営業職の転職は厳しい?他業種に転職するメリットとデメリットを解説

CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

  • X
  • facebook
  • LINE
  • linkedin
  • URLcopy
   
本記事は、転職エージェント公式サービス(リクルート・マイナビ・ビズリーチ等)の広告リンクを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

営業職の転職は厳しい」と言われる反面、「営業職は転職しやすい」という声も聞こえてきます。実際のところ営業職の転職は厳しいのでしょうか

今回は営業職の転職が厳しいと言われる理由や、営業職の転職の実態について解説します。

営業職の転職を成功させるためのコツ、営業職が転職しやすい職種も紹介します。

この記事を読んで、転職活動の参考にしてください。

目次

営業職の転職は厳しい?

営業職は一般的に転職しやすい傾向です。

営業経験が浅くても、営業職で培ったスキルや経験を活かせる場合が多くあります。

営業職で得た技術や知識・経験転職先でどう活かせるか検討することで、転職に成功する可能性を高められるでしょう。

転職の際は、転職エージェントや転職サイトの活用も有効です。

転職エージェントは、企業と契約をしていて、候補者と企業をマッチングする役割を果たします。転職サイトは、自己アピールや履歴書を公開することにより、企業からの採用・オファーを期待できます。

営業職は転職しやすいと言われる3つの理由

営業職が転職しやすい理由は以下、以下の3点です。

  • 忍耐力の高い人材であること
  • 高いコミュニケーションスキルが身に付いていること
  • 流動性の高い職種であること

忍耐力の高い人材であること

多くの営業職には「営業ノルマ」が課せられます。営業ノルマとは、数値目標です。

目標から逆算して日々・週ごと・月ごと・四半期ごとの大まかな流れや動きを調整していきます。

当然ながら、日々しっかり業務をこなし、業務や期間の区切りごとで成果をあげつつ上司に進捗を報告しなければなりません。

営業職は、重要なポジションであるであることから、高い思考能力や問題解決能力が求められます。日々の行動に対する責任も重大で、その分給料ややりがいといった見返りも大きいのが特徴です。

売上に直結するシビアな環境下で日々思考錯誤を重ね、課題解決能力を磨いてきた営業職の方は、どの転職先でも「困難に打ち勝てる忍耐力の高い人材」として評価されるでしょう。

高いコミュニケーションスキルが身に付いていること

営業職の主な業務は「自社商品をユーザーに売ること」です。したがって、誰よりも自社商品の魅力や競合商品との違いを把握している必要があります。

加えて、相手の状況に応じた適切な対話や交渉が求められるため、高いコミュニケーションスキルが重要です。

そのため、経験年数や取り扱った商材によっては、他の職種に転職する場合でも、高く評価される傾向にあります。

 流動性の高い職種であること

「自社商材を他社に売ること」が業務である営業職は、商材を理解し、営業手法の変化に対応できれば、基本的にどの職種でも対応できます。

このような営業職の特性から、営業職ではさらに待遇の良い環境で働きたい方やキャリアアップを目指す方が転職している状況です。

身に付けたスキルを活かし、他業種への転職も頻繁に発生します。

流動性が高い営業職の特性から、営業職の転職はしやすいと言え言えるでしょう。

営業職の転職が厳しいと言われる2つの理由

営業職の転職には様々なスキルや資質が求められるため、「営業職の転職が厳しい」と言われることもあります。

営業職の転職が厳しいと言われる理由は、次の2点です。

  • 経験や実績を持つ即戦力が求められる
  • 業種によって営業スタイルが異なる

経験や実績があることが求められる

営業職では経験や実績セールス力が求められます。企業は既に営業経験を持つ即戦力を求めるからです。

そのため、自社の売上に直結する重要な商談や新規開拓、ルート営業など、様々なシーンに応じて使える能力があることが重要です。

新卒入社の営業職とは異なり、転職時にはすぐ現場で活躍できることが期待されています。即戦力となるためのスキルや資質を備えていなければ、転職は厳しいと言えるでしょう。

    業種によって営業スタイルが異なるため

    同じ営業職でも、業種によって営業スタイルは異なります。

    例えば新規営業とルート営業では、業務に求められるスキルや資質が変わってくるでしょう。

    飛び込み営業やテレアポ、メール営業といった営業方法もも業種により違います。業種によっては、客先に出向くよりオフィスでの営業がメインとなるかもしれません。

    これまでの営業経験に加えて、転職に合わせてスキルを獲得する点が、営業職の転職は厳しいと言われる理由のひとつです。

     営業職が転職したいと考える6つの理由

    営業職が転職したいと考える理由として、次の5点が挙げられます。

    • 販売ノルマや断られることががつらい
    • 売りたい商材がない
    • 重要案件の失注でモチベーションが保てない
    • 長時間労働・休日出勤がつらい
    • 人間関係構築・顧客との付き合いがつらい

