29歳で未経験・スキルなしからの転職は厳しい?転職を成功させるためのコツを解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

転職のリミットは30歳と言われることも多く、29歳になって転職しようかどうか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

転職は若いほど有利というのは知られていることですし、早いタイミングで転職した方が選択肢も広く、成功率も高いです。

29歳は若手とも中堅とも呼べる微妙なラインであり、転職に踏み切っても本当に成功するのかと悩む人も多いでしょう。

この記事では、29歳での転職の実態や成功のためのポイントを解説します。内容を参考にして、上手に転職活動を進めましょう。

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点
あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

目次

29歳未経験やスキルなしでの転職は遅い?

29歳の転職は厳しいのではと思っている人は少なくありません。さらに未経験やスキルがないと転職できないと思う方もいるでしょう。

しかし、未経験やスキルなしでも転職することは可能です。そこで、なぜ29歳からでも転職できるのか解説します。

29歳未経験でも転職はできる

29歳で未経験の職種や異業種への転職は可能です。20代は今後の伸びしろを期待されるポテンシャル採用をされる可能性があります。

たとえ経験のない仕事内容だとしても、今までの業務経験で身につけたポータブルスキルをアピールすることができれば、転職できるでしょう。

しかし、30代になると未経験での転職の難易度は上がってしまうため、経験のない職種への転職を考えている方は30歳になる前に転職活動を始めましょう。

29歳未経験で応募できる求人を探すなら、求人が30万件以上のリクルートエージェントを利用するのがおすすめです。幅広い業界の求人を保有しているため、挑戦したい業界の求人に出会えるチャンスを増やすことができます。

29歳スキルなしでも転職はできる

未経験でも転職できるのと同様に、たとえスキルがなくても転職することは可能です。人手が足りておらず、働き手を欲している業界もあるため、求職者にスキルがなくても転職できます。

例えば、介護業界や建設業界などは慢心的な人手不足が問題視されており、多くの企業が採用に苦戦している状態です。そのため、29歳であっても人手が足りていない業界であれば、十分に転職はできるでしょう。

具体的にスキルなしでも転職できる業界や職種については以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
20代で転職したいけどスキルがない時の対策とは?20代前半・後半別や男女別のポイントも解説! 転職したいと思いつつ「自分にはスキルや資格がない」という意識から、踏みとどまっている20代の方は多いのではないでしょうか。 結論、20代は男性・女性関係なくスキル...

29歳で転職はもう厳しい?29歳の転職事情

29歳で転職が成功するかどうかを知るためには、まずは転職事情を知っておくことが大切です。

29歳の転職の実態、市場ではどのように評価されるのかなどを知り、基本的な部分の理解を深めておきましょう。

20代後半で転職する人は多い

まずは、20代後半ではどのくらいの人が転職しているのか、実際の数値でみてみましょう。

以下の図は、厚生労働省が2022年に実施した調査結果より、年齢階級別の転職入職率者のグラフを引用したものです。なお、転職入職率とは、2022年6月末日時点の常用労働者数に占める転職入職者の割合を表しています。

引用元:(1)年齢階級別転職入職率|-令和4年雇用動向調査結果の概況-|厚生労働省

グラフをみると、25歳〜29歳の転職入職率は高く、男性で15.3%、女性で14.1%となっています。これは、全年代のなかで男性は2番目、女性は3番目に多い数値です。100人労働者がいたら男性で15人、女性で14人が転職した人だと考えると、その割合の高さを実感できるでしょう。

このように、20代後半で転職する人は多く、29歳は転職にちょうど良いタイミングだと言えます。

転職時期としては良好

29歳での転職は有利なのか不利なのかと悩む人は多いですが、実は転職時期としては良好と言えます。29歳であれば社会人としても成熟していますし、中堅の役割をこなせる能力を持った人も多いでしょう。

社会人としての基礎が備わっていれば、再教育の必要はありませんし、加えて中堅としてチームを支える力を発揮できれば、即戦力として期待できるため、転職市場では需要が高いでしょう。

未経験はギリギリのタイミング

29歳が転職市場で需要が高いといっても、それは経験者採用に限った場合です。

未経験職への転職は、タイミングとしてはギリギリであり、場合によっては不利になるかもしれません。

未経験での転職の場合は、ポテンシャルを期待して採用が決定しますし、転職後の成長力が重要視されています。

成長するためには、どうしても時間が必要ですし、歳を重ねるごとに定年までの期間は短くなり、未経験での採用は厳しくなります。

経験した仕事での転職であれば、脂が乗っていると判断されますが、未経験の場合は採用を躊躇されることも多いので、注意しましょう。

転職での年収アップも狙える

29歳は転職市場で価値が高いと判断されやすく、年収のアップも狙いやすいです。

29歳であれば、大卒の新卒で働き始めていれば7年目であり、さまざまな実績を積み、何らかの役職についている人もいます。実績や役職の有無などは、転職でも大きく評価されますし、これらを上手にアピールすれば、年収アップも夢ではありません。

実績などが評価されますので、ひとつの企業で長く働き続け、着実にキャリアを築いている人の方が年収は上がりやすいです。

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点

29歳の転職でよくある転職理由

29歳は、新卒入社から約7年が経過しており、中堅社員として扱われ始める年齢です。人によってはリーダーのポジションに就いたり、後輩の指導係を任されたりして、仕事のやりがいが増える時期とも言えます。

