30代女性の転職におすすめの職種10選!転職に成功するポイントや注意点も紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

30代は結婚や出産などの大きなライフイベントを迎えるタイミングの人も多いため、転職を検討する人が珍しくありません。

未経験の業種への挑戦を検討している人は、30代である今がラストチャンスと考えている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、30代女性の転職におすすめの職業を10選紹介します。

転職に成功するポイントや、30代女性が求められるスキルについてなど、転職に役立つ情報を紹介していくので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

30代女性の転職におすすめの職業10

30代女性が転職に成功するには、30代女性にマッチしている職業を選びましょう。

おすすめの職業を10選紹介するので、転職先選びの参考にしてください。

事務職

事務職は女性人気の高い職種のため、在職中の人や過去に経験がある人もいるかもしれません。

未経験でも挑戦しやすい職種であることから、これまで他業種で働いていた人にもおすすめです。また、基本的なパソコン操作ができれば資格がなくても問題ありません。

事務職の業務内容は、事務の種類によって異なりますが、パソコンでのデータ入力や書類整理、電話・来客対応などがあります。

事務職の種類
  • 一般事務(OA事務)
  • 営業事務
  • 経理事務
  • 受付事務
  • 総務事務
  • 医療事務
  • 介護事務

事務職のなかでも人気があるのは医療事務の仕事です。

医療事務は病院やクリニック、診療所で働く事務員を指し、受付業務や診療報酬明細書(レセプト)の作成を行います。他の事務職よりも専門的な知識が必要なので、スキルが身に付く仕事としてなりたい人が増えています。

事務職は残業が少ないため、就業後すぐにプライベートの時間が確保できます。基本的にデスクワークなので体力に自信がない人でも続けやすく、長く安定して働けることも魅力です。

反対に、体を動かしたい人やルーチンワークが苦手な人には向いていない可能性があります。

販売職

コミュニケーション能力の高い女性は、販売職の仕事が向いています。

販売職は店頭に立って商品を販売する仕事で、接客・レジ打ち・商品管理・顧客管理・商品のレイアウトなども行います。

直接売り上げに貢献できることや、お客様からお礼を言ってもらえる仕事なので、やりがいを感じられる仕事です。専門的な知識や経験は問われないため、未経験の人でも挑戦できます。

しかし、販売職は土日祝日に必ず休めるとは限りません。多くの場合シフト制になっているので、休日が不規則になるデメリットがあるでしょう。特に子育て中の人は休日に子どもの面倒を見られない可能性があり、家族とのスケジュール調整が難しいかもしれません。

Webデザイナー

在宅でできる仕事を希望している人は、Webデザイナーの仕事はいかがでしょうか。

WebデザイナーはWebサイトのデザインを行う仕事であり、IT業界で需要の高い仕事です。絵やデザインなどを創造することが好きな人や、好奇心旺盛で最先端のものが好きな人に向いています。

デザインをするときは企業やクライアントの要望に沿って行うため、地道な作業を続けることが少なくありません。そのため、粘り強くコツコツと作業を続けられる人にも向いている仕事です。

Webデザイナーになるには特別な資格はいりません。

しかし、まったくの未経験だと転職に不利になる恐れがあるので、関連資格の取得や事前に専門知識の勉強をしておくことをおすすめします。

Web制作に必要な、HTMLCSS 言語などの基礎知識は身につけておくようにしましょう。

ライター

文章や原稿を書くライターの仕事も30代女性におすすめの仕事です。

ライターは紙媒体、またはWebサイトや広告などの文章を執筆する仕事です。Webサイトに執筆するライターはWebライターと呼ばれています。

Webライターであればパソコン1つで仕事ができるため、未経験でも始めやすく在宅ワークも可能です。

また、フリーランスとしても活躍できるので、家庭と仕事を両立することもできます。専門的な知識やスキルがなくても転職でき、最近では副業から始める人も少なくありません。

文章を考える仕事のライターは、文章を書いたり読んだりすることが好きな人なら楽しく続けられるはず。執筆するためにさまざまな情報を得る必要があるため、情報を集めることが得意な人にも向いています。

反対に、自己表現をしたい人には向いていません。ライターは依頼されたテーマに沿って執筆するため、あくまでも主役は読者となり、ニーズを汲み取りながら作業する必要があるからです。

