転職して半年以内で退職するのはまずい?退職理由や転職を成功させるコツを解説

高橋宇内
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

「転職をして半年で退職しても大丈夫?」

「転職をして半年で退職しても再転職できる?」

といった悩みや不安を抱える方も多いのではないでしょうか。

自分が働きやすい環境や将来像を目指すために転職する人が多いはずです。

しかし、転職した人の中には人間関係や職場環境に問題があり転職したけど、転職先でも何かしらの問題があり半年で退職したいと思う方も少なくありません

退職と転職を短期間の間に何度も繰り返していると、企業からの印象は悪くなります。

そこで本記事では、転職してから半年で退職するメリット・デメリットから注意点まで解説します。

本記事で分かること
  • 転職して半年で退職しても可能なのかについて
  • 退職した方がいい企業や人の特徴
  • 再転職を成功させるために必要な7つのコツ
  • 転職して半年で退職する人におすすめの転職エージェント5選

転職して半年で退職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

この記事の監修者
高橋 宇内人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。

目次

転職して半年で退職しても再転職は可能

結論、転職して半年で退職をしても再転職は可能です。

ただし、半年で退職をして、再転職する場合の難易度は高くなります。

短期間で退職と転職を繰り返していると、入社をしても「すぐやめるのでは」と思われるからです。

企業は採用活動を行うにあたって、広告費用や人材会社、労働力などのコストがかかっています。

お金や時間を費やしたのに、すぐやめそうな人材を採用するのは、企業にとってはリスクが伴います。

採用する側としては、少しでもリスクを減らして採用活動を行いたいので、転職して半年で退職する人は、再転職が難しいと考えられるでしょう。

企業としては、早期離職する人材でないか判断するためにも、面接で退職理由を深掘りします。

なので、企業側のリスクを減らすために、退職理由を明確に伝えることが重要です。

転職して半年で退職する場合、メリットやデメリットもあるため、一度退職をしても大丈夫なのか確認するのがおすすめです。

転職して半年で退職した方がいい5つの特徴

転職して半年で退職した方がいい5つの特徴は下記のとおりです。

  • 仕事が原因で体調不良になる
  • 人間関係が合わない
  • 残業・休日出勤が多すぎる
  • 倒産する可能性がある
  • 入社前の条件と異なる

上記の特徴に該当する場合はブラック企業である可能性が高いため、再転職をおすすめします。

ブラック企業で働くことは、不安や不満が溜まり、将来の目標に向けて活動できないケースにつながりかねません

このような状況を事前に回避し将来の目標を叶えるためにも、退職すべきかそれとも残るのか一度考えてみましょう。

仕事が原因で体調不良になる

仕事が原因で体調不良になる方は、転職して半年で退職するのをおすすめします。

体調が悪い状態で働き続けると思うように仕事ができず、出勤できなくなる可能性もあるからです。

最悪の場合、うつ病になり労働できなくなるケースも考えられます。

また、仕事において体調不良になるのは、何かしらのストレスが原因です。

ストレスが溜まった状態で働くと、思うような成果が出せなかったり、仕事のスピードが遅くなったりする場合があります。

このような悪循環が続くと「出社したくない」「働きたくない」などの、ネガティブな感情を持つでしょう。

なので、転職をして体調不良になる場合は、無理に働くのではなく退職をするのがおすすめです。

高橋 宇内氏
高橋 宇内氏

仕事に対する不満の積み重ねがきっかけで体調不良になりかねません。

体に異変を感じたら、無理をせずに退職を検討しましょう。

人間関係が合わない

転職して半年で人間関係が合わないと感じる方は、退職をしても問題ありません

仕事において人間関係が悪くなると、業務へのパフォーマンスが落ち、思うような成果が出せなくなるからです。

また、人間関係のトラブル内容によっては、出勤できなくなる問題もあります。

