未経験の仕事に転職する場合の年収は下がる?年収ダウンする際の交渉方法を解説

藤原友亮
           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

未経験の仕事に転職すると年収が下がるのは仕方ないかな?
年収を下げないコツはある?

年収アップにこだわり過ぎて、転職のチャンスを逃がすのが不安だ

未経験の仕事に転職する際に、年収の増減が気になる方向けの記事です。

転職するなら収入をアップさせたいと多くの方が考えているのではないでしょうか。

しかし、未経験の仕事に挑戦する場合、むしろ年収が下がるケースもあります。企業側も採用に対して慎重になるのは当然とも言えるでしょう。

未経験転職で年収が下がるか確かめるなら「ビズリーチ」

未経験職種への転職で年収が下がるか心配な方は、ビズリーチでどんな企業からスカウトが届くのか確かめましょう。

未経験を歓迎している企業から届くスカウトの中身をみれば、年収が下がるのかどうか判断できます。

登録したからといって必ずしも転職する必要はないので、まずは提示される年収をチェックすることから始めましょう。

この記事の執筆者
藤原 友亮 氏 ライター・ディレクター
テレビ番組の制作の仕事から26歳で、営業職に就職。
未経験ながら入社3年目からセールスマネージャーに就任し、年平均100社以上から契約を獲得。

現在は法人を設立し、記事作成のほか営業コンサルティングなども行う。

関連記事:未経験転職に強い転職エージェントおすすめ10選|未経験へ転職する時のポイント

目次

未経験の仕事に転職すると年収は下がるか

未経験の仕事に転職した経験がある人を対象に行った調査結果によると、年収が「上がった」という回答が34.6だったのに対し、「下がった」と回答した人は51.2にのぼりました。

年収が下がった理由を尋ねたところ、前職より基本給や賞与が少ないことに次いで「未経験の仕事だったから」という回答が多く寄せられています。(出典:ビズヒッツ

一方、転職した人全体の傾向を調べた厚生労働省の調査では、前職より賃金が増加した割合は34.9%、減少した割合は33.9とほぼ変わりませんでした。(出典:令和4年雇用動向調査結果|厚生労働省)

藤原友亮

2つの調査の比較から、未経験の仕事に転職すると年収は下がりやすいと言えます。

未経験職種への転職で年収が下がるか知りたい方は「ビズリーチ」がおすすめ

ビズリーチの特徴
  • 自分の客観的な適性年収が分かる
  • 3人に2人が年収アップに成功
  • 転職すべきか判断できる

ビズリーチはレジュメ登録をするだけで様々な企業からスカウトが届くため、現職と比較して年収が上がるのか、下がるのか判断できます。

現職の経験が評価され、未経験でも年収が上がることはよくあるので、まずはビズリーチに登録してあなたの年齢・スキルでどれくらいの年収が平均なのか調べてみましょう。

こんな方におすすめ
  • 自分の年齢の平均年収を知りたい方
  • 今の会社の給料に不満を覚えている方
  • 転職できるか調べてみたい方

年収が下がる転職の特徴

未経験の仕事であることに加えて、以下のような条件が重なるとより年収が下がりやすい状況になるでしょう。

順番に解説します。

異業種・未経験の業界へ転職した

同業他社、同職種への転職はキャリアップにつながりやすく、収入も増えやすいと言われます。

その反面、これまでのキャリアと異なる業種で、未経験の業界を選んだ場合には、待遇がよくなることはあまり期待できません。

企業にとって即戦力とは言えない人材は、育成に時間がかかるためやむを得ないと言えます。

また金融や住宅、マスコミといった給与水準が高い業界から、その他の一般的な業界に転職した場合には、同じぐらいの経験年数やポジションであっても年収がダウンする可能性が考えられます。

