせる要素となります。

また、通常の給与に加えて、成績にもとづく歩合制度が多いため、実績が報酬に直結し、モチベーションを高める要因となるはずです。

営業職はコミュニケーション能力・企画力・交渉力など、さまざまなスキルが身につきます。30代で営業の経験を積んでおくと、将来の転職や産休・育休後の復職においても柔軟な職種選択が可能です。

営業職は自分の努力や成果がしっかりと評価されたい女性におすすめの職種です。

高橋 宇内氏

営業職は上司からの厳しいフィードバックや課題にも前向きに取り組み、成果を上げられる女性に向いているでしょう。

販売職

販売職とは、製品やサービスを実店舗で販売する仕事です。単に製品の購入を勧めるだけでなく、接客をはじめとする店舗運営全般が業務に含まれます。

販売職は専門的な資格が必要な場合が少なく、他の職種に比べて経験が求められにくいでしょう。業務内容もマニュアル化されている場合が多く、未経験から始めるには比較的安心感があります。

ただし、人とのコミュニケーションが頻繁に発生するため、選考時にはコミュニケーション能力が重要視されます。

これらの適性があれば、未経験でも販売職で採用される可能性は十分にあるでしょう。

技術職

技術職は専門的なスキルと知識が求められますが、一度身につければ同じ分野での再就職もしやすくなります。ライフイベントに伴い離職しても、復職を希望する女性にとって魅力的な職種です。

一口に技術職といっても、エンジニア・デザイナー・開発職・建築士など、たくさんあります。ただし、未経験から採用されるのは難しい傾向にあるでしょう。

技術職への挑戦を考える場合は、ITエンジニア関連で未経験者やポテンシャルを重視する企業を選ぶのがおすすめです。

技術職は、何か一つの領域に集中して技術を磨いていきたい女性におすすめできます。一生食べていける仕事を見つけたい人にも向いているでしょう。

福祉系の専門職

福祉業界は慢性的な人手不足であり、今後も需要が増加すると予測されます。

福祉系の専門職にはさまざまな職種と資格が存在し、中には無資格・未経験からでも応募可能な求人もあります。主な業務は身体介護のサポートや家事などの生活支援です。

介護関連の資格を取得すると、より本格的な業務を任されます。また、資格取得によりキャリアアップや給与アップが見込まれるでしょう。

高橋 宇内氏

福祉系の専門職は、力がいる仕事や夜勤など不規則な勤務シフトが多いため、健康で体力に自信がある女性が向いています。

スキル・資格なしの30代女性が転職する際の注意点

30代で転職した女性の中には「やっぱり転職しなければよかった」と後悔してしまうケースも多くあります。

転職を失敗しないようにするには守るべき注意点があります。しっかり確認して後悔のない転職を実現しましょう。

スキル・資格なしの30代女性が転職する際の注意点は、以下のとおりです。

  • やみくもに求人に応募しない
  • 20代の気分で転職しない
  • 現職の退職を急がない

やみくもに求人に応募しない

計画を立てずやみくもに応募しても、希望するキャリアに合致しないときがあります。明確な目標がないまま転職活動を進めると、自分のスキルや経験と合わず後悔してしまうでしょう。

まずは、自分の目指したいキャリアを決めることが大切です。そして、自分のスキル・経験・強みと照らし合わせて、転職する業界や職種を絞り込みましょう。

また、応募先の企業について十分な調査をおこない、自分がその企業で働くことに納得感が持てるかどうかを確認しましょう。企業のビジョンや価値観に共感できるかが重要です。

20代の気分で転職しない

20代のときと同じ気分で転職活動を進めると失敗してしまう可能性が高くなります。

30代は20代に比べて経験やスキルが求められるため、企業も即戦力となるような人材を採用したいと思っているからです。

30代の方が転職する際は、現在の年齢にふさわしいスキルや経験に意識を向けることが重要です。

面接では、これまでの経験や自身の能力が企業にどのような利益をもたらすかを、具体的に説明できるように準備しておきましょう。

現職の退職を急がない

今の仕事を急いで退職してしまうと、経済的なリスクがあるため注意が必要です。収入が一時的に途切れてしまうからです。

すぐに次の仕事が見つからないと金銭的な余裕が無くなり、生活に困ってしまうでしょう。経済的な安定を確保せずに転職活動を始めると、生計に支障をきたし精神的の余裕がなくなり、ストレスが溜まる原因になります。