人間関係の中でもよくある問題は、パワハラやセクハラです。

近年、企業のコンプライアンスは厳しくなり、パワハラやセクハラ問題が少なくなってきました。

しかし、企業によっては、昔からの風潮がなくならず、パワハラやセクハラが続いているケースは少なくありません。

パワハラやセクハラを注意喚起せず、放置する企業はブラック企業である可能性が高いでしょう。

また、パワハラやセクハラ以外での人間関係問題に対して、真摯に取り組まない会社は優良企業とは言えません。

なので、職場内での人間関係に問題がある方は、退職をおすすめします。

高橋 宇内氏
高橋 宇内氏

仕事をするうえで特に欠かせないのは人間関係です。

社内の人間関係で「つらい」「苦しい」と悩んでいる方は、退職をして再転職を検討するのがおすすめです。

残業・休日出勤が多すぎる

残業や休日出勤が多すぎる企業は、ブラック企業である可能性が高いので退職をおすすめします。

企業の中には、個人的な理由で仕事を押し付けたり、休日に会社へ呼び出されたりすることもあります。

このような企業の場合、残業や休日出勤以外にも「有給が取れない」「就業規則を守らない」などの問題を抱えている可能性があるでしょう。

問題を抱える企業で働き続けると、ワークライフバランスが保てなくなり、体調不良で出勤ができなくなるなどの、つらい経験を迫られる可能性も考えられます。

そのため、残業や休日出勤が過度に多いと感じた場合は、退職を検討するのがおすすめです。

高橋 宇内氏
高橋 宇内氏

残業や休日出勤を依頼されたときは「理由を確認する」「周囲に相談する」など、身近な人の手を借りながら、少しでも減らせるように行動しましょう。

倒産する可能性がある

企業が倒産する可能性が高い場合は、安定した収入が得られなくなるので、退職の検討をおすすめします。

生活をするうえで必要となるのは、安定した収入です。

しかし、企業が倒産する可能性があると、収入がなくなる恐怖を抱えながら働く必要があるため、日々のストレスも多く業務に集中できないでしょう。

万が一、倒産する場合、安定した収入の保証もなければ転職先が紹介されることもありません。

また、企業の中には、倒産するリスクを減らすために、リストラをして支出を削減する企業もあるようです。

このように、倒産をする可能性がある企業で働き続けると、大きな被害を受ける場合もあります。

なので、倒産する可能性がある企業で働いている方は、退職をして転職するのがおすすめです。

役員や経理担当が退職する、税理士の訪問が増えるなど、少しでも怪しい行動がある場合は、倒産の可能性が考えられます。

高橋 宇内氏
高橋 宇内氏

スタートアップ企業やベンチャー企業は、特に起こりえる問題なので注意しましょう。

入社前の条件と異なる

入社前の条件と異なる企業の場合、転職して半年でも退職をおすすめします。

仮に違う条件で入社した場合、さらに理不尽な要望を受ける可能性があるからです。

入社前と異なる条件で働き続けると「何でも頼める」と思われ、条件以外の仕事を押し付けられる可能性が高くなります。

たとえば、入社前は「エンジニア部で仕事ができる」と説明を聞き入社を決意したが、入社後に営業部へと所属するケースは少なくありません。

入社前の条件と異なる仕事内容を避けるには、契約書を確認する必要があります。

求職者にありがちなのは、契約書の金銭面しか確認しないケースです。企業が発行する契約書には、労働条件に関する項目が記載されています。

そのため、入社前の契約書では、業務内容などの確認もしましょう。

もし、契約書に記載があるのに違う条件で仕事を求められる場合は、異動願を出すなど、自分の取り組みで変えられる行動はやるべきです。

それでも変わらない場合は、ブラック企業である可能性が高いので、転職して半年でも退職の検討をおすすめします。

高橋 宇内氏
高橋 宇内氏

転職したばかりで退職してもよいのか不安に思っているはずです。

しかし、退職理由が正当に認められる可能性が高いので、無理して働き続ける必要はありません。

転職して半年で退職するメリット4つ

転職して半年で退職するメリットは、主に以下4つです。

  • 労働環境をリセットできる
  • 在職するメリットがない場合、早く次に進める
  • 精神的・肉体的な負担を軽減して考える時間を作れる
  • 第二新卒であれば転職時に若さをアピールできる