では、29歳のビジネスマンはどのような理由で転職を考えるのでしょうか。

ここでは、29歳の転職でよくある転職理由を紹介します。

パフォーマンスが正当に評価されていない

29歳のよくある転職理由の1つ目は、パフォーマンスが正当に評価されていないと感じることです。

ただがむしゃらに職務を全うしてきた新人時代とは違い、周りを見渡す余裕が出てきて、ふと立ち止まったときに気になるのが「自分への評価」です。

例えば、「自分は努力しているのに、会社はわかってくれない」「後輩のほうが評価が高いのは納得いかない」などの不満に気づくと、会社に対する不信感が次第に膨らんでしまいます。特に、規模が大きな企業では、自身への評価を実感しにくく、出世する同期をみて焦りを感じる方もいるかもしれません。

その結果、「30歳の節目を迎える前に、正当な評価を受けられる会社に転職しよう」という結論に至る人が多いようです。

スキルを積み上げられない

スキルを積み上げられない、成長を感じられないことも、29歳によくある転職理由の一つです。

特に、定型作業や反復作業が多いルーティンワークに就く方によくある悩みで、このまま同じ仕事を続けた場合の将来の自分と、理想の将来の自分の姿に差異が生じ、思い悩んでしまうのでしょう。

このような方は、まずは現職でできることはないか探してみるのが得策です。例えば、上司と話し合って新しい仕事に挑戦させてもらったり、会社によっては特定の資格をとると任せられる仕事の範囲が広がったりするかもしれません。

それでも悩みを解消できなかったとき、転職はスキルアップのための良い機会だと言えます。求人票の職務内容を十分に確認し、転職でステップアップを目指しましょう。

上司と部下の板挟みが辛い

29歳は、会社内で確固たる立ち位置ができ、頼られるシーンが多くなる時期です。上司や部下から信頼されて仕事のやりがいを覚える一方、両者の板挟みになって辛くなる方もいるかもしれません。

特に、グループのリーダーに就いているような方は、上司の指示と部下の意見の狭間に立たされ、忙しい日々の業務に「両者の調整役」という役割がくわわり、疲れ切ってしまうでしょう。

この経験で培われた調整能力は、管理職として出世していくうえで大きな財産となるはずです。しかし、あまりにもつらいようなら、転職して職場を変えることも一つの解決策と言えます。

人間関係のトラブル

人間関係のトラブルも、29歳の転職に多い理由です。

会社という組織では、複数の人が集まって仕事をしています。一人ひとりがもつ背景や価値観はさまざまで、どんな会社においても、合う人、合わない人がいる事実は避けられません。

このような状況下では、ささいなことが原因で人間関係のトラブルに発展するケースがあります。相手が仕事上付き合いが必要な人であれば、関わり合いをゼロにするのは難しく、強いストレスを感じるはずです。

どうしても「仕事上だけの付き合い」と割り切れない方は、まずは部署異動でストレスを断ち切れないか検討してみましょう。難しい場合、転職して人間関係を一新するのも良い選択肢です。

職場環境が悪い

職場環境の悪さは、29歳が転職を考えるきっかけとして、特に多い理由のようです。前掲した厚生労働省の調査結果によると、25歳〜29歳の転職入職者のうち、16.9%が「労働条件の悪さ」が前職を辞めた理由であると回答しています。

残業が当たり前になっている、休日出勤が多い、ノルマがきつい、残業代が支払われないなどで職場環境が悪い場合、転職を考えるのも無理はありません。

このような事態に悩まされている方は、体調を崩す前に、転職して条件が良い会社に移ることをおすすめします。

ただし、転職先でも同じ事態に陥らないように、応募先の企業研究に十分に取り組むことを心がけてください。

【参考記事】(2)転職入職者が前職を辞めた理由|-令和4年雇用動向調査結果の概況-|厚生労働省

29歳で転職するメリット

29歳での転職にはどのようなメリットがあるのでしょうか。29歳はある程度のキャリアがあると考えられることが多く、即戦力での働きや将来性を期待される世代となります。また、異業種への転職もチャレンジしやすく、思い切ったキャリアチェンジを図ることもできます。

29歳で転職をする主なメリットは以下となります。

  • ポテンシャル採用が期待できる
  • 異業種への転職も可能
  • Uターン転職を視野に入れやすい
  • 正社員への転身も不可能ではない
  • 転職でキャリアアップできる

ポテンシャル採用に期待できる

29歳の転職はポテンシャル採用の対象となるケースが多くあります。ポテンシャル採用とは、即戦力ではなく将来的に会社の戦力として活躍してくれることを期待しての採用です。20代が対象となることが多く、企業によっては30代目前の29歳までを対象としていることもあるようです。

30歳を超えると即戦力としての採用がメインとなるため、20代のうちに転職を図るメリットは大きいでしょう。

異業種への転職も可能

30代以降になると異業種への転職のハードルが高くなる傾向があります。そのため異業種への転職を考えている人は29歳という年齢が一つの区切りとなるでしょう。

未経験の業種への転職を迷っているのであれば、29歳のうちに転職活動をするのがおすすめです。

前述のように、即戦力ではなくポテンシャルを期待されて採用される可能性もあります。基本的なビジネススキルや前職での経験やスキルをアピールすることができれば、異業種への転職の成功率が高くなるでしょう。