     販売ノルマや断られることがつらいがつらい

    営業職が転職を考える理由の筆頭は、販売ノルマや断られることががつらく感じることです。

    営業職では、ノルマを達成するために飛び込み営業やテレアポといったいった営業スタイルを取る場合があります。100件架電して1件成約取れればいい方で、圧倒的に断られることの多い業務です。

    断られる回数が増え、ノルマが達成できないプレッシャーが増えていくと、営業をつらく感じることも増えていきます。結果、営業職で転職を検討する人が増えてくるのです。

    売りたい商材がない

    営業職の中には、自社の商品を売りたくない・魅力を感じないと感じる人も一定数います。

    新卒で入社した企業で長年営業職を務め、自社商材のメリット・デメリットを把握した後に、「他社商材を扱ってみたい」「他の業種も経験してみたい」と考える人も少なくありません。

     重要案件の失注でモチベーションが保てない

    営業職を長年勤めていると、重要案件を任されることがあります。

    特に、重要案件で失注してしまうと、強く責任を感じる人も多いのではないでしょうか。

    場合によっては「これ以上失注しないように」とプレッシャーを感じるあまり、前向きに営業活動に取り組めなくなることもあります。重要案件の失注をきっかけに、業務に前向きに取り組めなくことも、営業職の転職理由のひとつです。

     長時間労働・休日出勤がつらい

    勤める業種によっては、長時間労働や休日出勤が発生することがあります。

    長時間労働や休日出勤が精神的・肉体的につらいと感じている場合、長時間労働や休日出勤が少ない職場への転職を考えるようになるでしょう。

     人間関係構築・顧客との付き合いがつらい

    営業人材にとって、顧客や見込み顧客との人間関係の構築は不可欠です。

    さらに、営業時に少しでも説得力のある情報やデータを提示するために、普段から同僚と良好な関係を保ち、適切なタイミングで必要な資料が引き出せるよう調整しておくことが大切です。

    営業職の中には、こうした営業職特有の人付き合いがつらいと感じ、転職を考える人もいます。

    また、業種・企業によって、定番とされる営業スタイルが存在します。

    一連の流れを汲むセールストークが苦手なことを理由に、他業種への転職を考えることもあるでしょう。

    営業職から転職しやすい職種とは?

    営業職で培われるスキルは多岐にわたります。

    このスキルは、営業職から転職する際にも活かすことができるでしょう。

    営業職から転職する際には、自身が持っている知識やスキルを明確にしておくことが大切です。営業職から転職しやすい職種として、次のようなものが挙げられます。

    • 人事
    • 企画・商品開発
    • マーケティング・広報
    • 一般事務
    • ITエンジニア

    営業職で培ったスキルを別の職種でどのように活かせるか、それぞれ解説します。

    人事

    人事職は、営業職で培った経験・スキルが活かしやすい職種です。営業職では、自社商材の良さを他社・ユーザーに営業するために考え行動していました。

    人事職では、質の高い質の高い就転職希望者に自社の魅力を伝えて、自社に入社してもらうことを考え行動します。

    業務の目的こそ異なりますが、人事職と営業職での求められるスキルや資質は似ています。そのため、人事職は営業職から転職しやすい業種と言えるでしょう。

     企画・商品開発

    企画・商品開発も営業職の経験やスキルが活かせる職種です。

    企画・商品開発職では、商品企画や営業企画、経営企画などのプロジェクトに参画し、社内経営層に向けて企画内容のプレゼンを行うことがあります。

    プレゼンや準備の際は、営業職で培ったスケジュール管理力や資料作成能力をフルに活かすことが可能です。

    企画・商品開発は「顧客コミュニケーションや人付き合いに少々疲れたけれど、何らかの形で商品には携わっていたい」という人におすすめの職種と言えます。

    マーケティング・広報

    マーケティング・広報も、営業職で培われた業界・顧客分析力が活かせる職種です。

    マーケティングでは各種分析を駆使し、「自社の顧客像と重なるユーザーがどのような経緯で成約に至るのか」を考えていく必要があります。

    条件分岐や数値目標を追って業務を進めていく過程は、営業職での経験に通じるものがあるでしょう。

    一般事務

    営業職と言えば「商談」「顧客とのコミュニケーション」といったイメージがありますが、実際は事務処理や資料作成といった、事務職に近い業務も多く存在します。

    営業職は、万全な状態で商談に臨むために、事務処理や資料作成をスケジュール通りに進めています。営業職で培った事務能力やスケジュール管理能力を活かすことができれば、事務職に転職してもスムーズに業務を進めていけるでしょう。