残業や時間外手当がない

働き方改革によって、以前より残業時間が減った職場も少なくありません。

基本給や賞与は変わらなくても、時間外手当がなくなることで年収が下がることも考えられます。

みなし残業が給与に含まれる場合もあるため、前職と比較して時間外手当がどう変わるか調査し、予測するのがよいでしょう。

藤原友亮

私は転職前、月40~50時間程度の時間外手当が支給されていましたが、転職後はゼロになりました。
実際には時間外手当がなくなった給与明細を見てからインパクトの大きさに気づきました。

大企業から中小企業へ転職した

一般的な傾向として、大企業と中小企業を比べると企業規模の大きいほうが給与水準は高くなります。

これまでの勤務先よりも、従業員数や売上規模の少ない企業に転職することは、年収が減る一因になるでしょう。

さらに上場企業には持ち株制度をはじめ、福利厚生も充実していることが多くみられます。

一方で急成長するスタートアップでは、給与が大きく上昇する場合や、上場によって莫大な利益がもたらされる可能性も秘めています。

勤務地を都会から地方へ移した

東京や大阪、名古屋といった都市部と地方を比較すると平均賃金には差がつきます。

Iターン・Uターンなどで都会から地方へと拠点を移す人もいますが、転職すると年収ダウンになる可能性があるでしょう。

ただし、地方では家賃をはじめ生活費も安くなることが多いので、額面ほど悲観する必要はないかもしれません。

年収ダウンを提示された場合の対応

年収を含めた待遇面の条件提示は、選考が進んでからというケースも多いようです。

入社の意志はあるものの、現在よりも年収が下がると分かったらどのような対策を取ればよいでしょうか。

以下で解説します。

入社後の給与体系を確認する

入社時の給与が希望額に届かないとしても、活躍が認められれば早く昇給することもあります。

給与体系や昇給のタイミングと条件を調べておくとよいでしょう。

企業にとっては、未経験者に対していきなり好待遇を保証するのは慎重にならざるを得ません。

勤続年数の長い社員より、未経験者に高い給料を支払った場合には周囲も納得しないため、早期に成果を出そうとする姿勢が何よりも大切です。

家族とよく相談する

結婚し、子どもがいる家庭では転職活動を進めるために家族、特にパートナーの理解は欠かせません。しかし収入が減る転職は賛同を得られにくいのも事実です。

パートナーも働いている場合には、互いの協力によって減収分を補えることもあるでしょう。

また先述のとおり、一時的に年収が減っても活躍次第ではすぐに昇給して取り返せる可能性があります。

固定費を削減して生活を見直す

転職を優先した結果、収入が下がると見込まれるときは、早めに固定費の削減に着手しましょう。

家賃や通信費などのほか、最近ではサブスクリプションサービスにかかる費用も年間で換算すると決して小さな金額ではありません。

家計の収支バランスが崩れないように、ときには我慢も求められます。

年収ダウンを許容できるケース

未経験の仕事には思わぬ適性が隠されているかもしれません。

経験がある仕事にイヤイヤ取り組むよりは、未経験でも意欲をもって働ける仕事のほうが活躍できる可能性も高まるでしょう。

短期的な年収ダウンを受け入れても影響が少ない、または長期的にはメリットが得られるケースは以下のとおりです。

数年後の年収アップが見込める場合

事業成長が見込まれ、給与体系も成果と連動している場合など、近い将来に年収アップが見込める場合には、一時的な年収ダウンを気にする必要性は低いでしょう。

藤原友亮

転職直後は年収10%ほど落ちましたが、2年後にはV字回復できました。
セールスマネージャーになったことで基本給が上がったためです。
転職先の業績がよかったので、賞与も多く支給されました。

