逃げの転職は後悔する?転職成功のポイントを解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

「逃げの転職」とは、今の会社が嫌という気持ちが強く、十分な引き継ぎや転職活動をしないまま退職してしまうケースを指します。

明確な定義はありませんが、早期退職やバックれて会社を辞める時、成績を上げられなかったり、人間関係を悪化させたまま辞めたりした時などのネガティブな状況で使われやすいです。

逃げの転職の傾向として、転職先でも同じような嫌な思いが出てきてしまい、再び転職を繰り返してしまうようなことがあります。

ただ、誰しも転職を考える時は、大なり小なり今の会社に不満があるから辞めることの方が多いでしょう。

こちらの記事では、「逃げの転職」として、悪いイメージを持たれたまま転職せずに済む方法や、転職しても失敗しないためのポイントなどをご紹介します。

また、会社によっては今すぐ逃げた方が良い労働環境の会社もあります。今転職すべきかどうかも判断できるようにしましょう。

ほとんどの人が今の会社を辞めても次の会社に転職します。今の会社を辞めることだけでなく、転職後に充実して働けるよう、どの部分を抑えて転職すべきかを知っておきましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年4月1日時点
目次

逃げの転職は甘え?ネガティブな理由での転職リスクとは

「逃げの転職」という言葉はしばしばネガティブに受け止められます。転職市場では、自分にとっての成長やキャリアアップの機会を求めるのは自然なことです。

しかし、不満やストレス、人間関係の問題などネガティブな理由で転職を考える際、それが「逃げ」であると判断されがちです。

もちろん、転職するにあたって、今の職場に対してネガティブな感情を持っていることも少なくないでしょう。

ただ、ネガティブな理由だけで転職を決めてしまうと、転職した後に次のようなリスクが起きてしまう可能性が高くなります。

他責思考で転職するリスク

他責思考の転職、つまり職場の環境や上司、同僚に原因を求める転職はリスクが伴います。このタイプの転職では、職場の人間関係や環境に不満を抱え、そこから逃げる形での転職を考えがちです。

しかし、転職先でも同じような問題が発生する可能性があります。

転職で成功するためには、現状の問題を客観的に分析し、自分自身の対処法や改善策を考えることが必要です。

場合によっては、今の職場で問題解決に励んだほうが問題をスムーズに解決できることもあり得ます。上司や同僚と話し合う機会を設けたり、人事部に相談して異動の手続きをしてもらったりすることも可能でしょう。

また、転職する際も転職エージェントやキャリアアドバイザーとの相談を通じて、職場環境や人間関係における自分の価値観と合致する企業を見つけることが重要です。

自責思考で転職するリスク

自責思考の転職は、自分自身のスキルや成果に対する自信の欠如から生じることがあります。仕事で成果を上げられなかったり、仕事に付いていくことがキツかったりして転職を考えるようなケースです。

このケースで転職した場合、自分に自信がない状態での転職活動になりますので、悪い条件での求人でも受け入れやすくなります。また、数回の不採用通知を受けただけで転職活動を挫折してしまい、次の会社に転職する際に苦戦する傾向にあります。

人によっては働くことに対する自信を失い、しばらくの間フリーターや働かない期間を作ってしまう人もいるでしょう。

どのような仕事でも慣れないうちは大変なものです。適応できる期間はその人や仕事内容にもよりますが、ある程度続けていれば慣れてきて仕事ができるようにもなります。

それでも向いていない仕事もありますので、今の仕事を続けるべきかどうかを真剣に考えることから始めましょう。

どうしても転職すべき状況だと考えた方は、転職支援サービスやキャリアアドバイザーを活用し、自分の能力を適切に把握して、適切な転職先を選択することも選択肢に入れておきましょう。

逃げの転職をしてもいいケース例

全ての転職を「逃げ」と一概に言うことはできません。特定の状況下では、転職は自身のキャリアや心身の健康を守るための合理的な選択です。

たとえば、職場でのハラスメントや劣悪な労働条件、どうしても叶えたいキャリアがあるなど、現職での改善が難しい場合、転職は有効な手段となり得ます。

こちらの項目では、今の職場からすぐにでも転職しても良いケースをご紹介します。

セクハラやパワハラがある場合

セクハラやパワハラなどのハラスメントが存在する職場は、心身の健康を害する可能性が高いため、早めに転職を検討すべきです。

言いにくいことだからと我慢して働いていると、精神病などに追い込まれてしまうリスクもあります。自分自身を守るためにも、ハラスメントのない健全な職場環境への転職を考えるべきでしょう。