    目標に向けて業務をこなしていく営業職と一般事務は、実は親和性の高い職業なのです。

    ITエンジニア

    営業職では営業ノルマや顧客課題に対して、自分なりの戦略を立てる必要があります。営業職を通じて得た課題解決能力は、ITエンジニア職でも大いに役立ちます。

    Tエンジニア職に転職する場合、プログラミング言語を新たに学ぶ必要があります。学習する言語によっては、難易度や活用シーンが異なる点に注意が必要です。プログラミング言語の学習を苦に感じないのであれば、ITエンジニアとしての転職もおすすめできます。

    営業職から他職種へ転職すべき人の特徴5選

    「営業職以外の職種でチャレンジしてみたい」「営業職で働くことがストレスに感じている」という場合、営業職から他職種への転職がおすすめです。

    営業職から他の職種に転職した方がいい人の特徴を、5つ紹介します。

    • 営業職を続けること自体がストレスになっている
    • ストレスで慢性的に体調を崩している
    • 失敗・失注を繰り返している
    • 会社・上司からのプレッシャーで落ち込んでいる
    • 残業・休日出勤が耐えられない

          営業職を続けること自体がストレスになっている

          営業職は、営業先や顧客との打合せや商談が多く忙しい職種です。このような環境で働くことがストレスであれば、他の職種へ転職することで、ストレスが軽減できるかもしれません。

          営業職は、どの業種でも顧客に提案を行う仕事に変わりありません。業務に付随する顧客とのやり取りにストレスを感じる場合は、一度営業職から離れてみると良いでしょう。

          営業職のストレスが原因で慢性的に体調を崩している場合も、一度他業種への転職がおすすめです。

          一度営業職を離れることで、営業職のメリットとデメリットを冷静に眺められるようになります。

           失敗・失注を繰り返している

          営業職で失敗・失注を繰り返していると感じている人も、他業種への転職をおすすめします。そもそも営業職に向いていない可能性があるからです。

          営業職には高いコミュニケーション能力や交渉力課題解決能力、資料作成能力、交渉力など、広範囲にわたるスキルが求められます。

          営業職で培った多様なスキルがあれば、転職できる職種の選択肢が増えるでしょう。

          会社・上司からのプレッシャーで落ち込んでいる

          営業職は、営業ノルマの達成や顧客対応に追われる業務です。

          会社の売上に直結する業務のため、社内での進捗共有や上司への報告が必須となります。そうした業務にプレッシャーを感じ、他社員と自分を比較することで落ち込んでしまう人も多くいます。

