後悔しない仕事選びのコツとは?重視すべき基準やおすすめのサービスを紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

初めて転職活動をする方の中には、「どのように仕事を選んだら良いかわからない」と感じている人は多いでしょう。

転職活動はポテンシャルが重視された就職活動とは異なり、これまでの経験が評価されます。そのため、自分のことを深く理解する「自己分析」がカギとなります。

この記事では、仕事を選ぶ際に重視したいポイントや逆に避けたほうがいいこと、自己分析のコツになどついて紹介します。

目次

仕事の選び方が分からない際に重視すべき7つの基準

仕事を選ぶ際、何を基準にすべきか迷う人は多いのではないでしょうか?「自分に合うキャリア」は人それぞれ異なるため、自己分析や業界研究を念入りにおこなうことが大切です。

まずは自分に合ったキャリアを見つけるために、どのような基準で考えたらよいかを見ていきましょう。

自分の好きな仕事か

「仕事が好き」という気持ちは、モチベーションの維持や満足度を高めるうえで重要な要素です。

自己分析を通じて、自分が何に興味を持ち、どのような活動に情熱を感じるのかを理解しましょう。また、「好き」という気持ちと併せて、その仕事が自分の強みやスキルが活かせる分野かを考えることも大切です。

自分の興味や情熱を仕事にすることで、長期的・意欲的にキャリアを築くことにつながるでしょう。

誰かの役に立てる仕事か

仕事の満足感を得る上で、社会貢献性や他人のためになるかという視点はとても大切です。

自分の仕事がどのように社会や他人の役に立っているのかを理解することで、仕事の意義を感じやすくなり、意欲的に働くことにも繋がります。

自分がどのような形で社会貢献をしたいのか、どのような人に向けてどのような影響を与えたいのかを考え、それに合った職種や業界を選ぶことが重要です。

長く続けられる仕事か

職業を選択する際は、長期的な視点を持つことが重要です。

仕事内容のみならず、企業文化、働き方、キャリアパスなどを考慮し、年齢を重ねても働ける環境かを見極めましょう。また、将来的な業界の動向や職種の需要も考慮に入れることも大切です。

自分が長期にわたって働ける環境はどのようなものか、どのようなキャリアを望むのかを改めて整理しましょう。

自分の希望する働き方が実現できる仕事か

ワークライフバランスの観点から、自分の希望する働き方を実現できる職場を選ぶことは、長期的なキャリアの満足度に大きく影響します。

勤務時間の調整がしやすいか、リモートワークの可否、残業の有無など、働き方に関する自分の優先順位を明確にし、それに合った職場を選びましょう。

また、プライベートと仕事のバランスをどのように取りたいのかを検討することは、自分に合った働き方を選ぶうえでの判断材料になります。

特に転職の際は、現職と異なる働き方を実現するために、企業の働き方や社風を事前に理解することが大切です。

これまでの経験を活かせる仕事か

転職を検討する際には、これまでの職業経験やスキルが新しい仕事でどのように活かせるかを考えることが重要です。

自分の強みや得意分野を理解し、それを活かせる仕事を選ぶことで、転職活動を有利に進められるでしょう。

また、経験を活かしつつ、新たなスキルや知識を習得できる職場を選ぶことで、より充実したキャリアを築くことができます。

自分に向いている仕事か

自分に向いている仕事を見つけるためには、自己分析を通じて、自分の性格、価値観、興味、適性などを深く理解することが大切です。

自分に合った仕事を選ぶことで、仕事のパフォーマンス向上や職場での満足度も高まるでしょう。

自分一人で自己分析や業界研究をする自信がない方は、転職エージェントやキャリアアドバイザーへの相談を通じて、自分の適性に合った職種や業界を探ることも一つの方法です。

逆にやりたくない仕事は何か

やりたいことや得意なことが見つからない場合は、自分がやりたくない仕事を明確にするのも効果的です。

自分にとってのネガティブな点、例えばストレスを感じる場面や技術的に不得意な分野などを理解することで、自分に合わない仕事を避けることができます。

仕事を選ぶ際に気をつけたいポイントとは?