Uターン転職を視野に入れやすい

「Uターン転職」とは、地元を離れ都市部で働いていた人が、地元企業へ転職することを言います。以前は結婚や出産などをきっかけに地元に戻る人や、定年を迎えてUターン転職を考える人が多い傾向がありました。

しかし現在は地方企業のUターン転職受け入れが活発となっているため、20代でのUターン転職もしやすくなっています。

都市部の企業で経験を積んだ若い人材を歓迎する企業もあるため、29歳で転職悩んでいる人はUターン転職を視野に入れてみてもよいでしょう。

正社員への転身も不可能ではない

これまで契約社員や派遣社員で働いてきた方は、29歳のタイミングであれば正社員に転身するのも不可能ではありません。

29歳は、仕事上で必要とされるひととおりのスキルが身についているうえ、ポテンシャルを活かした転職も可能な年齢です。

即戦力と将来性という大きな強みは、正社員転職においても高く評価されるはずです。

ただし、正社員転職では、これまでの正社員経験を重視される傾向があり、候補者のなかに正社員として働いてきた人がいる場合、非正規社員の方は不利になるおそれがあります。

応募先には現職と関連性のある業界・職種の求人を選び、直結して活かせる経験や実績があることをアピールするのが賢明です。

転職でキャリアアップできる

29歳の転職では、転職によってキャリアアップを目指せることもメリットです。

現職よりも上流の仕事に就いたり、管理職として新たなキャリアを築いたりと、転職はステップアップの良い機会となります。

特に、現職では思い描くようなキャリアを実現できそうにない場合、転職はもっとも有効な手段です。

まずは、理想のキャリアプランを紙に書き出すことから始めてみましょう。現在の自分、3年後の自分、5年後の自分、10年後の自分と、なりたい自分像を具体化します。次に、キャリアプランを実現させるために取り組むべきことを考えてみてください。

キャリアアップを理由とした転職において、今後のキャリアプランは採用面接でよく聞かれる質問の一つです。あらかじめ将来の計画を明確にしておき、理想のキャリアプランが実現できそうな企業を選択することで、入社後のミスマッチも抑えられるでしょう。

29歳で転職するデメリット

次に29歳で転職するデメリットについて解説します。デメリットをしては以下が考えられます。

  • 年収が下がる可能性がある
  • 求人倍率が高い
  • 実績やスキルがないと採用されにくい
  • 早期離職を懸念されやすい
  • 現職での出世の機会を逃す可能性がある

年収が下がる可能性がある

29歳に限ったことではありませんが、転職によって現在の年収から下がってしまうことがあります。

特に未経験の職種の場合は、年収が下がってしまうことが多いです。実績やスキルを評価されての転職であれば、前職の年収を維持できる人もいますが、未経験の場合は新人として扱われることが多いためです。

そのため年収を下げてでも転職をしたいか、という点を事前に明確にしておくとよいでしょう。年収を重視する場合は今の職種を続けた方がよい可能性があります。

求人倍率が高い

20代後半から30代前半で転職を考える人は多く、同世代における求人倍率が高いこともデメリットの一つとしてあげられます。

令和3年に総務省がおこなった「労働力調査」によると、25~34歳の転職者数は年間66万人となっており各世代でトップとなっています。

参考:総務省統計局「労働力調査」(令和3年度)

20代後半の採用を強化している企業を志望した場合、競争率が高くなる可能性が高くなります。

そのため自己分析や職務経歴書の書き方、面接対策などを入念におこなう必要があるでしょう。

実績やスキルがないと採用されにくい

29歳はポテンシャルを期待されての採用も多いですが、前職での実績や専門的なスキルを持っていない人は採用されにくいため注意が必要です。そのため、部下のマネジメント経験や営業実績などをアピールできるとよいでしょう。

29歳は20代前半とは違い、早い段階での成果を求められやすい年齢と言えます。入社してから実績を積むことも大切ですが、採用において有利になる実績やスキルを事前に洗い出しておくようにしましょう。

早期離職を懸念されやすい

29歳の転職では、早期離職を懸念されやすい点がデメリットです。これまでに1回以上の転職経験がある方は、「ストレス耐性がないのではないか」「我慢強さが足りないのでは?」と不安視されやすく、転職の成功が難しいかもしれません。

採用面接においても、過去の転職理由は高い確率で聞かれる質問です。

面接官を納得させられる退職理由を述べ、次の会社では勤続の意欲が高いことを示しましょう。

現職での出世の機械を逃す可能性がある

入社からスキルや経験を積み重ねてきた29歳は、出世の声がかかる人も出てくる年齢です。この年齢での転職には、出世のチャンスを逃す可能性があることも理解しておかなければいけません。

あとになって、「あのまま頑張っていれば管理職になれていたかもしれない」と後悔しても、退職した事実をくつがえすことは不可能です。

出世の可能性を視野に入れて現職にとどまるか、転職先で心機一転して新しい経験を積むのか、両者を天秤にかけて、より自身にとってメリットが大きいほうの道を選んでください。