          言えあらゆるプレッシャーに押しつぶされそうになっている場合は、一度営業職を離れてみると新しい適性を発見できるかもしれません。

           残業・休日出勤が耐えられない

          営業職の中には残業・休日出勤が発生する場合もあります。

          取引先との約束は平日業務では予定を合わせにくく、夜間や休日に対応する場合もあるでしょう。

          定時以外に対応するスケジュールを耐えがたく感じる場合は、営業職以外の職種を試してみると良いかもしれません。

          営業職から他職種に転職しない方がいい人の特徴3選

          営業職にネガティブな印象を持っていることから転職を希望している場合、実は転職をしない方がいいケースもあります。

          一見するとネガティブに捉えられる悩みは、捉え方を変えることで営業職を続けられる可能性もあるからです。

          営業職から他職種に転職しない方がいい人の特徴は、以下の3点です。

          • 商材に魅力を感じない
          • 販売ノルマがつらい
          • 転職後に年収が下がることに納得できない

                  商材に魅力を感じない

                  商材に魅力を感じない人は、単純に「商材を変えればモチベーションが保てるかどうか」を考えるとよいでしょう。

                  商材を変えてもモチベーションを保てない場合、商材以外の部分に原因がある可能性があるため、他職種への転職をおすすめします。

                  販売ノルマがつらい

                  販売ノルマがつらい人は、他業界の営業職への転職で満足のいく仕事ができるかもしれません。

                  営業形態は、業種により様々です。新規営業をメールで行う業種もあれば、問い合わせを受けた相手にのみ営業をかける業種もあります。

                  一から見込み顧客を探す営業活動が苦痛である場合、営業活動が違う業種の営業職に転職するのもひとつの選択肢と言えるでしょう。

                  転職後に年収が下がることに納得できない

                  営業職から他職種への転職では、多くの場合年収が下がります。前職とは異なる分野で仕事を行うため、即戦力人材として採用されない可能性があるからです。

                  特に、ポテンシャル採用や成果主義の企業では、入社してからの頑張りが給与に反映されていくため、転職後の一時的な年収の低下は避けられないでしょう。

                  転職後の年収が下がることに納得できない場合は、他業界の営業職に転職するなど、転職先を探し直すことがおすすめです。

                  営業職で培った経験が活かせる場合は、即戦力として年収を下げずに転職できる可能性もあります。

                  営業職から他業種に転職するメリット

                  営業職から他業種に転職するメリットとしては、以下のようなものがあります。

                  • キャリアアップの機会や新しい自分に出会える
                  • 営業職のストレスから解放される
                  • 営業での経験が活かせる

                  キャリアアップの機会や新しい自分に出会える

                  他業種に転職することで、営業職で培ったスキルや経験を活かしつつ、、新しい分野で新しいスキルを身に付けることができるでしょう。

                  他の職種を経験することで、新たな適性も見つけられます。

                  営業職で資料作成業務や提案業務を行っていたことから、いつの間にかスキルが身に付いていることが分かったり、「事務作業が好きな自分」を発見したりする良い機会になることでしょう。

                  営業職のストレスから解放される

                  営業職から他業種に転職することで、営業職のストレスから解放されます。

                  顧客とのコミュニケーションや商談、上司・企業からのプレッシャーなど、営業職に関わるストレスは全て無くなります。

                  営業職で体調を崩していた人にとっては、効果的な選択かもしれません。

                  営業での経験を活かせる

                  営業での経験は、幅広い職種活かすことができます。

                  営業職で培ったスキルは、多岐にわたります。他の職種でもすぐ使えるスキルであるため、即戦力人材として歓迎されることも多いでしょう。

                  営業職から他職種に転職するデメリット

                  営業職から他業種に転職するデメリットとして、以下のようなものがあります。

                  • 新たに知識を身に付ける必要がある
                  • 職務内容や環境の変化に対応できない
                  • 年収が下がる可能性が高い
                  • すぐに転職先が見つからない可能性がある

                  新たに知識を身に付ける必要がある

                  営業職から他職種に転職する場合、新しい職種に必要なスキル・知識を身に付ける必要があります

                  新しいスキルを身に付け経験を積むためには、時間が必要です。

                  さまざまな業務が含まれる営業職ですが、転職先によっては未経験の分野だったり、営業経験が活かせない職種だったりすることもあるでしょう。

                  そのような場合は、新たに学習の機会を設ける必要があります。

                  職務内容や環境の変化に対応できない

                  他業種に転職することで、職務内容や環境が大きく変化します。

                  転職してしばらくは、変化に対応できず、ストレスや不安を感じることもあるかもしれません。

                  特に、未経験の職種へ転職した場合は、覚えることも多いため、業務に慣れるまでしばらく時間がかかるでしょう。

                  年収が下がる可能性が高い

                  営業職から未経験の職種に転職する場合、キャリアを積み直すため、年収が一時的に下がることが予想されます。

                  現在の営業職の給料や福利厚生が下がることを考慮しても転職すべきか、今一度考えてみることがおすすめです。

                  すぐに転職先が見つからない可能性がある

                  営業職は転職しやすいとはいえ、未経験職種への転職となれば、なかなか希望条件の職種が見つからないこともあります。

                  営業職から他職種へ転職する際は、企業分析を行い「どのような人材が求められているのか」客観的に知ることが、早く転職先を決めるための近道です。

                  企業分析を行ったあとで企業と自身のニーズを合致させるためには、転職エージェントなどに登録し、転職のプロであるキャリアアドバイザーからアドバイスを受けることもおすすめします。