仕事を選ぶ際には、気をつけたいポイントがいくつか存在します。1つずつ見ていきましょう。

給料や待遇だけで選ぶ

給料や待遇は仕事を選ぶうえで重要な要素ではありますが、それだけに注目して仕事を選ぶのは避けるべきです。

給料や待遇だけで仕事を選ぶと、高い成果を要求されたり過酷な労働環境だったりと思ったような働き方ができず、仕事の満足度が低くなったり、結果的に短期間で転職を繰り返してしまったりとキャリアにマイナスの影響を与える可能性があります。

給与や待遇だけでなく、仕事内容の充実度やキャリアビジョンとマッチするかなどのポイントも考慮しましょう。

「好き」という理由だけで選ぶ

「好き」という気持ちは仕事において大きな原動力となりますが、それだけで仕事を選ぶのも注意が必要です。

好きなことと職業としての適性が必ずしも一致するとは限りませんし、好きなことだからといって楽だとは限りません。

自分の好きなことを軸にしつつも、それが自分のキャリアにふさわしいか、実際の職場環境や業務内容とのバランスを考慮することが大切です。

特定の職種や業界にこだわって選ぶ

特定の職種や業界に固執することも避けるべきです。自分にとって魅力的な業界や職種があるのはいいことですが、あまり固執しすぎると良い機会を見逃すことがあるかもしれません。

市場の動向、職種の将来性、自分のスキルや経験を総合的に考慮し、幅広い選択肢から最適な仕事を選ぶことが重要です。

また、未経験の分野も検討してみましょう。新たな可能性を見出すことができるかもしれません。

忙しさや楽さを重視して選ぶ

仕事の忙しさや楽さだけを基準にするのも適切ではありません。

忙しい仕事は成長の機会が豊富にある一方で、ワークライフバランスを損なう可能性があります。

逆に、楽な仕事はストレスが少ないかもしれませんが、キャリア成長の機会が限られたり、収入面の不安が生じたりすることもあります。

仕事の忙しさや楽さを考慮する際は、キャリアアップの機会、待遇、プライベートとのバランスを総合的に考慮する必要があります。

他人の意見を判断基準にして選ぶ

他人の意見を参考にするのはいいことですが、最終的な判断は自分自身の価値観やキャリア目標に基づいておこないましょう。

他人の意見に流されて決めた決断は、後悔につながることがあるからです。自分にとって本当に適した仕事は自分にしかわかりません。

他人の意見を参考にしつつも、最終的には自分自身の内省と判断が重要です。

仕事選びで後悔しないためのポイント

転職活動には労力がかかるため、「失敗したくない」と考えている人は多いと思います。

仕事選びで後悔しないためには、自分自身のニーズと市場のリアリティをバランス良く考慮することが重要です。

以下のポイントを押さえておきましょう。

何を仕事に求めるのか具体的に考える

仕事から何を得たいかを把握するために、まずは希望条件を洗い出しましょう。

キャリアアップ、給与の高さ、仕事の安定性、社会貢献、専門性の向上など、仕事に求めるものを明確にすることで、適切な職種や企業を選ぶことができます。

希望条件に優先順位や妥協点をつける

理想の条件を洗い出すことは大切ですが、すべてを満たす企業に出会うことは難しいものです。

自分にとって何が最も大切かを理解し、その上で優先順位をつけましょう。給与、勤務地、職種、働き方など、各条件に優先順位を設定し、どこに妥協点を置くかを考慮することで、現実的で満足のいく仕事選びが可能になります。

過去の経験をもとに自己分析する

理想の仕事や企業が決まったら、自分のアピールポイントを考えましょう。

これまでの経験から学んだこと、得意なこと、苦手なことを分析することで、自分に適した仕事が見えてきます。

過去の成功体験からわかる自分の強みはもちろん、失敗体験に対して、今の自分ならどうするかなどの観点を持つことも重要です。

就きたい仕事があるならデメリットにも目を向ける

理想の仕事や企業を見つけたら、その職種や業界のデメリットを理解することも大切です。

将来性、職場の環境、キャリアパスなど、仕事のポジティブな側面だけでなく、ネガティブな側面も考慮することで、より現実的な判断が可能になります。

第三者の客観的な意見を取り入れる

キャリアアドバイザーや転職経験がある知人など、第三者の客観的な意見を取り入れることで自分では見落としがちな点や、新たな視点を得られます。

また、市場の動向や求人情報に精通しているプロの意見は、現実的なキャリアプランを立てる上で非常に役立ちます。

自分の市場価値を知るときにおすすめのサービスは?