29歳が転職時に求められるスキル・経験

29歳の転職では、年齢が評価されるわけではなく、社会人としての経験値が大事になってきます。

企業が求めるものが備わっていなければ、何歳であろうと転職を有利に進めることはできません。

29歳の社会人には何が求められているのかを知り、転職時のアピールポイントを理解しておきましょう。

スキル・実績

29歳の転職では即戦力として活躍できる人材が求められるケースがあるため、その業界・職種でのスキルが身についていることが重要となります。社会人としての基本的な能力はもちろん、専門分野に特化したスキルが求められるでしょう。

また、スキルを活かしてどのような実績を積んだのかも見られており、どれだけ結果を出せたのかも重要です。スキルなし、実績なしでは転職でも不利になるので、真面目に仕事に取り組み、何らかの結果を残すことが大切です。

マネジメント能力

年齢を重ねれば自分が現場の第一線で働くだけではなく、部下を管理するマネジメント能力が求められるようになります。

29歳は若手から中堅への転換期であり、チームリーダーとしてマネジメントをしている人もいるでしょう。マネジメント能力は年齢を重ねるごとに、求められる機会が増えるため、多くの企業で引く手あまたです。

30代近くの転職になると、マネジメントの経験は強い武器になるということは覚えておきましょう。

社会人としての基礎力

社会人としての基礎力も、29歳に求められるスキルの一つです。経済産業省では、社会人に必要な3つの基礎力を以下のように定義しています。

社会人基礎力能力要素
前に踏み出す力
(アクション)
主体性
働きかけ力
実行力
考え抜く力
(シンキング)
課題発見力
計画力
創造力
チームで働く力
(チームワーク)
発信力
傾聴力
柔軟性
状況把握力
規律性
ストレスコントロール力
【参考記事】社会人基礎力|経済産業省

「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3つの能力は、時代や業界、職種に左右されず、どの仕事でも必要とされるものです。

とはいえ、これらは短期間で身につけられるものではなく、日々の経験によって磨かれていく能力と言えます。

だからこそ、新卒入社から7年が経過している29歳の人材は、高いレベルでこれらのスキルが備わっていると期待され、企業から評価を得られやすいのです。

採用面接においても、社会人基礎力をアピール材料の一つとして活用するとよいでしょう。

29歳未経験者の転職におすすめの職種

29歳未経験での転職では、未経験者を歓迎している仕事に応募するのが成功のためのポイントです。

特に、以下に挙げる職種は、29歳未経験からの転職におすすめできます。

  • 営業
  • 介護職
  • 接客・サービス業
  • 工場作業員
  • ドライバー
  • IT関連

未経験の仕事に転職して環境を一新したい方は、参考にしてください。

営業

営業職は、ほとんどの企業で設けられているポジションであり、年齢・経験を問わず歓迎される傾向があります。転職に必須の資格もなく、未経験から挑戦しやすい職種の一つです。

営業職に必要なスキルは、コミュニケーション力や課題発見力、交渉力、ストレス対応力、時間管理能力などです。数字に追われるプレッシャーはあるものの、目標を達成するとインセンティブが得られる会社も多く、評価を肌で感じやすい点に魅力があります。

現職と関連のある業界を選択すれば、これまでの経験や知見が活かせ、活躍のイメージを描きやすいでしょう。

介護職

介護業界は、未経験者でも転職しやすい業界の一つです。特に、介護職は人手不足が深刻で、若くて体力のある29歳の人材は歓迎されるでしょう。

介護職では、担当する高齢者やその家族から直接お礼を言われる場面が多く、「人の役に立ちたい」という思いが強い方は、大きなやりがいを得られる仕事です。

転職時には「認知症介護基礎研修」の履修が必須とされますが、それほど難しいものではありません。働きながら資格を取得してキャリアアップできることも、介護職の魅力と言えます。

働き方は施設によって異なるため、応募前には施設形態や夜勤の有無などをよく確認することが大切です。

接客・サービス業

接客・サービス業は、特別な資格が必要とされず、未経験から挑戦しやすい職種です。目の前の顧客からダイレクトに反応を受け取れ、日々の業務をとおしてスキルアップを実感しやすいでしょう。

接客・サービス業では、何よりもコミュニケーション力が求められます。現職で接客の経験がなかったとしても、上司や同僚と積極的にコミュニケーションをとって仕事を進めた経験がある方は、アピールポイントとして強調できます。

人と話すことが好きな方にとって、充実感を得られる仕事となるはずです。

工場作業員

29歳未経験からの転職には、工場作業員もおすすめです。多くの工場ではマニュアルが完備されており、仕事に慣れるまでのハードルはそれほど高くないでしょう。

黙々と一つの作業に没頭するような場面が多く、取引先や顧客とのコミュニケーションが発生しにくいのが特徴です。

正確に仕事を遂行できる人、単調な作業が得意な人に向いている仕事と言えます。

一口に工場作業員といっても、ピッキング、組立、軽作業、検品などと仕事内容はさまざまです。工場によって夜勤や社員寮の有無、雇用形態は異なるので、求人票を熟読したうえで応募するようにしましょう。

ドライバー

ドライバーを含む運輸業界も、人手不足が深刻な業界の一つで、未経験可の求人を多く見つけられるはずです。

トラックの運転のほか、荷物の積み下ろしもドライバーの仕事に含まれるため、体力がある29歳におすすめできます。一人でトラックを運転する時間が長く、他者とのコミュニケーションが必要とされる場面が少ないのも特徴で、現職で人間関係に悩まされている方はストレスを感じにくくなるでしょう。