自己表現をしたいのであれば自分でブログを運営するブロガーがおすすめです。

介護福祉士

人と接することが好きな女性は、介護福祉士の仕事がおすすめです。

介護福祉士は介護施設で高齢者や知的障害者などの、生活全般サポートを行う専門職です。介護福祉士自体は国家資格が必要ですが、介護の仕事は未経験からでも始められます。

そのため、未経験で介護施設のスタッフとして働き、スキルや知識を得た後に介護福祉士の資格にチャレンジする人も少なくありません。介護福祉士の資格は合格率が70%と高いため、国家資格のなかではそこまで難易度が高くないようです。

しかし、実務経験が3年以上でないと受験資格を得られないことに注意しましょう。

慢性的に人手不足の介護業界は、未経験でも転職しやすいメリットがあります。年齢や性別、経験に関係なくキャリアアップができるため、年収アップをさせたい人にもおすすめです。

しかし、介護職は体力が必要な場面が多々あるので、体力に自信がない人は難しいかもしれません。

登録販売者

登録販売者とは、ドラッグストアや薬局などの医薬品を取り扱う店舗で、かぜ薬や鎮痛剤などの一般医薬品を販売できる資格を持っている人を指します。

薬の説明書は専門的な用語が多く一般人にはわかりにくい点がありますが、薬の成分や効能をわかりやすく説明することが登録販売者の重要な仕事の1つです。他にも、医薬品の販売や商品管理などをおこないます。

登録販売者の資格が国家資格になり、持っているとドラッグストアや薬局で重宝されます。ドラッグストアや薬局は全国どこでもあるため、転職先が見つかりやすく、パートナーが転勤族でも働き口に困りません。

登録販売者の試験の合格率は、およそ4050となっています。難易度はそこまで高くないので、通信教育やスクールで受験勉強をすると十分合格できる可能性があります。

営業職

事務職や販売職からキャリアアップを目指すなら、営業職がおすすめです。

営業職は顧客と契約を取り付けることで自社に利益をもたらす仕事です。直接会社に貢献できるため、やりがいを感じられると男女問わず人気があります。

営業職は歩合制を採用している企業が多いので、自分の頑張り次第でキャリアアップや収入アップを望めます。

営業職は顧客とのコミュニケーションが重要であり、人と話すことが好きな人に向いている仕事です。また、積極的な姿勢や精神的にタフな面は、企業が営業職に求めているポイントです。

しかし、営業職はノルマがあったり長時間労働をせざるを得なくなったりすることもあるため、心身ともに負担がかかって辛いと感じる人もいるでしょう。

営業職が気になっている人は、念入りに企業調査をおこない、労働時間やノルマの有無などを調べてから応募するようにしましょう。

エステティシャン

手に職をつけたい人は、エステティシャンの仕事はいかがでしょうか。

エステティシャンはお客様の顔や身体に、リラクゼーションや美白、脱毛などのエステティック業をおこなう仕事です。メイクや美容に興味のある人から人気が高く、お客様を美しくできる喜びを感じられます。

業務内容は施術とカウンセリングがメインであり、他にも化粧品販売や受付・会計、予約管理などの店舗業務を行います。

エステティシャンになるために資格は必要ないので、未経験からでも挑戦できます。

しかし、お客様から指名されるエステティシャンや独立開業を目指すなら、豊富な知識だけでなく技術の証明として資格が必要になることもあります。

エステティシャンは美容知識を身に付けることができ、海外の美容事情や美容に関する最新のトレンド情報に詳しくなることができます。

しかし、施術は前かがみの姿勢で行うことも多く、肩や背中に大きな負担がかかることが少なくありません。

また、手技を続けることで腱鞘炎を起こす人もいるので、お客様だけでなく自分のケアも十分できる人が向いています。

看護助手

看護助手は看護師のサポートをする仕事で、患者さんの身の回りのケアや病院内の環境整備なども行います。

看護補助者・ナースエイドとも呼ばれ、無資格・未経験からでも転職できます。働き口は病院やクリニックだけでなく介護施設でも募集しているため、働き口に困ることはないでしょう。

看護助手の仕事は人の役に立てていると実感できる機会が多くあり、人のためになる仕事をしたいと考えている人にぴったりです。専門知識が身に付くので、ゆくゆくは看護師や介護士を目指す人にもおすすめの仕事です。