メリットを把握しておけば、精神的に楽な状態で転職活動を行うことができ、自分の強みをしっかりとアプローチできるでしょう。

以下4つの内容をぜひ参考にしてみてください。

労働環境をリセットできる

転職して半年で退職するメリットの1つに、労働環境をリセットできることが挙げられます。

転職を希望する方は、何かと今の職場に不満があるから転職を決意するはずです。

たとえば、「長時間労働が横行している」ことが原因で転職したい場合は、休みもしっかり取れて残業が少ない会社に転職できます。

労働環境がリセットできれば、新たな気持ちで仕事に取り組めるため、モチベーションの維持もしやすいでしょう。

「今の職場環境がつらい」と思っている方は、労働環境を変えることが必須です。

在職するメリットがない場合、早く次に進める

在職するメリットがない場合、早く次に進めるのも転職するメリットです。

「自分には合わない仕事」「向いていない仕事」などと感じる仕事を続けていても、やる気が起こらないため、生産性が低下します。

生産性が低下することで、業務対応のスピードや正確さも低下し、自分自身の評価を下げてしまいかねません

そのような環境で仕事するよりも、思い切って半年で転職を決断した方が、精神的な負担を軽減でき、時間を無駄にしなくて済むでしょう。

「今の仕事が自分に合わない」と感じている方は、早く転職活動をおこなうのをおすすめします。

精神的・肉体的な負担を軽減して考える時間を作れる

半年で転職を決意するメリットで、精神的・肉体的な負担を軽減して考える時間を作れることが挙げられます。

人によって、仕事内容や職場の人間関係、給料や労働時間などが合わずに退職したいと考える方もいるでしょう。

今の労働環境が悪い中で仕事を続けていても、会社にいくこと自体嫌になってしまう可能性があり、精神的・肉体的な負担が重くなってしまいます。

半年で転職を決意すれば、嫌な仕事を長く続ける必要もなく、次のキャリアに向けて考える時間の余裕も作れるようになります

精神的にも肉体的にも楽になれるため、半年で転職をする大きなメリットといえるでしょう。

第二新卒であれば転職時に若さをアピールできる

第二新卒であれば転職時に若さをアピールできることも、半年で転職をするメリットです。

第二新卒とは、一般的に大学卒業後約3年以内の転職希望者のことを指し、25歳前後とされています。

25歳前後で転職を希望するとなれば、「若さ」を武器に企業から意欲と将来性を買われることも多く、未経験職への転職も実現しやすいです。

20代前半である場合、未経験職への転職も十分できます。

自分の最適な仕事を見つけるためにもさまざまな業種や職種に興味を持ってみてください。

転職して半年で退職するデメリット4つ

転職して半年で退職するデメリットは、主に以下4つです。

  • 転職時にすぐ辞めてしまうのではないかと疑われやすい
  • ボーナスがもらえない可能性がある
  • 転職回数があまりに多いとキャリアに悪影響が出ることがある
  • 辞めグセがついてしまう可能性が高い