ドライバーの仕事では、運転するトラックの種類によって必要とされる免許が異なります。

普通運転免許で運転できるトラックもありますが、一部に限られるため、大型自動車免許や中型自動車免許を取得してから応募するのがおすすめです。

IT関連

IT業界では、多くの労働力の確保が急務となっており、スキルさえあれば未経験者でも転職しやすいのが特徴です。29歳の人材であれば、採用される可能性は高いでしょう。

まずは、プログラミングスクールや独学でプログラミングの知識を身につけ、実際にコードを書いてプログラムを動かした経験をアピールすると有効です。選考では、実績としてポートフォリオの提出を求められることが多いため、ある程度時間をかけた準備が必要となります。

経験を積んで一人前になると、独立してフリーランスとして活躍する道も拓かれます。将来性を重視して職種を選択したい方におすすめできる選択肢です。

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点

29歳が転職する際に考えたいこと

30歳になる前に転職しなきゃいけないと考えて、勢いだけで転職を決めてしまうのはよくありません。

転職だけがすべてではありませんし、きちんと考えた上で今後の進路を決めることが大切です。

仕事の条件

29歳での転職なら、年収アップも期待できますし、仕事の条件はきちんと確認しておかなければなりません。転職するからには、現職よりもよい条件を狙うことが大切ですし、焦って妥協しないことが大切です。

30歳に突入すれば、転職のハードルも上がりますが、一気に難しくなるわけではありません。

年齢の壁に焦って転職先を決める必要はありませんので、本当に納得できる条件、仕事内容で新たな仕事を決めましょう。

将来のキャリア形成

29歳の転職では、将来のキャリア形成についても視野に入れておくことが大切です。転職で大切なのは、単に職場を変えることではなく、よりよい仕事を探し、自身を成長させることです。

自分はどんなキャリアを求めるのか、それは転職しても実現させることが可能なのかを考えましょう。

転職の考え方は人それぞれではあるものの、仕事をたびたび変えてしまうと、キャリアの積み重ねが難しくなります。年齢を重ねるにつれて、転職の選択肢は狭くなっていくので、慎重に考える必要があります。

理想の転職先を見つけるためにも、キャリアプランは綿密に練り上げ、それを実現できる企業を探しましょう。

問題がある場合、現職で解決できないか

前述したように、29歳の転職にはデメリットも多く、転職が必ずしもベストな選択肢であるとはいい切れません。

現在抱えている問題を現職で解決できないか、十分に検討したうえで転職を決意することが重要です。

例えば、人間関係が転職理由の場合、部署の異動で解決できる可能性があります。「パフォーマンスを正当に評価されていない」と感じている方も、上司と一度話し合えば、実は評価されていたことに気づくかもしれません。

問題を解決しようと手を尽くしても改善がみられなかったら、そのときに転職活動を開始しても遅くはないでしょう。

29歳で転職に成功する人の特徴

29歳で転職に成功する人と失敗する人の特徴について解説します。

29歳で転職に成功する人はアピールできる実績やスキルがあったり、専門的な知識を持っていたりなどの強みがあります。企業に採用後に活躍できるイメージをもってもらえるかが重要となるためです。

前職でアピールできる実績がある

転職に成功する人の特徴の1つ目は「前職でアピールできる実績がある人」です。実績とは「大きなプロジェクトを成功させた」「営業で年間〇〇円の売り上げを達成した」などの具体的な取り組みや数字のことです。

前職で実績を残している人は、未経験転職だったとしても経験を活かして活躍してくれるイメージがわきやすいと考えられます。会社も即戦力を求めている場合があるため、すぐに成果を出してくれそうな人を採用しやすいでしょう。

前職でアピールできる実績やスキルがないという人には難易度が高いポイントかもしれません。

特筆すべき実績やスキルがない人は、前職で意識的に取り組んできたことや自身の強みなどをまとめておき、転職先ではどのように活躍していきたいのかをまとめておくとよいでしょう。

マネジメントの経験や素質がある

2つ目は「マネジメントの経験や素質がある人」です。30代に入ると部下のマネジメントを任される機会があるため、過去にマネジメント経験のある人やリーダーシップを発揮できるなどの素質がある人は採用されやすくなります。

29歳は前職でマネジメント経験がないという人も多いことが予想されるため、新人の教育を担当した経験や、プロジェクトの進行をまとめていたなどの経験をアピールするとよいでしょう。

転職先の業界について詳しい

3つ目は「転職先の業界について詳しい人」です。転職先の事業内容に関しての理解が深く、業界の知識を持っている人は即戦力として活躍できる可能性が高いためです。

経験している業種に転職を考えている人に限られてしまいますが、一つの業種で長く働いている人ほど転職に成功しやすくなります。

転職の成功率を高めるためには、経験のある業種や職種に絞って転職活動をおこなうのも有効といえます。

転職の軸が定まっている

4つ目は、転職の軸が定まっていることです。転職の軸が明確な人は、採用面接や応募書類においても一貫性のあるアピールができ、企業から信頼できる人材として評価されやすいでしょう。

軸を定めるためには、希望条件に優先順位をつけるのがポイントです。「勤務地」「勤務時間」「年収」「仕事内容」「業界」「職種」「取り扱っている商材」などを考え、どの点をもっとも重視するか、自身の考えを振り返ってみてください。