                  営業職の転職を成功させる9つのコツ

                  ここからは、営業職の転職を成功させるためのコツを9点紹介します。

                  転職を検討する際には、下記のポイントを参考にしながら、自分に合った転職先を選ぶよう心がけましょう。

                  • 自分が望むポジションを明確にする
                  • 業種や企業分析を徹底する
                  • 転職先の職種に必要な資格を得る
                  • 自己分析を行いアピールポイントを明確にする
                  • 履歴書・職務経歴書の質を高める
                  • 面接対策を徹底する
                  • ヘッドハンターを活用する
                  • 先輩・知人の意見を聞く
                  • 転職エージェントやキャリアコンサルタントを活用する

                  自分が望むポジションを明確にする

                  転職を検討する際は、職場で自分が望むポジションをはっきりと決めることが大切です。

                  転職先を選ぶ際には、管理職を目指すのか目指さないのか、サポーターとしてやっていきたいのかリーダーシップを取りたいのかといった自分が望むポジションを明確にし、それに合った転職先を探すよう心がけましょう。

                      業界分析や企業分析を徹底する

                      営業職から転職する際は、しっかりと業種や企業分析を行うことも重要です。

                      他業種の営業職に転職する場合は、営業職としてのキャリアアップがかかる大事な選択になります。

                      しっかりと経験が積めるか希望先は企業としての成長段階にあるかといった点に着目して、転職活動を進めていきましょう。

                      転職先の職種に必要な資格を得る

                      転職先では、基本的に即戦力の人材が求められています。

                      即戦力となるには、転職先で必要とされる資格をあらかじめ取得しておくことが大切です。

                      資格によっては、取得するために時間がかかる場合もあります。資格を取ってから転職する際は、資格取得までにかかる時間を事前に確認し、計画的に取得しておきましょう。

                      自己分析を行いアピールポイントを明確にする

                      転職する際は、自分自身のスキルや経験、自己アピールポイントを明確にすることが大切です。

                      自己分析をしっかり行うことで、自分に合った転職先を選ぶことができます。

                      自己アピールは、面接でも大切な要素です。面接でも自己分析で明確にした自己アピールポイントを押さえて、転職先にとって自分がどのような人物であるか伝えるとよいでしょう。

                      履歴書・職務経歴書の質を高める

                      転職活動の多くは、履歴書・職務経歴書の提出を提出し、書類審査を通過した後に面接へと進みます。

                      履歴書・職務経歴書の品質が低ければ、それだけで機会を逃してしまうことになりかねません。

                      履歴書・職務経歴書は、自分が企業にとって必要な人材であることをアピールする重要な書類です。どう書類を作れば内容が伝わるか、しっかり考えて作成しましょう。

                      履歴書・職務経歴書の添削サービスがある転職エージェントの利用のもおすすめです。

                      面接対策を徹底する

                      履歴書・職務経歴書の質を高めた後は、面接対策も必要です。

                      履歴書・職務経歴書に書いた内容から連想することはもちろん、転職を希望する企業を分析し、「自分が入社したらどんな仕事ができるか」「どんな貢献ができるか」を具体的に考えていきます。

                      考えた後は、実際に内容を口に出し、やり取りの流れに慣れる必要があります。

                      面接の練習をひとりで行うのは難しいです。転職エージェントのキャリアアドバイザーなどに協力を依頼し、面接に慣れておきましょう。

                      ヘッドハンターを活用する

                      ヘッドハンターは、採用企業に依頼されてヘッドハンティングを行うプロフェッショナルです。

                      ヘッドハンターは、ヘッドハンティング会社に所属しています。転職エージェントに登録すると、転職エージェント経由でヘッドハンティングされることもあります。

                      転職エージェントに登録しヘッドハンターとの繋がりを持つことで、転職活動がスムーズに進む可能性があります。

                      先輩・知人の意見を聞く

                      実際に転職を経験した先輩や知人から、転職時のアドバイスを受けることも大切です。

                      多様な業務を経験営業職には、同業種にしか分からない強みや悩みがあります。すでに転職を経験した人の意見を取り入れることで、転職活動を有利に進められるでしょう。

                      転職エージェントやキャリアコンサルタント活用する

                      営業職の転職活動では、転職エージェントを活用することがポイントです。

                      転職エージェントは、企業と求職者の間に入って転職活動をサポートするサービスです。求職者にとってメリットになる履歴書・職務経歴書の添削や面接対策もサービスに含まれています。

                      転職エージェントには、キャリアコンサルタントが在籍しています。

                      キャリアコンサルタントは、転職やキャリアアップを支援するプロフェッショナルです。キャリアコンサルタントに相談することで、転職活動やキャリアアップについてのアドバイスが受けられます。