目指したいキャリアを実現できる場合

長い社会人人生において、自身が到達したいキャリア像を描いてみましょう。

そのなりたい姿に近づくには、スキルや経験を積み重ねるのはもちろん、人脈や運といった要素も重要になります。

もし転職先で新たに得られる知識や技術、ノウハウに価値があると考えれば、短期的な年収ダウンを受け入れてもよいでしょう。

カリスマ性のある経営者を支える、尊敬できるマネージャーのもとで学ぶなど、将来の目的が明確ならば自身も短期間で驚くほど成長できるかもしれません。

年収ダウンと引き換えに得られる自由がある場合

収入が減ることで、人生の魅力が失われるわけではありません。

「時間外労働がなくなった分、手当が減った」というケースでは、お金の代わりに自分が自由に使える時間が増えるという見方もできます。

この時間を使って資格取得に励んだり、ビジネススクールに通って仕事では得られない新たなスキルを身につけたりすることも可能です。

人材としての価値を高めることで、将来の収入アップにつながると期待できます。

また副業が認められている環境なら、本業の収入の不足分を別の仕事で補うという方法もあります。資格の勉強などと同じく、個人で稼ぐ力を身につけることにもつながります。

藤原友亮

未経験の仕事でも、副業ならリスクが少なく挑戦できます。
私は本業と無関係のライターを副業で始めて、結局は退職して独立
副業が本業になったパターンです。

年収アップにこだわったほうがよいとき

短期的には年収ダウンを悲観する必要はないとお伝えしましたが、以下のケースに該当する場合は、注意が必要です。

条件の改善を求めるか、もしくは選考を辞退することも視野に入れてもよいでしょう。

正当な評価を受けていないと感じた

転職希望先から条件の提示を受けた際に、自身のキャリア、経験やスキルが評価に反映されていないと感じることがあるかもしれません。

未経験者として扱われるため、自己評価とのギャップは一定の確率で起こるでしょう。

極端な例として前職で5年の社会人経験があるにもかかわらず、転職先で「新卒社員と同じ給与体系を適用する」と言われた場合、5年分の経験値はまったく考慮されていないことになります。

入社後に昇給する可能性はありますが、現時点で納得がいかなければ安易に受け入れるべきではありません。

仕事内容に強いやりがいを感じなかった

業務のモチベーションは、仕事のやりがいやもらえる給与によって影響されます。

未経験の仕事ということは、具体的な業務内容を思い描くのは難しいため、転職前から強いやりがいを感じられないこともあるでしょう。

就業開始後に思っていたよりやりがいが感じられない場合に、給与もダウンしてやる気がわかない状態は不健全です。

無条件で「未経験だから給与ダウンは仕方ない」と思い込むのはおすすめしません。

キャリアパスが描けないと感じた

転職先に「自分も将来こうなりたい」と思える上司や先輩がいるか、よく調べましょう。

こうした存在が見当たらない場合、入社後に理想的なキャリアパスが描けない可能性が高くなります。

そのような環境で、給与が下がったままで働き続けるのは困難でしょう。収入面でのモチベーションを保てるように、再交渉しましょう。

未経験の転職でも年収を下げないコツ

未経験でも企業から「ぜひ欲しい」と思ってもらえれば、はじめから希望年収が保証される可能性はあります。

転職活動を進めるうえでの大切なコツを紹介します。

経歴やキャリアが評価される場所で働く

未経験の仕事でも、これまでのキャリアを評価してくれる会社はあるはずです。

こうした会社は、能力に見合った給与の支払いを惜しみません。

「業界は未経験だが営業職として成果を残してきた」「マーケティング職は初めてだがIT業界に詳しい」などこれまでの専門性を活かせる環境なら、即戦力に近い存在として給与にも反映されやすくなるでしょう。

自身の経験とスキルが、新しい職場でどう活かせるかを採用面接でうまく伝える力が必要です。

藤原友亮

「私のこの業務経験が御社のこんな業務でも活かせると思っている」
自分の強みと想定している業務を結びつけると印象がよくなるはずです!