難しい場合は、条件が同じ2つの企業から内定を得たときに、どの点を最優先して転職先を決めるか考えると、重視したいポイントがみえてきます。

29歳で転職に失敗する人の特徴

次に29歳で転職に失敗しやすい人の特徴について解説します。転職に失敗しやすい人は、企業側から採用を見送られる理由がありますので、自身の転職活動を見直す必要があります。

転職理由がネガティブである

1つ目は「転職理由がネガティブな人」です。前職に不満があって転職をする人は多いはずですが、そのまま理由を伝えてしまうと「転職しても同じことを言うのでないか」と思われてしまう可能性があるためです。

dodaが調査した転職理由ランキング(※)によると、転職理由として多いのが「給与が低い・昇給が望めない」「昇進・キャリアアップが望めない」「会社の評価方法に不満があった」となっています。

上記のような転職理由を伝える際も、「実力が評価される会社に転職したい」「もっとキャリアアップを目指したい」といったポジティブな理由に置き換えてみるとよいでしょう。

※参考:転職理由ランキング【最新版】 みんなの本音を調査!

将来のキャリアプランが明確でない

2つ目は「キャリアプランが明確でない人」です。将来自分がどのようなキャリアを歩んでいきたいかを明確にできていない人は企業とのミスマッチが起こり、早期離職の可能性を懸念されてしまうためです。

具体的にキャリアプランを企業に伝えることで、ミスマッチを防ぐことができます。またキャリアプランが明確であれば、仕事に対する意欲や苦しいときの頑張りにもつながるでしょう。

転職回数が多い

3つ目は「転職回数が多い人」です。転職回数が多い人は仕事が続かない人と思われてしまうため、採用につながりづらい傾向があります。

面接で転職を繰り返している理由を聞かれる可能性が高いため、納得できるような回答や入社したい理由を用意しておきましょう。

年収を下げたくない

「絶対に年収を下げたくない」と強い希望がある方は、転職に失敗してしまうかもしれません。転職によって必ず年収が上がるとは言い切れず、年収が下がる可能性もあるからです。

実際、前掲の厚生労働省の調査結果を参照すると、25歳〜29歳の転職入職者のうち、26.7%が転職によって賃金が減少したと回答しています。

【参考記事】(3)転職入職者の賃金変動状況|-令和4年雇用動向調査結果の概況-|厚生労働省

特に、未経験の職種に挑戦したい方は、転職によって年収が上がる見込みは低いでしょう。

どうしても年収を下げたくない方は、できるだけ現職と関連性が高い職種・業界を選択するのが無難といえます。

29歳の女性の転職は難しいのか

性別によって転職の難易度に大きな違いはありません。

しかし、女性が活躍しづらい業種があったり、今後結婚や出産を考えている人が注意すべきポイントがあったりと、男性とは違う視点で転職を考える必要があります。

転職の難しさに性別は関係ない

冒頭でお伝えしたように、性別は転職の難易度に直接影響しません。仕事に活かせるスキルをもっていれば、男女関係なく会社に必要とされるためです。29歳という年齢でも人手不足の業界や企業にとっては貴重な戦力となるでしょう。

また、女性の転職に特化した転職サービスもあります。転職エージェントなどのサービス利用を検討している人は、女性の転職に強いサービスに登録しておくことをおすすめします。

育児休暇や出産休暇の取得がしやすい企業を選ぶ

転職後に結婚や出産の可能性がある人は、育児休暇や出産休暇を取得できる制度があるか確認しましょう。最近ではこれらの休暇制度を利用できる企業が多くありますが、少人数の企業や古い体制が残っている企業では、休暇取得がしづらい企業もあるためです。

また育休や産休の取得が可能でも、転職後すぐに休暇を取る可能性を懸念して、採用を見送られることもあるかもしれません。

入社後にトラブルにならないために、面接時などに今後のライフプランをどう考えているかを伝えておくとよいでしょう。

女性が活躍しやすい職種や業種がおすすめ

女性が活躍しやすい職種や業種に転職することもおすすめです。働きやすさやキャリアアップを重視する人は、実際に女性が活躍している企業を探してみるとよいでしょう。

女性が活躍しやすい業界は医療福祉、販売、営業などです。

医療福祉では看護助手や介護であれば未経験転職が可能な企業も多いです。また、営業や販売などの接客業は女性社員を採用したいという企業も多いと考えられます。

事務職などのデスクワークも女性に人気ですが、求職者の多い人気の職種となりますので、事務職に転職したい場合はPC作業スキルや簡単な経理業務などは身に付けておくと面接でもアピールしやすいでしょう。

29歳で転職を成功させるための7つのポイント

29歳で転職を成功させるために抑えておきたいポイントを解説します。項目は以下の5つです。

  • 自己分析をおこなう
  • 自信の市場価値を把握する
  • 前向きな転職理由を伝える
  • 在職中に転職活動を進めておく
  • キャリアプランを明確にする
  • 企業の求人の目的を理解する
  • 転職エージェントを活用する

自己分析をおこなう

転職を成功させるためのポイントとして、自己分析をおこなうことが重要です。前職での実績やスキルはもちろん、これまでに取り組んできた経験や趣味、特技なども抽出していきます。