                      転職エージェントは、普段の業務を続けながら、効率的に求人を探したい人や、しっかりと転職の準備を進めたい人におすすめです。

                      営業職から転職する際のおすすめの転職エージェント5選

                      営業職から転職する際におすすの転職エージェントを、5つ紹介します。

                      それぞれ詳しく紹介します。

                      リクルートエージェント

                      リクルートエージェント

                      リクルートエージェントは、人材業界大手のリクルートが運営する転職エージェントです。

                      自社調べで「転職実績No.1」として、豊富な転職成功実績や、2022年6月現在で約20万件ある非公開求人を特徴としています。

                      リクルートエージェントは、幅広い求人を扱う総合型の転職エージェントとして知られています。

                      実績豊富なキャリアアドバイザーが在籍していて転職サポートが充実していることから、営業職の転職でもまず登録しておきたい転職エージェントと言えます。

                      【参考記事】リクルートエージェント

                      doda

                      doda

                      dodaは、総合人材サービスを手がけるパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

                      2023年1月現在で約17万件ある豊富な求人数と、年収査定や人気企業300社の合格診断といった診断・書類作成ツールがあることが特徴として挙げられます。

                      dodaでは、転職エージェントと転職サイトが1つのプラットフォームに集約されています。dodaのポータルサイトから、業種・職種ごとの転職サイトに簡単に移動可能です。

                      営業職に特化した姉妹サイトとして、「dodaセールス」があります。dodaセールスでは、求人情報だけでなく、営業職の転職で役立つ情報を取得できます。

                      【参考記事】doda

                      マイナビエージェント

                      マイナビエージェント

                      マイナビエージェントは、マイナビが運営する転職エージェントです。

                      2021年12月現在で、「20代の転職エージェント満足度No.1」という調査結果をうたっていて、20代・30代をターゲットにした求人を豊富に取り扱っているのが特徴です。

                      20代もしくは業界経験の浅い営業職で、同職種での転職を検討している人はマイナビエージェントへの登録をおすすめします。

                      姉妹サイトとして、特化型転職エージェント「マイナビ営業エージェント」もあります。マイナビエージェントと合わせて登録するといいでしょう。

                      【参考記事】マイナビエージェント

                      doda X(iX転職)

                      dodaX

                      doda Xは、パーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

                      dodaの姉妹サイトで、30~50代向けのハイクラス求人が対象となっています。2022年10月3日より、「iX転職」から「doda X」へとサービス名称が変わりました。

                      doda Xは年収800万円以上の非公開求人を多数保有しており、営業職で長年キャリアを積んでいる人や、管理職以上の仕事にチャレンジしたい人におすすめです。

                      doda Xには経験豊富なヘッドハンターが在籍しています。転職相談に始まり、企業との調整から入社までトータルでヘッドハンターのサポートが受けられる点も魅力です。

                      type転職エージェント

                      type転職エージェント

                      type転職エージェントは、株式会社キャリアデザインセンターが運営する営業職・企画職・ITエンジニア職に特化した転職エージェントです。

                      一都三県の求人のみの取り扱いですが、対象地域であれば、求人の選び方からスキル・経験の棚卸し、希望する企業の分析なども経験豊富なコンサルタントがサポートにあたってくれます。

                      type転職エージェントの最大の特徴は、利用者の約71%が年収アップしている点です。勤務先が一都三県で、年収の上がる転職を希望する際は、type転職エージェントの利用をおすすめします。

                      【参考記事】type転職エージェント

                      まとめ|営業職からの転職には自分に合った転職エージェントとの出会いが不可欠

                      営業職の転職は厳しいと言われることも多くあります。

                      しかし、営業職は普段の業務で求められるスキル・経験が多いため、他職種で必要とされるスキルをすでに身に付けている可能性があります。

                      どの職種でも活かせるスキルを持っていることが多いことから、実は比較的転職に向いている職種とも言えるでしょう。

                      転職活動においては、転職エージェントの利用が転職成功のポイントです。

                      転職エージェントは担当のキャリアアドバイザーによって評価がわかれます。そのため、複数の転職エージェントに登録し、同時進行で転職活動を進めていく、といった対応が必要です。

                      営業職からの転職を成功させるためには、転職する理由や会社選びと同じくらい、自分に合った転職エージェントとの出会いが不可欠です。

                      本記事を参考に、営業職からの転職を成功させてください。

                       

                      • URLcopy
                      CAREERUPSTAGE編集部のアバター
                      株式会社アシロ

                      CAREERUPSTAGE編集部

                      転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。