デメリットを把握しておけば、リスクヘッジをしながら転職活動をおこなうことができるでしょう。

以下4つの内容をぜひ参考にしてみてください。

転職時にすぐ辞めてしまうのではないかと疑われやすい

半年で転職する場合のデメリットとして、転職時にすぐ辞めてしまうのではないかと疑われやすいことが挙げられます。

転職して半年で退職してしまうと早期退職といわれる傾向があります。採用担当者が履歴書や職務経歴書を見た際、「早く辞めてしまうのでは?」と懸念する確率が高いです。

早期離職の懸念から、なかなか採用に結びつかないこともあるでしょう

しかし、面談時に退職理由を前向き説明し、自分の強みを活かせることをうまく説明できれば、企業側の不安を払拭できます

早期退職されないか不安視されることを前提に、前向きな退職理由や自分自身の強みなどを自己分析しておきましょう。

ボーナスがもらえない可能性がある

半年で転職する場合、今の会社からボーナスがもらえない可能性もあります。

ボーナスは「個人の業績に対する評価」「会社の業績に応じた分配」などが考慮されるため、必ずしももらえるとは限りません。

法律で支払うことが定められている賃金とは異なり、会社によって基準がさまざまですから、中には「退職予定者には支払わない」企業もあるかもしれません。

退職予定があっても、ボーナス支給日に会社に在籍していれば受け取れるため、ボーナスを満額もらいたい場合は、退職する旨をボーナス支給日後にすることをおすすめします。

転職回数があまりに多いとキャリアに悪影響が出ることがある

転職回数があまりに多いとキャリアに悪影響が出ることがあります。

「転職回数が多すぎる=長続きしない人」と思われてしまうため、採用担当者からはマイナスな印象を持たれてしまう傾向があります。

たとえば、最終面接で同じスキルや経験を持っている人がライバルとしていたら、どちらを採用するかとなれば転職回数が少ない人の方が信用されやすいです。

転職回数が多すぎるとキャリアに支障をきたすこともありますが、と履歴書や職務経歴書でスキルや経験をアピールできれば、転職を成功させることもできます

転職回数に不安がある方は、書類添削をしてくれる転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

辞めグセがついてしまう可能性が高い

辞めグセがついてしまう可能性が高いのも、転職時のデメリットです。

「なんとなく自分に合わない」という理由で一度退職してしまうと、辞めグセがついてしまい、気に入らないことが起きたら辞めたいと思ってしまうようになります。

転職回数を増やしてしまうと今後のキャリアに悪影響を及ぼしてしまう可能性が高いです。

転職後に職場の人を自分から食事に誘ってみたり、仕事の連携を積極的にしてみたりなど、コミュニケーションを意識してみてください。

転職して半年で退職する人が再転職を成功させるために必要な7つのコツ

転職して半年で退職し再転職しようとしても、成功できる人と失敗する人では抑えているポイントが異なります。

再転職を成功させるには、下記のコツが必要です。

  • 転職に失敗した理由を分析する
  • 将来像を明確にする
  • 在職中に転職活動をする
  • 資格・スキルをアピールする
  • 仕事への熱意を伝える
  • 企業が安心して採用できる退職理由を説明する
  • 転職エージェントの力を借りる

転職して半年で退職し再転職をする場合、ある程度のリスクがあります。

そのため、上記のコツを把握していないと、失敗する可能性が高くなるでしょう。

転職に失敗した理由を分析する

転職して半年で退職し再転職を成功させるには、転職に失敗した理由を分析し、同じ状況を繰り返さないようにしましょう

再転職できたとしても、同じような問題が起きては転職した意味がないからです。

また、短期間で転職をし続けると、経歴に傷がつき採用されない可能性が高くなります。

そのため、転職して半年で退職し再転職する場合は、失敗した理由を分析する必要があります。

転職に失敗した理由を分析するときは、優先順位を明確にすることが重要です。

たとえば、優先順位を「給与・福利厚生」で考えて転職をして失敗した場合、再転職では違う理由を優先して考える必要があります。

仮に失敗理由が業務内容であれば、仕事内容の優先順位を最優先して転職活動をするのがおすすめです。

転職して半年で退職したいと思う方は、失敗した理由を分析して、同じことを繰り返さないように注意しましょう

高橋 宇内氏
高橋 宇内氏

同じ理由で退職してしいるのであれば、勇気をもって優先順位を変えなくはいけません。

そのため、再転職で失敗したくない方は、転職で失敗した理由を明確にしてから活動を始めるようにしましょう。

将来像を明確にする

転職して半年で退職し再転職を成功させるには、将来像を明確にして、自分のキャリアを描ける環境を選ぶようにしましょう

再転職で失敗する人は、将来像を考えて退職するのではなく「いまの環境がいやだから」と、退職する理由ばかり気にしています。

たとえば、下記の転職理由の場合、どちらを採用したいと思うでしょうか。

前職では、私の将来像である~~を叶えるために入社を決意しましたが、実際に就職をすると希望とは全く違う配属先でした。その配属先で半年間の勤務を行いましたが、やはり将来の目標を捨てきることができなかったため、今回転職を希望しました。