そこから自身の強みや弱み、どんなことが仕事に活かせるかを考えていきましょう。自己分析の結果から、自分にはどのような職種や職場が向いているのかを明確にすることができ、面接や志望動機に活かすことができます。

自信の市場価値を把握する

自身の市場価値を把握しておくことも、成功のための重要なポイントです。いくら志望度が高くても、スキル・経験がともなっていない求人ばかりに応募していては、転職活動が長引くばかりかもしれません。

自身の市場価値を把握する方法として、転職エージェントの活用が挙げられます。

転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談すれば、希望職種の需要と供給のバランスや、転職市場の最新動向などをもとに、市場における自身の評価を教えてもらえるはずです。

また、スカウト型の求人サイトに登録して、どのようなオファーが届くかをみてみるのもおすすめです。

希望条件に合う仕事のオファーがあれば、その職種に転職できる可能性があるととらえて良いでしょう。

\ 今すぐ転職しなくてもOK /
簡単な質問に答えて、現在の
あなたの市場価値がわかる

 

おすすめ度 ★5

 

ミイダス
無料診断する >
  • 7万人の転職データから市場価値(年収)を算出
  • 向いている仕事、ストレス耐性なども分析
  • 登録なし、所要時間5分でOK!

 

おすすめ度 ★4.8

 

ビズリーチ
無料診断する >
  • 質問に答えるだけで自動で職務経歴書を作成可能!
  • 登録後にスカウトを受け取ることで、今の転職市場価値がわかる
  • ハイクラス管理職やエグゼクティブに特化

 

前向きな転職理由を伝える

転職理由は前向きな理由を伝えるようにしましょう。転職したいと思った理由がネガティブであるという人も多いですが、転職先の企業にネガティブな理由をそのまま伝えてしまうと、良い印象につながらない可能性があります。

「自身のスキルをもっと活かしたい」「本当にやりたい仕事ができた」など、今後の活躍が期待できそうな理由を面接官に伝えることで、入社後の働きをイメージしてもらうことができます。

現職中に転職活動を進めておく

転職を成功させるポイントとして、現職中に転職活動をおこなうこともあげられます。

仕事をしながら転職活動をおこなうのは時間的にも体力的にも厳しい面はありますが、無職の状態で転職活動をおこなうよりも、気持ちに余裕をもって行動することができるためです。

また離職期間が長くなってしまうと、転職活動に不利になってしまうケースもあります。

現職中に次の職場を決めたうえで、会社に退職の旨を伝えるとよいでしょう。

キャリアプランを明確にする

30代を目前にした転職は、キャリアプランについても明確にしておくことで、より将来につながる会社を見つけることができます。ただ給料が良い会社に転職するのではなく、その業種や職種で10年後や20年後の自分がどうなっていたいのかを考えておくことが重要です。

年齢を重ねるごとに転職先の選択肢が狭くなってしまうため、次に転職する場合は今よりも希望の職種につける可能性が低くなるでしょう。そのため今後を見据えて慎重に転職先を選ぶ必要があります。

企業の求人の目的を理解する

転職活動中に忘れがちなのが、企業の求人の目的を理解しておくことです。年収アップや職場環境などを重要視しすぎてしまうと、企業が求めていることを見落としてしまい、採用されづらくなってしまいます。

基本的に企業に不足している人材を採用することが求人の目的です。

そのため、その企業がどのような人材を求めているのかを考え、採用したいと思われるようなアピールをすることが重要です。

転職エージェントを活用する

転職エージェントの活用は、転職成功の可能性を高めるのに有効な手段です。

転職エージェントでは、おもに以下のような転職支援を受けられます。

転職エージェントで受けられる支援の例
  • キャリアカウンセリング
  • 自己分析のサポート
  • 求人の紹介
  • 非公開求人の紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 選考のフィードバック
  • 企業との日程調整
  • 条件交渉 など

特に、適性に合う未経験歓迎求人を紹介してもらえたり、企業との日程調整を代行してもらえたりする点は、忙しい29歳のビジネスマンにとって大きなメリットです。

また、転職エージェントでは、登録者のみ紹介を受けられる「非公開求人」が保有されています。非公開求人のなかには、条件の良い優良求人や人気企業の求人が含まれていることもあり、競争率が低いのもポイントです。

複数社の転職エージェントに登録し、相性の良いエージェントを見極めると、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

29歳におすすめの転職エージェント

転職エージェントの選び方について考えたことはあるでしょうか。とりあえず検索上位サイトやCMなどで有名なエージェントに登録するという人も多いはずです。

しかし、転職エージェントには各社それぞれ異なった特徴や強みがあります。例えば「求人数が多い」「20代の転職に強い」などです。そのため自分の状況や希望に合った転職エージェントを探すことで、転職を成功に近づけることができるでしょう。

この項目では、おすすめの転職エージェントの特徴と組み合わせを紹介しますので、参考にしてみてください。

求人数が多く未経験でも転職活動しやすい転職エージェント

求人数が多い転職エージェントは、転職先の選択肢が広がるだけでなく、未経験OKの企業に出会えるチャンスも多くなります。29歳での転職を検討している人におすすめの求人数の多い転職エージェントは以下の2社になります。