看護助手は患者さんと関わる機会が多いため、コミュニケーションスキルが高く奉仕精神のある人が向いています。

資格がなくても転職できますが、人気の医療機関や希望する勤務先に採用されるためには、看護助手実務能力認定試験やメディカルケアワーカー検定試験などの資格を取得しておくと有利に転職できるでしょう。

保育補助

保育補助は保育士のサポートを主におこなう仕事です。具体的な業務内容は、掃除・片付け・行事の準備・子どものお世話などがあります。

保育士との違いは、保育士資格を持っていない点です。保育士は大学や専門学校などの指定保育士養成施設を卒業し保育士資格を取得するか、国家資格を受験して合格しなければいけません。

保育士はクラスの担任になれますが、保育補助の場合は保育士である担任のサポート業務がメインです。

子どもと接することが好きな人や、子どもの成長を見守りたい人は楽しく保育補助の仕事ができるでしょう。子育て経験がある女性なら、未経験でも即戦力として働くことができます。

しかし、正社員求人よりもパートの募集が多いため、短時間勤務を希望している人におすすめの仕事です。

30代女性が転職に成功するためのポイント

30代女性が転職に成功するには、これから紹介するポイントを意識して行動することが大切です。

一つずつ詳しく紹介していくので、できるものから実践してみましょう。

自己分析から自己理解を深める

スキルや実績が重要視される30代の転職では、企業に魅力的だと思われる強みをアピールしなければいけません。自分のアピールポイントがわからない人は、自己分析で自身への理解を深めておくことが重要です。

自己分析をおこなうにはこれまでのキャリアから、やりがいを感じた業務やつらいと感じた経験などを振り返ります。

そうすることで、自分の得意・不得意の分野が理解できます。経験から身に付いたスキルについては、エピソードを交えて簡潔に伝えると説得力が増すので考えておきましょう。

自己分析から自己理解を深めると、自分が本当にやりたい仕事についても明確になります。転職先を選ぶときにも、条件がぶれずに決断しやすくなるため、転職先選びの失敗を防げるでしょう。

ポジティブな転職理由を考える

採用面接では必ずと言っていいほど、転職理由について質問されます。

企業は転職理由を尋ねることで、応募者が入社後に定着するか、自社で活躍できるのかを判断しています。転職理由がネガティブだと、「また同じ理由で退職するのでは」と懸念される恐れがあります。

そのため、転職理由はできるだけポジティブな理由を考えておくことで、転職に成功しやすくなります。

とはいえ、ポジティブな理由にしたいからと嘘をつくのはおすすめできません。嘘をつくのではなく転職理由をポジティブな言葉に変換してみましょう。

例えば、「給与が低い」といった不満は「年代関係なく社員の働きを正当に評価している企業で働きたい」と変換できます。「人間関係に不満があった」場合は、「周囲と協力をしながら、チームワークを大切にした働き方を望んでいる」と言い換えましょう。

ポジティブに表現するだけで、採用担当者が受け取る印象は大きく異なります。面接時にポジティブな転職理由を答えられるように、事前に準備しておきましょう。

転職先候補の情報は念入りにチェックする

30代女性が転職に成功するには、転職先候補の情報を念入りにチェックすることがポイントです。

事務職といっても業務内容は企業によってさまざまなので、転職先について下調べ不足だと入社後にミスマッチが起こる可能性があります。

そうならないためにも、転職先候補の求人案内や公式ホームページは念入りにチェックしておきましょう。

企業の情報を調べていくと、どのような人材を求めているのか判断できるため、自己PRに役立ちます。また、転職先候補がブラック企業ではないとは限らないので、転職先の口コミも調べておくと安心です。

契約社員・派遣社員の雇用も検討する

大手企業や人気のある企業への転職を検討しているなら、契約社員や派遣社員の雇用も検討しましょう。

30代女性は20代と比べると、ポテンシャル採用が見込めない分、どうしても採用率が低くなる可能性があります。希望する企業への転職をこだわっていると、転職できるまでに時間がかかってしまうこともあるでしょう。