その結果、転職先が決まらない期間が長くなるかもしれません。転職活動の際には、離職期間の長さが企業側によってネガティブに評価されることもあります。

高橋 宇内氏

急いで辞めたことで、不利な立場に立たされる可能性があるため、慎重に計画を立てることを心がけましょう。

スキルなしの30代女性が転職を成功させるコツ5つ

ポテンシャルが評価されて採用される20代とは違って、30代は即戦力が求められるため、転職の難易度が上がります。スキル・資格のない30代女性の中には、転職に踏み切れない人もいるでしょう。

しかし、ポイントを押さえた転職活動をおこなえば成功率は高まるはずです。ここでは、スキル・資格なしの30代女性が転職を成功させるコツを解説します。

スキルなしの30代女性が転職を成功させるコツ5つ
  • 未経験歓迎の求人に応募する
  • 契約社員・派遣社員も検討する
  • 希望条件をあらかじめ決める
  • 今の会社で働きながら転職活動する
  • 転職エージェントを併用する

未経験歓迎の求人に応募する

30代がスキルなしで即戦力を求めている企業に転職するのは難しいでしょう。そのため、未経験歓迎の求人に応募するのがおすすめです。

また、未経験でも採用されやすい職種を狙って応募するのもよいでしょう。たとえば、営業職や販売職はコミュニケーション能力が重視されるため、未経験でも採用されやすい職種といえます。

未経験歓迎の求人は、アルバイトの経験も採用で有利になる場合があります。経験を少しでもアピールして、転職成功率を高めましょう。

契約社員・派遣社員も検討する

スキルなしの30代女性が転職したいとき、正社員だけでなく契約社員・派遣社員も視野に入れましょう。契約社員や派遣社員は、正社員を目指すよりもハードルが低いため、スキルや資格がなくても挑戦しやすくなります。

契約社員や派遣社員は、正社員に比べると、多様な働き方ができる傾向にあります。子どもが小さいうちは自宅で働き、大きくなったら出社するなど、家族の状況に合わせやすいのがメリットです。

女性向けの未経験正社員の求人は限られているため、契約社員や派遣社員として実務経験を積んだ後に、正社員として転職するのも選択肢の一つでしょう。

高橋 宇内氏

契約社員や派遣社員としてスタートし、その後に正社員へキャリアアップができる可能性もあります。

希望条件をあらかじめ決める

希望条件をあらかじめ決めることで、転職の方針が明確になり、転職先をスムーズに見つけられます。働き方や条件は企業によってさまざまなので、自分の希望する条件に合った企業に絞って応募しましょう。

また、希望条件に優先順位を決めておくと、どの条件が最も重要かを理解しやすくなり、意思決定が速やかにおこなえます。

具体的な働き方の条件例は、以下のとおりです。自分の最も希望する条件から順位づけしましょう。

働き方の希望条件の例
  • 給料
  • 勤務時間
  • 通いやすさ
  • 残業の有無
  • 仕事内容
  • 働く人の年齢層や男女比

今の会社で働きながら転職活動する

今の会社で働きながら転職活動をするのも有効な手段です。

在職中に転職活動すれば、収入面などで精神的に安定した状態で転職活動ができるため、自分の本当にやりたい仕事を見つけられます。

しかし、時間がかかったり、仕事と転職活動の両立で疲労が溜まったりなどのデメリットもあります。メリットもデメリットも検討したうえで、自分に最適な選択を取りましょう。

メリットデメリット
  • 収入が安定している
  • 今の仕事を通じてスキルやネットワークを得られる
  • 転職活動を慎重におこなえる
  • 転職活動に時間がかかる
  • 疲労が溜まる
  • プレッシャーがかかる
  • 複数の転職エージェントを利用する

    スキルなしの30代女性が転職するとき、複数の転職エージェントを利用して転職活動を進めるとよいでしょう。

    転職エージェントを併用すると、それぞれのエージェントからより多くの求人を集められます。多様な求人にアクセスできれば、自分の希望に合った職場が見つかりやすくなり、転職先の選択肢が広がるでしょう。

    また、異なる転職エージェントからアドバイスを受けると、複数の視点からの情報を得られます。自分のアピールポイントがより明確になり、選考を有利に進められるようになるはずです。

    転職エージェントの併用は、応募の返信を待つ時間が短縮されるのもメリットです。転職活動が円滑に進み、転職成功率が上がるでしょう。

    スキルなしの30代女性の転職は転職エージェントの活用がおすすめ

    スキルなしの30代女性が転職するなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントに相談すると、転職に関するあらゆるサポートを受けられます。