エージェント名特徴
リクルートエージェント2024年1月時点で36万件以上の求人数。
専門コンサルタントの手厚いサポート。
doda大手・優良企業の求人多数。
スピーディな転職活動をしたい人向け。

20代の転職に強い転職エージェント

29歳で転職をする場合、20代の転職に強い転職エージェントを活用するのも有効です。20代向けの転職アドバイスや求人紹介を受けることができますので、ぜひ活用してみましょう。

29歳の転職で特におすすめの転職エージェントは以下の2社です。

エージェント名特徴
マイナビエージェント20~30代利用者満足度の高い大手転職エージェント。
type転職エージェント20代から30代の支持が高い転職エージェント。
年収をアップしたい人にもおすすめ。

29歳の転職でよくあるQ&A

最後に、29歳の転職でよくある質問とその回答を解説します。疑問点を解消してから、転職活動に踏み切りましょう。

29歳で未経験業界に転職できる?

29歳で未経験業界に転職することは、十分可能と言えます。29歳は経験やスキルと同時にポテンシャルも評価される年齢であり、企業にとって採用の利点が多いためです。

転職活動では、社会人基礎力や現職で身につけたスキルをアピールし、採用担当者に活躍のイメージをもってもらえるように工夫しましょう。

29歳の妊活中の女性でも転職できる?

29歳で妊活を先にするか、転職を先にするかで迷っている女性は少なくないかもしれません。

妊活中でも転職は可能ですが、採用面接では「今後のキャリアプランを教えてください」のように、オブラートに包んだ表現で出産の予定を聞かれる可能性が高いと言えます。企業にとっては、せっかく採用した社員がすぐに産休・育休を取得すると、社員の配置計画を変更する必要があるため、女性の採用に慎重になるのです。

また、仮に転職してすぐに子供を授かった場合、産休・育休の取り扱いには以下のような違いがあります。

  • 産休…勤続年数に関わらず取得できる。
  • 育休…正社員であれば原則取得できる。ただし、労使協定の内容によっては入社後1年以上経過しないと取得できないケースがある。

制度上は入社後すぐの産休・育休の取得は可能です。しかし、妊娠中や育休復帰後の勤務には職場の理解が不可欠であるため、入社から1年〜2年程度経って、周囲から信頼される存在になってから妊活に取り組むのが得策かもしれません。

これらのことを念頭に置いたうえで、産休・育休の取得実績が多い企業を転職先として選ぶのがポイントです。

29歳で公務員に転職できる?

29歳でも公務員に転職することは可能です。ただし、公務員になるためには、公務員採用試験に合格する必要があります。

ほとんどの自治体では大卒程度枠の上限年齢を30歳としていますが、上限年齢を低く定めているところもあるため、受験予定の自治体の採用情報をよく読んでから検討してください。

また、公務員試験は応募日程や試験日が明確に決められているので、時期を逃さないように注意が必要です。受験先の採用情報を十分に確認し、計画的に準備を進めましょう。

資格やスキルがない29歳は転職できない?

スキルに自信がない方こそ、29歳のうちに転職に挑戦すべきだと言えます。20代は将来性を見込んでの「ポテンシャル採用」に期待できますが、30代になるとポテンシャル採用の可能性は低くなるからです。

資格やスキルがない方は、現職と関連性のある業界・職種の企業に応募すると、これまでの経験をアピール材料にできます。未経験の業界・職種に応募する場合は、成長意欲の高さを示すように心がけてください。

29歳の転職で年収は上がる?

29歳の転職で、必ずしも年収が上がるとは言えません。人によっては年収が下がることもあり得ます。

転職に求める条件のなかで年収の優先順位が高い方は、現職の経験がそのまま活かせる業界・職種で転職を目指すのがおすすめです。

即戦力となれることをアピールしたり、管理職として採用されたりすれば、年収アップを実現できる可能性が高いと言えます。

29歳の高卒でも転職できる?

29歳の高卒者でも転職は可能です。

29歳で高卒の方は、社会人になってから10年以上が経過しており、豊富な仕事経験は企業から評価されるポイントと言えます。学歴を不問とする企業に的を絞り、スキルや経験をアピールしましょう。

29歳で2回目・3回目の転職は避けるべき?

転職回数が多い29歳の方でも、転職は成功できます。ただし、早期離職を懸念して、採用に慎重になる企業が多い可能性があります。

まとめ|29歳スキルなしの転職は厳しい?

29歳は転職のひとつのタイミングといえます。

転職は若年層が有利な傾向にありますが、29歳は脂の乗った時期ですし、若手にも負けず、市場での価値は高いです。条件にこだわり、じっくりと企業を見極め、キャリアアップできる転職を実現させましょう。

また、29歳でスムーズな転職を目指すのであれば、転職エージェントの利用をおすすめします。

29歳で初めての転職という人もいるかもしれません。転職は職務経歴書の書き方や面接対策などの準備をするだけで転職成功率がアップするためです。転職エージェントは転職に関するアドバイスや書類添削などをおこなってくれるため、不安や疑問点も相談しやすいでしょう。

なお、転職エージェントはたくさんあり、それぞれで特徴や強みが異なります。34歳以上での転職なら、この記事で紹介した「リクルートエージェント」「doda」「type転職エージェント」「マイナビエージェント」を利用するのがおすすめです。

ここで解説した内容を実践して、ぜひ理想の内定を勝ち取ってください。

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。