契約社員や派遣社員であれば、正社員よりも採用のハードルが低くなるメリットがあります。また、正社員登用制度の実績がある企業なら、非正規雇用でも正社員になれる可能性もあるため、応募する際は確認しておきましょう。

転職エージェントを活用する

30代女性の転職活動では、今回の転職活動に失敗したら次はないと感じる人が多いでしょう。今よりも採用率をアップさせるには、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントとは無料で利用できる、人材紹介サービスです。

求人案内だけでなく、キャリア相談や応募書類の添削、面接対策などの転職に関するサポートもしてくれるので、転職活動にかける時間や手間を軽減できます。

登録すると担当のキャリアアドバイザーがつき、条件やスキルに合った求人を紹介してくれます。一般には公開していない大手企業の非公開求人を案内してもらえることもあるので、転職先選びの視野が広がることも転職エージェントを活用するメリットです。

採用率を上げたい30代女性におすすめの転職エージェント

マイナビエージェント[女性の転職]

マイナビエージェント女性の転職

マイナビエージェント【女性の転職】は、人材サービス大手のマイナビが運営する、女性の転職に特化した転職エージェントです。

マイナビエージェントの求人の中から、女性の採用に積極的な求人をピックアップして掲載しているため、希望の仕事を探しやすいでしょう。

マイナビエージェント【女性の転職】では、企業の人事担当者とのやり取りを専任の「リクルーティングアドバイザー」が担当します。専任制をとっているため企業情報を丁寧にヒアリングできるメリットがあり、「産休・育休の取得実績」や「女性の管理職登用実績」など、女性が聞きたい内部情報まで共有してくれる可能性があります。

また、女性の転職支援で実績を積んできたキャリアアドバイザーに相談できるため、「今よりもスキルアップしたい」「派遣から正社員に転職したい」「育児と両立したい」などの理想の実現を期待できます。

ライフスタイルを考慮した転職活動にも、親身になって相談に乗ってもらえるでしょう。

マイナビエージェント女性の転職の特徴
  • 若手のサポートに定評がある
  • キャリアアップを目指す女性を支援
  • オンライン面談可能
  • 書類添削や面接対策の回数制限なし
  • 女性キャリアアドバイザーの指定可能

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、女の転職typeを運営する株式会社キャリアデザインセンターが提供するサービスです。type女性の転職エージェントでは、専任のキャリアアドバイザーが女性一人ひとりの転職活動をサポートします。

女性向けのサービスであるため、「小さい子供がいる」「残業なしの職場を探している」など、女性の悩みに寄り添ったサポートが可能です。

家庭とキャリアの両立を考えている女性はもちろん、転職活動自体を迷っているという女性も、キャリアアドバイザーへ相談できます。

type女性の転職エージェントの特徴
  • 女性ならではの事情に理解がある
  • ワークライフバランス重視の転職が可能
  • キャリア志向の女性の転職も充実
  • 女性特化エージェントの中では非公開求人数がトップクラス
  • 女性の身だしなみやメイク指導のサポートあり

30代女性が転職する際の注意点

30代女性が転職に失敗しないためには、これから紹介する注意点を頭に入れておくと安心です。

どのようなことに注意をしたらいいのか、早速チェックしてみましょう。

転職先が決まる前に退職しない

今すぐにでも現職を辞めたいと思う人もいると考えられますが、転職先が決まるまでは現職の退職はおすすめできません。

転職先が早々に決まるとは限らないため、現職を辞めると収入が止まり生活に支障が出ます。

経済的な不安を抱えながら転職活動を行うと、焦りから転職先選びを失敗してしまう恐れがあります。また、なかなか採用されない場合、職歴に空白期間ができることで転職が不利になるでしょう。

長期戦を覚悟しておく

転職市場では若いほど採用率が高くなることもあり、30代だと転職活動が長期戦になる傾向があります。

そのため、希望の転職先がなかなか見つからなかったり、面接を受けても落ち続けてしまったりなどのケースは珍しいことではありません。

転職先が決まらないとモチベーションが低下する恐れがありますが、30代で転職活動が長期戦になるのは当たり前のことだと認識しておきましょう。

長期戦を覚悟しておくことで、例え落ちたとしても「仕方がない、次を探そう」と、前向きに切り替えられるようになります。

自信過剰にならない

自信を持つことは大切ですが、自信過剰にならないように注意しましょう。自分にはスキルや実績があると過信している人ほど、即戦力として活躍できると思い込んでしまうことがあります。