前職では、思うように仕事ができなかったため、転職を決意しました。

上記の転職理由の場合、明確な転職理由を説明できている人が採用される可能性が高いでしょう。

あいまいな転職理由では、不採用につながる可能性もあるので注意が必要です。

転職して半年で退職し再転職を成功させるには、将来像を明確にして答えられるようにしましょう

高橋 宇内氏
高橋 宇内氏

転職理由を伝える際、思ったことをそのまま伝えるのではなく、明確に話す意識が大切です。

在職中に転職活動をする

転職して半年で退職し再転職を成功させるには、在職中に活動するのがおすすめです。

転職してから半年間で再び転職活動をする場合、早い段階で内定先が決まるとは限りません。

退職してから転職活動をすると、安定した収入が得られなく、企業選びを焦ってしまう傾向にあります

また、転職活動をしていると、いまの現状を変えたいという意欲があり、内定をもらった企業に就職する傾向が強いです。

そのため、自分が本当に行きたい企業とは異なる可能性があり、早期離職に繋がる可能性が高くなります。

こうした現状を避けるために、在職中に転職活動をする必要があります。

高橋 宇内氏
高橋 宇内氏

転職活動において「在職中に活動した方がいいの?」といった質問は多く集まります。

ほとんどの人が転職活動に不安を抱えるため、焦って企業選びを失敗しないように、在職中に活動しましょう。

資格・スキルをアピールする

自分の資格やスキルをアピールできれば、転職して半年で退職しても、再転職に成功できる可能性は高くなります

企業は資格やスキル、経験などを持つ優秀な人材を常に求めているからです。

たとえば、下記のような転職者の場合、どちらを採用したいと思うでしょうか。

前職では、営業職のマネージャーとして、チームの売上を未達成の状態から利益率150%まで増加させました。結果、チーム一員の役職を上げ、企業全体の売上に貢献した経験があります。

前職では、アプリ開発のプログラミングに関わっていました。他の技術も学びたいと思ったため、転職を希望します。

上記の場合、明確な経験を示している人を選ぶ企業がほとんどです。

なぜなら、即戦力として活動できる可能性が高いからです。

資格や実績がある場合は、「利益率150%達成」「営業成績1位獲得」など、具体的な数字を用いると説得力が増えます。

転職活動で資格やスキルをアピールする場合は、面接官がイメージしやすいように数値で伝えるようにしましょう。

高橋 宇内氏
高橋 宇内氏

転職活動で資格やスキルをアピールする際、定量的に伝えられるか否かでは結果に差がでます。

具体的な根拠となる数字を使って説明すると、より説得力を持って伝えられます。

仕事への熱意を伝える

仕事への熱意は、就職後どれだけ努力してくれるか判断するポイントです。

そのため、転職して半年で退職し再転職を成功させるには、志望する企業へ熱意を伝える必要があります

たとえば、下記のような転職者の場合、どちらが入社後に活躍してくれる可能性が高いでしょうか。

「御社が提供するサービスを魅力的に感じ、経営目的である~~を一緒に達成したいと思いました。御社に入社した場合は、前職での経験を活かし目標に貢献します。」

「御社のサービスは多岐にわたって展開しているため、入社をすればさまざまなスキルや技術を学べると思いました。」

より具体的な内容を伝えられている方が、企業理解ができていると判断できるので、採用される可能性は高くなります。そのため、前者を選ぶ企業がほとんどでしょう。

転職をして半年で退職し再転職を成功させるには、仕事への熱意を具体的に伝える必要があります。

高橋 宇内氏
高橋 宇内氏

企業は「学ぶ場」ではなく「利益を作る場」です。

企業への就職において、利益に貢献する人と学ぼうとする人では、合格できる可能性が大きく異なります。

企業が安心して採用できる退職理由を説明する

転職して半年で退職し再転職を成功させるには、企業が安心して採用できる理由を説明する必要があります。

企業としては、入社後のミスマッチを避け、長く働いてほしいからです。

また、転職して半年で退職する場合、企業または求職者のどちらかに問題があると予想できます。

双方にも問題がなければ、勤続年数は長く半年で退職する可能性は低いためです。

しかし、どのように伝えればいいのか分からない方も少なくありません。

企業が安心して採用できる退職理由を考える場合、下記を参考にしてください。

「前職では、ITエンジニアとして活動をしていましたが、必要以上に業務を押し付けられ、残業や休日出勤が多くなり、体調を崩すケースが多くなりました。従業員を思う気持ちが強い御社の経営方針であれば、いままでの力を最大限に発揮し、事業成長に貢献できると考えています。」