成長している業界や企業へ転職する

成長している業界や会社は、常に積極的な採用活動をおこなっています。

特に人材不足とされる業界では、他社に先駆けて人材を確保しようとするため、より高い年収で求人が出されているケースもあるでしょう。

また業績の拡大スピードが目覚ましい企業では「あらゆる職種の人材が欲しい」などと、オープンポジションでの採用をおこなうケースも見られます。

未経験者でも採用されやすいので、狙い目と言えます。

転職エージェントを活用する

未経験の仕事に挑むなら転職エージェントを活用して、情報収集や自己分析、実際の転職活動を進めることをおすすめします。

とにかく幅広いジャンルから適切な求人を紹介してくれる総合型エージェント、特定の業種や職種に強い専門型エージェントから何社か登録してコンタクトをとってみましょう。

その中で自身と相性の合うエージェントをメインに活用すると、効率的に転職活動を進められます。

自己分析や求人紹介、応募書類の作成サポートなどさまざまなサービスが受けられますが、転職先との条件交渉もおこなってくれます。

「自分では給与の交渉はしづらい」という方でも、転職エージェントが客観的に交渉してくれるので安心です。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

未経験転職で年収アップしたい人におすすめ転職エージェント

ここでは未経験転職で年収を上げたい人におすすめの転職エージェントを3社紹介します。

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • 自分でキャリアアドバイザーを選べる
  • 3人に2人が年収アップに成功
  • 自分のペースで転職活動を進められる

「ビズリーチ」はレジュメ登録するだけで企業からスカウトが届く転職サービスで、自分の市場価値を客観的に判断することができます。

自分でサポートしてもらいたい担当者を選べるのもビズリーチの魅力のひとつです。

こんな方におすすめ
  • 現職のままでいいのか不安な方
  • 転職できるのか不安な方
  • 年収アップを実現したい方
ビズリーチの詳細情報
サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数120,911件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
2024年6月3日時点
ビズリーチの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
 自分の市場価値が分かった

自分の現状のスキルと経験が現状どれほどの市場価値があるのかが分かったことは良かったです。自分の中ではそれなり市場価値があると思っていましたが、客観的に見るとまだまだなのだということを再認識できました。現状を知ることで今後どうしていけば良いのか対策も練ることができたので、この市場価値を知ることができたことはプラスです。

 登録後すぐ面談できた

転職を考えはじめてまずは有名どころを押さえておこうと思い、他の大手有名転職サイトに加えてビズリーチに登録、スマホアプリをインストールしました。登録して早速転職エージェントの方々数名からご連絡をいただき、現代の転職活動では必須とも言えるWEBでの面談を何件か経験できたことは良かったと思います。

マッチしない求人が紹介された

直接企業の方々からもアプローチを何件かいただきましたが、勤務地などこちらの基本的な希望条件と異なることが多くその点のマッチング度合いはまだまだなのかな、とも感じました。


関連記事:ビズリーチの評判・口コミまとめ|利用の流れや活用のコツを紹介

【アンケート概要】
調査期間:2023年4月13日~2023年4月27日
調査対象者:ビズリーチ利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績は45万人以上
  • リクルートエージェントにしかない非公開求人が多数
  • 幅広い業界・職種の求人を保有

「リクルートエージェント」は、業界最多クラスの求人数が魅力の総合型転職エージェントです。

ベンチャー企業から大手企業まで、さまざまな業種の求人を取り扱っています。

非公開求人も多数保有しているため、リクルートエージェントにしかない求人にも応募できます。

こんな方におすすめ
  • 土日や平日の夜にしか転職活動できない方
  • テレワークや残業が少ない求人を探している方
  • キャリアプランを相談したい方
リクルートエージェントの詳細情報
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数404,816件
非公開求人数353,203件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
リクルートエージェントの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
自分に合う求人が見つかった

私はリクルートエージェントを利用して転職活動を行いました。サイトの使い勝手が良く、検索機能も充実していました。また、求人情報も多く、自分に合った求人を見つけやすかったです。

めんどくさい手続きを代行してくれる

自分だけの転職活動がなかななうまく進まなかったので、リクルートエージェントを利用しました。一度履歴書と職務経歴書を作れば、応募はリクルートエージェントの方でやってくれるので、細々した手間がなくなったのが良かったです。結果的に就職先も決まったので良かったと思います。