即戦力は採用に重要視されるポイントですが、自信満々過ぎる態度は採用担当者からするとマイナスな印象に。一緒に仕事をしたいと思ってもらうには、自信も大切ですが同時に謙虚さも重要です。

30代女性が未経験の業種に転職する方法

続いては、30代女性が未経験の業種に挑戦する方法について焦点を当てます。

未経験の業種への転職を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

転職したい業種を研究する

未経験の業種に挑戦したい人は、転職したい業種の研究が必要です。

業種が変わると、前職の常識が通用しないこともあります。未経験の業種でも研究をしておけば、業務のイメージが持てるので入社後に役立ちます。

研究するには、転職エージェントで質問したり、ネットで調べたりする方法があります。

情報を収集しておくと面接でもアピールできるので、採用担当者によく調べていると高く評価されることもあるでしょう。

志望理由をはっきりさせる

未経験の業種に挑戦する場合、志望理由をはっきりさせておくことが重要です。採用担当者から見ると、30代でぜ未経験の業種に挑戦したいのか疑問に感じます。

志望理由も採用面接で必ずと言っていいほど聞かれる質問なので、明確に答えられない場合は採用に影響する恐れがあります。

面接では採用担当者の疑問を解消することが採用率アップにつながります。志望理由が曖昧な人は、自己分析をおこなうと見出せるかもしれません。または、転職エージェントに相談することをおすすめします。

未経験の業種に活かせる資格を取得する

30代で未経験の業種に挑戦するなら、希望する業種に活かせる資格を取得すると有利に働くでしょう。

この項目では30代の転職に役立つおすすめの資格を3つ紹介します。 

簿記

事務職に挑戦したい30代女性には、簿記の資格取得をおすすめします。

簿記の資格を持っていると、経理や会計の知識があると評価されるので、事務職の転職に有利になります。特に経理事務や総務事務では重宝され、税理士事務所や会計事務所の転職にも役立ちます。

簿記検定には日商・全商・全経とありますが、転職に有利にするなら日商簿記の2級以上がおすすめです。

医療事務

医療事務は資格がなくても働くことができますが、未経験の場合は資格を持っていると転職に有利になります。

医療業界は専門用語も多く、業務内容以外にも覚えなくてはいけないことがたくさんあります。医療事務の資格を取得しておけば、医療に関する基本的な知識やレセプトの知識が身に付くので、転職後の業務がスムーズになります。

医療事務の資格は市販のテキストや過去問で勉強して独学で取得することもできますが、独学の場合は不明点も自分で解決しなければいけません。

専門的な分野になるので、通信講座やスクールで勉強したほうが合格を目指しやすいでしょう。

登録販売者

本記事前半でも紹介しましたが、登録販売者の資格を取得していると、薬局やドラッグストアでかぜ薬や鎮痛剤などの一般医薬品を販売することができます。

登録販売者になるには国家資格が必要ですが、資格を持っていると働き口に困りません。出産で退職した人でも登録販売者の資格を持っていると職場復帰に有利になります。

30代女性が転職で求められるスキルや能力

転職で成功するために、企業が30代女性に転職で求めているスキルや能力を知っておきましょう。

企業の求めるスキルを理解し、アピールすることで採用率がアップするはずです。

即戦力

企業からすると、30代の人材にはある程度の社会人経験があると考えています。そのため、即戦力があることを条件に採用を考える企業が少なくありません。

即戦力があると、企業にとっては教える手間やコストを省けるメリットがあります。人手不足の場合では教える余裕がないこともあるので、即戦力のある人材を求めているのです。

即戦力は、これまでの経歴からアピールすることができます。

【即戦力をアピールする例文】

これまで8年間事務業務をおこなってきたため、パソコンスキルには自信があります。また、一通りのツールを使いこなせるので、入社後はスムーズに業務に取り組むことができます。