「前職では、ITエンジニアとして活動をしていましたが、人間関係があまり良好ではないため、環境を変えたいと思い転職を決意しました。」

前者では、不満だった内容を伝えるだけでなく、転職後の活動について伝えています。

一方、後者では、個人的な理由だけしか伝えていません。

個人的な理由だけになってしまうと、企業は「ほかの企業でもいいのでは」と考えます。

なので、転職して半年で退職し再転職を成功させるには、企業が安心して採用できる理由を説明する必要があるでしょう。

高橋 宇内氏
高橋 宇内氏

転職理由でありがちなのは、自分の気持ちだけを伝えてしまうことです。

企業は、会社に貢献してくれる人材を求めているので、個人的な理由だけで転職をする人は採用しません。

なので、企業のことを考えて伝えるようにしましょう。

転職エージェントの力を借りる

転職活動は、確実に就職先が決まる保証はないので、不安に感じる方がほとんどです。

そんな中、転職して半年で退職する方は、さらに不安が大きくなるのではないでしょうか。

そこで、転職エージェントを利用すれば、内定先が見つかるまでサポートしてくれるため、安心して進められます。

また、転職エージェントは、履歴書や職務経歴書の添削や面接練習、ヒアリングを通してあなたに合う企業を紹介します。

そのため、事前にミスマッチを防いだ状態で転職活動が可能です。

転職して半年で退職して、転職活動が不安な方は、転職エージェントに頼りましょう。

高橋 宇内氏
高橋 宇内氏

転職活動で失敗する人にありがちなのは、ひとりで進めてしまうことです。

転職活動に少しでも不安がある人は、就職後「頼っていれば」「相談していれば」と後悔しないように、プロの力を借りるようにしましょう。

転職して半年で退職する際におすすめの転職エージェント3選

ここからは、転職して半年で退職する際におすすめの転職エージェントを紹介します。

転職して半年で退職する方は、面接官にすぐやめてしまうと不安を与えてしまわないように、入念な準備の上で面接対策することが重要です。

本章ではおすすめの転職エージェントを3社紹介します。

左右にスライドできます
転職エージェント求人数対応エリア主な特徴
リクルートエージェント約63万件 全国・求人数が業界でもトップレベル
・面接対策に力を入れている
マイナビエージェント約4.5万件全国・面接対策や書類添削などのサポート体制が充実
doda約19万件 全国・転職市場に精通した専門スタッフが多数在籍
・サイト内で企業情報などを確認できる
(求人数は2023年3月時点の件数)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数約63万件(2023年3月時点)を誇る大手転職エージェントです。

リクルートエージェントの強みは、キャリアコンサルタントの専門性の高さ、親身な対応、使いやすさです。

求人数約63万件(2023年3月時点)
対応エリア全国
主な特徴・求人数が業界で最大規模
・各業界に精通したキャリアアドバイザー在籍

営業職やIT職など、さまざまな業種や職種の求人を取り扱っているため、各業界に精通したキャリアコンサルタントが存在しています。

なリクルートエージェントでは、職務経歴書を簡単に作ることができる「職務経歴書エディター」というものが利用可能です。

ガイドに沿って入力していくだけで職務経歴書が完成するため、伝える情報やアピールポイントなどを漏らさず書けるようになるでしょう。

さらに、面接の通過率を向上させる「面接力向上セミナー」も定期的に開催しているため、本番の面接試験を想定した対策ができます。

「書類作成や面接試験が不安」「豊富な求人数から自分に合う職種を見つけたい」といった方は、リクルートエージェントを利用することがおすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代に強い大手総合型転職エージェントです