 担当者が合わなかった

転職活動が上手くいかず悩んでいたため、プロに転職相談をしようと思ってこのサービスに登録した。相性もあるのだろうが、私の担当となった人はあまり親身に相談に乗ってくれなかったため、がっかりした。


関連記事:【独自調査】リクルートエージェントの評判はひどい?口コミから実情を調査

【アンケート概要】
調査期間:2023年4月13日~2023年4月27日
調査対象者:リクルートエージェント利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 転職から入社手続きまでトータルサポート
  • 大手からベンチャーまで幅広い求人を保有
  • 各業界に特化したキャリアアドバイザーがサポート

「マイナビエージェント」は、転職経験のない人に特におすすめの転職エージェントです。

キャリアアドバイザーが面談をしたうえで適性に合った求人を紹介してくれるため、自分の強みを活かせる企業が見つかるでしょう。

こんな方におすすめ
  • 初めて転職活動をする方
  • 書類選考や面接対策の進め方が不安な方
  • 大手企業へ転職したい方
マイナビエージェントの詳細情報
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数59,356件
非公開求人数13,124件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年6月3日時点
マイナビエージェントの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
キャリアプランのアドバイスをもらえた

昨年にマイナビエージェントを利用させて頂きましたが、面接も丁寧で且つキャリアに関して親切にアドバイスをして頂きとても良かったです。そのお陰で今生き生きと働いています。

求人を探す手間が省けた

キャリアアップのためマイナビエージェントを利用したことがあります。求人情報が豊富で自分で探す手間が省けたり、知らなかった業界や職種の情報を教えてもらえることが良かったです。担当者が自分の希望や状況を理解してくれ、アドバイスやサポートが充実していると感じました。

 キャリアアドバイザーの質が異なる

転職時に利用しましたが、キャリアアドバイザーの質が悪いと感じました。特に、当方の職歴(ITコンサルティング)を理解しないまま曖昧に"IT系"と理解していたのか、経験者枠としてマーケティング求人を薦められたりしました。


関連記事:マイナビエージェントの評判はひどい?口コミや利用におすすめな人を解説

【アンケート概要】
調査期間:2024年3月26日
調査対象者:マイナビエージェント利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

未経験の転職の年収に関するよくある質問や悩み

最後に未経験転職する際の年収に関するよくある質問にお答えします。

未経験の仕事に転職すると年収はどのくらい下がりますか?

未経験の仕事に転職した経験がある人を対象に行った調査結果によると、約半数の人が「年収が下がった」と回答したデータがあります。

未経験の方は、2030%年収が下がるケースもあります。(出典:ビズヒッツ

未経験の転職でも年収を上げるにはどうしたらよいですか?

未経験でも、これまでのキャリアでの経験やスキルを評価してくれる企業を探すのがよいでしょう。

またそもそも、求人の多い業界や企業では、未経験も積極的に採用しているため給与アップが期待できるかもしれません。

未経験の仕事で年収はいつ確認すべきですか?

最終選考のときや内定通知の際に企業側から説明、提示があるのを待ったほうが無難です。

求人票に給与が書いていない場合を除いて、選考の初期段階で細かく質問するとよい印象を持たれない可能性があります。

また転職エージェントを通じて確認する、希望を伝えるほうがスマートと言えるでしょう。

未経験の転職で年収が低いからという理由で辞退してもよいですか?

雇用契約を結ぶうえで給与は大切な要素です。未経験であっても、自身が納得できない年収で入社する必要はありません。

最低限の希望額を伝えても、企業の事情で折り合いがつかない場合には丁重に辞退しましょう。

まとめ

未経験の転職では年収がダウンする割合がやや高くなりますが、企業側の条件次第、こちらの伝え方次第では年収アップを実現することも可能です。

自分ひとりで自分に合っている求人を探すことから年収交渉まですべておこなうのは簡単なことではありません。

だからこそ、転職エージェントを頼って、より有利に、また自身を高く評価してくれる企業を選ぶことをおすすめします。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。