協調性

協調性も、企業が30代女性に求めるスキルの1つです。職場では円滑なコミュニケーションが大切なので、採用面接で協調性がないと判断されないように注意しましょう。

協調性がある人は、人の話をよく聞き、ルールを守ることができる人です。また、チームをまとめることが得意で、人のサポートやフォローを得意とします。

【協調性をアピールする例文】

これまで販売職に従事していました。売り場だけでなく違う店舗のスタッフとも積極的に情報交換や情報共有を行い、チームワークを大切にしながら売上貢献に努めました。

適応力

30代女性の転職では、新しい職場に適応する力があるのかもチェックされています。

会社理念や価値観などは、企業によって異なります。30代の場合これまで働いてきた環境を基準に考えてしまう人もいるので、新しい環境に対して違和感を覚えることがあります。

そうした場合でも、新しい職場の価値観や文化に順応し、受け入れることのできる適応力スキル30代女性には必要です。自分の考え方にこだわらずに、柔軟な姿勢や考え方を意識することがポイントです。

【適応力をアピールする例文】

私は学生時代に語学留学をしていました。言葉も文化も異なる海外での生活は不安でしたが、積極的に現地の人と関わるように努力しました。コミュニケーションを取ることで仲の良い友人もでき、すぐに新しい環境に順応することができました。

向上心

仕事への意欲や向上心は、年代関係なく求められるものです。ただなんとなく転職をしたいと考えている人を、企業は採用したいと考えません。

「この仕事がしたい」といった熱意や行動力をアピールすることで、採用担当者に向上心が伝わります。

【向上心をアピールする例文】

私は資格取得のために現職を続けながら勉強をした結果、簿記3級に独学で合格することができました。しかしそこで満足するのではなく、貴社に貢献するためにも努力を続けて2級合格も果たしました。

30代女性の転職に関するよくある質問

30代女性の転職に関するよくある質問をまとめました。

同じ悩みを抱えている人は、問題を解消できるかもしれないので参考にしてください。

既婚や子どもがいると採用に影響がある?

結論からお伝えすると、採用への影響がないとは言い切れないのが実情です。

まず初めに既婚女性の場合、企業は今後の妊娠・出産の可能性を考慮します。採用後に妊娠・出産となると、早期離職や産休・育休をすぐに取得するのではと懸念されるからです。

転職に不利にならないためには、妊娠・出産を考えている時期や、おおよそのライフプランについて共有しておくことが大切です。

子どもがいる場合は、子どもの年齢によって転職への影響に違いがあります。

子どもが未就学児の場合は急に体調を崩すことも多いため、欠勤や早退が多いのではと懸念されます。小学生や中学生以降の子どもがいる場合は、子ども側もある程度自立できているので、特に不安視されることは少なくなります。

仮に未就学児の子どもがいる場合でも、両親や夫などから十分な育児サポートがあると伝えると、採用担当者の不安を解消できるでしょう。

ブランクがあると転職は難しい?

ブランクの捉え方は各企業によって異なりますが、ブランクの理由を知りたいと思っているのはどの企業も同じです。

ブランクがあると書類選考で落とされる可能性があるため、簡単でいいので理由を記載しておくことがポイントです。面接でも聞かれる確率が高いので、ブランクの理由を説明できるように準備しておきましょう。

また、理由だけでなくブランク期間も採用担当者が気になる点です。納得する理由がなく1年以上のブランクがある場合は、採用が難しいと思われる可能性があります。

ブランク期間があっても転職に成功するには、採用担当者が納得できる理由を考えておくことが重要です。

30代女性の面接時の服装は?

正社員の採用面接に行く際は、ネイビーやグレーなどを基調としたビジネススーツを着用しましょう。

シャツは基本的に白色ですが、派手な色でなければ淡いパステルカラーのものでも問題ありません。パートやアルバイトの求人で指定がないのなら、ビジネスカジュアルの服装でもOKです。

前髪が長い人は目にかからないようにして、髪が長い人は1つにまとめてください。メイクも派手にならないように、清潔感を重視したメイクにしましょう。

最後に|30代女性はスキルを活かした職場選びがポイント

30代女性の転職におすすめの職業や、転職に成功するポイントについて紹介しました。

スキルや実績が重視される30代女性の転職では、スキルを活かした転職先選びが成功のカギとなります。自己分析でこれまでのキャリアを振り返り、どのようなスキルや実績があるのかを棚卸ししてみましょう。

スキルや活かし方に不安があるなら、転職エージェントを活用してキャリアアドバイザーに相談することをおすすめします!

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。