ビズリーチ

自分の市場価値を正確に把握することは、転職活動において不可欠です。自分のスキル、経験、資格などを客観的に評価し、市場での需要を理解することが大切です。

また転職する・しないに関係なく、定期的に自己スキルを棚卸しすることで足りない能力をアップデートする際にも役立つでしょう。

市場の動向や業界のトレンドに敏感であることも、自分のキャリアを戦略的に管理する上で重要です。こうした自己評価と市場分析を通じて、自分に最適な仕事選びが可能になります。

ビズリーチに登録すると、企業やヘッドハンターから届くスカウトの状況で自分の市場価値を知ることができます。

会員の7割以上が市場価値を知るために利用しており、自身の適正年収を把握することにもつながるでしょう。また、プロフェッショナルから転職支援を受けることでキャリアの棚卸しもできます。転職をする・しないに関係なくキャリア形成に役立てることが可能です。

仕事の選び方に関してよくある質問

仕事選びは何度も経験することではないため、疑問や不安を感じることが多いでしょう。

ここでは、仕事選びの際に生じるよくある質問にお答えします。

自己分析のやり方を教えてください

自己分析とは、自分の適性や長所・短所、価値観を整理することです。

自己分析をしっかりおこなうことで、自分に合った転職先を見つけるのに役立つだけでなく、志望動機や自己PRに説得力が増すため、非常に重要なステップです。

自己分析をするときは、これまでの経験における特徴的なエピソードを振り返り、その経験からどのようなスキルを身につけたのか、そのスキルをもとにどのような貢献ができるのかなどを整理しましょう。

またこれまでの経験の中で強く「嫌だ」と感じたことがあれば、それはどのような点で、具体的に何が嫌だったのか、どういう状態なら嫌ではなくなるのかなどまで考えられるといいでしょう。

これらのポイントをしっかり整理することで自分の価値観や仕事に対する優先順位を明確にし、それらを新しい仕事選びに活かすことができるはずです。

自分に向いている仕事が分かりません

自分に向いている仕事を見つけるのが難しい場合は、「やりたくないこと」から仕事を選ぶのもおすすめです。

ストレスを感じる場面や不得意な分野を避けることで意外な適職が見つかるかもしれません。また、キャリアアドバイザーや転職エージェントに相談したり、さまざまな職種や業界でインターンシップをしたりするのもいいでしょう。

各種転職支援サービスで利用できる自己分析ツールや適性診断テストを活用するのも一つの方法です。

発達障がいに向いている仕事はありますか?

発達障がいは特性によって得意分野や苦手分野が大きく異なるため、すべての人に向いている仕事を挙げるのは難しいですが、一般的に、ルーティンワークや個人で成果をあげるクリエイティブな分野が適している場合が多いです。

転職エージェントや転職サイトなどのなかには、発達障がい向けのサービスも多くあるため、ぜひ活用してみましょう。

また企業のなかには、障がい者枠で採用をおこなっているケースがあります。特性に合った職場環境やサポート体制を持つ企業を選ぶことは能力を存分に発揮することにつながるため、しっかり吟味しましょう。

HSPに向いている仕事はありますか?

こちらも一概には言えませんが、HSP(Highly Sensitive Person)の方は、環境や人の感情に敏感であるため、精密さや緻密さを必要とする仕事や熱中力・想像力を活かせる仕事、共感性が求められる仕事が向いているとされています。

具体的には、事務や経理、プログラマーや製造業、カウンセラーなどがあります。

逆に過度なノルマに追われる営業職や多くの人と関わるサービス業などではストレスを感じやすい傾向があります。

まとめ|自分に合った仕事を選ぶには自己分析が必要不可欠

最適な仕事を選ぶためには、まず自分自身を深く理解することが不可欠です。自己分析を通じて自分の強み、弱み、価値観、キャリアの目標を明確にし、それに基づいて仕事選びをおこないましょう。

また、仕事選びの際は自分の興味や好みだけでなく、市場の需要や将来性、自分のライフスタイルに合った働き方も考慮する必要があります。

自己分析は一度きりのものではなく、定期的におこなうことで、変化する市場に適応することもできます。自分で自己分析をすることに自信がない方は、キャリアアドバイザーやヘッドハンターなどのプロの意見を参考にすることも大切です。

第三者の意見をとりいれることで、思ってもみない選択肢が見つかるかもしれません。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。