ただ、職場内でハラスメントが起きているかどうかは外部からはわかりにくいものです。

転職先を探す場合には、企業の社風や職場の人間関係について、転職エージェントや採用担当者からレビューしてもらうことをおすすめします。

また、万が一ハラスメントが起きた際のことを想定し、社内の相談窓口がきちんと機能しているかどうかを判断するのも良いでしょう。

長時間労働・低賃金で疲弊している場合

法外な労働時間で働いていたり、基本給が少ない・残業代が払われないといったりする職場に在籍している場合は、すぐにでも転職を検討しましょう。

心身ともに疲弊してしまうと、回復にも時間がかかります。自身のキャリアプランや生活を守るためにも、早めに行動することをおすすめします。

転職市場の状況を理解し、自分のスキルや経験を活かせる、バランスの取れた労働環境を持つ企業を選ぶことが重要です。

また、転職先で同じ目に遭わないためにも、求人票だけでの情報でなく、実際の労働時間やサービス残業の有無まで調べておけると安心です。

企業の口コミを収集するほか、転職エージェントのアドバイザーに職場の環境について情報をもらうのも良いでしょう。

目指したいキャリアがある場合

自分のキャリアビジョンや目指すべき道が明確な場合、現職でその目標が達成できないと感じたら、転職は「逃げ」ではなく、自己実現のステップになり得ます。

まずはキャリアプランを具体化し、それを実現可能な転職先を探すことが大切です。転職エージェントやキャリアアドバイザーと協力して、自分のやりがいや希望に合った企業を見つけることで、充実した転職を成功させやすくなるでしょう。

ただし、転職は大きな決断であり、必ずしも最適な解決策とは限りません。例えば、出世をしたり、大きなプロジェクトを成功させたりするなど、現職での問題解決や挑戦をすることで、成長することも可能です。

逃げの転職で後悔しやすいケース例

こちらの項目では、実際に逃げの転職に該当するような、代表的なケースを3つご紹介します。

  • 逃げたい理由を今の環境で改善できる場合
  • 転職の理由が曖昧な場合
  • 突発的な理由で転職したい場合

このような状況に当てはまる方は、安易に転職してしまうことで転職できなかったり、転職後に後悔しやすくなったりします。

ぜひ慎重になって、本当に転職すべきかどうかを判断してみてください。

逃げたい理由を今の環境で改善できる場合

現職で感じている不満やストレスが、職場内でのコミュニケーションや状況の変化によって改善できる可能性がある場合、転職は避けるべきです。

問題を解決するために、上司や同僚との対話を試みたり、仕事の進め方を変えたりするなどの対策を考えることが重要です。どうしても部署内での人間関係が合わない場合は、異動を申し出るといった方法も可能でしょう。

一通りできることをやってみて、それでも良くならなかった時に転職を考えても遅くはありません。

転職の理由が曖昧な場合

具体的なキャリアプランや目指す方向性が定まっていない場合、そのまま転職してしまうと後悔する可能性があります。

この状況で転職をおこなうと、新しい職場でも同じ不満や問題に直面する可能性があります。まずは自分自身のキャリア目標や職業に対する価値観を明確にし、それに基づいて転職を検討することが重要といえます。

転職をすると決めた場合でも、キャリアアドバイザーや転職エージェントを活用して、自身の希望や市場価値を理解し、適切な転職先を見つけることが望ましいです。

突発的な理由で転職したい場合

急な出来事や一時的な感情に基づく転職は、長期的な視点から見ると失敗に終わる可能性があります。

一時的には問題から逃れられるかもしれませんが、あとから別の悩みに突き当たったり、転職したことを後悔してしまったりするケースもあり得ます。

突発的な理由で転職を考える前に、現在の職場での状況を客観的に評価し、冷静に将来を考えることが重要です。

自分ひとりで抱え込むのではなく、家族や友人、同僚などに相談することもひとつの方法でしょう。

逃げの転職に関する成功・失敗体験談

ここまで逃げの転職の失敗例と、転職しても良いケースをそれぞれご紹介しました。

この章では、実際に転職してみて失敗したケースと成功したケースをそれぞれご紹介します。ご自身がどのような状況に近いかを判断し、転職すべきかどうかを検討しましょう。

【成功例】違和感があるまま働き続けることもマイナスになる

我慢して働き続けることが良いこととは限りません。今の職場で働き続けるとしても、年齢を重ねることで転職へのハードルも上がってしまうでしょう。

先述した通り、突発的に転職すると失敗する可能性はありますが、真剣に悩んでいろいろな人の意見を取り入れていけば、自ずと取るべき選択は絞れてくるはずです。

なぜ違和感を覚えるのかを分析し、しっかり悩んだ上で転職するかどうか決めましょう。

【成功例】マイナスになる部分もあったけどトータルで満足できた

自分が希望している条件や目指す働き方が明確になっている人ほど、転職で成功しやすい傾向にあります。

たとえ給料面などの待遇が良かったとしても、残業が多かったり通勤時間が長かったりなどのデメリットがあると、人によっては不満を抱えてしまうこともあるでしょう。

少しでも転職したいという思いが出てきた場合には「何が不満なのか」「どうしたら解決できるのか」を検討し、希望条件に優先順位をつけておくことをおすすめします。

【失敗例】転職先でも同じような嫌な思いをした

転職先でも同じような悩みが出てきてしまう、よくある転職の失敗パターンです。

感情まかせに転職してしまうと、転職先でも同じ悩みに突き当たってしまう可能性があります。その結果、短期で離職してしまったり、精神的に疲れてしまったりするケースも珍しくはないでしょう。