    転職エージェントでは、プロの目線から的確なアドバイスをもらえるため、転職活動が円滑に進み転職成功率が上がるでしょう。

    転職エージェントができるサービスは以下のとおりです。

    転職エージェントのサービス例
    • 希望条件のヒアリング
    • 求人の提案
    • 応募書類の作成・添削
    • 面接対策
    • 給与や入社日の条件交渉
    • 退職手続き

    また、転職エージェントの中にはスキル・資格なしの30代女性に特化した転職エージェントもあります。

    以下でスキル・資格なしの30代女性におすすめの転職エージェントを紹介します。

    スキル・資格なしの30代女性におすすめの転職エージェント4選

    ここでは、スキル・資格なしの30代女性におすすめの転職エージェントを4つに絞って紹介します。

    転職エージェントは複数利用が基本ですから、よさそうなところがあれば、ぜひ、2~3社は登録するようにしてください。

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント
    リクルートエージェントの特徴
    • 豊富な求人数と実績がある大手サービス
    • 約33万件の非公開求人を保有(※1)
    • 経験豊富なアドバイザーがサポート

    リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートが提供する転職エージェントサービスです。

    70万件(※1)を超える求人数や転職支援実績No.1(※2)を誇ることから、年代・性別を問わず登録しておきたいサービスといえるでしょう。

    全求人のうち約33万件(※1)は非公開となっており、ほかでは見られない独占求人や優良求人が充実しています。

    そのため、スキルがない30代女性におすすめの事務職や営業職といった職種も、充実の選択肢から探せます。

    経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍していることから、これまでのデータに基づいた成功率の高いアドバイスを受けられるのが強みです。

    (※1 2024年4月時点)
    (※2 厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヶ月以上の有期雇用の合計人数・2022年度実績を自社集計・2023年6月時点)

    サービス概要
    サービス名リクルートエージェント
    運営会社株式会社リクルート
    公開求人数404,816件
    非公開求人数353,203件
    対応地域東京・名古屋・大阪・福岡など全国/海外
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/
    2024年6月3日時点

    関連記事:リクルートエージェントの評判や口コミから分かるメリット・デメリットを解説

    マイナビエージェント

    マイナビエージェント
    マイナビエージェントの特徴
    • 20代~30代の支援に特化
    • 大手企業はもちろん中小企業の求人も充実
    • 無期限・無制限のアフターサポートあり

    マイナビエージェントは、20代〜30代の支援に特化したエージェントサービスです。

    そのため、30代でスキルアップを目指す女性にとって希望の求人を見つけやすいサービスといえます。

    大手はもちろん中小企業の求人も充実しており、幅広い希望に対応可能です。

    北海道から福岡まで全国に拠点があることから、その地域ならではの情報が手に入りやすい点も特徴といえるでしょう。

    担当アドバイザーはそれぞれ実務経験がある業種ごとに分かれており、より専門性の高いアドバイスが受けられます。

    さらに無期限・無制限のアフターサポートがあるため、入社後すぐの退職やミスマッチが起きにくいのも嬉しいポイントです。

    サービス概要
    サービス名マイナビエージェント
    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数59,356件
    非公開求人数13,124件
    対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
    公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
    2024年6月3日時点

    関連記事:マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ|口コミから利用するメリットも解説

    doda

    doda
    dodaの特徴
    • 約28万件の求人を保有(※)
    • 未経験歓迎の求人が多い
    • 求人サイトとエージェントを併用できる

    dodaは、リクルートに次ぐ業界大手の転職支援サービスです。

    約28万件(※)の求人を保有しており、とくに未経験歓迎の仕事が多いため、これまでと異なる職種にチャレンジしたい30代女性に向いています。

    求人サイトとして自分で条件を指定し検索・応募できるほか、アドバイザーのキャリアカウンセリングを受けて仕事を紹介してもらうエージェントサービスも利用可能です。

    そのため、気になる求人があった場合のみ相談してくわしい情報をもらうなど、柔軟な使い方ができるでしょう。

    (※1 2024年4月時点)

    サービス概要
    サービス名doda
    運営会社パーソルキャリア株式会社
    公開求人数247,463件
    非公開求人数38,795件
    対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
    公式サイトhttps://doda.jp/
    2024年6月3日時点