求人数が約4.5万件(2023年3月時点)あり、業界ごとの専任制で、各職種の転職事情を把握しています。

自分に合った最適な企業を提案してもらえるため、質の良い企業選定ができるようになります。

求人数約4.5万件(2023年3月時点)
対応エリア全国
主な特徴・幅広い業界
・職種の求人を取り扱いあり
・面接対策が充実

マイナビエージェントは、「無期限」で転職支援を受けられる点が特徴です。

転職エージェントは「3ヵ月間」「半年」などと転職支援の期間を設けていますが、マイナビエージェントでは期間の縛りがありません。

期間を気にすることなく自分のライフスタイルに合わせた転職活動ができるでしょう。

「自分のペースで転職活動を行いたい」「営業以外の職種の転職事情について詳しく知りたい」方は、マイナビエージェントに登録するのをおすすめします。

doda

doda

dodaエージェントは、約19万件(2023年3月時点)の求人数を誇る大手転職エージェントです。

在籍しているキャリアアドバイザーは、各業界や職種の市場動向や転職に関する特徴などを理解しているため、その内容に基づいたアドバイスをもらえます。

求人数約19万件(2023年3月時点)
対応エリア全国
主な特徴・幅広い業界
・職種の求人を取り扱いあり
・面接対策が充実

そんなdodaエージェントでは、サイト内で企業情報などを確認できます。

業務内容や会社情報はもちろん、年収や業績などが見られるため、自分に合った企業の選定がしやすいです。

次の転職先でもまた「合わない……」と感じてしまってまた転職を余儀なくされることを防ぎたい方には、企業情報を詳しく見ることをおすすめします。

企業情報を詳しく見てから企業選定を行いやすいエージェントとしては、dodaエージェントへの登録をおすすめします。

転職して半年で退職をする3つの注意点

転職して半年で退職する場合、注意点を把握していないと、活動中や活動後に後悔してしまう可能性があります。

そこで、下記の注意点が大切です。

  • 再転職するのに時間がかかる可能性がある
  • 経歴に傷がつく場合もある
  • 退職するときは早めに伝える

転職して半年で退職する方は、少しでもリスクを回避するために、本記事で解説する注意点を押さえましょう。

再転職するのに時間がかかる可能性がある

転職して半年で退職する場合、すぐ再転職先が決まると思わず、時間がかかると考えて活動するのがおすすめです。

就職先をすぐ決めてしまうと、入社後に「思っていた企業と違った」と、同じ繰り返しをしてしまいます。

同じ失敗を繰り返さないためには、転職活動を始めてすぐ内定がでても、自分の将来像や求める条件を達成できるか確認が必要です。

なので、転職して半年で退職する場合は、長期的な活動を意識して取り組むようにしましょう。

経歴に傷がつく場合もある

短期間で再転職を繰り返すと、経歴に傷がつく場合があります。在職期間が短いと、転職市場では「何かしらに問題がある」と判断されるからです。

しかし、短期間で転職をしたからといって、問題を抱えているとは判断できないため、面接で理由を聞くケースが一般的です。

そのため、なぜ転職して半年間で退職するのかについて、明確な理由を説明する必要があります

ただし、「給与に不満がある」「上司がきらい」など、個人的な理由であると採用にはつながりにくいです。

なので、再び転職活動を行う際は、企業が納得する退職理由を事前に用意しておきましょう。

退職するときは早めに伝える

転職して半年で退職する場合は、早めに伝える必要があります。

退職をする報告は、1か月前に伝えるのが一般的です。

そのため、最低でも退職をする1か月以上前に話すように注意してください

また円満退社するために、態度を悪くするのではなく、早めに転職するなどの連絡や引継ぎを行いましょう。

【関連】仕事を辞めたい人の頼れる相談先と円満退職のコツ

転職して半年以内で退職することに関してよくある質問

最後に、転職して半年以内で退職することに関してよくある質問をご紹介します。

疑問に感じやすいことを先に解決すれば、転職に対する不安を軽減できるでしょう。

以下3つの質問の回答をぜひ参考にしてみてください。

転職して半年で退職する際は失業保険はもらえる?

結論、失業保険はもらえる可能性があります

「失業保険」とは、失業した際に安定した生活を送り、1日でも早く再就職するための支援として給付される制度です。

ただし、失業保険をもらうためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 離職の日以前2年間に、雇用保険の被保険者期間が通算して12ヵ月以上あること
  • 離職の日以前1年間に、被保険者期間が通算して6ヵ月以上あること

参考:厚生労働省「よくある質問

ぜひ参考にしてみてください。

転職して半年で精神的に疲れた場合は再度転職した方がいい?

結論、転職して半年で精神的に疲れたのであれば、再度転職をするべきです。

職場環境が悪い中、仕事を続けてしまうと仕事に対するモチベーションが低下し、やる気がなくなってしまいます。

その状態だと、自分のキャリアにも悪影響を及ぼすため、転職活動しましょう

転職して半年で退職するのは迷惑?

転職して半年で退職するのは、会社側からすれば迷惑と感じる方もいるかもしれませんが、だからといって会社に残り続けるのは良くありません。

労働者には退職する理由があるため、会社の迷惑を考え、嫌な仕事を続けるより退職する方が精神的な負担を軽減できます

今の職場が嫌であれば、思い切って退職することを決意しましょう。

最後に|転職して半年で退職しても再転職はできる!

転職して半年で退職しても再び転職することは可能です。

しかし、短期間で何度も転職を繰り返してしまうと、再転職できる可能性は低くなります。

同じ失敗をしないためには、自己分析で「なぜ失敗したのか」明確にすることが必要です。

本記事では、転職して半年で退職しても再転職を成功させるポイントを解説しているので、自分にマッチした企業選びを目指している方は、ぜひ参考にしてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。