業界や職種を問わず、働く上で完璧な職場などそう簡単には見つかりません。

どこかしらで不満や苦労を感じる部分は出てくるものと考え、自分の中で何を優先すべきかを明確にしておくことが大事です。

【失敗例】大手からの転職は大手に戻りにくい

特に新卒で大手に入って転職を考えている方は、転職して後悔しないかよく考える必要があるといえるでしょう。

大手の場合は「新卒カード」が強い傾向にあるため、その後の転職で再び大手に転職できる可能性は決して高いとは言えません。

転職後に振り返ってみると、大手の安定感や福利厚生、社会的地位などを痛感して後悔するケースも少なくありません。

不満があるからといって突発的に転職するのではなく、自身のキャリアプランなどを鑑みてよく検討するようにしましょう。

逃げの転職を成功させるポイント

転職を成功させるためには、具体的な戦略と準備が不可欠といえます。

「逃げの転職」と言われてしまう状態から転職する際は、改めて自身を見つめ直し、面接の際にポジティブに転職理由を伝えられるようにしておきましょう。

こちらの項目では、逃げの転職と言われるような状態から転職を成功させる3つのポイントについて解説します。

  • 退職理由と転職理由の違いを明確にする
  • 転職理由をポジティブなものに変換する
  • 面接では退職理由よりも転職理由を多めに説明する

ぜひ参考にして、転職の準備を効率的に進めてみてください。

退職理由と転職理由の違いを明確にする

退職理由と転職理由は似て非なるものであり、これを明確に区別することが大切です。

退職理由は「現職での問題点」に焦点を当てることが多いですが、転職理由は「新しい職場で何を実現したいか、どのようなキャリアを築きたいか」に重きを置いた方が上手くいきやすいでしょう。

そして、転職を成功させたいのであれば、ポジティブな転職理由を明確に伝えられるように準備しておくと良いでしょう。この違いを明確にすることで、転職活動をより前向きなものにすることができます。

転職理由をポジティブなものに変換する

上でも触れたように、転職理由をポジティブな方向へと変換することは、転職活動において非常に重要です。

たとえば、「人間関係に不満があるから転職する」というネガティブな表現ではなく、「より良好なコミュニケーションと協力的なチームワークを重視する環境で働きたい」といったポジティブな表現に変えることが重要です。

このように転職理由を前向きに表現することで、面接官に対して好印象を与えられる可能性が高いでしょう。深く突っ込んだ質問をされても答えられるように、準備や模擬面接などは十分におこなっておくことをおすすめします。

面接では退職理由よりも転職理由を多めに説明する

面接時には、退職理由よりも転職理由に焦点を当てることが望ましいです。

退職理由については必要最小限に留め、転職によって何を成し遂げたいのか、どのようなキャリアを積みたいのかに重点を置いて話すことが大切です。

なるべくポジティブな内容にした転職理由は、しっかり言語化して採用担当者に伝えられるようにしておきましょう。

ポジティブな転職理由をしっかり伝えることができれば、前向きな姿勢で転職に臨んでいることを面接官に示すことができるでしょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年4月1日時点

逃げの転職を考える前に市場価値を知っておこう

ビズリーチ

ご自身で転職すべきかどうかをもう一度きちんと考えた上で、転職が必要と考えた場合には、自分の市場価値を正確に把握することも重要です。

自分のスキル、経験、実績などを客観的に評価し、業界や市場での需要を理解することで、どのような会社や条件で働くことが妥当なのかがおおよそ判断できるようになります。

市場価値を知る方法としてはキャリアアドバイザーに相談するなどのいろいろな方法がありますが、ひとつの手段として「ビズリーチ」などの転職サービスへ登録するといったものが挙げられます。

ビズリーチにあなたの経歴やスキルなどを登録しておくことで、あなたに興味がある企業からスカウトが届くようになります。

必ずしもスカウトが届いた企業に応募する必要はありませんが、あなたがどのような企業から必要とされているのかや、自分が企業に対して求める条件などがおおよそ把握できるようになります。

その上で転職先の候補を絞っていけば、転職で失敗する可能性を下げることも可能になるでしょう。

まとめ

転職は大きなターニングポイントとなり得るため、特に「逃げの転職」を考える際は慎重な判断が求められます。

自身のキャリアプラン、市場価値、そして転職理由を冷静に分析し、ポジティブな視点からアプローチすることが重要です。

転職は単なる逃避ではなく、自己実現と成長の機会として捉えることで、前向きな姿勢で転職活動に臨むことができるでしょう。

ぜひこの記事を参考に、後悔のない選択ができるよう行動してみてくださいね。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年4月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。