    関連記事:dodaの悪い評判・口コミは実際どう? 向き不向きを徹底解説

    type女性の転職エージェント

    type女性
    type女性の転職エージェントの特徴
    • 女性の転職に特化したサービス
    • 年間12,000名以上をサポート(※1)
    • ライフイベントに寄り添ったキャリアを提案

    type女性の転職エージェントは、女性の転職に特化したエージェントサービスです。

    転職や子育て経験のあるアドバイザーが多く在籍しているため、結婚・出産といったライフイベントに寄り添ったキャリアの提案が受けられます。

    年間12,000名以上(※1)のサポートをおこなっている実績があり、安心してサポートを任せられるでしょう。

    実際に、利用者の79%(※2)が年収アップを実現させています。

    そのほか、女性向けの転職相談会や人気の求人特集など公式サイトに女性向けの情報も多く、利用しやすいサービスです。

    (※1) 2023年実績
    (※2) 株式会社キャリアデザインセンター調べ・計測期間2021/10/1~2022/09/31

    サービス概要
    サービス名type女性の転職エージェント
    運営会社株式会社キャリアデザインセンター
    公開求人数9,911件
    非公開求人数17,787件
    対応地域東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
    公式サイトhttps://type.woman-agent.jp/
    2024年6月3日時点

    関連記事:type女性の転職エージェントの評判|リアルな口コミと利用の注意点も徹底解説

    スキル・資格なしの30代女性の転職でよくある質問

    スキル・資格なしの30代の転職でよくある質問をまとめました。参考にしてください。

    転職したいけどスキルがない30代後半でもできる?

    スキルがない30代後半でも、十分に転職が可能です。

    転職エージェントや転職サイトを活用して、未経験者歓迎の職種・企業を見つけ出しましょう。これにより、スキルがないというハンディキャップを克服しやすくなります。

    また、これまでの経験や人間関係を有効活用することも重要です。自分が培った経験やネットワークを役立てることで、スキルだけでなく経験値もアピールポイントになります。

    スキルがない30代女性が転職する際のNG行動は?

    資格取得に時間をかけすぎたり、キャリアプランを決めないままやみくもに転職活動したりするのはやめましょう。

    一般的に、資格を取る際には多くの時間が必要です。そのため、医療などの専門職以外で資格取得に時間をかけすぎるのはコスパが悪いといえます。

    また、30代女性は転職前に結婚・出産などのライフプランをしっかり練っておくべきです。

    今後目指すキャリアを見すえた上で、残業の有無や休日の取りやすさ・昇進の可能性を踏まえた転職活動すると、転職後のミスマッチも起きにくいでしょう。

    30代の子持ちでも転職できますか?

    30代の子持ちも転職は可能です。しかし、転職活動では「働き方に制約があるのではないか」という不安を払拭できるようなアピールが必要になります。

    働ける時間や曜日を明確に伝え、働き方の不安材料を取り除くと、採用の可能性が高まるでしょう。企業に即戦力として貢献できる意思を伝えることが大切です。

    転職に有利な資格はありますか?

    転職に有利な資格は、自分の希望する業界や職種によって変わります。どんな資格を取得したらいいか、事前に調べておきましょう。

    以下のような資格は女性から人気があり、幅広い職業で役立ちます。

    おすすめの資格
    • 簿記検定2級以上
    • 宅地建物取引士
    • TOEIC650点以上
    • 医療事務
    • 秘書検定
    • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

    まとめ|スキルがない30代女性が転職するならプロに相談しよう

    スキル・資格なしの30代女性が転職する場合は、コツを押さえてしっかりと対策をすれば十分に可能です。より成功を確実にするためには、転職エージェントに頼りましょう。

    転職のプロである転職エージェントでは、求人の提案や面接対策まで手厚いサポートを無料で受けられます。自分一人で転職活動をするよりも時間効率がよく、忙しい30代女性でも安心して転職活動ができます。

    また、スキルなしの30代女性が転職を成功させるには、以下のようなコツも重要です。

    転職を成功させるコツ
    • 未経験歓迎の求人に応募する
    • 契約社員・派遣社員も検討する
    • 希望条件をあらかじめ決める
    • 今の会社で働きながら転職活動する

    無料で利用できる転職エージェントや、30代スキルなしの女性に必要なポイントを押さえて、転職活動を成功させましょう。

    運営者情報

    キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
    会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
    2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
    URL https://asiro.co.jp/
    本社所在地 160-0023
    東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
    新宿アイランドウイング4F
    法人番号 9011101076787
    設立日 2009年11月
    代表者(代表取締役社長) 中山博登
    主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
    許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
    グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
    株式会社ヒトタス
    運営者情報の詳細はこちら
    • URLcopy
    CAREERUPSTAGE編集部のアバター
    株式会社アシロ

    CAREERUPSTAGE編集部

    転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。